« 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(22) | トップページ | 300倍を勝ち抜いて。 »

2009/09/09

「3時10分、決断のとき」みた。

310 男の生き様をしかと見届けたぞ!って思うバリバリの西部劇。
逮捕した強盗団のボス:ベン(ラッセル・クロウ)を監獄のあるユタ行きの列車に乗せるため、報酬目当てで護送の任に志願した傷痍軍人で現在は牧場主人のダン(クリスチャン・ベイル)。
コンテンションの駅までの危険な護送の旅の中で、正反対な立場の2人の間に芽生えるモノ。それは決して友情などではないけれど、確かに通じあっていた。グっとくる映画だった。

各地で20件を超える荒っぽい強盗を繰り返し、リスク回避のためには身内の犠牲も厭わない冷酷無情な強盗団のボスがベン・ウェイド。対して、片足を失ったことから除隊を余儀なくされ、病気の息子の療養のために砂漠地帯で牧場を経営しているダン・エヴァンス。しかし、町の有力者の裏工作から借金をするように仕向けられ、借金のかたに痩せた土地をも奪われる寸前に陥っているダンだった。
ベンは荒くれどもを束ねるだけあり、”神の手”と噂される凄腕の早打ちというだけではなく知性にも長けた男で、手下たちから慕われ尊敬されていた。そんなベンが不覚にも逮捕されたなら、手下たちがベンの奪還にくるのは当然のこと。偶々逮捕劇の場に居合わせたダンは200ドルの報酬を求めて護送の手伝いを引き受けることになる。
ベンの手下たちを欺いて、コンテンションの駅へ急ぐ護送団ご一行様。長い旅路の中、ベンは事のほかダンに興味を持ち、あれこれ話しかけるが取り合うダンではなかった。油断からベンによって次々護衛の仲間を失うことにもなるが、ベンとダンは時に協力しあうなど、次第に互いの本質的な何かを感じ始めて行くのだった。
いずれにせよ、ベンは仲間のもとへ戻りたいし、ダンは列車に乗せなければならないという使命があることに変わりはない。けれど、いざコンテンションに到着し、列車を待つばかりとなったところで、手下たちが追いつき、ベン奪還のために容赦のない攻撃を始めたところで、相容れない2人の間に成立したモノがあった。答えていなかったベンの質問に対するダンの答えから、ダンの命懸けの決断の裏にあるモノに共感したベンだ。ダンの為にひと肌脱ぐ結論を出したベンは、それだけ自信に満ちていて、盗賊にしておくには勿体ないくらいの器のデカい奴なんだよね。

ダンのこと、息子のこと、ベンの手下のこと、ベン自身のこと、そしてベンの馬。きっとそうなるんだろうな、と思ったとおりの結末。けれど”神の手”による爽快感と決してバットエンドではない余韻が残された気持ちの良いラストだった。期待どおりに奥深くてカッコ良い西部劇だった。

総評:★★★★☆+   好き度:★★★★☆   オススメ度:★★★★☆+

まだ痩せていたころのラッセル。いつになったらこのくらいに戻ってくれるかしらね?

|

« 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(22) | トップページ | 300倍を勝ち抜いて。 »

コメント

たいむさんこんばんは!
たいむさんも評価たかいですねぇ。てか単純にすごい面白かったです。何でこんなに日本で公開遅かったんだろう。西部劇だからって話をどなたかがしてましたけど、日本人て西部劇嫌いじゃないと思うんだけどなぁ。(笑)クリスチャン・ベイルが久々に相方に喰われないで存在感を出してましたよね。ラッセル相手にこんなんできるなら、『ダークナイト』や『ターミネーター4』はなんだったんだろう…。(苦笑)

投稿: KLY | 2009/09/10 01:24

■KLYさん、こんにちはsun
こちらもやっと公開になりましたが、ほんと日本になんでもっと早く公開しなかったのでしょうね?
私も日本人が特別西部劇を敬遠しているとは思いません。

『ダークナイト』も『ターミネーター4』も、個性の強いサブキャラだっただけに、正統派すぎが存在を薄くしてしまいましたが、私はけっして悪いとは思っていなくって・・・。時の運がないのかな?
ラッセルはまず痩せてもらわないとだけど、ベイルは変わらずこれからも期待してます!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/09/10 19:13

>決してバットエンドではない余韻が残された気持ちの良いラストだった。
そうだ!決してバッドエンドではない!ですよね。
私は、ラストはああいう風になるとは思わなかったですよ(涙)
ラッセルもベイルも息子役のコも、みんな良かったです!!

投稿: あん | 2009/09/10 23:38

■あんさん、こんにちはsun
こちらもやっと公開です(^^;

>バットエンド
ダンはちゃんとウィリアムの言葉を聞いたし、決断の中には覚悟もきっと含まれていたはずと思えば、バッドエンドには思えないですよね。
しかもベンが仇をとってくれたし。
そんなベンは脱獄を前提にダンの覚悟にのって、台無しになったけど、ちゃんと列車に乗って、お馬さんをしっかり呼び寄せる・・と。
やはりバットエンドじゃないなぁーってね。

役者がそろってましたねー(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/09/11 00:09

たいむさん、こんばんは☆彡
さすが~~たいむさん!すべて予測ついちゃったんだ(笑)
私なんて最後どうなるんだろう?とドキドキハラハラ
もんでした(笑)ものすご~~く久しぶりに観た
西部劇で、こんなに感動するとは思ってもいませんでした(^^;
ダンとベンの二人の間に芽生えたのは友情では
なかったと私も思いますが、心は通じあいましたよね(T^T)
ジョニーファンはラッセル苦手な人が多いのですが(笑)
このラッセルはカッコよすぎ~ステキでした(*^o^*)
ベイルはストイックな役柄が好き(マゾ?笑)
ですよね~ラストの真相(心情)告白が見せ場で
泣かせて頂きました(笑)
こう言う作品好きだわ~~♪

投稿: ひろちゃん | 2009/09/15 23:39

■ひろちゃん、こんにちはsun
すべてじゃないけど、早撃ちはどこかで出てこなくちゃヘンだし、となると、ねぇ(^^)
でも、ダンの足のこととか、心中とかまでは読めませんでしたから、グッと来ましたよー。

ベイルは食われっぱなし・・とか言われて不憫に思っていたけれど、こんなに良い作品に出てたじゃないですか!
SF系じゃないほうが良さそう??

投稿: たいむ(管理人) | 2009/09/16 21:41

あけましておめでとうございます~♪
旧年中はたいへんお世話になりありがとうございました。
今年もたくさんお話させていただきたいと思っております。
どうぞよろしくお願いしますね。
いやぁ~これは本当しびれましたね~。
男の生き様、ロマン、素敵でした。
ラストは悲しいけど、爽快でしたよね。

投稿: miyu | 2010/01/03 20:46

■miyuさん、明けましておめでとうございますfuji
>男の生き様、ロマン、
ですよねぇ~~~~。
期間限定公開だったのだけど、見逃さなくってホント良かったって思ってます。

昨年はたくさんお話出来ましたね。
今年もいっぱいお話いたしましょう!

投稿: たいむ(管理人) | 2010/01/03 23:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/46137933

この記事へのトラックバック一覧です: 「3時10分、決断のとき」みた。:

» 3時10分、決断のとき [LOVE Cinemas 調布]
1957年の『決断の3時10分』のリメイク作品。オスカー俳優で最近では『消されたヘッドライン』が記憶に新しいラッセル・クロウと『タームネーター4』のクリスチャン・ベイルという2大スターの競演する西部劇です。監督は『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』のジェームズ・マンゴールド。実はアメリカでは2007年公開済みなので、それぞれの俳優の最新出演作の方が先に公開されていたりします。... [続きを読む]

受信: 2009/09/10 00:57

» ★3時10分、決断のとき(2007)★ [CinemaCollection]
3:10TOYUMA心に秘めた生き様に、男は静かに命を賭ける。映時間122分製作国アメリカ公開情報劇場公開(シナジー)初公開年月2009/08/08ジャンル西部劇/サスペンス/ドラマ【解説】ラッセル・クロウとクリスチャン・ベイルの2大スター競演で贈る熱き男の西部劇ドラマ。エル...... [続きを読む]

受信: 2009/09/15 23:26

» 3時10分、決断のとき /3:10 to YUMA [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 西部劇は苦手、、、、。 二年前トロント行った時に上映してて、こんなふたりの組み合わせでやるんだ〜 とインパクトあるタイトルも印象にあったこれ。 やっと(というか今更?)このたび日本公開が決まった。 監督が『17歳のカルテ』『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』と、 好きな映画ベスト100からはギリギリで入らなかったけど... [続きを読む]

受信: 2009/09/18 23:21

» ♯43 「3時10分、決断のとき」 [cocowacoco]
映画 「3時10分、決断のとき」 3:10 TO YUMA     ジェームズ・マンゴールド監督 原作:エルモア・レナード 2007年 アメリカ くそ〜ラスト泣いちまったぜ・・・。 なんだか今年は、印象的な『 男 』な映画を多く観てる気がするよ。 リメイクな今作品でも、とても面白かった! 初回版1957年作も良いらしく、でも結末が異なるらしい。 今作とはどう違うのだろうか?とても気になる! (レンタル店へ行ったら、置いてなかったよ。また探さないといけないの・・・行きつけの店が潰れたのは悲しい。。... [続きを読む]

受信: 2009/10/06 14:53

» 「3時10分、決断のとき」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
脈絡のない作品選びが続いてますが、 今回は、久しぶりの西部劇。 [続きを読む]

受信: 2010/02/01 02:05

« 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(22) | トップページ | 300倍を勝ち抜いて。 »