« 「2012」みた。 | トップページ | アニメギガ(28)~アニメ監督:神山健治 »

2009/11/21

「イングロリアス・バスターズ」みた。

Inglorious_bastards いやはや相変わらず趣味に走ったマニアックな作品だことcoldsweats01
5章立てになっていて、時折”天の声”が入るのが実にアニメちっく。(『ヤッターマン』でいうところの「説明しよう!」ってやつ)。
60分(3章まで)観て【“面白さタランかったら全額返金しバスターズ!!” キャンペーン!】なんてやっちゃう位の自信作。まぁ、3章までみたら最後まで見なくちゃ気持ち悪いし、少なくとも私の観た回では退場者は1人もなし。でも、タランティーノ作品初心者だったら残虐な描写に気持ち悪くなってしまい「もういいや」ってなる可能性は否定できないかも?

ということで、皮剥ぎはキツ~~~。バットでドビュっもウエぇ~~~。練習の賜物:鉤十字はカンベンして~~~、である。容赦のないヴァイオレンスシーンは毎度のことだけど、こればっかりは何度見ても慣れるものではない。目は痛いわ、首元はムズムズするわ、額はうずくわ、思い出しただけでまた目がシバシバしてしまう。
物語には”ユダヤ人の生き残り”と”バスターズ”といった2つの核があり、まったく無関係なそれらは最後まで無関係なまま終わるのだけど、最終的には見事に融合してひとつのことを成し遂げてしまうところがスゴイ。どう凄いのかは4.5章の話なので(CPの主旨を汲んで)ネタバレは控えるが、圧巻ともいえる映像は”タランティーノの美学”であり、「これを見なくっちゃ」と思うところ。
それにしてもナチの上級将校はどいつもこいつも粘着質でイヤらしい。回りくどい会話をしながらネチネチと少しずつ外堀を埋めていって核心に迫るのが大得意。特に”シンデレラ”にはゾゾっshock 

決して好みじゃないのだけど、なんだか癖になるのがタランティーノ作品。大抵が笑って終われるのも良いところ。ブラット・ピットと一緒に『SMAP×SMAP』(ビストロ)に出演され、大爆笑させてくれた愛すべきタラちゃん。出世作『パルプ・フィクション』をマジで見なおそうかなぁ~。

総評:★★★★☆   好き度:★★★☆☆++   オススメ度:★★★☆☆+

フィルムの解説は『ニュー・シネマパラダイス』を思い出すところ。でもスクリーンの裏にはビックリ♪

|

« 「2012」みた。 | トップページ | アニメギガ(28)~アニメ監督:神山健治 »

コメント

こんにちは。

私が観た回も退場者はありませんでした。
結構みんな見入ってましたね♪

チャプターが、続きが非常に気になる切り方で、
早く見たくなる・・・そんな感じでしたね。

投稿: BROOK | 2009/11/21 15:37

あたしが観た回も途中で退場している人はいないみたいでしたけど、
実際にどれぐらいの人が返金を受けたのかは最終的に
集計して欲しいですね~( ´艸`)

>それにしてもナチの上級将校はどいつもこいつも粘着質でイヤらしい

映画を見ながら笑ってるヒトラーなんて薄気味悪いほどでしたよね~(;・∀・)

投稿: miyu | 2009/11/21 16:29

たいむさん、こんばんは!

僕が観た回は一人だけ退場者がいましたー。
お金返してもらっても、結末がわからないと落ち着かないと思うんですけど。
ブラピの登場場面は思いのほか少なかったですねえ。
どちらかというとランダ大佐のほうが目立っていました。
ほんとに粘着質でイヤーな性格でした。
正体わかっているぞと相手にわからせながら、ネチネチと・・・。
お側にはいたくないタイプです・・・。

投稿: はらやん | 2009/11/21 18:14

普通はショシャナとレイン中尉がどこかで接点を持つはずなんですけど、その接点を持たせていないのに、どこか接点があるように観客に思わせるのがQTは巧いですよね。

投稿: にゃむばなな | 2009/11/21 18:35

たいむさん
TBコメどうも♪


タラならではのナチス破滅大作戦。
戦争映画と聞いて不安だったのもぶっとんじゃいましたよ(笑)

1時間以内に出たら返金してほしい酷い作品を今日観て来ましたよbomb

投稿: mig | 2009/11/21 19:41

■BROOKさん、こんにちはsun
1・2章は綺麗に区切ってあったけど、さすがに3章は引き留めないとですもんねw
あそこで帰るなんでトンデモナイですね(^^)
すっかり思惑にハマったってとこでしょうかw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/21 20:19

■miyuさん、こんにちはsun
ほとんど居ないとは思うけど、どれだけ居たかの集計はみたいかも。
あそこで帰る人ってなんなのかなぁ。タラちゃんの映画はエログロを見てナンボですよね。(今回エロは控えめも控えめだったけど)

ちょびヒゲを付けて滑稽なふるまいをすると誰でもヒトラーに見えるから面白いですよね(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/21 20:52

■はらやんさん、こんにちはsun
うわ~居ましたか!>退場者
あんなとこでやめるなんて後ろ髪惹かれないのかしらね?
具合が悪くなった、と思いたいところです。

ランダ大佐も地下の居酒屋の少佐も、ネチネチネチネチネチ・・・・。
早く帰れ~って思っちゃいますね(笑)
上司には絶対に持ちたくないタイプですねー

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/21 20:59

■にゃむばななさん、こんにちはsun
ショシャナとレイン中尉。レイン中尉は前日夜までシアターが変更になったことを知らなかったし、接触する余裕無かったですもんね。
共闘も面白そうだけど、これはこれで良かったです。
窮鼠猫を噛む。
ナチなのに、敵が多い事をもっと自覚しないとですよね(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/21 21:02

■migさん、こんにちはsun
>戦争映画
スマスマでそんな話題も出てましたねー。
ブラッドも、最初は「俺?」みたいな反応だったとかいうし(笑)

面白たらんかったら・・・なんて杞憂も杞憂でしたねw

>1時間以内に出たら返金してほしい酷い作品
うわ~。どんな駄作でしょう(^^;;;;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/21 21:21

こちらにもお邪魔します。

相変わらずのタランティーノ節炸裂で、安心して観られる作品でしたね。戦争要素よりもタラ節の方が明らかに強烈だったので、真っ当な戦争映画を期待した人が返金に殺到するんじゃないかと危惧してたんですが、その心配は無用だったようで一安心です。

監督のセンスもさることながら、今回は実質的主役のメラニー・ロランに目が釘付けになってしまいました。これからブレイクして欲しいですね。

投稿: えめきん | 2009/11/21 22:39

偽イタリア人がかなりツボです。
もうね、ひとり大声で笑いたかったけど必死で我慢してヒーヒー言いながら涙流してました。
あの時のブラピといったら!春日みたいに立っちゃって、「お前絶対バカだろ。」って感じ。「バーン・アフター・リーディング」を思い出しました。
「俺の最高傑作だぜ。」にはやられましたよ。

投稿: KLY | 2009/11/21 23:35

こんばんは♪
ほんとタランティーノ作品は変にクセになりますよね。
思いっきり楽しめたほうじゃなかったんですが最後までちゃんと観られた(笑)
途中やや睡魔が、、、
だらだらしたトコがなかなかなじめなくて。
だけど最後は気持ちよく終わったのでまぁいいかと^^;

投稿: yukarin | 2009/11/21 23:43

■えきめんさん、こんにちはsun
タランティーノ監督を知らずに、戦争映画だと思って観ると、嫌悪すら覚えそうですよね(^^;
けれど、随分と日本にも浸透してきたタラちゃんで、帰る人がいなかったことからも上出来上出来♪

>メラニー・ロラン
あの笑い声が・・・(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/22 09:35

■KLYさん、こんにちはsun
>「バーン・アフター・リーディング」
私もあのときのオバカなブラピを彷彿してしまいましたよ、偽イタリア人には(^^)
彼女が連れていかれたのに、警戒心無さ過ぎだしぃ~

>「俺の最高傑作だぜ。」
上達してきましたね、必要なものは練習だ、の伏線が効いてましたね!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/22 09:38

■yukarinさん、こんにちはsun
1章あたりは何がしたいんだかちっとも解らなくって、あのネチネチだらだらにウンザリ気味だったのは私も同じ。それがタラ監督の作風って知らないとつまんね~って成りますね。

小馬鹿にした演技にはムカつきながら、分かっているけど瞬間的な豹変とか、一触即発のタイミングとか、一気に気分をひっくり返してくれるようで、癖になる快感?爽快感?なんですね(^^;;;

心底好きってわけでもないのだけど、怖いもの見たさに近い感覚で見てしまいます(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/22 09:45

タランティーノならでは、のイタイ、おかしい、考える映画でした。もしかすると、ドイツ語やフランス語、イタリア語…いろいろ解るともっと楽しいものに? (じゃあ、英語は解るのか、と言われると…怪しいが)

続けて観た「2012」より、手に汗握る…というか、怖かったかもしれない、と思い出しています。

投稿: あかん隊 | 2009/11/22 20:49

こんばんは!
戦争ものでも、タランティーノらしさがあっておもしろかったですね。

>ナチの上級将校はどいつもこいつも粘着質でイヤらしい。回りくどい会話をしながらネチネチと少しずつ外堀を埋めていって核心に迫るのが大得意。

ほんとそうでしたねー。酒場の会話はドキドキしちゃいました。
子供がうまれたばかりの人、助かってほしかったなー。
ほんと癖になるタラちゃん映画ですね〜

投稿: アイマック | 2009/11/22 21:47

こんにちは♪

高校のときよくカッターなんぞでF○CKとかドクロを
彫って遊んでたんで、鉤十字彫りのシーンに懐かし
さを覚えてしまいました。
まぁ、傷も浅いこともあって今は残ってませんけどね。

退屈こそしなかったですが、正直なところ全額返金と
までは言わないまでも、その半分は返して欲しいと言
った結果になってしまいました。
決してキライじゃないんですけどねぇ~。
タランティーノ監督は時として頗る相性が悪いときが
あって、今回はそれに当たってしまったってぇところ
です…r(^^;)

投稿: 風情♪ | 2009/11/22 22:55

■あかん隊さん、こんにちはsun
訛り・・とか言われちゃうとカタコトではもはやどうしようもなさそうだけど、聞き分けられるだけの耳があったら爆笑だったかもしれませんね。

手に汗握る、という意味では、私もコッチかな~(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/22 23:35

■アイマックさん、こんにちはsun
>酒場の会話
少佐とのやりとりもそうだし、浮かれている割にはアクセントだのイントネーションに気が付く軍曹パパ。
地下地下と警戒していたけど、ここは私も「いつ?いつ?」とドキドキでした。

いつも同じような感じなのに、タラ作品はなんだか観ちゃいますね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/22 23:46

■風情♪さん、こんにちはsun
あら、ダメでしたか(^^;
というか、基本的に相性が悪いみたいですね。
それでも次回作が出ると観ようと思ってしまうのですよね(^^;

若気の至りが傷跡になっていなくて良かったですね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/22 23:56

たいむさん、こんばんは☆彡
タランティーノ作品初心者でしたが(^^;、エグイところは
勘弁(T^T)でしたが、楽しめました。面白かったです!

>決して好みじゃないのだけど、なんだか癖になるのが
タランティーノ作品

そのお気持ちなんかわかります(笑)私も私好みとは言えない作風なのに、
最後まで観てしまいましたもん。
そのうちパルプフィクション見なければ~~(笑)

スマスマ毎週見てるのに、その日は、「2012」の
試写会で観ていないんですよ~(T^T)タラちゃんよりブラピ観たかった(笑)

投稿: ひろちゃん | 2009/11/23 01:13

■ひろちゃん、こんにちはsun
初タラ作品でしたか!
この作品が初になったのは正解かも。タラ作品のマニアックさは、好き嫌いをパッキリ分ける感じですしね。勢いで次々観ると・・・というのはあるかもしれないので、ご注意を(^^;
でも、私も勧められたクチですが、「パルプ・フィクション」は「おっ」って成るんじゃないかな?
途中退屈なところもありますが、観るなら一気に最後の最後まで見てくださいませ(^^)

>タラちゃんよりブラピ観たかった(笑)
いやいや、この番組はやっぱりタラちゃんですよ(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/23 13:54

お邪魔します♪
ちょっとマニアックな映画でしたよね~
面白いところもあったけど、好き嫌いが分かれそうだなぁ~と思いました。
タランティーノ好きにはたまらない映画なのでしょうけど(笑)

投稿: 由香 | 2009/11/23 18:20

■由香さん、こんにちはsun
マニアックなだけに、マニアにはたまらない。
分かりやすい公式ですよねw
マニアでなくても、付いていけるかいけないか、なのかな?
私は今度は何をするんだろう?って半分怖いもの見たさで見ちゃうタラ作品な感じです(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/23 22:48

たいむさん、こんばんは。

私はタラ作品初体験でしたが、グロイ場面は大したことなかったですよ~全然平気でした(笑)
それよりランダ大佐に魅了されて楽しめました♪
上品そうで物腰も穏やかなんだけど、人を小ばかにしたような所作(?)が最高でした。
物語りも上手く出来ていたと思います。
ラストの展開でさえ、映画なんだもん、これで良いんだわ~と思えました。

投稿: オリーブリー | 2009/11/24 01:22

■オリーブリーさん、こんにちはsun
オリーブリーさんも初なのですね。
グロはたいしたことなかったですか?ひょっとしてホラー系もお好き??

>ランダ大佐に魅了
うわ~。あのネチネチ男に魅了されました?
もちろん演技ってことですよね?
実際あんなヤツとはお近づきには成りたくないっしょ?(笑)

うん、あのラストは映画だしアリですよね(^^)
私もソコんとこは気に入ってます(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/24 21:50

こんにちはー♪

もっとコメディなのかと思っていたらグロくて残虐でびっくり^^;
面白くて笑えるシーンもあったけど、私的には普通だったかなぁ・・・
ランダ大佐の印象が強くて、ブラピの影が薄かったかな^^;
わたしもお近づきにはなりたくありません(>_<)

投稿: みすず | 2009/12/02 08:43

■みすずさん、こんにちはsun
タラ作品は、確かに笑えるのだけど、基本エログロ下品な笑いですから、コメディとはちょっと違いますね。

ブラピは半分パンダみたいな感じ。
でもなんて豪華な脇役なんだろうってそれだけで、まいっか、と思いました。

ランダ大佐が全てでしたねw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/02 18:58

やっと観てきました!!
ブラッドは楽しそうだった。それでパンダでもOKです。
のりのりの、声(ちょっと太めの舌をまわしたような)も聞けたし、まあ、満足でした。

カワハギの最初のシーンで隣に座ってた人が
「げっ」ってな声を出してました。

投稿: mariyon | 2009/12/02 20:58

■mariyonさん、こんにちはsun
>ブラッドは楽しそうだった
うん。スマスマでもそうだったけれど、タラちゃんの暴走を温かい目で見てましたよねw
組むときっと楽しいんじゃないかな?って思いましたよ。

>カワハギ
なんで頭かな~って(^^;
銃創に指グリグリは痛そうだったなぁ=

やっぱそういうのは苦手だけど、タラ映画は唐突に勃発し、でも瞬間的なものが多いから耐えられるような気がします。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/03 19:39

さすがのタラちゃん・・・
残酷シーンはたっぷりだけど、どこか映画愛を感じる作品でした。

投稿: ひらりん | 2009/12/03 23:31

■ひらりんさん、こんにちはsun
タラちゃんの映画って、ホントどこかしらに「愛」を感じるんですよね(^^)

あんなにエグイのに何でかな?

投稿: たいむ(管理人) | 2009/12/04 20:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/46818719

この記事へのトラックバック一覧です: 「イングロリアス・バスターズ」みた。:

» イングロリアス・バスターズ [そーれりぽーと]
面白くなかったら全額返金! 『イングロリアス・バスターズ』を観てきました。 ★★★★ タラちゃんの映画が評価高いのは、マニアックなタラちゃんの映画が好きな人だけが映画館に足を運ぶから高いのであって、「面白くなかったら全額返金!」なんて言って一般のお客さん呼び込んでも大丈夫なの?と思いながらの鑑賞。 俺は映画好きなので、感想は“面白かった”です。 でも、映画好きじゃない人が「面白い」って言葉からエンターテイメント性に期待して観たら眠くなる場面が何度も有りそう。 実際「金返せ」って言う人居てもおかし... [続きを読む]

受信: 2009/11/21 14:52

» イングロリアス・バスターズ [Akira's VOICE]
プロパガンダ?   [続きを読む]

受信: 2009/11/21 15:22

» 劇場鑑賞「イングロリアス・バスターズ」 [日々“是”精進!]
(CD)オリジナル・サウンドトラック イングロリアス・バスターズ/(オリジナル・サウンドトラ...「イングロリアス・バスターズ」を鑑賞してきました「パルプ・フィクション」「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督が復讐劇をテーマに描く痛快アクション・エ...... [続きを読む]

受信: 2009/11/21 15:27

» 「イングロリアス・バスターズ」 料金返却してとは言いませんが・・・ [はらやんの映画徒然草]
本作を観てつまらないと感じ、上映開始後1時間以内に退席した観客には鑑賞料金を返却 [続きを読む]

受信: 2009/11/21 16:14

» イングロリアス・バスターズ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『名誉なき野郎ども<イングロリアス・バスターズ>が映画界の常識をブチ壊す!』  コチラの「イングロリアス・バスターズ」は、当代きっての個性派監督の鬼才クエンティン・タランティーノが、当代きっての人気俳優のブラッド・ピットを主演に迎え、監督のキャリアの....... [続きを読む]

受信: 2009/11/21 16:28

» イングロリアス・バスターズ [めでぃあみっくす]
まさに『パルプ・フィクション』の再来。そしてクエンティン・タランティーノ短編集5本立てといった感じの映画でした。 暴力描写よりもシンプルな会話劇にその真の面白さを持つQT作品らしさに加え、今作ではナチのランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツの魅力が満開。....... [続きを読む]

受信: 2009/11/21 18:36

» イングロリアス・バスターズ [小部屋日記]
Inglorious Bastards(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本:クエンティン・タランティーノ 出演:ブラッド・ピット/メラニー・ロラン/クリストフ・ワルツ/イーライ・ロス/マイケル・ファスベンダー/ダイアン・クルーガー/ダニエル・ブリュール/ティル・シュバイガー すべてはプレミアの夜、明らかになる。 「パルプ・フィクション」「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督の最新作。映画オタクが好きそう。笑 2時間半、おもしろかった。戦争映画もこういうアプローチの仕方があ... [続きを読む]

受信: 2009/11/21 20:00

» イングロリアス・バスターズ [LOVE Cinemas 調布]
「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督最新作。主演はブラッド・ピット。共演に「ナショナル・トレジャー」シリーズのダイアン・クルガー、『PARIS(パリ)』のメラニー・ロラン、そしてこの作品でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞したクリストフ・ヴァルツ。ナチス占領下のフランスを舞台に繰り広げられる壮大な復讐劇の火蓋が今切って落とされる――。 ... [続きを読む]

受信: 2009/11/21 21:35

» イングロリアス・バスターズ [5125年映画の旅]
第二次大戦下のフランス。ナチスに恐れられる無法者の秘密部隊バスターズは、ナチス主催の映画祭にヒトラーが参加するという情報を入手し、映画祭襲撃を画策する。しかし、映画祭が催される映画館のオーナーにして、かつてナチスに家族を惨殺されたショシャナも、独自にヒト....... [続きを読む]

受信: 2009/11/21 22:35

» イングロリアス・バスターズ [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:INGLOURIOUS BASTERDS公開:2009/11/20製作国:アメリカ R15+上映時間:152分鑑賞日:2009/11/21監督:クエンティン・タランティーノ出演:ブラッド・ピット、マイク・マイヤーズ、ダイアン・クルーガー、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン悪名こそ、彼らの名誉....... [続きを読む]

受信: 2009/11/21 23:27

» イングロリアス・バスターズ [象のロケット]
1944年、ナチス占領下のフランス。 身分を隠し映画館主となったユダヤ人女性・ショシャナは、ナチスへの復讐を計画する。 一方、アルド・レイン中尉率いる“バスターズ”ことユダヤ系アメリカ兵特殊部隊は、残虐な手口でナチスを殺害していた。 ナチスの“ユダヤ・ハンター”ことランダ大佐の目が光る中、両者の作戦が、ナチス高官が集うプロパガンダ映画の上映会場で交錯する…。 戦争群像ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009/11/22 08:34

» イングロリアス・バスタ―ズ☆★2009 [銅版画制作の日々]
 INGLOURIOUS BASTERDS フリ―パスポートでの鑑賞第二弾はブラビ&タランティ―ノがタッグを組んだこの作品「イングロリアス・バスターズ」です。今回は初日に観て参りました! タランティ―ノワールドは今回も素晴らしい仕上がりです。期待を裏切ることなく、独特な世界観を見せてくれました。その作品のモチーフは何とNatisu戦争。但し歴史上の戦争についてではありません。あくまでも歴史に忠実ではなく、タランティ―ノ流のブラックファンタジーという感じでしょうか。 キャストもバラエティーです。... [続きを読む]

受信: 2009/11/22 10:55

» イングロリアス・バスターズ [充実した毎日を送るための独り言]
イングロリアス・バスターズ (11月20日より上映中 クエンティン・タランティーノ監督 ブラッド・ピット主演)  面白くなければ映画館入場料金を返金するという、某ハンバーガーショップの様な商法で注目を浴びているタランティーノ監督の最新作。  第2次世界大戦時にナチス・ドイツに占領されていたフランスをを舞台にした、騙し合いと殺し合いの繰り返しの末、最後にはほとんどの登場人物がいなくなってしまう…というのが簡単なあらすじ。  ブラッド・ピット演じるアルド中尉のとても主演とは思えないふてぶてしい態度が... [続きを読む]

受信: 2009/11/22 12:24

» [映画『イングロリアス・バスターズ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆私は転職したのだが、今度の会社は、「イングロリアス」な職場で、ボカスカと稼げるのだが、とにかく忙しい。  休みも、確定は日曜だけで、映画も、その一日で観まくるしかない。  でも、貴重な休日も、社長や専務セッティングの合コンである^^;  ・・・しかし、私ってのは、一年ごとにどこかの企業に正社員として入社し、すぐ辞める男であるなぁ^^;  でも、今の、この、「ルフィ海賊団」のような職場は、もういい年だし、続けねばならない。  で、皆に、私が言いたいのは、映画のレビューも短くなるぞ、ってこと... [続きを読む]

受信: 2009/11/22 16:59

» イングロリアス・バスターズ [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 アメリカ  アクション&戦争  監督:クエンティン・タランティーノ  出演:ブラッド・ピット      マイク・マイヤーズ      ダイアン・クルーガー      クリストフ・ヴァルツ 【物語】  1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺さ....... [続きを読む]

受信: 2009/11/22 22:46

» 「イングロリアス・バスターズ(INGLOURIOUS BASTERDS)」映画感想 [Wilderlandwandar]
クエンティン・タランティーノがブラッド・ピット主演のナチ物おバカ映画を作ったと言うことなので早速見てきました。 第2次世 [続きを読む]

受信: 2009/11/23 00:45

» ★イングロリアス・バスターズ(2009)★ [CinemaCollection]
INGLOURIOUSBASTERDS悪名こそ、彼らの名誉(グロリアス)。上映時間152分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2009/11/20ジャンルアクション/戦争映倫R15+【解説】「パルプ・フィクション」「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ監督が復讐劇をテ...... [続きを読む]

受信: 2009/11/23 01:16

» イングロリアス・バスターズ [心のままに映画の風景]
1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町。 “ユダヤ・ハンター”の異名をとるハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)に家族を虐殺され... [続きを読む]

受信: 2009/11/23 14:46

» イングロリアス・バスターズ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
タランティーノ監督とブラピの映画、楽しみにしていたので公開日に観に行きました〜が・・・・・感想が遅くなりました・・・・・だって、だって、、、【story】ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)はランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)の追跡を逃れる。一方、“イングロリアス・バスターズ”と呼ばれるレイン中尉(ブラッド・ピット)率いる連合軍の極秘部隊は、次々とナチス兵を血祭りにあげていた。やがて彼らはパリでの作戦を実行に移す―  監督:クエンティン・タランテ... [続きを読む]

受信: 2009/11/23 18:19

» *イングロリアス・バスターズ* [Cartouche]
{{{   ***STORY***           2009年  アメリカ 1944年6月、ドイツ占領下のフランス。映画館主のミミューはドイツ軍の英雄フレデリックに言い寄られ、挙げ句にナチスのプロパガンダ映画をプレミア上映させられることになった。その事実をつかんだイギリス軍はナチス諸共映画館を爆破すべくアルド中尉率いる“イングロリアス・バスターズ”を動員し、スパイのブリジッドと接触を図らせる。一方ナチスでは“ユダヤ・ハンター”の異名をとるランダ大佐が動き出し…。}}} ヴァイオレンス..... [続きを読む]

受信: 2009/11/23 22:40

» イングロリアス・バスターズ [だらだら無気力ブログ]
1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、ユダヤ人女性のショシャナは 家族とともに匿われていたが、家族はナチスドイツのランダ大佐によって 発見され射殺されてしまう。ただ一人ショシャナは銃撃を免れて逃げだす ことに成功する。 1944年、アルド・レイン中尉を隊長..... [続きを読む]

受信: 2009/11/24 01:41

» 【イングロリアス・バスターズ】★ブラッド・ピット [猫とHidamariで]
すべてはプレミアの夜、明らかになる。イングロリアス・バスターズ HPその昔、ナチス占領下のフランスでひとりの少女が復讐を誓った。時を同じくして特殊部隊に【極秘命令】が下された。イングロリアス・バスターズ シネマトゥデイ英題:INGLOURIOUSBASTERDS製作年...... [続きを読む]

受信: 2009/11/24 18:16

» 映画「イングロリアス・バスターズ」@東京国際フォーラム ホールA [masalaの辛口映画館]
 当日はジャパン・プレミア試写会と言う事で映画上映前に、クエンティン・タランティーノ監督、出演者のブラッド・ピット、メラニー・ロラン、ジュリー・ドリュフェスの舞台挨拶があって映画が上映された。タランティーノはサニー千葉(千葉真一)から貰ったと言う侍風の...... [続きを読む]

受信: 2009/11/25 13:32

» イングロリアス・バスターズ [Diarydiary! ]
《イングロリアス・バスターズ》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - INGL [続きを読む]

受信: 2009/11/27 21:54

» イングロリアス・バスターズ [メルブロ]
イングロリアス・バスターズ 291本目 2009-51 上映時間 2時間32分 監督 クエンティン・タランティーノ 出演 ブラッド・ピット ダイアン・クルーガー クリストフ・ヴァルツ メラニー・ロラン イーライ・ロス マイク・マイヤーズ 会場 TOHOシネマズ 府中 評価 6...... [続きを読む]

受信: 2009/11/28 18:15

» 映画:イングロリアス・バスターズ タランティーノ × 戦争映画 = こんなのかつて見たことない! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
一筋縄ではいかない映画ばかり創り続けている、クエンティン・タランティーノ Quentin Tarantino。 前作、デス・プルーフ in グラインドハウス Grindhouse では、場末の映画館の雰囲気を出すためにあえて「2本立て」+「実在しない映画の予告編4本」という通常考えつかない手法を使い、度肝を抜かれた。 残念ながら日本では、2本立てがバラバラにされ、別々に公開されるという信じがたい一方、実に日本的な事態ではあった。 (一応弁護すると、公開直後だけは「デス・プルーフ」 と「 グラインド... [続きを読む]

受信: 2009/11/29 12:17

» 「イングロリアス・バスターズ」 [NAOのピアノレッスン日記]
〜悪名こそ、彼らの名誉(グロリアス)〜 2009年 アメリカ (東宝東和)    09.11.20公開   R15+指定作品監督・脚本:クエンティン・タランティーノ  美術:デビッド・ワスコ上映時間:152分出演:ブラッド・ピット・・・・・・・・アルド・レイン中尉    メラニー・ロラン・・・・・・・ショシャナ     クリストフ・ヴァルツ・・・・ハンス・ランダ大佐    イーライ・ロス ・・・・・・・ドニー・ドノウィッツ    ダイアン・クルーガー・・・ブリジット・フォン・ハマーシュマルク <... [続きを読む]

受信: 2009/11/29 14:02

» イングロリアス・バスターズ [Memoirs_of_dai]
ブラピよりもランダ大佐 【Story】 1941年、ナチス占領下のフランスの田舎町で、家族を虐殺されたユダヤ人のショシャナ(メラニー・ロラン)... [続きを読む]

受信: 2009/11/29 19:15

» 「イングロリアス・バスターズ」 [ひきばっちの映画でどうだ!!]
                      「イングロリアス・バスターズ」 監督・脚本 クエンティン・タランティーノ 多少の中だるみはあったものの、ラストでそのうっぷんを思う存分晴らしてくれました!! ネタバレあります・・! あらすじ・・・。 1941年、数え切れないほどのユダヤ人を捕らえて虐殺してきた“ユダヤ・ハンター”の異名を取るハンス・ランダ大佐(クリストフ・ヴァルツ)は、 ある民家の床下に隠れていたユダヤ人一家を銃撃して殺した・・! が、一人だけ銃撃を逃れた娘、ショシャナ(メラニー... [続きを読む]

受信: 2009/11/29 19:53

» イングロリアス・バスターズ お金返していらんてぃーの ってか払ってないてーの… [労組書記長社労士のブログ]
【 69 -13- 1ヶ月フリーパスポート=17 】 上映前から話題性たっぷりで、そのうえ上映開始後1時間以内に退席した観客には鑑賞料金を返却するという“面白さタランかったら、全額返金しバスターズ!”なんてワケわからんキャンペーンを張るからますます話題沸騰だった。(タランティーノは「つまらないと思った人は出て行ってください。残った皆で楽しくやろうじゃないか」と語っていたらしい。) そこまでしなくても十分観客動員は出来るだろうって思っていたけど、しかし梅田・難波・西宮の上映スケジュールを見てびっくり。... [続きを読む]

受信: 2009/11/30 00:46

» イングロリアス・バスターズ [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
イングロリアス・バスターズ’09:米 ◆原題:INGLOURIOUS BASTERDS◆監督: クエンティン・タランティーノ◆出演: ブラッド・ピット 、 メラニー・ロラン 、 クリストフ・ヴァルツ 、 ダニエル・ブリュール 、 イーライ・ロス 、 ダイアン・クルーガー 、 ジュリー・ドレフ...... [続きを読む]

受信: 2009/11/30 16:06

» 史実ぶっ壊しまくりだけど好きっ♪~「イングロリアス・バスターズ」~ [ペパーミントの魔術師]
これだけ史実を無視するなら 彼女にも明るい未来、あってもよかったんじゃないのかな~。 全額返金しバスターズの最終日。 朝9:40TOHOシネマズ梅田。 742席もあるスクリーンで おいおい・・・5,60人いたか? 返金云々の前に見に来てない???(わわわわわ) まあ、..... [続きを読む]

受信: 2009/12/01 01:27

» 意外とまとまってました「イングロリア・バスターズ」 [茅kaya日記]
ブラッドファン返上しなきゃってほど遅ればせながらの鑑賞でございます。ブラッド映画なのに、初日に観なかったのって・・・(-_-;) ひとえに仕事が立て込んでいたのと、風邪のせいです。ブラッドの魅力は健在ですもの。 タラちゃんにしては、すごくまとまっていました。 ネタばれは絶対しないぞっ!... [続きを読む]

受信: 2009/12/02 20:55

» ★「イングロリアス・バスターズ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、貯まってる鑑賞ポイントを使ってタダ観で2本。 その2本目。 タランティーノ監督作史上最高のヒット作となってるらしい本作・・・ ブラピが主演のヒトラー退治ものだけど・・・ 映画製作系のストーリーなところが、タラちゃんらしいのか???... [続きを読む]

受信: 2009/12/03 04:10

» イングロリアス・バスターズ [風に吹かれて]
死ぬのはどいつだ?予測できない展開がGOOD[E:good]公式サイト http://i-baste [続きを読む]

受信: 2009/12/03 08:35

» イングロリアス・バスターズ [Movies 1-800]
Inglourious Basterds (2009年) 監督:クエンティン・タランティーノ 出演:ブラッド・ピット、クリストフ・ヴァルツ、メラニー・ロラン、ダイアン・クルーガー 第二次世界大戦中、ナチス占領下のフランスを舞台に、史実と虚構をごちゃ混ぜにした戦争映画。 家族をSSに殺されたユダヤ人女性の復讐と米軍のナチ討伐隊の暗殺計画が奇しくも、時と場所を同じくするという話で、普通なら100分位でまとまりそうな内容だが、Q・タランティーノならではの、面白いけど意味の無い会話劇のおかげで、152分の... [続きを読む]

受信: 2009/12/06 22:28

» 「イングロリアス・バスターズ」フィクションだよ! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[イングロリアス・バスターズ] ブログ村キーワード  クエンティン・タランティーノ久々の監督作品。「イングロリアス・バスターズ」(東宝東和)。今回は、ブラッド・ピットと初タッグ!ワルそうなブラピが、ナチス相手に大暴れしております。  ナチス占領下のフランス。そこには、ナチスから恐れられた連合国軍の特殊部隊が存在した。ドイツ兵を待ち伏せ、殺害し、頭の皮を剥ぐ。アルド中尉(ブラッド・ピット)率いるこの部隊は、“バスターズ”と呼ばれ、フランス駐留のドイツ軍兵士、ナチス中枢部、更には総統・ヒトラ... [続きを読む]

受信: 2009/12/06 23:17

» イングロリアス・バスターズ [映画的・絵画的・音楽的]
 「イングロリアス・バスターズ」を銀座のTOHO日劇で見ました。  この映画は、前作の「デス・プルーフ」が大変面白かったQ.タランテーノ監督の最新作であり、また「ベンジャミン・バトン」で好演したブラッド・ピットが主演しており、さらには雑誌で特集されたり(雑誌『ユリイカ』12月号「特集*タランティーノ 『イングロリアス・バスターズ』 の衝撃」)、洋泉社のムック本『「イングロリアス・バスターズ」映画大作戦!』が刊行されたり、と話題性タップリなところから、ぜひ見たいと思っていました。  実際に見てみる... [続きを読む]

受信: 2009/12/20 07:27

» 映画『イングロリアス・バスターズ』を観て [KINTYRE’SDIARY]
9-64.イングロリアス・バスターズ■原題:InglouriousBasterds■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:152分■鑑賞日:12月19日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■予告編□監督・脚本・製作:クエンティン・タランティーノ□製作:ローレンス・ベンダー□製作総...... [続きを読む]

受信: 2010/02/11 11:13

« 「2012」みた。 | トップページ | アニメギガ(28)~アニメ監督:神山健治 »