« 「The 4th Kind フォース・カインド」みた。 | トップページ | ご贔屓の新刊ぞくぞく »

2009/12/19

「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」みた。

Nodame1 ブラボーnote ずっと楽しみに待っていた『のだめカンタービレ』の完結編。原作は一足先にクライマックスを迎えているが、ドラマはドラマ、アニメはアニメそれぞれに完結編を制作してくれるフジテレビに感謝したい。
のだめと千秋のラブコメが半分だけど、音楽を扱っている作品なだけに、実際に音をイメージできることが非常に嬉しい。やっぱり音楽は良いね。今回も沢山の音楽を堪能させてもらって満足!

前編は「スペシャルドラマ」と同様に”ほぼ千秋パート”。原作でいえば大体16巻から18巻辺り。原作のエピソードを踏襲しつつも、(これまでのドラマシリーズもそうだが)原作とは異なる楽曲をメインに据えるなどオリジナル性もしっかり主張。【ロッシーニ ウィリアムテル序曲】を【チャイコフスキー 序曲1812年】に置き替えながら、同じ意味と高揚感を持たせることに成功させていたたところがとにかく素晴らしかった。(アニメ巴里編では【ウイリアムテル】を練習していたようだが)。
それにしても玉木君の指揮がズゴイ。一層磨きがかかっていて貫禄ありあり。「めざましテレビ」の特集での注目ポイントとして散々言われていたが、右手と左手の異なる動きと表情が完璧!指揮にピアノにヴァイオリン、プラス千秋真一の演技と玉木君には頭が下がる思いだ。樹里ちゃんもちょっぴり成長したのだめを好演。いよいよ後編では”のだめデヴュー”が待っているし、真骨頂を発揮してもらいたい。

前編鑑賞にあたり、ドラマシリーズの再放送を見て、スペシャルドラマも視聴中。そして原作は”パリ編”からをおさらいして万全の態勢で臨んだ。おかげでハッキリと差異が分かってしまうのだけど、無理やりエピソードを詰め込もうとはせず、登場人物を絞って適切な代役(主にシュトレーゼマン)を立てたり、2回の公演を1回にまとめたり、千秋の父親の登場をバッサリ切ったりするなど、実に上手いそぎ落とし具合となっていたことを高く評価したい。

後編は、予告編を見る限りよりオリジナル性が高くなりそうだ。原作でも清良のパリでのコンクールはあり、峰が裏軒オヤジの積立金で渡仏するエピソードはあるのだけど、どうも真澄ちゃんも渡仏するようだし、とても賑やかになりそうな印象。思うに、峰はじめドラマシリーズを牽引したのは日本の仲間たちであり、実写版『のだめカンタービレ』の完結編には彼らも同席すべきというところだろうか。

千秋の父親を登場させないことで、微妙に原作とは違ったニュアンスでの”別居”になったのだめと千秋。『のだめ』にはあまり似つかわしくない不穏な空気のままでの「つづく」には、嫌らしくもミエミエな狙いが感じられなくもないが、後編予告での”のだめデヴュー”と”千秋の語り”に一気に持ち込むには、峰らの乱入も含めて、意図が見えた気がした。
その”千秋の語り”は原作23巻で涙が溢れたところでもあり、玉木ボイスにうるうるしてしまった。はやく4月17日公開の後編が観たいぞ!

総評:★★★★★  好き度:★★★★★   オススメ度:★★★★★

ひとつだけ、悲惨な「ボレロ」は悲惨すぎではないか、と。素人にも「酷さ」を分かりやすくするためでも、あまりにアレは酷過ぎる。笑えるラインを通り越して不愉快ですらあった。

|

« 「The 4th Kind フォース・カインド」みた。 | トップページ | ご贔屓の新刊ぞくぞく »

コメント

こんにちは
原作は16巻以降読めてないんですよ。
一気読みしたくなってます・・・おとな買いしちゃいそうで
ドキドキしてます(笑)
とはいえ、のだめ好きとしては、なかなかの満足度と
たいむさんと同じように、早く後編が観たいです。
あーーーこの寸止めが切ない(笑)
今夜SPドラマ観たら、もっと思いそうです。

投稿: にゃんこ | 2009/12/19 19:29

いやはや、ドラマ以来ずっと見続けているので、
前編も非常に面白かったです♪

たしかに今回は千秋の見せ場の数々でしたね。
のだめが焦るのも無理ないです。

後編の予告編も流れていましたが、
のだめとシュトレーゼマンが共演するようなので、
今から期待しています。
ただ、あの表情が気になりましたが・・・。

投稿: BROOK | 2009/12/19 20:16

■にゃんこさん、こんにちはsun
ちょうど劇場版のところから原作を読んでいないのですね(^^)
全23巻ですし、気軽に大人がいの範疇範疇♪
「ハルモニア」のところとか、もっと詳しく書かれているし、原作での補完はアリだと思います!

結末は分かっている私ですが、玉木千秋と上野のだめのハッピーエンドをこの目で確かめたいです。
4月が待ち遠しいですねw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/19 21:15

■BROOKさん、こんにちはsun
私はTVから原作にハマッたクチ。
本当に最後まで映像化してくれて嬉しいです♪

>のだめとシュトレーゼマンが共演
これがねぇ・・・・災いの種???
シュトレーゼマンが絡むと良いの良くないのか(^^;
お楽しみに!!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/19 21:18

こんばんは。

「のだめ」についての「なんでもあり」のご説明、
ありがとうございました。
先日、ミスドで玉木宏の指揮シーンが流れていて、
改めて、その堂々とした姿に感心しました。
この映画では、ピアノも弾いていたしなあ。

投稿: えい | 2009/12/19 21:58

さっき見に来ました!ホント玉木さんの指揮は凄かったデスね。あの膨大なストックからマルレオケに絞ったおかげでスッキリと見れたね、千秋パパの存在を消去したおかげで後編はのだめに絞った話がスムーズに出来そうで安心して完結できますね。
それとボロボレロ駄目でしたか…私はただ実写だとこんなにヒドいんだと笑ってました。
あとは号外のシーンは凄かったな〜あそこまでぶっ飛ぶともう笑うしかないですね(^o^)

投稿: カスタム | 2009/12/19 23:55

■えいさん、こんにちはsun
すみません、余所様で語ってしまって(^^;
玉木君というか、指揮者の姿勢の良さって凄いですよね。
いぜんから定評がありましたが、磨きがかかってて素晴らしかったです。

ピアノは後編にもありますし、やはりのだめはピアノなんですねw(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/20 09:29

■カスタムさん、こんにちはsun
千秋パートで玉木君主体でしたが、見事に応えてくれていて素晴らしかったです。
千秋パパの件はそうですよね!焦点が絞れたぶん、何となく展開が想像付きますけど、知ってても尚楽しめるのが「のだめ」、クライマックスが楽しみです!!

>ボロボレロ
いやぁ~~仮にもプロで、最後のドラはともかく、テンポが違ったり音を瞬間的に外すのはあっても(プロではそれすらあり得ないでしょ)、外しっぱなしはアンマリですよー(><)あれでは学生よりひどい。リハの時点で客への冒涜として中止のレベルかと。
まぁ、ああした意図は分かるのでそこまでつっ込みませんが、私は千秋が不憫過ぎて笑えませんでした~~coldsweats01

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/20 09:36

突然で申しわけありません。現在2009年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/14(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://movieawards.jpです。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)。

投稿: 日本インターネット映画大賞 | 2009/12/20 14:57

こんばんは!!
はぁああ楽しかったですhappy02!!
おっしゃるとおり別居は唐突、切ないラストにもちょっとテンション下がりましたけどね~。
でも今年のトップ3はこの作品ですべて漫画原作映画になりました!(笑)
察しのいいたいむさんにはもはや「何か」おわかりかと(あはは)

投稿: くろねこ | 2009/12/20 18:38

■くろねこさん、こんにちはsun
やっぱ「のだめ」は面白いです。
たぶんもう1回みるかな?

ヨーダ先生が「離れて」というのはショックでした。のだめの動機は分かっても、千秋の動機が良く解らない別居になってしまってどう説明するのでしょうね?雅之の登場を削ったのは良いと思うんだけど――
不安で後編鑑賞を促す演出ってアンマリ好きじゃないので、そこは残念でした。

>漫画原作映画
うーんと、ひとつはこれで、ひとつは夏のアレですよね?もう一つは・・・どっちかな?
私もそろそろ集計に入らなくちゃだなぁ。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/20 21:43

いや~面白かった!私も文句なし満点評価。というか、映画としての質も高いけど、とにかく映画化されたことに意味がある!私は敢えてそう断言したいですよ。
原作は読んでませんがドラマが大好きで私もDVDを見返してからの鑑賞でした。変態っプリがパワーアップしてましたよねぇ。(笑)孫Ruiと千秋先輩との絡みのシーンは笑った笑った。
シュトレーゼマンはきっとアレでしょうから、のだめに敢えて試練を与えたのでしょうね。いずれにしても大満足なんですが、一つだけ不満があります。
来年4月は遅すぎる!

投稿: KLY | 2009/12/20 22:48

■KLYさん、こんにちはsun
笑いどころも聴かせどころもパワーアップしていて、劇場版らしい大作になってましたね(^^)
私も、「完結」させてくれることが何よりもうれしいです。
変態っプリは、単なる後輩から少し格上げになったことから一層激しくなった感じですね。いまのところ、千秋がのだめの全てで原動力ですからねぇ。

シュトレーゼマンのあれはお察しのとおりと思うけれど、鵜呑みして騙されてはいけません。なにせ相手はシュトレーゼマンだってことをお忘れなくっ(笑)

>来年4月は遅すぎる!
これこそインターミッションでも入れて一気に見たいですよねぇ。
お互い楽しみに待ちましょう!!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/20 23:07

やっぱり今作は映画向きですね〜♪
まさしくブラボーな公演シーンが最高!!

原作未読。。
「千秋の語り」なるものがあるんですか。
気になる〜,4月が待ち遠しい!!

投稿: AKIRA | 2009/12/21 18:00

今帰りです!
(またかよ)

いや~満足でした☆

千秋の別居の理由だけ
わけわかりませんでしたが。

めざましテレビでも言うてたとおり
レベルアップした指揮とピアノ演奏
お疲れ様でした♪

玉木くんの解説つきでオーケストラ聞くとすんなり入れるのな。
ウットリ(笑)
まさかその演奏に感動してウルっとくるとは思いませんでした。

投稿: Ageha | 2009/12/21 18:12

■AKIRAさん、こんにちはsun
音楽ものは音響の良い劇場で堪能するのがやっぱり良いですよね。

>「千秋の語り」
いつものモノログです。
予告編でも語ってたでしょ(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/21 18:32

■Agehaさん、こんにちはsun
また待ち時間ですか~♪

>玉木くんの解説つきでオーケストラ聞くとすんなり入れるのな。
そうなんですよね。
アナリーゼなんてした事がないド素人にもわかりやすく、解説を聞くだけで印象も随分と違ってくるから面白いですね。

優しげに語る玉木君には
ウットリ,toolovely

>演奏に感動してウルっと
私などは、TV1話から毎週毎週感動で泣きっぱなしですぞweep

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/21 18:42

こんにちは!
オーケストラの演奏、すばらしかったです。
玉木宏の指揮ぶりは本物みたいでしたよ。指揮は真似するのも難しいっていうもんね。
来年の4月まで焦らされますが、後編も楽しみですね〜
ボレロは設定上でもあまりに悲惨でした、、

投稿: アイマック | 2009/12/23 12:53

■アイマックさん、こんにちはsun
音楽は良いですよねー。
劇場で見られて感激です!
4月は待ち遠しいけれど、余裕があれば最低もう一回は観に行きたいです。

やっぱボレロはあまりに悲惨ですよねぇ(^^;;;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/23 18:13

こんにちは、おひさしぶりです!
本当に「ブラボー」な前編でした。
このメンバーで、ここまでやってくれたら大満足です。

…とはいえ、これが映画ではなくTVシリーズだったら、千秋親子の確執も含め本当の完全版だったはず…という思いもちょっとあるんですけどね(苦笑)。

そのへんはアニメ版で補完しつつ、春の後編を楽しみに待ちたいと思います。

悲惨な「ボレロ」…確かにありえないレベルでしたけど…音楽に詳しくない人や子供さんも見る訳ですし、わかりやすくするためには仕方ないのでは?

投稿: えのっち。 | 2009/12/26 14:09

■えのっち。さん、こんにちはsun
ブラボ~ですよね♪
尺的に制約があるなかで、これだけやってくれれば満足ですよねぇ、私もそう思います!
ただ、そうなんですよね、千秋親子がスパっと切られてしまって残念です。だから、うん、そこはアニメに頑張ってもらうしかないですねー。

>音楽に詳しくない人や子供さん
理屈では理解しているのだけど、アニメではあそこまでしなくても十分酷かったですから、素人並の演奏ではやり過ぎかなーと。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/26 20:29

たいむさん、こんにちは!

玉木さん、指揮者ぶりが板についてきましたよね。
繊細かつダイナミックという千秋らしい感じが出ていました。
後編の「のだめパート」はどうなりますかねー。
予告ではいつになく真剣な表情ののだめが多かったですよね。
そうか、アニメ版も1月からスタートでしたね。
こちらもチェックしないと!

投稿: はらやん | 2009/12/29 15:39

■はらやんさん、こんにちはsun
玉木君の努力はアチコチで語られていますけど、本当に素晴らしい振りっぷりにホレボレですよ(^^)

アニメは1/14からとか。私はBSでの視聴になりますが、なんと1/15からとほぼ同じタイミングで見られるようで良かったです。
映画後編もアニメも凄く楽しみです!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/29 21:09

こんにちは♪
ドラマのほうはしっかり見てたわけではないので、多少の?な部分はありましたけど楽しめました。
やはりオーケストラの音を大音量で聴けるのは良いですねー。
あのボレロはあそこまでひどくしなくてもいいのにーとは思いました^^;

投稿: yukarin | 2009/12/30 16:49

■yukarinさん、こんにちはsun
2回目を観てきたたいむです♪
微妙に意味がわからないところがあっても、音楽だけではいつでも共通。劇場でみてより楽しめる作品と思ってます。

ボレロは何度聞いても悲しくなりますが、再起は素晴らしかったでしょう?ギャップを楽しむものと、割り切ることにしました(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/30 20:54

たいむさん、明けましておめでとうございます。

自身のブログでも書きましたが、「のだめ」をほとんど見ていない僕にも十分楽しめる内容でした。
笑えるところは思い切り笑えましたし、感動するところは感動できましたよね。

4月の後編が今から楽しみですね!

さて、私事で恐縮ですが、おかげさまでブログを立ち上げて1周年を迎えることができました。
年末にはインフルエンザを発症するなど、なかなか映画を見られませんでしたが、目標としていた100本も無事にクリアできました!

立ち上げた当初はこんなにコメントをいただくとは思ってもいませんでしたし、それどころがブログを継続してないかもしれないと思っていましたからね。

2年目も私、ミスターシネマのブログを何卒よろしくお願いします!

投稿: ミスターシネマ | 2010/01/03 18:20

■ミスターシネマさん、明けましておめでとうございますfuji

私はTVドラマにハマっていらい、原作にアニメと網羅していますが、映画が初めてという人でも楽しめるということは大成功ですね。
2回目も観てきちゃいましたし(^^)

1周年ですか?おめでとうございます。目標も達成出来て良かったですね。
これからもブログ活動を頑張ってくださいね。

今年もよろしくお願いします。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/03 23:25

あけましておめでとうございます!
昨年はお世話になりました♪
今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

のだめ、面白かったですねー^^
千秋先輩がかっこよくて♪
指揮する姿は決まってて、オケも迫力あって最高でした!
観に行ってほんと良かった^^

わたしは原作をほとんど読んだことがなくって。たいむさんの記事読んでなるほど~って思っちゃいました。
ラスト、切ない終わり方で・・・後編が待ち遠しいです!!

投稿: みすず | 2010/01/05 08:12

■みすずさん、明けましておめでとうございますfuji
「のだめ」はTVも悪くなかったけれど、劇場でこそ、です!

原作・ドラマ・アニメと揃っているだけに、ドラマとアニメでそれぞれに個性を作っているところが上手い戦略でした。
アニメはともかく、原作はオススメです。機会があったら読んでみてください。
のだめの気持ちは良く解らないけど、千秋さまの気持ちは痛いほど伝わってきますから(笑)

こちらこそ、今年もよろしくお願いします!

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/05 19:34

こんばんは。
やはり、音楽あってののだめでしたね。
劇中内で演奏される曲に聴き入りながら観てしまいましたから。
まさにコンサートホールにいるような感覚でした。

「ボレロ」のシーンですが、自分は谷原さんの演技に笑ってしまいましたね。
演奏は確かに酷かったけど、作者の二ノ宮さんも公認だったかと思います(謎)

投稿: FREE TIME | 2010/01/05 20:25

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
ボロボレロでの谷原さん、壊れてましたね~~(^^)

あのボロボロ加減は原作者も公認でしょうか、それでもやっぱりやり過ぎだよな~って2回目でも思ってしまいました。
学生以下ですよ、あれでは。
笑いところだけど、私は千秋が不憫で笑えないですー。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/06 18:19

原作・テレビシリーズ未見でも、充分楽しめる作りでした。
外人キャストの吹き替えは違和感がありましたが、
ある意味スムーズに話を進めるためには仕方ないですね。
パリなので、フランス語・・・かと思ったけど、
音楽系はドイツ語のほうが強そうだし・・・
ウィーンはドイツ語圏でしょうし・・・、
そう考えると、疑問ですね。

投稿: ひらりん | 2010/01/08 23:10

■ひらりんさん、こんにちはsun
そうそう、基本はフランス語なのだろうけど撮影のときは噛み合わない会話をしてたのかな~とか思っちゃいました。
外人さんのクチはどうみても日本語っぽくなかったから(^^;

後編が楽しみですねw

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/09 00:06

ほんとうに、早く後篇が観たいですねーーー。
って、今頃観てきました。
ここまで面白いとは。。。と言うより感動させられるとは!!
のだめちゃん最高です。
でもって、千秋さまぁ~~(笑)

パリの風景も、大昔一度行ったきりですが、メジャーなところばかりで、とっても懐かしかったです。

投稿: mariyon | 2010/01/12 21:01

■mariyonさん、こんにちはsun
どうせ後篇は先なのだし、12月も1月も大差ないですよん。
劇場版らしく力の入った作品になってましたよね。TVでもアニメでも音楽と千秋のモノログで毎回ボロボロ泣いてしまうのだけど、今回も「1812年」良かったぁ~。
これでもかって弦で引っ張って引っ張って、最高潮となるところで本番さながら大砲まで!!最高です!CDをレンタルしてきちゃいました。

そうそ、私も「千秋さまぁ~heart04」なのですわlovely
それはTVの最初からなんだけど、玉木くんのハマり役ですね♪
4月が待ち遠しいわんdog

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/12 21:41

アニメではわからなかったけど
ボレロは悲惨すぎ・・・・
失笑をこらえてる谷原章介の百面相が笑えて
のだめの作ったカレーでフランクとターニャが
瀕死の状態になったのは・・・
ベッキーが倒れて痙攣起こしていたのは(汗)。
二人が助かったのは奇跡ですね。

投稿: カモミール | 2010/01/25 13:24

■カモミールさん、こんにちはsun
アニメ巴里編を見直しましたが、やっぱり「ボレロ」は悲惨とはいえここまで酷くなかったです。
谷原さんとベッキーも壊れっぷりは見応えありました。

アノのだめカレー。「もやしもん」を思わせる菌たちに爆笑でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/25 23:15

たいむさん、こんにちは。

すいません、すっかり遅くなっちゃいました。m(__)m


この作品を映画化してほしかった最大の理由は、「音楽」
だったわけですが、その点でとても満足のいく出来だった
と思います。やっぱり、オープニングのベト7で、もうす
でに「燃え(萌えではない)」ますよね(笑)。

マルレ・オケの「惨状」もなかなかうまく描いてました。
あんまりやり過ぎるとくどくなっちゃうし、あまりシリア
スに走っちゃうと笑えない。日本語吹き替え(相変わらず
のふざけたお断りもお約束)の効果もあって、シリアスと
コミカルが上手に融合できていたと感じましたね。

なだぎ武演じるテオが、思いの外いい味出してました。ス
チールで観たときはすっげー心配だったけど(笑)。周り
が吹き替えなだけにあれくらいでちょうどよかったのかも
しれません。大砲も撃って、結構大活躍でした。(^^ゞ


Ruiと千秋先輩の熱い抱擁!?で、のだめがふてくされるシ
ーンは、上野樹里の真骨頂でしょうか。場内もかなり笑い
がもれてました。のだめそのもの、っといった感じで、妙
に嬉しくなってしまったりも。すっかりのだめが染みつい
ちゃった感じ。やー、すごいですよ、上野樹里(笑)。

のだめカレーは、なんだか「醸すぞぉ…」って感じで、後
に続くターニャの失神?とあわせて、爆笑させていただき
ました。浮かび上がる文字がいちいちハマッていて、出方
とか消え方もなんだか妙にリアルで、ツボでした。ああい
うのはホント、うまいです、この作品は。


シリアスパートではクロキンがよかったなぁ。オーディシ
ョンのシーンや、カトリーヌを預かるシーンとか、渋さが
光ってました。カトリーヌのシーンはそれほど重要でもな
く、時間も短いですが、なんだかほろっとしてしまった。
湿っぽさを出さずにマルレの団員の苦労を描いているのも、
お見事。


ゆうことのだめのドラゴンボール対決(笑)は、ちとやり
過ぎでしたが、カットバックで入る千秋先輩の指揮とうま
くシンクロしていたので、よしとしましょう。ジャンとゆ
うこにはもう少しかき回してほしかったですが、これでお
役ご免とのこと。ちと残念。


ボレロのシーン、もう少し抑えめにしてもよかったですね。
私はボレロが大好きなので(本広監督の『交渉人 真下正
義』でも効果的に使われていました)、せっかくだからち
ゃんとした演奏をスクリーンで観たかったなぁ。(>_<) 


クライマックスの演奏シーン。コンマスと千秋先輩の会話
から、曲が始まるまで、劇場内が水を打ったように静かに
なって、余計にドキドキしちゃいました。何か、のだめが
好きな人が観に来ているんだなぁ、と実感できて、感激。
そして千秋先輩の指揮の見事さ。鳥肌ものでした。「日本
でジェームズ・ボンドをやるなら、玉木氏でもいいかもな
ぁ」なんて想いながら見入ってました。あのシーンは奥さ
んにも見せてあげたかったなぁ。DVDレンタルして一緒に
観よっと。(^^ゞ


ただ、ラストはもう少し、いい気分で劇場を後にしたかっ
た。「後編」に繋げる意図は百も承知なれど、何となくす
っきりしなかったです。ほら、世界が終わりと思ったら、
エンドクレジット後に空から槍が飛んできた映画があった
じゃないですか。あんな風に、最後は「おぉ、次に期待!」
って感じで終わらせてほしかったなぁ。


何はともあれ、たいむさんのおかげで劇場に見に行くこと
が出来ました。何度も「DVDでいいかなぁ」と思った私を
劇場に向かわせたのは、たいむさんへコメント書かなきゃ!
という想いがあったからです。いや、マジで(笑)。なの
で、中途半端なコメントはしたくないと思い、1週間も経
過してしまいました。決してやる気がなかったわけではな
いのです。この場を借りてお詫びを…。


(あ、もやしもんを先に書かれてる!残念…)

投稿: ラフマニノフ | 2010/02/01 00:59

■ラフさん、こんにちはsun
気合いを入れて頂けるのは光栄の極みですが、これって軽くイジメでは??happy02
こちらも心して掛らなければっ!!

>「燃え(萌えではない)」
うん「燃え」ですね。
すっかり定番になってしまいましたが、もともと明るくて盛り上がる曲だけに、最初からこの曲で飛ばしてくれたことで一気に気持ちが盛り上がりましたよ。

>マルレ・オケの「惨状」
後に半分くらい団員が入れ換わることにはなるけれど、旧団員も生まれ変わらなくちゃだから程々でないとだし、旧団員のダラダラ感と孤高のコンマスと、この時点でのマルレオケの実情がほんと自然に醸し出されていましたね。

>テオ
「仮面ライダーW」に出てくる刑事さんだと相棒から聞いてあとでビックリしました。あっちは完全にオッサン役だし、変わればかわるものだなぁと。ビュジュアルはともかくとしても、お笑い系の気転の良さとか芸達者なところが上手くハマったと思いました。

>上野樹里の真骨頂
普段から「リアルのだめ」の呼び声が高い樹里ちゃんですしねー。
漫画やアニメに比べると、くどさを感じたりもしますが、樹里ちゃん以上にのだめを演じられる女優さんはいませんよね(^^)

>のだめカレー
わぉ。醸す♪
やっと「もやしもん」とリンクしてくれる人が現れてくれて嬉しいっす。
「毒」とか「死」とか浮遊する文字には私も爆笑でした。フジ系なんだし、今度は「もやしもん」も実写になるのだし、友情出演的に食中毒系の菌を飛ばしてほしかったですね。
そして、ベッキーの苦痛に満ちた演技も上手かった!

>シリアスパートではクロキン
黒木くんらしさを福士くんが堅い演技で締めてましたね。
武士で恋愛面では奥手で鈍くて・・・。後編でのターニャとの絡みも楽しみです。

>ジャンとゆうこ
漫画やアニメと違い、外人役者のジャンはあのくらいが限度かなーと。代わりに松田さんが思いっきり弾けてくれたので相殺?(笑)
そっかオーストラリア訪問はバッサリカットですからこれで最後なのか~。そう言われてみればちょっと残念ですね。

>ボロボレロ
アニメも見直したけど、あそこまで長くも酷くもなかったですよ、やっぱり。
『交渉人 真下正義』では最後の最後以外は本物の演奏でしたし、あの展開から観ている方もだんだんボルテージが上がっていって良かったですよね。この曲を聴くたびに私も真下と黄色を思い出しますよ(^^)

>のだめが好きな人が観に来ている
それはありましたね。なんとなく劇場内に一体感があったような気がします。
玉木くんの指揮は絶賛に値しますよね。スクリーンによって腕の振り幅を気にしなくてよくなったとのことで、よりダイナミックになってましたよね♪
あれ?奥様は観ていないの?みせてあげればいいのにぃー(ってそれどころではなかったのでしたね)

>エンドクレジット後に空から槍が飛んできた映画
ぶははは。ハトを飛ばすとか?
のだめなのだし、シリアスで終わらせなくたってねぇ。辛うじて人形だったところが救われる感じだけど、唐突に家を出ていく千秋みたくなってるし、ヨーダ先生が彼と距離を・・・なんていらんこと言うし、シチュエーションが原作よりもシリアスになってますよね。原作では千秋の本音の部分である「ここで待つのは嫌だ」って思いが描かれていたし、それ相当の理由と共に直ぐにのだめも納得するじゃないですか。これ見よがしに重苦しく引っ張るのではなく、なにかしら救済しても良かったのでは?と私も思いましたよ。


>たいむさんへコメント書かなきゃ!
どうもすみません。
色々な事情でお忙しかったでしょうに、ヘンに煽ってしまったみたいで恐縮しちゃうな。これだけのコメントを書くのも小一時間じゃ済まないでしょうし、私のために貴重な時間を割いてくださったことに感謝です。
でも、見る価値があり、気分転換にもなったようなのでほっとしています。

来週からBSフジで「のだめ」が始まります。
ここまできたら最後までアップしようとおもっているので、単発でも纏めてでも来年になっても開いておりますので、今後ともお付き合いよろしくお願いします(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/02/01 19:54

たいむさん、こんにちは。

いや、何が大変って、長文を書くこととか、時間がないと
かより、「自分のブログに書いていないことを書く」って
いうのが、実は一番大変だったりもぉー。(^^ゞ

でもこうしてたいむさんへのブログコメントだと、かえっ
て客観的に作品を評価できる気がします。いや、ホントに。


この後お邪魔できるのは、のだめの後編、それから踊る3
でしょうか。のだめはまた遅い鑑賞になる気がしますが
(笑)、踊るは初日に観ることがすでに決定しているので、
また長文コメントでたいむさんをいじめたいと思います
(失礼!)

怪盗愛子は見ていて凄まじく恥ずかしいですが、本広監督
のツイッターを毎日読みながら、期待に胸をふくらませて
おります。踊る3。できれば2と同じく、お台場のシネマ
メディアージュで観たいけど、ちょっと無理かなぁ。

投稿: ラフマニノフ | 2010/02/01 23:09

■ラフさん、こんにちはsun
>「自分のブログに書いていないことを書く」
なるほど、そっちですか(笑)
確かにね、自分のブログの感想記事も余所様でのレスも全部ハンコで押したみたいに同じ事の繰り返しな人っていますよね。(酷いとコピペで全員に同じコメントを付けている人もいますし)。また、記事から引用しながら一見感想に同意しているようなレスでも、実は単なるオウム返しばかりで自分の言葉が無い面白みの無い人もいますし。更に言えば、コメントというよりは持論とか批判とか勝手に分かったようなことばかりを書きまくる人もいたりと、いやはや、書き手の人間性が結構見え隠れしてますよね。(自分も反省しなくちゃか?)

ラフさんのブログ記事並のコメントは、確かにイジメに近いですけど愉しんでますので、後編と踊る3と、じっくり煮詰めて勝負してくださいませ(^^)

私も出来ればどちらも初日で行きたいけれど、「踊る3」の公開時期によってアヤシイかもってドキドキしてます。マジで仕事と重ならなきゃいいな~って祈ってます。(「ヱヴァ破」はバッチリ重なって、なんとか初日には見たけど、夜になっちゃったから)。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/02/02 00:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/47060364

この記事へのトラックバック一覧です: 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」みた。:

» のだめカンタービレ 最終楽章 前編☆独り言 [黒猫のうたた寝]
さすがというかフジTV、公開前日にはSPドラマの再放送ときましたか(笑)ええ、策略にまんまとかかってもかまいません。公開初日は、仕事も休みでラッキーっと『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』にいそいそと出かけてしまう猫。漫画ではまって、TVドラマはどうなのよ?っ... [続きを読む]

受信: 2009/12/19 19:19

» 『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 [ラムの大通り]
----これも人気テレビシリーズの映画版だよね。 スペシャルか何かを偶然観て、 よく分からないと言っていなかった? 「うん。あれはたまたま観たわけだけど、 不思議だったのがのだめなるヒロインの口調。 この人、どこか問題を抱えているのかと思った。 でも、これもいわゆる個性ということなんだね。 観る前は、のだめというネーミング自体に違和感感じて、 なにも知らないもんだから、肥溜め⇒ド田舎の話…と」 ----おそらく主演が上野樹里で 『スウィングガールズ』と、無茶な連想してたんニャ。 ところで、そんないい... [続きを読む]

受信: 2009/12/19 19:36

» 劇場鑑賞「のだめカンタービレ最終楽章前編」 [日々“是”精進!]
のだめカンタービレ最終楽章前編後編(3CD)「のだめカンタービレ最終楽章前編」を鑑賞してきました二ノ宮知子の同名人気漫画を上野樹里、玉木宏主演でテレビドラマ化し、大ヒットとともにクラシック・ブームも巻き起こした「のだめカンタービレ」を銀幕に昇華、新た...... [続きを読む]

受信: 2009/12/19 20:00

» かていのじじょう [僕らのドラマ]
映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』/わかってください [続きを読む]

受信: 2009/12/19 22:43

» 『のだめカンタービレ最終楽章 前編』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回は、3度エキストラに出掛け、キャストや撮影現場を間近で見たり、バッチリ映っちゃったり(エキストラレポート)なんかもした、ドラマ『のだめカンタービレ』の続編、『のだめカンタービレ最終楽章 前編』の完成披露試写会...... [続きを読む]

受信: 2009/12/20 00:50

» のだめカンタービレ 最終楽章 前編 [勝手に映画評]
2006年にフジテレビで放送され、人気を博した「のだめカンタービレ」の完結編。TV放送終了後もアニメでフジテレビで放送されている。 この「のだめカンタービレ」、実は、刊行前に原作のストーリーをフジテレビに教えたりしていて、TVやアニメが原作の世界観との破綻を来さないように、密な協力をしているそうです。そう聞いて、原作も読んでみたくなりました。 とは言うものの、前回のTV放送とこの映画の間が若干つじつまが合わない感じ、って言うか、説明不足な気もします。具体的には、谷原章介が演じる、松田幸久の件。原... [続きを読む]

受信: 2009/12/20 17:28

» 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編♪ [★ Shaberiba ]
楽しかったぁああ!!でも。思いもよらない切ないラスト。このままで4月まで待てと〜!!ムギュー!!あっ。ついのだめ言葉が(笑) [続きを読む]

受信: 2009/12/20 18:24

» のだめカンタービレ最終楽章 前編 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
見てきましたよ~、のだめ。 連ドラから3年。なんか早いもんだなぁぁ ではでは・・ [続きを読む]

受信: 2009/12/20 20:34

» 映画 『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 を觀た [仙丈亭日乘]
生マングースに會つてきた! [続きを読む]

受信: 2009/12/20 21:24

» のだめカンタービレ 最終楽章 前編 [LOVE Cinemas 調布]
原作は二ノ宮知子の同名漫画。というよりももはや大人気TVドラマ『のだめカンタービレ』の最初で最後の映画化といったほうが良いだろう。上野樹里や玉木宏以外にもテレビシリーズのメンバーが勢ぞろい。監督はTVドラマの演出も手がけた武内英樹。製作はフジテレビにこの人ありの亀山千広。ストーリー的にはスペシャルドラマ『のだめカンタービレ in ヨーロッパ』からの続きとなる。... [続きを読む]

受信: 2009/12/20 22:29

» のだめカンタービレ 最終楽章 前編 [シネマDVD・映画情報館]
二ノ宮知子の同名ベストセラーコミックをテレビドラマ化し高視聴率を記録した「のだめカンタービレ」が前後編の映画版になって登場。天才的なピアノの腕と独特な感性を持つヒロイン、通称・のだめと、一流の指揮者を志すエリート青年・千秋の恋と音楽に懸ける青春が展開する。上野樹里、玉木宏をはじめ、テレビシリーズのキャストが続投。フランスをはじめとする計5か国で撮影が行われ、新キャストも登場するなど、映画版にふさわしくパワーアップした内容が見どころだ。...... [続きを読む]

受信: 2009/12/20 22:34

» 映画『のだめカンタービレ最終楽章 前編』を観賞 [多数に埋もれる日記]
12月19日から公開。 [続きを読む]

受信: 2009/12/21 06:49

» 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編 」クラッシック音楽が好... [soramove]
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編 」★★★★☆オススメ 上野樹里 、 玉木宏出演 武内英樹監督、121分 、 2009年12月19日:公開                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「のだめ(上野樹里)はパリで学園生活をし、 相変わらずのはじけっぷりだ、 前編の主役は千秋(玉木宏)で、 伝統はあるものの崩壊寸前の オーケストラ(マルレ・オケ)の指揮者に就... [続きを読む]

受信: 2009/12/21 08:02

» ■のだめカンタービレ 最終楽章 前編見てきちゃいました・・・ブヒッ [AKATUKI DESIGN ]
待ちに待った「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」をまたまた松戸のシネサンシャインで見てきちゃいました。 20:00以降はレイトショー料金なのと近いのが素晴らしい! でも、ちょっと音響はやっぱり良くなかったかな・・・ せっかくの素晴らしい音楽だったのにちょっともったいない事をした感じです。 のだめカンタービレについては、敢て説明する必要がないかと思いますが・・・ 落ちこぼれ?音大生・のだめこと野田恵(上野樹里)と天才指揮者・千秋真一(玉木宏)を中心とした音楽ドラマです。 --- 私はTVドラ... [続きを読む]

受信: 2009/12/21 09:00

» のだめカンタービレ 最終楽章 前編 [Akira's VOICE]
暴走のちステップアップ。   [続きを読む]

受信: 2009/12/21 15:44

» 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 [映画専用トラックバックセンター]
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」に関するトラックバックを募集しています。 [続きを読む]

受信: 2009/12/21 21:00

» 「のだめカンタービレ 最終楽章〜前篇」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜この冬、映画館がコンサートホールに変わる〜 原作・ドラマ・アニメ、すべて見つくしたのですから当然見なくちゃ!! 2009年 日本 (東宝)    09.12.19公開監督:竹内英樹     製作:亀山千広    上映時間:121分原作:二ノ宮知子脚本:衛藤凛<出演者>上野樹里・・・・・・・野田恵:のだめ (パリ・コンセルヴァトワールの学生)玉木宏・・・・・・・・・千秋真一 (オレ様キャラの指揮者。ル・マルレの常任指揮者)瑛太・・・・・・・・・・・峰龍太郎 (R☆Sオケで活動中の自己陶酔型ヴァイ... [続きを読む]

受信: 2009/12/21 22:48

» 黒髪の貴公子と変態の森(!)~「のだめカンタービレ最終楽章前編」~ [ペパーミントの魔術師]
いや~もう、何がカッコいいって キャ~~千秋さま~ですって。(ほらきた。) 前編の見せ場ですね、もうこれでもかって魅せてくれます。 バイオリンは弾くわ、ピアノは弾くわ、むっちゃがんばってました。 めざましテレビでやってましたけど、 劇場版2部作で締めくくる..... [続きを読む]

受信: 2009/12/22 02:06

» 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」ダメオーケストラを見事に再建した千秋の指揮者プロデビュー [オールマイティにコメンテート]
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」は2006年に放送されたドラマ「のだめカンタービレ」の続編で千秋先輩を追ってパリに留学したのだめが千秋との共演を目指して毎日課題曲に励むも、千秋がプロの指揮者となってオーケストラの公演で成功させていく事で距離が離れそう...... [続きを読む]

受信: 2009/12/23 23:25

» 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」映画感想 [Wilderlandwandar]
スペシャルドラマのヨーロッパ編 を見てから嵌った新参者ですが、その後日談を2回に分けて映画化した「のだめカンタービレ 最 [続きを読む]

受信: 2009/12/24 00:06

» 映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』観賞★メッチャ楽しい!! [コソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ]
 『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』を観賞しました。  「わざわざ映画館で観ることもないや」と思っていたのですが、2夜連続放映のヨーロッパ編再放送を見ていたら、やっぱり”のだめ”ちゃんを見たくなって、家族と映画館へ・・・。  物語は、100年以上の伝統はあるが、資金不足でボロボロになってる寄せ集め貧乏楽団「ルー・マルレ・オーケストラ」の常任指揮者となった千秋(玉木宏)が中心に流れていて、『最終楽章 前編』は『千秋編』って感じかな・・・。 【 心が和みます 】  映画になっても... [続きを読む]

受信: 2009/12/24 10:20

» のだめカンタービレ最終楽章 前編 [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
のだめカンタービレ最終楽章 前編’09:日本 ◆監督: 武内英樹「ホームレス中学生」(TV) 「のだめカンタービレ」(TV) ◆出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、谷原章介、なだぎ武、福士誠治、吉瀬美智子、伊....... [続きを読む]

受信: 2009/12/24 16:44

» のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ最終楽章・前編> [美味−BIMI−]
のだめ見てきました〜〜〜! レイトショーで映画終わったら12時(疲)!@@! でも面白かった〜。行って良かったです。 期待を裏切らなかったです。 あちこちに散りばめられた細かいギャグに、映画館中で笑いが起きてました! この漫画で、クラシックファンは確実に増えたでしょうね〜〜〜。 今回楽団として出演しているのは、半数がブルノ・フィルハーモニー管弦楽団。 映画館の大音響で聞くクラシックは、感動ものですよ〜^^v。 最後はちょっと悲しくなっちゃいましたけど、ね・・・。 頑張れ!のだめ!っ... [続きを読む]

受信: 2009/12/25 00:13

» 【のだめカンタービレ最終楽章前編】 [MINT ROOM ]
★★★★……★は5個で満点、☆は0.5点です。ネタバレ有りなのでご注意。 ★粗筋プラティニ国際音楽コンクールで優勝した千秋真一(玉木宏)は、エリーゼ(吉瀬美智子)の差し金で、若き日のシュトレーゼマン(竹中直人)が指揮を務めた「ルー・マルレ・オーケストラ」...... [続きを読む]

受信: 2009/12/26 17:46

» のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (玉木宏さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆玉木宏さん(のつもり) 玉木宏さんは、現在公開中の映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』に千秋真一 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

受信: 2009/12/27 00:48

» のだめカンタービレ最終楽章前編 [V36スカイラインクーペが欲しい!]
かなり楽しめた! 今日は仕事を休み、haru娘。を幼稚園に追放して妻と映画を見に行きました。見たのは19日に封切されたばかりの「のだめカンタービレ最終楽章前編」 妻と二人でのだめファン!映画をいまかいまかと待ちわびておりました。映画を見るにあたっては、録画して....... [続きを読む]

受信: 2009/12/27 12:33

» 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 憧れと反発 [はらやんの映画徒然草]
漫画、アニメ、TVドラマと人気のコンテンツ「のだめカンタービレ」の実写版映画の前 [続きを読む]

受信: 2009/12/27 19:55

» のだめカンタービレ 最終楽章 前編 [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2009/12/19製作国:アメリカ上映時間:分監督:武内英樹出演:上野樹里、玉木宏、ウエンツ瑛士、ベッキー、山田優、谷原章介、なだぎ武、吉瀬美智子、伊武雅刀、竹中直人Story:プラティニ国際音楽コンクールでみごと優勝に輝いた千秋は、かつてシュトレーゼマンも指揮...... [続きを読む]

受信: 2009/12/30 16:45

» のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (2009) [白ブタさん]
やっぱりこれを見ないと、今年は終われません(*^_^*) [続きを読む]

受信: 2009/12/30 21:03

» のだめカンタービレ最終楽章 前編 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[のだめカンタービレ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:9.0/10点満点 2009年103本目(97作品)です。 【あらすじ】 プラティニ国際音楽コンクールでの優勝した後、千秋真一(玉木宏)は、ルー・マルレ・オーケストラの常任指揮者に抜擢..... [続きを読む]

受信: 2010/01/03 18:16

» 映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 [FREE TIME]
元日はファーストデーだったので、映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2010/01/04 22:57

» のだめカンタービレ 最終楽章 前編 [みすずりんりん放送局]
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』を観た。  パリで行われた国際指揮者コンクールで優勝した千秋真一(玉木宏)は、ついに指揮者と... [続きを読む]

受信: 2010/01/05 08:12

» ★「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今年の劇場鑑賞映画の一本目ーーーーーーーーーーーーーっ。 こんなんでいいのか???とも思ったけど、 基本的にギャグ映画も好きだし・・・ 昨日DVDでピアノものの「4分間のピアニスト」観たし、 一応音楽繋がり・・って事で。... [続きを読む]

受信: 2010/01/07 23:11

» のだめカンタービレ [映画的・絵画的・音楽的]
 本年の劇場鑑賞映画の第1番目として 「のだめカンタービレ/最終楽章 前編」を、吉祥寺の映画館で見ました。  この映画は2部作の前半に過ぎず、後編は4月中旬の公開を待たなくてはならないということで、それではあまりに間隔があきすぎではないかと思えて、余り観る気が起きなかったところ、マスコミに掲載されている映画評が概して好意的なので、それでは観てみようかという気になり、暇なこともあって正月明け早々近くの映画館まで行ってきました。  私も以前、フランスに留学するまでの原作漫画を読んだことがありますが、... [続きを読む]

受信: 2010/01/11 05:13

» 千秋さま〜〜(笑)「のだめカンタービレ最終楽章全編」 [茅kaya日記]
JUGEMテーマ:映画 一言!面白かったぁ〜〜〜!!! いえ、前篇ですよね、後編公開時にDVDでみればいいかぁ〜〜って思っていたんですが、映画館で観るべしと友人に言われ、観てきました。 いや、マジ、映画館で観て正解です。ネタばれは無しです・・・... [続きを読む]

受信: 2010/01/12 21:01

» 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を観た [TV視聴室]
ようやく観ました、映画「のだめ」。もう、正直観るのは 諦めようかと思ったのですが、やっぱりドラマから欠かさ ずこのブログでレビューを書いてきた作品だし、 [続きを読む]

受信: 2010/01/24 01:32

» のだめカンタービレ最終楽章前編 [ケントのたそがれ劇場]
★★★★☆  マンガを原作にした映画は、ほとんどが評判が悪いのだが、この映画に限っては大好評なのだ。原作を全く知らない私には、のだめというタイトルからして、何となくバカバカしいイメージが湧いてくる。それで当初は敬遠していたのだが、余りにも評価が高いので、今... [続きを読む]

受信: 2010/03/03 13:19

» のだめカンタービレ 最終楽章 前編(感想180作目) [別館ヒガシ日記]
のだめカンタービレ 最終楽章 前編は鑑賞し 結論はより映画の方が演奏の部分は良いね [続きを読む]

受信: 2010/12/29 13:04

« 「The 4th Kind フォース・カインド」みた。 | トップページ | ご贔屓の新刊ぞくぞく »