« BS熱中夜話 「ガンダム・ナイト」(後編) | トップページ | 「そんな彼なら捨てちゃえば?」みた。 »

2009/08/01

「サマーウォーズ」みた。

Summerwars 風景と高校野球以外はどの辺が「サマー」かなぁーではあるけれど、この夏、自信を持ってお奨めできるアニメ映画だと思う。
現在から近未来的な題材での出来事ながらも、どこか昭和の香りがするような、進化していくモノとずっと変わらないモノが融合したような素敵な作品だった。
天才や一芸に秀でた人物ばかりが集うような、すこーし出来すぎ感はあるけれど、それでも大人は普通におとなだし、子供もとてもこどもらしい、なにより、歯のない大口を開けてカラカラと笑う栄さんがとっても魅力的だった、これに尽きるかな?
(以下、若干内容に触れているのでご注意を)

この作品には、”OZ”(オズ)という、現実世界に非常に密接に繋がっている仮想世界と、主人公:健二の高校の先輩:夏希の実家で、長野県は上田市に居を構える室町時代から続く武家家系:陣内家の2つの舞台で出来ている。方や超デジタル、方や超アナログという正反対な場。
物語は、ネット上の仮想ワールド”OZ”に分身(アバター)を置き、ネット上でアバターを動かすだけで現実の案件のほとんどが処理できてしまうようになった世の中での出来事で、強固なセキュリティに守られていたはずの”OZ”が何者かにハッキングされたことから、現実世界が崩壊しかねない危機的状況に発展、”OZ”の混乱に不可抗力的にも関わってしまった健二であり、関係者を持つ陣内家の人々の戦いが始まることになる。

映画を観る前は、「家族の絆が世界を救う」といったふれ込みにベタベタな印象を持ち不安に思っていたけれど、開けて見ればそんなイカニモな演出はなく、たまたま最初の単位が「家族」(最小最強のコミュニティ単位)だっただけのことで安心した。確かに「家族」が団結に至る経緯には、陣内家のスーパーおばあちゃん”栄さん”の存在は欠かせないものの、「みんなでご飯を食べよう」という、まったく自然なところから「家族の原点」を思い出させるような方向性も、「押しつけがましさ」が感じられずとても良かった。
むしろ、「家族」で始めた戦いに善意の第3者が賛同した時、はじめて巨大なパワーを生み出すというところが見所と思い、私としても一番グッと来て、嬉しくてウルウルするところだった。(これはこれでベタなんだけど、この手の演出には毎回やられちゃうんだよね)。

ヘタレ気味でも数学の天才だという健二だけが頑張る物語かと思いきや、それぞれの特技に応じたフィールドごとに主役が代わっていくゲームちっくな三段構えが施されており、まず最初に夏希の”はとこ”にあたる少年:佳主馬の活躍(佳主馬のアバター:”キング・カズマ”の勇姿)があり、夏希のアバターによる巨大化した”ラブマシーン”との勝負があり、King_kazmaようやく最後に健二自身が本領を発揮するという、3度の大きな見せ場があったことからまったく飽きる暇がない。ただし、とにかく登場人物が多いことから(個性は感じるけど)キャラ立ちしきれてないところがちょっと残念かな。でも、”キング・カズマ”が可愛いしカッコイイしで、DVDの特典などで何かしらグッズが付いて欲しいな~とか思ってしまったhappy01 (ラブマシーンに吸収された時は”ビーラビット”になったと思ったw)

犯人が「悪意のない敵」というところはもう少し突っ込んで欲しかったが、ネットのセキュリティの脆弱性であり、便利さを求めた結果の”一極集中”という危険性のような社会問題的テーマも含めて、「この作品は娯楽作品だから」と割り切って、小難しい部分は何かを感じて何かを思う程度で良しとしようか。
大スクリーンにこだわる作品ではないけれど、もう一回観たいと思う映画だった。

総評:★★★★☆+   好き度:★★★★☆++  オススメ度:★★★★☆+

そう言えば、ものすごく「花札」がやりたくなった。そうそう「五光」なんて手はできないんだけどねーcoldsweats01
そして、家系図欲しさにパンフを購入。「時かけ」声優陣がさりげなく登場していたことにはじめて気がついたが、”野球”がらみのニクイ器用に笑った(^^)

余談:”こいこいの花札ゲーム”を見つけました♪

|

« BS熱中夜話 「ガンダム・ナイト」(後編) | トップページ | 「そんな彼なら捨てちゃえば?」みた。 »

コメント

こんばんは、たいむさん♪
「時かけ」の仲さんがあんな形で出てたなんて、ともやも後から気がつきました♪
愛護のあの展開は王道ですが、ついつい一緒に力んじゃいますよね。
むむむ〜って!
行け〜って!

追伸。
キング・カズマって格好良いですよね。
フィギュア化してくれればいいのに。

投稿: ともや | 2009/08/01 18:47

■ともやさん、こんにちはsun
「時かけ」以降、実写でしか仲さんを見てなかったうえに、まさかあのように見た目がぜんぜん違うおばさんキャラで出演されているとは全然気がつきませんでした。
気がついていない割には、高校球児の息子が巧介顔かと期待したのに違ってがっかりしましたが、旦那さんが巧介だったこともパンフで知って笑っちゃいました。

大丈夫なのは分かっていても、予測はついてもつい力んじゃう作品は良い作品ですよね(^^)
好きです、こういうのは。

私もキング・カズマがかなり気に入ってます♪
ウサギなところもツボでした。
あ、師匠のイカ忍者もね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/01 19:48

キングカズマのアバターも格好よかったですが、私は夏希のアバターも好きですね。
ウサミミと袴姿という組み合わせが平成と昭和の融合みたいで、いい感じでしたよ。

それと印象的なセリフもよかったです。
『時をかける少女』では「行け~!」
『サマーウォーズ』では「よろしくお願いします!」

ともになんか耳に残るし、事あるごとに使いたくなるセリフですよ。

投稿: にゃむばなな | 2009/08/01 19:54

こんばんは。

家族の絆を上手く前面に出している作品でしたね。
それも、栄ばあさん無しでは成り立ちませんでしたが・・・。

徐々に盛り上がる展開がとても面白かったと思います。
ラストはハラハラドキドキものでした♪

投稿: BROOK | 2009/08/01 19:55

■にゃむばななさん、こんにちはsun
夏希の変身にはちょっと燃えたかも(^^)
そうそう、クジラからレアアイテムを贈られたとか言ってたけど、クジラって”OZ”の守護神ではなかったっけ?って後で思いました(笑)

私は、神木くんじゃなければもっと健二が好きになったと思うんだけどなぁーという感じ。
でも心からの「叫び」ってなんか良いですよねw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/01 20:04

■BROOKさん、こんにちはsun
栄ばあちゃん、恐るべし(^^)
総理大臣よりもこゆいネットワークを持ってそうなところも凄かった!
アナログ黒電話も懐かし~~

緩急の付け方も普通でベタなラストでしたけど、そのまま乗せられて素直にドキドキできる映画でしたね!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/01 20:08

こんばんは。

ぼくも「みんなでご飯を食べよう」にしびれました。
「ひとりでいないこと」「おなかいっぱい食べること」ですね。

投稿: えい | 2009/08/01 23:08

こんばんは^^
凄くよかったですよね。試写が終わって拍手が起こったのには驚きましたよ。最近の宮崎アニメのように変に難しくなく、ひたすら“人と人との絆の大切さ”を直球ど真ん中に謳ってるんで、誰でも解りやすいし受け入れやすいんだと思います。
なんだか色んなメディアミックス的展開が出来そうな作品だなって思うんですがいかがでしょう?(笑)

投稿: KLY | 2009/08/02 00:18

たいむさん、こんにちは。

これは、年齢的に言ってわたしの守備範囲外だと思ってたんですが、
息子が観るというので感想を書かせたという裏技(反則技?)でお邪魔しています。
観客はほとんどが20代男性ということだったので、
ネットゲームも何も知らない、ネット自体をわかってるようでわかってないわたしは、
『ボルト』にしておいてよかったわ、とは思ったんですが(笑)
これってかなり面白かったようですね。
帰って来た息子があまりに楽しそうに語るので、感想を書かせてしまいました。
息子曰く、「オカンなら、面白いことに気づけない部分が多いだろう」と言うので、
映画館では見送るかな?でも、何かの機会には観るだろうなと思います。
妙なお邪魔の仕方でごめんなさい。

投稿: 悠雅 | 2009/08/02 09:50

たいむさん、こんにちは!

>善意の第3者が賛同した時、はじめて巨大なパワーを生み出すというところ
ここは僕も好きな場面でグッときました。
あと負けても負けても、陣内家の人々が諦めなかったところ。
彼らが何度も立ち上がっていく姿を見たからこそ、みんなも力を貸してくれたのだと思います。
諦めちゃったら負けなんですよね。

投稿: はらやん | 2009/08/02 16:42

■えいさん、こんにちはsun
イザって時には「みんなでご飯を食べる」って指南が良いですよねー。
万能薬って気がします!

素敵な作品でしたね!!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/02 16:42

■KLYさん、こんにちはsun
小難しいのも好きだけど、ストレートな作品は素直で大好きです。
こうした作品の評価は技術的な云々とか抜きにして観たまんまを語りたい・・と思いつつも、どうも最近素直に書けなくて困ってます(^^;)

「キング・カズマ」の物語は漫画でスピンオフされているとのことですし、いろいろ世界が広がると面白いですね!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/02 16:54

■悠雅さん、こんにちはsun
ご覧になっていないのにコメントをありがとうございます!
私の行った劇場は老若男女(小さな子供はいなかったけど)様々、きっと悠雅さんも楽しめる作品と思います(^^)
DVDでも十分と思いますが、一見の価値はあると思いますので是非に。
その時は感想を聞かせてくださいね。私はたぶんDVDを購入しますので、何度となく観ることになりそうですし。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/02 16:59

■はやらんさん、こんにちはsun
陣内家+健二の不撓不屈の精神には感動しちゃいますね。
特に佳主馬くんは「敗北」というこれ以上ない屈辱をあじあわされたというに、(凹んでいたけど)腐ることなくた立ちあがってくれたのがスゴク嬉しかったです。

「まだ!まだ!」と「こい!こい!」がダブって聞こえる感じでした(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/02 17:04

何時もお世話になっております。

確かに超デジタルと超アナログがこれだけ最後に1つになるストーリーを上手く纏めて戦国時代の戦術を取り入れたのはツボでしたね。

私は普段から超デジタルと超アナログで疲弊しているのでこういう作品ほど住み分けを確り描いていないとこれ違うだろう!と言うところですがそれが全く無く、無関心だとあのような行動に出るシーンを描いていたのも良かったし、最終的には自らに危機が迫った時には1つになれるという事を描いたのは良かったと思います。

どんなに離れていても家族の絆が強い事を描いたのと世代を超えた繋がりの大切さも感じました。

ハッキングなどの脅威は何時も目の前に迫っていると感じていないといけないですね。

野球のように9回2アウトでも諦めないという事の姿勢もストーリーに甲子園予選を取り入れていた1つだったのかなと思いますね。

投稿: PGM21 | 2009/08/02 19:27

こんにちは♪

>”野球”がらみのニクイ器用に笑った
「時をかける少女」の真琴の女の子投げに秒殺
されましたが、今回の早稲田実業を思わせる人
差し指を空に突き上げも最高でした。

自分自身、ネットでのコミュニケーションの方
がやや強くあったりするんで、人と人とのつな
がりをストレートの直球勝負のメッセージが見
事に胸に響き渡りました。

>善意の第3者が賛同した時、はじめて巨大な
 パワーを生む
そうなんですよね~100%解りきってる演出な
んですが、これも見事にヤラれちゃいますよね。
涙腺が大決壊で、映像がボヤけたくらいでしたよ。

コミュニケーションが希薄がちな今だからこそ
観るべき作品でしたね♪ (゚▽゚)v

投稿: 風情♪ | 2009/08/02 22:21

■PGM21さん、こんにちはsun
陣内家の家系が物語をまとめ上げたって気がします。
この手のジャンルは臭くなりすぎることがあって、絆とか、熱血とか語るのも語られるのも食傷気味になるのだけど、今回はさっぱりしていて加減が私の好みに収まっていました。
良い作品でしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/03 19:00

■風情♪さん、こんにちはsun
あれ?瞬殺でなくて秒殺でしたっけ(笑)
さりげなく細かいところにまでこだわって、遊びごころも盛り込む作画が良いですよねー。
今回も「OZ」のアバターに”ウォーリー”がいないか探したい感じです!(爆)

ネットも現実なんですよね。
スポーツの応援でもなんでも、見知らぬ同士が心を一つに重ねる時って心のそこから燃えますよね。参加できずに見てるだけでも心が高ぶりますし。
「ボクノアカウントヲツカッテクダサイ」になるまでの間が上手かったです!!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/03 19:08

大人数なのに,群像劇というほどキャラ立ちはしてなくて勿体なかったですね。

でも,ストーリーが面白いから許せる!w

キング・カズマかっこよかった〜。
フィギュア欲しい。

花札やった事なかったんでチンプンカンプンでした。。汗

投稿: AKIRA | 2009/08/04 15:15

こんにちはpaper
TB&コメントありがとうございましたhappy01

この映画、私も即リピート鑑賞したいsign03と思いましたheart02

私が想像していた物語とは全然違っていましたが、
良い意味で裏切られましたし、
「キングカズマ」もステキでしたよねlovely

投稿: テクテク | 2009/08/04 15:48

■AKIRAさん、こんにちはsun
親族なだけにどことなくみんな似ているところがあるから被ってるキャラもしましたしね、健二と夏希と佳主馬をもっと見たかったなぁ。
でも、ちゃんとみんなに見所があって面白かったですね。

私もフィギュア欲し~(^^)
「キング・カズマ」のスピンオフアニメが特典にあったらもっと嬉しい(^^)


■テクテクさん、こんにちはsun
劇場でなくても、繰り返し観たくなる映画になりそうです!
私もネタバレなしで観に行ったので、そういう物語だったのか~と思いましたが、好みの方向へ進んでいったので良かったです!

キング・カズマもよいけれど、実は佳主馬がかなり気に入ってます。最初は女の子かと思ってたのにねー(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/04 18:39

こんにちは。

『時をかける少女』の細田守監督の最新作という事で期待も相当高かったんですが、見事に期待にこたえてくれましたね。

バーチャル世界の描き方は明るく楽しく、リアル世界の田舎はどこか懐かしく賑やかに。それぞれの魅力を存分に描いていました。
見せ場も満載で、バトルあり感動ありの大ボリュームでした。隣に座ってたお姉さんがずっとグズグズ泣いていたのが印象的です。

難を言えば、もうちょっとコンパクトにして欲しかったですね。『時かけ』みたいに100分に収まっていると思っていたので、ボリュームがあり過ぎてちょっと疲れてしまいました。

投稿: えめきん | 2009/08/05 06:30

■えきめんさん、こんにちはsun
メリハリのある映像が美しかったですね(^^)

私はこんなにも沢山の見所があるとは思っていなかったので、アニメにしては長尺でもぜんぜん気になりませんでした。
ってか、もともと長尺好き?(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/06 18:29

高校野球とだぶらせるのは、
上手い夏の演出だとおもいました。

見終わって、某アバター登録しちゃった~(笑

投稿: えふ | 2009/08/06 20:51

日本のアニメってやっぱすごいですね~~。
ほんとうに、面白かったです。

予告ではちょっと、どっかなぁ~~って気分でしたが
いやいや、えっらく引きこまれました。
田舎の風景に、誰もがアバターを持つ社会
ものすごくミスマッチなのに
みょうにあっていました。

でも、アニメで観る田舎の風景って
どうしてあそこまで綺麗なんでしょう??

投稿: mariyon | 2009/08/07 21:10

■えふさん、こんにちはsun
某アバターを登録しましたか?(笑)
私は今のところパスの予定。
「キング・カズマ」がセット出来るなら考える、かも(爆)

この先、「細田の夏」ってなるのかもしれませんねw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/07 22:10

■mariyonさん、こんにちはsun
なんとも優しい作品なんですよね。
デジタルとアナログが別々なんだけど上手く融合していて良かったですよね。

>アニメで観る田舎の風景って
>どうしてあそこまで綺麗なんでしょう??
ですよね~。思うに「田舎とは格あるべき」であり、現在ではない大昔の田舎をアニメーターの記憶で美化されているのかも知れません。

実際にはちゃちなのに、ガイドブックの写真のような感じですよね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/07 22:20

こんにちは~♪
「ボルト」じゃなくてこちらを初日に見れば良かったと後悔しちゃいました。
好みの作品でした~。
あんなに大勢の親戚軍団が出てるのに、みーんなキャラが立ってるのがイイ!!
ジョンとヨーコがレアアイテムをくれるシーンも好きです。

先日旅行で上田市を通過しましたが、陣内家を思い出しましたよ~。
旅行の前に「24」も見てたんだけど記事にする時間も無くて・・・。
明日記事アップできるかなぁ。
なんせ夏休みはバッタバタです。

投稿: ミチ | 2009/08/08 00:27

■ミチさん、こんにちはsun
観たいに・・は入っていたけど、初日に「ボルト」をご覧になっていたので、アニメだし評判までは知らないんだなぁ~って思ってました(^^)

親戚軍団を良くぞこまかくキャラ設定したものですよね。ずーずーしいとか、口だけとか、押しつけられちゃうお嫁さんとか、男たちだけでなく裏舞台も細かく出来てましたねw
それにしても有事にも関わらず「まんじゅう」を心配する長女。一族を裏で取り仕切らなければならない重責から思考はやっぱあーなるものかしら?(笑)

「24-7」は久しぶりになかなか好みです♪
ドロドロ加減がたりないと言えば足りないけれど、これからかしら?

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/08 10:40

こんにちわ。

>ラブマシーンに吸収された時は”ビーラビット”になったと思った

私も(笑)。
“鎖カマ”もってたらどうしようかと。
まま、不思議な国のアリス=ウサギだし、OZだしオズだし。
共通項多かったですよね。

健二のアバターもカズマも夏希もアバターうさちゃんだったし。

私ももう一回見たいけど、DVD待ちかなぁ~

投稿: 紫(むらさき) | 2009/08/09 15:39

■紫さん、こんにちはsun
>ビーラビット
わーい♪やっと反応してくれる人がっhappy02
黒いし、デカイし、ウサ耳が生えてきたしでこれは!って思いますよね(^^)
そそ、”オズ”も被ってるんですよね♪

でも~、健二はリスで、夏希はシカなんですよ~
まぁ、夏希の耳はちょっと長くてウサ耳に見えちゃうけどw

DVDは買っちゃうと思います!「時かけ」と並べてそのうち細田コーナーができるかも?(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/09 18:31

たいむさんこんばんわ♪

陣内家のようにスーパー大家族ではありませんが、自分もお盆の時期になるとオカンのオカン・・まあ要するに母方の祖母の家に行きますし、その時オカンの兄妹やら親戚やらも一同に集まるので、凄い親近感が沸いてしまった作品でしたね~。花札のこいこいだって座布団一枚敷いて皆で未だにやってますが、自分たちの場合はお金とかおつまみ賭けたりしてるのでちょっと健全じゃないかもしれません(汗

でも確かに夏希がこいこい勝負でピンチになった瞬間大量のアバターが加勢に来てくれたシーンなどはベッタベタですが、ああいう展開は嫌いじゃないですし、予想できた場面だとしてもやっぱり涙腺脆くなってしまいましたweep
自分もお盆休みを利用して今週もう1回リピートする予定です♪

投稿: メビウス | 2009/08/09 21:12

■メビウスさん、こんにちはsun
私も子供の頃はそんな感じでした(^^)
両親の世代は普通でも兄弟姉妹が多いですし、全員集合すると圧巻ですよね。
妾うんぬんこそなかったけれど、勘当されちゃった誰ががいたりする我が親戚で、かなり親近感を持ってみてました(^^)

やはり75人目はグッと来ますよねー。
その前のカズマの「イケル!」にも力が入ったのだけど。(残念!)
私ももう一回観ようかなぁ~。この夏これと期待の作品がないし。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/10 19:28

こんばんは。
評判が良かったので、お盆休みを利用して鑑賞したのですが、噂にたがわぬ内容の作品でした。
劇中内に高校野球が出てきましたが、自分の息子がエースとして出ているのなら、TVで観ないで球場で応援するだろとツッコミを入れてしまいました。
また、「誰も守ってくれない」とは違った意味で、ネット社会の脅威も感じる内容だったと思いますw

投稿: FREE TIME | 2009/08/16 21:53

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
良い評判は、悪い評判よりあなどっちゃいけませんよねw

>TVで観ないで球場で応援
うん、本来ならばそうでしょうが、陣内家ですから~
栄おばあちゃんの誕生日と甲子園、どちらが重要かといえば、栄おばあちゃんなのが陣内家でしょ、きっと(^^;

>「誰も守ってくれない」
私もチラと彷彿しました。
特に「キング・カズマ」は声援が誹謗中傷に変わり、都合よいところでまた頼るみたいな、ソノマンマでなんかイヤな感じでした。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/17 18:26

残暑お見舞い申し上げます♪
仕事が忙しかったり、PCの調子がイマイチだったり
で、チョッピリご無沙汰です(^^ゞ
夏バテされてませんか?(って私か・笑)

この映画、早く観たかったんですが、中々行けなくて
や~と観れました\(^O^)/期待に応えてくれて、すっごく面白かったです!

ベタな展開でしたが、私もあのシーンはウルウルきちゃいました(T^T)
私も、もう1回観に行きたいなあって思いましたし、フィギュアがつけば
確実にDVD買います(笑)
キングカズマも好きですが、意外と仮ケンジが好きな
私です(爆)

あ~~たいむさんとコイコイやりた~~い(笑)

投稿: ひろちゃん | 2009/08/19 00:03

■ひろちゃん、こんにちはsun
夏らしくない夏ですので、「残暑」という感覚ないのですけど、主婦のお盆は何かと忙しいですし、疲れはたまりますよね。でもいつもどおり元気です♪

ベタだけど、ずっぼり入り込めるベタな作品は秀作です。『時かけ』のときのようにボロ泣きはしませんでしたが、何度となくやってくるヤマ場には力が入りました(^^)

>意外と仮ケンジが好き
でぇ~~~(^^;
私は神木君がちょっと苦手なのが影響していて、リスはアウトオブ眼中ですw

>あ~~たいむさんとコイコイやりた~~い(笑)
おおおー、いいっすね!!
でも私、弱いんだよねぇ。
やるなら麻雀がいいなぁ(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/19 18:01

>夏希の変身にはちょっと燃えたかも(^^)
燃えましたよー!あそこは、子供たちの合唱シーンも入り音楽も良かったそうなんですが、OZの世界の映像に見とれてましたんで、私は気づきませんでした。もう一回観たい、と思ってます。

「キング・カズマ」カッコよかった〜!フィギュア欲し~(^^)
実は、私、DVDはあまり買わないほうなんですが『時かけ』に続きこのDVDは買うと思います〜(笑)

投稿: あん | 2009/08/25 08:38

■あんさん、こんにちはsun
「萌え」じゃなくて、「燃え」ね(笑)
思わずセーラームーンとか、プリキュアとかを彷彿しちゃったし(爆)
「子供たちの合唱」は私も気が付いてないっ!
DVDになった際にしっかり確認したいと思います!!
こういう作品は保存版にして、思い出したら何度でも見たいって思いますよね♪

投稿: たいむ(管理人) | 2009/08/25 21:04

個人的にはキング・カズマよりも
あの何の権限も持ってない健二の仮のアバターが
好きでした。ナニゲにグッズが欲しくなる映画だったのですが、
もう今さらなにも置いてないみたいですね~(;・∀・)

投稿: miyu | 2009/09/05 21:06

■miyuさん、こんにちはsun
ケンジのリスがお好きですか?
私は実は神木くんがちょっと苦手なので、それでマイナスになってるんですよねー。

>ナニゲにグッズが欲しくなる映画
ですね♪
私も通販とか眺めてみたりしましたもん(笑)
今はDVD特典に何が付くか楽しみにしています!!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/09/05 21:52

たいむさん、こんばんは。
前から見たかったんですがやっと見れました。

>カラカラと笑う栄さん
栄ばあちゃん、もうホントに良かったですよね。バーチャルネットワークのキングカズマや花札も良かったですが、おばあちゃんの教えを守って団結する陣内家と健二と、善意の第3者の連携に胸が熱くなりました。

それにしても細田監督って、時かけのときもそうでしたが、非現実と現実の描き方のバランス感覚が絶妙だと毎回感心します。

ありえない非現実を描きながらも、その中に懐かしさや郷愁を感じてしまうのは、その中には現実に生きている私たちと同じ人間がしっかり描かれているからなんでしょうね。

投稿: GAKU | 2009/09/13 23:07

■GAKUさん、こんにちはsun
アニメにしてはロングラン上映。「時かけ」には及ばないだろうけれど、良い作品が世間一般に評価されるのって嬉しいですよね。

細田監督は、人間と人間の推移を良く見ていると言いますか、多少誇張はされているけれど、上手いなーって本当に思います。

>非現実と現実の描き方のバランス感覚が絶妙
本当ですよね。
2Dの背景は昭和の香り、3Dは近未来。
今回は背景での2Dと3Dの使い分けが抜群でした!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/09/14 09:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/45802487

この記事へのトラックバック一覧です: 「サマーウォーズ」みた。:

» Good Communication [MESCALINE DRIVE]
細田守監督作品の「時をかける少女」は面白かった。筒井康隆による同名の原作小説は、これまでに何度も映像... [続きを読む]

受信: 2009/08/01 17:49

» サマーウォーズ [そーれりぽーと]
『時をかける少女』で06年夏の話題をさらった細田守監督の新作と聞けば、あの映画を観た人は期待せずには居られないっしょ? 『サマーウォーズ』を観てきました。 ★★★★★ イイ。  『時かけ』よりもさらにイイ! 冒頭、『時かけ』を彷彿とするカウント音で期待を沸騰させ、そこから一気にバーチャルなネットの世界へ誘われる快感。 かと思えばアナログな現実世界へ。 最初の5分で、この先どんな展開が待っているのかワクワクを膨らませずにはいられない。 そこから舞台はさらに都会を離れて長野県上田市の旧家、陣内家へ... [続きを読む]

受信: 2009/08/01 18:29

» サマーウォーズ [ともやの映画大好きっ!]
【2009年・日本】試写で鑑賞(★★★★☆) アニメーション監督・細田守×キャラクターデザイン・貞本義行×脚本・奥寺佐渡子。 2006年の日本アカデミー賞・アニメーション作品賞を初め、国内外の各映画・アニメ賞など23冠を獲得した「時をかける少女」スタッフが放つSFアクション映画。 そう遠くない近未来。インターネット上に仮想空間OZ(オズ)が作られ、電子メールや電子決済、公共サービスなど、世界の人々がこのシステムを利用して生活していた。 都内にある久遠寺高校に通う2年生の小磯健二(声:神木隆之介)... [続きを読む]

受信: 2009/08/01 18:49

» 「サマーウォーズ」:東砂四丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}小学校も夏休み真っ最中ね。 {/kaeru_en4/}子どもたちも映画館に行くのかな。 {/hiyo_en2/}夏休み映画の名作といえば、何と言っても「学校の怪談」。 {/kaeru_en4/}あれは、よかった。わかりやすくておもしろく、しかもおとなが観ても勇気をもらえる。校庭に幕を張って野外映画会でも催してほしいくらいの名作だ。 {/hiyo_en2/}その「学校の怪談」の脚本家、奥寺左渡子の新作が「サマーウォーズ」。 {/kaeru_en4/}あ、「時をかける少女」の監... [続きを読む]

受信: 2009/08/01 19:10

» 劇場鑑賞「サマーウォーズ」 [日々“是”精進!]
「サマーウォーズ」を鑑賞してきました2006年の「時をかける少女」が評判を呼んだ細田守監督が、再び奥寺佐渡子(脚本)、貞本義行(キャラクターデザイン)とタッグを組み、気弱な理系少年の思いも寄らぬひと夏の大冒険を描くSF青春アドベンチャー。ひょんなことか...... [続きを読む]

受信: 2009/08/01 19:36

» 『サマーウォーズ』 [めでぃあみっくす]
腹が減っては戦はできぬ。一人でも戦はできぬ。だから「よろしくお願いします!」 あの『時をかける少女』の細田守監督の最新作は笑えて、泣けて、興奮して、そして笑顔になれる、個人的には前作を超えた邦画史上最高傑作と賞賛したいくらいに素晴らしすぎるほど素敵な映画....... [続きを読む]

受信: 2009/08/01 20:00

» 『サマーウォーズ』 [ラムの大通り]
----この映画って、 6月ごろからマスコミ向けにラッシュ試写とかいうのが行われて でも、これってまだ完成品じゃないから 個人ブログでは書かないでねの お願いがあったという作品だよね。 「うん。ぼくは 締め切りの必要性に迫られていたわけでもないし、 未完成の作品よりは完成品をということで、 今月に入ってからの鑑賞に。 話題の作品だけに期待で胸いっぱい」 ----どういうお話ニャの? いまひとつストーリーがつかめないんだけど…。 「じゃあ。まずはそれを簡単に説明。 主人公は高校生の小磯健二。 夏休みに... [続きを読む]

受信: 2009/08/01 20:31

» [映画『サマーウォーズ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆遅番仕事の前に、公開日の朝一発目を観に行きました。  MOVIX昭島のロビーは、他の夏休み映画とともに超混んでいました。  私の『ドラクエ?』の<すれ違い通信>は一気に11人をゲットしました^^  そして、『サマーウォーズ』の館内も超満員!  私は、後ろから二列目の一番ハジの席でした^^    ◇  いや、私、この作品をなめていました。  ある程度の佳作だろうと思っていました。  そしたら、凄まじく面白かったです^^v  ケレン味に欠けますが、『エヴァ:破』に匹敵する高密度・高盛... [続きを読む]

受信: 2009/08/02 00:10

» サマーウォーズ [LOVE Cinemas 調布]
2006年公開のヒット作『時をかける少女』の細田守監督がおくるSFアドベンチャーアニメーション。脚本家に奥寺佐渡子、キャラクターデザインに現在『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』が超大ヒット中の貞本義行という『時をかける少女』と同じスタッフが集結した作品です。神木隆之介、桜庭みなみ、富司純子、谷村美月といった声優陣にも注目。厚生年金会館での試写会にご招待頂いての鑑賞です。... [続きを読む]

受信: 2009/08/02 00:14

» 「サマーウォーズ」 あんたならできる [はらやんの映画徒然草]
口コミで次第に観客を集め、単館公開ながらロングランとなった「時をかける少女」の細 [続きを読む]

受信: 2009/08/02 08:46

» どんなに時代が進んでも・・・。『サマーウォーズ』 [水曜日のシネマ日記]
サイバーテロに立ち向かう人たちの物語です。 [続きを読む]

受信: 2009/08/02 09:20

» サマーウォーズ [悠雅的生活]
悠雅的生活 夏休み特別企画。 [続きを読む]

受信: 2009/08/02 09:24

» 「サマーウォーズ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「サマーウォーズ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):小磯健二(神木隆之介)、篠原夏希(桜庭ななみ)、池沢佳主馬(谷村美月)、陣内侘助(斎藤歩)、佐久間敬(横川貴大)、陣内万理子(信澤三恵子)、篠原雪子/陣内典子(谷..... [続きを読む]

受信: 2009/08/02 10:14

» 「サマーウォーズ」世界の危機を理解した家族が1つの強い絆なり戦った世界を守る戦い [オールマイティにコメンテート]
1日公開の映画「サマーウォーズ」を鑑賞した。 この映画は仮想世界(ヴァーチャルワールド)を舞台にした ストーリーで仮想世界で起こったハッキング事件に 天才的数学力のある少年と家が代々武家生まれの少女と その家族たちが仮想世界で起こった ハッキング事件に関....... [続きを読む]

受信: 2009/08/02 17:51

» サマーウォーズ [象のロケット]
高校2年の夏休み、健二は憧れの先輩・夏希にアルバイトを頼まれ、長野にある彼女の曾祖母の家へ一緒に行き「フィアンセのフリ」をすることになってしまった。 その夜、携帯に謎の数字が連なったメールが届き、数学だけが取り柄の健二は夢中で解読するが、翌朝、デジタル仮想都市OZ(オズ)と、現実世界に異変が起こっていた…。 近未来青春ファンタジーアニメ。... [続きを読む]

受信: 2009/08/02 19:53

» サマーウォーズ(2009年、日本) [泉獺のどうでも映画批評]
 この映画は、試写会で観ました。 休日の午後二時半上映ということもあってか、人が結構来ていたようです。又、観客の年齢層は10代・20代が多く、男女比はおよそ半々といったところでしょうか。 ちなみに、上... [続きを読む]

受信: 2009/08/02 19:55

» サマーウォーズ [小泉寝具 ☆ Cosmic Thing]
 日本  アニメ&SF&アドベンチャー&青春  監督:細田守  出演:(声の出演)      神木隆之介      桜庭ななみ      谷村美月 【物語】  天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの 先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女...... [続きを読む]

受信: 2009/08/02 22:05

» サマーウォーズ [だらだら無気力ブログ]
2006年に単館公開から始まり、最終的にのべ100館以上でロングランヒットした 『時をかける少女』の細田監督が前作に引き続き、脚本・奥寺佐渡子、 キャラクターデザイン・貞本義行とともにチームを組み、数学が得意な気弱な 高校生がある事をきっかけに世界に迫る危機に戦..... [続きを読む]

受信: 2009/08/02 23:22

» サマーウォーズ [とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver]
傑作だ。長野県上田市の鎌倉時代から続く旧家というと、真っ先に思いつくのは真田家だ。家康軍を撃退したり、関が原の戦いのときに秀忠をわなにはめて進軍を止めたのは、まさに真田昌幸と幸村の親子だ。その戦いのことを一人の大叔父が切々とそらんじるが、その歴史的物語が... [続きを読む]

受信: 2009/08/03 13:45

» サマーウォーズ [映画君の毎日]
●ストーリー●天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。そこで二人を待っていたのは、大勢の夏希の親せきたちだった。しかも、健二は夏希から「婚約者のふりをして」と頼まれ、親せきの面々に圧倒されなが... [続きを読む]

受信: 2009/08/04 01:06

» サマーウォーズ [Akira's VOICE]
世界危機の夏。恋する夏。   [続きを読む]

受信: 2009/08/04 12:50

» 黒電話、こいこい、お願いしま~す!~「サマーウォーズ」~ [ペパーミントの魔術師]
いや、もうサイコーでした。 むっちゃハマリました♪ 面白くてハラハラしてうるうるしました。 腹が減っては戦はできぬ。 ・・・とばかりにあの状況でみんなでご飯。スゲー。 でも大切なのは落ち着くこと。 いけないことは おなかをすかせてることと ひとりでいること・..... [続きを読む]

受信: 2009/08/04 19:07

» 「サマーウォーズ」 [俺の明日はどっちだ]
“本当の意味での二代目”“正統な続編”と筒井康隆から評価された前作「時をかける少女」で大きく注目された金沢美大出身の細田守監督による最新作。 舞台は日本の原風景を感じさせる長野県の田舎にある由緒ある旧家。 そこに恋心を持つ憧れの先輩とともに訪れた主人公が期せずして巻き込まれることとなる大きな「戦い」を描いている本作、日本の片田舎の大家族 VS 世界規模のバーチャルな仮想コミュニティという対称的な世界観をもとに、片や実写さながらのリアルな描写で、相対する世界はいかにもといったアニメらしい描写で描きつ... [続きを読む]

受信: 2009/08/05 01:50

» サマーウォーズ [5125年映画の旅]
高校生の健二は、憧れの先輩・夏希に騙され、婚約者として夏希の実家を訪問していた。健二はそこで、送られてきた奇妙な暗号を解くのだが、それは全世界に普及するインターネット上の仮想世界・OZのセキュリティだった。セキュリティが崩壊し、何者かに乗っ取られたOZ....... [続きを読む]

受信: 2009/08/05 06:24

» サマーウォーズ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
2006年7月。わずか13本のフィルムからスタートした、細田守監督の劇場版アニメーション『時をかける少女』は、世界中のさまざまな人々に愛される作品として、数多くの賞を受賞。 あれから3年、少女の出会いの物語の次に監督が描くのは、少年と少女の家族の冒険で....... [続きを読む]

受信: 2009/08/05 20:50

» サマー・ウォーズ☆独り言 [黒猫のうたた寝]
8月1日から夏休みを1週間いただきました(笑)恒例の夏祭りだから、甥っ子に会いに実家に来いと弟からの指令が入り、のんびり実家で数日過ごして今日に至るわけですが(笑)そして、ほんとは映画の日の1日に観たかったこれは結局2日のレイトショーで鑑賞してきました。夏休み... [続きを読む]

受信: 2009/08/06 00:36

» 『サマーウォーズ』七夕完成披露試写会@新宿バルト9 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回のそんじょそこらの映画サイトより無駄に詳しい舞台挨拶レポートは、監督:細田守(時をかける少女)、キャラクターデザイン:貞本義之(新世紀エヴァンゲリオン)、音楽:松本晃彦(踊る大捜査線)が送る『....... [続きを読む]

受信: 2009/08/06 19:00

» サマーウォーズ [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! [続きを読む]

受信: 2009/08/06 20:52

» サマーウォーズ (SUMMER WARS) [yanajunのイラスト・まんが道]
『サマーウォーズ』は、『時をかける少女』を手がけて一躍注目を浴びたアニメーション監督・細田守さんの最新作です。キャラクターデザイン・貞本義行さん、脚本・奥寺佐渡子さんなど、『時をかける少女』のスタッフが再結集しました。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009/08/07 13:34

» 明るい未来「サマーウォーズ」 [茅kaya日記]
JUGEMテーマ:映画 日本のアニメはほんとうに素晴らしい!美しい日本の風景と仮想世界の融合が、ここまでできたことに吃驚! アニメならではの田舎の風景。アニメの世界にしか、もう、あんなに美しい日本の田舎はないかもしれない。ちょっとだけネタばれ・・... [続きを読む]

受信: 2009/08/07 21:11

» 映画 【サマーウォーズ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「サマーウォーズ」 『時をかける少女』の細田守監督の最新作。 おはなし:天才的な数学力を持ちながらも内気な性格の小磯健二は、あこがれの先輩・夏希に頼まれ、長野にある彼女の田舎へ。そこで二人を待っていたのは、大勢の夏希の親せきたちだった・・・。 今流行の草食系男子・健二が夏希先輩にムリヤリ連れて行かれたのは長野県上田市のお屋敷。そこには由緒正しい武家・陣内家の親戚ニ十数名が勢揃い。賑やか過ぎるほど賑やかで、個性豊かな人々の中に、健二は突然放り込まれるのです。 一方、健二が生きているの... [続きを読む]

受信: 2009/08/08 00:24

» 「サマーウォーズ」を観る [紫@試写会マニア]
細田監督の新作「サマーウォーズ」を観てきました。劇場で見た予告編で、富司純子さん声で啖呵を切っているおばあちゃんの姿に惚れての観賞です。 山形だと庄内、長野だと上田、どうしてこうも映画化される場所ってきまっているのかな、歴史?風土?自然かしら?茨城とか、伊豆とかそんなに舞台じゃない気がします。 (私見あしからず) ↓ここからネタバレ少々、アニメこそ見ないとワカンないので、たいしたことないかな。 健(けんじ)二は高校二年生。数学が得意でアルバイトに仮想空間「OZ」のシステム・メンテ... [続きを読む]

受信: 2009/08/09 15:41

» サマーウォーズ(評価:☆) [シネマをぶった斬りっ!!]
【監督】細田守 【声の出演】神木隆之介/桜庭ななみ/富司純子/谷村美月/斎藤歩/横川貴大/信澤三恵子/谷川清美/桐本琢也/佐々木睦/玉川紗己子/... [続きを読む]

受信: 2009/08/09 21:11

» レビュー:サマーウォーズ [シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記]
[青春ドラマ][家族][ネット世界][SFファンタジー?][エンターテインメント][ファミリー、大人向け][邦画][アニメ][ビスタサイズ][114分]  キャラ達の一体感:★★★★★ 懐かしい田舎:★★★★☆ 監督: 細田守 声の出演: 神木隆之...... [続きを読む]

受信: 2009/08/09 22:47

» 「サマーウォーズ」みてきました [+++turbo addiction+++]
サマーウォーズ見てきました!! http://s-wars.jp/index.html 。.:*・゜从n^▽^从η゚・*:.。.ミ ☆ 友達に誘われて何気なく見に行ったけど、面白かったよー!!! ところどころに笑いが♪ ほんと、映画館が意外と混んでいてビックリした・・・。 ... [続きを読む]

受信: 2009/08/09 23:12

» [映画][劇場公開]サマーウォーズ 77点 [さとうれおはオレだけか]
「ダイ・ハード4,0」や「イーグルアイ」でこの手の話はもう実写であるのでリアリティのない描写が目立つと痛いかな。 冒頭のアバターが作られていったり8ビットゲーム機のような顔のキャラがいてネットの魅せ方がわかっている様子なのにその他が駄目すぎて落差が大きすぎま... [続きを読む]

受信: 2009/08/13 16:09

» 映画「サマーウォーズ」 [FREE TIME]
映画「サマーウォーズ」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2009/08/15 23:35

» サマーウォーズ(’09) [Something Impressive(KYOKOⅢ)]
一昨日新宿バルト9で見てきました。「時をかける少女」('06)の細田守監督作品+テーマ曲が山下達郎、という興味のあったアニメ作品。劇場に着いた時次の回は満席、その次も残席わずかで、前から2列目の席にしましたが、久方の劇場満員での鑑賞でした。 「時を・・」はやはりユーミンテーマ曲も健気に歌ってた原田知世の瑞々しさ、オリジナル大林作品(「時をかける少女」('83))への愛着で、という感でDVDでと放映の折に見たのでしたが、現代っ子風躍動感あるヒロイン像にアレンジ、意外と新鮮な魅力もあったのでした。... [続きを読む]

受信: 2009/08/18 11:31

» ★サマーウォーズ(2009)★ [CinemaCollection]
「つながり」こそが、ボクらの武器。上映時間114分製作国日本公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2009/08/01ジャンルSF/アドベンチャー/青春映倫G【解説】2006年の「時をかける少女」が評判を呼んだ細田守監督が、再び奥寺佐渡子(脚本)、貞本義行(キャラクターデ...... [続きを読む]

受信: 2009/08/19 00:04

» サマーウォーズ ─ ネットもリアルも関係ない本当に大事なこと ─ [Prototypeシネマレビュー]
─ ネットもリアルも関係ない本当に大事なこと ─ 2006年に『時をかける少女』をアニメ映画として一躍ヒットさせた細田守監督の最新作『サマーウォーズ』(2009年/日本/アニメ)。前作では懐かしくなる青春の1ページを描いていましたが、今回は夏の田舎でのひととき&....... [続きを読む]

受信: 2009/09/13 23:23

» 映画「サマーウォーズ」お腹をすかせないこと、ひとりで居ないこと [soramove]
「サマーウォーズ」★★★★DVDで鑑賞 神木隆之介、桜庭ななみ、谷村美月、仲里依紗、富士純子声の出演 細田守監督、114分 、2009,日本,ワーナー                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 「弱気な高校2年生の健二は、 憧れの先輩の夏希にアルバイトを頼まれて、 長野にある彼女の祖母の家に行くことなる。 そこでは親戚一同が集まり祖母の誕生日を祝うという、 ところがそんな平和ななか、 世... [続きを読む]

受信: 2010/05/13 07:30

« BS熱中夜話 「ガンダム・ナイト」(後編) | トップページ | 「そんな彼なら捨てちゃえば?」みた。 »