« 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」のプロモーションDVD:第1弾 | トップページ | 「ターミネーター4(先行)」みた。 »

2009/06/07

「ハゲタカ」みた。

Hagetaka 2007年NHK土曜ドラマにて「全6話」が放送され、その後BS・地上波併せて何度となく再放送されるほどに世間の支持を得ていたドラマの映画化。私は何度目かの再放送ですっかりはまり、その後が描かれるという劇場版を楽しみにしていた。
今の時代を見事に反映させたその内容、絡みあう人間模様は、2時間の枠でもきっちりと纏められていて素晴らしかった。

この映画だけでも十分に感じられるものがあると思うが、経済用語や仕組みなど、若干専門的な要素が組み込まれていることから、何らかの予習をしていたほうが分り易いと思う。それにはTVシリーズを見るのがやはりベスト。主人公である(元)ハゲタカ:鷲津(大森南朋)の背景や変遷を知っていてこそ、今回の鷲津VS赤いハゲタカ:劉一華(玉山鉄二)の戦いの裏にあるものが感慨深く見えてくるものと思うし、鷲津と芝野(柴田恭兵)や飯島頭取(中尾彬)、三島由香(栗山千明)、西野治(松田龍平)との関係性も知っていてこそ、現在の鷲津と、「グリード イズ グット、業欲が善の時代は終わった!」という鷲津セリフ(逆襲開始)の意味が見えてくるように思った。同時にTVシリーズからの登場人物の誰もが、過去からの呪縛を解き放ち、答えを見つけて再起を果たしているのも見どころの一つでもあり、映画を見て少しでも興味を持った方には、「ぜひに!」とTVシリーズをお勧めする。
とはいえ、野望、裏切り、挫折、再生、そして希望が描かれているこの映画。落ちぶれた日本を金で買い叩き、その技術力だけを自国の利益に吸い取ってしまおうと画策する大国の前に一旦は敗北を見せておきながら、地道な活動から大逆転を果たすという、定番ではあるけれどラストに向かって気持ちを高揚させていく展開はそれだけで引き込まれるもので、細かな知識など無くても十分楽しめると思う。
この映画は、「こんな時代だからこそ、夢や希望を語るリーダーが必要なんです。」という芝野が、自分の言葉に責任を取るカタチで希望あるラストにしていた。それが返って「夢物語」にしたと思えなくもないが、鷲津の言葉と合わせて考えれば、苦しくともそれならば応援したくなると思わせてくれる、良い〆方だったと私は思った。
セリフの一つ一つが心に沁みる、見応えのある作品だ。

総評:★★★★☆++   好き度:★★★★☆++   オススメ度:★★★★☆++

TVシリーズに近い「青の鷲津」と、「赤の劉」の映像も印象的。

|

« 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」のプロモーションDVD:第1弾 | トップページ | 「ターミネーター4(先行)」みた。 »

コメント

NHKの初回放送から、釘付けになってしまったこのシリーズでした。原作も読み、再放送も幾度となく見、DVDも購入して何度も見直して。(笑) ドラマが映像的にも秀悦だったので映画化には懐疑的でしたが、良かったです。映像的には、ハイビジョンで見たいような気もしました。TVシリーズでは、アングル等もとても凝っていましたから。台詞のないアップのシーンで演技するのは、たいへんだったことだろう…と思いましたよ。

投稿: あかん隊 | 2009/06/08 00:08

テレビシリーズを観てからでないともったいないですよね。そもそも鷲津と西野と三島の人間関係は今回の軽い紹介ではとても補えない重さですし。特に三島製作所との関係は、今でも鷲津の中で自分の行動の基準点となっていると思うんです。
私は「腐ったアメリカを買い叩け!」ってセリフがドラマ時は日本だったのにと思うと、時代の移り変わりが感じられました。同時にドラマファン的には、そういうセリフ使われると嬉しいです^^

投稿: KLY | 2009/06/08 02:05

TB有難うございました。
ドラマの大ファンのため、公開前に
再度、ドラマを鑑賞して臨みました。
現在の経済状況をリアルに反映しており、
ドラマでの脚本の高さ、役者の演技力
演出どれも最高の出来でした。
この作品は、観終わったあとに考えさせれます。
夢や希望を語るリーダー・・・
周りにいるのかなぁ、そんな人(笑)

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

投稿: シムウナ | 2009/06/08 06:31

この映画、賛否あるようですが
ぼくはスリリングな時間を味わうことができました。
最後、駆け足になった感もありましたが、
リーマンショック以降の現実を投影しようとしてのことなのでしょう。
TVシリーズも観てみたいです。

投稿: えい | 2009/06/08 15:39

■あかん隊さん、こんにちはsun
映像自体は何が何でもスクリーンでみなくちゃというものではなく、TV向けなのかもしれませんね。
映画を見て、またTVシリーズを最初から見たいとオもたものの、レンタルショップはどこも貸し出し中。
今更ながらBOXが欲しくなってきましたよ~
でも、これこそブルーレイかもと思うと、やっぱり保留?(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/08 19:16

■KLYさん、こんにちはsun
鷲津と西野と三島の因縁が分らないと、なぜ彼らが絡んでくるのか??という感じはありそうですね。

>「腐ったアメリカを買い叩け!」
よくぞ言った!と拍手をしたくなりますが、日本も腐ったままですしね~(^^;
何度見ても心にしみる秀作ですよね!


■シムウナさん、こんにちはsun
>夢や希望を語るリーダー・・・
口だけでなく、本気にさせてくれるリーダーのいかに少ないことか・・

TVシリーズの雰囲気そのままに、みごとな骨太な劇場版が仕上がっていたと思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/08 19:22

■えいさん、こんにちはsun
若干知識を必要とするハードルの高さが感じられるので、TVシリーズを見ていない人がスリリングさを味わったと言ってくれるとなんだか嬉しいです。

TVシリーズは真面目にお勧めです!
私も原作を読んでセリフの一つ一つを噛みしめたいなーなどと思ってます。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/08 19:26

こんばんはmoon3
TB&コメントありがとうございましたheart02

実は私もテレビドラマは観ていなくて、
先月再放送される事は知っていたのですが
…気づいた時にはもう終わっていましたcrying

でも、この映画は単独でも面白く観る事が出来ましたhappy01

日本社会が抱える危機感というか、
日本人の持つ資質の危機感というか…
とても切実な想いが伝わる作品で、
こんな事ではダメなんだと
私たち日本人に訴えかけられているようで…sweat02

それこそ人間だけでなく、
企業や社会も品格を問われる時代なのかもしれませんねbearing

投稿: テクテク | 2009/06/09 23:17

こんにちは~♪
スクリーンで鷲津を見れるなんて~!
しかも、今回の敵キャラは鷲津とは別タイプのメガネ男子・劉でしたし、あちらもステキこちらもステキでオロオロ状態でした(オイオイ!)
やっぱりNHKは手堅くやってくれて、満足です!

投稿: ミチ | 2009/06/09 23:53

■テクテクさん、こんにちは[E:sun]
再放送を見逃されたとは残念なことをしましたね。
気長にDVDのレンタル待ちでもしてくださいませ。それだけの価値はあると思います(^^)

今の日本を正面から斬るような内容がズシンときますね。
>企業や社会も品格を問われる時代なのかも
ほんと、私もそのように思いますよ!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/10 22:21

■ミチさん、こんにちは[E:sun]
>あちらもステキこちらもステキ
大森さんは決してイケメンじゃないんですけどねー。でもカッコイイっていうのは分ります!!
しかし、私は昔っから恭兵ちゃん好きなの。今回はサブに退いてしまって「どういうことだ?」というばかりなのが寂しかったです~(><)

イマドキのTV→映画の方程式だけど、それでもやはりNHKだけの事はしてくれましたね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/10 22:24

たいむさん、こんばんは!

劇中の芝野の台詞は良かったです。
まさにこういう時代だからこそ、夢は必要ですよね。
お薦めのテレビシリーズ、観てみたいと思います。

投稿: はらやん | 2009/06/11 20:00

■はらやんさん、こんにちはsun
もともと柴田恭兵好きなので贔屓めが入る私だけど、芝野のアツサが良いし、アツイものを持っているけど冷徹にもなれる鷲津もカッコイイ。

TVシリーズ、ぜひぜひ見てください!!
今更ながらDVDBOXが欲しくなっている私です♪

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/12 18:04

たいむさん、こんばんは♪
たいむさんは、TV放送ご覧になってたんですね。
私は未見で、しかも友人から、私がこの映画を観に行くと
言ったら、驚かれてしまいました(笑)

ドラマは未見でしたが、映画だけでも、十分にいえ
十二分に楽しめました♪
セリフの一つ一つが心に沁みる・・・本当にそうでした。
わからない経済用語もバンバン出てきましたが(笑)

どんでん返し的な展開は、サスペンスとしても楽しめ
ましたし、音楽も好みで、本当に見応えのある作品
でした!ドラマも観たいと思っています(^_-)-☆

投稿: ひろちゃん | 2009/06/13 01:29

■ひろちゃん、こんにちはsun
再放送からですけど、TVは何回もみましたよー。何気にやっていたGWも見てましたし(^^)
だから映画はずっと楽しみにしてたんです。

思った以上に評価が割れている感じもしますが、概ね好評だし、未見の人にも評価が高いのが嬉しいです。

どんでん返しは映画としては定番な作りでしたけど、あの音楽と合わせて燃えますよね。
玉鉄くんの頑張りも良かったですね!!
今はレンタル待ちで大変でしょうが、ぜひぜひTVシリーズも見てくださいね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/13 16:13

邦画でこんなに見ごたえあったのは久しぶりでした。
TOBとかファンドとか・・・
詳しくしらないけど、
なんだか緊張とスリルがありましたね~
それと金があってもなくても虚しいものが・・・(苦笑)

投稿: えふ | 2009/06/13 22:35

■えふさん、こんにちはsun
小難しい経済用語などが飛び交いますけど、知りたいと思わせてくれる内容で、私もTVシリーズにのめり込みました。
お金って人間を幸せにも不幸にもするものだということがヒシヒシ感じられましたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/14 09:29

たいむさん

初めまして、こんにちは!つるかわと申します。
私もたいむさんと同じくドラマシリーズが大好きで映画を観て参りました。見応えがあり楽しめました♪

>同時にTVシリーズからの登場人物の誰もが、過去からの呪縛を解き放ち、答えを見つけて再起を果たしているのも見どころの一つ

過去の呪縛からの解放と再起、これは「ハゲタカ」のテーマですね。TV版最終回で、三島社長の遺影に手を合わせる鷲津の姿に心震わせたものです。映画では、西野が西乃屋旅館社長として活躍していて嬉しかったですね。

実はガンダムSEED放送時に何度かお邪魔しておりました。映画ブログランキングでお見かけし、こちらは「映画ブログ」だったのかと驚いた次第です。私は映画ブログを主にしておりますが、たいむさんのように有名ではなく日記代わりです。今更ながらアスラン(アスカガ)ブログを立ち上げ(笑)どちらのHNで書き込もうか迷いましたが、アスランの方で。


>「青の鷲津」と、「赤の劉」の映像も印象的。

ガンダムシリーズでは青VS赤はお馴染みですね。劉一華は過去を克服できなかったことが敗因だったのかもしれません。

>「こんな時代だからこそ、夢や希望を語るリーダーが必要なんです。」という芝野が、自分の言葉に責任を取るカタチで希望あるラストにしていた。

甘いという批評もありますが、映画にこそ夢や希望が必要です。私も芝野がアカマ社長として立つラストは好きです。

疑問が一つ。
西野がスタンリーとブルー・ウォーズの提携の仲立ちを行いました。スタンリーとのコネクションはありましたが、ブルー・ウォーズとはどのような関係だったのでしょう?

ご存知だったら教えていただける嬉しいです。

初訪問で長文コメント失礼いたしました。

投稿: つるかわ | 2009/06/21 14:39

■つるかわさん、こんにちはsun
はじめまして(^^)
SEEDの時はほとんど無尽蔵に活動。周囲の迷惑を鑑みず自己満足にひたり、自分のトコでは暴走気味、アチコチで迷惑を掛けていたりもするので、当時を知る方と聞くとお恥ずかしい限りですが、来訪とコメントをとても嬉しく思います。
どちらのランキングで御覧になったのかわかりませんが、ここは特別人気あるブログではないとおもうし、当然自覚もありません。アニメや漫画の話題も多く「映画ブログ」ってことでもないのですけど、映画の話題は確かに多いのでそうなのかな?(笑)なんであれ、覚えていて下さってありがとうございます。


「ハゲタカ」では私も何度涙したことか。
予告編での「お前は誰だ?」「俺はあんただ」という会話からこのような展開は想像していたけれど、鷲津や劉に留まらず、芝野や三島、西野のその後がしっかり描き込まれていた映画でとても良かったです。
ご質問の件ですが、私もそのあたりは曖昧ですのでごめんなさい。映画での西野はかなり唐突で強引な関わり合いかたになっちゃった感じで、西野が当たり前のように仲介していたことは私も気になっていたんです。
原作を読んでいたらお答え出来たかもしれませんが、これから読むところ。答えが分ると良いのですが。

「夢で飯が食えるか」ってのも永遠のテーマみたいなものですが、分っているから夢や希望を持ちたいのですよね。私もあのセリフとラストは気に入ってます。
キラの覚悟と似てますし(笑)

>青VS赤
ふふふ(^^)。ガンダムシリーズは、邦画でも洋画でも映画のテーマとリンクすることが多く、ニヤリとすることが度々ありますね。

折角いらしてくれたのに、TBもブログアドレスも残されていないのが残念です。(アスカガブログまで立ち上げてらっしゃるというのに)
私のアスラン愛はこれだけ時間が流れてもちっとも変ってません。再放送ではアスカガ運命の出会いを果たし、後は・・・(^^)

良かったら後ほどでもお教えいただけると嬉しいです♪

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/21 17:17

たいむさん

こんにちは!

放送時にブロガーだったら、たいむさんと一緒に暴走することが出来たのに惜しいです!今さらながら一人で暴走特急状態は寂しいものです。。

メールでご連絡したかったのですが、アドレスが見当たらなかったのでコメントで失礼いたします。

メインの映画ブログ(ほんとにひとりごと!)は家族や友達に教えておりますが、アスラン(アスカガ)ブログは絶対に秘密の存在です。隠れオタクという以上の深い理由があるのですが、コメントでは差し控えさせていただきますね。

本当にまだ始めたばかりの失笑ものの内容なのですが…お手すきで、気が向かれましたら遊びにいらして下さい。テンプレートがピンクなので「目がチカチカする!」とかアドバイスをいただければ幸いです。

ココログさんのカテゴリ別でお見かけいたしました♪映画関係のブログはそれこそ本当に「ひとり言」で終わるケースが多いので、コメントの多いたいむさんのところは十分人気だと思いますよ。

「ハゲタカ」は二時間で主要人物のその後の人生を描き出すという良く練られた脚本でしたね。幻のSEED劇場版もこのような出来であってくれたら万々歳です。

>予告編での「お前は誰だ?」「俺はあんただ」

過去を抹消してしまった劉には過去を乗り越える術がなかったと考えると気の毒です。

質問の件は私も小説を読んでみますので大丈夫です。お気遣いありがとうございました!

派遣工を演じた高良健吾君。彼は『フィッシュストーリー』で抜群の歌唱力を披露していますし『蟹工船』の公開を控えていて、今一番気になる若手です。たいむさんもよろしければチェックをしてみてくださいね♪

投稿: つるかわ | 2009/06/24 11:27

■つるかわさん、こんにちはsun
再訪感謝!
放送当時はそりゃぁもう毎週暴走していて、土曜の夜はほとんど徹夜で仲間のブログを訪問しあい、スペエディに至ってはその為だけに上京するほどおバカをやらかしてました。
実際、私がこのブログを立ち上げたのは「SEED DESTINY」を語りたいがため。ずっとROM専門だったのに、後半に入りもはや黙っていられなくなったからなんですよね。おかげでおもちゃにも手を出し始め、泥沼化へ(笑)
でも週1でしかないから、穴埋めで映画などをチビチビ挟んでいたことから、今はこうなってます(^^)

折角の映画つながりですし、そちらも訪問できたらと思いますが、その為に秘密がバレても困るでしょうから、そちらは諦めるしかないのかしら?
ほんの独り言とおっしゃいますが、映画のブログでもエンエンあらすじを書いているだけのところよりは、数行の感想だけのほうが私は好きですよ。蘊蓄なんて語りたい人が語って読みたい人が読んで感心すればいいんだもの。
・・でも、別人なのでしょ?ハンドル的には(笑)
ココは両方を取り扱っている場ですから、上手く使いこなせば問題ないと思うのだけどなぁ。

>『蟹工船』
多分見ると思うけれど、鬱屈した世界はあまり好きじゃないんですよね。
高良健吾君は「フィッシュ」でもなかなかイイ感じでしたね。アイドルちっくではなく、実力派として育ってほしいですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/24 23:17

たいむさん、こんにちは!

ご来訪こちらこそありがとうございました!!
メール届きましたか?

毎週暴走して徹夜で皆と語り合ったからこそ、今落ち着いていらっしゃるんだと思いますよ~。楽しそうじゃないですか♪どこかで発散しないとDESTINYは色々ストレスがたまっちゃいますから。

元々「SEED DESTINY」用ブログだったのですね。華麗なる転身です♪それにずいぶん精力的でいらっしゃる!私など週一映画を見て感想をブログに上げられたらいいほうです。『剣岳』『それでも恋するバロセロナ』は気になっているので、観られたらレビューを拝見いたしますね。それにしても『ヱヴァ』人気が凄まじいですね。

私の映画ブログにご興味を持っていただいて嬉しです!ただマイナー系の取り扱いなのと、「映画大好きな私」と「(不真面目に作られたと思っている)DESTINYをいまだに好きでいる私」の折り合いがついておりませんので、別々にやっていきたいと思っております。


『トーマの心臓』はご存知でしょうか?
「心の中によい種と悪い種があって、よいほうはトーマにひかれ、悪いほうは彼にひかれたんだ」

そんな気持ちなんです。

いざとなれば、アスランブログにハゲタカ映画雑感をあげちゃいます。

高良健吾君…アイドル路線ではないので大丈夫かと♪末が楽しみな俳優さんですね。

また、こっそりと覗きにきます。コメント返信ありがとうございました!!

投稿: つるかわ | 2009/06/29 15:44

たいむさん

たびたびすいません!

メールもう一度送ってみました。アドレスに間違いはなかったです。フリーメールだからかもしれません。

ご挨拶程度でたいした内容ではないのですが、気になったものですから。

ではでは~♪

投稿: つるかわ | 2009/06/29 19:29

■つるかわさん、こんにちはsun
何度もお手数をかけてすみません。
今度は大丈夫ですよね?

今現在、ちょっと自由な身なので積極的に出歩いてます。映画の記事は副産物みたいなもの。書く為に見ているわけじゃないので、書かずに終わることもあるんですよ。
是非同じ映画をご覧になった際には遊びに来て下さいね。

>『トーマの心臓』
知ってますよ~~(^^)
でもでも、この場合はどっちが悪いってことはないと思いますから~気が向いたら何でもアリにチャレンジして下さい(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/29 20:42

たいむさん、こんばんは。
トラックバック&コメントありがとうございました。(*^-^*

>地道な活動から大逆転を果たすという、定番ではあるけれどラストに向かって気持ちを高揚させていく展開はそれだけで引き込まれるもので、細かな知識など無くても十分楽しめると思う。

ドラマ版から見ているとそういう展開は
映画でも継承されていてパターン化しているようにも感じてしまうけど、
ビジネス戦略は観応えあるし、人間模様には惹き込まれますよね。

投稿: BC | 2010/02/13 22:39

■BCさん、こんにちはsun
単にTVで成功したからの映画かとも違い、確かにそういった一面もあるけれど、単体としても十分に見応えのある作品だったと思います。

人間模様に関して言えば、TVシリーズからの深みあっての感じはありますが、TVシリーズからのファンなので、私は堪能です(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2010/02/14 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/45265108

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハゲタカ」みた。:

» ハゲタカ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『誰かが言った。人生の悲劇は2つしかない。 ひとつは金のない悲劇。もうひとつは金のある悲劇。 世の中は金だ。金が悲劇を生む。』  コチラの「ハゲタカ」は、外資系ファンドから命を受けた天才ファンドマネジャーの鷲津政彦(大森南朋)が、日本企業を買い叩き、企...... [続きを読む]

受信: 2009/06/07 19:02

» 『ハゲタカ』 [ラムの大通り]
-----ハゲタカという言葉、イメージがよくないニャあ。 一時期、ハゲタカ・ファンドとかいうのもなかった。 「うん。これはまさしくそれ。 現代社会の根底をなす経済構造を描いている。 ちょっと前にNHKでミニ・シリーズとして放映され、 世界でも権威のある国際番組コンクール『イタリア賞』を始め、 国内外で数々の賞を受賞したらしい」 ----へぇ〜っ。そうニャんだ。 でも経済の話って、ニャんだか難しそうな気がするニャあ。 それに監督がテレビ畑の人だと、あまり期待できそうにないし。 「観るまではぼくもそう思... [続きを読む]

受信: 2009/06/07 22:07

» 「ハゲタカ」プチレビュー [気ままな映画生活]
ここ数年のドラマでは群を抜いて面白いと感じた「ハゲタカ」 最近は、恋愛ものなど決まったパターンを役者を感じて 演出している気がしていたけど、経済という観点を切り口に 経済用語もほとんど知らないが、魅了されていった。... [続きを読む]

受信: 2009/06/07 22:18

» ハゲタカ [LOVE Cinemas 調布]
真山仁の同名の人気小説をNHKがドラマ化して大ヒット、本作は続編にあたる「レッドゾーン」を映画化。TVドラマはアメリカのハゲタカファンドが相手でしたが今作は中国の“赤いハゲタカ”が相手です。出演者は主演の大森南朋はじめ、栗山千明、松田龍平、中尾彬、柴田恭平といったドラマオリジナルの面々に、今回は『カフーを待ちわびて』の玉山鉄二が加わりパワーアップ。ドラマも全部観直して準備万端です! ... [続きを読む]

受信: 2009/06/08 01:55

» 「ハゲタカ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ハゲタカ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵、嶋田久作、志賀廣太郎、小市慢太郎、グレゴリー・ペーカー、脇崎智史、他 *監督:大友啓史 *原作:真山仁 感..... [続きを読む]

受信: 2009/06/08 04:11

» 【映画評】ハゲタカ [未完の映画評]
名作テレビドラマ『ハゲタカ』を映画化した骨太な社会派経済ドラマ。 [続きを読む]

受信: 2009/06/08 06:19

» 『ハゲタカ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ハゲタカ」□監督 大友啓史 □原作 真山仁 □脚本 林宏司 □キャスト 大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵、嶋田久作、志賀廣太郎、小市慢太郎、グレゴリー・ペーカー、脇崎智史■鑑賞日 6月6日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 久しぶりに男くさい骨太の映画を観た。 それは物語の展開にスキがなく、冒頭から引き込まれていった。 サブプライムローン問題や派遣切り等、現在問題となっている社会... [続きを読む]

受信: 2009/06/08 17:25

» 映画「ハゲタカ」@ニッショーホール [masalaの辛口映画館]
 主権は東京新聞さん。客入りは8割ほど客年齢は非常に高い。  映画の話 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そ...... [続きを読む]

受信: 2009/06/08 17:58

» 「ハゲタカ」 世の中は金、でも金だけでもない [はらやんの映画徒然草]
原作も未読ですし、TVドラマも未見なのですが、世界規模の経済危機に陥っている今に [続きを読む]

受信: 2009/06/08 19:59

» ハゲタカ [勝手に映画評]
NHKの人気テレビドラマ「ハゲタカ」の映画化。TVシリーズの4年後と言う設定。2008年9月のリーマン・ショックの要素もストーリーに取り入れるため、当初予定の2009年5月公開よりも遅れての公開となった。アカマ自動車はホンダ、スタンリー・ブラザースはリーマン・ブラザースと言う設定と思われます。 今回の映画化に辺り、TVシリーズ時のレギュラー陣が再結集しましたが、うーん、どうなんでしょうか。TVシリーズの時は、物凄くシリアスでリアリティに富んでいましたが、今回は、映画と言う事もある為か、すこしドラマ... [続きを読む]

受信: 2009/06/08 21:46

» ハゲタカ [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ハゲタカ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年56本目(52作品)です。 閉鎖的な日本のマーケットに絶望し、海外生活を送っていた鷲津政彦(大森南朋)。 そんな彼のもとへ、大手自動車メーカー「アカマ自動車」の執..... [続きを読む]

受信: 2009/06/09 11:06

» 信念の希薄さが時代の象徴。『ハゲタカ』 [水曜日のシネマ日記]
日本の老舗大手自動車メーカーの買収劇を描いた作品です。 [続きを読む]

受信: 2009/06/09 12:25

» [映画『ハゲタカ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆観終えて考えてみるに、クライマックスで、主人公・鷲津が仕掛けた「プチ・バブル崩壊」作戦は、斬新な手であったが、物語自体は至ってシンプルな、経済分野の映像作品や小説にはよく見られる展開だったと思う。  いや、スポーツと同じで、表面上は、同じ様相を見せるのが「勝負物」なのかも知れない。  しかし、最初から最後まで、こちらをグイグイと引っ張ってくれる作品構成因子に満ちた作品であった。    ◇  序盤は、これまで(テレビシリーズ)、徹底した合理主義で、企業の何たるかを求めつつ、企業を買い叩き続け... [続きを読む]

受信: 2009/06/09 15:54

» 映画 【ハゲタカ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ハゲタカ」 07年のNHK土曜ドラマ「ハゲタカ」(全6話)の劇場版。TV版を演出した大友啓史の監督デビュー作になる。 おはなし:投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そんな鷲津のもとへ盟友・芝野健夫(柴田恭兵)が現われ、日本有数の大手自動車会社を巨大ファンドによる買収の危機から救ってほしいと頼む・・・。 テレビで人気が出たから映画化。民放でよ... [続きを読む]

受信: 2009/06/09 23:51

» 映画「ハゲタカ」 追記 [ice-coffee]
今日 観てきました〜 映画「ハゲタカ」!いや〜〜〜まったく渋いです〜 鷲津さん^^ 感想を追記しました(2009 6/10) [続きを読む]

受信: 2009/06/10 18:08

» 劉一華の願い。~「ハゲタカ」~ [ペパーミントの魔術師]
一応玉鉄扮する劉一華は、日本を買い叩く立場で来日し、 ホワイトナイトとして舞い戻ってきた鷲津を とことん苦しめる役だったわけですが。 実はホントに車好きだったんだな~ってのがわかると あの末路はあまりにも悲しくて 切なかったですね・・・。 あとね、 派遣工の..... [続きを読む]

受信: 2009/06/10 23:54

» ハゲタカ 鳶にあぶらげ? [労組書記長社労士のブログ]
【 30 -8-】 大阪ビジネスパークにあるIMPホール、ここでの試写会は初めて、今回の新型インフルエンザ騒動で中止にならないか不安だったが無事に開催。 今週になって大阪では、通勤電車のマスク装着率もかなり減っていて、繁華街も少し人波が戻ってきている。 まだまだ普通の状態とまでは戻ってはいないけど、一時のパニック状態よりはかなり落ち着いてきている。 試写会、早々に中止を決めたりされなくてよかったなと安堵しながらも、さすがに人混みにはいるので、自分はマスクを装着、会場の入り口にはちゃんと消毒液が置いて... [続きを読む]

受信: 2009/06/11 14:37

» ハゲタカ [花ごよみ]
NHKテレビドラマ「ハゲタカ」の映画化。 テレビでおなじみのメンバーだった、 柴田恭兵、栗山千明、松田龍平等も 今回再結集です。 登場人物にまた会える。 そんな期待を胸に、 映画を楽しみにしていました。 主役はテレビと同じく、 ハゲタカと呼ばれている、 鷲津政彦(大森南朋)。     もう一人の主役は、 鷲津VS敵対的買収を進める 残留日本人孤児三世の劉一華(玉山鉄二)。 クールで知的なイケメン。 玉山鉄二の魅力たっぷり。 そして今は自動車会社の、 役員になっている、芝野(柴田恭兵... [続きを読む]

受信: 2009/06/11 21:40

» ハゲタカ  ROAD TO REBIRTH  会社って何さ? [映画の話でコーヒーブレイク]
前々から「お買い物中毒な私」を見ようと思っていたのに・・・ 今日は一日フリ〜{/hearts_pink/}ってことで、2本見れるぞ! ラブコメより見応えありそうな映画、大スクリーンで見た方が良い映画を見たい!!! ってことで急遽変更{/goo/} 「ハゲタカ」と「スタートレック」と相成りました。 平日にもかかわらず、どちらもそこそこの入り、且つ年齢層が高い。 「スタートレック」って若い人が多いのかな?と思っていたけれど見終わって納得。 これは昔のTVシリーズファンこそ楽しめますよん{/face_h... [続きを読む]

受信: 2009/06/12 01:11

» ★ハゲタカ★ [CinemaCollection]
こんな国に、誰がした。破壊者か? 救世主か?映時間134分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2009/06/06ジャンルドラマ【解説】買収ファンドを扱った元新聞記者の作家・真山仁の原作を基にNHKでドラマ化され、国内外で賞賛を得たTVシリーズを銀幕へ昇華し...... [続きを読む]

受信: 2009/06/13 01:30

» レビュー:ハゲタカ [シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記]
[人間ドラマ][経済ドラマ][エンターテイメント][テレビドラマ映画化][実写][邦画][スコープ] ハラハラ度:★★★☆☆ ドラマ性:★★★★☆ 引きつけ度:★★★★☆ 監督: 大友啓史 出演: 大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬...... [続きを読む]

受信: 2009/06/13 12:37

» ハゲタカ [だらだら無気力ブログ]
企業買収をめぐる壮絶なマネーゲームを描いたNHKのテレビドラマの 劇場版。テレビ版から数年後の日本で大手自動車メーカーの買収を仕掛ける 中国系巨大ファンドとハゲタカの異名を持つファンドマネージャー鷲津との 間で繰り広げられるマネーゲームを描く。かつて日本企..... [続きを読む]

受信: 2009/06/13 14:07

» ハゲタカ [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました!nbsp;2009年/日本監督:大友啓史出演:大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、松田龍平、中尾 彬、柴田恭兵・・・ [続きを読む]

受信: 2009/06/13 22:32

» ハゲタカ  ROAD TO REBIRTH  会社って何さ? [映画の話でコーヒーブレイク]
前々から「お買い物中毒な私」を見ようと思っていたのに・・・ 今日は一日フリ〜{/hearts_pink/}ってことで、2本見れるぞ! ラブコメより見応えありそうな映画、大スクリーンで見た方が良い映画を見たい!!! ってことで急遽変更{/goo/} 「ハゲタカ」と「スタートレック」と相成りました。 平日にもかかわらず、どちらもそこそこの入り、且つ年齢層が高い。 「スタートレック」って若い人が多いのかな?と思っていたけれど見終わって納得。 これは昔のTVシリーズファンこそ楽しめますよん{/face_h... [続きを読む]

受信: 2009/06/14 00:10

» 「ハゲタカ」 [再出発日記]
大きなネタバレがあります。誰かかが言った。前回のテレビ版の芝野と鷲津の関係が、今回は鷲津と劉との関係に移し替えられていると。そうやって、同じテーマを何度もなぞることで(展開が少しづつ変わっていくことで)、「金をめぐる悲劇」ということの意味を浮き上がらせる...... [続きを読む]

受信: 2009/06/14 10:05

» ハゲタカ [三十路女の奮闘記 ~キャラ顔ウーマン~]
映画館に行くたびに予告を観て気になっていた 映画「ハゲタカ 」。 早速、先週末に観に行ってきました いや~、 こりゃ、とぉーっても面白い映画でしたヨ。 赤いハゲタカ(中国人ファンドマネージャー)こと 劉一華(リュウ・イーファ)が日本の... [続きを読む]

受信: 2009/06/16 00:12

» 【映画】ハゲタカ [新!やさぐれ日記]
▼動機 たまたまドラマ版を見ていたので ▼感想 原作もドラマ版も知らなくても十分楽しめる ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていた。そんな鷲津のもとへ盟友・芝野健夫(柴田恭兵)が現われ、日本有数の大手自動車会社を巨大ファンドによる買収の危機から救ってほしいと頼む。 ▼コメント なかなか面白い映画だ... [続きを読む]

受信: 2009/06/16 19:46

» 「ハゲタカ」経済と言う怪物を身近に感じた [soramove]
「ハゲタカ」★★★★ 大森南朋 、玉山鉄二、柴田恭兵 主演 大友啓史監督、2009年、134分                               ★映画のブログ★                               どんなブログが人気なのか知りたい 「日本を代表する大企業「アカマ」が 突然買収の危機にさらされた、 名乗りを上げたのは、“赤いハゲタカ”こと 劉一華(リュウ・イーファ)、 果たしてこの危機を回避出来るのか、 殺し合いのないサスペンス... [続きを読む]

受信: 2009/06/26 08:20

» 「ハゲタカ」 [心の栄養♪映画と英語のジョーク]
NHKのドラマの方は、ちょこっとしか見たことがなかったんですが・・ [続きを読む]

受信: 2010/01/30 12:48

» 映画版『ハゲタカ』 ※ネタバレ有 [〜青いそよ風が吹く街角〜]
2009年:日本映画、大友啓史監督、林宏司脚本、真山仁原作、大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵出演。 ≪DVD観賞≫ [続きを読む]

受信: 2010/02/12 23:26

« 「宇宙戦艦ヤマト 復活篇」のプロモーションDVD:第1弾 | トップページ | 「ターミネーター4(先行)」みた。 »