« 大雪で、こっそりこんなものを作ってみた。 | トップページ | 「パリ・オペラ座のすべて」みた。 »

2010/02/06

「食堂かたつむり」みた。

Katatumuri

夢のために貯めていたお金と一切合財を恋人だと思っていた男に持ち逃げされ、ショックから声を失った女性が田舎に戻って心機一転、”自然の恵み”とか”命”を少しずつ分けてもらうような「食堂かたつむり」をはじめ、自分のこと、母親のこと、みんなのことetc...色々なことに気付き気が付かされていく、という感じのお話。
基本の基本は母娘の物語なのだけど、”ごはんもの”の作品にハズレなしってね。お茶漬けがすごく美味しそうだった。

父親はおらず、「不倫の倫子」と周囲からいじめられて辛い子供時代を過ごした倫子。中学を卒業して直ぐにちゃらんぽらんな母親のもとを去り、料理上手な祖母の元で料理に目覚め、世界各国の料理を修業する倫子の夢は自分のお店を持つこと。でも、やがて祖母は他界。また同じ夢を持っていたはずの恋人には騙されて、いろいろなものを失くして倫子は田舎の母親の元に戻ることになる。失意のまま暮らしていたが、昔からあるイチジクの木や熊さんとのザクロの思い出などから、そうした食材を活かした”自分の店”を始めようと決意、まずは母親の家の敷地内にある物置小屋をリフォームし、1日1組の完全予約制にした、倫子がひとりで切りまわせる「食堂かたつむり」を開店する。最初に招待した「かたつむり」のスポンサーでもある熊さんのふれ込みから、「食堂かたつむり」のご飯を食べると”願いがかなう”、という口コミがひろがりいつしか大繁盛。ちょっとしたケチが付いた後は閑古鳥になってしまうのだけど、それでも倫子のつくる愛のこもった美味しいご飯は人々を魅了し、幸せにしていった。
母親は倫子のすることを傍観するのみだったが、やがて意外な方向へと物語は進み始めることになる。それは母親の2つ(3つ?)の真実が語られて、母娘の確執が融け始めるというありきたりな展開ではあるけれど、お涙頂戴というほど押しつけがましくないところが良かった。

失語症の女性を柴崎コウさんが好演。かつてTBSドラマ『オレンジデイズ』では聾唖の少女を好演した柴崎さんでもあり、喋らずに表情だけでの演技はお手の物といった風。(喋らない方が返って???)。「いつ喋る?」というのも注目点だったが、ここもお涙頂戴ではなく、納得のシチュエーションだったのが良かった。
店の話から母親の話へに切り替わるのが唐突な気がして、長さや中だるみも感じたが、華やかなアニメーションの挿入も効果的だったし、なかなか面白かった。

総評:★★★++   好き度:★★★++   オススメ度:★★★++

|

« 大雪で、こっそりこんなものを作ってみた。 | トップページ | 「パリ・オペラ座のすべて」みた。 »

コメント

たいむさん『オレンジデイズ』で柴咲さんがしゃべれない役をやったことなんて良くおぼえてましたね~。私もまずそれを思い浮かべてました。あの時は南さんという手話の先生がついてくださったんですが、今回もそうなのかと思ったら、生まれつきではなく失恋のショックからの失語症、つまり耳は聞こえるんですよね。だから余計に難しかったでしょうね。理解していながら表現の手段を奪われているってことですし。

母親のがんの告白シーンからさきが、何だかえらいこと駆け足というか、すっ飛ばしまくっていたのがちょっときになっちゃいました。^^;

投稿: KLY | 2010/02/06 16:31

■KLYさん、こんにちはsun
あれは何年前でしたっけねぇ、覚えてますよー。
TBSって障害系の恋愛ドラマを立て続けにやってましたし、ほとんど見ていた気がします(^^)

息づかいとか研究したんだろうなぁーって思いつつ見ていましたが、喜怒哀楽が良くわかってさすがだなーって思ってました。

>母親のがんの告白シーンからさき
実は食堂の話ではなく、そっちこそがメインなのだと後半になってやっと気が付きました。バランスが良くなかったですね。
どうもごはん系だと「かもめ食堂」のような作品を期待しちゃいますね(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2010/02/06 19:19

何時もお世話になっております。

倫子の出生の秘密を知ってから物語が急展開しましたよね。
真実は何時も1つという事もあり、真実を知って心境が変化する事は少なくない訳で、母親として最期まで愛情を倫子に注いでいた事知って亡くなったのと自らの望みが叶ったのは倫子にとっても最期の親孝行だったと思います。
確かに料理作品で外れはあまりないですよね。それだけ料理は人の幸せを呼び込んでくれるという事でしょうね。
普段はお昼には5分待って5分で食べる生活をしていますけれど、ゆっくり味わって食べたいと思った次第です。

投稿: PGM21 | 2010/02/10 00:07

■PGM21さん、こんにちはsun
特に後半はバタバタと展開してましたが、マンガチックな演出も楽しかったし面白かったです。

料理はもう少しシンプルなものならもっと良かったかなぁ。あの山の中で鯛とか子羊とかなんか違うように思ったし。なのでダシをしっかりとったお茶づけが一番おいしそうでした。
これは味わうというよりもかき込みたいですが。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/02/11 08:47

さすがに、エルメスの解体作業まではやりませんでした。結構詳しく書かれてましたよ、原作では。それがそのままエルメスへの思いと重なって見えました。
文庫版には番外編「チョコムーン」が掲載されてて、映画では寄り添う男の子同士のワンシーンだけですがそういう話もあります。

目は口ほどにモノを言う。演技は良かったのに
どうも説明不足な気がしてちょっと残念でした。

投稿: Ageha | 2010/02/13 01:46

■Agehaさん、こんにちはsun
エルメスはイイ話でしたね。『ブタがいた教室』では子供たちが苦悩する話だったけれど、選択を素直に受け入れられる感じでしたし。

活字の原作は描写が細かいから、映像にすると不満とか物足りなさを感じるものが多いけれど、やはりそんな感じでしたか?
私は説明のない部分を勝手に埋められたのであまり気になりませんでしたけど(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/02/14 10:01

こんにちは!

私も倫子が手話を使ったらどうしようかと思いました(笑)
料理も相手に合わせてもてなす感じでよかったです。
お妾さんの食欲に圧倒されました~happy01
優しく、カワイイ作品に仕上がっていて楽しめました♪

投稿: kira | 2010/02/19 13:02

たいむさん、こんにちは!

あまり期待をしていなかったためか、思いのほかいい作品に思えました。
お料理による癒しの物語と思いきや、母娘のコミュニケーションのお話でしたね。
二人とも愛情表現が不器用で、それが次第に相手に伝わっていく感じは好きでした。

投稿: はらやん | 2010/02/20 05:58

■kiraさん、こんにちはsun
それぞれに合わせて料理を作っていたようだけど、お妾さんのはボリュームも内容も年寄り向けじゃなくってビックリでした。
江波さんの演技も凄かったですねw

投稿: たいむ(管理人) | 2010/02/20 10:52

■はらやんさん、こんにちはsun
母娘の話って実は苦手。
予想と全然ちがっていたのだけど、コミカルな描きかたや、料理など思いの外楽しめました。

エルメスはいろいろ言われている見たいだけど、私はアリかな~(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/02/20 10:53

たいむさん、こんにちは。
最初ちょっと「かもめ食堂」をイメージしていたので、ちょっと違和感を感じましたが、テイストに慣れてくると結構楽しめたと思います。

でも唐突に母親のエピに入ってラストという展開は私も強引に締めた感を感じました。なんだろう、ちょっと盛り上がりに欠けたような気がして。もうちょっとラストエピを盛り上げてくれたらもっと良かったかも。

それにしても1万円出させちゃうお茶漬け、私も気になりましたO(≧▽≦)O

投稿: GAKU | 2010/10/03 08:22

■GAKUさん、こんにちはsun
食べ物系ではやっぱり「かもめ・・」を超える作品はなかなか出ませんね~。
「かもめ・・」は傑作ですね。

でもご飯ものの映画はなんか好き♪
お茶づけはホントに試してみたいものですw

投稿: たいむ(管理人) | 2010/10/04 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/47491837

この記事へのトラックバック一覧です: 「食堂かたつむり」みた。:

» 食堂かたつむり [LOVE Cinemas 調布]
小川糸のベストセラー小説の映画化。主演は『容疑者Xの献身』の柴咲コウ。共演に『ディア・ドクター』の余貴美子、ブラザートム、志田未来、佐藤二朗、三浦友和など人気俳優が目白押しだ。監督は富永まい。失恋のショックで声を失った主人公が実家に戻り食堂を開く。その料理には人の心を癒し軌跡を起こす力があった…。アニメやCGをふんだんに取り入れたファンタジックな映像に魅せられる。... [続きを読む]

受信: 2010/02/06 16:14

» 「食堂かたつむり」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「食堂かたつむり」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:柴咲コウ、余貴美子、ブラザー・トム、田中哲司、志田未来、満島ひかり、桜田通、徳井優、諏訪太朗、佐藤二朗、草村礼子、佐々木麻緒、山崎一、上田耕一、江波杏子、三浦友和、他 *監督..... [続きを読む]

受信: 2010/02/07 17:56

» 食堂かたつむり [象のロケット]
世界中で料理の修業を重ね、ようやく自分の店を開こうという時、恋人に全てを持ち逃げされた倫子は、ショックのあまり声を失ってしまった。 残された祖母譲りの「ぬか床」だけを手に自由奔放な母・ルリコが暮らす田舎へ戻り、倉庫を改造して「食堂かたつむり」を開店する。 一日一組だけの客に想いを込めて作る料理は、小さな奇跡を起こしてゆく…。 しあわせごはんファンタジー。... [続きを読む]

受信: 2010/02/07 18:12

» 食堂かたつむり [いい加減社長の日記]
9時半だと思っていたら、9時上映開始で、おかげで朝めしを食えなかった^^; 作品としては、どうなのか、よくわからなかったんだけど、柴咲コウさんが大好きなので、「食堂かたつむり 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、土曜の朝にしては、少なめか。 「食堂かたつむり... [続きを読む]

受信: 2010/02/07 20:06

» 食堂かたつむり [だらだら無気力ブログ]
小川糸原作の同名小説を『少林少女』の柴咲コウ主演で映画化したドラマ。 失恋で声が出なくなったヒロインが生まれ故郷に戻り、食堂を開き、そこで 出会う人々との触れ合いを通じていく様を描く。 共演に『ディア・ドクター』の余貴美子など。倫子は夢である自分の店を持つ..... [続きを読む]

受信: 2010/02/07 23:35

» 食堂かたつむり [MiracleFruits]
ジブンも申し込んでいたのですが先にYちゃんが試写会に当たり誘って頂いたのでいそいそ出かけて来ました『食堂かたつむり(HP)』会場は109シネマズ名古屋です映画が始まる前にゲストが紹介され主演の柴咲コウさんと富永まい監督が登場試写前だったので作品に対する明言に...... [続きを読む]

受信: 2010/02/08 09:44

» *食堂かたつむり* [Cartouche]
{{{   ***STORY***             2010年  日本 失恋のショックで声を失った倫子は、子供の頃から馴染めなかった自由奔放な母・ルリコが暮らす田舎へ戻り、小さな食堂を始めることにする。お客様は一日一組だけ。決まったメニューはなく、お客様との事前のやりとりからイメージを膨らませて料理を作るのだった。訪れるお客様の想いを大切にして作る倫子の料理は、食べた人の人生に小さな奇跡を起こしていく。そして、いつしか“食堂かたつむり”で食事をすると願いが叶うという噂が広まっていった。..... [続きを読む]

受信: 2010/02/09 10:10

» 『食堂かたつむり』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「食堂かたつむり」□監督 富永まい □原作 小川 糸(「食堂かたつむり」ポプラ社) □脚本 高井浩子□キャスト 柴咲コウ、余 貴美子、田中哲司、ブラザー・トム、志田未来、江波杏子、満島ひかり、三浦友和■鑑賞日 2月7日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 小川 糸の原作本は正直一冊も読んだことはない。 従ってこの映画の原作も。  バンジージャンプはしたくないけれど、あのオッパイ山は見てみたい(笑... [続きを読む]

受信: 2010/02/11 14:30

» 食堂かたつむり 【~⌒(・・)⌒~】を飼いたくなった(←食うためではない) [労組書記長社労士のブログ]
【 {/m_0167/}=7 -4-】 これは試写会にて火曜に観た映画、原作(小川糸著)が妙な話題になっていたようだが自分は未読。  失恋のショックで声を失った倫子は、子供の頃から馴染めなかった自由奔放な母・ルリコが暮らす田舎へ戻り、小さな食堂を始めることにする。お客様は一日一組だけ。決まったメニューはなく、お客様との事前のやりとりからイメージを膨らませて料理を作るのだった。訪れるお客様の想いを大切にして作る倫子の料理は、食べた人の人生に小さな奇跡を起こしていく。そして、いつしか“食堂かたつむり”... [続きを読む]

受信: 2010/02/12 07:38

» 「食堂かたつむり」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                                「食堂かたつむり」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・富永まい 原作・小川糸 脚本・高井浩子 失ったもの:恋、家財道具一式、声。 残ったもの:ぬか床・・・。 というキャッチ・コピーのこの作品。 ネタバレご注意です!! 街で恋人と一緒にレストランを開くのが夢だった倫子(柴咲コウ)は、ある日アパートへ帰ってみると・・家財道具一式が全部無くなって・・・当然彼もどこかへ消えて・・・残ったのは、ぬか床だけ・・(T_T)/~~。 そ... [続きを読む]

受信: 2010/02/12 17:55

» 食堂かたつむり 【~⌒(・・)⌒~】を飼いたくなった(←食うためではない) [労組書記長社労士のブログ]
【 {/m_0167/}=7 -4-】 これは試写会にて火曜に観た映画、原作(小川糸著)が妙な話題になっていたようだが自分は未読。  失恋のショックで声を失った倫子は、子供の頃から馴染めなかった自由奔放な母・ルリコが暮らす田舎へ戻り、小さな食堂を始めることにする。お客様は一日一組だけ。決まったメニューはなく、お客様との事前のやりとりからイメージを膨らませて料理を作るのだった。訪れるお客様の想いを大切にして作る倫子の料理は、食べた人の人生に小さな奇跡を起こしていく。そして、いつしか“食堂かたつむり”... [続きを読む]

受信: 2010/02/15 07:14

» 「食堂かたつむり」感想 [狂人ブログ 〜旅立ち〜]
 海外はどうか存じないが、とかく日本の娯楽産業は、一つ何かが流行ると、猫も杓子もそれに右倣えしてしまう、悪しき習慣があるように思う。 10数年前も、散々伏線を張りまくった挙句「おめでとう」「ありがとう」で終わるという、世間をナメきった某アニメがあったが...... [続きを読む]

受信: 2010/02/15 21:01

» 『食堂かたつむり』 [・*・ etoile ・*・]
'10.02.02 『食堂かたつむり』(試写会)@ヤクルトホール yaplogで当選。ホントにいつもありがとうございます。これ別口でハズレてしまってガッカリしてた。試写会募集の記事を見て早速応募。見事当選したのでワクワクしながら行ってきた。 *ネタバレありです! 「一緒にお店を開店することを夢見ていたインド人の彼氏に、祖母の形見のぬか床以外を持ち逃げされてしまい、ショックから失語症になってしまった倫子。折り合いの悪い母親の元に帰った倫子は、実家の裏にある小屋を改装し食堂を開く。1日1組限定。メ... [続きを読む]

受信: 2010/02/16 01:10

» 食堂かたつむり [to Heart]
           {/m_0243/} {/m_0243/}。。。。 あるところに、 願いが叶うごはんが ありました。 製作年度 2010年 上映時間 119分 原作 小川糸 『食堂かたつむり』(ポプラ社刊) 脚本 高井浩子 監督 富永まい 主題歌 Fairlife 『旅せよ若人』 出演 柴咲コウ/余貴美子/ブラザー・トム/田中哲司/志田未来/満島ひかり/草村礼子/佐々木麻緒/江波杏子/三浦友和 小川糸原作の同名のベストセラー小説を『ウール100%』の富永まい監督が映画化した、じん... [続きを読む]

受信: 2010/02/16 02:21

» 「食堂かたつむり 」もっと美味しそうな料理がたくさん見たかった [soramove]
「食堂かたつむり 」★★★ 柴咲コウ、余貴美子、ブラザートム主演 富永まい 監督、119分 、 2010年2月6日 公開 (原題:食堂かたつむり)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「失ったもの、 恋、家財道具一式、そして 声 残ったもの、 ぬか床とおばあちゃんのレシピ 評判のいい原作の映画化」 失恋がきっかけで声が出なくなった主人公(柴咲コウ)は、 貯金も家財道具も恋人に持ち... [続きを読む]

受信: 2010/02/19 22:24

» 「食堂かたつむり」 倫子の「言葉」 [はらやんの映画徒然草]
人間には五感があります。 これはすなわち、視覚、聴覚、触覚、味覚、臭覚です。 こ [続きを読む]

受信: 2010/02/19 23:02

» 食堂かたつむり [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
食堂かたつむり’10:日本 ◆監督: 富永まい「ウール100%」◆出演: 柴咲コウ、余貴美子、ブラザートム、田中哲司、志田未来、満島ひかり、 江波杏子、三浦友和 ◆STORY◆おっぱい山の麓の小さな町で生まれた倫子は、自由奔放な母親に馴染めず、都会で一人暮らしをしてい...... [続きを読む]

受信: 2010/02/20 00:45

» 食堂かたつむり レビュー(ネタバレあり) [無限回廊幻想記譚]
 【ストーリー】おっぱい山のある田舎に生まれ育った倫子(柴咲コウ)は、ルリコ(余貴美子)の不倫で出来た子供だと陰口をたたかれる。倫子は中学校を卒業したと同時に、田舎を飛び出して都会に住むおばあちゃん(草村礼子)の下へと身を寄せた。料理の得意なおばあちゃんは、魔... [続きを読む]

受信: 2010/03/02 20:08

» 食堂かたつむり [映画的・絵画的・音楽的]
 『食堂かたつむり』を恵比寿ガーデンシネマで見てきました。  予告編で見たときから面白そうだなと思い、見に行こうとしたところがなかなか時間がうまく合致せずに、映画館に行くのがこんなに遅れてしまいました。  この映画に対し前田有一氏は、4点という極端に低い点数をつけています。  その論評を読んでみますと、「「人物描写が浅い」「期待はずれ」「話が薄い」「突っ込みどころ満載」などといった生の読者の声を、きっと富永まい監督も読んだのだろう。この映画版を見た人も、原作を読んだ人たちと同じ感想を持つことがで... [続きを読む]

受信: 2010/03/13 09:14

» シニカルな空気感と気になる料理たち ─ 食堂かたつむり ─ [Prototypeシネマレビュー]
─ 食堂かたつむり ─ 小川糸の小説を映画化したこの作品『食堂かたつむり』。内容は全く知らなかったのですが、“料理で元気になる”というテーマは大好きですし、何となく雰囲気でレンタルしてみました。 ただ、個人的に「食堂〜」というタイトルから『かもめ食堂』の感....... [続きを読む]

受信: 2010/10/02 14:23

« 大雪で、こっそりこんなものを作ってみた。 | トップページ | 「パリ・オペラ座のすべて」みた。 »