« 直ぐに試してみたくなる。 | トップページ | 「パブリック・エネミーズ」みた。 »

2009/12/12

「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」みた。

Yamato アクエリアスの海に沈んだヤマトがついに復活!。
ヤマトの呪縛から解き放たれずにいた古代進が地球を離れていた3年の間に、地球は逃れようのない危機に直面していることが発覚しプロジェクトが進んでいた。今度こそ地球の”消滅”がカウントダウンという物語。なのだが――
コワイ顔をした古代進ほか、キャラクターの作画を特に心配したけれど、見始めてみれば案外直ぐに慣れるもの。(それでも「完結編」のラストが回想としてそのまま挿入されると”別人”って思っちゃうんだけどね)。
良くも悪くも確かに”宇宙戦艦ヤマト”が復活したと思える『復活篇  第一部』だった。
(以下、若干ネタに触れているのでご注意を)。

ブラックフォールの接近は古代が地球を離れた直後に発覚したもので、移民計画が開始されたことを古代は全く知らなかったという設定。当初から3年がタイムリミットとされており、雪は「もしも古代君ならば・・・」という気持ちから移民計画の指揮を執ったとのことだった。3年が経ち漸く体制が整ったことで、雪は第1次移民船団の先導・指揮のために出発。ところが、移民先のアマール星と地球との中間地点で謎の艦隊の襲撃を受け消息を絶ってしまう。(何故かここで雪の服だけボロボロに引き裂かれ素っ裸になる意味が分からないが...イヤ往年のファンへのサービスだろうケド)。
古代は、近くにワープアウトした移民団護衛艦の難破艦から生存者(上条)を救出。地球の異変を聞き、帰還を決意。そんな放浪同然の古代の帰還を信じて待っていたのは現科学庁長官の真田志郎、親友:島の弟:次郎以下、当時のヤマトクルーでありヤマト再建に尽力していたニュークルーたちだった。

割と新生ヤマトのお披露目はアッサリ目。古代と同時に観客に機能追加とパワーアップを説明。噂の”波動砲6連射”もここで発表。(切り札なのはいつもどおりであり、後にラスボスの巨大戦艦を護る支柱が5本なところでニヤリだ)。
氷塊をブチ割りながら発進するところは、プロモーションDVDで散々みたもので、今更ゾクゾク感はなくなってしまったが、初見の往年のファンは感慨深いシーンになったんじゃないかな?

青臭さが抜け切り、冷静沈着すっかり艦長として貫禄が付いた古代進。古代の愛と正義の在り様はこれまでどおりの揺るぎないものが感じられ、敵将をも魅了する戦いっぷりも健在(自己分析および気恥かしくなるセリフもねw)。同時に武士道を重んじる気高き敵将が存在するところに嬉しくなる。(今回はゴイル将軍。声も嬉しい伊武雅刀さんだ)。
特攻もヤマトの十八番だけど、もちろんそれもアリ。(もうアップになった時点で死亡フラグ立ちまくりなんだけど)。

残念なところは新クルー達がいまひとつが立っていないところ。辛うじて電算系に秀でた能力を発揮した折原真帆が存在感をアピールした程度。チーフパイロットの小林&女医でパイトッロの美晴は無駄口を叩き合うばかりで活躍という活躍は感じられなかったし、機関室の双子もあまりに軽すぎる印象しか残らない。そして古代の後釜ともいえる立ち位置の上条は最後の最後にアイタタタ。結局のところ大事な局面ではベテランクルーたち(徳川・真田・古代)がみんな美味しいところをかっさらってしまったcoldsweats01
その中でも古代の「オレオレ」には嬉しくも苦笑いかなぁ。「信用する、任せる」と言いながらのアレはどうなんだろう?すっかり落ち着いた古代にもまだ成長の余地が残っていたということで、古代が真の艦長になることと、若手の成長は第2部以降に持ち越しなようだ。(意図的にそうした気がしないではない感じはするけど)。

ヤマトにばかり都合の良い展開であり、戦闘の際のクラッシック音楽多用は『銀河英雄伝説』にまる被りと思うけれど、ほとんど思い入れないライトなファンの私には第2部を楽しみに待てるデキと思えた。(コアなファンは受け入れがたいとした意見が多数なようだけど)。
これまでとは全く異なる次元での最強最悪の敵の出現。行方不明の雪はきっとワープの際に別次元に飛ばされたものと推測。(あまりの美しさにどこかの誰かに保護あるいはコレクションにされているかも?)。
復活したヤマトと古代進の闘いはまだまだ続きそうで、決着を見るまでは止められないようだhappy02

総評:★★★★☆    好き度:★★★★☆   オススメ度:★★★★☆

復活記念にご祝儀♪
宇宙戦艦ヤマト オフィシャル コミュニティ「ヤマトクルー」ページも始動!
さて次は…実写か。(こっちがよほどコワイけど)

|

« 直ぐに試してみたくなる。 | トップページ | 「パブリック・エネミーズ」みた。 »

コメント

おはようございます。
TBに、コメントありがとうございます。

ベテランクルーの活躍を楽しみにしてるオールドファンがいますからね。(笑)
そういう意味では加藤にも出てきてもらいたかったし、相原や南部、太田にもちょい役で顔だけでも・・・。
それでは新生ヤマトにならないか。(爆)

戦争だから犠牲は止むを得ないのが事実ですね。
(特攻シーン、第三艦橋破壊にしても。)

人類だけが助かり、動物、植物が死滅する世の中は、やはりおかしいとは感じましたね。
人類が万物の霊長ならば、生きてるものを導くのも当然だと思いました。

古代が沖田に相談することが無く、美雪を導く姿を観たことで、子から親になった感じがしましたね。
問題は雪の安否・・・それは第二部以降となりそうですね。
そして異次元の世界の戦いも・・・。
所詮、ヤマトの主役は古代進ということですね。

投稿: Brian | 2009/12/13 10:11

■Brianさん、こんにちはsun
さすが初日でしたねw
そうそう、どうしてもベテランクルーの活躍を期待してしまうのは私も同じで期待してしまいますよね。
みんな出世しているだろうし、何らかの形で(別の護衛艦の艦長とか)チラとでも登場して欲しかったところです。

>人類だけが助かり、動物、植物が死滅する世の中
最近はやりの「箱舟」ですねw
私も動物は移民船に収容されていないのかな~って見てました。
佐渡先生のセリフから、潔く滅びようとしている動物たちに比べてなんと人間の浅ましきことか!とか思ったりもして、これもメッセージの一つとして解釈しましたが。

古代はすっかり大人になりましたね。相談相手も沖田から雪に(永遠の師と相談するのは何歳になってもアリと思うけど)。
雪もヤマトのクルーであり、古代の妻であり、母親になったものだと思いました。

>所詮、ヤマトの主役は古代進ということですね。
やっぱコレでしょう!!
ぶっちゃけ私はそれで良いと思ってますケド(笑)
まだ40代だしねw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/13 12:15

うわあ。詳しいですね。
新クルー、それぞれにここまで細かい注釈。
やはり、これはファンならではですね。
ぼくは、あのクルーたちって、
けっこう類型的に見えて、
未来の若者の描き方なのに、
2009年の若者に見えたのが残念でした。

投稿: えい | 2009/12/13 14:09

■えいさん、こんにちはsun
さすがにヤマトは基礎知識程度しかもっていないと思うけれど、それでも”アニメ好き”の基礎知識ではあるかもしれませんね。

新クルーについてはおっしゃる通りかも。
未来の話なのに、今の若者を見ている感じだったかもしれません。
比べて旧クルー達はどこか昭和の匂いがぷんぷん。
今の若いアニメファンのメガネにかなう作品かどうか・・・

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/13 15:30

ああ、やっぱり古代のオレオレ気になりました?私もなりましたよ。おいおい、そこでお前が出ちゃだめだろ~って。(笑)
総じて見ると良い部分も不満な部分もあり、全体的にはまあまあという感じでした。
細かい部分、例えば古代のユニフォームが昔のままだったり、コスモゼロのデザインがほぼ同じだったりというのが嬉しいところです。沖田艦長が特攻するあのシーンはそれだけで涙です。
ゴルイ将軍は次回作以降もでてくるんでしょうね。やはりヤマトにはお互いをリスペクトしあう宿敵は必要ですから!デスラー総統亡き後はゴルイ将軍ってことなんでしょう。

投稿: KLY | 2009/12/14 23:44

■KLYさん、こんにちはsun
>古代のオレオレ
あそこは上条に撃たせるべきところですよねぇ(^^;
一刻を争う時に臆してしまった上条もまだまだなのだけど、そこをなんとかするのが艦長ってもの。
やはり沖田艦長の偉大さがわかりますね。

>例えば古代のユニフォームが昔のまま
そうそう、これは何気に嬉しくなるところですよね。今のユニフォームはなんかしっくりきませんし(笑)

>沖田艦長が特攻するあのシーン
本当はわざわざ蘇らせて最後に殺しちゃう扱いが凄くイヤなんだけど、あのシーンと敬礼して見送る古代たちには涙しちゃいます。

>ゴルイ将軍
あれ?
私はゴイル将軍はプライドを持って見事に散ったものと思っていましたが。
伊武さんというなら、またキャラクターを変えて登場してくれるのでは?と期待していますがw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/15 00:31

何時もお世話になっております。

時代遅れの軍艦主義には進化するガンダムシリーズと違い科学的根拠があまりにも無さ過ぎる人工太陽が波動砲1発で破壊できるというストーリーが既に夢物語過ぎますよね・・・
もっとも戦艦大和が竣工した時代は飛行機が主力の時代でしたので何時までも軍艦主義から離れられない製作者の幻想だけを感じますね。
5年も激しい戦いを繰り広げた後に17年もあったのだからヤマト以外にもムサシやナガトでも建造できたのでは?と思ってしまう次第です。軍艦主義ならそこまでやらないと・・・
まあそれでもCG技術が進歩した事で30年前に味わえなかった迫力は十分堪能できましたけれどね。

投稿: PGM21 | 2009/12/17 00:06

■PGM21さん、こんにちはsun
リアルロボットとしてガンダムが途上する以前の作品ですし、こんなものでは?
設定も、ストーリー構成も、制作スタッフも、ツッコミ出したらキリがないシリーズですし。

CGにはもっと期待したのだけど、案外しょぼかった印象です。
アニメのヤマトは思い出の中で良いのかもしれません。
それでもあると見ちゃうのだけど。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/17 16:34

こんばんはーっ!
やっと観てきましたっ
最初はキャラとか声とか違和感ありましたけど慣れてきたらそれなりに懐かしい感じで楽しめました。
だけど新キャラたちが軽くていまひとつなじめませんでしたわ^^;
まぁ戦闘シーンはなかなか迫力があって良かったですけどねー。

>誰かに保護あるいはコレクションにされているかも?
うふふ、どうしましょう鉄郎のお母さんのように剥製にされてたら(笑)
たぶん生きてるんでしょうね。

どうやら続くようで・・・たぶん観に行くと思います。ラストのテロップで周りが笑ってたのがおかしかったデス。

投稿: yukarin | 2009/12/20 20:25

■yukarinさん、こんにちはsun
新キャラは如何にも今の子っぽいノリでしたもんね。ヤマトにはちょっと似つかわしくない感じ。成長してきてどうなるか、伸びしろに期待するしかなさそうだけど、古代がオレオレである限りはダメですよね、たぶん。

>鉄郎のお母さん
きゃー、嬉しい!含みを分かってくれて!!
なんであれたぶん生きてますよね?
古代守はスターシャに、島はテレサに保護されていたわけで、雪だって・・・という予想はみんなしているはず。
夫子もちなのが2人とは違うから、設定として記憶喪失ってベタな可能性はありそう~~~

私の周囲でもあのテロップには笑い(諦め混じりの苦笑?)が漏れてました。どこでもそんな感じですね(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/20 22:04

たいむさんの記事を読んで、観てきました。
う~ん。微妙。
これまでのお話もろくに知らないで観てました。
そのせいでもないのでしょうけど、一番最初に
「石原某」監修? なんてのがあって、思いっきりドンビキでした。さもあらん、のストーリー。

「自己犠牲」が、こんなに美化されてしまうとは。
お子様向けにしても、前時代的価値観をベースにしたストーリーって、疑問です。

調子良すぎる展開と娘さんが乗っていた最後の便には、他にもたくさん乗っていたのに、助かるのは彼女だけ?
それも、あんなに簡単に?

山寺さんの声が、
ときどき「トグサ」に聞こえました。(汗)

※自分は、へそ曲がりだから、きっと地球に残るって言うと思います。「我々だけが、地球を救える」なーんて思っている人たちに救ってもらいたくない…なんて。(大人げないです)

投稿: あかん隊 | 2009/12/29 20:44

■あかん隊さん、こんにちはsun
うへぇ~。どーもすみません。
まさかあかん隊さんがこれまで観るとは思ってませんでした~~~(^^;

もともと「ヤマト」って「ありえねぇ」の繰り返しで、今回の復活劇は制作側の執念すら感じられるもので、個人的に思い入れはないものの、長年の付き合ってきた者として大目にみてあげたくなるシリーズなんですよね。

娘だけってところは私も思いっきりツッコミたかったところです。身体をはって地球を救おうとしている人がアッサリ娘だけ迎えに行っちゃうなんてね、そこが「親のエゴ」なのかもしれませんが、なおさら「逆だろ」って気もしますし。

山ちゃんの古代は、S.S.Sでのトグサっぽかったですね。でも雰囲気は故富山敬さんに近かったと思います(^^)

この場合、私は言われるがままに誘導されちゃうかなぁ。たとえば「2012」みたいに何も知らなければ、諦めて穏やかに時を待ちたいと思うけど。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/29 21:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/47002841

この記事へのトラックバック一覧です: 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」みた。:

» [映画『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆午前中に観た『ワンピース』以上に、判断を公言するのが難しい作品である^^;  これから、ちょいと焼肉パーティーなので、それが終わってから、この前口上の後に、ネチッコク書きたいと思うので、皆さん、後ほど、また、こちらを覗いてください^^  ともあれ、『宇宙戦艦ヤマト』! 堂々の復活おめでとう!!!    ◇    (感想は工事中・・・。今夜中に、この後に更新します)... [続きを読む]

受信: 2009/12/12 19:16

» 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』 [ラムの大通り]
----あらら。また、ヒーローものだ。 しかもアニメ…。 「まあ、それだけ今年のお正月映画は、 この手の作品が多いということだろうね。 東宝、東映、松竹。 それにワーナーまで加わって アニメorヒーローものばかり。 実は、これまで紹介した以外にもあと2本」 ----それにしても『宇宙戦艦ヤマト』がいまごろ復活するとは? 今度のは今までのと違うの? 「うん。 炉心は6本。波動砲は6連射。 大幅にパワーアップしている」 ----へぇ〜っ。 でも、ヤマトって一回、自沈したはずだよね。 どうして復活させるこ... [続きを読む]

受信: 2009/12/12 21:14

» 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [Brianの独り言]
宇宙戦艦ヤマト 復活篇 ついに来ました、この日が・・・。 期待と不安が交錯しなが [続きを読む]

受信: 2009/12/13 07:38

» 映画『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』 [健康への長い道]
僕がヤマト史上最低作品と認定した(笑)『完結編』から26年。『復活篇』を観てまいりました。 「どうせ、また、がっかりするんだろうなぁ」と思いつつ、TV版・劇場版共、全作品を観てきた身としては、行かないわけにはいきません。 劇場では、ヤマトやアンドロメダの昔..... [続きを読む]

受信: 2009/12/13 16:47

» 『宇宙戦艦ヤマト/復活篇』(2009) [【徒然なるままに・・・】]
「宇宙戦艦ヤマト」が復活することを最初に知ったのは、『完結編』公開してまもなくのこと。 そして具体的に動き始めたことを知ったのは、今から15年ほど前の話。 その間にも、そしてその後でも度々「ヤマト」復活の話題は飛び交ったものの実現に至らず、もはやこの日を迎えることが出来るとは思っていなかった・・・。 スクリーンに新しい「ヤマト」の映像が映し出され、そして劇場を後にした今でも、半ば信じられないような心持である。 時に西暦2220年、ヤマトがあのアクエリアスの海に沈んでから17年後。 再び... [続きを読む]

受信: 2009/12/13 20:35

» 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [だらだら無気力ブログ]
1983年の『宇宙戦艦ヤマト 完結編』から26年ぶりに製作された劇場版映画。 完結編から17年後を舞台に38歳になったヤマト艦長・古代進の活躍を描く。西暦2220年、移動性巨大ブラックホールが太陽系に接近してきて、その ルートから地球が確実に飲みこまれることが判明したた..... [続きを読む]

受信: 2009/12/14 23:11

» 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [LOVE Cinemas 調布]
日本アニメ史上に残る名作『宇宙戦艦ヤマト』、1983年の『宇宙戦艦ヤマト 完結篇』から26年の時を経てフルCGで甦ったのが本作だ。「完結篇」から17年後を舞台にした本作では38歳になった艦長・古代進はもちろんのこと、古代雪、真田志郎、佐渡酒造、アナライザーといったお馴染みのキャラクターに加え、古代の娘・美雪やまだ若い乗員たちが登場する。監督はシリーズと同じ西崎義展。... [続きを読む]

受信: 2009/12/14 23:32

» 劇場用アニメーション映画 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」 [映画君の毎日]
<<ストーリー>>西暦2220年、太陽の300倍の質量を持ち、光をも飲み込む暗黒の天体、移動性ブラックホールが宇宙から地球へと迫っていた。地球連邦政府は、移民船団を組織。サイラム恒星系アマールへの移民を決行するが、謎の大艦隊の攻撃に遭い、船団が壊滅。古代進は移民船... [続きを読む]

受信: 2009/12/15 02:01

» 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」 旧作の粗悪コピー [はらやんの映画徒然草]
体力の限界に挑む一日3本観賞の3本目は「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」です。 日本のア [続きを読む]

受信: 2009/12/15 21:41

» 劇場用アニメーション映画「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」 [シネマDVD・映画情報館]
劇場用アニメ映画『宇宙戦艦ヤマト完結編』から25年、壮大な構想のもとにヤマトが復活した。フルCGで甦ったヤマトは、完璧な3D立体モデルに手を加え、その巨大さ、重量感を再現すべく、細心の工夫を凝らしている。また、斬新なデザインのメカの戦闘シーンは、3D・CGを駆使しつつも、アニメーション的な演出も取り入れ、かつてない迫力でスクリーンに展開する。旧作ファンにはおなじみの古代進、真田志郎といったベテラン・キャラクターに加え、若いキャラクターが数多く登場。新たな人気キャラクターの登場を予感させる。メインスタ... [続きを読む]

受信: 2009/12/16 22:32

» 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」地球を救うためにパワーアップして戻ってきたヤマト復活の戦い [オールマイティにコメンテート]
「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」は1974年に放送されたアニメ宇宙戦艦ヤマトの劇場版最新作でアクエリアスの海に沈んだヤマトがブラックホールの未曾有の危機に復活し人類を第2の地球へ移住させる任務につくが、謎の国家の攻撃を受けてその国家と戦うストーリーである。映画...... [続きを読む]

受信: 2009/12/16 23:51

» 宇宙戦艦ヤマト復活篇 [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2009/12/12製作国:日本上映時間:135分監督:西崎義展声の出演:山寺宏一、伊武雅刀、茶風林、古谷徹、青野武、永井一郎、緒方賢一、井上和彦、子安武人愛のために戦え!Story:西暦2220年、太陽の300倍の質量を持ち、光をも飲み込む暗黒の天体、移動性ブラックホール...... [続きを読む]

受信: 2009/12/20 18:25

» 宇宙戦艦ヤマト復活編・感想。 [色・彩(いろ・いろ)]
最初にお断りを。 自分はいわゆる「ヤマト世代」よりは下で(ファーストガンダム世代 [続きを読む]

受信: 2009/12/22 01:08

» 宇宙戦艦ヤマト 復活篇 [お萌えば遠くに来たもんだ!]
観てきました。 <池袋HUMAXシネマズ> 監督:西崎義展 総監修:舛田利雄 原作:西崎義展 原案:石原慎太郎 脚本:石原武龍、冨岡淳広、西崎義展 キャラクターデザイン:湖川友謙 メカニックデザイン:小林誠 総作画監督:湖川友謙 音楽:宮川泰(ヤマト・オリジナルスコア)、羽田健太郎 音楽監督: 大友直人 西暦2220年。三年前発見された太陽の300倍の質量を持つ移動性ブラックホール。カスケードブラックホールと名付けられたその脅威が、いよいよ地球に迫って来た。地球連邦... [続きを読む]

受信: 2009/12/31 09:45

» 『宇宙戦艦ヤマト 復活編』 [*モナミ* SMAP・映画・本]
大掃除を済ませた後、映画を見に行ってきました。 木村さんバージョンではありません。 オリジナルのストーリーは、おぼろげにしか知らないんだよね。 ヤマトのあの歌を、幼稚園の音楽会か何かで演奏した記憶があるけど。 1974年TV放送開始かぁ(by Wikipedia)。 じゃぁそれくらいの記憶で正しいんだ。 NEWヤマト、すごかった! 艦体が、つやっつやしてるんだもん... [続きを読む]

受信: 2009/12/31 15:16

« 直ぐに試してみたくなる。 | トップページ | 「パブリック・エネミーズ」みた。 »