« 9月号の「SEED特集」はアスラン♪ | トップページ | 『図書館内乱』と『レインツリーの国』のカバー »

2009/07/24

BS熱中夜話 「ガンダム・ナイト」(前編)

前編のテーマは「アムロVSシャア」!
観覧者30名全員が熱狂的なガンダムファン。ゲストもガンダム好きの土田晃之さん、喜屋武ちあきさん、そして角川書店の社長:井上伸一郎さんという、「的外れ」なんてあり得ないっ人たちの集団での番組だから面白くないわけがない。唯一司会の田丸さんが「見覚えがある」程度しかないってくらいだったけれど、大木さんも”標準男子”的ガンダム知識は持ち合わせていると思われ、いつもながらの一体感ある番組だったと思う。

私としても、ストーリーも会話の内容もすっかり分かるだけに笑ったり頷いたり、とても楽しい44分間だった。やっぱりツッチーはいいね。説明はうまいし、コメントは的を射ているし、観客席との橋渡し的役割もこなしてくれていたから、(編集はされているとしても)スタジオ全体の雰囲気もとても良いように感じられた。

今回は、テーマをアムロとシャアだけに絞り込んだのが良かった。【リーダシップ】、【戦闘力】、【セックスアピール】の3つについてどっちが優れているかを個々に挙げてディスカッションするものだが、みんなの意見を参考にしながら田丸さんがより魅力を感じるほうを決めるという形で進行していった。
【リーダーシップ】のお題(1):「上司にするなら」では、意見はほぼ半々に分かれた。これは「上司の資質」よいうよりは、2人の性格を知り尽くしたファンからみた「上司としての好み」がそのまま回答だから意見交換もほぼ雑談みたいなもの。お題(2):「首相にするなら」では、シャアが優勢。これは実際に指導者(為政者)になったシャアだし、出自も含めてみんなが認めるところという感じだろうか。対してアムロは性格的に向いてないってことなんだろうなぁ。よって田丸さんも「シャア」に決定。
【戦闘力】については、若干アムロ優勢か。焦点は「アムロの成長」か「シャアの器用さ」かというところ。実際ニュータイプとして覚醒したアムロはシャアを凌駕していると思われるが、総合力ではどうか、なんだね。これには次々にMSを乗り換えながらもなんなく乗りこなすシャアを評価して、田丸さんはまたしても「シャア」に軍配を挙げた。
最後、【セックスアピール】は「恋人にするならば」がお題だったが、「遊び人風シャア」と「堅実派っぽいアムロ」ということでそのまんま。田丸さんとしても、20代ならともかく30代間近な現在で選ぶならば「アムロ」と堅い選択だ。
・・と文章で書いてもちっとも面白そうではないのだが、例題として出されるエピソード(映像あり)をからめた理由づけが面白いワケで、だから見ながらでなんぼという番組なんだよね。

総合判定は当然「シャア」になるのだけど、それぞれ意見であり理由はいずれも頷けるものであり、結局両者とも「一長一短」だということを確認するようなもの。それこそがガンダムのキャラクターだから、結局は「好み」がすべてってことなんだろうなぁ。

後編は「GUNDAM is My Life」をテーマに、7/31(20:00-20:44)放送。「マイライフ」というだけあって若干アニメからは離れ、ファンの暴走 熱き想いが紹介されることになりそうだ。

|

« 9月号の「SEED特集」はアスラン♪ | トップページ | 『図書館内乱』と『レインツリーの国』のカバー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/45730151

この記事へのトラックバック一覧です: BS熱中夜話 「ガンダム・ナイト」(前編):

« 9月号の「SEED特集」はアスラン♪ | トップページ | 『図書館内乱』と『レインツリーの国』のカバー »