« 「東京国際アニメフェア2010」行ってきた。 | トップページ | アニメ「のだめカンタービレ フィナーレ」(第7話) »

2010/03/29

「ハート・ロッカー」みた。

Hurtlocker

手元にあるチラシは「アカデミー賞最多9部門ノミネート 最有力作品」という、アカデミー賞発表以前に作られたもの。結果としては作品賞はじめ6冠にとどまったが、おかげで5月予定だった地元公開が3月下旬に繰り上げられることになり、少しでも早く見られて嬉しく思う。
巷の評判通り奥深い作品だった。

戦争映画は国を変え、時代を変えて多種多様にあるけれど、「ハート・ロッカー」という映画は、それらのどれでもあってどれでもない戦争映画だという気がした。もしかしたら「戦争映画じゃない」ような気すらしてくるのは、主人公のジェームズが戦争に行っていながら、国や組織が行っている戦争には参加していない風に感じられるからかもしれない。
上手く言えないが、彼の中には正義も大義もなく、かといって趣味で命のやり取りというスリルを楽しんでワケでもなく、ジェームズ本人が言うとおり、ただその時にすべきことと出来ることをしているだけで、それ以外には何も考えておらず、そしてそれが好きなだけなのだと思えた。簡単に言えば「酔狂」なのだろうが、彼の場合は狂っているというよりは酔っているほうがより強いように思い、でも酔っているわけでもないから表現が難しい。
ジェームズにしてみれば無駄死にするつもりなどまったくないし、彼なりのボーダーラインもあるのだが、それは彼にしか分からないことで、彼を援護するのが任務の同じチームの仲間としてはたまったものではない。かといって彼を見捨てることもできないため、 周囲を巻き込みかねないジェームズの独壇場に不信感や不安を抱き、時に殺気立ってしまうのも無理からぬことだろう。(そのあたりがジェームズの甘えなのか否か、答えが知りたいところだったが)。
そんな状態から窮地に陥り、試練を乗り越えることで深まるチーム絆・・・なんて戦争映画に有り勝ちな美談はこの映画にはない。確かに窮地を乗り越えたことでそれらしきものは見え始めるが、現実はやわな繋がりなど呆気なく断ち切ってしまう。

戦争から次々に生み出される負の置き土産を回収しつづけているのが爆発物処理班。常に死と隣り合わせの危険な仕事。置き土産は爆発物に限らず、人間の”不満分子”という何より厄介なモノもある。”不満分子”が思わぬカタチに姿を変えた、なんともおぞましい人間爆弾。フレンドリーに接しながら知らぬ間に足元に仕掛けられている爆弾。自らの安易な言動が悲劇を引き起こしてしまう可能性の高さであり、駐屯地でさえ安全とは言えない他国でひとたび囲いの外へ赴けば安全地帯などどこにもない。本来の任務以外の戦闘に巻き込まれることさえある。あり得ないことなどないのがこの国での日常。
今のところ核兵器が最低最悪の最終兵器のように言われているが、実際それ以上に人を殺しているのが銃であり爆弾(自爆)テロという、人間が直接人間を殺す小型で手に入れやくす製造しやすい武器兵器。この映画がリアルだと言われる理由はそこにあるように思う。
ジェームズの人となりがやや奇抜なことから、何をどう受け取るべきなのか迷う部分があるため、人によっては理解に苦しむ作品ではないかと思うが、戦争のまた別の一面が垣間見られる作品として、世間の評価に値する作品だったと私は思う。

総評:★★★★★   好き度:★★★★   オススメ度:★★★★+

帰国して終わりかと思ったら、ジェームズの極普通の人間らしいところが見られたのが少し意外。それでもやっぱり・・なラストで、しかも”デルタ”中隊というオチ?に笑ってしまい、「さすらいのヒーロー」ちっくなジェームズという、重々しくないラストが気に入った。

|

« 「東京国際アニメフェア2010」行ってきた。 | トップページ | アニメ「のだめカンタービレ フィナーレ」(第7話) »

コメント

おぉ~そうですか。あちこちで受賞効果があるみたいですねw
紛れもない戦争映画で、今までの戦争映画よりももの凄く
戦争映画らしい緊張感があるのに、どこかおっしゃるように
戦争映画らしからぬところもありましたよね。
そして、やはりおっしゃるように高い評価を得た作品だけのことは
あるなぁ~と思いましたです。はい。

投稿: miyu | 2010/03/29 23:02

緊張感の表現がすごく上手い作品でした。あまりにもジェームズが死ぬ要因となる可能性が多いので否応なく観てるほうも緊張するのだと思います。
あのスーパースローの高精細映像とか実にいい効果ですよ。この映像の作り方に痺れました。
しかし、レイフ・ファインズだのガイ・ピアーズだの大物俳優がまるで使い捨てのごとく登場しては死んでいくとは、なんとも贅沢な映画です。^^;

投稿: KLY | 2010/03/29 23:10

■miyuさん、こんにちはsun
昨年はそんなこともなく、「スラムドック・・」は5月下旬まで待たされた気がしますが、今年は恩恵が受けられて良かったです。
でも「マイレージ・・」上映は影すら見えず、東京で観てくるつもりがすっかり疲れてパスってしまったのが悔やまれます。

そもそも「アバター」は映像以外の評価が高くなかった私なので、それだけでも「ハート・ロッカー」有利だったけれど、それだけのものがありましたね。
内容のコユイ映画でしかも戦争映画というのは見逃せませんね。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/03/29 23:29

■KLYさん、こんにちはsun
ジェームズが死ぬ要因の多さから、サンボーンやエルドリッジの緊張感がひしひしと伝わってきましたが、実は私は「なんであれジェームズは死なない」という主役の特権?が頭の中に常にあって、それほどの緊迫感って味わっていないんですよね(^^;

粉じんまで見えそうな映像効果は抜群でしたね。人間が飛び散る様だけは収められておらず、そこだけ妙に生々しくないところが良くもあり良くなくもあるように思ったけれど。

大物が呆気なく退場するのって勿体ないけど効果ありますね。そういう贅沢な使い方って好きですw

投稿: たいむ(管理人) | 2010/03/29 23:38

この映画は今回のアカデミー効果を一番受けているみたいですね。

ただ本当に今までの映画とは違うオスカー作品だけに、実際に見て面食らっている人も少なからずいるような気がします。

まぁ戦争映画をたくさん見ている映画ファンからすれば、新しい戦争映画が誕生したみたいな気持ちでもあるんですけどね。

投稿: にゃむばなな | 2010/03/30 21:25

お邪魔します~♪

>正義も大義もなく、かといって趣味で命のやり取りというスリルを楽しんでワケでもなく
そうなんですよね~
なんというか、、、私も大義がないように見えて、一瞬、何のためにこんな事やってるの?みたいな気持ちがありました。

ジェームズを通して戦争というものを感じさせてくれましたが、それが上手く説明出来なくて感想に手間取りました(汗)とにかく凄い映画ではあったので必死に書いたのですが(笑)

投稿: 由香 | 2010/03/31 00:45

■にゃむばななさん、こんにちはsun
昨年も一昨年も未公開のノミネート作品が多くて、優良作品を初夏位まで楽しめた感じですけど、今年はなんかスルするっと通り過ぎて行きそうです。

クラッシュとかブロークバックマウンテンとかよりは見やすいような気はするけど・・・なれない人が話題性で観に行くと、うーってなるかもしれませんね。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/03/31 21:15

■由香さん、こんにちはsun
中毒ってことなのかもしれないけれど、それにしたって理由はあるだろうし、そこのところが少し曖昧。
客観的に見ている部分と、感情的に共感とか同化している部分と、ごちゃごちゃになって上手く感想が書けませんよね。
まぁ自分だけ分かってれば良いような気もするけれど(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/03/31 21:18

爆弾処理班という一見地味な部隊でも、すごい緊張感が漂ってました。
最近の戦争映画は、国威高揚とか反戦とか・・って作風じゃなくて、
人間性がどうなっちゃうのか・・・を扱ってる物が多いです。
平和のためにご苦労さん・・・というべきか??
早く正気に戻って・・・というべきか??
悩んでしまう戦争映画でした。

投稿: ひらりん | 2010/04/01 01:50

アカデミー賞のおかげで、かなりの劇場で満員御礼。
正直、わたしもそのおかげで観たんですが…。

こういう作品はなかなかないし、アメリカでしか作れないと思います。なのに、アメリカの戦争映画と言うと、ステレオタイプなものが多いですよね。

観てるほうも消耗するくらいの緊張感でした。
でも、観て良かったです。

投稿: mariyon | 2010/04/01 08:11

■ひらりんさん、こんにちはsun
ドンパチと敵の裏をかきまくって・・・なんて戦争映画はすっかり影をひそめてしまったこの頃ですよね。
でもこの映画、反戦色はそんなに感じられず、どちらかといえばエンタメに近い気がした私です。
究極だけ連続で見せられたとも思うので、もっと知らなくちゃかもしれませんね。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/04/02 18:41

■mariyonさん、こんにちはsun
>戦争映画と言うと、ステレオタイプなもの
そうなんですよねー。

爆弾処理もそうだけど、銃撃戦で微動だに許されない耐久戦はすり減りましたね~~~
虫が止まるってありがちな演出だったけど(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/04/02 18:45

TB有難うございました。
ドキュメンタリー風の作品なので
ストーリー性は皆無でしたが、爆弾処理班から
戦争の日常が非常にリアルでした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

投稿: シムウナ | 2010/04/11 18:11

■シムウナさん、こんにちはsun
爆弾処理班の日常なんてそうそうなかった切り口で興味深かったですね。

ドキュメンタリー風だったけれど、ドキュメンタリーだったら直視出来なかったかもしれません。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/04/11 19:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/47944008

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハート・ロッカー」みた。:

» ハート・ロッカー [LOVE Cinemas 調布]
アカデミー賞9部門ノミネート(2/24現在)と賞レースを席捲している作品。イラク駐留アメリカ軍の爆発物処理班の兵士たちを描いた戦争映画だ。『ハートブルー』『K-19』のキャスリン・ビグロー。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー、共演にガイ・ピアーズやレイフ・ファインズが出演している。次の瞬間に何が起こるか解らない極限の緊張感で手に汗握る展開に引き込まれる。... [続きを読む]

受信: 2010/03/29 23:03

» ハート・ロッカー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『彼らは、数えきれない命を救う。 たったひとつの命を懸けて─。』  コチラの「ハート・ロッカー」は、2004年夏のイラクを舞台に爆発物処理班の兵士たちの姿を描いたPG12の3/6公開の戦争映画なのですが、公開初日にレイトショーで観て来ちゃいましたぁ〜♪監督は、「...... [続きを読む]

受信: 2010/03/29 23:03

» ハート・ロッカー [ダイターンクラッシュ!!]
2010年3月28日(日) 20:50~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円(買っていない) 『ハート・ロッカー』公式サイト アカデミー作品賞受賞の映画をやっと観た。 感動作が取るべきだとという思い込みがあるので、「ノー・カントリー」や「ディパーテッド」のように違和感がある。タラ公のファンの人たちには悪いが、「イングロリアス・バスターズ」でなかったから良しとするか。 キャメロンの元嫁のキャスリン・ビグロー監督は、「ブルー・スティール」や「ハー... [続きを読む]

受信: 2010/03/30 00:37

» 「ハート・ロッカー」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ハート・ロッカー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース、エヴァンジェリン・リリー、クリスチャン・カマルゴ..... [続きを読む]

受信: 2010/03/30 07:12

» ハート・ロッカー [Akira's VOICE]
処理できないものは人間の心。   [続きを読む]

受信: 2010/03/30 12:34

» ハート・ロッカー そもそも誰が戦場にしたんだ!(;`O´)oコラー! [労組書記長社労士のブログ]
【 {/m_0167/}=13 -4-】 「アバター」のジェームズ・キャメロン監督と、この「ハート・ロッカー」のキャスリン・ビグロー監督、ともに9部門にノミネートされており、しかも監督が元夫妻という対決の図式も話題になった第82回アカデミー賞では、作品賞、監督賞、オリジナル脚本賞、編集賞、音響編集賞、音響調整賞の6部門を受賞したことで圧勝、今もっともホットな作品。 観に来たいと思っている映画が、話題を呼んで、新聞やテレビとかいろいろなメディアで取り上げられてしまうと、予備知識を入れないように情報をシ... [続きを読む]

受信: 2010/03/30 14:25

» 『ハート・ロッカー』 [めでぃあみっくす]
恐怖は人間が脳内で作れる唯一の麻薬である。戦争はその麻薬中毒患者を大量に生み出す場である。 爆弾処理班を主人公にした、無機質ながらも類稀なる緊張感が観客を身震いさせるこの映画は、昨今のアカデミー前哨戦総ナメなのも納得の、まさに稀代の名作。これはもはや素晴....... [続きを読む]

受信: 2010/03/30 21:27

» ハート・ロッカー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第82回アカデミー賞で、作品賞、監督賞など6部門を受賞した作品。私の住む地域でも上映したので、戦争映画は苦手ながらも観に行ってみた―【story】2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、サンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)らは不安を抱くようになり―     監督 : キャスリン・ピグロー 『K-19』【comme... [続きを読む]

受信: 2010/03/31 00:21

» ★「ハート・ロッカー」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みの2本目。 ついこの間、オスカーの作品賞・監督賞ほか6冠に輝いた作品。 爆弾処理班の話ってことで、あまり興味がわかないけど、 話題作には目を通しておきたいミーハーな性格なので。... [続きを読む]

受信: 2010/03/31 01:24

» 『ハート・ロッカー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ハート・ロッカー」□監督 キャスリン・ビグロー □脚本 マーク・ボール □キャスト ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース■鑑賞日 3月13日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 色々物議を醸し出した今回のアカデミー賞。  “元夫婦対決”なんてマスコミのオイシがる素材。 興行数字は文句なしに元夫に軍配が上がっている... [続きを読む]

受信: 2010/03/31 12:31

» 祝!アカデミー賞「ハートロッカー」 [茅kaya日記]
nbsp;こんなことを言ってはなんだがアカデミー賞、ハートロッカーが受賞してよかった。アバターでなくてほんとうによかった。 アメリカには、こういう作品がぜったい必要だ…。 [続きを読む]

受信: 2010/04/01 08:11

» 映画「ハート・ロッカー」 [FREE TIME]
話題の映画「映画「ハート・ロッカー」」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2010/04/01 21:45

» ハート・ロッカー [Movies 1-800]
The Hurt Locker (2008年) 監督:キャスリン・ビグロー 出演:ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ イラクにて爆弾処理の任務をこなす兵士の命がけの日常を描いた戦争ドラマ。 2009年度アカデミー賞において作品賞、他計6部門受賞。 殉職した前任者に代わり、ブラボー中隊に配属された爆弾処理のエキスパートがイラク各地に手を変え品を変え仕掛けられた爆弾を処理していく模様がドキュメンタリー・タッチで描かれている。 “War is a Drug” 「戦争は人を... [続きを読む]

受信: 2010/04/02 21:41

» ドキュメンタリーみたいな映画。~「ハートロッカー」~ [ペパーミントの魔術師]
元夫婦対決はキャサリンビクローの勝ちとなりましたっ。 そこばっか騒ぎすぎだってば。 えっとね、すいません、しょーもない話で悪いんだけど コレ見てたとき誰かに似てる、誰かに似てる・・・ 「濱田岳」!!!(コラコラコラ・・・) ジェレミーレナーのタレ目がどうも..... [続きを読む]

受信: 2010/04/03 11:57

» 「ハート・ロッカー」 戦争の負の遺産 [はらやんの映画徒然草]
いやはやえらい久しぶりの映画鑑賞です。 こんなに劇場に行かなかった期間が長かった [続きを読む]

受信: 2010/04/04 19:01

» 「ハート・ロッカー」女性監督が撮った“骨太戦争映画” [シネマ親父の“日々是妄言”]
[ハート・ロッカー] ブログ村キーワード  “本年度アカデミー賞最有力、最多9部門ノミネート!”「ハート・ロッカー」(ブロードメディア・スタジオ)。現代の戦場を駆け回る“爆発物処理班”の姿を、女性監督キャスリン・ビグローが、リアルに描き出しています。  2004年、夏。イラク、バグダッドで爆発物処理の任務に就く“ブラボー中隊”。或る日、市街地で爆弾処理を遂行中に、予期せぬトラブルから大爆発が起こり、至近距離で被弾した班長のトンプソン軍曹(ガイ・ピアース)が死亡する。サンボーン軍曹... [続きを読む]

受信: 2010/04/06 11:46

» 【映画】ハート・ロッカー [新!やさぐれ日記]
▼動機 戦場ドキュメンタリーっぽさに惹かれて ▼感想 ドキュメンタリーじゃなかった ▼満足度 ★★★★★☆☆ このへん ▼あらすじ 2004年夏、イラク・バグダッド郊外。アメリカ軍爆発物処理班・ブラボー中隊のリーダーに、ウィリアム・ジェームズ二等軍曹(ジェレミー・レナー)が就任する。まるで死への恐怖などないかのように遂行されるジェームズの爆発物処理の様子に、仲間のサンボーン軍曹(アンソニー・マッキー)らは不安を抱く。 ▼コメント 「戦争は麻薬」というテーマを打ち立てたまではよか... [続きを読む]

受信: 2010/04/06 20:03

» ハート・ロッカー [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ハート・ロッカー’08:米 ◆原題:THE HURT LOCKER ◆監督: キャスリン・ビグロー「K-17」「ストレンジ・デイズ/1999年12月31日」◆出演: ジェレミー・レナー、アンソニー・マッキー、ブライアン・ジェラティ、レイフ・ファインズ、ガイ・ピアース、デヴィッド・モース ...... [続きを読む]

受信: 2010/04/08 14:21

» No.208 ハート・ロッカー [気ままな映画生活]
今年度のアカデミー賞、作品賞を受賞した作品。 今年は世界興行収入の記録を打ち立てた「アバター」と その20分の1の製作費で作られた本作品との一騎打ちとなった [続きを読む]

受信: 2010/04/11 03:12

» ■映画『ハート・ロッカー』 [Viva La Vida!]
2010年の第82回アカデミー賞で最多9部門のノミネートを記録し、作品賞・監督賞、最有力候補とも言われている映画『ハート・ロッカー』。 2004年、イラク戦争で爆発物処理という任務に従事する男たちの物語です。 他の軍人に比べ、死亡率が5倍高いという爆発物処理班で、日々、... [続きを読む]

受信: 2010/04/17 05:58

» 映画:ハート・ロッカー [よしなしごと]
 自称映画ブログなのに、最近は全然映画を観に行っていない。観たい映画がどんどん終わってしまう中、時間を作ってハート・ロッカーを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010/04/29 18:44

» 劇場鑑賞「ハート・ロッカー」 [日々“是”精進!]
遅ればせながら、「ハート・ロッカー」を鑑賞してきました行きつけのシネコンでは5月8日から漸く上映開始に・・・。「ハートブルー」「K-19」のキャスリン・ビグロー監督が、... [続きを読む]

受信: 2010/05/11 16:28

« 「東京国際アニメフェア2010」行ってきた。 | トップページ | アニメ「のだめカンタービレ フィナーレ」(第7話) »