« 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(15) | トップページ | 「おと・な・り」みた。 »

2009/07/08

ダ・ヴィンチ8月号(小説版:東のエデン)

連載第4回目となる小説版『東のエデン』は、アニメの5.6話から”黒羽”と”ジョニー狩り”(+大杉行方不明)の部分を引いた形で纏められていた。その分、6話の副題でのある「東のエデン」についての補足説明が加えられ、サラッと流されていたその発端と機能、そして起業の頓挫が分り易くなっていた。

とにかく、「東のエデン」とは何ぞや、である。
「東のエデン」とは、まず咲が所属する大学のサークルの名称だということ。そしてメンバーが開発した新しいタイプの”画像検索エンジン”であることは、アニメでも(滝沢が豆柴を例題にして)説明しており、「レイヤー」機能などはアニメの利点を生かして実際にいくつか使用して見せる(次々にケータイに対象物を映して検索結果を見せる)ことで、視覚的なイメージを説明に代えていた。確かにどんなサイトかはそれなりに理解できる説明で、画期的なシステムだというのも分る。それでも”結果”だけから”機能(しくみ)”を汲み取るのはなかなか大変で、”吹き出し”に書かれた文章が何であり、何を意味するもので、何故とか何の為とかまで分かるような「例え」が文章で説明されている小説のほうが断然解り易く、やっとしくみに納得した私だった。
アニメでは、サークルとしての「東のエデン」は最初は「小さなリサイクルコミュ」だったとしか説明されていないので、どうしてそれが「検索エンジン」に繋がるのか良く解らなかったのだけど、今回はそれも解消された。
エデンのサイトとは、「価値観の上書き」を可能にするシステムだってことを漸く理解した感じ。「モノに多角的な視点からの価値と価値観を付け加えていこう」というのがこのシステム開発の発端で、”既成概念をぶっ潰せ”がコンセプトのようなものだということ。その切っ掛けとなったのが咲の(売れる)POP制作能力で(だから起業に咲が必要不可欠であること)、ガラクタでも”コピー”ひとつ書き加えただけで価値(のようなもの)が生まれる場合があるってことを言っていたんだなーと、あるいは表から見れば白でも裏からならば黒、でもどちらも同じものであることを一目で分るようにしたってことで、本当に今更ながらでお恥ずかしい限り。当たり前のことなんだけど、なんだか難しく考え過ぎちゃってたかなって思う。(正直なところ、エデンサイトの使い道が良く解ってなかったもんだから、最終回でのアレも何で可能なのか疑問に思っていたんだよね・・^^;) ただ、最初に見た時から”個人情報”的観念においては危険を孕んでいるシステムだと思っていたわけで、それはそれで正解だったのが良かった。検索対象は物に限らず人間までもが含まれることから、良い使い方をすれば、新たな価値感から世界が広がる(かもしれない)けれど、良くない使い方をすれば無責任な誹謗中傷の場にもなるということが指摘され、そうしたトラブルがサイトの行き詰りの理由というのは最初から納得できたしね。

セリフも情景もほとんどアニメと変わらない小説版なのだけど、「あれ?」となんとなく引っ掛かりを覚える部分は(本編を見直すと)大抵の場合でセリフに追加が見られるように思う。ちなみにエデンサイトを面白いと評価しているときの滝沢のセリフの追加分にもエデンサイトを説明する一文があった。
「・・要は携帯のカメラを通せば、『今ある世界に新しい価値観を被せてまったく別の世界を見ることができる』ってことなんだろう?・・」
あー、なんだか目から鱗。そしてエデン運営に参加表明する時の咲も、
「・・それしかもう、私が今の現実から脱出する方法ないんだもん。・・」
あー、そういうこと?って感じがした。情報満載なアニメも良いけれど、見えない情報の収集(特に確定情報)は小説が一番だね。(1回あたりページ数が倍くらいあったならばもっと良いけど)。次回は一連の”ジョニー狩り”事件についてかな?黒羽についてもう少し踏み込んで書かれていると良いなって思う。

それはそうと、みっちょんと滝沢で花火をセットしてみんなで和むという場面のあと、「・・・このとき滝沢朗に関わってしまったがために、もう二度とこんな楽しい時間は訪れないということに、咲たちは気づきもしなかった。」と締められていたのには「えー」となった。あのような最終回見てしまうと、ついつい最終回の後の五里霧中で山あり谷ありな世界を思ってしまうから心配になる。あんまり脅かさないで欲しいなぁ。

最後に恥かきついでにもうひとつ。EDってすっかり最終回のネタばれだったんだなーって。録画だとEDを見ないこともシバシバでちっとも気が付いてなかった。今見ると、「ばーん、ばーん」がスゲーカッコよく見えるんだけど(^^)。

|

« 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(15) | トップページ | 「おと・な・り」みた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/45565785

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ8月号(小説版:東のエデン):

« 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(15) | トップページ | 「おと・な・り」みた。 »