« 「ATOM-アトム- (吹替版)」(試写会)みた。 | トップページ | 「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」みた。 »

2009/10/09

「私の中のあなた」みた。

My_sisters_keeper もし単なる難病系の可哀相な映画だったら最初から敬遠するところだけど、まず第一に白血病の姉の為に生まれてきた妹という設定と、その妹がドナーを拒否する為に両親を相手に訴訟を起こすという突飛な話に興味がそそられ、観てみることにした。
難病系の映画には違いないけど、穏やかな気持ちで終われる映画でとても良かった。(以下、若干内容に触れているのでご注意を)。

白血病の姉ケイトの臓器に適合する、唯一のドナーである妹のアナ。アナはケイトの発病後に、最初から”ケイトのドナー”にすることを前提に”人工授精”でつくられた子供。まずは臍帯血に始まり、以後何度となく繰り返されてきたケイト延命の為の移植手術にアナはドナーとして提供し続けてきた。
予告編での「私はケイトのパーツなの」なんて衝撃的な発言には、最初はその意味が良く解らなかったが、ひととおり経緯を聞くと理由が納得でき、例え姉の命綱であっても幼いアナにだって人権はあると、正解のなさそうな難問にまず頭を悩ますことになる。(結果的には建前でありハッタリなのだけど、テーマとしては非常に奥深いテーマだ)。
このままアナが拒否を続ければケイトは確実に死んでしまうと母親は半狂乱(キャメロンの気迫はすさまじい)。アナだって大好きなケイトの死を望んでいるわけではない。それなのに何故ドナーを拒否するなどと言い出したのか、何故両親相手に訴訟など起こしたのか、この矛盾と思える行動は非常に不可解なもので、ずっと私の中で引っかかり続けていた。けれどもっと引っかかっていたのがケイトが何も意見を言わないこと。提供する方とされる方、一体どちらが辛いだろう?延命を繰り返して生きながらえているケイトの幸せとは?なんて思っていたら”テイラー”が登場し、「なんだ、そういうことだったんだね」と、モヤモヤが晴れていった。長男ジェシーも何も語らず、でもいつも沈痛な面持ちでずっと気になっていたが、真実を知っていたがため・・・だなんてね。兄姉妹愛が美しかったなぁ。
家族が、特に母親が壊れないようにと、ケイトの意思と願いが籠った恩返し。まるで聖母のような最後のケイトがとても印象に残る物語だった。

総評:★★★★☆+   好き度:★★★★☆  オススメ度:★★★★☆

実は、映画を観ながら思い出していたのが『生徒諸君!』でのナッキーとマール、そして二人の母親。病弱なマールの為に犠牲になっていたナッキー。でもナッキーはマールを恨んではいなかった。だからかな?矛盾を強く感じたのは。そして全てをマールに捧げていた母親はキャメロンと重なった。残念ながらこっちの母親は壊れちゃったけどー。

|

« 「ATOM-アトム- (吹替版)」(試写会)みた。 | トップページ | 「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」みた。 »

コメント

家族がそれぞれの想いを抱えていましたよね。誰もが正解で間違いとはいえないでしょうし。そんな中で私はお父さんの、父親らしい受け入れる愛情が切なかったです。オシャレしたケイトをみる父の目は、凄く温かく優しくそして哀しかった…。
自分に置き換えたら?とか色々深く考えさせてくれる作品でした。

投稿: KLY | 2009/10/09 22:50

こんばんは♪
あー『生徒諸君!』読みましたよ。確かに母親は重なる部分がありましたね。

本題ですが、誰が正しいともいえないんですよね。家族ぞれぞれの気持ちが切なかったです。
へんに押しつけがましいお涙頂戴じゃなくて自然に泣けました。それと同時に色々と考えさせられる作品でしたねーってKLYさんと同じだ^^;

投稿: yukarin | 2009/10/09 23:40

こんにちは。

ぼくも難病系は苦手なのですが、
この映画は、中に『謎」をうまく織り込んでいたこともあり、
別の角度からも観ることができました。
シナリオも、またキャスティングもよかったです。

投稿: えい | 2009/10/10 10:10

こんにちは~♪
本来は病気を扱った映画が苦手なのですが、、、これは物凄く良かったです!!いい映画だと思いました~
もう最初っから最後まで泣き通し!登場人物の誰もが愛に溢れていて、、、泣けて泣けて気が変になりそうでした。

投稿: 由香 | 2009/10/10 14:47

■KLYさん、こんにちはsun
母親が頑張りやな家庭の問題の場合い、やはり父親の決断と統率力が最終的には重要になってきますね。
同じ親といえども、母親と父親の視点は異なるもの。この映画では家族それぞれが本当に良く描かれていて良かったです。
花嫁の父のような顔は印象的でしたね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/10 19:49

■yukarinさん、こんにちはsun
『生徒諸君!』に反応してくれてありがとう(^^)
この映画では「壊さない」ための特効薬がソレだったかと、ケイトの想いと思いやりに感激した私でした。
難病系と敬遠している人も、観てくれるといいなって思います。そうだけど違いますもんね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/10 19:54

■えいさん、こんにちはsun
違和感から途中でうすうす分かってきちゃうけど、「謎」にはやられちゃいましたね。
私にしてはボロ泣きせずに見られたのは、考える事がたくさんだったから。
シナリオも、キャストもお見事でした!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/10 20:14

■由香さん、こんにちはsun
想う気持ちは同じだけど、ほんの少しだけすれ違ってしまって、でもそれは思いやりでバランスがとれていたというお話。
なんとも強烈な特効薬で、崩壊を食い止めたケイトが最後は本当に聖母のように見えました。

すぐ泣く私の割には意外に冷静にこの家族を見られた気がします。
良い作品でした!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/10 20:24

たいむさん、こんにちは☆

普通の難病ものとはちがう、という設定が、
実はお飾りだった、、という印象だったんですよね私。
なんとなく観る前から予感がしていたんですが、
やっぱりそっちの方向に持っていったのね、とdespair
なので、よく出来たいい兄弟だなというシーンでは
ほろりときましたが、感動まではいきませんでした。
でも、短い人生で多くのものを学び取ったケイトには
やはり学ぶものがありました。

投稿: kira | 2009/10/11 13:20

聖母のようなケイト。
あのラストシーンでのベッドを上から撮るカットには『バッファロー’66』を思い出しましたよ。

そういえばあの映画でもクリスティーナ・リッチが聖母のような存在になってましたからね。

投稿: にゃむばなな | 2009/10/11 17:26

■kiraさん、こんにちはsun
>実はお飾りだった
私もそこがとても良くって評価したいところです。
そして、私も感動とは異なる感覚です。
号泣もしませんでしたし。

家族それぞれの立場からの想いを知ることが出来たのが一番良かったです。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/11 18:46

こんばんは!
ただの難病ものとは違ってましたよね。
途中でそういうことだったのかと納得しました。
泣きっぱなしでしたけど、優しい気持ちになれて
とてもいい映画でした。

>兄姉妹愛が美しかったなぁ。

ホント、美しかったです!
愛につつまれてケイトは幸せでした。

投稿: アイマック | 2009/10/11 19:03

■にゃむばななさん、こんにちはsun
本当に家族を包み込む聖母のように見えましたよ。
母親でさえつつみこんじゃうのだからね。救われましたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/11 19:40

■アイマックさん、こんにちはsun
>途中でそういうことだったのかと納得しました
私もですよ~。予告編からすっかり「裁判モノ」と思ってましたから。

ケイトは素敵な家族に囲まれて、しっかり恋もして、体験もして、精一杯幸せだったのだろうなーって感じました。最後の願いも叶えられたしね。

裁判の結果はその後世の中にどんな影響を与えたのか、それも少し気になりますが。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/11 19:46

姉のパーツとして生まれてきた、
なんて絶対いやだとおもうんだけど。。。
そんなそぶりはいっさいみせない、
いや姉に献身的ですごくりっぱな妹でした。
臓器を提供するほうとされるほう、
それぞれの気持ちが大切なんだな~とおもいました。

投稿: えふ | 2009/10/11 19:49

■えふさん、こんにちはsun
姉思いの妹でしたね。
強いられてきたことを思うと、本当のホントはどうなんだろうと下衆の勘繰りをしたくなるところだけど。

>それぞれの気持ちが大切
肉親だからなおのこと、ですよね。両親がはじめたことだけど、結局は当事者たちが一番心を通わせていたんですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/11 20:26

こんにちは。

まるで聖母のようなケイト。
本当にその通りでした。
母と娘が入れ替わったように見えました。

誰が一番辛いのか、とか
誰のとった行動が正しいのかとか
答のでない映画でしたね。

映像がまた綺麗でした!

投稿: vic | 2009/10/13 22:59

■vicさん、こんにちはsun
みんなそれぞれに一生懸命で、それぞれに最善と思って出来ることをした。ただそういうことなんですよね。
結果、互いが望むものを否定しあわなくてはならないのはやはり見ていてツライ。

過酷な内容にも関わらず、キャストの全員が生き生きとしていて、素敵な作品でしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/14 12:29

もう、号泣でしたね。
最初から最後までほとんどなきっぱなしでございました。
悲しいんじゃなくて
なんて深い家族愛なんだと。
5人の誰が欠けても成り立たない支えあう姿に
ホント感動してました。

ただ、ひとつだけ。
ひとつの命の終わり・・・と言う意味において
悲しい結末を迎えてしまうわけですが
目的のためには手段を選ばない、
選んでいる余裕がないとはいえ、
やっぱりアナの存在ってのは
もうなんていうたらいいのか・・・、
愛情がないわけではないんだけど
2の次にされた子供の気持ちを思うと
見てるこっちはどうにもやりきれなくて、
でもだからといってサラを責めることもできなくて
また、この子ができすぎてるから余計
気持ちは複雑でした・・・。

投稿: Ageha | 2009/10/14 13:08

■Ahegaさん、こんにちはsun
私は涙もろいんだけど、この映画ではあまり涙がでませんでした。
泣いてる暇がないくらいアレコレ考えてたって感じかな?
とにかくテイラーの登場が嬉しかったんですよ。なんかそこで全部納得しちゃった感じで。

アナは本当に良く出来た子で。
サラの気持ちも分かるけど、やってることは非人道的にも近いもので、それを理解してなお姉も母も気遣えるアナってスゴイですよね。
それを見守るしかなかったジェシーも凄いなって思います。
親に余裕がないと、子供ってああも賢くなるのかな?
娘の晴れ姿にとろけるような眼をしていた父親が、もう少し早く母親の目を開かせてあげたらよかったのに、ってすこし思いました。

良い映画でしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/14 19:40

たいむさん、おはようございます!
コメントありがとうございました!

子役もすごかったですが、父親役のジェイソン・パトリックの演技も印象的でしたよね。
どんな状況下でも冷静になって対処する、ああいうお父さんが実際にいたら、すごいですね!

介助犬のジャッジが法廷で吠えてたのは、キャンベル弁護士の調子が悪いのを周囲に知らせようとしたということなんでしょうか?
あの犬の演技も立派でしたし、見ていて面白かったですよね!!

投稿: ミスターシネマ | 2009/10/15 09:57

■ミスターシネマさん、こんにちはsun
良いお父さんだったけど、もう少し早く母親をなんとかしてくれれば尚良かったです。だから子供たちがあんなにも負担を強いられたワケで。
でも、ケイトの晴れ姿をとろけそうに見つめるあの目は印象的でしたね。

>ジャッジ
吠えていたのは警告をしていたと私は解釈しましたが。仮にも介助犬として登録されているワンちゃんですし、意味なく吠えたりはしないでしょう?
休憩を取りたがってましたしね、弁護士さんは。

ほんと色々な面で良い映画でした!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/15 12:53

たいむさん
今晩は☆彡
私もジェイソン・パトリックの演技にホロリでした。
何か主役のキャメロンやアビゲイルちゃん以上に
父親のジェイソンやケイト役のソフィアちゃんが
光っていたような感じがしましたね。
様々な問題を織り交ぜ、家族の在り方を
ポジティブに描いていたのが、良かったです。

投稿: mezzotint | 2009/10/15 19:07

■mezzotintさん、こんにちはsun
じつのところ、アビゲイルちゃんとキャメロン目当てで観に行ったのだけど、開けてみたら家族の誰もが良くって、それどころか、って感じでした。私も。

難病系には違いないけれど、メインはそこではないのですよね。良い意味で当てが外れてとても良かったです。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/15 22:51

常軌を逸してるとはいえサラの強さは同じ母として衝撃的でした~。私には無理~!
でもやっぱサラもケイトもアナに甘えすぎだったと思いますよ(涙)
この2人への愛ゆえに頑張ってきたアナ・・。そんな彼女を
支え来たのは兄だったと思えたし。
そんな皆を後ろから支えてる夫の姿もじんとさせられました。辛さでなく家族の暖かさに泣けるいい作品だったと思いました(。>0<。)

投稿: くろねこ | 2009/10/16 00:55

■くろねこさん、こんにちはsun
そう私は根本的にもサラの気持ちを理解することが出来ないのだけど、やっぱり子供たちに甘えすぎ~って思ってしまいますね。ジェシーもツライ子供時代を過ごしてますよね。

泣けるポイントは大事。特に病気モノはね。
だからとても良かったです!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/17 17:11

たいむさんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

サラのような親としてはなりふり構わず我が子を助けたいという気持ちは分かるものの、その手段や言動が時々行き過ぎだなと思う場面もあったので最初はどっちかと言えばアナ擁護側だったんですよねぇcoldsweats01
でもアナが訴訟を起こした理由や家族の悩みがどんどん明かされるに連れて、擁護云々よりそれぞれに思いやる気持ちなどが強く感じられたため、自分は泣けるというよりも次第に切なくなってしまいました。

後日談のサラ一家の様子もなんか気まずい空気が漂ってるんじゃないかとも思いましたが、最後のサラとアナの微笑を見たらこっちもなんか安心して、もう大丈夫かな?なんて感じちゃいました。

投稿: メビウス | 2009/10/18 19:35

■メビウスさん、こんにちはsun
私は最初から最後までアナ擁護派(笑)
母親とかの気持ちに共感しきれていないからかなーなんて思ったりもしたけれそ、経験がないんじゃ仕方がないよねw
私もね、家族の想いが明かされてきて、それぞれに対する見方は変化したけれど、やはり「スペア」を”強要”するのはどうかなってね。
だから同じく私もほとんど泣いてません。

最後の湖は良かったですよね。残された母娘もとりあえずは平和な空気が流れてましたし、一安心でしたw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/19 11:04

おはようございます!

考えさせられる良い映画だったと思いました。
キャメロンの気迫は凄かったですね^^
母としての立場で考えると娘に1分でも1秒でも長く生きて欲しいって思うかもだけど、スペアみたいに扱われているアナの事はちょっと許せないです(>_<)
それでも、子供達3人が素直で優しくていいなぁって思いました。

投稿: みすず | 2009/10/21 07:32

■みすずさん、こんにちはsun
サラの想い強さには、していることを考えると引いてしまうところがあり、キャメロンがしっかり鬼気迫る演技で見せてくれましたね。
現実的にアナの待遇のひどさはやはり問題とすべきところ。
裁判結果をキチンと描いてくれたのがとてもよかったです。

それにしても良い子供たちでしたねw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/21 11:34

たいむさん、こんばんは。

ケイトを思う母親の気持ちが空回りしてて切なかったですね。

アナやジェシーを思うケイトの気持ちも切なかったし、私はもう最初から泣きっぱなしで最後には声あげて泣きそうになりました。

投稿: Hitomi | 2009/10/21 19:05

■Hitomiさん、こんいちはsun
痛みの伝わってくる映画でしたね。
私は「裁判」の内容とかに引きつけられて観に行ったこともあり、あれこれ考えるのに一生懸命になっちゃって、あんまり泣きにはならなかったのだけど。

ハッピーではなくても、それでも温かみのある終わりで良かったですw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/22 21:37

こちらにもお邪魔します。

姉に臓器を提供するために人工授精で生まれた妹、そんな境遇に反発して妹が両親を訴える、という、社会的かつ少々ミステリーな内容だと思って観に行きましたが、中身はストレートな家族の物語でしたね。
感動もありましたが、それ以上に過酷な闘病生活をしっかり描いていた点に感心しました。

俳優陣の演技も良かったですね。特にキャメロン・ディアスとソフィア・ヴァジリーヴァが素敵でした。

投稿: えめきん | 2009/11/11 23:08

■えきめんさん、こんにちはsun
>社会的かつ少々ミステリーな内容
予告編から行くとコッチに思っちゃうけど、上手い具合に家族愛と融合されていて良かったです。

アビゲイルちゃん目当てでしたけど、家族の誰もが良かったです。
私はとくに長男坊だなぁ(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/11/12 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/46441184

この記事へのトラックバック一覧です: 「私の中のあなた」みた。:

» 私の中のあなた [LOVE Cinemas 調布]
ジョディ・コピーのベストセラー小説「わたしのなかのあなた」の映画化作品。主演は『ベガスの恋に勝ルール』のキャメロン・ディアス。共演に『幸せの1ページ』のアビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック、ソフィア・ヴァジリーヴァらが出演。監督は『フェイス/オフ』に出演していたニック・カサヴェテス。プロデュースサーは「ナルニア国物語」のマーク・ジョンソン。この秋一番の感動物語です。... [続きを読む]

受信: 2009/10/09 22:37

» 私の中のあなた [映画] [映画鑑賞★日記・・・]
原題:MY SISTER'S KEEPER公開:2009/10/09製作国:アメリカ上映時間:110分鑑賞日:2009/09/29試写会監督:ニック・カサヴェテス出演:キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック、ソフィア・ヴァジリーヴァ、ジョー...... [続きを読む]

受信: 2009/10/09 23:34

» 私の中のあなた / My Sister’s Keeper [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click キャメロン・ディアスが初の母親役という事でも話題。 『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督最新作{/heratss_blue/} 毎年規模が縮小されていって今年はたった二日間、4作品の上映となってしまった GTFトーキョーシネマショーへ行って来ました{/shootingstar/} こちらの作品、10月に日本公開... [続きを読む]

受信: 2009/10/09 23:49

» 私の中のあなた [to Heart]
もう姉のドナーにはならない。 原題 MY SISTER'S KEEPER 製作年度 2009年 上映時間 110分 原作 ジョディ・ピコー 『わたしのなかのあなた』(早川書房刊) 脚本 ジェレミー・レヴェン/ニック・カサヴェテス 監督 ニック・カサヴェテス 出演 キャメロン・ディアス/アビゲイル・ブレスリン/アレック・ボールドウィン/ジェイソン・パトリック/ソフィア・ヴァジリーヴァ/ジョーン・キューザック/エヴァン・エリングソン アメリカの人気作家ジョディ・ピコーのベストセラー小説を、ニ... [続きを読む]

受信: 2009/10/10 00:29

» 「私の中のあなた」究極の家族愛。爽やかな感動。 [シネマ親父の“日々是妄言”]
[キャメロン・ディアス] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年9月30日12:02 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  キャメロン・ディアス、女優キャリア初の母親役に挑戦!「私の中のあなた」(GAGA)。“名子役”の呼び声高い、アビゲイル・ブレスリンちゃんと親子役で共演。この秋一番の感動作!として、お薦めできる映画です。  ブライアン(ジェイソン・パトリック)とサラ(キャメロン・ディアス)の夫婦は、長女ケイトと長男ジェシーの4人家族で暮らしていた。ケイ... [続きを読む]

受信: 2009/10/10 00:46

» 私の中のあなた [映画君の毎日]
<<ストーリー>>白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)。彼女はこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたが、母サラ(キャメロン・ディアス)は愛する家族のため... [続きを読む]

受信: 2009/10/10 01:01

» 『私の中のあなた』 [ラムの大通り]
(原題:My Sister's Keeper) 「いやあ、これは実に話しにくい映画だ。 観れば途中から想像がつくとはいえ、どこから喋っていいのやら」 ----う〜ん。どういうこと? そんなに喋りにくいんだったら、フォーンの方から聞いちゃおうかな。 これはキャメロン・ディアスが初めてお母さん役をやったというのが話題の映画だよね。 「もう姉のドナーにはならない。」って、 この妹を演じているのが『リトル・ミス・サンシャイン』の アビゲイル・ブレスリンってことでいいのかニャ。 「そうだね。 アビゲイルが... [続きを読む]

受信: 2009/10/10 09:46

» 私の中のあなた [心のままに映画の風景]
白血病の姉ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれたアナ(アビゲイル・ブレスリン)... [続きを読む]

受信: 2009/10/10 12:49

» 私の中のあなた [★YUKAの気ままな有閑日記★]
またまた話題作が続々と公開ですね〜何本観れるかなぁ〜 カイジ、ヴィヨン、ATOM・・・【story】白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)。彼女はこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたが、母サラ(キャメロン・ディアス)は愛する家族のためなら当然と信じてきた。そんなある日、アナは姉への腎臓提供を拒否し、両親を相手に訴訟を起こすが―     監督 : ニック・カサヴェテス 『きみに読む物語』【com... [続きを読む]

受信: 2009/10/10 14:45

» 私の中のあなた [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『「きみに読む物語」のニック・カサヴェテス監督が贈る 希望と感動の物語に、この秋あなた史上最高の涙が落ちる─!』  コチラの「私の中のあなた」は、ジョディ・ピコ―の世界中を涙で包んだ空前のベストセラー小説「わたしのなかのあなた」を映画化した10/9公開の....... [続きを読む]

受信: 2009/10/10 17:18

» [映画][劇場公開]私の中のあなた 80点 [さとうれおはオレだけか]
ワーナーマイカルで散々予告を見せられまくったがアクション映画でもないので影響はそんなにナシ。 マセガキなんて絶対リアリティのない都合のいいキャラで嘘くさいストーリーを想像していたが実話のようなサラッとした展開で好感が持てる。 ↓ネタバレ反転 人が死んだとこ... [続きを読む]

受信: 2009/10/11 06:17

» 『私の中のあなた』 [めでぃあみっくす]
アナ、ケイト、ジェシー、サラ、ブライアン。この家族5人が主役の映画でした。映画を見る前はアナとサラの母娘関係を主軸に描かれているのかと思ってましたが、本当にこの5人が心境が満遍なく丁寧に描かれていた映画でした。私は残念ながら泣くことは全くありませんでした....... [続きを読む]

受信: 2009/10/11 17:32

» 私の中のあなた [小部屋日記]
My Sister's Keeper(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本: ニック・カサヴェテス 出演:キャメロン・ディアス/アビゲイル・ブレスリン/アレック・ボールドウィン/ジェイソン・パトリック/ソフィア・ヴァジリーヴァ/トーマス・デッカー/ジョーン・キューザック もう姉のドナーにはならない。 アメリカの人気作家ジョディ・ピコーのベストセラー小説を、『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督が映画化。 難病ものですが、複雑な話でもある。 コップ1杯ほど泣けました。。 白血... [続きを読む]

受信: 2009/10/11 17:48

» 私の中のあなた [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました!死を受け入れることができますか? [続きを読む]

受信: 2009/10/11 19:36

» 私の中のあなた [だらだら無気力ブログ]
アメリカのベスト小説を『きみに読む物語』の監督が映画化。 白血病の姉のドナーとなるべく遺伝子操作の末に生れてきた妹が、姉への ドナーとしての医療行為を拒否するために両親を相手に訴訟を起こしたこと から起きた騒動を通じ、家族それぞれの葛藤やあり方や命の尊厳を..... [続きを読む]

受信: 2009/10/12 18:55

» 私の中のあなた(2009)☆MY SISTER'S KEEPER [銅版画制作の日々]
可愛いテッシュケースもう姉のドナーにはならない。両親に訴訟を起こしたアナ、11歳。しかし、その決断にはある理由があった──。 10月9日、公開初日に鑑賞しました。シアターに入るところで、こんな可愛いテッシュを頂きました。全米の涙を絞り、かってないほど泣けることを約束したベストセラーの映画化だそうで・・・・。母親役にはキャメロン・ディアス。15年間、ハリウッド映画でのトップを走る彼女が、初めて挑戦する母親役にちょっと期待大。そしてその娘役には、「リトル・ミス・サンシャイン」で11歳でオスカーにノミネ... [続きを読む]

受信: 2009/10/12 22:37

» 私の中のあなた [★ Shaberiba ]
両親を訴えたアナ。そこに隠された切なすぎる物語に涙。 [続きを読む]

受信: 2009/10/13 19:27

» 映画「私の中のあなた」 [Playing the Piano is ME.]
私はこういう controversial(問題提起する)な映画が大好き。 いろいろ「考えさせられる」ものが好みです。 脳が満足するんですよね。 [続きを読む]

受信: 2009/10/13 23:07

» 私の中のあなた [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[私の中のあなた] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年86本目(80作品)です。 【あらすじ】 白血病を発症した姉のケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳..... [続きを読む]

受信: 2009/10/14 11:15

» 私の中のあなた 寸止めのおかげで号泣せずにすんだよ [労組書記長社労士のブログ]
【 46 -11-】 運良く予定がない日の試写会があたった{/onigiri_2/} 予定が入っていて行けない試写会なら最近だと「BALLAD名もなき恋のうた」「ココ・アヴァン・シャネル」「ワイルド・スピードMAX」などなど、残念だったなあ{/m_0211/} キャメロンディアスが理屈で考えると好きな訳ないんだが、どうしてか生理的に好きなんで、そんな彼女が初めての母親役だというし、そして体当たりの演技だというし(←これは見終わって知ったけどけっして演技ではなかった)、気にはなっていた映画「私の中のあ... [続きを読む]

受信: 2009/10/14 15:28

» We wanna save「mother」, We love 「SARA」.~「私の中のあなた」~ [ペパーミントの魔術師]
私の中のあなた 上 (ハヤカワ文庫NV)川副 智子 早川書房 2009-09-05売り上げランキング : 271おすすめ平均 ドナーとしての「デザイナー・ベイビー」どうしても自分に置き換えて考えることを避けて通れない物語です。Amazonで詳しく見る by G-Tools ひとりで見に行ってよか..... [続きを読む]

受信: 2009/10/14 16:42

» 私の中のあなた [Diarydiary! ]
《私の中のあなた》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - MY SISTER' [続きを読む]

受信: 2009/10/16 20:16

» 私の中のあなた [Movies 1-800]
My Sister's Keeper (2009年) 監督:ニック・カサベテス 出演:アビゲイル・ブレスリン、ショフィア・ヴァジリーヴァ、キャメロン・ディアス 白血病の姉への腎臓移植を強いる両親に対し、11歳の末娘が訴訟を起こすところから始まるが、法廷ドラマというわけではなく、ある家族の愛と絆を描いた感動ドラマである。 両親共にドナーとして不適格だった為、適合するよう遺伝子操作の末、誕生したアナは、産まれて間もない頃から、姉ケイトのドナーとなってきた。そのおかげで、ケイトの寿命を延ばすことはできた... [続きを読む]

受信: 2009/10/19 00:38

» [映画『私の中のあなた』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭]
☆仕事が忙しく、昨夜観たのだが、明日も忙しいので、簡単に書く。  話題作だが、公開からかなりの日にちが経っている。  正直、観ないでも良い、と思っていた。  あまりにも予告編で煽り過ぎていた。  <ワーナーマイカル>なんて、特別予告編第一弾、特別予告編第二弾と続いていた。  その度に、小利口そうな主人公のべシャリを見せられ、子供らしい子供好きの私は、特には見たくない作品の一つとなっていた。  しかし、昨夜、遅ればせながら観た。  よく出来た作品であった。  感動した。  難病物なの... [続きを読む]

受信: 2009/10/22 00:14

» 誰にも悪意はないけれど・・・。『私の中のあなた』 [水曜日のシネマ日記]
白血病の姉のドナーとなる為に遺伝子操作によって生まれた妹が姉への臓器提供を拒んで両親を提訴する物語です。 [続きを読む]

受信: 2009/10/22 23:31

» 『私の中のあなた』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「私の中のあなた」□監督・脚本 ニック・カサヴェテス □原作 ジョディ・ピコー □キャスト キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、ジェイソン・パトリック ソフィア・ヴァジリーヴァ、トーマス・デッカー、ジョーン・キューザック、エヴァン・エリングソン、デヴィッド・ソーントン■鑑賞日 10月18日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>    なんだろう・・・この温かい涙は。  10年毎に観直してみ... [続きを読む]

受信: 2009/10/23 17:44

» 【映画】私の中のあなた [新!やさぐれ日記]
▼動機 私好みの映画かもしれない ▼感想 この題材で家族愛はもったいない ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 白血病の姉(ソフィア・ヴァジリーヴァ)に臓器を提供するドナーとして、遺伝子操作によって生まれた11歳のアナ(アビゲイル・ブレスリン)。彼女はこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたが、母サラ(キャメロン・ディアス)は愛する家族のためなら当然と信じてきた。そんなある日、アナは姉への腎臓提供を拒否し、両親を相手に訴訟を起こす。 ▼コメント この映画のリ... [続きを読む]

受信: 2009/10/23 18:30

« 「ATOM-アトム- (吹替版)」(試写会)みた。 | トップページ | 「ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~」みた。 »