« ほんとうは誰? | トップページ | 久しぶりに目の当たりにした景色。 »

2010/01/15

「かいじゅうたちのいるところ(字幕)」みた。

Kaijyu0 やっと、やっと今年の一本目を鑑賞。
アンデルセンだのグリムだの、メジャー中メジャー童話しか読んでいない私なので、原作など知るはずもなく。もっと童話童話したお話かと思いきや案外そうでもなく、いわゆる感動モノに仕上がっているかと思いきや「何となく成長を感じてくれ」的でハッキリもしていない。だけど「解らないではない」、そんな印象だろうか。

少し歳の離れた姉と母親と3人暮らしのマックス坊や。最近母と姉がちっとも自分を構ってくれないことに不満を持っていて、まだまだ自分中心で甘えたい盛りのボクちゃんだ。他人の気を引くためにイタズラしたり、不機嫌をこれ見よがしの態度で示したり、おおよそ子供らしい子供なのだけど、「空想好き」がより扱い難い子供にしてしまっている感じではありそう。(わが身を振り返ってあったあったと思うところでもあるけど)。
自分の思い通りにならない母と姉に腹を立てたマックスは家を飛びだし、不思議な島で不思議なかいじゅうたちに出逢う。最初は食べられそうになるマックスだけど、お得意の空想力を駆使して「自分は王様だ」とかいじゅうたちに言い聞かせてやり過ごすことに成功、逆に「王様」としてのリーダーシップを発揮しながら一緒に暮らすことになる。でも、所詮8歳のガキでしかないマックス。ひと癖もふた癖もあるかいじゅうたちを纏めることなどできる知識も力もないわけで、化けの皮など最初からベロベロだ。
かいじゅうたちが肝要でいるうちは良かったものの・・・という流れで話は進んでいき、最終的にはマックスが自分は単なる甘えん坊で非力なガキであることを自覚し、恋しい母親の元へと戻っていくことになる、大人目線ではただそれだけのお話。
なんだろう、実は”かいじゅう”っていうのは欲求不満で癇癪を起すマックスのことで、つまり、島の”かいじゅう”たちはみんなマックス分身のようなもので、その中でも特に”キャロル”が今のマックスに一番近く、自分自身を反面教師(自己分析)にした、ということかなーと思ったのだけど、どうだろう?
まぁ、なにはともあれ「愛がすべて」 ってことで、基本中のキホンな童話なようだ。

総評:★★★++  好き度:★★★++  オススメ度:★★★++

着ぐるみのかいじゅうたちは表情といい動作といいお見事。けっこー不気味なのにカワイく見えてくるのが面白いよね。お気に入りはチョッピリ腹黒いダグラス♪もげた腕の補正もナイス!

|

« ほんとうは誰? | トップページ | 久しぶりに目の当たりにした景色。 »

コメント

いかにマックスの目線で観られるかですよね、この作品は。子供が人形で遊ぶときって、客観的にみると手で持ってぶつぶつ言いながら遊んでますが、心ではなりきっているか、その世界にすっかり入り込んでます。
そんな世界観じゃないかと思うんですね。だからたいむさんが言われる通り、マックスの分身というのはある意味その通りなのかもしれません。
個人的にK.Wとの会話「食べちゃったの?」ってシーンが好きです^^

投稿: KLY | 2010/01/15 23:10

■KLYさん、こんにちはsun
しっかり大人目線で分析官になってました(笑)
お伽話ではないんですね、コレ。数ページでしかない子供向けの絵本をおとなが構成し直すとこうなるのか、って感じでしょうか。
その辺のギャップ?から掴み所が難しかったです。

着ぐるみは良かったですねw
3D向きっぽい作品かな?とか思ったりもしましたがw

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/15 23:38

たいむさん
こんばんは、コメありがとう。

>大人目線ではただそれだけのお話

えええー。寂しいよぉ。

すごくわたしはハマった1本で、
音楽も大好き、サントラ毎日聴いててもう来年のベスト2位以内はたぶん確定、かな
かいじゅうたちが皆可愛い!

投稿: mig | 2010/01/15 23:53

■migさん、こんにちはsun
migさんにはドツボだったみたいですね。
でも、ごめん。
なんだかマックスとかいじゅうたちの関係性とか心理の変化をずっと分析しながら見ていた感じだったんですよね(^^;
空想好きでも現実逃避とはちょっと違うし、社会を学習するような映画って印象でファンタジーとしては楽しめなかったかなーと。
音楽とか映像とか着ぐるみはとても良かったんだけど。
冒頭の落書きには「おっ」っと思って期待したんだけどw

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/16 00:01

たいむさん、こんばんわ☆
ようやくロンドンへ戻ってきました!
時差ぼけ辛いよぉー

私も手がもげちゃってからのトリさん大好き!(爆)

私はかいじゅうたちが、実はマックスを王様でもないことをちゃんと最初からわかっていたと話したあたりから、泣いちゃって…
不器用な人間は、子供だけではないから、上手く器用に生きられない人たちの切ない気持ちも伝わって、ハンカチを慌てて探す羽目になりましたよ。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2010/01/16 02:08

たいむさん、こんばんは。

>「何となく成長を感じてくれ」的でハッキリもしていない。だけど「解らないではない」

ズバリ!!!
その通り!!
私も悲しいかな、終始大人目線のままでした。
もちろん、どちらにも変化はあったのは解るけど、若干、都合が悪くなったから逃げ帰る~みたいな…(苦笑)
かいじゅうたち、あれから上手く暮らせる術があるのでしょうか?!
島でもっとこう、何ていうの~紆余曲折でもしながらお互いが己に気づくってくだりでもあれば違ったのかもしれないけど…
キャロルはまさにマックスそのもので、人のふり見て我がふり直せ~な教訓感覚でした。

投稿: オリーブリー | 2010/01/16 02:48

おはようございます。

ファンタジー作品なのですが、
ファンタジー以上のものを感じさせてくれる、
そんな作品でした。

かいじゅうたちはやはりマックスの心を投影したものなんでしょうね。

投稿: BROOK | 2010/01/16 06:57

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
おもどりなのですねー(^^)
時差ぼけキツそ~。
でも、いってみたぁーい!

あのもげた手は再生するのかな?なんて思っていたのに、意外な復旧方法がツボにはまっちゃいましたw

>上手く器用に生きられない人たちの切ない気持ち
なるほど。うん、たしかにそんな風にも見えました。
ただ子供向け作品なだけに、かいじゅうたちは子供じみた行動とかセリフでそれら語ってしまっていたので、彼らを大人としてみるのか子供としてみるのか悩んでいた私でした。
不器用に大人も子供もないですよね、ほんとは(^^;
想像していたものとちょっと違っていたので、戸惑った感じです

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/16 09:02

こんにちは。
わたしもこれが、今年最初の映画館鑑賞でした。
わたしは、大人目線、というより母親目線で観ていたので、
8歳という、まだまだ赤ん坊同然の年齢の子(育ててる最中は大きいんだから、と思っちゃうけど)を
あんな風に突き放してしまうことってあったよね…
空想の世界に生きている息子を図りかねて、
自分の用事を優先してたことが多かったな…なんて思ったりしたせいか、
このお話を読んで聞かせてやっていた、20年も昔を思い出すところもあって、
マックスと、マックスの性格が1人1人に反映されたかいじゅうたちを
ぜ~んぶ母親目線で見守っていた感じでした。
ただ、そうでなければ、また違う感想を持ったかもとは思いますけどね。

投稿: 悠雅 | 2010/01/16 09:09

■オリーブリーさん、こんにちはsun
私もオリーブリーさんの記事見て終始頷いていましたよー。
「逃げ帰る」っぽく感じてしまったのも、残されたかいじゅうたちはどうなる?とかもいっしょ。だけど、海辺の別れであり、戻ったマックスはちょっとだけ大人になってましたよね。(だから「感じてくれ的」って思うのだけど)

かいじゅうたちとマックスと一心同体のものと考えればその辺りは解決かなーと解釈して救済かな?(^^)

>人のふり見て我がふり直せ
うんうん。「手に負えない」とママと同じ言葉をキャロルに投げつけたことでようやく自分に気が付いたのでしょう。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/16 09:09

■BROOKさん、こんにちはsun
小さなリアル社会がかいじゅうの島に合った感じですよね。なんかドラえもんとか、クレヨンしんちゃんとかを感じるところがありました。

着ぐるみは拍手モノでしたね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/16 09:12

■悠雅さん、こんにちはsun
私は母親じゃないんで、この手の映画は毎度同じ感覚。
でもかまくら(イグルー)を潰されて、それまでやんちゃだったのに逆切れちっくに泣きだしちゃう子供ってホントあるあるって思って私も見てましたw
そして、どのかいじゅうも子供っぽくって、いろんな子がいるよねー感覚でした。

絵本は知らないけど、この映画は観るひとによっていろいろな見方(解釈)が出来そうですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/16 09:17

おはようございます。

タイムさんにいただいたコメントで、
「かいじゅうたちを大人とみるのか子供とみるのかずっと悩んでました。」で
ふと思いました。
あの“かいじゅう”は大人になれない大人ではないでしょうか。

どうも、そのあたりが
ぼくがこの映画に、
すんなりとは入り込めなかった理由のような気がしました。

投稿: えい | 2010/01/16 10:42

さすがスパイク・ジョーンズ。
ありきたりなファンタジーは造りませんね!

子供ならではの不協和音と愛嬌が,
みごとに映像化されていて,
なかなか楽しめました。

かいじゅうの造型がポイント高い!
フィギュアが欲しい。。

投稿: AKIRA | 2010/01/16 12:33

こんにちは♪
今年初ですか~。
キャロルはマックスそのものな感じでしたね。
かいじゅうたちの動きも雰囲気も良かったんですが、思ってたほどの感動は味わえませんでした^^;
子供連れの人がいたんですけど、子供が飽きちゃったみたい。子供向けという感じではなかったですね。

投稿: yukarin | 2010/01/16 16:34

こんにちは。

子供のお客さんを無視したかのようなダークな作風に抵抗がない訳ではないですが、多感な少年の心象がかいじゅうを通して丁寧に描かれていたと思います。
そしてやっぱり着ぐるみの怪獣が素敵でした。着ぐるみにCGで表情を加えるというアイデアは素晴しいですね。日本の怪獣映画でも採用して欲しい!

投稿: えめきん | 2010/01/17 09:01

こんにちは♪

>「何となく成長を感じてくれ」的でハッキリ
 もしていない。

そうなんですよね~。
大きく心に沁みて来るものではなかった反面、
良作であることにも疑いはないんですが、こ
の部分が引っかかっていて、気持ちスッキリ
しなものがあったんですよね。

内容もさることながら、J・ヘンソン氏の工房
が手掛けたかいじゅうたちの着ぐるみの出来栄
えが半端なく素晴らしかったですよね~。
これがCGだったら感動どころかもしかしたら興
醒めしてしまったかも知れません♪ (゚▽゚)v

投稿: 風情♪ | 2010/01/17 10:10

まさにキャロルはマックスそのものでしたね。
でも人間って反面教師で成長していくものですから、こういう映画を単に子供向けだけで売り出すのはちょっともったいないと思いました。

投稿: にゃむばなな | 2010/01/17 17:36

■えいさん、こんにちはsun
>大人になれない大人
えいさんのコメントのおかけで私もスッキリした感じで、まさしくその通りって思います。
やることなすこと”子供じみている”大人でした。
最初からそう思って観ていれば、もう少し違った感想になったかもしれません。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/17 19:17

■AKIRAさん、こんにちはsun
映像も内容も深いのだけど、受け取り手次第という感じかなーと。
文句なしは着ぐるみたち。それだけにちょっと勿体ないという印象です。
予備知識があった方が良いかもしれませんね、これは。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/17 19:20

■yukarinさん、こんにちはsun
感動のファンタジーを求めて観に行くと、肩透かしをくらっちゃいそうですよね。子供が飽きるのは分かる気がしますし。同じように反抗期っぽい子はイタイし、まだわかんないし(笑)

昔の子供はいくらでも深読みできるけど・・・という感じの作品だったと私も思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/17 19:23

■えめきんさん、こんにちはsun
かいじゅうの登場のあたりでは、実は大人向けのダークファンタジー?とか思いましたが、それほど黒々しくもなくどっちつかずな雰囲気に迷っていました。
着ぐるみたちは生きているようで良かったから尚更だったのでしょうね。
日本の着ぐるみもここまで進化したら、良いアニメ原作の実写が作れそうですね(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/17 19:26

■風情♪さん、こんにちはsun
本物らしさが最高で、すんなり物語に入り込めたぶん逆に彼らに中途半端さを感じてしまったという気がしてます。
本当にあの着ぐるみたちは良かったですねー。
口の中があんなに大きいのにはビックリでしたが(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/17 19:29

■にゃむばななさん、こんにちはsun
そうそう、子供向けって風に宣伝しているのはうまくない感じですよね。加藤君の起用で拍車をかけてる気がしますし。
同じ年ごろの子が映画をみるだけで理解して納得するとも思えないし。でも10年後に思い出してくれるかな?ってところかな?

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/17 19:31

うんうん!あのダグラスの腕の補正はくすっとしちゃいました。
腕が最初にもげた時に石灰?砂?みたいなのがサァ~と
流れて来た時にはびっくりしましたけど、
なんかすんごいみんな愛嬌ありましたよね~( ´艸`)
あたしもなんかたいむさん同様あんまりずばんとは来なかったんですよね~。

投稿: miyu | 2010/01/17 19:37

■miyuさん、こんにちはsun
そうそう、ザザ~て腕がボロボロと崩れるところは「生物ではない」との証明でもあり、「ああ」と「ええー」の両方でしたが、あの枝には微笑んでしまいました(^^)
似合ってたし(爆)

ずばん、ときた人とそうでない人。見方の違いがそのまま評価の違いかもしれないですねー。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/17 21:56

こんにちは~♪
私もやっと今年の一本目を鑑賞しました(笑)
来週あたりから観たい映画が目白押しなんだけど、アバター以降はイマイチそそられる作品がなくって、、、

映画ですが、子どもが原作絵本を好きだったので、数え切れないほど読み聞かせをしましたが、映画のような内容あるものではなくて、ホントさもない話なんです。それなのに子どもには人気がある、、、子どものツボって不思議ー♪
で、、、映画はちょっと大人目線で描かれていたかなぁ~と思いました。いい映画だけど子どもがそんなに喜ばない気もしたなぁ~

投稿: 由香 | 2010/01/18 13:21

■由香さん、こんにちはsun
由香さんも今年初でしたか(^^)
そうそう「アバター」以降ぱっとした新作が無かったですよね。
「のだめ」など2回目に行ったりもしましたが、3週間も劇場で映画を見なかったのは久しぶりでした。

私って絵本で喜ぶ子どもじゃなかったから、絵本とか児童書って超メジャーどころじゃないと知らないんですよね(^^;
異色な雰囲気は漂っていたけど、すっかり子供向けと信じていたので、リアルちっくなマックス君の言動に分析ばかりしてました。
どちらかといえば大人が深読みする感じの映画でしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/18 19:29

所々寝てしまいました。うぅぅ…。


子供ってのは甘えん坊で寂しがりで癇癪持ちで
でもただいま~ゴメンナサイでOKな存在なんです。
オカンは、待ってるしかないわけです。
子供の帰りを、
いつかはわかる人の気持ちも。


絵本のオチが結構好きなんですが、映画版もいい感じでした。

投稿: Ageha | 2010/01/19 00:42

こんばんは~!
私も「キャロルがマックスだったのか?」という勝手な自論(笑)を出すまで
この作品何を描いてるのかよくわからなくてあせりました~(笑)
もっと素直にこの世界を楽しめばよかったのかなと今は思ってます。
この着ぐるみの恐竜達に私も埋もれて眠ってみたいです~(あはは)

投稿: くろねこ | 2010/01/19 01:45

■くろねこさん、こんにちはsun
>キャロルがマックス
けっこう複雑な割にかいじゅうたち全員が子供じみていたから、そのあたりはなんとなく感じていたのだけど、「手に負えない」までは確信できなかったというか、フィーリングの作品でしたね。

着ぐるみのデキの良さは”ホンモノ”として見られたのが凄く良かったです。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/19 21:02

こんにちは!
年が明けてやっと映画館に行けました。
原作の絵本に特別思い入れがあるわけじゃないんだけど
期待以上の素晴らしい映像で、なぜか泣けてしょうがなかったです。

鳥さんの腕がもげちゃったときは「ひぃっ!shock」って感じでビビったけど、
そのあとの「気に入ってる方の手なのに!」で笑って、さらに補正の仕方にニヤリでしたcatface

投稿: kenko | 2010/01/20 17:39

■kenkoさん、こんにちはsun
今年は年明け公開がパッとしませんでしたねー。
でもでも今週末から期待作品がけっこう目白押しですね。

泣けました??私は最後の別れで一粒くらいかなぁ~。分析ばかりしてたもんで(^^;

トリさんの腕はインパクトありましたねー。
「砂だったんだ・・・」とちょっとビックリでしたが、補正がなんともいいかげんで好きです♪

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/20 21:24

こんばんは☆彡
今頃のコメントですいません(^^;たいむさんは今年1本目の鑑賞だったんですね^^
私は予告編がすごく好きで、そのノリで行ったら、
(私も、もっともっと童話童話したお話かと思っていて)
全然違っていて(^^;意外と感動しませんでした(ーー;)
言ってることはすっごくわかるのですが、映像も綺麗ですし
音楽もかわいいし好きな作品なのですが・・・
ダグラスが好きってたいむさんらしいかも(他意はありません・笑)
着ぐるものかいじゅうたちは、キモかわいい(笑)感じで
好きでした♪

投稿: ひろちゃん | 2010/01/23 20:55

■ひろちゃん、こんにちはsun
ご家族で撃沈されていたようで・・・。
負担になるのも・・と思って経過を見守っておりましたが、復活されたようで良かったです(^^)

予告編ではこんなに大人っぽい作品とは感じられませんでしたよね?良くない部分での子供の子供らしいところに注目しているのは良いんだけど、やっぱそうなるとつくり手が子供を見透かした大人目線だって言っているようなもので、逆に中途半端な印象になりました。だから完成度は高いのにね、でも・・という曖昧な感想になってしまいます。

私のダグラス好きって納得?(笑)
確かに毎度インテリジェンスタイプでひとクセありそうなキャラを好みだって言ってるものね(^^)
そして、キャロルのような直情熱血バカタイプはちょっと苦手です(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/24 00:55

たいむさん、こんにちは!

これはまさに寓話ですよね。
人の深層心理にあるかいじゅうを扱えるようになることが大人になるっていうことと読めました。
癇癪というのは大人になってもありますが、そのときはかいじゅうが心の中で叫んでいるのかもしれないですね。

投稿: はらやん | 2010/01/24 08:42

■はらやんさん、こんにちはsun
愉快なかいじゅう映画を観に行ったのに、思いのほか大人のファンタジーだったので、あれ?って。
おかげで大人目線で分析しながら見る感じになってしまいました。
我が身にふりかえって思うこともいっぱいでしたしー(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/24 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/47303510

この記事へのトラックバック一覧です: 「かいじゅうたちのいるところ(字幕)」みた。:

» かいじゅうたちのいるところ [LOVE Cinemas 調布]
世界中で愛されるモーリス・センダックの同名絵本の実写化。センダック自身の希望もあり、監督は『マルコヴィッチの穴』のスパイク・ジョーンズが務め、プロデューサーにトム・ハンクスも参加している。主人公の少年マックスはマックス・レコーズが、母親役にはジョーンズがプロデュースした『脳内ニューヨーク』のキャサリン・キーナーが出演。愛すべきかいじゅうたちと少年の心の交流に心が癒される作品だ。... [続きを読む]

受信: 2010/01/15 23:07

» 『かいじゅうたちのいるところ』 [ラムの大通り]
(原題:Where the Wild Things Are) ----これって、だいぶ前から観たがっていた映画だよね。 「うん。たまたまウェブで見つけた予告編がとても魅力的でね。 そこに流れていた音楽がまたよくて、 予告編だけで早くも涙腺が緩みそうに…。 で、気になって ちょっと調べてみたら、 なんと監督が鬼才スパイク・ジョーンズ。 これはもう絶対に観なくちゃと…」 ----で、どうだったの? 「う〜ん。申しわけないけど、 予告で味わったときほどのインパクトはなかったなあ。 これってもとより、世... [続きを読む]

受信: 2010/01/15 23:21

» かいじゅうたちのいるところ 字幕版 [映画君の毎日]
<ストーリー>いたずら好きなマックス(マックス・レコーズ)はいつものようにママ(キャサリン・キーナー)とケンカして、外に飛び出してしまう。ふと気付くとボートに乗っていたマックスは、海を渡り、ある島にたどり着いていた。島に住んでいる怪獣たちはマックスを見つけ、... [続きを読む]

受信: 2010/01/16 00:58

» 劇場鑑賞「かいじゅうたちのいるところ」 [日々“是”精進!]
 かいじゅうたちのいるところ-オリジナル・サウンドトラック「かいじゅうたちのいるところ」を鑑賞してきましたモーリス・センダックの世界的ロングセラー絵本を「マルコヴィッチの穴」「アダプテーション」の鬼才スパイク・ジョーンズ監督が実写映画化。ひょんなことか...... [続きを読む]

受信: 2010/01/16 06:04

» かいじゅうたちのいるところ [悠雅的生活]
その島には、かいじゅうたちが暮らしていた [続きを読む]

受信: 2010/01/16 09:04

» 試写会「かいじゅうたちのいるところ」 [流れ流れて八丈島]
今週も職場からダッシュの試写会生活がスタートしましたまず、今日は有楽町よみうりホールで「かいじゅうたちのいるところ」でした【入荷予約】かいじゅうたちのいるところかいじゅうたちのいるところもともとモーリス・センダックという作者の童話(絵本)が原作だそうで...... [続きを読む]

受信: 2010/01/16 09:32

» かいじゅうたちのいるところ [Akira's VOICE]
童心にかえって見守ろう!   [続きを読む]

受信: 2010/01/16 10:06

» かいじゅうたちのいるところ 吹替版 [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:WHERE THE WILD THINGS ARE公開:2010/01/15製作国:アメリカ上映時間:101分監督:スパイク・ジョーンズ出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ、声の出演:ローレン・アンブローズ、クリス・クーパー、ジェームズ・ガンドルフィーニ、キ....... [続きを読む]

受信: 2010/01/16 15:45

» 「かいじゅうたちのいるところ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「かいじゅうたちのいるところ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ、ローレン・アンブローズ、クリス・クーパー、ジェームズ・ガンドルフィーニ、キャサリン・オハラ、フォレス..... [続きを読む]

受信: 2010/01/16 16:27

» かいじゅうたちのいるところ [だらだら無気力ブログ]
モーリス・センダックの世界的ロングセラー絵本をスパイク・ジョーンズが 映画化。ひょんなことから不思議な島へとたどり着いた少年が島で出会った かいじゅうたちと繰り広げる冒険を描いたファンタジー。8歳の少年マックスは、シングルマザーの母と姉と3人暮らし。姉は..... [続きを読む]

受信: 2010/01/17 00:32

» [映画『かいじゅうたちのいるところ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆痛快なファンタジーアクションとは当然ながら思っていなくて、絵本の映画化なので「子供騙し」だとも思っていなかったが、こんなにも大人の鑑賞に堪える良質の作品だとは思わなかった。  実生活で孤立感を感じていた少年が、家を飛び出し、海に船出し、「かいじゅう」の島に辿り着く。  その世界は、少年の逃避願望の生んだ空想の世界なのか、実際の不思議な世界なのか、物語上、厳密な区別はつけられていない。  そこには、7匹の「かいじゅう」が住んでいる。  少年マックスは、その「かいじゅう」たちに「王様」とされて... [続きを読む]

受信: 2010/01/17 01:06

» かいじゅうたちのいるところ [5125年映画の旅]
8歳の少年マックスは、母と姉との三人暮らし。しかし姉は友達と遊んでばかりで構ってくれず、母親も仕事や恋人との時間を優先していた。そんな時、マックスは些細な事から母親と喧嘩をして家を飛び出す。河に浮かんでいた船に乗って海へと漕ぎ出したマックスが辿り着いた....... [続きを読む]

受信: 2010/01/17 08:57

» かいじゅうたちのいるところ [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ  アドベンチャー&ファミリー&ファンタジー  監督:スパイク・ジョーンズ  出演:マックス・レコーズ      キャサリン・キーナー      マーク・ラファロ      ローレン・アンブローズ 【物語】  いたずら好きなマックスはいつものよう....... [続きを読む]

受信: 2010/01/17 09:38

» 昔の私も「かいじゅう」だった・・・。『かいじゅうたちのいるところ』 [水曜日のシネマ日記]
世界中で愛されている絵本「かいじゅうたちのいるところ」を実写版映画化した作品です。 [続きを読む]

受信: 2010/01/17 10:02

» かいじゅうたちのいるところ [そーれりぽーと]
原作絵本はかいじゅうの絵のタッチくらいしか知らなかったけど、ずいぶん前に予告編を一緒に観た友達がかいじゅうの再現具合に大興奮してたので、折角なので一緒に『かいじゅうたちのいるところ』を観てきました。 ★★★★★ 子供向けの絵本を映画化したにしてはキツイ表現が多いので、観終わってその辺を友達に聞いたところ「この絵本を読んで育った元子供たちに向けた映画だろう」とのこと。 絵本はドロドロしてないんだそうで、納得w ムチャクチャ面白い良質のファンタジー映画ですが、ほんま子供に観せる映画ではないので注意が... [続きを読む]

受信: 2010/01/17 14:51

» かいじゅうたちのいるところ [象のロケット]
ママに怒られて家を飛び出した8歳の少年マックスは、ボートに飛び乗り海へと漕ぎ出した。 たどり着いたのは、見たこともない大きな体のかいじゅうたちのいる島だった! 彼らに食べられそうになったマックスは「僕は20年間王様をやっていたんだ」とインチキ話を始める。 王冠をかぶり、かいじゅうたちの王様になったマックスだったが…。 ファンタジー・アドベンチャー。... [続きを読む]

受信: 2010/01/17 17:45

» 『かいじゅうたちのいるところ』 [めでぃあみっくす]
少年の心を持ったまま大人になったスパイク・ジョーンズ監督やプロデューサーのトム・ハンクス。彼らが撮った映画だからこそ、この「かいじゅうたち」が人間の嫌な内面部分を具現化したもののように思えました。そして人は誰しも自分の内なる嫌な部分を悔い改めて優しくなる....... [続きを読む]

受信: 2010/01/17 17:46

» かいじゅうたちのいるところ/Where the Wild Things Are [いい加減社長の日記]
ファンタジー大好きなので、予告編を観て楽しみにしていた作品。 「かいじゅうたちのいるところ 」を、公開日の金曜のレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん 」は、いつも以上に少なかったかな。 「かいじゅうたちのいるところ 」は、大きめのスクリーンで、3割程度。... [続きを読む]

受信: 2010/01/17 18:47

» かいじゅうたちのいるところ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『見たことのない世界、忘れてた気持ち』  コチラの「かいじゅうたちのいるところ」は、20世紀最高の絵本と称されるモーリス・センダックの同名絵本を「マルコヴィッチの穴」や「アダプテーション」のスパイク・ジョーンズ監督が実写映画化した1/15公開のファンタジー....... [続きを読む]

受信: 2010/01/17 19:31

» かいじゅうたちのいるところ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
子どもたちが小さい頃に散々読むのをせがんだ絵本『かいじゅうたちのいるところ』 とっても短い絵本のお話を一体どういう風に膨らませているのか気になっていました〜今年最初の劇場鑑賞です【story】いたずら好きなマックス(マックス・レコーズ)は、ママ(キャサリン・キーナー)とケンカして外に飛び出してしまう。ふと気付くとボートに乗っていたマックスは、海を渡り、ある島にたどり着いていた。島に住んでいる怪獣たちはマックスを見つけ、王様に仕立て上げるが―     監督 : スパイク・ジョーンズ     原作 : ... [続きを読む]

受信: 2010/01/18 09:36

» 「かいじゅうたちのいるところ」 WHERE THE WILD THINGS ARE [俺の明日はどっちだ]
・ ひょんなことから不思議な島へとやって来た感受性豊かな少年が、ちょっとこわいけれど愛嬌あるかいじゅうたちと繰り広げる冒険の数々を描いたモーリス・センダックの世界的ロングセラー絵本をスパイク・ジョーンズ監督が実写映画化した作品。 どこにでもいそうな想像力が豊かだけど少々エキセントリックな少年マックス。 シングルマザーである母親はマックスの夢物語をパソコンに打ち込んでくれたりする優しさはもあるけれど、仕事に疲れ新しい恋人に癒しを求め、遊び盛りのお姉さんも友達との時間を優先し、と寂しいときを過ごす毎日... [続きを読む]

受信: 2010/01/18 13:00

» かいじゅうたちのいるところ [★ Shaberiba ]
童話の世界にはきっと隠れてる何かがある・・。 [続きを読む]

受信: 2010/01/18 22:12

» 『かいじゅうたちのいるところ』(字幕版) [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「かいじゅうたちのいるところ」□監督・脚本 スパイク・ジョーンズ □原作 モーリス・センダック □脚本 デイヴ・エガーズ キャスト マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ、ローレン・アンブローズ、クリス・クーパー、ジェームズ・ガンドルフィーニ、キャサリン・オハラ、フォレスト・ウィテカー■鑑賞日 1月17日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> もしかしたら原作の味わいから入った方が良かったの... [続きを読む]

受信: 2010/01/20 12:33

» かいじゅうたちのいるところ [C note]
原作の『かいじゅうたちのいるところ』は特別思い入れがあるわけではないけど、子ども [続きを読む]

受信: 2010/01/20 17:40

» 「かいじゅうたちのいるところ」感想 [狂人ブログ 〜旅立ち〜]
 モーリス・センダック原作。1963年の出版以来、今なお世界中で愛され続ける「20世紀最高の絵本」を、鬼才・スパイク・ジョーンズが映画化。 昨今のハリウッド映画にしては珍しく、銃でドンパチも、セクシーなお色気シーンも登場しない、完全児童向け作品。しかも...... [続きを読む]

受信: 2010/01/20 20:16

» 「かいじゅうたちのいるところ」絵本の世界そのまんま、映像は美しい [soramove]
「かいじゅうたちのいるところ」★★★☆ マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ主演 スパイク・ジョーンズ監督、101分 、 2010年1月15日公開、2009年、アメリカ (原題:WHERE THE WILD THINGS ARE)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「モーリス・センダックの絵本『かいじゅうたちのいるところ』を、 『マルコヴィッチの穴』のス... [続きを読む]

受信: 2010/01/20 23:15

» 「かいじゅうたちのいることろ」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜あの古典的名作絵本がついに実写!〜原作絵本を持っているので、やはり気になって観に行きました。2009年 アメリカ  (ワーナー・ブラザーズ配給) 10.1・15公開監督:スパイク・ジョーンズ製作:トム・ハンクス、ゲイリー・ゲッツマン、モーリス・センダック、    ジョン・カールズ、ビンセント・ランディ原作:モーリス・センダック 『かいじゅうたちのいるところ』上映時間:1時間41分出演:マックス・レコーズ・・・・・・・・・・・・・・マックス (主人公)    キャサリン・キーナー・・・・... [続きを読む]

受信: 2010/01/22 13:49

» 「かいじゅうたちのいるところ」 心の中のかいじゅう [はらやんの映画徒然草]
マックスはとても不機嫌でした。 彼はまだ9歳の男の子。 年の離れたお姉ちゃんは( [続きを読む]

受信: 2010/01/23 06:53

» ★かいじゅうたちのいるところ(2009)★ [CinemaCollection]
WHERETHEWILDTHINGSARE見たことない世界、忘れてた気持ち上映時間101分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2010/01/15ジャンルアドベンチャー/ファミリー/ファンタジー映倫G【解説】モーリス・センダックの世界的ロングセラー絵本を「マルコヴィッチの...... [続きを読む]

受信: 2010/01/23 20:57

» かいじゅうたちのいるところ [Movies 1-800]
Where the Wild Things Are (2009年) 監督:スパイク・ジョーンズ 出演:マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー 声:ジェームズ・ガンドルフィーニ、ローレン・アンブローズ、フォレスト・ウィッテカー モーリス・センダック作の世界的に有名な絵本の実写映画化で、母や姉にかまってもらえない苛立ちから家出した少年マックスが、辿り着いた島には7頭のかいじゅうがいたというお話。 予告編を観たときから、かいじゅうたちの造詣に不思議と魅かれるものがあり、気になっていた。 原作の絵本は読... [続きを読む]

受信: 2010/01/24 01:50

» かいじゅうたちのいるところ / 77点 / WHERE THE WILD THINGS ARE [ゆるーく映画好きなんす!]
だいすき!だいすき!だいすき!ぼくのこえはとどいてるの? 『 かいじゅうたちのいるところ / 77点 / WHERE THE WILD THINGS ARE 』 2009年 アメリカ 101分 監督 : スパイク・ジョーンズ 脚本 : スパイク・ジョーンズ、デイヴ・エッカース 原作 :... [続きを読む]

受信: 2010/01/28 03:16

» かいじゅうたちのいるところ [メルブロ]
かいじゅうたちのいるところ(原題: WHERE THE WILD THINGS ARE) 298本目 2010-2 上映時間 1時間41分 監督 スパイク・ジョーンズ 出演 マックス・レコーズ(マックス)     キャサリン・キーナー(ママ)      ローレン・アンブローズ(KW)      クリ...... [続きを読む]

受信: 2010/01/31 13:00

» 『かいじゅうたちのいるところ』 [シネマのある生活~とウダウダな日々]
絵本の最高傑作、奇跡の実写映画化! [続きを読む]

受信: 2010/02/02 12:40

» かいじゅうたちのいるところ [~映画盛り沢山~]
2010年13本目 新宿バルト9で観てきました 童話ってどこか怖い話が多いですよね この映画はそんな怖い童話の記憶を呼び覚ましてくれましたw もりだくさんが一番怖かったのはタイトル忘れてしまいましたが、確か「怒りん坊でみんなの嫌われ者の小人(?)に唯一あるお姫様にだけが優しく接してくれていて、その小人(?)もそのお姫様の前ではツンとしてるけど嫌いじゃなかった。でもある日嫌われ者の小人(?)は町の人に疑いかなにかをかけられ、それに怒り狂った小人(?)がなだめようとしてくれたお姫... [続きを読む]

受信: 2010/02/04 20:40

» ★「かいじゅうたちのいるところ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みの3本目は、チネチッタに移動して観てきました。 ひらりん的にはファンタジーは見逃せないところでしょうけど、 最近、コドモ心を失いかけてて、ちょっと心配。 邦題が全部、ひらがな・・っていうのも、引っかかるし。... [続きを読む]

受信: 2010/02/13 03:56

» 映画:かいじゅうたちのいるところ [よしなしごと]
 今回はかいじゅうたちのいるところを観てきました。  モーリス・センダック原作で、各国に翻訳されて世界で2,000万部を売り上げたという20世紀最高と言われる絵本の実写映画化だそうです。... [続きを読む]

受信: 2010/02/14 04:18

« ほんとうは誰? | トップページ | 久しぶりに目の当たりにした景色。 »