« 4周年になりました。 | トップページ | 「バンコック・デンジャラス」みた。 »

2009/05/09

「ウォーロード/男たちの誓い」みた。

The_warlords ”義兄弟”と言えば、やはり『三国志』での劉備・関羽・張飛による”桃園の契り”を思い浮かべるのだが、それから千数百年後となる『ウォーロード』の時代でも、”投名状”という儀式を持って義兄弟の契りが交わされていた。中国というところは”血”よりも濃い”絆”をより重んじる性質なのだろうか?
そんな契りを結んだパンとアルフとウーヤンの壮絶な戦いは、なんとも男臭くて熱いものだった。(以下、若干ネタに触れているのでご注意を)

それにしても”投名状”というものは、ただ単に意気投合したから契りを結んじゃえ!って軽いノリではなさそうで、良くも悪くも”投名状”で自分と相手を縛るような、”連判状”とか”血判状”の意味合いが含まれていることに驚いた。この映画では脱兵で余所者のパン(ジェット)が信じるにたる人物かどうかを確かめる為に「”投名状”を!」とウーヤン(金城)が持ちかけたもので、「裏切りは許さない」って色合いの方が濃いように思ったから。
そしたら案の定。最初こそ義兄弟は互いを助け合い固い結束で修羅場をくぐりぬけていくのだが、戦果をあげるに連れて大きな野望を持ち始めるパンとなり、そんなパンから心が離れ始めるアルフ(ラウ)となった。そんなパンとアルフを共に「兄上」と心底慕うウーヤンは板挟み。
結局のところ、時代と官僚の都合に翻弄させられた男たちの悲哀に満ちた物語だった。ガーっと前半に最高潮が来るだけに、中盤から早くも雲行きが怪しくなり、すれ違ったまま救われないラストを迎えるのが遣り切れない(特に、信じたままのアルフに涙)。・・といっても「尻すぼみ」という意味ではなく、最後の最後まで三兄弟それぞれの想いによる闘いが熱く描かれ、見応えのあるものだった。

アクションは言うことなし!ただそれほど血がドバ~ではないが、『レッドクリフ』以上に”痛い”映画で、肉を斬り骨を断つといった人間の硬さや重さが生々しく感じられる演出に、思わず目を覆ってしまうことが度々。刀を握ってズズズとか肩に槍がメリメリって場面も「もう勘弁してくださいっ」って感じだったshock 最後のボキボキもキツかったなぁ。

総評:★★★★☆   好き度:★★★☆☆++  オススメ度:★★★☆☆++

どちらかと言えばエンタメ性が強くて絢爛豪華な『レッドクリフ』が好み。特に残念だったのは屍処分のシーンが見るからに人形だったことかなー。

|

« 4周年になりました。 | トップページ | 「バンコック・デンジャラス」みた。 »

コメント

「レッドクリフ」よりリアルな戦闘でしたよね。余計痛かったです。特にパンが刺されたところなんか…。というか普通死ぬぞ!という突っ込みは置いといて。(笑)

ちょっと気になっちゃったのは、ここのエピソードは凄く出来が良くて引き込まれるのに、それを繋ぐ部分がわりとおざなりだったことですかねー。

南京とか「あれ?戦争終わっちゃったの?」って感じだったし。
それさえ上手くしてくれたら1本の作品として芯が通った良作になったと思いました。

投稿: KLY | 2009/05/09 02:58

■KLYさん、こんにちはsun
ナマナマしい描写が満載でしたね(><)
痛いのが苦手なので「・・・(う)っ」って何度もなっちゃいました(笑)

パンのグサグサはなんとも上手い具合に急所をはずして貫いたものだと感心しちゃいましたよ。ちゃんと「抜くな!」って言ってますし、そういうことにしておきましょう(^^)

>繋ぐ部分がわりとおざなり
ですよね。南京戦はアルフを説得した直後に「終わって」ましたしね(^^;
要所要所が駆け足だったのが勿体なかったです。
「熱きドラマ」のコピーに異存はないのですけど(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/09 08:04

こんにちは、たいむさん♪
…で、ちょっと遅れちゃいましたが4周年おめでとうございます〜♪

KLYさんも言ってましたが、場面のつなぎはちょっと惜しいですよね。
でもつなぎの部分をちゃんと描いていたら、それこそ「レッドクリフ」みたいに前後編になっちゃってたかも?

投稿: ともや | 2009/05/09 14:26

そういえばパンにパイプみたいのが突き刺さったけど、、、
次の場面ではいきなりピンピンとしていましたね。
驚いた~(笑)

投稿: えふ | 2009/05/09 16:54

■ともやさん、こんにちはsun
お祝いをありがとうございます!

しっかり描いていたらいくら尺があっても足りなさそうな壮大な物語なんですよね。かといって2部構成にすればしたで、「1本にならなかったのか?」とか言われちゃいますし、中国戦記ものは帯に短し襷に長しな題材なのかもしれませんね。

それにしてもスキップし過ぎの感は否めませんでしたね。勿体ない!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/09 21:18

■えふさん、こんにちはsun
時間の経過がぶっ飛んでいて、イキナリ3年後5年後なのはちょっといただけませんよね。
アルフの頬のムチ傷も数分後に消えてましたしねぇ(^^;
ビックリです(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/09 21:20

こんばんは。

4周年、おめでとうございます。
しかし、すごい投稿数ですね。
ぼくは、たいむさんより少し前から始めているけど、
そこまではとても…。

ところでこの映画、
たいむさんからご指摘を受けて気づいたのですが、
もしかしたら監督の中に
3大臣を現代の中国の老政治家の比喩として描こうという意図があったりして…。
もし、そうだったらスゴイな。

投稿: えい | 2009/05/09 22:30

こんばんは♪
つい「レッドクリフ」と比べてしまいますが、戦闘シーンはリアルでイタタタターっな感じでしたね。
良いお話だと思うのですが、南京は?何時の間に終わったんだろうにはちょっと残念でした。
でもお三方を見られたのでまぁいいかと(笑

投稿: yukarin | 2009/05/09 22:38

ええと、この作品、香港公開版より14分ほど短くカットされ、再編集されたインターナショナル版でして・・・。
オリジナルは、人物の心理描写や、ごく普通の人間たちが戦争に巻き込まれる無残さ、むごさを、
丁寧に描いているんです・・・(涙)
残念です。。。。
もしもオリジナル版をご覧になる機会がおありでしたら、
ぜひ香港版をご覧になってください。(大陸版もちょっとカット、編集されてます)

投稿: | 2009/05/09 23:46

■えいさん、こんにちはsun
お祝いありがとうございます。
私のとこは数だけ。しょうもない話題も満載なので、映画オンリーであれだけ沢山の記事を書かれているえいさんには頭が下がるばかりです。

>3大臣を現代の中国の老政治家の比喩
政治も戦争も、その仕組みの根っこの部分は今も昔もほとんど変わっていない気がします。
表では正義を振りかざしながら、仕掛けているのも実は・・・なんて構図こそが伝統そのものかもしれませんし、制作側に何らかの意図が込められていてもおかしくないかもしれませんね。
私はそんな気がしました。素人がわかった口は利けませんが(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/10 13:35

■yukarinさん、こんにちはsun
豪華なキャスト陣の起用は、見れば納得なのですが、肝心のストーリー展開に不満が残るところでしたね。
なにやら日本の公開作品は編集版とのことなので、オリジナルならばと思うと残念なことですが。
なんで編集しちゃったのでしょうね(><)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/10 13:37

■名無しさん、こんにちはsun
ご説明ありがとうございます。
オリジナルを観ていられる方としては、納得の行かない「インターナショナル版」で、そんな中途半端な作品が、作品全体の評価を下げてしまっていることが悲しいのですね。
お気持ちはお察しします。
14分でどれだけ違った印象になるのか、今は想像がつきませんが、かなりの違和感が解消されるものと思います。
機会があれば、見なおしてみたいですね。DVDでは完全版になるかしら?

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/10 13:42

たいむさんこんにちわー
金城めあてだけで「地味な映画」くらいの印象で観にいったせいか
結構楽しめました!
(思ったよりジェット・リー中心でちょっと残念でしたケド^^;)
でも「刀を握ってズズズと肩に槍がメリメリ」しんどかったですネ~(T_T)えらいリアルで!

3大臣いい味出してました^^
最初から最後まで憎たらしくて。

投稿: かいこ | 2009/05/10 18:13

中国のスペクタクル映画を観た、という実感でした。敵味方関係なく人の命の重さもちゃんと描いていたし。
しかしたしかに端折ってる部分が気になりますね。3時間の大作でもなんら不思議でないという内容だけに。ちともったいない…

時代背景に関してはイマイチ解ってないんですが、清の末期である以上もし彼らが無事に出世できたとしても、先は知れてたわけですよね。
だからパンの理想がどうあろうと、観ている間中ずっと諸行無常的な虚しい気分でした。
だからでしょうか、すごく好きなタイプの映画なのに何か釈然としないんですよ。もうすこし反芻してみてそれが何なのか、ひらめくものがあったら記事にしてみようかと思います。

ところで死体処分のシーン、たしかに仰るように見えたんですが、攻城戦で城の外に放置された死体が朝、晩、また朝…と膨れて腐敗してゆく過程まで描くほどです。
たぶんあれも人形などではなく役者さんではないでしょうか。
実はリアルさを追求した結果、あのシーンでは殺されて数時間後程度だし、硬直した死体だからそうしてるのかな…と思って見てたんですよ。アウシュビッツなど当時の動画見てると、それこそまるで人形みたいでしたから。
最近『BONES』とか見てるせいか、考え過ぎですかね?

投稿: よろ川長TOM | 2009/05/11 10:48

■かいこさん、こんにちはsun
金城目当てでもないのだけど、前評判が良かっただけに期待してたんですよね。
とにかく体と目が痛くなる映画でしたね。

3大臣、顔も憎らしかったですね(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/11 17:11

■よろ川長TOMさん、こんにちはsun
本当は長TOMさんが正解なのかな?ってふと思いました。

それはともかく、
>3時間の大作でもなんら不思議でないという内容だけに。ちともったいない…
ちょっとどころじゃなくてカナリ勿体ない気がしてます。オリジナルはあと14分長いらしいですけど、どの程度補完されているのか気になるところです。

私も時代考証とかあまり分ってないので、細部については何も言えないのですが、TOMさんの閃きに期待してますよ(笑)

>膨れて腐敗してゆく過程まで描くほど
あああ、そこまで注意深く見ていなかったです。
そっか、それならばボヨンと弾んでもおかしくないのか?
遠目でしたしね(近くで見たくもないけど)。撤回しておこうかしら?(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/11 17:52

こんばんは~♪
『屍処分のシーンが見るからに人形だった』
やっぱりそうでしたよね?
私も人形だろうなぁ~と思ったんだけど、まさか・・・とも思ったの。

それにしても、、、豪華共演だし、一応見応えはあったのですが、なんとなぁ~く面白味を感じないままになってしまいました。
もうちょっと男同士の熱い想いがドド~ンと絡んだ物語だろうと思ったんだけど・・・

ところで!今日のフジテレビの特ダネ!に海堂さんがコメンテーターで出ているのを発見。
少ししか見れなかったけど、何だかドキドキしちゃったわん。失言したらどうしよう、、、って(笑)

投稿: 由香 | 2009/05/11 22:44

■由香さん、こんにちはsun
由香さんにもそう見えましたか?
なんだかホッとしちゃいますが、↑にてよろ川長TOMさんから「リアルを追求した結果かも?」とのコメントをいただくと、そうかもー?とか思ってしまういい加減な私です(笑)

>一応見応えはあった
いちおう・・・がポイントですね。概ね皆さんそんな感想なような気がしてます。
確かに熱いのだけど、この題材ならもっともっと見たかったですね。

>海堂さんがコメンテーター
先日はNHKに、そのあとは「特ダネ」にも出てましたよね。最近露出が高い海堂氏に思いますが、いよいよ自らのクチで直接にいろいろと訴える気なのかしらん(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/12 21:53

たいむサン、こんにちわ♪
突然飛ばしたTBに暖かいお返事(TB返し)有り難う御座います♪

兎にも角にも「広げよう【ウォーロード】の輪!!」でTB飛ばしまくっちゃいましたw

私はザックリ"自分の感想"だけ書いて、粗筋にはほとんど触れてないんですがwたいむサンとかキチンと判り易く書かれてて凄いな~~♪と思いました!!
(なのでウチのブログには粗筋等絡めた感想は公開終了後に改めて書きます☆等、追記したりw)

確かに「痛い」映画でしたよねw
でも私は刀の刃を握ったトコとか槍が刺さったトコは特に何もw
刃を握ってまで兄弟を庇った!!!とかw
槍も、刺さった後のアルフとウーヤンの反応の方に兄弟愛を感じてしまってwww

ただ手首とか足首が飛び交ってるトコがwwwww
そりゃあんなデカイ刀で斬られたら飛ぶだろうけどwwwwって思いつつ観てましたb

難点を言えば・・・CUTされた内容を全て知ってる私は予め頭の中で練られて観てたから未だアレだけど、何も知らず観た人は「・・・???繋ぎがおかしくない??」って場面も何箇所かww

DVDはCUTされてない盤を発売して貰いたいんですが。
【アイ・アム・レジェント】も後半が全然別な内容のヴァージョンが有って、私的には「え~~☆こっちのヴァージョン、嫌いな方なんだけど~~」って方が公開されてしまって★
ガッカリしてたらDVDには両方のヴァージョン収録してくれてたので、【ウォーロード】もDVDはノーカット版にしてくれないかな~~☆って思って、配給元にでもメールしようかとw

投稿: 澪恋 | 2009/05/16 13:00

■澪恋さん、こんにちは[E:sun]
随分と気に入られたようですね(^^)
私も「あらすじ」はほとんど書かず、感想8割なので見た人にしか分らない内容と、お褒めの言葉は過分と思って恐縮してしまいますが、ありがとうございます(^^;

ほんと痛かった~(><)
コレ以上痛いシーンを見たくなかったので、南京がはぶられてもそこだけは良かったと思うのだけど、やっぱりインターナショナル版では「???」になっちゃいますね。

DVDでは完全版になると良いですね。せめて特典として付くとかね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/16 15:38

まいどどうもです
リアルに痛い映画でしたねぇ・・
戦闘シーンは赤壁より工夫がありました
こちらは俳優の演技を中心に見る作品でしょうか?
それぞれの表情は良かったです。

投稿: くまんちゅう | 2009/05/18 01:47

■くまんちゅうさん、こんにちはsun
そそ、リアルに痛い映画でした(><)
戦闘は、第一に時代が違うってトコがミソなので、距離感なんかが面白かったです。

>こちらは俳優の演技を中心に見る作品でしょうか?
俳優が揃ってますしね。見応えはありましたが、編集は勿体ないとしか言いようがなさそうです。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/18 19:42

本国では大ヒット映画でしたが、日本ではかろうじて公開。。3大スターが出ているのに。
大画面で観れて何よりでした。

ただ、ずいぶんカットされているようで、途中の不自然さは仕方ないようです。

噂には聞いていましたが、戦闘シーンはほんとうにすごかったです。ピーター監督ってこんなに男っぽい映画も撮るのかと!!かなり驚きました。

個人的には、ジェット・リーのグレーっぷりが
今までにないキャラでよかったです。

投稿: mariyon | 2009/05/24 10:38

■mariyonさん、こんにちはsun
前評判良さに納得の部分と肩透かしの部分と両方だった感じでしたね。

>ジェット・リーのグレーっぷり
珍しい・・かな?大抵がアンディもしくは金城ラブな意見が多いように思いましたが・・・
役どころがそのまま人気に反映って感じなのかなぁ。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/24 20:27

たいむさん、こんばんは♪
三国志が大好きでエンタメ作品が大好きな私なんですが
こちらの作品のほうが好みと感じてしまいました(^_^;)
たいむさんはレッドクリフに軍配が上がった
ようですが^^
戦場のシーンはリアルでしたね(^_^;)痛そうなこと苦手な
たいむさんの悲鳴が聞こえてきそうです(笑)私は馬の足の
骨折が気になってしかたがありませんでしたが(^^ゞ

アルフのシーンは、もうだめだ(T.T)とわかって
いるのに、早くウーヤン来て~~アルフを助けて~~って
思いました。あのシーンは涙出ますよね(T.T)

3大スターの競演に満足した私でした(^_-)-☆

投稿: ひろちゃん | 2009/05/25 22:31

■ひろちゃん、こんにちはsun
熱き男の友情って路線は好きなんだけど、ひどく中途半端な印象になるインターナショナル版のせいで「レッドクリフ」に軍配でした。
それと前評判がとても良かったので、期待し過ぎちゃったのかもしれません。

リアルな戦闘シーンはホント苦手。如何にも切れてない日本の時代劇ってほんと楽ちんだなーってつくずく思いますし。
けれど、痛みを知っているって大事なこと。体験してなくては痛みって解らないものだし、ちゃんと痛みを経験してきて良かったなって思いますよ。

>アルフのシーン
パンを信じたまま殺されてしまったアルフが不憫で。。。でも悟ってしまった方が死に切れないかしらね?
とにかく切ないシーンでしたね。
そこで終わらず、ウーヤンVSパンも見ごたえありました!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/26 21:33

話が進むに連れて、劇的になっていきましたよね。

投稿: まりっぺ | 2009/06/13 11:55

■まりっぺさん、こんにちはsun
男臭さは「レッドクリフ」の上でしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/13 16:14

たいむさん、はじめまして。突然のコメントで失礼します。


世界的に有名なアクションスター、ジェット・リーがアクションを封印して自閉症の息子との情愛を演じる映画「海洋天堂」(原題)が今年中国・香港・台湾などで公開されたのをご存じでしょうか。

ジェット・リーは脚本に感動し、ほぼノーギャラでこの映画への出演を決めたそうです。

この映画の音楽担当は、久石譲さんです。医学監修には日本人も関わっているそうです。


しかし、この映画は娯楽作ではないので興行的に不安があるのか、日本での公開はまだ決まっていません。

そこで、この映画の日本公開を目指して『ジェット・リーの「海洋天堂」を日本で観たい!』という活動を以下URLのサイトで行っていて、ネットで賛同メッセージを募っているそうです。
http://oceanheaven.amaterasuan.com/
誠に勝手なお願いなのですが、もしよろしければこの活動に少しでもご協力いただければ幸いです。

(注…私はこの日本公開活動の運営者ではありません)


映画「海洋天堂」のストーリーです

水族館に勤める王心誠(ジェット・リー)は、妻を亡くして以来、自閉症の息子の大福を男手ひとつで育ててきました。
大福は海で泳いだり、水中の生物と触れ合うのが好きでした。
大福が22歳になり、心誠は将来の息子の自立について考えていました。
そんな中、心誠が末期がんに侵されていることがわかり…


香港版予告編動画(英語字幕付き)
http://www.youtube.com/watch?v=F6MGxP2_oi8

投稿: まっぴ | 2010/10/04 18:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/44945363

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウォーロード/男たちの誓い」みた。:

» ウォーロード/男たちの誓い [だらだら無気力ブログ]
清朝末期、太平天国の乱が起こる中国で義兄弟の契りを結んだ三人の男達の 友情と裏切りと悲劇を描いた歴史ドラマ。時は19世紀末、アヘン戦争で疲弊した清朝の圧政の下、「滅満興漢」を スローガンに太平天国の乱が勃発する。清朝の将軍パンは太平天国軍との 戦闘で自分が率..... [続きを読む]

受信: 2009/05/09 02:04

» ウォーロード/男たちの誓い [LOVE Cinemas 調布]
『ドラゴン・キングダム』のジェット・リー、『墨攻』のアンディ・ラウ、『レッド・クリフ』の金城武とアジアの誇る豪華俳優陣が揃ったこの作品、この3人を聞いただけで鑑賞確定だったりします。監督はアンジェリーナ・ジョリーの『アイズ』では製作総指揮を務めたピーター・チャン。舞台は「ラスト・エンペラー」でお馴染みの清代とのことですが、久しぶりの中国近代史モノに期待です... [続きを読む]

受信: 2009/05/09 02:48

» ウォーロード/男たちの誓い [ともやの映画大好きっ!]
(原題:投名状/THE WARLORDS) 【2007年・香港/中国】試写で鑑賞(★★★★☆) 第27回香港電影金像奨8部門受賞。 第45回台湾金馬賞3部門受賞。 西太后が君臨する激動の清朝末期を舞台に、義兄弟の契りを交わした3人の男たちの愛と友情を描いた歴史活劇。 19世紀末期。アヘン戦争で腐敗した清朝の圧政下、太平天国の乱が発生。自分の部隊を全滅に追いやられ、独り生き残った清朝軍将軍パン・チンユン(ジェット・リー)は、失意の中で荒野を彷徨っていた。そんな時、偶然出会ったリィエン(シュー・ジン... [続きを読む]

受信: 2009/05/09 13:41

» ウォーロード 男たちの誓い [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/香港・中国 監督:ピーター・チャン 出演:ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武、シュー・ジンレイ [続きを読む]

受信: 2009/05/09 16:54

» [ウォーロード/男たちの誓い] 映画 [映画鑑賞★日記・・・]
原題:THE WARLORDS/投名状公開:2009/05/08製作国:中国/香港PG-12上映時間:113分鑑賞日:2009/05/09監督:ピーター・チャン出演:ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武、シュー・ジンレイ、グオ・シャオドンそれは命を懸けた義兄弟の契り。+あらすじ+19世紀の中国。太...... [続きを読む]

受信: 2009/05/09 22:08

» ウォーロード 男たちの誓い [象のロケット]
19世紀、中国清朝末期。 清王朝打倒を目指す太平天国の乱は10年以上続いており、部隊が全滅した清王朝将軍パンは、盗賊団のリーダー、アルフとウーヤンと出会い、戦乱の時代を生き抜くために朝廷側に従軍するべきだと説得する。 3人は命を賭けた“投名状”にて義兄弟の契りを結び、絶対の団結で太平軍に立ち向かってゆくが…。 歴史大河ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009/05/09 22:58

» 「ウォーロード/男たちの誓い」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ウォーロード/男たちの誓い」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武、シュー・ジンレイ、他 *監督:ピーター・チャン 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちし..... [続きを読む]

受信: 2009/05/10 08:18

» ウォーロード/男たちの誓い 睡魔と戦うおつむでは難しかった [労組書記長社労士のブログ]
【 27 -7-】 海から早く帰ってきた昨日、あまりにも早い時間だったので仕事の妻にメール。 「はよ帰ってこい、腹減った!それとも明日は休みやしレイトショー{/m_0058/}見に行くか?」 というわけで妻が「金城武 」が出演しているというだけで観たがっていた「ウォーロード/男たちの誓い」を。  中国・清朝末期。太平天国の乱が巻き起こる中、敗軍の将となった清将軍のパンは、リィエンという女に助けられ、一夜を共にした。その後食糧を求め街へ立ち寄った際青年ウーヤンと出会い、彼の村へと招かれる。しかしウー... [続きを読む]

受信: 2009/05/10 11:25

» 「ウォーロード/男たちの誓い」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「ウォーロード/男たちの誓い」公式サイトジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武の歴史アクション・ドラマ。清朝末期、太平天国の乱での実話を基にしてるそうで。金城めあてで観にいったので期待してなかったんですが男くさくて泥臭くて私はレ...... [続きを読む]

受信: 2009/05/10 18:14

» ウォーロード/男たちの誓い [佐藤秀の徒然幻視録]
公式サイト。原題:THE WARLORDS / 投名状。 ピーター・チャン監督、ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武、シュー・ジンレイ。原題のwarlordは将軍とか軍閥の意味。投名状は戦乱時の忠誠を誓う証書。映画では日本風の血判状に近いかも。19世紀、アヘン戦争に敗れ混乱した....... [続きを読む]

受信: 2009/05/10 19:51

» ウォーロード/男たちの誓い [花ごよみ]
ジェット・リー、アンディ・ラウ、 それに金城武の豪華キャスト。 彼等3人が義兄弟の契りを結びます。 監督はピーター・チャン。 ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武 3人とも好きな役者です。 その3人が出演、これはぜひ見に行かねば…。 期待を胸に映画を観てきました。 清朝の時代19世紀末、 元官軍のバン(ジェット・リー)は 盗賊団のアルフ(アンディ・ラウ)、 ウーヤン(金城武)と運命共同体の契り “投名状”を結ぶ。 人間味あふれたアルフ(アンディ・ラウ)。 彼の生き様は見ていてつらかった。... [続きを読む]

受信: 2009/05/11 21:59

» ウォーロード/男たちの誓い [★YUKAの気ままな有閑日記★]
アジア3大スターの競演  私のお目当ては金城すゎ〜ん【story】19世紀の中国。太平軍との戦いで1,600人の兵士を失った清の将軍、パン(ジェット・リー)。街に出たパンは盗賊のリーダーのアルフ(アンディ・ラウ)、その養子のウーヤン(金城武)と出会い、昨夜ともに過ごしたリィエン(シュー・ジンレイ)がアルフの妻と知る。アルフとウーヤンは清軍に入り、3人は義兄弟の契りを結ぶことになるが―     監督 : ピーター・チャン 『ラブソング』『ウインター・ソング』≪2007年中国興行収入No,1、香港アカデ... [続きを読む]

受信: 2009/05/11 22:37

» ウォーロード/男たちの誓い [to Heart]
我ら天に誓う 共に生きんとするより、共に死なんとす 原題 THE WARLORDS/投名状 製作年度 2008年 製作国・地域 中国/香港 上映時間 113分 監督 ピーター・チャン 音楽 ピーター・カム 、チャン・クォンウィン 出演 ジェット・リー/アンディ・ラウ/金城武/シュー・ジンレイ/グオ・シャオドン 香港や台湾の映画賞を総なめにした歴史アクション・ドラマ。 清朝末期、太平天国の乱での実話を基に、男たちの友情と裏切りをダイナミックに描く。監督は『ラヴソング』のピーター・チャン。 {... [続きを読む]

受信: 2009/05/12 22:25

» ウォーロード 男たちの誓い [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ウォーロード] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.5/10点満点 2009年45本目(40作品)です。 舞台は19世紀の中国。 太平天国の乱で1600人の兵士を失い、荒野を彷徨っていた清朝将軍のパン(ジェット・リー)は、盗賊団のリーダーのア..... [続きを読む]

受信: 2009/05/14 10:05

» 【ウォーロード/男たちの誓い】(投名状)観てきました♪ [☆猫とネトゲと眠れない夜☆〜何でもアリ♪って事で〜]
元元リンチェイもアンディも金城武も好きなので、この3人が出て、しかもアクション系って言ったら観に行かないワケが無かろう!!... [続きを読む]

受信: 2009/05/15 01:25

» 「ウォーロード/男たちの誓い(投名状)」映画感想 [Wilderlandwandar]
ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武の豪華共演で、本国での評判も高かったウォーロード/男たちの誓い(原題:投名状/英題 [続きを読む]

受信: 2009/05/15 23:52

» 三者三様「ウォーロード 男たちの誓い」 [茅kaya日記]
JUGEMテーマ:映画 いつもとちょっと違うグレーキャラのジェット・リー、 レッドクリフでは扇だけを振っていたけど、 動く、動く金城、 そして、これぞアンディ、本領発揮。 三者三様の男の映画。 見ごたえありました。 nbsp; 戦闘シーン流血シーンの連続で、監督がピーター・チャンってのにはびっくり。... [続きを読む]

受信: 2009/05/24 10:39

» ★ウォーロード/男たちの誓い(2008)★ [CinemaCollection]
THEWARLORDS投名状それは命を懸けた義兄弟の契り。映時間113分製作国中国/香港公開情報劇場公開(ブロードメディア・スタジオ)初公開年月2009/05/08ジャンルアクション/アドベンチャー/歴史劇映倫PG-12【解説】ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武の豪華共演で贈る...... [続きを読む]

受信: 2009/05/25 22:06

» 投名状 [姫鷲の戯言 日記館 〜Die-Arry〜]
他説... 物寂しいモノローグで始まる、激しくも哀しい漢たちの物語。休暇をとって『ウォーロード / 男達の誓い』、観てきました。いやぁ、良かったです。地味で泥臭いところが何ともイイ感じ。血沸き肉躍る高... [続きを読む]

受信: 2009/05/26 02:04

» 「ウォーロード/男たちの誓い」戦乱の世の正義に翻弄される勇者たち [soramove]
「ウォーロード/男たちの誓い」★★★★ ジェット・リー 、アンディ・ラウ 、金城武 主演 ピーター・チャン 監督、2008年、113分、香港、中国 「中国・清朝末期。太平天国の乱が起こる中 義兄弟の契りを結んだ3人が乱世を戦い、 やがて悲劇的な結末を迎える、 馬新貽の暗殺事件の映画化、 史実を踏まえつつ、熱い義理と 恋愛も織り込んだ意欲作」 派手なワイヤワークやカンフーも無く、 ひたすら血みどろの接近戦で 戦い抜くのはジェット・リー 、 アンディ・ラ... [続きを読む]

受信: 2009/05/26 22:39

» ウォーロード/男たちの誓い [ダイターンクラッシュ!!]
5月25日(月) 19:25~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) パンフレット:500円(買っていない) 『ウォーロード/男たちの誓い』公式サイト リー・リンチェイ、アンディ・ラウ、金城武が義兄弟の豪華キャスト。「ラヴソング」のピーター・チャンが監督、アクション監督にチウ・シントン師父の豪華スタッフ。なのに、銀座では公開されず、一部シネコンでの限定公開。その理由は映画の中身にあった。 リンチェイ「英雄」、アンディ「墨攻」、金城「レッドクリ... [続きを読む]

受信: 2009/05/30 14:01

» 「ウォーロード/男たちの誓い」 [クマの巣]
「ウォーロード/男たちの誓い」、観てました。 清朝が乱れに乱れた時に太平天国の乱が勃発。青雲は将軍であったら戦いに敗れ、流浪の途... [続きを読む]

受信: 2009/06/04 13:55

« 4周年になりました。 | トップページ | 「バンコック・デンジャラス」みた。 »