« DVD「東のエデン」Vol.3★ | トップページ | 「女の子ものがたり」みた。 »

2009/10/02

DVD「24 -TWENTY FOUR- Ⅶ」(Vol.8-9)みた。

2478_2 ジャックの宿敵ともいえるメイヤー議員殺害の濡れ衣まで背負ってしまったジャックというところで終わっていたVol.7。その余波でケニン大統領首席補佐官は辞任に追い込まれ、口の減らない娘が後釜にすわろうというのだからテイラー政権も先が危ういことこの上なし。しかし、きちんと仕事と結果で潔白を証明するジャックだし、オリヴィア如き小娘が粋がっていられるのも一晩限りとなりそうな予感も?
Vol8-9は、22:00~01:00までの出来事。とんだ事故でジャックの悪運も遂に尽きたか、ジャックの命のカウントダウンも始まる??
(以下、若干のネタばれを含んでいるのでご注意ください)

民間軍事会社である”スタークウッド”が今回のテロに大きく関与していることを突き止めたジャック。トニーと共に既に港に到着している兵器奪取のために2人だけで作戦を開始するが、ジャックの誠実さが仇となって隠密に事を運ぶことができなくなり、激しい銃撃戦となってしまう。結果、ジャックの援護に回ったトニーは敵に捕まり、ジャックも一旦は兵器の確保に成功したものの、容器の破損から未知の”生物兵器”を浴びてしまい、最終的には敵方に兵器を奪還されてしまうことになる。
・・「シーズンⅤ」での”神経ガス”はじめ、”ばら撒き系の脅威”も”核ミサイル”に次いで『24』におけるテロの常套手段になっているが、今回は遂にジャックが被害者になってしまうところがいつもと少し違う。(誰よりも直近に居ながら、これまで回避し続けていたことが奇跡的とも言えそうだけど)。とはいえ遅効性であることから、震えやら記憶障害やらが徐々に表れていくという焦れった状態に突入。今まではほとんど現場一筋でムチャしっぱなしだっただけに、この2時間(1時間半)はFBIワシントン支部に入り浸りなんて珍しいシチュエーションだったりもするので少しばかり新鮮ではある。

”生物兵器”を手中にしたことから、いよいよ黒幕のジョナス・ホッジスも堂々と表舞台に登場する。しかしながら、確たる証拠を提示できないモス捜査官は、そんなホッジスと真っ向勝負しても貫禄負けするのみ。FBIとしても民間会社である”スタークウッド”には迂闊に手が出せず、遠巻きにするしかない。しかし、捕まっていたトニーが寝返った幹部の助けで脱出に成功(デコイでもあったけど)、”生物兵器”の存在を確認したことで膠着状態は打開され、政府は”スタークウッド”空爆の準備を進めることに。ところが、空爆まで後数分というところに来て姑息なホッジスの抵抗にあい、中止命令を出さざる得なくなるテイラー大統領だ。
・・やはり切り札は隠しておくもの。ホッジスの隠し玉はやはりばら撒き大作戦。”生物兵器”を搭載したミサイルを大都市に打ち込むぞと一言いえば良いのだから楽なものだ。でも、世の中は誤算も付き物で、”スタークウッド”のノウルズ会長のように「聞いてないよー」という人間の抵抗は計算しておかないとね。ジャックの連絡から事態を把握したノウルズはトニーと落ち合いミサイル爆破作戦に加担することになるのだから、万全なようでいて実は盤石にはほど遠かったようだ。

2479結局トニーの活躍からミサイルも生物兵器も木端微塵の灰になり、早すぎた勝利宣言から勇んでホワイトハウスに乗り込んでいたホッジスはホワイトハウスで拘束されることに。
でも、である。ホッジスでさえ「自らは歯車のひとつ」でしかないと、また何処からか後を継ぐ者が現れることを示唆した不吉な発言でテイラー大統領の不安を煽り、まだまだ終わっていないことを痛感させられる真夜中となった。
また、ジャックの容態もどんどん悪くなる一方。唯一生存の可能性を秘めた治療法が肉親の幹細胞移植だったが、キムを巻き込むことを頑なに拒むジャックだった。(まぁ、それでもルネの計らいから、久しぶりの親子対面になるんだけど)。
・・ということで、まだまだ大物黒幕が――と思っていたらなんと”振り出しに戻る?!”で終わることになるとはね。二重スパイの発覚から別の意味で今度こそ「トニー、ヤバイかも?」と思っていたが、そっち系で「ヤバイ」結末になりそうだとは正直いって想定外。
まだ6時間残っているし、ジャックもまさかこのまま素直に死んじゃうとは思えないから、結局はキムの協力と治療で復活するんだろうし、さらにさらにどう転ぶのか楽しみだ。

バカ娘対決・・・ではないけれど、オリヴィアは口ばかりでやることは下の下、墓穴を掘りまくっているようにしか見えないし、キムもこの段階で登場し、悪いことにトニーの耳にも近くにいる事が入ってしまっている以上は巻き込まれるのは必至?

活躍の場がないまま退場してしまった彼をはじめ、次々に命が失われていく中でヘンリー父さんが無事回復しそうだという朗報だけが嬉しいVol8-9だったかも?なんてねw

|

« DVD「東のエデン」Vol.3★ | トップページ | 「女の子ものがたり」みた。 »

コメント

こんにちは♪
トニーがあんな事になって、思わず「えーー??」って声を出しちゃいました。
きっと事情があるに違いないですよね?
最後はまたジャックの下に帰ってくれると信じてます。
っていうか、ここまでやったらトニーは死んで退場するしかなさそう・・・・(汗)
モスも死んじゃったし、だんだん人が少なくなりますねぇ。
次回はクロエも出て欲しいな。
たしかFBIの別室に拘束されたままだよね??

投稿: ミチ | 2009/10/02 17:10

■ミチさん、こんにちはsun
事情、あるよね?って信じたいですけど、黒が白になって黒になったら、たとえ白でもやっぱり今度こそ・・・って思っちゃいますよ。

モスは折角ルネと仲直りできそうだったのに、なんと不憫な。実直というよりは愚直な性格が災いした一日になっちゃいましたね。

クロエの再登場は期待しちゃいますね。
でも、拘束は解けたんじゃなかったっけ?旦那がモスと取引して、暗号通信解読しちゃったから。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/10/02 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/46363969

この記事へのトラックバック一覧です: DVD「24 -TWENTY FOUR- Ⅶ」(Vol.8-9)みた。:

» 「24」シーズン7 vol.8〜9 [ミチの雑記帳]
「24」シーズン7の第4次レンタルです♪ 10:00pm〜2:00amのお話。 vol.1〜3の感想は→こちら vol.4〜5の感想は→こちら vol.6〜7の感想は→こちら ネタバレ注意! アレクサンドリア港にサンガラ国で製造された生物兵器が到着。 この黒幕はスタークウッドという民間軍事会社でした。 スタークウッド社は、ジュマ将軍を支援する見返りとしてサンガラで生物兵器を開発してアメリカに運び込んでいたのです。 ジャックとトニーはアレクサンドリア港で兵器の入ったコンテナを奪還しますが... [続きを読む]

受信: 2009/10/02 17:07

« DVD「東のエデン」Vol.3★ | トップページ | 「女の子ものがたり」みた。 »