« DVD-BOXリリース決定★『機動戦士ガンダムSEED』 | トップページ | 年越しはのだめアニメで♪ »

2009/11/17

「Disney’s クリスマス・キャロル」みた。

Disneys_a_christmas_carol ディズニーアニメは敬遠しがちだけど、偏屈ジイさんが主人公というので鑑賞。また、3D上映も気になったが【吹替版】しか上映がなかったため”2D字幕版”にした。
いつもどおりそれ以上の前知識は入れていなかったこともあり、EDクレジットを見て吹き出してしまった。自宅で帰ってから確認したら、なんとジム・キャリーってば7役もやっていたんだね。さすがに全部は気が付かないぞ~coldsweats01

世の中銭や!というスクルージ爺さんは街の嫌われ者。強欲というよりはとにかくケチなんだなコレが。外は雪で部屋の中なのに吐く息が白くても石炭を節約しちゃうくらいなケチケチ度。クリスマスであろうが「慈善の寄付なんてとんでもない!」と取りつくしまもなく、唯一の肉親である甥っ子からのパーティの誘いですら断って、イブの夜を独り寂しく過ごしても平気だという偏屈爺さんだ。そんなスクルージの屋敷に7年前に死んだハズの(同じくケチな)共同経営者亡霊が訪れ、「これから三夜続けてお前のもとに3人の精霊(チラシは”亡霊”となっているけど字幕は”精霊(=spirit)”だったので”精霊”とする)が現れるだろう」と呪いの言葉を吐いて去っていく。そして本当にスクルージの前に現れた3人の精霊だった。

精霊たちはそれぞれスクルージの過去・現在・未来を見せる精霊であり、スクルージはそれらを見せられることで過去を懐かしみ、現在の無慈悲な行いを反省し、不幸で悲惨な未来を変えるために心を入れ替えることを誓って自分も家族も仕事仲間もみんなハッピーになるという定番な教訓物語。映像はリアリティがあっても気持ち悪くない程よい3Dアニメーションが見事で、スピード感や迫力に満ちた見応えのある作品になっていた。
キャラクターも、スクルージ爺さんが意外に怖がりで可愛いところがあるのが面白かった。そして鎖と重石で雁字搦めになって出てきた一見オドロオドロシイ亡霊がなかなかお茶目なのも愉快。(威圧しながら言いたいことだけ言って去ってくところが如何にもディズニーっぽい)。亡霊になったコッチの爺さんもスクルージを救ったことで鎖が短くなるとか重石が無くなるとか恩恵があると良いんだけどー。
精霊たちのそれぞれの特徴もとても良かった。”過去”の顔に納得だったし、”現在”の豪快な笑いは印象的だし(スクルージのマネに笑った)、”未来”の影が絶妙!
予想以上に楽しめた作品。でもどうせならクリスマス直前にみたい映画かな?

総評:★★★★☆    好き度:★★★☆☆++    オススメ度:★★★★☆

|

« DVD-BOXリリース決定★『機動戦士ガンダムSEED』 | トップページ | 年越しはのだめアニメで♪ »

コメント

こんばんは。

劇場のほとんどが3D吹き替え版なんですよね・・・。
なので、本当は3D字幕版が観たかったのですが、仕方なく。

たしかにクリスマス直前に観たい作品ですよね。
ちょっと公開が早過ぎたように思えました。

投稿: BROOK | 2009/11/17 19:31

■BROOKさん、こんにちはsun
やっぱり3Dはほとんどが吹替えなんですね。
3D映像に字幕を追加するの難しいのかもしれませんね。読むほうも大変だし。

そうそう、時期尚早と思いましたが、「カールじいさん」もありますしね。あちらは定評のあるピクサー作品ですし、ディズニーとしてもの本命はあちらなのかも(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/17 20:10

タイトルからして、
クリスマス直前に見たかったですね。
ちょっとまだ早すぎ~。
ジム・キャリーてクセがありすぎるキャラで
苦手だったんですが、
これはあまり彼を意識させなかったのでそのへんは良かったな~。
7役もやってたなんてわからなかったし(笑

投稿: えふ | 2009/11/17 20:37

いやはや驚異的な映像でした。
文句なく今までで一番出来のよい3Dだったです。
しかも、映像に頼るんではなく、構成上緻密に計算
して、技術を活かしきってました。ストーリー自体
はそれほど特筆すべきものではないのに、引き付け
られるのはだからかなって思います。
それにしてもパフォーマンス・キャプチャーも凄い
ですねぇ。あれは確かにジム・キャリーです。(笑)

投稿: KLY | 2009/11/17 20:49

私も、なんでクリスマスに上映しないんだろうって
思っちゃいました(^^;
ジムの7色の声は、たいむさんは、全部は気が
つきませんでしたか!
後でジムの7つの声を知って、字幕で観たかったかも~~と
思いましたが、3Dの映像はすごかったですし、吹き替えも
山ちゃんで、変な(笑)俳優使ってなかったから、
違和感なく観れたので、まあいいかな^^
ジムやゲイリーの声は、WOWOWでの放送で確認
します(笑)

私も、精霊と思ったのですが(パンフは精霊です)、亡霊
とも書いてあって、どっち?って思ったのですが
精霊でOKですよね(^_-)-☆

投稿: ひろちゃん | 2009/11/17 21:51

こんばんは♪
3D映像は観てみたいわ、ゲイリー・オールドマンとコリン・ファースの声が聴きたいわ、と
両方観て来てしまいました。
パフォーマンス・キャプチャーというのは凄いですねぇ。
コリン・ファースの細かい癖や動き方がきっちり再現されていたので、
ビックリしました。

わたしは自分の仕事が、今まさにクリスマスを扱っているもので、
まぁ、なんてタイムリーな公開♪とか思ってたんですが、
そうか。ごく普通のお仕事の方は「なんでこんなに早く?」なんですよね。そうですよね。

投稿: 悠雅 | 2009/11/17 23:19

こんにちは~♪
どうせならクリスマスの頃に観たかったですね!
その方がもっと気分が盛り上がったかも。

とにかく映像が圧巻でした!『ベオウルフ』の時は、正直言って「なんでわざわざモーション・キャプチャ―?」って気もあったんですが、今回はこの3Dだからこそ出せる世界観に大満足でした~

投稿: 由香 | 2009/11/18 08:13

■えふさん、こんにちはsun
ジム・キャリーって私も特別どうということのない俳優さんでしたけど、今回は特に芸達者だなって思いました♪
それでも7役だなんて聞き分けられませんよね~(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/18 18:12

■KLYさん、こんにちはsun
「パフォーマンス・キャプチャー」をアニメーションと言ってよいのかすら分からなくなるような完成度でしたね。
私もはやいトコ3Dデヴューしなくちゃだなぁ。
物語は単純明快だけど、3Dで見せるにはSFちっくでばっちりハマる作品でしたねw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/18 18:19

■ひろちゃん、こんにちはsun
やっぱりクリスマスに合わせて欲しいですよね。
だけどクリスマス直前は公開が目白押しだもんねー(^^)

はい、7色は分かりませんでしたよ~(^^;
もともとガイジンサンの声とか顔とか覚えるの苦手だし(言い訳w)

山ちゃんの起用は評価に値しますね(^^)山ちゃんだったら吹替えでもみてもいいかな~って思いました。

カールじいさん、どうすっかなぁ~

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/18 18:25

■悠雅さん、こんんちはsun
しっかり見てますよ~>「新三銃士」(笑)

さすがは悠雅さん!2D/3Dの制覇ですね(^^)
ジャパンアニメでは俳優の声優は勘弁してって思うのだけど、外国アニメだと俳優でのオリジナルで見たいと思うのは何ででしょうね(笑)
3Dデヴューしたいけど、カールもアバタも吹替えだとやっぱり考えちゃう。
お値段が高いのもなぁ~(爆)

悠雅さんは、クリスマスの準備?にどっぷりなのですねwそれじゃドンピシャだわ(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/18 18:33

■由香さん、こんにちはsun
『ベオウルフ』も2Dだったなぁ(^^)
なんだか好評ですよね、この映画の3Dは。

アニメ好きな私としてはやはり2Dに慣れ親しんでいるし、3Dと2Dの融合くらいでちょうどよく、3Dにはあまり興味がなかったのだけど、技術革新は凄いものがありますね。
2Dではジャパニメーションに勝てないですし、そういう意味もあるのでは?

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/18 18:40

たいむさんこんばんは、
面白かったですよね、
3Dは更に良かったですよ〜。

子供だけじゃなく大人が楽しめるディズニー映画になってて満足♪

投稿: mig | 2009/11/18 21:22

ああ〜〜〜。たいむさんみたいに観る目のある人ほど、1970年、アルバート・フィニー主演のミュージカル版『クリスマス・キャロル』を観て欲しいのに…
セルもレンタルのDVDも、まして放送予定すらもないなんて!!!!くやし〜〜〜!
そっちのマーレーはオビ・ワン、サー・アレック・ギネスですよ。
同じ映画ぢゃないですが、少しでも多くの人西って戴きたいからトラバさせて頂きました。

投稿: よろづ屋TOM | 2009/11/19 12:59

■migさん、こんにちはsun
3Dが好評のようですよね。
ディズニーでもおとなが楽しめるってポイント高いですよねw

カールじいさんはどちらかといえば子供むけですもんね。
3Dデヴューはアバターかなぁ。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/19 22:51

■よろづ屋TOMさん、こんにちはsun
いや~大した目はぢゃないですから恐縮です(^^;
それにしても1970年ですか~。なんだか幻の逸品みたいですね(^^)

>サー・アレック・ギネス
おおおお。それは見応えがありそうな。
若かりし・・と一瞬思ったけれど、SWの時点で既に爺さんだったから、1970年でもオッサンですね(笑)

ミュージカルならそれこそクリスマスキャロルのオンパレードなのかな?

追記:
TBへお邪魔したらコメント辞退中とのことだったので、ここですこし追加ですw
鎖をたすき掛けにしたアレックが良いですねー(^^)
『オリバー・ツイスト』のそうですけど、アニメより実写のほうが胸にしみるかな~って思いました。今回ジムを起用したように、どこかお茶目に見えてしまうのはアニメだからなのですね。
実写もリメイク予定があるとか?名作ってスゴイ!
作者はこんな未来をまったく予想してなかったでしょうね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/19 22:53

この作品はジムキャリーの七変化をナントカキャプチャーで楽しむ映画・・・というより、だんだん進化してきた3D映像をびっくりする作品だった気がします。
しかし、完成度が高くなってきたキャプチャー・アニメには、まだ感動しきれないひらりんでした。

投稿: ひらりん | 2009/11/19 23:36

Σ( ̄ロ ̄lll) あああっっ。しまったっっ。
たいむさんからコメント戴けるなら開放しとくんだった。ていいますか、もう引っ越し元の対応なんて待ってられへんなあ、と思い始めてまして。
実際、旧ブログからコメントもトラバも引っ越しできる…とは聞いてるんですが、どうなるのか(ヘタしたらMac版は無理っす、とか言われたり)解らないんですよ。引っ越し、やったことないし。うん、やはり開放しよう。

あ。カールじいさんはコメントもトラバも受付中ですよ♪

ところでやはり70年版は未見でしたか。考えたらアレック・ギネス、マーレーの7年後にSWに出演してるんですね。
実写のリメイク、これが出てるって事は企画流れたのかも?

投稿: よろづ屋TOM | 2009/11/20 11:08

■ひらりんさん、こんにちはsun
>だんだん進化してきた3D映像をびっくりする作品
3Dをみてないんで何とも言えないところはありますが、2Dではジャパニメーションに太刀打ちできそうにないため、モーション・キャプチャーといった力技で巻き返し、って感じじゃないでしょうか?

アニメであってアニメでない、私もそんな感じかな?

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/20 22:06

■よろづ屋TOMさん、こんにちはsun
再来感謝♪
丸ごとお引っ越し出来ます!って言われても、やっぱり心配ですよね。ケータイの切り替えでの乗せ換えとはワケがちがいますし。

解禁ですか?
じゃぁ、カールじいさんにおじゃましようかな?

ええ、70年版はたぶん未見です。
何かは見てると思うんですけど、良く覚えてないですし。
子供のころに見ていて良く覚えているのは「サウンド・オブ・ミュージック」とか、「マイ・フェア・レディ」とかになっちゃいますし。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/20 22:20

こんばんは。

CG技術と、3D映像の進歩に驚かされる作品でした。今まで観てきた3D作品の中では一番効果的に3Dを駆使していましたね。たいむさんにも是非3D版を体験して欲しかったですが、吹き替え問題は難しいところですよね。3Dの場合は、字幕が結構読み辛いですし。

『アバター』はちゃんと3D字幕版も公開されるみたいです。『クリスマス・キャロル』を超える映像世界を体感できると思うと、ますます期待が膨らみます。

投稿: えめきん | 2009/11/24 22:21

■えきめんさん、こんにちはsun
やっぱり3Dで字幕って大変そう。
余計なところに気を取られずに観るには吹替えが良いのかもしれません。
だから、この映画は声優が山ちゃんで、しっかりしていた事もポイントが高い要因かもしれませんね。

『アバター』でデビューかなぁ~(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/25 20:42

たいむさん
今晩は☆彡
やっぱり俳優さんの生の声にこだわりますよね。
だから字幕版で観たのですが・・・。
どうも3Dの評判が良いようです。でも吹き替え版
なのちょっとね(笑)フリ―パスポート中なので
何とか観たいと思っております。
観ましたら、また報告にお邪魔致します。
TB&コメントありがとうございました!!

投稿: mezzotint | 2009/11/26 23:23

■mezzotintさん、こんにちはsun
フリーパスポートとはうらやましいですね。
3Dのようなものでも適用とはますますうらやましい!

やっぱりオリジナルで一度は見たいですよね。
だけど、特殊処理があってデキが良いとなればソレも見たいし・・・と悩んでしまいますね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/28 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/46781973

この記事へのトラックバック一覧です: 「Disney’s クリスマス・キャロル」みた。:

» Disney’s クリスマス・キャロル 3D [そーれりぽーと]
CG映画製作にはまってはるロバート・ゼメキスが次にCGで描いたのは、おなじみの『クリスマス・キャロル』を3Dで! 何故今さらクリスマス・キャロルなのか?そんなことよりも、『ハリー・ポッター第六章』IMAX版の前に流れてたグリグリ飛び出してくる3D映像に強烈に惹かれた『Disney’s クリスマス・キャロル 3D』のIMAX版を観てきました。 ★★★★ もの凄く飛び出しまくってくるんですけど! さすが3Dじゃなくても映画に入り込んでる感覚になるIMAX、今回は元々が3DCGで製作されてる3D映画だか... [続きを読む]

受信: 2009/11/17 19:19

» 劇場鑑賞「Disney'sクリスマス・キャロル」 [日々“是”精進!]
クリスマス・キャロル「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞してきました鑑賞予定にはありませんでしたが、前売券が当たったもので。差額を払い、3D吹き替え版を。文豪チャールズ・ディケンズの古典的名作を、「ポーラー・エクスプレス」「ベオウルフ/呪われし勇者」...... [続きを読む]

受信: 2009/11/17 19:29

» Disney's クリスマス・キャロル [LOVE Cinemas 調布]
チャールズ・ディケンズの名作をフル3DCGで映画化。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや『ベオウルフ/呪われし勇者』で3DCGの鬼才ロバート・ゼメキス。またパフォーマンス・キャプチャーでの出演にジム・キャリーやゲイリー・オールドマンといった豪華俳優陣がキャスティングされている。特にジム・キャリーは1人7役の大活躍だ。... [続きを読む]

受信: 2009/11/17 19:55

» クリスマス・キャロル [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! [続きを読む]

受信: 2009/11/17 20:37

» ★Disney'sクリスマス・キャロル(2009)★ [CinemaCollection]
ACHRISTMASCAROL未来は、まだ変えられるかもしれない…彼の名前はスクルージ。金がすべての、嫌われ者。映時間97分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/11/14ジャンルファンタジー/ファミリー/ドラマ【解説】文豪チャールズ・ディケンズの古典的...... [続きを読む]

受信: 2009/11/17 21:30

» Disney'sクリスマス・キャロル [悠雅的生活]
神の祝福を。すべての人々に。 [続きを読む]

受信: 2009/11/17 23:13

» 「クリスマス・キャロル」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
Disney's 「クリスマス・キャロル」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *監督:ロバート・ゼメキス 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^... [続きを読む]

受信: 2009/11/18 05:08

» Disney'sクリスマス・キャロル [★YUKAの気ままな有閑日記★]
フェイントで鑑賞―【story】守銭奴で、家族を持たず、誠実な使用人ボブ(ゲイリー・オールドマン)やたった一人の甥(コリン・ファース)どころか、全ての人との繋がりに背を向けて生きるスクルージ(ジム・キャリー)は街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジネス・パートナー、マーレイ(ゲイリー・オールドマン)の亡霊が現われて、スクルージを彼自身の“過去”“現在”“未来”のクリスマスをめぐる時間の旅へと連れ出す精霊がくると予言する―     監督 : ロバート・ゼメキス 『ベオウルフ/呪われし... [続きを読む]

受信: 2009/11/18 08:06

» クリスマス・キャロル [Akira's VOICE]
お金は大事やけど,人間愛はもっと大事。   [続きを読む]

受信: 2009/11/18 10:10

» Disney’s クリスマス・キャロル / Disney's a Christmas Carol [我想一個人映画美的女人blog]
今年は〈3D映画元年〉らしいけど、コレ観るなら絶対、3Dで {/ee_1/} この時期観たくなる、大好きなクリスマス映画のひとつに「ポーラーエクスプレス」{/kirakira/}がある。 そのロバート・ゼメキス監督の最新作は ジム・キャリーときいて楽しみに待ってました〜♪ (本人の姿ではないけど) ゼメキス、近年は「ベオウルフ」で既に3D作品は製作済み。 本当はキャストの声が聞きたいし、字幕を観たかったんだけど せっかくの3D仕様だし、と思い吹替えで我慢したけど正解{/light/} 数年前に... [続きを読む]

受信: 2009/11/18 10:49

» ★「DISNEY'S クリスマス・キャロル」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、シネマイレージ会員の鑑賞ポイント6点と300円払って、 日本語吹き替えの3D版を鑑賞。 予告編もバシバシ飛んでくる3Dの「カールじいさん〜」と「アバター」だった。... [続きを読む]

受信: 2009/11/19 01:46

» 映画『Disney'sクリスマス・キャロル(3D)』★拝金主義を戒める精神訓話 [コソダチP's 光速L(気分は冥王星)SQ]
 19世紀イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの『クリスマス・キャロル』を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『フォレスト・ガンプ/一期一会』や『ポーラー・エクスプレス』のロバート・ゼメキス監督ロバート・ゼメキス監督が、モーション・キャプチャーCGアニメーション映画として蘇らせた作品。  娘(小3)&息子(小6)と家内と私で、3D版を見てきました。 (まだご覧でない方にはネタバレになります)... [続きを読む]

受信: 2009/11/19 08:49

» 『クリスマスキャロル』これほどの傑作、名作。今こそ再放映を! [新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA]
70年版。これほどの傑作、名作でありながらレンタルも少なく、DVDも稀少。世界に愛を伝えるためにもクリスマス特番でノーカット放映して貰えないでしょうかねえ。 [続きを読む]

受信: 2009/11/19 12:57

» Disney''s クリスマス・キャロル (2D) [Ki-Tsu-Neの祠 R]
ええ話しやぁ でも、ちょっと退屈 2Dだど画像がありきたり。3Dで見るべきですね こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。 クリスマス・キャロルと言えば、19世紀のイギリスに居た文豪「チャールズ・ディケンズ」の作品です。クリスマスに関連した物語の中では非常に有名なものの1つで、今まで何度も映画化されています。 今さっき知ったばかりですが。 さて、この作品、主役はジム・キャリーが声を当てています。主人公の「スクルージ」は、ロンドンに住むひとりよがりで偏狭な金貸しで、目つきは... [続きを読む]

受信: 2009/11/19 23:19

» Disney's クリスマス・キャロル [yanajunのイラスト・まんが道]
映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズの小説を映画化した作品です。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 [続きを読む]

受信: 2009/11/20 14:37

» 映画『Disney'sクリスマス・キャロル<デジタル3D/日本語吹替版>』(お薦め度★★★) [erabu]
監督・脚本、ロバート=ゼメキス。原作、チャールズ=ディケンズ『クリスマス・キャロ [続きを読む]

受信: 2009/11/22 19:27

» Disney'sクリスマス・キャロル 3D吹替え版 [だらだら無気力ブログ]
英国の文豪ディケンズの不朽の名作をロバート・ゼメキス監督が3D映画と して映像化。 金の亡者であるスクルージが不思議な体験をすることによって人生を見つめ 直す姿を描く。イギリスのロンドンで商売を営んでいるスクルージは、金が全てという人間で 人との交流を嫌い..... [続きを読む]

受信: 2009/11/23 10:34

» 『クリスマス・キャロル』 Christmas Carol [*モナミ* SMAP・映画・本]
今日は映画を見に行きました。 イオンみたいな(田舎のイオンほど大きくないけど(笑)) ショッピングモールにあるTOHO系の、初めて行く映画館。 映画の時間まで食事して、ってその写真はお約束通り、 撮り忘れ(爆)。 石焼チャーハン屋さんで、きのこのあんかけ梅チャーハン。 美味しかった~♪ ぶらぶらと時間をつぶし、映画館へ。 映画館のトイレの照明は、なぜかムダに豪華(笑)。... [続きを読む]

受信: 2009/11/23 14:17

» Disney’s クリスマス・キャロル 2Dで観るより3Dの方が評判高いようだ! [労組書記長社労士のブログ]
【 66 -13- 1ヶ月フリーパスポート=14 】 『ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民たちに希望の光を灯し、今なお世界中で愛され続けている“世界で最も有名な”クリスマス・ストーリー。』なんだということは一般常識として知っている。 しかし自分は、子供が小さい時に買って読み聞かせていた「ミッキーのクリスマスキャロル」という絵本で読んだだけで、原作は読んでいない。 こんな大人ってダメなのかなあ・・・など... [続きを読む]

受信: 2009/11/24 09:59

» Disney's クリスマス・キャロル [5125年映画の旅]
無慈悲で金にしか興味のない孤独な男・スクルージ。彼は誰もが浮かれるクリスマス・イヴでさえ、一人ぼっちで夜を過ごしていた。そんな彼の前に、8年前に死んだかつての同僚の霊が現れる。このまま生きれば最悪の結末が待っていると告げられたスクルージ。そして彼の前に....... [続きを読む]

受信: 2009/11/24 22:13

» クリスマス・キャロル3D <ネタバレあり> [HAPPYMANIA]
観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが速いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動体視力が弱ってるせい) 画面に奥行きがあって 雪なん...... [続きを読む]

受信: 2009/11/26 05:27

» クリスマス・キャロル [2009 映画観てきましたっ!]
主演 ジム・キャリー 他に、ジム・キャリー、ジム・キャリー。。。。 なんと7役の ジム・キャリー ゲイリー・オールドマンも3役だと! [続きを読む]

受信: 2009/11/26 15:51

» Disney'sクリスマス・キャロル(2009) [銅版画制作の日々]
 未来は、まだ変えられるかもしれない… フリ―パスポート第3弾は、ジム・キャリーが嫌われ者のスクルージ他過去・現在・未来のクリスマスの霊等、全部で7役をこなすヒューマンファンタジー「クリスマス・キャロル」です。監督は「ロジャー・ラビット」「ポーラー・エクスプレス」など、最新の映像技術を駆使して映画を作り続けるロバート・ゼメキス。何故?今「クリスマス・キャロル」なのか・・・・・。実はゼメキス監督は「クリスマスキャロル」が大好きだそうで、ずっと映画化したいと思っていたそうです。ようやくディケンズが書い... [続きを読む]

受信: 2009/11/26 19:40

» Disneysクリスマス・キャロル(アメリカ) [映画でココロの筋トレ]
大人向けだよね。ってことで「Disney'sクリスマス・キャロル」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:山寺宏一、安原義人、伊澤柾樹 上映時間:97分  家族を持たず、お金大好き、人との付き合い大嫌い。という生き方を貫きとおしているスクルージは、当然... [続きを読む]

受信: 2009/11/26 22:43

» Disney'sクリスマス・キャロル やっぱり3Dで観るのが正解だったのだ! [労組書記長社労士のブログ]
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 Disney'sクリスマス・キャロル【字幕スーパー2D版】を先日観たんだけど、レビューに書いているとおり、かなり印象が悪く俺としては評価も悪かった。 しかしTBさせていただいたブロガーの皆さんの評価を観ていると、3Dと2Dのどちらかを観たかで、きれいにこの映画の評価が分かれていることに気付いた。 もともと吹き替え版をあまり好まないので、字幕スーパーを選んだのだけど、これは出来れ3D版も観ておきたいなあって思ってしまった。 今まで3Dの映画も数々... [続きを読む]

受信: 2009/11/26 23:30

» 「DISNEY’S クリスマス・キャロル」3D技術の進歩を楽... [soramove]
「DISNEY’S クリスマス・キャロル」★★★ ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース声の出演 ロバート・ゼメキス監督、97分 、公開日:2009-11-14、アメリカ                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「日本人でも聞いたことある クリスマスの童話、 人に優しくしようという、しごく健全な 道徳的なお話、今更とも思... [続きを読む]

受信: 2009/11/27 07:54

» 「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D [はらやんの映画徒然草]
イギリスの作家チャールズ・ディケンズの古典「クリスマス・キャロル」をロバート・ゼ [続きを読む]

受信: 2009/11/28 23:46

» クリスマス・キャロル [映画の話でコーヒーブレイク]
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を見て、是非3Dの映画を見てみたい!と思い、 川崎109シネマズIMAXシアターで「クリスマス・キャロル」を見てきました。 IMAX「THIS IS IT」は最終日まで4日間のすべての回が完売になっておりました。 マイケル人気はスゴイです〜。 3Dは例の専用メガネをかけて鑑賞です。 近眼用のメガネをかけたうえに専用メガネをダブルでかけて長時間の鑑賞は、平均的日本人の 鼻の高さを持つ私には、ちょっと辛かったです。   {/win_snowman/} ... [続きを読む]

受信: 2009/11/30 23:27

» Disney's クリスマス・キャロル [犬・ときどき映画]
Disney's クリスマス・キャロル字幕版 <Story> スクルージは、強欲で思いやりのかけらもない孤独なお爺さん。 甥っ子がクリスマスの食事に誘いに来ても「帰れ」。クリスマスの寄付にも「貧しくて死ぬのは運命だ、知らん」、従業員のクラチットに「なぜクリスマスを祝う?」と皮肉を言う。 そんなクリスマスイブに帰宅すると、7年前に亡くなった共同経営者の亡霊があらわれ「この世でひどいことをした報いでいま苦しんでいる」と警告していく。 そしてその後3人の精霊が現れ、過去・現在・未来の現実を見せつけられる... [続きを読む]

受信: 2009/12/07 21:20

» [遅ればせながら、映画『Disney'sクリスマス・キャロル 3D』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆・・・今回、途中から、文学作品評論になります^^    ◇  タイトルで「遅ればせながら」としましたが、公開から遅れての鑑賞となりましたが、シーズン的には、それほど遅れてはいませんね^^;  素晴らしかったです。  物語は文豪ディケンズの名作で、丁寧に描いていけば、同じくクリスマスシーズンが舞台となる『忠臣蔵』と同じく、外れのない出来となるでしょう。  CGでデフォルメされているとは言え、主演のジム・キャリーの動き・表情を見事に捉えていることに代表できる画像取り込みの演出は繊細で、  ... [続きを読む]

受信: 2009/12/16 01:33

« DVD-BOXリリース決定★『機動戦士ガンダムSEED』 | トップページ | 年越しはのだめアニメで♪ »