« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」みた。 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(14) »

2009/06/28

「それでも恋するバルセロナ」みた。

Vicky_cristina_barcelonaいやぁ~凡人の私には、女3人、誰の感覚も共感しきれないっつうか、どこか理解不能な恋のおはなし。
懲りないひとりのモテ男だけが(一応)トクしちゃってる感じではあるけど、女たちも”ひと夏の情熱”を十分に焦がしたようでもあるし、ほんのひと時の火遊び感覚だった旅の想い出って物語。距離分だけ後腐れが無さそうなところにホッとするような、そんなぐちゃぐちゃ恋愛物語だった。

女好きのイタリア男の話はよく聞くけれど、スペイン男もそういうものなのかな。というか、男も女も恋に関しては自由というか貪欲というか、”お国柄”とか”文化”とかなのかなぁ。当たり前のように女2人を同時に誘っちゃうし、下心すらまったく隠そうとせず、成り行きでなんでも有りさって誘い文句がまたスゴイ。どう考えても女たらしにしか見えないフアン・アントーニオの甘い言葉と男の色気に、女2人してコロリをまいっちゃうんだから”旅”とは面白い。旅とは”非日常”で、非生活圏は人間のタガが外れやすくなるってことなんだろうな。
それにしても堅実なヴィッキーがコレほどまでに後を引くとはね。逆に、自由奔放のようでいて、楽しむだけ楽しんでも「違う」と感じたらアッサリ捨てられるクリスティーナっていうのも少し意外だった。いや、案外そういうものなのか?
日常なのにぶっ飛んでる元妻:マリアはまったく理解不能な人物。でも色男にとっては女神様のような小悪魔ってものすごく魅力的なのかもしれない。マリア(ぺネロピ)の登場は中盤に差し掛かってからなのだけど、美しさといい狂気じみた言動といいその存在感たるやハンパじゃない。(フアンとマリアとクリスティーナの奇妙な同棲生活は興味深かったなぁ)

決してラブコメではないので、淡々とした進行具合にダルサを感じたけれど、気がつけば”はしか”みたいな恋の物語が面白かった。

総評:★★★★☆    好き度:★★★☆☆++   オススメ度:★★★☆☆++

|

« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」みた。 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(14) »

コメント

うん、案外そうゆうものなのだと思いますよ。
ってかね、簡単に始まった恋は簡単に終われるし、
ヴィッキーにしたら成就しなかった恋だからこそ、
ロマンティックで引きずってしまうんじゃないでしょうかね。

投稿: miyu | 2009/06/28 22:04

たいむさんこんにちわ!
そうそう、だーれにも共感しきれないですよね~^^;
ヴィッキーが一番近いかと思ったらアレレだし(笑)
日本人には理解不能な世界なんでしょうか~

ペネロペはやっぱりステキでした~
ああいう毒みたいな女性に男は参っちゃうんでしょうか。
面白かったのになんだかダルく感じた妙な映画でした(笑)

投稿: かいこ | 2009/06/29 10:39

たいむさん、こんばんは^^
私はヴィッキーが自分に似ていて(笑)
感情移入して楽しめました。
感動とか余韻とかはないけれど
肩の凝らない、あっさり、サックリした
ラブコメで楽しめました♪

ぺネロペの存在感は半端じゃあなかったですよね。
スペイン語で話すところがもう可笑しくて~

そっか、はしかみたいな恋の物語・・・なるほどです^^
たいむさんは、ちなみにどのタイプですか?(笑)

ps.うちのボクちゃん、大興奮、大感激でエヴァから
帰ってきました♪もう1度観に行きたいと言ってました(笑)
映画館に行くのが嫌いなボクちゃんなのに、
珍しいです^^かなり楽しめたようです♪

投稿: ひろちゃん | 2009/06/29 14:51

■miyuさん、こんにちはsun
案外そういうものですか?
なんかmiyuさんがおっしゃると説得力あるっていうか、実感こもってる感じに聞こえるなぁ(笑)

確かに、夢見る夢子な堅い女が一旦崩れるとアレヨアレヨだったりしますしねー(笑)

■かいこさん、こんにちはsun
おお!かいこさんもでしたか!
クリスティーナの件といい、どうやら私たちは近い感覚でこの映画を見ていたようですねw

毒女~~~(爆)
でもそんな毒女がしっくりハマっていたペネロピでしたね!

>面白かったのになんだかダルく感じた
ここも同じく♪

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/29 19:28

■ひろちゃん、こんにちはsun
ひろちゃんは、ヴィッキー似ですか??
警戒心はともかく、行くところまで行っちゃったあとのしつこさとか、いじけっぷりはちょっといただけないんだけどなぁ(笑)
といいつつ、私の診断タイプは「ヴィッキー」ってどーゆーこと??
悩んだ選択肢を逆にいくと「マリア」ってのがまたすごいんだけど(爆)

ペネロピのスペイン語は迫力ありましたね~。
字幕だからアレだけど、本当はもっと凄いニュアンスなんじゃないかと思ってます(^^;

一過性の恋、まぁ、ありでしょう!ってお話でしたねw

息子さんは大満足でしたか!
確かに1回では見落としが沢山で、もう一回みたくなる作品ですね。
私も(思い入れがないといいながら)もう一回みちゃうかも、ですしw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/29 20:22

こんにちは♪
あー、もう今年も半分終わっちゃうね~。

この手の恋愛モノって共感は絶対に無理だから、ただひたすら傍観者で「こんなこともあるんだ~」って感じで鑑賞です。
フアンの調子良さはずるいって思いました(笑)
実は恐妻家なのよね。
才能のコンプレックスもありそうだったし。
なにはともあれスカちゃんとペネロペが見れて楽しかった~。

投稿: ミチ | 2009/06/30 22:34

>誰の感覚も共感しきれないっつうか、どこか理解不能な恋のおはなし。
うふふ、ホントにそうですね。誰にも共感出来ないというか、ウディ・アレン監督、好き放題に楽しんでるなぁ〜って感じでした。

その前に『愛を読むひと』の文庫本も読んで(読みましたよw)うんうん悩んでいたので、嘘のような軽妙な映画でした。ハンナやマイケルが真面目で可哀想すぎる...。あ〜、いろんな世界があるもんですね〜(笑)

投稿: あん | 2009/06/30 23:44

個人的にこの3人の女性を好きな順にならべると、マリア、クリスティーナ、ヴィッキーになるんですよね。

まぁ私も普段から理解不能だとか、ぶっ飛んでいるとか言われているので、やっぱりこんな順番になってしまったのかな?と思いました。

でもそんなことを除いても、ペネロペちゃんはセクシーでしたよ。

投稿: にゃむばなな | 2009/07/01 13:24

たいむさん、こんにちは。

確かに旅の魔法はあるでしょうが、真面目なヴィッキータイプほど、落ちると始末が悪いですよね。
私も女性の誰一人として共感できなかったし、
アレン氏始め、世の男の願望物語だろう~と冷ややか目線になっちゃいました(苦笑)

投稿: オリーブリー | 2009/07/01 15:16

■ミチさん、こんにちはsun
えー、今年も上半期終了??年々時の経つのが早くなってる気が・・・(^^;

>「こんなこともあるんだ~」
まさしくそんな感覚ですねー。
フアンみたいな男ってたくさんいるのかしらね?
なんかあの男は釈然としないですよね。調子良過ぎだし。

イイ女勢ぞろいで目の保養になりました♪


■あんさん、こんにちはsun
アレン監督に思い入れがないんで、いつもの・・とか言われると良く分からないのだけど、恋愛の達人的手腕なんですねー。

>『愛を読むひと』
うはは、このギャップは激しいですよ。比べちゃ酷だわ。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/07/01 18:18

■にゃむばななさん、こんにちはsun
>マリア、クリスティーナ、ヴィッキー
私もそうかもです。
一番まともそうなのがヴィッキーかとも思うけれど、計算高くて小面倒くさいのは自分を見ているようでヤなんですよね(笑)

ペネロペの独特の雰囲気って良いですよね(^^)

■オリーブリーさん、こんにちはsun
>落ちると始末が悪い
そうそう、同性の視点でもこの手の女は厄介って思っちゃいますよね。

>世の男の願望物語だろう~
あはははは。こんなに男に(だけ)都合の良いお話ってそうそう無いですもんね。
誰も深く傷つかないのが救いというか、良かったです。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/07/01 19:17

やっぱり助演なので、出番の少なさにちょっとがっかりでしたが、
存在感は抜群でしたね。
ひらりん的に言わせてもらえば、
「スペイン版猟奇的彼女なペネちゃん」映画でした。
バルデムが羨ましすぎーーーーーっ。

投稿: ひらりん | 2009/07/02 23:55

■ひらりんさん、こんにちはsun
毒のある美女ペネロペの存在感は圧倒的でした。
スカちゃんでさえ気押されていた感じがしましたし。

>バルデムが羨ましすぎーーーーーっ。
男性陣はみな同じ思いでしょうか。女性側は。ズリィ~かな?(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/07/03 19:52

こんにちは~たいむさん♪
女3人の誰にも共感はしなかったけど、私、この映画好きでした。
どこが好きかよく分からないんだけど、観ていて面白かったのよ~happy01
それにしてもハビエルさん、オカッパ頭もいいけどプレイボーイもよく似合う(笑)

投稿: 由香 | 2009/07/04 12:57

■由香さん、こんにちはsun
好きですか~。
私はもう少し・・かな?
リアルなラブストーリーも良いけれど、幸せな気分でいっぱいになれるラブコメがやっぱり好きですから。

>ハビエルさん
今回一番おいしかった俳優さんでしたね(^^)
フアンを重ねて、ズルイって思ってしまいそうだけどw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/07/04 20:46

こんばんは。

この映画を観ていて「恋愛もいろいろあるんだなぁ」としみじみ思いました。フアン、クリスティーナ、マリアの三角関係なんかは到底理解は出来ませんが、何故だか妙に感心してしまいましたね。

ただ、ちょっと楽しみどころが特殊な内容だったので、ゴールデングローブ賞で作品賞を取るほどではないかな、なんて思ったり。

投稿: えめきん | 2009/07/09 22:37

■えきめんさん、こんにちはsun
いろいろな恋愛があると思っていても、私の中ではこれらはすべて「なし」かなぁーと(笑)
他人事として見ている分には面白い、そんな感じですねー。

ペネロペの迫力はオスカーに値すると思いますが、賞の基準や決定打はわからないものですね(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/07/10 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/45477625

この記事へのトラックバック一覧です: 「それでも恋するバルセロナ」みた。:

» それでも恋するバルセロナ ウディ・アレン監督 [ネット社会、その光と影を追うー ]
映画それでも恋するバルセロナは、親友のクリスティー [続きを読む]

受信: 2009/06/28 19:33

» それでも恋するバルセロナ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『この恋、想定外』  コチラの「それでも恋するバルセロナ」は、第81回アカデミー賞でペネロぺ・クルスが助演女優賞を受賞、ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した6/27公開のウディ・アレン監督のラブコメディなのですが、早速観て....... [続きを読む]

受信: 2009/06/28 19:52

» それでも恋するバルセロナ [LOVE Cinemas 調布]
ウディ・アレン監督のロマンティックコメディ。出演は『ノーカントリー』のハビエル・バルデム、『エレジー』のペネロペ・クルス、『ブーリン家の姉妹』のスカーレット・ヨハンソン、『フロスト×ニクソン』のレベッカ・ホール。特にペネロペは本作でアカデミー賞助演女優賞を獲得したています。スカーレットとペネロペファンの私としては、前売り発売と同時に買って楽しみに待っていた一作です♪... [続きを読む]

受信: 2009/06/29 00:07

» 「それでも恋するバルセロナ」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「それでも恋するバルセロナ」公式サイトバルセロナでの四角関係の恋愛を描くロマンチックコメディー。この四角が男女2人ずつじゃなく、男1人に女3人結構面白く観られたのに、96分と短い上映時間が長く感じて結局面白かったのかそうでないのか...... [続きを読む]

受信: 2009/06/29 10:25

» ★それでも恋するバルセロナ(2008)★ [CinemaCollection]
VICKYCRISTINABARCELONAこの恋、想定外メディア映画上映時間96分製作国スペイン/アメリカ公開情報劇場公開(アスミック・エース)初公開年月2009/06/27ジャンルコメディ/ロマンス【解説】ホームタウン、ニューヨークを飛び出し、イギリスで3本の作品を手掛けたウディ・ア...... [続きを読む]

受信: 2009/06/29 14:52

» それでも恋するバルセロナ [Diarydiary! ]
《それでも恋するバルセロナ》 2008年 スペイン/アメリカ映画 - 原題 - [続きを読む]

受信: 2009/06/29 19:41

» それでも恋するバルセロナ/Vicky Cristina Barcelona [我想一個人映画美的女人blog]
『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続いて スカーレット・ヨハンソン起用3回目となるウディ・アレン監督の新作{/m_0150/} スカちゃんはウディじいさんの現代のミューズ{/m_0136/} 昨日のウィル・フェレル主演のコメディの他にもう1本 上海で買ってきたDVDがコレ。 これは撮影してた頃からチェックしてたし、ジャケットが素敵なので即決め♪ ウディの映画は会話が命だし、英語で観るのは難易度高し!って分かっていながらもペネだし{/m_0139/}って買ったんだけど 偶然にも帰りの... [続きを読む]

受信: 2009/06/29 23:22

» 映画 【それでも恋するバルセロナ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「それでも恋するバルセロナ」 ウディ・アレン監督によるロマンチック・コメディー。 おはなし:バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、画家のフアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)に惹かれていく。そんな中、彼の元妻のマリア・エレナ(ペネロペ・クルス)が戻ってきたら・・・。 一人の男に三人の女。四角関係は超ややこしい! 子育て云々などという生活臭なんてこれっぽっちもない登場人物たちがただただ恋愛にあけくれる有様は、私とは... [続きを読む]

受信: 2009/06/30 22:31

» それでも恋するバルセロナ [めでぃあみっくす]
「この恋、想定外」の割には「この映画、想定内」でした。まぁウディ・アレン作品なので面白いことは面白いのですが、ちょっと毒の効き方が物足りないというか、パンチが効いていないというか、全体的にあまり印象に残らない映画でした。そしてこの映画を見てもバルセロナに....... [続きを読む]

受信: 2009/07/01 13:24

» それでも恋するバルセロナ [心のままに映画の風景]
クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、ひと夏のバカンスを楽しむためバルセロナにやって来た。... [続きを読む]

受信: 2009/07/01 15:11

» それでも恋するバルセロナ♪VICKY CRISTINA BARCELONA [銅版画制作の日々]
Vicky Cristina Barcelona♪ スペインに行きたくなる〜〜!流れる音楽がまたよろしい。バルセロ〜ナハビエルがイケメンに見えるな バルセロナは、私が毎年出品しているミニプリント展が開催される場所です。そんなこともあってぜひ訪ねたい場所なんだけど・・・・・。いまだにそれは実現されておりません。治安は今一つよろしくないという噂も、特に南はやばそうです。その中心都市がこのバルセロナらしいけど。 映画はそんなことは何処吹く風のような感じもする情熱あふれる街。ガウディのサクラダ・ファミ... [続きを読む]

受信: 2009/07/02 00:08

» 『それでも恋するバルセロナ』 [・*・ etoile ・*・]
'09.06.24 『それでも恋するバルセロナ』(試写会)@ユナイテッドシネマ豊洲 これ見たかった! yaplogで当選。いつもありがとうございます。今回はららぽーと豊洲内にあるユナイテッドシネマ豊洲での試写会。稼動しているシネコンなので設備が充実。音響もいいし座席も見やすい。しかも今回の会場、シアター4には2人掛けのプレミアシートが2席あって、けっこうギリギリだったのに1席空いていた! 広々して足伸ばし放題。小さなテーブルもあるので飲み物なんかも置けて快適。 「バルセロナにバカンスにや... [続きを読む]

受信: 2009/07/02 00:43

» ★「それでも恋するバルセロナ」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で鑑賞。 ひらりんお気に入りのペネちゃんのオスカー受賞作。 思わずスクリーンに「おめでとう」と叫びたくなったが、恥ずかしいのでやめましたが。... [続きを読む]

受信: 2009/07/02 02:20

» 『それでも恋するバルセロナ』 [唐揚げ大好き!]
  バカンスの恋は身を焦がす   ■ヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは慎重派で、堅実な彼氏と婚約中。一方のクリスティーナは恋愛体質な情熱家。2人はアメリカを離れ、ひと夏のバルセロナで過ごすことに。ある日、2人はセクシーな画家、ファン・アン... [続きを読む]

受信: 2009/07/02 04:24

» 「それでも恋するバルセロナ」を観る [紫@試写会マニア]
ウディ・アレン監督作品「それでも恋するバルセロナ」を観てきました。 実はちゃんとシアターでW・アレン監督作品を鑑賞したのは初めて。彼の作品はとっても魅力的だ、とは思うのだけど、何か‘虫が好かない’部分が。満足感が得られないこと・・・数回。それでも足を運んだのは、この作品でアカデミーの助演を取ったペネロペ・クルスとスカーレット・ヨハンソンの絡みがある作品、と聞いたから。予想は大体クリア、それ以上に楽しめた作品だった、と思います。 ↓ここからちょっとネタばれ少々。バロセロナ観光経験者にはたまらな... [続きを読む]

受信: 2009/07/02 23:48

» 『それでも恋するバルセロナ』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
アカデミー賞に絡んだ作品の6月公開作品って今年は異様に多い気がしますね。たいがいGWを狙った上映くらいまでな気もするのに。。。 ということで、ペネロペ・クルスにアカデミー助演女優賞をもたらしたウディ・アレン監督作『それでも恋するバルセロナ』を観ましたー。 ***... [続きを読む]

受信: 2009/07/04 01:04

» それでも恋するバルセロナ [映画どうでしょう]
映画 それでも恋するバルセロナ の感想 ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナ... [続きを読む]

受信: 2009/07/04 10:17

» それでも恋するバルセロナ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
第81回アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞(ペネロペ・クルス)、第66回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞受賞作品―【story】バカンスを楽しむためバルセロナにやってきた親友同士、ヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)。慎重なヴィッキーは真面目な彼と婚約中。一方、自由奔放なクリステーナは彼氏と別れたばかり。2人はセクシーな画家フアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)と出会う。クリスティーナは一目で彼に惹かれ、最初反発していたヴィッキーまでも彼に惹かれていく―ところが... [続きを読む]

受信: 2009/07/04 12:54

» 映画:「それでも恋するバルセロナ」Vicky cristina Barcelona Wアレンの新作 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ヒマがあれば現地で観ておきたかった作品がNY帰りの機内映画だったので、さっそく拝見。 なかなか評判の良い、ウッディ・アレンの新作である。 ほとんど予備知識なしで鑑賞。 主演はいつものお気に入り、スカーレット・ヨハンソンを中心に。 今回の舞台はタイトルの通り、バルセロナ。 だが、登場するのはほとんどアメリカ俳優なので、場所は違うとはいえ内容はいつものアレン節。 まるでNYにいるような気もしつつ、スペイン観光気分も楽しめるので、その点お得か(笑) 話はするすると進んでいく。 ... [続きを読む]

受信: 2009/07/05 01:42

» 「それでも恋するバルセロナ」(VICKY CRISTINA BARCELONA) [シネマ・ワンダーランド]
米国映画界の才人、ウディ・アレン監督が2008年にメガホンを執ったラブ・ロマンス・ムービー「それでも恋するバルセロナ」(原題=バルセロナのヴィッキー、クリスティーナ、米・西、96分、W.アレン脚本)。本作は、アレン映画として初めてスペイン・バルセロナを舞台とし、同所をバカンスで訪れた2人のヘ米国人女性と地元のセクシーな男性画家、さらにはその元妻、4人が織り成す恋模様を描いている。複雑に絡み合うラブ・ロマンスはアレン映画のテーマの中核をなすものであるが、本作ではそのもの足りなさが否めない。な...... [続きを読む]

受信: 2009/07/05 19:12

» それでも恋するバルセロナ [映画どうでしょう]
映画 それでも恋するバルセロナ の感想 ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナ... [続きを読む]

受信: 2009/07/05 22:13

» それでも恋するバルセロナ [5125年映画の旅]
ヴィッキーは婚約者との結婚を控えた堅実派の女性。クリスティーナは危険な恋に燃える情熱派。親友同士の二人は、バカンスのためにバルセロナに長期旅行にやって来た。二人はそこで、魅力的な画家のフアン・アントニオと出会い、恋に落ちる。しかしそこに、フアンの元妻マ....... [続きを読む]

受信: 2009/07/09 22:32

» [映画][劇場公開]それでも恋するバルセロナ 80点 [さとうれおはオレだけか]
この前見た「愛を読むひと」と逆でナレーションとか多くて嫌でもわかりやすかった。 あんまり見終わった後話のタネにはなりにくいでしょうけど。 そんなことで賞をたくさん獲ったのが意外。スカーレット・ヨハンソンの演技が凄くないってのはわかりますが。 キャラ的にはス... [続きを読む]

受信: 2009/07/12 21:47

» それでも恋するバルセロナ [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★☆☆☆    (★×10=満点)     丸の内ピカデリー にて鑑賞  監  督:ウディ・アレン キヤスト:スカーレット・ヨハンソン       ペネロペ・クルス       ハビエル・バルデム       レベッカ・ホール、... [続きを読む]

受信: 2009/07/19 18:22

» それでも恋するバルセロナ [Movies 1-800]
Vicky Cristina Barcelona (2008年) 監督:ウッディ・アレン 出演:レベッカ・ホール、スカーレット・ヨハンソン、ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス スペインのバルセロナへバカンスにやって来た2人のアメリカ人女性が、1人のスペイン人画家と出会い、恋に落ちる模様を描いたラブコメ。 恋愛に対する価値観が正反対な2人の女性が同じ男に恋してしまうという冒頭からは、恋の三角関係を描いたラブストーリー主体のコメディを想像するかもしれないが、本作は基本的にW・アレン流コメディで、恋愛... [続きを読む]

受信: 2009/07/20 00:51

» それでも恋するバルセロナ [まぁず、なにやってんだか]
もう、そろそろ上映が終了しそうな「それでも恋するバルセロナ」の鑑賞をしてきました。 バルセロナを舞台に、3人の魅力的な女性がそれぞれ恋に落ちるのかと勝手に想像していたのですが、私の想像を超えた「想定外」の恋がありました。 いかにも胡散臭い(容貌の)画家の仰天のナンパゼリフに、「ふざけんな!」と思うのですが、クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)はまんざらでもない様子。有名な画家という肩書きがあるからこそ興味を抱くのでしょうが、どこの馬の骨ともわからない男に同じ言葉を言われたら、飛び蹴りも... [続きを読む]

受信: 2009/07/22 21:52

» それでも恋するバルセロナ [Addict allcinema 映画レビュー]
この恋、想定外 [続きを読む]

受信: 2009/07/25 20:56

» それでも恋するバルセロナ [映画の話でコーヒーブレイク]
毎度おはこび、ありがとうございます。 「旅の恥はかき捨て」なんてぇことを申しますが、旅に出ると理性のたがが外れ、 思いもよらない行動に出るというのは洋の東西と問わず起こることのようでございます。 八っあん、熊さんではございませんが、ヴィッキー嬢とクリスティーナ嬢二人のアメリカ娘が スペインはバルセロナでひと夏を過ごす、ちょっと危ないヴァカンスのお話でございます。  ***************************    それでも恋するバルセロナ   Vicky Cristina Barc... [続きを読む]

受信: 2009/07/26 23:28

» 『それでも恋するバルセロナ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「それでも恋するバルセロナ」□監督・脚本 ウディ・アレン □キャスト ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、パトリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、クリス・メッシーナ■鑑賞日 7月19日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感想> スペインはバルセロナを舞台に、日本人ではこんな三角、いや四角関係は無理だろうとも思える関係を、ウディ・アレンが独自の“毒”... [続きを読む]

受信: 2009/07/27 17:18

» 映画「それでも恋するバルセロナ」お気軽バルセロナ観光を楽しむ [soramove]
「それでも恋するバルセロナ」★★★DVD鑑賞 ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン主演 ウディ・アレン監督、107分 、 2009年6月27日公開、2008,スペイン、アメリカ,アスミック・エース (原題:Vicky Cristina Barcelona )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← ペネロペ・クルスはこの作品でアカデミー賞・助演女優賞を獲得した。... [続きを読む]

受信: 2010/04/18 17:02

« 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」みた。 | トップページ | 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(14) »