« 地上波でも「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」の一部を放送! | トップページ | ダ・ヴィンチ7月号(小説版:東のエデン) »

2009/06/09

「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(11)

第11話「囚人ドゥークー」・・・【どんなに困難があろうと、平和に続く道は価値あり】
遂にドゥークー伯爵に迫るジェダイだったが、追跡のさ中アナキンが行方不明に。救出に向かうのは、もちろんオビ=ワン。
ひさしぶりに師弟漫才満載な回♪皮肉の応酬に大爆笑ーhappy02

アナキンの行方を追うオビ=ワンは、最後に通信のあったポイントへ向かう。そこで分離主義派の戦艦に忍び込み、囚われの身となっていたアナキンを無事救出・・と思いきや、どうやらアナキンは敵艦に潜入する為にワザと捕まっていたらしい。
合流したオビ=ワンとアナキンは、ドゥークーはこの艦に居るとのアナキンの情報から艦内を捜索。探している間中、「何でいつも囚われる役はボクなんですか!」、「マスターになれば役を選べる。」、「囚われ役ばかりではマスターになれないでしょ」、「囚われ役を”マスター”してプロになれ。」、「笑えません」と言ったレクリエーションその1が繰り広げられる。ほんと、この2人っておしゃべり好きで、毎度愉快な会話劇で楽しませてくれるよね(^^)
そうこう言っている内に瞑想していたドゥークーを発見。しかし、あっという間にドゥークーの逃がしてしまう。船外へ逃走したドゥークーをシャトルで追跡する2人。ドゥークーの船にはダメージを与えるものの、シャトルまでも被弾してしまいドゥークーと同じ辺鄙な星に不時着してしまう。
先に着いて隠れているドゥークーを追って洞窟に潜入する2人だったが、ドゥークーの罠に嵌って逆に閉じ込められてしまうことに。ライトセイバーが使いものにならない上に、洞窟内は怪物(ガンダーク)に有毒ガスという危険がいっぱい。あーだこーだ言いながらも、協力しつつ出口を探すオビ・アナのレクリエーションその2が痛快♪(結局は自力脱出不可で、ギリギリのところをパダワン:アソーカとクローン兵に助けられるマスター達、という情けない結果になるのもまた一興happy02
無事ジェダイをまいたはずのドゥークーだったが、洞窟の外では海賊が待っていた。暗黒のパワーを持ってすれば・・ではあるが、多勢に無勢では手も足も出せないドゥークーは甘んじて囚われの身となる。ドゥークー伯爵と知りつつ自分たちの拠点:フローラムに連れていく海賊は良くも悪くもなかなか悪賢く、分離主義派に身代金を要求するより、共和国に高く売りつけようと評議会へと連絡をつける。俄か話に信用しきれない評議会は、ジェダイ2名を派遣し、ドゥークーを本人と確認してから要求を受け入れることを決める。派遣されるのは当然近くにいて救助されたばかりのオビ=ワンとアナキン。
海賊の要求どおり丸腰でフローラムに乗り込む2人だ。ドゥークーを確認した2人は評議会へ連絡。評議会は早速取引の手配に入る。丸腰のまま待機となったオビ=ワンとアナキン。取引成立の酒宴の席に招かれるものの、海賊たちを警戒している2人は出された酒をフォースのマジックですり替え、難を逃れて祝杯をあげるのだった。

しきりに「なぜドゥークーがこんな海賊に捕まったのか?」を気にするアナキン。「アレコレ考えずに予想外の贈り物を受け取ったものと思え」と言うオビ=ワン。とりあえずは一時の休憩を楽しむことにして乾杯する2人だったが、実はこの「なぜ」がクセモノなのかもしれないね。「だからあの時・・」のような師弟漫才が次回も繰り広げられるのか、どうせドゥークーには逃げられちゃうだろう次回の展開を楽しみにすることにしよう。

漫才の他の今回の面白ポイントはライトセイバーの意外な使い道。洞窟内部ではライトセイバーを高高と掲げて光源とする2人。同じ青色で良かったね、って思うところだった。そしてさらに、ドゥークーの罠から逃れる際にライトセイバーを故障させてしまうのがオビ=ワンだったが(ちなみにアナキンは紛失)、ペカペカっと古くなった蛍光灯みたいに安定しないライトセイバーは初めて見たぞ。

※地上波でもクローンウォーズを放送。詳しくはこちらで。

|

« 地上波でも「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」の一部を放送! | トップページ | ダ・ヴィンチ7月号(小説版:東のエデン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/45289124

この記事へのトラックバック一覧です: 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(11):

» スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ#11 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
今回からはアメリカでの放送も2009年(今年)になってから行われた物語に突入となり、第一シーズンも半分(全22話です。尚、第二シーズンが今秋から放送予定となっていて、「クローン・ウォーズ」は全100話の予定となっている。)まで来ました。物語の方は、ドゥークー伯爵が..... [続きを読む]

受信: 2009/06/10 12:01

» 【アニメ】スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(第11話)「囚人ドゥークー」 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
本当に梅雨ってどこにいるんですかねぇ{/eq_1/}{/eq_1/} 連日の快晴です{/kaeru_fine/}{/kaeru_fine/}。夕方からお仕事で無かったらどこかに遊びに行きたい天気{/kaeru_fine/} (この後、ちょびっと買い物にでも行こうかなぁ{/face_nika/}) さて、本日はアニメ鑑賞記録です。 「ハガレン」と「グイン」は完全に止めちゃったなぁ{/ase/} 「東のエデン」{/up/}は最後まで観たら熱く語りたい(※未定)と思ってるんですけどね{/face_a... [続きを読む]

受信: 2009/07/01 12:31

« 地上波でも「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」の一部を放送! | トップページ | ダ・ヴィンチ7月号(小説版:東のエデン) »