« 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」みた。 | トップページ | DVD「GUNDAM BIG EXPOスペシャルステージ ベストセレクション」を買う。 »

2009/12/20

ご贔屓の新刊ぞくぞく

当初12/10が発売予定とされていた『機動戦士ガンダム30周年画集 天地創造』。
2冊組とはいえ9450円とかなりの高額設定に迷ったが、1/1ガンダムやBIG EXPOにすっかり触発されて8月末に”ぽちっと”予約をしていた。それがいつの間にか12/18発売に変更されており、その日が過ぎても商品は届かず、予約先から”入荷次第”のメールが配信された。といっても予約数が確保できなかったからの遅れではなく、どうやら発売日が再変更になったがためで、次なる発売予定日は12/24だと分かった。(角川系サイトではそう表示されている)。
半年前から発売告知をしておいて、しかも古き財産の再活用という代物なのになんでそんなに予定が狂うのか。とりあえずは30周年記念である今年中に発売されることと、シルバーに渋く光る豪華BOXを期待しておこうか。

さて、前置きが長くなったが12月は漫画に小説とお気に入りの作品の新刊が次々に発売されて、嬉しいやら、忙しいやら、ふところが寒いやら。
漫画は、まず『ディープグリーン』4巻(完)/佐々木淳子。『ダークグリーン』の続編にあたるこの作品も第2部が完結となった。ついにホクトも登場!記憶を失くしていたリュオンの謎も解決され、新たなる最終章への突入というところで終わった。けれど、残念ながら最終章となるはずの『ディメンショングリーン』の雑誌連載が(今のところ)実現できなくなったとのことがあとがきで記されていた。ここまで付いてきたファンとしては残念でならない。いつか何らかの形で発表されることを切に願う。
そしてこれから発売になるのが『鋼の錬金術師』(24巻)、『おおきく振りかぶって』(13巻)、『xxxHOLiC』(16巻)。それぞれに佳境に迫るイイところになっているだけに新刊を待ち焦がれていた。
小説では、大好きな有川浩先生の『シアター!』が16日に発売になった。突然の文庫での新刊にビックリ!”メディアワークス文庫”なるものが創刊され、その記念すべき第1弾の内の1作とのことだった。”メディアワークス文庫”は一般文芸読者やライトノベルを卒業した大人層をターゲットに創設されたシリーズとのこと。”コバルト文庫”で育った私はモロにターゲットなわけで、また、大人のライトノベルは有川先生の希望そのもの。有川作品ならばハードカバーでも即時購入だけど、安価で読みやすい文庫だと尚嬉しい。『シアター!』もスゴク面白かった。なんとベタ甘封印!(感想は後日アップ予定。)
ライトノベルといえば、こちらも長い付き合いとなった「マのつく」シリーズの最新作『後はマのつく石の壁!』が1年ぶり(12/26)に発売される。そろそろ決着させて欲しいのだけどドル箱となった今、いつまで続くやら・・・。

来年も年明け早々の1/4に『夏目友人帳』(9巻)、1/25には『数えずの井戸』/京極夏彦、1/28には『陰陽師 天鼓ノ巻』/夢枕獏 (いずれも予定)と、お気に入りの作家やシリーズモノの新刊が続々と発売される。
一度に押し寄せると、しばらくは何もない期間に突入することがコワイが、新刊発売は素直に嬉しく、一つ一つクリアして感想がかけるものはそれぞれにアップしていきたいと思う。
この先1ヶ月、次々に訪れる発売日が楽しみ!

|

« 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」みた。 | トップページ | DVD「GUNDAM BIG EXPOスペシャルステージ ベストセレクション」を買う。 »

コメント

そうそう、
メディアワークス文庫。来月からは
毎月25日発売になるんですが、
ティーンズ文庫の売れっ子作家がこぞって書いてくれるそうな。
角川文庫と電撃文庫の
橋渡しといったところかな。
シアターはさすがに
有川浩の名前で売れてるけど
このどっちつかずの立ち位置は客もこっちも戸惑ってるな~、もう少し定着してからじゃないと。うちは、ワタシが担当してる国内・海外・教養の文庫と
ティーンズ・コミック文庫は担当もフロアも別でこのメディアワークス
うちの角川エリアでポンと違和感(笑)
どうしろと~…。

投稿: Ageha | 2009/12/20 21:29

■Agehaさん、こんにちはsun
おおお、さすがは本屋さんらしい反応!!
「どっちつかずは本屋泣かせ」というご指摘には「なるほど」と唸ってしまいました。

実際そうですねー。特にワンフロアではない書店(特に都市部)では悩みどころですね。新刊の内は良いけれど、1ヶ月後にはどかないとだし、お客もどこを探してよいものやら悩みそう。
ちなみに私が買った書店では、とりあえず普通の文庫と一緒のエンドの平積みでした。(実は”メディアワークス文庫”と知らなかったのだけど、おかげで直ぐに発見できました)。
思うに、表紙がマンガイラスト系じゃないからライト系ではより違和感かな?

素人考えでは、ジャンルが確立されて、他社が追随するまで一般とライトノベルの2か所3か所展開が望ましいと思うけれど、ティーンズ文庫のコーナーって、オタクじゃない大人がうろつくにはちょっと敷居が高い空間ですから、(私は平気だけど、立ち読みは出来ないなぁ)、大人に手にとって貰うには、今の場所で良いと思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/20 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/47069457

この記事へのトラックバック一覧です: ご贔屓の新刊ぞくぞく:

« 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」みた。 | トップページ | DVD「GUNDAM BIG EXPOスペシャルステージ ベストセレクション」を買う。 »