« 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(21) | トップページ | 「セントアンナの奇跡」みた。 »

2009/09/02

「ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~」みた。

Hottarake 人間が”ホッタラケ”にしてしまう、もっとも大切なものとは何か?
友情あり、裏切りあり、再起ありと、NHKの教育番組で放送されそうなモロに教訓ストーリーだった。
大切にしていたのにいつの間にか興味を失くして「ホッタラケ」。それを成長と呼ぶ場合もあるから一概に「ホッタラケ」が悪いこととは言えないけれど、単なる「忘失」と「ホッタラケ」の線引きはちょっと難しいよね?

幼き日に母親と死別した遙。それ以来父親と2人暮らしで現在高校生の遙だが、だらしのない父親には反発ばかりしてしまい、ギクシャクとした関係になっているこの頃だ。父親と口喧嘩した後、神社で奇妙な光景を目にした遙はそのまま”ホッタラケの島”へと迷い込む。そこは「ほったらかしたものはキツネたちが持ち去ってしまう」という、かつて母親が読んでくれた絵本さながらの世界、人間界で”ホッタラケ”にされたモノで出来ている世界だった。

遙は”ホッタラケの島”で自分自身の”ホッタラケ”に出会い、人間の傲慢とか、忘れていた大切なモノとか、見えなくなってしまっていたモノとかを思い出すことになる。それは大人でも胸にチクリと痛みを覚える内容でとても良くできているし、「ホッタラケ・シアター」にはホロリとさせられた。
しかしながら、この映画の残念なところはとにかく「子供向け」の映画にしか見えないところ。せめて主人公を小学生にして完全に「子供向け」にしてしまえばまた印象も違っただろうに、何かと”フリスク”をシャカシャカさせるイマドキの”女子高校生”という中途半端な世代を主人公に設定したことで、どことなくアンバランスになってしまった気がした。「ホッタラケ」が”幼き日の思い出”というには高校生くらいになっていないとダメで、痛みとして感じるには少し大人になっていない難しいのかもしれないけれど、この映画のドタバタ劇は大人が観るにはあまりにガキくさい。かといって小さな子供が主人公に共感して泣いたり笑ったりするにはちょっとハードルが高い。よってどっち付かずな、子供も大人も感情移入しきれないものになってしまったのではないかと思う。
・・とはいえ、大人が作っている作品なだけに”ホッタラケの島”のパーツパーツは大人心をくすぐるモノが満載!”昭和”の素材がところどころに埋め込まれているのを見つけると嬉しくなってしまった。(そもそもProduction I.Gの制作だから観に行ったようなもので、最初から映像には不安がなかったけれど)。

たぶん「もう2度とホッタラケにしないもん!」というのは綺麗言。現実的にそれは無理なんじゃないかなーと思うが、”気持ち”だけは忘れないでいられたら、って思うところではある。

総評:★★★☆☆++   好き度:★★★☆☆+   オススメ度:★★★☆☆++

|

« 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(21) | トップページ | 「セントアンナの奇跡」みた。 »

コメント

好みの差こそあれ、私は中々この3DCGが気に入りました。序盤ちょっと慣れるのに時間が掛かりましたけど。(笑)
結局テオと遥の関係性の浅さに比べて、コットンと遥の関係性の深さが際立ってしまったんで、それなら最初からテオを完全に案内役にさせちゃったほうがよかったのかとも思いました。
なんていうのかな、この物語を通してようやくテオと遥って絆ができたのかなって思うんですよ。
だからこれを踏まえて次回作があったら、もっと感情移入して楽しめるのかもしれないなって。

投稿: KLY | 2009/09/02 16:43

■KLYさん、こんにちはsun
誤植修正中にいらしてくださったようでお恥ずかしい限り。

そう、テオを遙の絡みがもう一つ弱いんですよね。おっしゃるとおりベタでもなんでもコットンとの再会をベースにした方が感動大作になったかもと私も思いました。
また、テオの動機もちょっと弱いんですよね。中途半端に裏切ところももう少し工夫があればなぁ。
「忘れていた何かを思い出す」というテーマは、「千と千尋・・」が秀作なだけに、お子様仕様の教育作品っぽく見えちゃいました。

私はテオも遙もあまり好きになれなかったので、続編はいらないかなー。完全にアドベンチャーするには遙は年をとり過ぎてる気がするし。

3DCGの映像には文句ありませんがw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/09/02 16:58

たいむさん、こんばんは!

うんうん、たしかにどこの層を狙っているのか曖昧だったかもしれませんね。
大切なモノを忘れてしまっているということでは、高校生という年齢設定は適切だとは思いましたが、確かにキャラクターデザインを含めやや立ち位置が微妙でしたね。
もっとディフォルメしてしまえば、高校生設定でもおとぎ話的になったかもしれません。

投稿: はらやん | 2009/09/03 22:35

■はらやんさん、こんにちはsun
そうそう、ただでさえ3DCGの微妙なキャラを使っているのだし、もう少しデフォルメタッチでも良かったかなーと思いました。
ノリでいえば「ドリフ」とか「ヤッターマン」だし、やるならトコトン崩しちゃってもよかったかなーと。

良い作品と思うので見せ方をもう少し練って欲しかったかなーと思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/09/04 08:30

こんにちは♪

あぁ~そうですなぁ~。
どの年齢層がターゲットなんかが判じ難くありますね。

ラストへ至るまでの道のりがホントにタルいと言うか
いまいち乗れることが出来なかったんで、ハズレとい
う思いだったんですが、ラストで明かされたテーマに
は涙してしまいました。

コットンの存在は殊の外、大きかったですよね。
自分も同じようなこと繰り返して来たから、彼のエピ
には後悔や一抹の寂しさを覚えちゃいました♪
(゚▽゚)v

投稿: | 2009/09/04 10:19

■名無しさん、こんにちはsun
だけど、タイミング的にも風情♪さんですよね?(^^)

いまひとつ何処にノッて良いのか分からない作品でしたが、「ホッタラケ・シアター」と「鏡の記憶」はグッと来ますよね。

コットンの例からも、モノに魂が宿ると大変です。使い捨て文化が定着した現在、身にしみるエピソードですよね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/09/04 14:09

なるほどね~。
確かに女子高生ではなくもうちょっと小さいコでも
良かったのかもしれませんが、
そうするとなんか余計に某アニメ映画を思い出してしまう
可能性もあるかなぁ~なんて思いました。

投稿: miyu | 2009/09/13 19:31

■miyuさん、こんにちはsun
某「千と・・」ってアレでしょう?(笑)
今の、女子高校生を描きたかったのかもしれないけれど、遙は母親がいない一般的ではない家庭環境しすしね、それはそれとしても、もう少し捻って欲しかったかなーと。
子供ウケを狙いすぎな気がしました。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/09/14 09:27

こんばんは。

和製フルCG映画もだいぶ進歩してきましたね。ストーリーの方も思った以上にしっかりしていた印象で、僕的には及第点でした。

>”昭和”の素材がところどころに埋め込まれている
僕もそこには感心しました。特にプラモデルの枠で飛行機を支えている場面は、ガンダムのプラモデルのCMを思い出して笑ってしまいました。

投稿: えめきん | 2009/09/24 22:21

■えきめんさん、こんにちはsun
>和製フルCG映画もだいぶ進歩
ホントですよね。
近年3D上映なんかも登場しちゃうかもしれませんね。

>ラモデルの枠で飛行機を支えている場面
思ったおもったぁ~~~!
本編より背景を見ているほうが楽しかったりして(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/09/25 14:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/46091572

この記事へのトラックバック一覧です: 「ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~」みた。:

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [LOVE Cinemas 調布]
『アマルフィ 女神の報酬』と同じくフジテレビ開局50周年記念作品。人がほったらかしにしていつの間にかなくなってしまったモノ、そんなモノで出来た島・ホッタラケを舞台に女子高生・遥の冒険ファンタジーCGアニメーション。制作は『キル・ビル』のアニメを担当したProduction I.Gが担当している。主役の遥の声優を綾瀬はるかが、他にも戸田菜穂、大森南朋、谷村美月といった人気俳優が出演。... [続きを読む]

受信: 2009/09/02 16:41

» つじつまの合わない事だらけ。『ホッタラケの島 遥と魔法の鏡』 [水曜日のシネマ日記]
子供の頃、母親から貰った形見の手鏡を探しに行く女子高生のファンタジーアニメ映画です。 [続きを読む]

受信: 2009/09/02 20:28

» 「ホッタラケの島 〜遙と魔法の鏡〜」 父娘の物語 [はらやんの映画徒然草]
誰でも小さい頃はとっても大事にしていたのに、いつの間にかその在処がわからなくなっ [続きを読む]

受信: 2009/09/02 21:21

» 映画「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」@ニッショーホール [masalaの辛口映画館]
 試写会場はお盆休みの真っ只中と言う事で6〜7割くらいの客入りだ。客年齢層もCGアニメ作品らしく小さなお子さん〜年配の方まで幅広い年齢層だ。  映画の話 16歳の遥は幼くして母親を亡くし、父親と二人で暮らしているが、最近は父とも口げんかばかりしていた。あ...... [続きを読む]

受信: 2009/09/02 22:38

» ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜 [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。佐藤信介監督、声:綾瀬はるか、戸田菜穂、大森南朋、谷村美月。 ホッタラケとは、多分、精神がゴミ屋敷状態になって大事なものをどこに置いておいたか忘れてしまう状態のことらしい。それを盗んでいくのがキツネ。「鏡の国のアリス」と稲荷信仰を組み合わせたよ....... [続きを読む]

受信: 2009/09/02 23:27

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [だらだら無気力ブログ]
『スカイ・クロラ』を手掛けたプロダクションI.Gがフジテレビ開局50周年 記念作品として、埼玉県入間市の民間伝承をモチーフに、人間たちがほったら かしにしていた物で作られた不思議な島quot;ホッタラケの島quot;に迷い込んだ女子 高生・遥の冒険を描く。 ヒ..... [続きを読む]

受信: 2009/09/03 00:22

» 「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):遥(綾瀬はるか)、テオ(沢城みゆき)、遥の母(戸田菜穂)、遥の父(大森南朋)、美穂(谷村美月)、他 *監督:佐藤信介 感想・評価・批評 等、レビューを含..... [続きを読む]

受信: 2009/09/03 04:00

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 日本  ファンタジー&ファミリー&アドベンチャー  監督:佐藤信介  出演:(声の出演)      綾瀬はるか      戸田菜穂      沢城みゆき 【物語】  16歳の遥は幼くして母親を亡くし、父親と二人で暮らしているが、最近 は父とも口げんかばかり...... [続きを読む]

受信: 2009/09/04 10:23

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [Diarydiary! ]
《ホッタラケの島 遥と魔法の鏡》 2009年 日本映画 女子高生の遥は母親の形見 [続きを読む]

受信: 2009/09/07 20:10

» ホッタラケの島 /遥と魔法の鏡 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
神社の先にあった「ふしぎな島」での大冒険!! 大切にしていたぬいぐるみ、プラモデル、何回も読み返した絵本、公園で拾った光る石・・・大切にしていたあの「宝物」は、今どこにありますか?あなたの周りからなくなっていませんか? 昔から私たちは「きつね」に何かし...... [続きを読む]

受信: 2009/09/13 05:49

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『あなたの忘れてしまったモノが この島にあります。』  コチラの「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」は、埼玉県入間市にあるハタノヤ稲荷に伝わる民話をモトに、いつの間にかなくなってしまったお母さんの形見の手鏡を取り戻す女子高生の遥(綾瀬はるか)の冒険を描いた...... [続きを読む]

受信: 2009/09/13 19:32

» ホッタラケの島 遥と魔法の鏡 [5125年映画の旅]
女子高生の遥は、キツネ達が人間のほったらかした物を集める異世界・ホッタラケの島に迷い込む。遥はこの世界に母親の形見の手鏡があるのでは思い、おちこぼれのキツネ・テオと共に捜索を始める。しかしこの世界では鏡は魔法の力を持ち、遥の手鏡を悪用しようとする謎の男爵....... [続きを読む]

受信: 2009/09/24 22:09

« 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(21) | トップページ | 「セントアンナの奇跡」みた。 »