« トリプルセレソンにはなったけど。。。 | トップページ | わーい!『プラネテス』の再放送が始まるぞ! »

2009/06/13

「真夏のオリオン」みた。

Olian 観ない予定だったのだけど、招待券を貰ったので早々に鑑賞。
一応千秋先輩贔屓の私なのだが、玉木君演じる倉本艦長から「昔は音楽を志し、オーケストラの指揮者のなるのが夢だった」・・なんてセリフが吐かれた時は、笑うどころかゲンナリしてしまったけどー(^^;
一言でいうならば、のほほんとした戦争映画。思ったよりは悪くない、けど、かな?

「イ-77」という潜水艦が舞台にした終戦までの2週間が描かれた物語。既に物資も人材も逼迫した頃だからなのか、玉木君レベルが一潜水艦の艦長を任されているところからして、もはや日本もこれまでという印象をまず持ってしまう。玉木君ではどっから見てもケツの青い頼りなき若き艦長にしか見えないないのだが、倉本は1年半ほど前から艦長に任につき、13隻もの敵艦を撃沈させているというのだからなかなかのやり手のようだ。それでも奢ることなく穏やかで飄々とした性格から、年上の機関長はじめ多くの部下からの信頼も厚い男で、それゆえの玉木君の起用がアタリなのかハズレなのか微妙に思うところ。正直言えば、「メシ」が活力という若さを見せながら、のらりくらりと部下のハイテンションをかわすようなベテラン艦長のごとき采配をする倉本って人物像がどうも噛み合っていない。玉木君が悪いわけではないが、何故しかるべき年齢のそうした采配が似合う役者さんにしなかったのか疑問が残る。
タイトルの「真夏のオリオン」は、音楽学校に通っていた倉本の親友の妹(後の妻)からお守りに貰った楽譜(曲のタイトル)と、夏には夜明けのひと時にしか見ることが出来ないオリオン座(船乗りにとっては吉兆の印らしい)を絡めた、Wで「癒し」や「戦争の虚しさ」を演出するアイテムである。都合よくも、恋人の生還を願うメッセージが込められた”真夏のオリオン”の楽譜が米軍に渡ることで、万国共通である音楽と星の輝きに「希望」を見出すといった定番でクサイ演出であり、よくぞそれだけで最後まで引っ張ったなーと別の部分で感心するところ。(福井さんが絡んでるのがわかるから観られた感じ?)
とはいえ、戦いの中で、倉本と執拗に「イ-77」を追跡する敵駆逐艦の艦長スチュワートとの間に生まれるちょっとしたライバル関係には、『宇宙戦艦ヤマト』の古代進とデスラー総統を彷彿(ほんのちょっぴりだけど)。倉本とスチュワートによる、相手の人となりを確信した作戦の読みあいと取舵と面舵から1番魚雷の不具合といった一連のシーンにはちょっと燃えた♪

全体的に緊迫感のカケラもない戦争映画で、その分嫌みも痛みも薄く、印象として何も残らない作品。なぜか溜息も突っ込みも出ないことから、「良くはないけど、悪くはない」という感想になってしまう私だ。

総評:★★★☆☆+   好き度:★★★☆☆+   オススメ度:★★★☆☆+

|

« トリプルセレソンにはなったけど。。。 | トップページ | わーい!『プラネテス』の再放送が始まるぞ! »

コメント

倉本艦長若すぎますよね~~(苦笑)
艦長はもっと重圧感のある人がふさわしいかと・・・
古代くんとデスラー総統!!
わたしもこの二人を思い出しましたよ。
おなじくちょっと萌えました♪

投稿: えふ | 2009/06/13 23:14

■えふさん、こんにちはsun
>古代くんとデスラー総統!
お仲間ですねー♪
救助優先を見逃すなど、フェアな戦い方って見ていて気持ちが良いですよね。
リアリティがあるのかないのか微妙なのだけど、「軽い戦争映画もたまにはアリなのかしらね?」って思わせてくれる映画でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/14 09:32

こんにちわ!
たいむさんはオーケストラネタひいちゃいました?(笑)
試写会場だと大爆笑でしたよぉ~
私は笑ってイイトコなのか迷っちゃいましたけど(笑)

戦争映画苦手な私が観ようと思った理由が「福井氏がらみ」だったので、
エンタメでなきゃあ困るってことで(笑)
これはエンタメと思って楽しめました!^^;
艦長が若いのは「実際と同じに」あえて若いらしんですが
なんで玉木宏かは・・^^;
彼の声って低くていい声なんだけどちょっと聞き取りにくくて・・
って、千秋先輩でも思ってるんですけど(笑)

投稿: かいこ | 2009/06/14 17:12

こんばんは。

私も倉本艦長の言った台詞・・・
指揮者になりたかったって・・・
劇場内は笑っていなかったのですが、自分は思わずニヤリとしてしまいました。

作品は、爽やかな戦争映画という感じでした。

投稿: BROOK | 2009/06/14 18:13

■かいこさん、こんにちはsun
うーん、私は「ベートーベン」のところで嫌な予感がしていただけに、「ああ、やっちゃった?」って思って苦笑いでしたよ。劇場は高齢者が多くてシンとしてましたし(笑)

かいこさん、戦争映画苦手なのに「福井氏」は好きなの?
彼の作品はほとんど戦争とかテロとか絡みばかりでは???
私は戦争映画は良く見るほうで、でも今回は如何にもな狙いが感じられたのでやめようと思っていたんです。でも、「福井氏」絡みだったので、観てもいいかな?って思ったわけで、それはそれで正解だったかなって思ってます。

玉木くんって滑舌があまり良くないというか、モゴモゴですよね。はぐらかす時の発声はアホっぽくも聞こえたりしますし(おぃおぃ)
でもツンデレ千秋はハマリ役と思います。「ムウ」ではクールな役どころっぽいけれど、そのあとは「のだめ」2連発。邦画では暫く玉木が続きそうですw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/14 19:12

■BROOKさん、こんにちはsun
私もベートーベンの時はニヤリとしたのだけどね。
「指揮ネタ」は、アドリブだったら面白かったかもしれないけど、いかにも仕込んだネタっぽくおもっちゃったので、「ベートーベン」は前ふりだったのねって、そこでやめとけばよかったのになーって思いました。
テレ朝関係なのに、フジの「のだめ」をネタにするところは時代を感じましたが、笑えなかったなぁ。

なんだか爽やかな戦争映画でしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/14 19:17

オーケストラネタは思わず「なんだそれ!」って口にでちゃいまして…。ちと顰蹙かっちゃいました^^;全く笑えないし、この手の作品でああいうネタは遊びにもなっていないと思ってます。

たいむさん同様、玉木くんが悪いと言うより、どうにも軽すぎるのが気になって…。しかもあの華奢な体はいくらなんでも軍人じゃないですよ。きつく締めすぎたベルトのせいでズボンブカブカでボーイスカウトみたいになっちゃってるし…。せめて衣装に関しては周りがもっと気を遣ってあげるべきだったと思いました。

>全体的に緊迫感のカケラもない戦争映画で、その分嫌みも痛みも薄く、印象として何も残らない作品。

正しく私も同じことが言いたいです。^^;

投稿: KLY | 2009/06/14 21:14

■KLYさん、こんにちはsun
倉本艦長には実在のモデルがいるとのことで、年齢的なモノだったり、閉鎖された空間でのお山の大将としてアットホームな雰囲気を艦長自らが演出していたとしても不思議はありませんが、もう少し艦長という別格的な存在感を醸し出してほしかったです。

とっても軽い戦争映画。たまには悪くないと思うけど、やっぱり悲惨でしかない戦争を描く以上ある程度の重さはあった方が良いのかもしれませんね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/14 22:32

現実では、当時の潜水艦艦長は若手が大半だったらしく、鑑賞後に調べて知ったので、自分も意外でした。

投稿: まりっぺ | 2009/06/15 11:56

■まりっぺさん、こんにちはsun
鑑賞後に調べられるとは素晴らしいですね。
でも、やっぱり人材不足だったからなのかしらね?(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/15 19:30

たいむさん、こんばんわ。
いつもどうもです^^

>よくぞそれだけで最後まで引っ張ったなーと別の部分で感心するところ。

そうそう。
草食系男子の癒し映画(笑)

戦中派に聞くと、海軍学校に入れたのはいいとこのボンとか、賢いこだったそう。卒業したら即戦力だったから若造艦長は結構いたそうです。
しかもベテランは陸に上がって(安全なとこ)いるか、すでに玉砕しちゃってるかのどっちかで、終戦は若い人ばかりだったみたいですね。

私も戦争映画は苦手ですが、これは軽い感じで大丈夫でした。

投稿: 紫(むらさき) | 2009/06/16 23:57

期待していなかったせいか,
意外に感動してしまいました。^^;

もう少し重さが加わっていたら,
秀作に化けていたかも。

そんな気もします。

潜水艦の操舵や,
深度計などの細かい美術は凝っていましたね。

投稿: AKIRA | 2009/06/17 10:55

■紫さん、こんにちはsun
>草食系男子の癒し映画(笑)
まったくですね~。

イイトコのボンは、優秀かヘタレが2極化なのかもしれませんね(^^;品行方正で慈悲深くて学があれば、そこそこの傑物も生まれるかもしれません。
安全地帯か玉砕かってのもその表れでしょうかw。ヘタレはそういうとこだけ鼻が利いて、悪知恵だけはいっぱしなんだもんなぁ。
・・・と話が脱線気味ですが、軽い戦争映画ってものたまには悪くない、そんな映画でしたねw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/17 19:47

■AKIRAさん、こんにちはsun
もう少しガツンと胸に迫る何かがあれば、結構良い作品だったかもしれませんが、結局最初から最後までフワフワ~とした雰囲気で終わっちゃった感じです。

潜水艦モノって私も結構好きです。狭い空間にミッシリと計器類ってなんかよいですよねw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/17 19:50

たいむさん、こんばんは!

僕も若い艦長さんだなあと思ったのですが、あの頃は実際に20代の方もいらっしゃったようですね。
戦中の話を描いていますが、倉本艦長のリーダー像というのは、現代にも求められる姿のような気がしました。
「ローレライ」よりはおもしろかったです。

投稿: はらやん | 2009/06/17 21:11

■はらやんさん、こんにちはsun
「艦長」というとまず沖田艦長のような人物を彷彿しちゃうからかもしれませんが、玉木君が艦長?ってってのはビックリでした。やっぱり日本が戦争に負けたのは必然みたいなものなのですね。

リーダー像という意味では、最近では「ハゲタカ」もそうでしたよね。
現在、日本にはリーダーが不在なことからこういう作品がバシバシでてくるのかなーって思うところです。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/18 19:17

若きエリートの筈の艦長ですが、日ごろの言動からは感じられないですよね。
ただし、戦闘シーンでの的確な指示、瞬時の判断に優秀さが感じられ、それで艦長対艦長の知力ゲームのイメージが強くなったのかなぁ。
いやぁ、緊迫感の無い戦いでした。

投稿: バラサ☆バラサ | 2009/06/23 23:52

■バラサ☆バラサさん、こんにちはsun
軽ーい若者艦長って雰囲気でしたしね。

>艦長対艦長の知力ゲームのイメージ
そうそう、ここだけはなんだか燃えました(笑)

たまにはこういう戦争映画もアリなのかな?って思う映画でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/24 23:02

日本の戦争映画は、「暗いお涙ちょうだい映画」が多いけど、この映画は違う。日本軍とアメリカ軍の激戦を見事に表現して、日本軍とアメリカ軍双方が、「特攻に対する評価」を出している。見終わって、すがすがしい気分になりました。

投稿: 真冬のオリオン | 2010/08/17 17:52

■真冬のオリオンさん、こんにちはsun
悲惨さを強調して反戦を訴えるばかりが戦争映画ではない、と言うところでしょうか。

私としては、感想にも書いていますがどことなく「宇宙戦艦ヤマト」を彷彿するところがあり、エンタメ性の強い戦争映画といった印象です。
世間の評価はともかく、私も嫌いじゃないです、こういう感じの作品はw

投稿: たいむ(管理人) | 2010/08/17 21:49

管理人さん、ありがとうございます。映画の中の、「艦長が、死を覚悟した回天搭乗員を説得する場面」とアメリカ駆逐艦艦長と部下の「特攻隊への意見」には、感動しました。私は、この映画を推薦します。「男たちの大和」の中の「敗れて目覚める」というセリフに、感動しました。

投稿: 真冬のオリオン | 2010/08/26 00:58

■真冬のオリオンさん、こんにちはsun
さすがに1年以上も前にみた映画なので、台詞の一つ一つまでは覚えていませんし、良いシーンだったなぁとおぼろげに思い出す程度です。
だけど、言われてみればそんな感じだったと思いますし、この作品の肝なのだと思います。

現実にも、小説にも、名将のぐっと来る台詞はたくさんありますし、ひとつひとつを心に留めておきたいものですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2010/08/29 12:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/45327464

この記事へのトラックバック一覧です: 「真夏のオリオン」みた。:

» 真夏のオリオン [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009年/日本監督:篠原哲雄出演:玉木 宏、北川景子、堂珍嘉邦、平岡祐太、吉田栄作、益岡 徹・・・ [続きを読む]

受信: 2009/06/13 23:15

» 真夏のオリオン [花ごよみ]
実話を基にした「雷撃震度一九・五」という、 タイトルの池上司作の小説を、 福井晴敏が脚色、監修。 監督は篠原哲雄。 試写会で観てきました。 小説ではイ58VSインディアナポリス。 映画では潜水艦イ-77VSアメリカ駆逐艦パーシバル。 本では永井少将が主役。 映画で永井少将は誰が演じるのかなと 思っていましたが、永井少将の名もなくて、 本とは全く違った映画になっていました。 倉本艦長も本とは違い、 頼りがいのある人物として 描かれています。 本はただ映画のヒントとして扱われた感じです。 主演は... [続きを読む]

受信: 2009/06/14 10:06

» 真夏のオリオン [象のロケット]
いずみの祖母のサインが入った古びた楽譜がアメリカから届けられた。 差出人は祖父がアメリカ海軍駆逐艦の艦長だったという人物。 なぜ日本海軍で潜水艦長だった祖父の所持品が、敵国で64年間大切に保管されていたのか? 第二次世界大戦末期の太平洋を舞台に、戦う男たちの姿が1枚の楽譜によって現代によみがえる…。 戦争ヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009/06/14 11:14

» 「真夏のオリオン」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「真夏のオリオン」公式サイト第二次世界大戦下、日本海軍潜水艦の乗組員が過酷な戦況下で戦い抜く姿を描く戦争サスペンス。福井晴敏大好きなので(本の方)これも原作読もうかと思ったら原作は別の方で福井晴敏は「監修・脚色」なんですね・・終...... [続きを読む]

受信: 2009/06/14 17:14

» 劇場鑑賞「真夏のオリオン」 [日々“是”精進!]
真夏のオリオンオリジナル・サウンドトラック「真夏のオリオン」を鑑賞してきました池上司の処女作『雷撃深度一九・五』を「ローレライ」「亡国のイージス」などの原作者で知られる福井晴敏の監修・脚色で映画化した戦争ドラマ。第二次世界大戦末期、恋人が綴ったある楽譜...... [続きを読む]

受信: 2009/06/14 18:10

» 真夏のオリオン [だらだら無気力ブログ]
池上司原作の『雷撃震度一九・五』を『ローレライ』や『亡国のイージス』、 『機動戦士ガンダムユニコーン』の原作者である福井晴敏が監修・脚色で 映画化。第二次世界大戦末期の太平洋上で日本海軍潜水艦と米海軍駆逐艦の 緊迫の攻防を描く。第二次世界大戦が終結して60..... [続きを読む]

受信: 2009/06/14 22:16

» 真夏のオリオン(完成披露試写会) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[真夏のオリオン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年46本目(42作品)です。 完成披露試写会の招待券を知り合いから譲ってもらったので、6月13日の公開に先駆けて見に行きました。 場所は有楽町の東京国際フォーラ..... [続きを読む]

受信: 2009/06/15 08:46

» レビュー:真夏のオリオン [シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記]
[人間ドラマ][第2次世界大戦][潜水艦][群像劇?][実写][邦画][スコープ] 静かな感動:★★☆☆☆ 無事に帰りたい度:★★☆☆☆ 監督: 篠原哲雄 出演: 玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦、平岡祐太、黄川田将也、太賀、松尾光次、古秦むつとし、奥村知史、戸谷公人....... [続きを読む]

受信: 2009/06/15 12:10

» 真夏のオリオン [勝手に映画評]
池上司原作の『雷撃震度一九・五』を元に、終戦間近の日本潜水艦対米駆逐艦の死闘を描いた作品。これまではあまり見ないプロットで描かれた戦争映画になっています。 現代に伝えられたメッセージ(遺品)から過去を振り返ると言う手法は、やはり福井晴敏が係った『ローレライ』(=原作者)と同じプロットです。彼は、こう言う手法が得意、って言うか、こう言うパターンしか彼には無いのでしょうか? あ、決して辛口のつもりではありません。現代に対してメッセージを伝えようという事を考えた場合、やっぱり、こう言うプロットの方がわか... [続きを読む]

受信: 2009/06/15 22:32

» 真夏オリオン(2回目) [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[真夏のオリオン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.0/10点満点 2009年60本目(55作品)です。 ついに60本に到達しました。 2009年に入ってまだ半年も経過していないのに、60本に到達するとは開始当初は考えもしませんでした…。 頻..... [続きを読む]

受信: 2009/06/16 13:28

» [映画『真夏のオリオン』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆私は常々、「潜水艦物に外れなし」を語っていた者であり、賛否両論のある『ローレライ』も楽しんで観たものだ。  しかし、この『真夏のオリオン』は厳しかった。  その、作品で描かれた戦後左翼風潮的な戦争観も、国家観を無視した「私情」主義さえも、私は許そう。  だが、何よりも、潜水艦物と同義の「潜水艦という密室内での敵(水面の、もしくは同じく水中の、を問わず)との息詰まる<勝負>の緊張感」というものが皆無なのである。  それさえあれば、私はこの作品を賞賛も出来た。  銃後の女や子供との関係(戦う... [続きを読む]

受信: 2009/06/16 16:36

» 真夏のオリオン [Akira's VOICE]
「勿体ない」は明日を繋ぐ。   [続きを読む]

受信: 2009/06/16 16:38

» 「真夏のオリオン」を観る [紫@試写会マニア]
今回観た「真夏のオリオン」はアンケート回答が必須の試写会。珍しく予告編用のフィルムも鑑賞してアンケートに答えました。配給元さん曰く、「この週末から劇場で予告編を流す」そうで、私の答えでその内容が変わるとは思えないのですが・・・真面目に真摯にお答えしましたよ! さて、今回も「ネタバレしないでね」、と念押しの配給元様、いやぁ・・・ブロガーなんですけど(汗)。まま、蓋を開けたら予告編で結構結果判っちゃう内容だったんでちょっと安心。 ↓ネタバレなし。(はい、守りますよー。) 時は第二次世界... [続きを読む]

受信: 2009/06/16 21:56

» 「真夏のオリオン」最後まで人間として生きるための戦いを続けた潜水艦艦長の生きる戦い [オールマイティにコメンテート]
「真夏のオリオン」は第2次世界大戦の終戦前夜まで繰り広げられた日本潜水艦とアメリカ駆逐艦との激しい攻防戦を描いた生きる戦いのストーリーである。1945年8月15日の終戦まで日本は潜水艦を投入し、人間特攻魚雷回天まで投入したが、その中でも最後まで回天を使わ...... [続きを読む]

受信: 2009/06/17 00:33

» 「真夏のオリオン」 理想の上司 [はらやんの映画徒然草]
本作の原案となっている池上司さんの小説「雷撃震度十九・五」はずいぶん前に読みまし [続きを読む]

受信: 2009/06/17 09:51

» 『真夏のオリオン』 試写会鑑賞 [映画な日々。読書な日々。]
現代。倉本いずみはアメリカからの手紙を携え、かつて日本海軍で潜水艦艦長を務めた祖父を知るただ一人の存命者・鈴木を訪ねる。手紙に同封されていた、古びた手書きの楽譜が、なぜ戦争相手のアメリカ海軍駆逐艦の艦長に渡ったのか…。第二次世界大戦末期。日本海軍は、最後... [続きを読む]

受信: 2009/06/17 11:11

» 『真夏のオリオン』 [唐揚げ大好き!]
  きっと帰ると、オリオンの星に誓った。   ■64年前に日本人の手によって書かれた楽譜「真夏のオリオン」。愛する人への願いをこめオリオンの輝きに希望を託した1枚の楽譜が、なぜ、アメリカに渡りそして今、日本への想いと究極の状況下でも決して諦めず最後まで希望... [続きを読む]

受信: 2009/06/19 06:42

» 真夏のオリオン 演技過剰ながら・・・ [労組書記長社労士のブログ]
【 35 -8-】 予告編を見ながら「なんでみんな髪が長いのだろう」と不思議に思いながら、試写会が当たったら見に行きたいけど、お金を出してまではどうだろうと思っていた。 すると試写会には当たらなかったけど、無料鑑賞券をいただいたので、見に行った。  1945年夏、沖縄南東海域。日本海軍所属潜水艦イ−77は米海軍の侵攻を防ぐべく、倉本艦長の指揮の下、防衛任務に就いていた。イ−77は倉本の的確な読みによって米軍の輸送艦を撃沈。しかし同じく防衛任務に当っていたイ−81は米海軍の駆逐艦パーシバルに葬られて... [続きを読む]

受信: 2009/06/19 09:29

» 「真夏のオリオン」完成披露試写会 [アートの片隅で]
ブログパーツならブログデコ!! 邦画の試写会としては珍しい国際フォーラムAホールでの大規模な試写会でした。 座席はほぼど真ん中の前から十数列目というかなり良い座席でした。 周りは玉木宏と堂珍嘉邦が占拠していましたけどね。 MCは、テレビ朝日アナウンサーの渡辺宜嗣(テレ朝の映画だったのね) 登壇したのは、玉木宏/吹越満/益岡徹/堂珍嘉邦/北川景子/平岡裕太/吉田栄作/黄川田将也/鈴木拓/篠原監督/福井晴敏でした。... [続きを読む]

受信: 2009/06/20 11:57

» 真夏のオリオン [欧風]
土曜日は、TOHOシネマズ 市川コルトンプラザに映画観に行ってきた~。 今回観たのは、「真夏のオリオン」。 話としては、第2次世界大戦中、沖縄沖に展開することを命ぜられた日本の潜水艦イ-... [続きを読む]

受信: 2009/06/21 09:39

» 真夏のオリオン [ダイターンクラッシュ!!]
6月22日(月) 18:15~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(有楽町のチケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:600円(買っていない) 『真夏のオリオン』公式サイト 先ごろ俺の友人の友人であることを知った篠原哲雄監督作品。友人は、彼の映画を観ていないそうだ。薄情な奴。 スローなイメージのある監督なんだが、今回は戦争サスペンス映画。第二次世界大戦、日本軍の潜水艦と米軍駆逐艦の攻防。 玉山鉄二との区分が困難な玉木宏が主演艦長役。最近「ハゲタカ」も観たので、何とか区分できるように... [続きを読む]

受信: 2009/06/23 02:38

» 映画:真夏のオリオン [よしなしごと]
 潜水艦ものの映画って好きなんですよね。だから心待ちにしていた真夏のオリオンをようやく観てきました。 [続きを読む]

受信: 2009/07/05 17:41

« トリプルセレソンにはなったけど。。。 | トップページ | わーい!『プラネテス』の再放送が始まるぞ! »