« DVD「24 -TWENTY FOUR- Ⅶ」(Vol.10-11)みた。 | トップページ | 「プール」みた。 »

2009/11/10

「ゼロの焦点」(試写会)みた。

Zero 松本清張生誕100年を記念した映画ということで、原作はかれこれ50年も前に発表されているもの。社会派推理小説の作風が特徴である松本作品だが、この作品も”当時”の社会情勢が反映された内容となっている。
公式HPでは、「犯人を(直感で)特定せよ」と犯人あての【ミステリークイズ】の応募をしているが、映画を”ミステリー”だと思って期待すると、思わぬ肩透かしを食らい兼ねないのでご注意を。(以下、内容には触れているが、核心をつくネタバレはなし)

お見合いから即結婚。そして1週間後、出張で金沢へ向かった夫はそのまま失踪。残された新妻は何一つとして思い当たるものが無く、夫となった男の素顔をまるで知らない自分だったことに愕然とする。夫の行方を追って金沢を訪れる妻。ここで夫の交友関係や過去の経歴をはじめて知った妻は、改めて夫が何者であるかすら知らなかったことを思い知る。そんな中、夫の兄と同僚が殺害されるといった不可解な殺人事件が連続して起こる。連続殺人事件と夫の失踪が無関係でないことが明らかとなり、全てのカギは夫が隠していた過去の経歴に深く関係があることを突き止め、やがて真相にたどり着く妻だった。

強いて言うならば妻が探偵役なのだが、この物語は妻が積極的に推理するようなものではなく、夫(の素顔)を探しているうちに辿りついてしまった真実、という感じだろう。(原作は知らないが)少なくとも映画での「犯人当て」は”そのまんま”というつくりになっていて、それほど重要ではないようにも思える。だからそれを期待して観に行くと「失敗した」と感じてしまう可能性があると思う。
この物語のポイントは、失踪した夫の謎の解明によって見えてくる”この時代の女たち”のそれぞれの立場と想いであり、そのような女たちを作り出した社会であり、希望としての初の婦人市長誕生までの選挙選エピソードだと私は思う。(主に、中谷演じる佐知子の発言にこれらが凝縮されている)。
もはや戦後ではなくなった昭和30年前半の物語。けれど戦後の名残が発端になっている話であり、現代とはあまりにかけ離れた(古臭い)思考と行動に共感しにくい話だと思うが、とにかく複雑怪奇には捉えず、「当時の日本とは」という視点で見るとそれなりに伝わってくるものがあるんじゃないかと思う映画だった。

総評:★★★☆☆++   好き度:★★★☆☆++  オススメ度:★★★☆☆++

3女優の共(競)演がクローズアップされているけれど、私としては中谷美紀の貫禄勝ちに1票かなぁ。作中の勝者無き女たちの闘いはなかなかと思うが。

|

« DVD「24 -TWENTY FOUR- Ⅶ」(Vol.10-11)みた。 | トップページ | 「プール」みた。 »

コメント

こんばんは。

この映画、意図的に「古臭さ」をやろうとしている。
そんな感じさえしました。
あまりにも大時代的。
特に、クライマックスの崖。
あれはヒッチコックを意識したデ・パルマ。

しかし、「真相にたどり着く」は言い得て妙ですね。

投稿: えい | 2009/11/11 23:27

■えいさん、こんにちはsun
>意図的に「古臭さ」
私も感じました。
横溝作品の金田一シリーズに近い雰囲気もありましたし。
でもこっちが斬新かな?「ヒッチコックを意識したデ・パルマ」とは気が回りませんでしたが、赤と白と、色使いが見事と思いました!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/12 16:57

未見ですが(公開がまだだから。笑)、原作は読みました。サスペンス(推理)ではなく、社会派ドラマというのかな。松本清張の小説は、深い と思います。日本人が、得意な「(都合の悪いことは忘れる)天性」のようなものがあって、「現在は、これまでの過去からの延長」であることを意識しなくなっているような気がしてます。大仰なキャッチフレーズ等に振り回されず、映画そのものを楽しんでこようと思います。

投稿: あかん隊 | 2009/11/13 15:10

■あかん隊さん、こんにちはsun
帝王ですし、さすがに読書済みですね。
私は、実家には松本清張の小説がズラ~っと揃っているのだけど、ほとんど手つかずのまま嫁に行ってしまいました(笑)子供だったから「深さ」が理解できなかったんですね、きっと。

>「現在は、これまでの過去からの延長」
ああ、ソレをすっかり忘れているなって感じるこの頃かもしれません。

この映画の宣伝の仕方はズレてる気がしました。ミスリードしているつもりなのかもしれないけれど。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/14 00:03

婦人市長当確の会見の席で「マリ」という声を聞いた瞬間のあの表情の変わり具合。
あれを見た瞬間に、私もこの映画の3女優対決は中谷さんの勝利だと思いました。

「貫録勝ち」というのも納得でした。

投稿: にゃむばなな | 2009/11/14 14:56

こんにちは。

いやはや、中谷さんの演技が素晴らしかったです。
目の演技がとてつもなく・・・。

作品はミステリーというよりは人間ドラマ的要素が多いと思いました。
なかなか見応えある作品でした。

投稿: BROOK | 2009/11/14 15:07

■にゃむばななさん、こんにちはsun
3大アカデミー女優とかおおげさに宣伝しているけど、ヒロスエの米アカデミーは作品に与えられたもので、日本でも最優秀主演女優を取っているお二方のほうが女優としては、って思います。
エミVSマリもなかなかだったけれど、やっぱりマリですねー。
役柄もあるけどアッパレなマリでした(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/14 20:42

■BROOKさん、こんにちはsun
中谷さんの目ぢからはすさまじいものがありましたねw

松本清張っていうとミステリ作家として有名だけど、その内容は社会派なものが多く、人間を良く描いてますよね。でも、今読むにはちと古いかなー。
本が実家にあるけどやっぱり読む予定はないです(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/14 20:45

こんばんは♪
これは犯人さがしをするというより、なぜそこまでしたのかというのが重要に思いました。
さすがに時代が古いので共感はしにくかったですね。
チラシでもドーンと3人の女性陣がいますが、やはり中谷美紀が断トツでしたねぇ。ほんと貫禄ある~。

投稿: yukarin | 2009/11/14 23:32

こんばんわ。
時代背景のおかげで中谷美紀の涙にくるものがあったと思います。他はグダグダでしたが・・・。

投稿: さとうれお | 2009/11/14 23:55

■yukarinさん、こんにちはsun
チラシには皆に「赤」を着せてソレっぽく見せてますけど、結局のところ存在感がそのままま、といった感じになってましたね。

「沈まぬ・・」といい、これといい、戦後の混乱に乗じた日本の黒歴史を扱った作品ですが、映画としてはあくまでも「参考」みたいに感じちゃうところがあります。外国人から見れば、「チェンジリング」みたいに感じられるのかな?とか思ったり(^^;あちらは傑作でしたが。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/15 08:51

■さとうれおさん、こんにちはsun
中谷さんの助演賞ですねw
あの気迫ある演技は見応えありました!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/15 08:54

ミステリーという観点からすると、期待はずれでしたね。私も観ていて「あらら?いつの間にか全部解っちゃったわけ?」って思いましたから。まあ、一つ一つの情報を結びつければ推測は可能ですけど、今回の場合推測=正解で映像が展開しちゃいましたんで…。
しかし、広末さんは今回私はいつもより合ってると思ってみていたんです。しかし中谷さんと2ショットになった瞬間、見ていて可哀想でした。あまりに女優としての力量差が明白過ぎて…。その点木村さんは流石ですね。地味ですが決して負けてません。

投稿: KLY | 2009/11/15 21:05

■KLYさん、こんにちはsun
宣伝の煽りはミステリ路線でしたしね、最近これほどまでにバレバレなミステリってないだけに、「えー」に思う人は多いかもしれませんね。

>広末さんは今回私はいつもより合ってると思ってみていたんです
うん、そうですね。お嬢様な役はあっていると思うけれど、抑えた演技が私にはわざとらしく感じられちゃってね。誰の目にも差が歴然となる競演になったかと(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/15 22:12

こんばんは!
マリの知られたくない!という思いは
今となっては理解するのは難しいと思えたのですが
それを見事に感じさせてくれた美紀さんは、やっぱすごい人だな!!と思いました。
ドラマJINの花魁役もはまってるんですよね~。
それだけに広末さんの妻には、しだいにわかる夫の姿への葛藤が心にこずじまいでがっくりしちゃいました。

投稿: くろねこ | 2009/11/16 22:30

■くろねこさん、こんにちはsun
主人公ではなくて、主役はマリでしたね(^^)
中谷さんがマリに起用された理由が分かる気がします。
禎子は誰でも良さそうだけど、マリは演技力とパワーが必要ですもんね。

古き日本の実情を知ることのできる作品として良い作品でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/17 19:28

こんにちは。
まさにミステリアスな内容でした。
確かに中谷美紀、木村多江と比べると、広末涼子は見劣りしてしまいますねw
特に中谷美紀の鬼気迫る演技に目を奪われました。
木村多江の出番が少ないのは、ちょっぴり残念でした。

投稿: FREE TIME | 2009/11/21 10:10

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
木村さんは身を隠さなくちゃでしたしね。
でも中谷VS木村は見応えありましたね(^^)

女ってコワイですねー(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/21 15:12

たいむさん
今晩は☆彡
TB&コメントありがとうざいました。
確かに古典的推理小説ですね(笑)
意図的にそういう雰囲気に見せているという
のも一理ありますね。それにしてもそんなに
ミステリアスな感じはしませんでした。
中谷美紀さんはパワー全開で凄かったですね。

投稿: mezzotint | 2009/12/05 23:27

■mezzotintさん、こんにちはsun
火サスに土曜ワイド他もろもろと、散々見てきた番組の元祖といった感じになっちゃってますよね。
慣れ、なのかもしれません。

中谷さんは凄かった。
今思い出すのはそればかり。この映画はそういうことですかねぇ。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/06 08:40

( ゚皿゚)キーッ!!angry元凶は、夫にあるような・・・・
可哀想なのは田沼久子。
彼女の愛を踏みにじって捨てて何が生まれ変わりたいだよ!angry

投稿: カモミール | 2009/12/10 10:36

■カモミールさん、こんにちはsun
>元凶は、夫
まぁ確かに。
とはいえ、戦争で1人生き残ってしまった人ですし、心を病んでいたともいえそうだし、一方的に攻めるのもなーとおもわせる西島さんかな?(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/12 08:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/46731144

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゼロの焦点」(試写会)みた。:

» 『ゼロの焦点』 [ラムの大通り]
----このタイトルって、昔からよく聞くよね。 原作が有名ニャの? 「もちろん。推理小説の大家松本清張の原作だからね。 今年の東京国際映画祭では招待作品となっていて、 主演の広末涼子、中谷美紀のいずれもが 相手をほめたたえていたようだ」 ----ふうん。でもキー・ビジュアルには、もうひとり女優がいたような…。 「木村多江だね。 この映画、実を言うと、固有名詞がややこしくて…。 今回は、会社名などを省いて物語説明。 結婚式から7日後。 仕事の引き継ぎで以前の勤務地に戻った夫・憲一(西島秀俊)がなぜか... [続きを読む]

受信: 2009/11/11 09:38

» 『ゼロの焦点』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため金沢に向かった鵜原憲一は帰ってこなかった。夫の消息を追い金沢へと旅立った妻の禎子は、憲一のかつての得意先で、社長夫人の室田佐知子と受付嬢の田沼久子に出会う。一方、憲一の失踪と時を同じくして連続殺人事件が起きるが、事件の... [続きを読む]

受信: 2009/11/12 23:28

» 『ゼロの焦点』 [めでぃあみっくす]
昭和のにおいが全くしない映画でした。それゆえに謎解きの先に見えてくる、戦後という時代が生み出す重みも感じなければ、その時代を描いたがゆえの面白味もありませんでした。 別に『沈まぬ太陽』と比べる訳ではありませんが、見終わった後の感想としては「今更なぜこの作....... [続きを読む]

受信: 2009/11/14 15:00

» 劇場鑑賞「ゼロの焦点」 [日々“是”精進!]
ゼロの焦点オリジナル・サウンドトラック「ゼロの焦点」を鑑賞してきました松本清張の傑作ミステリーを豪華女優陣の競演で映画化した松本清張生誕100年記念作品。敗戦直後の混乱期を経て復興へと向かう昭和30年代初頭の日本を舞台に、結婚間もない夫の謎の失踪を発端...... [続きを読む]

受信: 2009/11/14 15:01

» 「ゼロの焦点」:駒込千駄木町バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}ずいぶん大がかりなくい打ちだな。 {/hiyo_en2/}ちょっとした大工事ね。 {/kaeru_en4/}測量機器の焦点合わせとか、一部の狂いも許されないんだろうな。 {/hiyo_en2/}つまり、ゼロの焦点は許されないって言いたいの? {/kaeru_en4/}いやいや、犬童一心監督の「ゼロの焦点」は許すぜ。あの機械みたいに高い評価をあげたいくらいだ。 {/hiyo_en2/}あら、珍しい。この手の映画はいつもどこかしらクサすあなたが誉めるんて。どこが評価の焦点だっ... [続きを読む]

受信: 2009/11/14 20:10

» ゼロの焦点 [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
公開:2009/11/14製作国:日本上映時間:131分鑑賞日:2009/11/14監督:犬童一心出演:広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、西島秀俊、鹿賀丈史愛する人のすべてを知っていますか?+あらすじ+結婚式から7日後、仕事の引き継ぎのため金沢に向かった鵜原憲一(西島秀俊)....... [続きを読む]

受信: 2009/11/14 23:22

» ゼロの焦点 ε-(;ーωーA フゥゥム [労組書記長社労士のブログ]
【 56 -13- 1ヶ月フリーパスポート=4 】 昨日は社労士試験、合格発表の日だ、みんなはどうやったのだろうか?自分が試験監督したあの人はどうやったのか?【今年の合格率は7.6%(前年7.5%)】  で、自分はまたまた映画の日、昨日は無料パスポートではなくて試写会にて。 どっちにしても来週末封切りで東宝でも上映するから、どうせ無料で見れるのだが、期待していた映画だから一日でも早く観たいもんね♪o(^-^)o ワクワク 仕事が速く終わらないと上映に間に合わん感じだったけど、思った以上に早く仕事が... [続きを読む]

受信: 2009/11/14 23:49

» [映画][劇場公開]ゼロの焦点 73点 [さとうれおはオレだけか]
こんな罠にハマるアホがいるのかって罠にハマりガンガン殺されていくのが笑える。コロンボみたいに犯人が最初からわかってる形式にしてもいいんじゃないかってくらい犯人バレバレで普通に期待して見に行った人はキレるでしょう。客層が50代ばっかりだったので相当ハズした作... [続きを読む]

受信: 2009/11/14 23:58

» ゼロの焦点 [だらだら無気力ブログ]
nbsp; 生誕100周年を迎えた松本清張の同名傑作小説を生誕100周年記念で映画化。 結婚して間もない夫が出張に出かけてそのまま失踪してしまったことから 妻は夫の失踪の行方を調査するうちに連続殺人事件に巻き込まれていき、 やがて衝撃の真実にたどりつく様を描く。 ..... [続きを読む]

受信: 2009/11/15 01:25

» 「ゼロの焦点」過去を知られたさきに発生した人生隠蔽殺人事件 [オールマイティにコメンテート]
「ゼロの焦点」は松本清張原作の「ゼロの焦点」を映画化した作品で、お見合い結婚したばかりの夫が突然失踪して、妻となった女性が夫の赴任地だった金沢へと向かいそこで出会う人たちが次々と殺されて事件に巻き込まれるストーリーである。昭和30年代前半という時代と事件...... [続きを読む]

受信: 2009/11/15 10:00

» ゼロの焦点 [取手物語~取手より愛をこめて]
「ゼロの焦点」を鑑賞してきた。 [続きを読む]

受信: 2009/11/15 11:05

» ゼロの焦点 [★ Shaberiba ]
この題の意味を友人と語り合ったことを思い出します・・(笑) [続きを読む]

受信: 2009/11/15 18:28

» 映画『ゼロの焦点』 [健康への長い道]
本日より公開、松本清張生誕100周年記念作品を、地元シネ・ピピアにて。 Story 夫・憲一(西島秀俊)と見合い結婚した禎子(広末涼子)。しかし、結婚式から7日後に、憲一は仕事の引継で勤務地だった金沢に出かけ、そのまま行方不明となる。夫の過去をほとんど知らない禎..... [続きを読む]

受信: 2009/11/15 21:14

» ゼロの焦点 [いい加減社長の日記]
観たい映画が4つも公開された昨日の土曜日。仕方ないので(?)、レイトショーのはしごをすることに。時間を調べて、1本目は「ゼロの焦点 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、普通の人出かな。 「ゼロの焦点 」は、中スクリーンで、6~7割。 (C) 2009 「ゼロ... [続きを読む]

受信: 2009/11/15 21:47

» ゼロの焦点 戦争に狂わされた女たち 松本清張 [ネット社会、その光と影を追うー ]
映画ゼロの焦点は松本清張生誕100年の記念作品だ。 [続きを読む]

受信: 2009/11/16 00:23

» ゼロの焦点 [ダイターンクラッシュ!!]
2009年11月14日(土) 20:10~ TOHOシネマズ日劇1 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『ゼロの焦点』公式サイト フリーパス鑑賞13本目。 松本清張生誕100年記念作品だそうだ。松本清張の小説は、「点と線」しか読んだことが無い。 松本清張と言えば、地味な刑事が事件の謎を解くという印象があるのだが、これは新婚早々に亭主に失踪された妻が謎を解いていくというもの。 実際は、身勝手な男が周囲の女性に迷惑をかける話だった。 木村多江は、幸薄そうな顔をしているので、ま... [続きを読む]

受信: 2009/11/17 13:16

» 「ゼロの焦点(2009)」 時代の断層 [はらやんの映画徒然草]
今年は松本清張の生誕100年ということです。 僕はミステリー好きですが、松本清張 [続きを読む]

受信: 2009/11/17 19:02

» ゼロの焦点 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。松本清張原作、犬童一心監督、広末涼子、中谷美紀、木村多江、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎、西島秀俊、鹿賀丈史。松本清張の名作とされながら、ディテイルはかなり杜撰というか、不自然だ。... [続きを読む]

受信: 2009/11/18 08:12

» ゼロの焦点 [Akira's VOICE]
断崖に柵を!   [続きを読む]

受信: 2009/11/18 10:52

» ゼロの焦点 (広末涼子&中谷美紀&木村多江) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆広末涼子さん(のつもり) ◆中谷美紀さん(のつもり) ◆木村多江さん(のつもり) 映画『ゼロの焦点』に広末涼子さんは鵜原禎子 役で、中谷美紀さんは室田佐知子 役で、木村多江さんは田沼久子 役で出演しています。原作は松本清張さんの長編推理小説です。1961年にも野村芳太郎監督によって映画化されていて、今回は、松本清張さんの生誕100年を記念して犬童一心監督によって再映画化された作品です。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009/11/18 16:47

» ゼロの焦点 [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  過去に何度もTVドラマや映画化されている作品である。太宰治と同じく松本清張も、生誕100周年を迎えるようだ。松本清張といえば代表的三作として、『砂の器』、『点と線』に並んで本作があげられる。 松本清張は『或る「小倉日記」伝』で、芥川賞を受賞する... [続きを読む]

受信: 2009/11/18 20:29

» 映画「ゼロの焦点」 [FREE TIME]
映画「ゼロの焦点」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009/11/18 20:58

» ゼロの焦点 [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ゼロの焦点] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.0/10点満点 2009年98本目(92作品)です。 【あらすじ】 昭和32年。鵜原憲一(西島秀俊)と結婚した禎子(広末涼子)。 その結婚式からわずか7日後、仕事の引き継ぎのために金沢に向か..... [続きを読む]

受信: 2009/11/19 22:36

» [映画『ゼロの焦点』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆面白かった。  『ALWAYS』以降、日本のVFX技術は、作品の中で、本当に違和感なく、物語の回想シーンの戦後直後から、昭和30年代までの風景を見事に再現している。  その中で、割とオーソドックスなシナリオで役者が熱演している。  これまでの邦画(日本の黄金期以降)は、役者が頑張っても、セットがちゃちく、しかも、舞台と舞台の展開上の継ぎ目に粗も見えていて、全く世界に通用できるレベルになかった。  だが、今回の金沢の雰囲気なんて、とても見事だと思った。    ◇  結婚後七日目の出張で金... [続きを読む]

受信: 2009/11/20 08:52

» 男の気持ちが一番ミステリー。『ゼロの焦点』 [水曜日のシネマ日記]
松本清張の小説を映画化した作品。昭和30年代の日本を舞台に描かれたサスペンスドラマです。 [続きを読む]

受信: 2009/11/20 12:28

» ゼロの焦点☆独り言 [黒猫のうたた寝]
松本清張100周年記念・・・じゃなくて生誕100年記念『ゼロの焦点』観に行きました。ほんとなら試写会で観れたはずなのに、仕事で行けなくてある意味リベンジ?(笑)新婚1週間で失踪してしまった夫を探す妻彼の軌跡を追ううちに判明した事実。昔、そういえばTVドラマで観たかも... [続きを読む]

受信: 2009/11/21 00:04

» 「ゼロの焦点」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                              「ゼロの焦点」 原作 松本清張「ゼロの焦点」 監督 犬童一心 脚本 犬童一心・中園健司 広末涼子・中谷美紀・木村多江、アカデミー賞女優三人が共演するミステリー大作であります! この作品は、本を映画化した場合に避けられない事でありますが、原作を読んだことがある人と、そうでない人で、かなり感想が違ってくると思いますな・・。 ネタバレあります!!あえてストーリーの核心に触れた部分がありますのでご注意ください! 私は原作をかなり以前に読ん... [続きを読む]

受信: 2009/11/23 12:05

» 【ゼロの焦点】過去からの逃亡 [見取り八段・実0段]
原作は記憶に遠い。。。でも、ラストはかなり変わってる気がする。あまりミステリー色を求めて行くとガッカリするかも。中谷美紀の怪演を観るための作品。主演の人の舌っ足らずなナレーションに耐えられそうもない方にはお薦めできません映画の詳しい感想の続きはへ。評価...... [続きを読む]

受信: 2009/11/25 23:57

» 中島みゆきがとどめを刺した「ゼロの焦点」 [映画と出会う・世界が変わる]
映画の冒頭のタイトルバックに学徒出陣をはじめとする太平洋戦争中のニュース映像が登場する。このことからこの映画の意図が何であるかは明確であると感じた。しかし、その意図は映画が進むにつれて弱まり、失速すしていく。結果としてこの作品には大きな失望を味わうこと...... [続きを読む]

受信: 2009/12/01 07:21

» 『ゼロの焦点』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ゼロの焦点」□監督・脚本 犬童一心 □原作 松本清張 □脚本 中園健司 □キャスト 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊、鹿賀丈史、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎■鑑賞日 11月22日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 松本清張の作品の割にはと言っては失礼だが、あまりミステリーミステリーしていなくて、 むしろ事件に関わる人間の心の奥底に潜在する葛藤をあぶりだした形の作品にな... [続きを読む]

受信: 2009/12/01 12:19

» ゼロの焦点(2009) [銅版画制作の日々]
 愛する人のすべてを知っていますか? フリ―パスポート鑑賞第7弾目は邦画「ゼロの焦点」(6本目はクリスマスキャロル3D版鑑賞しました)ヴィヨンの妻以来の邦画です。そう言えば広末さん、ヴィヨンの妻にも登場していましたね。今回は凄いです!主役ですよ。 今年で松本清張生誕100年ということだそうで今回はその記念作品としての映画化。 推理小説好き、いやそうでなくてもこの小説は誰もが知っている有名作品ですよね。 テレビドラマとしては過去5回、映画化は今回で2回目だそうです。多分読んだはずなのですが・・... [続きを読む]

受信: 2009/12/05 12:38

» 観ました、「ゼロの焦点」 [オヨメ千感ヤマト]
壮絶なる松本清張の世界でございます。この、常に時代背景を反映した陰鬱かつ人間のエ [続きを読む]

受信: 2009/12/09 11:51

» 『ゼロの焦点』(2009) [【徒然なるままに・・・】]
松本清張生誕100年記念作品として、『ゼロの焦点』を再映画化。 出演は広末涼子、中谷美紀、木村多江の「アカデミー賞に輝く3人の女優(ミューズ)」に、西島秀俊、鹿賀丈史、杉本哲太、崎本大海、野間口徹、黒田福美、本田博太郎ら。 監督は犬童一心。 旧作とはどちらが原作に近いのだろうか? 結末を含めて細部はかなり違っていて、犠牲者も増えているので観ていて若干の違和感が。 しかしながら金沢の景色は美しく、ヒロイン3人も好演。 奇を衒わない演出はやや親切すぎ、伏線というか手掛かりも判り易く見せて... [続きを読む]

受信: 2010/06/06 20:22

» ゼロの焦点 [のほほん便り]
今が旬の女優達で見る、松本清張ワールド。果敢に昭和に挑戦した社会派サスペンス、犬童一心監督の世界… お見合い結婚して、新婚まもない夫が失踪。彼を追って北陸を旅するうち、見えてきたモノは… 平成美人達が織りなす、終戦まもない過酷な時代と、女達の哀しみ… 個人的に印象に残ったのは、やはり、中谷美紀でしょうか? 木村多江の役柄は、やはり薄幸路線で、思わず「やっぱりぃぃ!」だったのでした。でも、似合ってますよね 消えた夫の謎をたどる、語り部でもある広末涼子と、中軸に位置する中谷美紀が、(芯... [続きを読む]

受信: 2011/03/07 14:24

« DVD「24 -TWENTY FOUR- Ⅶ」(Vol.10-11)みた。 | トップページ | 「プール」みた。 »