« 「偽物語(上・下)」西尾維新/著 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン2」(30) »

2010/05/22

「パーマネント野ばら」みた。

004

西原理恵子原作と言うよりは、『時をかける少女』や『サマーウォーズ』など細田守アニメで脚本を担当した奥寺佐渡子さんの脚本だというところに期待して鑑賞。(というか、西原理恵子原作だと知らずに鑑賞していた)。
海と、山と、狭い世間と、そこだけ時間の流れが違うんじゃないかと思うような田舎の空間。
爽快感はないけれど、優しさが心に染みる物語、かな?

実は、貧乏とろくでなしの男と健気な女が織り成す西原理恵子作品はあまり好みではない。だから、ストーリーが見えてきたときには、「これってもしや?」となった私だった。(予告も何度も観たしチラシも持っていたのに、なぜ気がつかなかったか、ってところなんだけど)。
この作品も懸命生きている女たちがたくさん登場し、誰もかれもがどこか痛々しく感じられる。みんな前向きに生きているように見えるのに何でだろう? 不幸とまでは言わないまでも、どこか小さな幸せに必死になってしがみ付くような印象を受けてしまう。(といったら失礼かもしれないけれど)。

この映画は、主演こそ菅野美穂さんになっているけれど、母親役の夏木マリさん、同級生役の小池栄子さん・池脇千鶴さん、そして美容院の常連客も含めてすべての女たちが同列で主演しているような感じで、それぞれに「恋している」=「生きている」というドラマが描かれていたように思う。でもそのどれにも共感できない私ではやっぱりダメなようだ。
それでも互いを思いやる心はとても「優しいな」って思う。最後の最後、「海でデート」というキーワードに全員が一瞬固まったシーンにはぐっと来るものがあった。また、ずっと持っていた奇妙な違和感の理由が分かったのが、なおこがともちゃんに秘密を打ち明けるところだったので、制作側の思惑にはすっかりハマっていたことになりそうで、そういう部分では巧かったと思っている。(驚愕の事実とまでは思わないけど)。

総評:★★★++    好き度:★★★+   オススメ度:★★★+

|

« 「偽物語(上・下)」西尾維新/著 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン2」(30) »

コメント

私は逆に細田さん脚本だって全く知らないで観てました。西原ファンなもんで。(笑)
たいむさんの言うとおり、全てを解ってなおこを見守る女性たち全員がいいんです。あのシーン、じーんときましたもん。はにかむ菅野美穂さんがたまらなく魅力的でした^^

投稿: KLY | 2010/05/22 21:43

■KLYさん、こんにちはsun
KLYさんは西原さんファンですか。
私はあまり得意じゃないなぁ。なんであんなに貧乏とか男運がない話ばかりなんだろう?って思いますし。
残念ながら、ダメ男に殴られながら「それでも愛してる」って気持ちに、少なくとも私はなれませんし、そういう友達に同情もできないので。

>全てを解ってなおこを見守る女性たち全員がいいんです
優しさは分かるしいいなって思うけれど、でも、あれって忘れなければ生きているってことで、現実逃避の容認なんじゃないかな?って思うんですよね。
そこのところはちょっと違うんじゃないかな?って思ったりもしています。
女性と男性の視点の違いかしらね?

投稿: たいむ(管理人) | 2010/05/22 22:14

何時もお世話になっております。

ドラマではよく菅野作品を視聴しているので映画ではさくらん以来の出演、主演はドールズ以来なのでもっと映画に出てほしい人なんですけれどね。
最後のあのシーンがあるのならどうしてチェーンソーで電柱切る演出がいるのかな・・・という感じです。
変わり者ばかりが登場するにしてもみっちゃんのあの嫉妬心から来るあの行為は100歩譲ってまだ理解できるし、カズオが別の女の元へ行ってしまったのは理解可能としても、どう考えればチェーンソーで金稼ぎなんていう発想が出るのか・・・これだけがサッパリ・・・
共感する必要はないとは思いますけれど、物事理解という点で考えると男運の悪さは女運の悪さと対比するのでまだしも、チェーンソーで電柱切りだけが理解不能だったんですよね・・・これをどう解釈して良いのか原作者の説明が必要という感じでした。

投稿: PGM21 | 2010/05/22 23:48

■PGM21さん、こんにちはsun
チェンソーはもしかしたらどっかの実話では?
西原作品はそんなのが時々当たり前みたいに出てきちゃうので、深く考えないのが良いかと。
私はほとんど理解も共感も、必要どころか最初から出来ないクチなのでわかりませんし、考えようともしてませんが。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/05/22 23:59

私も見てきました。
ブログ書けてないけど(苦笑)

「海でデート」に固まったのは、みんな気にかけてるんだ、なんて。あの放送禁止用語を連呼するおばちゃんたちすら「ええ人たちやん」って思いました。

ただ確かに、生きる=恋する になってるのはちょっと違う気がしますね。個人的には「恋愛だけが人生の喜びじゃないよ〜」なんて、少なくともアリスよりは考えさせられました(毒ww)

投稿: GAKU | 2010/05/25 00:11

■GAKUさん、こんにちはsun
>「ええ人たちやん」
この映画、ここですよね。
というか、これがなければ「何?」になりかねない感じ?
私もね、「恋してなきゃ」って思ってないし、喜びも幸せもソコカシコに溢れてるって思いますよ。

そういうトコがちょっと相性悪いかなって思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/05/26 19:49

どんな恋でもないよりはまし。
・・・それにつきる映画だったような気がします。
そこに住んでいるひとには大変失礼なコメントですが
なあんにもオモロイものも楽しいこともない町で
それでもそこに住む理由があるとすれば
誰かそういう人がおるから。
あるいは、そういう誰かがおってくれたら
どんな辛い事も乗り越えられると。
・・・もっともココに出てくるのは
その恋そのものに散々なめにあう女ばっかなんですけどね。
オトコもオトコならオンナもオンナで
恋することをやめない懲りない面々というか・・・。


ホント、あの
「海でデート」に固まるシーンがなかったら
なんやねん、コレになりかねない話で
それひとことで感動もんへひっくり返す
すごい作品でした・・・。

投稿: Ageha | 2010/06/02 01:44

■Agehaさん、こんにちはsun
>恋することをやめない懲りない面々というか・・・。
「恋してる」って楽しいし素敵な事だと分かるけど、ここの人たちって「幸せ」っていうよりはなんか痛々しく見えるのはなんででしょうね?
私はダメですねー。彼女たちには付いていけないみたいです。

>「海でデート」に固まるシーンがなかったら
まさしく!
正直、痛々しさが苦痛でもあったので、最後に救われた感じでした。(「シャッターアイランド」と一緒だわw)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/06/02 20:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/48426564

この記事へのトラックバック一覧です: 「パーマネント野ばら」みた。:

» 「パーマネント野ばら」:木場三丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}ここから先は、高速道路だ。 {/hiyo_en2/}世の中、高速をスイスイ走るような人生もあれば、凸凹道をノラクラ歩くような人生もあるのよねえ。 {/kaeru_en4/}なに、気取ったこと言ってるんだ? {/hiyo_en2/}いや、凸凹道をノラクラ歩くような女たちが出てくる「パーマネント野ばら」なんていう映画を観ちゃったもんだからさ。 {/kaeru_en4/}ああ、あの映画に出てきた女たちはみんな、お世辞にも高速をスイスイ走るような人生は送ってないもんな。 {/hi... [続きを読む]

受信: 2010/05/22 20:14

» パーマネント野ばら [LOVE Cinemas 調布]
『いけちゃんとぼく』、『女の子ものがたり』の西原理恵子の同名コミックを映画化。ある海辺の寂れた街にある一軒の美容室、そこに集うちょっと変わった女性たちの恋模様をコミカルに描いたドラマだ。主演は8年ぶりとなる菅野美穂。共演に『わた出すわ』の小池栄子、『スイートリトルライズ』の池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介が出演している。監督は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八。... [続きを読む]

受信: 2010/05/22 21:08

» パーマネント野ばら [だらだら無気力ブログ]
『いけちゃんとぼく』『女の子ものがたり』と著作が次々と映画化されている 人気漫画家の西原理恵子の同名作品を『クヒオ大佐』の吉田大八監督が、 『Dolls ドールズ』以来8年ぶりの主演となる菅野美穂を迎えて映画化。 共演には、江口洋介、夏木マリ、宇崎竜童、池脇千鶴..... [続きを読む]

受信: 2010/05/23 00:17

» 「パーマネント野ばら」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「パーマネント野ばら」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、畠山紬、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介、加藤虎ノ介、山本浩司、他 *監督:吉田大八 *原作:西原理恵子 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・..... [続きを読む]

受信: 2010/05/23 15:58

» 叙情的に頼らない叙情「パーマネント野ばら」 [映画雑記・COLOR of CINEMA]
注・内容に触れています西原理恵子、同名漫画『パーマネント野ばら』を映画化。監督は『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』『クヒオ大佐』の吉田大八。脚本は奥寺佐渡子(「時をかける少女」「サマーウォーズ」)。主... [続きを読む]

受信: 2010/05/23 19:29

» パーマネント野ばら [そーれりぽーと]
西原理恵子原作+吉田大八監督+菅野美穂主演て! 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』を超えるパンチを予感して『パーマネント野ばら』を観てきました。 ★★★★ パンチパーマの下品なおばはん共の巣窟となっている美容院「野ばら」さんがあるのは、とある漁師町。 この町はいい年こいて男のケツを追っかけまわしたり、しょーもない男共に振り回されて負けが込んだ女達の吹き溜まりみたいなところ。 パンチパーマのおばはん達は口も性癖もまんまパンチ強すぎるわ、一見フツーに見える若い娘達も波乱に満ちた人生をおくっている。 ... [続きを読む]

受信: 2010/05/25 21:27

» *『パーマネント野ばら』* ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2010年:日本映画、吉田大八監督、西原理恵子原作、奥寺佐渡子脚本、菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介出演。 [続きを読む]

受信: 2010/05/26 02:11

» パーマネント野ばら [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。西原理恵子原作、吉田大八監督、菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎流童、夏木マリ、江口洋介、畠山紬。リアルな映像なのにじわじわとシュールな映像が染み込んできて、しかもリアルな映像と区分けなく伝染してくるので平板なさびれた海岸沿いの高知県の町がだ....... [続きを読む]

受信: 2010/05/26 22:34

» パーマネント野ばら〜どんな恋でもないよりは、まし〜 [椿的濃縮タマシイ]
なんで西原理恵子の「こういうの」は、人が心の奥ぅーーにしまってた何かを思い切りひきずりだしてしまうんだろう?と、ひきずりだされたモン見て泣きながらいつもそう思う。[画像] 昨日、水曜の1000円デーを利用して、映画「パーマネント野ばら」を見てきました。 原作は、ずいぶん前に借りて読んだのですが映画に先だって先月出た文庫本を改めて買い、読んでは泣き読んでは泣きしてたので、映画でこの世界をどう描くのか?と じゃっかんの心配をしつつ・・・・の鑑賞。 「いけちゃんとぼく」も同じ感じで見たなぁ・・・そうい... [続きを読む]

受信: 2010/05/27 17:52

» 映画「パーマネント野ばら 」何度も、聞いたよ。大丈夫だよ [soramove]
「パーマネント野ばら 」★★★☆ 菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎流童、夏木マリ、江口洋介出演 吉田大八監督、114分、2010年5月22日公開、2010,日本,ショウゲート (原題:パーマネント野ばら)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「菅野美穂という女優の内に秘めた 感情表現に打たれた、 大袈裟に叫んだり、声を上げたり 演じると言うと、そんなことが主流だが 脇役の少し後ろあ... [続きを読む]

受信: 2010/05/27 20:39

» パーマネント野ばら☆独り言 [黒猫のうたた寝]
小さな港町の美容院には毎日いろいろな女性が集まってくる。おばちゃんたちはきつめのパンチパーマをかけながら、色恋話に花が咲く。まぁちょっと脚色はされちゃうのはご愛敬(笑)店主はパンチパーマが小粋なまさ子さん。そんな美容院野ばらに出戻ってきた、なお子。離婚の... [続きを読む]

受信: 2010/05/28 00:21

» 「パーマネント野ばら」を観る [紫@試写会マニア]
メイン出演者トークショウ付き・女性限定「パーマネント野ばら」の試写会に誘って頂きました。主人公の菅野美穂ちゃん、可愛い♪しかも年齢より若い!お母さん役だった夏木マリさん、彼女こそ年齢(58歳)よりず~~~っと若い!素敵なお二人のトークもイケていた、オンナの性をぶっちゃけの作品でしたよ。 なおこ(菅野美穂)は幼稚園生の娘のももと、離婚して実家に帰ってきた。里は四国海辺の町。実家は母・まさ子(夏木マリ)が経営する美容室「野ばら」。そこは町唯一の美容院で、女達が集い語り、思いの丈を弾けさせる、なぜが... [続きを読む]

受信: 2010/05/28 10:08

» *パーマネント野ばら* [Cartouche]
[[attached(0,class=popup_img_500_333 width=400 height=266)]]      ***STORY***                     2010年  日本             なおこは夫と離婚し、娘の一人娘のももを連れて実家に戻った。実家では母・まさ子が「パーマネント野ばら」という美容室を営んでおり、毎日近所の女性たちが詰めかけては男の思い出や恋の話に花を咲かせていた。何度も再婚を繰り返したまさ子は最後の夫・カズオとは..... [続きを読む]

受信: 2010/05/28 17:44

» パーマネント野ばら [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  管野美穂が映画で主演を張ったのは、『Dollsドールズ』以来約8年ぶりである。今年33歳になるというが、まだまだ若くて清楚な美しさも健在だね。 男運の悪い女ばかりが住んでいる、とある海辺の田舎町。子連れ出戻り女の「なおこ」を演じる管野美穂は、ま... [続きを読む]

受信: 2010/05/29 18:58

» パーマネント野ばら・・・・・評価額1650円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
高知県の鄙びた漁村にある「パーマネント野ばら」を舞台に、日本一男運の悪い女たちの、喪失と再生を描く叙情的物語。 原作は最近著作が続々... [続きを読む]

受信: 2010/05/30 23:58

» 『パーマネント野ばら』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「パーマネント野ばら」□監督 吉田大八 □脚本 奥寺佐渡子□原作 西原理恵子□キャスト 菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、江口洋介、畠 山 紬■鑑賞日 4月23日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> ハードパンチャーのオバチャンたち、○んこ、○んこ言うな(笑) 西原理恵子原作のものを観るのは『いけちゃんとぼく』、『女の子ものがたり』に続きこれが3度目(の正直) これはもちろん菅... [続きを読む]

受信: 2010/05/31 08:09

» どんな恋でもないよりはまし?~「パーマネント野ばら」~ [ペパーミントの魔術師]
このタイトルからしてごっつい役で出てくるのかと思いきや 完全に裏方に回ってた夏木マリさん。 個人的には「ピンポン」や「シュガー&スパイス」の あの雰囲気を当てにしていったんですが 見た目のインパクトとはえらい違いで 口悪かろうが、目つききつかろうが 哀しさと優..... [続きを読む]

受信: 2010/06/02 01:38

» 毒とアクと盲目で気付きづらいみんなの優しさ ─ パーマネント野ばら ─ [Prototypeシネマレビュー]
─ パーマネント野ばら ─ 先日、ちょうど映画の無料券が手に入ったので『パーマネント野ばら』を見てきました。演技派の二人、菅野美穂と江口洋介が共演しているとのことで気にはなってたんですよね〜。 これがまたっ、ラストはまさかのドンデンな展開で「そうきたかっ!....... [続きを読む]

受信: 2010/06/02 06:43

» パーマネント野ばら [映画的・絵画的・音楽的]
 同じ原作者の映画『女の子ものがたり』が大変良かったこともあり、また菅野美穂の8年ぶりの主演映画ということもあって、『パーマネント野ばら』をヒューマントラストシネマ・有楽町で見てきました。 (1)余り先入観を持たないように映画を見ようとしたために、映画が始まるまでは、“パーマネント”の意味するところがよく分からないでいたところ、開始早々、これは「パーマ 野ばら」あるいは「美容室 野ばら」なのだとわかった次第です!  それはさておき、主人公のなおこ(菅野美穂)は、離婚して一人娘を連れて高知の田舎町... [続きを読む]

受信: 2010/06/20 05:38

» 『パーマネント野ばら』 [シネマな時間に考察を。]
忘れられない記憶の海で、 永遠に続くものをさがしていた。 『パーマネント野ばら』 2010年/日本/100min 監督:吉田大八 出演:菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、夏木マリ 構成の行き届いた作品だった。 ストーリーが予め用意されている原作の映画化というのは... [続きを読む]

受信: 2011/02/03 17:55

« 「偽物語(上・下)」西尾維新/著 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ シーズン2」(30) »