« 買ってしまった「YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージ」(長っ!) | トップページ | 「スター・トレック」みた。 »

2009/05/28

「重力ピエロ」みた。

Piero これも原作は未読。だけど、珍しく最初のほうでネタが分かってしまった。
映画は、いつもの伊坂作品と変わらず過去と現代を行きつ戻りつしながら次第に謎が明らかになっていく作り。要所要所に優しくヒントが散りばめられているので、早々に気が付く人も多いのではないかと思うが、この作品も左程謎解きは重要ない物語なのだと思った。(以下、若干ネタに触れているのでご注意を)

映画の感想というよりは、『重力ピエロ』という作品についてあれこれ考えてしまう感じなので、最初に俳優陣を褒めちぎっておくことにする(^^)
加瀬くん、岡田将生くん、小日向さんの”最強の家族”がとても良かった。優秀な弟に対してイマイチ冴えない自分を比べて嫉妬めいた発言をしながらも、決して卑下することなく何処までも兄であり続けようとする泉水の強さと揺れを加瀬くんが見事に演じていた。そして、傍から見えばクールでストイックな雰囲気を醸し出しながらも、兄に対してだけは甘えた言動でSOSを出し続けるような弱さを感じさせる弟:春を岡田くんが好演。また、2人の息子の良き理解者で優しさと信念を併せ持つ、ニッコリ笑いながらスゴイことをさらりと言ってしまうような、はかり知れない器を持った人物をやらせたらやはり小日向さんは抜群だ。この3人が揃った時の雰囲気は、不幸な出来事が家族の絆をより深めたものと感じられるけれど、それだけに本物の”最強の家族”に見えた。それから、愛に溢れた母親を演じた鈴木京香さんもよく馴染んでいたし、渡部篤郎さんも淡々と胸糞悪い下衆野郎を演じてくれていた。挙動不審で不気味な”夏子さん”も最後は可愛く見えるから面白いし、誰もかれもが上手くハマっていたと思った。

内容は、今回も犯罪から生まれた復讐や怨恨による何かだったりする。一般的に「憎しみからは何も生まれない」として、葛藤しながらも「どう憎しみの連鎖を断ち切るか」を結論にする作品が多い中、正々堂々出来ることなら「白」にしたくなるような「真っ黒」をやってのけてしまう。しかも「世間的にはダメだよね。むちゃくちゃだよね。」と言って確信的に正道を外れた行動をするというのが毎度のパターンだ。
論理的思考と理性で思い留まる事とが出来るのが人間。しかし頭では理解しても心では割り切れない(割切りたくない)事が往々にしてあるのも人間。伊坂作品では「正しくない」事の取り計らいを考えさせられる事が多くて困ってしまう。一種の「必要悪」とでも言うような、「想像力の欠如」ではなく、「想像した上での結果」と「誰の為の想像力か」を考えた場合の、大抵がコレ以上の不幸の連鎖を生まない、もしかしたら”最善”かもしれない行為だったりするから尚更に悩ましい。「決して正しくはない行い」と分っていても、”赦し”ってこういう時にこそ必要なモノではないかしら?って思っちゃうんだよね。
・・ただ、”重力”を断ち切るくらいの”幸せ”とはどんなものだろう?と疑問に思う。少なくとも、法律だろうが、道徳だろうが、何もかもを振り切ってしまうような事とは違うモノと、私は思うのだが。でも、「本当に深刻な事は陽気に伝えるべき」というように、絶望を振り払うと考えればそうかもしれないと思うし、事実が真実とは限らないのと同じで、「目で見たモノだけが正しいわけでは無い」というのは激しく同意したい。

総評:★★★★☆+   好き度:★★★★☆   オススメ度:★★★★☆

|

« 買ってしまった「YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージ」(長っ!) | トップページ | 「スター・トレック」みた。 »

コメント

何時もお世話になっております。

ある方からはとても容認できない酷過ぎると言われた作品でしたが、何時もの私ならこれはいけないだろう!と書くんじゃないか?と思われそうな内容ですが、今回は事件の真相と真実を重点に観たので酷い、許せないというよりもどうして世の中は春を救ってあげる事ができなかったのだろうか・・・と感じてほしいという作品だったと感じました。
正志があの事件があっても梨江子に産もうと決断し、春を自分の息子として愛情を注いだ器量はどんな境遇でも家族として受け入れる大切さを示してくれたと感じます。だからこそあれだけの事があっても裁き切れない事に対する疑問定義がよりあるんですよね。
裁判員制度が始まった今だからこそ例え少年でも光市事件のような事例があっても良いと思うし、脅威を取り除ける救ってあげられる権利を確り言わなければならないのだと感じさせるメッセージをこの作品から強く感じます。

投稿: PGM21 | 2009/05/28 00:13

こんばんは。
原作は、というより伊坂作品は全く味読です。
作品のテーマそのものより、組み立てというか、構成の妙に感心しています。
とある家族の24年間にわたる時間軸と現在の放火事件がグラフィティアートのある場所で起こるという空間軸、両方が交差する点があの家だったという流れを発想できることが非凡だなあと感じます。

出演者は本当に良かったですね。岡田君は今年はヒット作の常連じゃないですか。飛躍の年になりました。今後が益々楽しみです。

投稿: KLY | 2009/05/28 01:38

■PGM21さん、こんにちはsun
内容にいたく同情的な感想のようですね。
私個人の気持ちとしても、元凶の排除という真っ黒な行為は認めたくなりますが、実際には何の解決にもなっていないということを踏まえると、どうかなって感想です。どんな命も重さは・・・なんて言うつもりは毛頭ないけれど、24年間、本当に彼ら家族を苦しませ続けたのは別にあるって思うので。
堂々めぐりの内容については、それこそ黙認するかのようにあまり語りたくないですね。
作品としては素晴らしいと思いましたが。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/28 07:37

■KLYさん、こんにちはsun
>作品のテーマそのものより、組み立てというか、構成の妙に感心しています
そうですよね(^^)
春が(わざとらしく)法則に気がついちゃっうとか、泉水の専門分野である遺伝子学が絡んでくることで、直ぐにネタが割れちゃうのだけれ、探偵モノだったら「うわ~」ってなるものですよね。

>岡田君
個人的な趣味から行くと、好みでもないのだけど、ドンドンと実力をつけてきていて素直にカッコいいなって思います♪俳優として今後も注目ですeye

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/28 07:43

おはようございます。

このキャスティングは本当にうまかったです。
実際に存在している「最強の家族」のように
感じさせてくれました。

夏子も、頑張ってたなあ。

投稿: えい | 2009/05/28 10:23

一度2月にアスミックエースの営業所で
モニター試写を見た時は正直いい印象を受けなかったにもかかわらず
あなたならこの映画を
どう宣伝するかというアンケートがでて
頭抱えてしまいました。
で実際公開されて
反応見たら基本好意的。
GOEMONもそうだったんですが先に見て
第一印象が?だったのにヒットしてると
何か見落とした?
何かズレてる?

試写感想がコワくなりました。

罪がどうのではなく
何がきてもゆるがないものがあって
そこさえなくさなければ人は悲しみや痛みの重力を超えて生きてゆける。…二回目見てやっと
そっちへ目を向けられるようになったわけで。

やっぱり寝てたな~…(笑)

投稿: Ageha | 2009/05/28 12:00

加瀬さんも岡田さんも素晴らしかったですが、個人的にはその2人の凄さを引き出したのも全て小日向さんの素晴らしすぎる演技のおかげではないかと思いました。

久しぶりに「この役はこの人でないとここまでは演じれないだろう」なんてことを思いましたよ。

投稿: にゃむばなな | 2009/05/28 14:49

たいむさん、こんにちは~♪

原作でもとてもその存在が大きくてホッとできたお父さん、小日向さんピッタリでしたね。
お父さんの口から出る言葉はどれだけ春の心を救っただろうと思うと泣けてきちゃいます。

子供の頃の兄弟を演じた子役さんたちがソックリでした♪

投稿: hito | 2009/05/28 18:24

たいむさん♪こんにちは~happy01
これは1番最初に読んだ伊坂作品なので、思い入れもあり、映画化にもちょっと不安がありました。
原作には、数々の心を打つ、擽る、、、言葉がとても多く、それをどう表現するのかなぁ~と思っていたんです。もちろん作品の持つ空気も独特なので、変なことにならないか・・・と気を揉んでいましたcoldsweats01
でも、なかなか上手く映画化されて良かったですぅ~
キャストの皆さんがハマリ役でしたよね~
物語の展開を知っているので、冒頭から泣けちゃいました・・・

>渡部篤郎さんも淡々と胸糞悪い下衆野郎を演じてくれていた
ハハハ・・・そうでしたね。ちょっと原作とイメージが違うのですが、演技がそれを忘れさせてくれました~

投稿: 由香 | 2009/05/28 19:06

■えいさん、こんにちはsun
血のつながりだけではない、ってドラマは良くあるけど、”揺るぎない家族”という感じに見えましたね。

ハルのストーカーは止めたといっていたけど、夏子さんはこれからどうするのかな?(笑)


■Agehaさん、こんにちはsun
内容が内容だけに視点によっては「うーん」となるのも頷けますでの、何が正しいとかはないと私は思いますが。。。

>どう宣伝するか
コレは難しいですね。ミステリを強調して、「えー、ちがうじゃん」っていうのも後々上手くないですしね。かといって、完全にネタばれするのはNGだし。
ずばり、「あなたは重力に縛られていませんか?」なんてね(笑)

■にゃむばななさん、こんにちはsun
小日向さんが抜群でしたね。中堅の加瀬君と若手の岡田君の兄弟をホントの父親みたく牽引していましたね。
あの得体の知れない感じは、確かに小日向さんしか思い浮かばない感じです。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/28 20:12

■hitoさん、こんにちはsun
最近の子役君たちは、本当に俳優さんたちの面差しを感じさせる子供たちが選出されてますよね。
まぁ、劇団に通う子どもは、ジャニーズ系のような可愛い子ばかりじゃないですしね、加瀬君似がいても全然不思議じゃないのだけど(笑)

お父さんに、「俺に似て・・」は春にとっては最高の冠詞でしたね。最強最高の家族でした!


■由香さん、こんにちはsun
この作品、わりと初期のモノなんですよね。
やっぱり伊坂作品はなかなか手が出ないのだけど、映画を見ると読んでみたくなって困ります(^^;
私も要所要所でポロポロと静かに泣いてました。
原作の雰囲気はわかりませんが、映画も唐突さを感じることはなかったですし秀作だと思いました。
やはり、多少なりとも原作とイメージが違っていても、俳優の力で許容できる作品は良いですよね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/28 20:20

憎しみの連鎖を断ち切ろう、許しを与えよう
的な作品が流行りですが、絶対悪にそれでいいのか?
と問うような作品でしたね
中々賛否出そうな作品ですが、それを考えてみるのも必要かなとも思います。
最後の最後、印象が原作とちょっと違うような感じですが
映画化としては当りではないでしょうか

投稿: くまんちゅう | 2009/05/28 22:40

■くまんちゅうさん、こんにちはsun
「絶対悪」という定義もなかなか難しいものがありますからねぇ。
しかしながら絶対悪を野放しにするのもいかがなものであり、それに便乗する輩もいたりしますし、罪と罰の在り方は考えなくてはならないものだと思いました。
ただ、考えも纏まっていないのに、こういう公の場ではあまり持論を展開したくないかなーと。

原作付きでも成功の部類ですか?それはそれは良かった♪

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/28 23:25

わたしも、原作は未読です。
伊坂さんの作品は、悪に対する考え方が
理解できるとか、そう言うことでなく、
読んだあと、納得している自分に驚きます。
この作品も、また暗いですね。

でも、「生まれてこなければよかった」と思うほど憎んでいれば、殺人を必然と言ってしまっていいのか??
そう言う思いは、やはり、どこかに残りました。

映画を見たあとに、嫌悪感が全く起きないほど
彼らの心情に心を動かされました。

投稿: mariyon | 2009/05/29 00:06

果たして、あの家族は重力を振り切れたのかが気になるところです。

投稿: まりっぺ | 2009/05/29 14:40

こんにちは。

原作は未読です。

ラストに賛否両論ありそうですが、
“悪”には、何をしても許されるのでしょうか?

ちょっと、考えてしまいますね。


ストーリー展開よりも、小日向さんの演技に魅了されました。

投稿: BROOK | 2009/05/29 15:42

■mariyonさん、こんにちはsun
嫌悪感、おきないですねー。
逆に救ってあげたくなるのが困るというか、何というか。
それでも、ではあるので、難しいですよね。
映画はキャストはじめ、良く出来ていたと思いました(^^)


■まりっぺさん、こんにちはsun
彼らは重力を振り切ったのではないかしら?と私は思うけれど。


■BROOKさん、こんにちはsun
善悪の問題は難しいですね。
小日向さんはじめ、キャストの皆さんがハマっていてとても良かったですね

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/29 23:06

こんにちは♪

>正しくない事の取り計らいを考えさせられる事が多くて困ってしまう
そうなのよね。
もうご贔屓の岡田クンがやったことだけに全面的に許してあげたくなってしまいました(笑)
っていうかあの犯人が本当にサイテーのヤツだからなおさら・・・。
それにしても伊坂作品驀進中ですよね~。

投稿: ミチ | 2009/05/30 14:55

■ミチさん、こんにちはsun
日本は法治国家ですしね。おおっぴらに根幹を揺るがすような事を認めるわけにもいかないわけで、正面切って見せ付けられると本当に困ってしまいます。

>贔屓の岡田クンがやったことだけに全面的に許してあげたくなって
ははは(^^;そうなんですよね。
贔屓も含めて、人間とはなんて都合の良い思考で生きているんだろうーって思いますよ。
まぁ、アレは誰が観ても最低なやつだったし、「チェンジリング」のときのように「地獄に堕ちろ!」って私も思いましたが。

伊坂作品はどこまで行くのか・・・まだまだ続きそうですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/30 15:05

こんばんは!
今回は犯人わかったゾ!!て思った途端。
春の出生にもきずいてしまい・・。
その後は彼の思いや親の思いに思考が動いて
心乱れまくりでした(涙)
小日向サン父の愛情は最強すぎ(涙)
岡田君は・・美しかったですねぇえ。

投稿: くろねこ | 2009/06/01 23:11

■くろねこさん、こんにちはsun
最強の親子の心情を思うと、心乱されますよね。
キャストもバッチリとはまっていたから感情移入しまくっちゃいましたね。

岡田君はキレイだったけど、見知らぬ一般人をケータイで写真撮る気持ちはわからないなぁー。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/02 18:11

たいむさん、こんばんは☆彡
>伊坂作品では「正しくない」事の
取り計らいを考えさせられる事が多くて困ってしまう

ほんと、そうなんですよねσ(^◇^;)私は、この小説で
伊坂さんにハマッて立て続けに読みましたが、何冊目かは
私本当に伊坂さんの小説が好きなのか?って思ちゃいましたもん(笑)

おっと話が脱線、すみませんσ(^◇^;)
この作品のキャストは、特に、小日向さん、加瀬さん、
岡田さん、鈴木さんの4人は、イメージピッタリでした。
この作品の良さは、私も彼らに負うところも大きいと
思います^^原作が大好きだったのですが、この作品は、
原作のイメージを大切にして作られた
感じがして好きです(*^o^*)

投稿: ひろちゃん | 2009/06/04 00:42

■ひろちゃん、こんにちはsun
初めて伊坂作品のようなグレーな世界に触れたときの衝撃から、思わずハマってしまう気持ちって分る気がします。だけど、そんなものばかり読むとだんだんウツウツしちゃって疲れちゃうのもね(^^;

内容の重さは考えないこととして、この家族と子のキャストが最高でしたね。私も好きです。
それでもやっぱり内容を無視できないのが困りますねー。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/04 20:29

こんばんは!
たいむさん結構前に観てたんですね★

うーん、わたしもたいむさんのレビュー、同感です。
家族の描き方、すごく良かったし、キャストもハマってました。
夏子さんには笑ったけど重要な役でしたネ。
観て良かったです。

投稿: mig | 2009/06/13 01:09

■migさん、こんにちはsun
わりと早めでした(^^)
小説を読んでいなかった分、期待していたものですから。
重いんだけど、別次元で重さを破壊してくれて、それこそ無重力に戸惑う感じの内容。
意外な夏子さんの役割には笑っちゃいましたねw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/13 08:51

たいむさん、こんばんは!

「最強の家族」を演じた3人は良かったですよね。
春役はなかなか難しかったと想像されますが、岡田くんはとてもキャラクターの微妙さを表現していたと思います。

「考えて考えて何百回も考えて」という台詞がありましたが、そこまで考えて自分で選んで進むということが伊坂作品の根底に流れるテーマな感じがします。
なりゆきまかせでその場限りで生きるのではなく、強い意志と想いを持つ生き方というのを彼の作品からは感じます。

投稿: はらやん | 2009/06/13 23:25

■はらやんさん、こんにちはsun
岡田君は若手でも期待の星(笑)
これから様々な役に挑戦して、イケメンだけで終わらないでほしい俳優さんです。

果てしない思考の末に・・・ってやつですね。コレという結果(決断)が出せるということが、そもそも意志の強さの現れなのかもしれませんね。
それでもやっぱり伊坂作品はちょっと苦手かも。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/06/14 09:36

たいむさん、こんにちは☆
伊坂ワールドの不思議な雰囲気は、やはりその『心情的には正義』だけど『法律的には犯罪』なことを、さらりとやってしまう部分ですよね。
そして加瀬さん、岡田くん、小日向さんの透明感がよりいっそう「いいよね?」と言って済ませてしまえるかんじを強めているような気がします。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2010/02/14 23:24

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
>『心情的には正義』だけど『法律的には犯罪』
伊坂作品はコレなんですよね。そして前者を肯定してしまうような結末になるから悩ましいんです。
綺麗事を言うつもりは無いけれど、それでいいのか?って毎回毎回苦い後味に悩まされるんですよ(><)

>加瀬さん、岡田くん、小日向さん
フツーな人たちを演じるのが巧い方々なものだから尚更に寄っちゃうんですよねー(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2010/02/15 18:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/45128684

この記事へのトラックバック一覧です: 「重力ピエロ」みた。:

» 「重力ピエロ」世の中で裁けなかったDNA事件を裁かなければならなかった悲劇の運命 [オールマイティにコメンテート]
「重力ピエロ」は伊坂幸太郎原作の重力ピエロを映画化した作品で連続放火事件が多発する事件の謎を追う大学生とフリーターの青年が事件を追ううちに家族の過去の秘密にたどり着くストーリーである。原作は未読ながら鑑賞しているうちにこの家族の境遇から事件への経緯が20...... [続きを読む]

受信: 2009/05/28 00:03

» 「重力ピエロ」映画感想 [Wilderlandwandar]
伊坂幸太郎氏の原作「重力ピエロ」を実写映画化した作品です。原作を読んで面白かったので、楽しみにしながらも、上手く作ってく [続きを読む]

受信: 2009/05/28 00:57

» 重力ピエロ [LOVE Cinemas 調布]
伊坂幸太郎のベストセラー小説の映画化。ちなみに同じ伊坂幸太郎原作では最近公開された『フィッシュストーリー』や『アヒルと鴨のコインロッカー』があります。主演は『犬と私の10の約束』や『パコと魔法の絵本』などヒット作に多数出演している加瀬亮。共演に『ホノカアボーイ』の岡田将生、他にも小日向文世、渡部篤郎、鈴木京香といった、若手ベテラン共に実力ある布陣。試写会にて鑑賞です。... [続きを読む]

受信: 2009/05/28 01:33

» 『重力ピエロ』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
昨日の夜は京橋にある京橋テアトル試写室に5/23公開の『重力ピエロ』の試写会に行ってきましたー。 Yahoo!映画のレビュアー限定の試写会で、今回は監督の森淳一さんのティーチイン付きのものでしたー。 会場近くには割と早めについたものの、会場広くないし開場時間までそこで... [続きを読む]

受信: 2009/05/28 09:32

» 『重力ピエロ』 [ラムの大通り]
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 -----これって人気の伊坂幸太郎の原作ニャんでしょ。 彼の小説って次々と映画化されているよね。 「そうだね。 やはりそれだけ人気が高いってことだろうね。 この映画を観ると、その理由もおぼろげながら分かる気もする。 間違っているかもしれないけど…」 ----その理由って? 「ぼく自身は原作を読んでいないし、 これはあくまで『映画を観て』のカッコつきだけど、 彼の本は、 この困難な時代を生き抜くた... [続きを読む]

受信: 2009/05/28 10:03

» 『重力ピエロ』 [めでぃあみっくす]
小日向文世さんは最強の脇役だ。この映画を見ると誰もがそう思えるのではないでしょうか。伊坂幸太郎先生原作の映画化や加瀬亮さんと岡田将生さんの主演で話題を呼んでいる作品ではありますが、映画を見終わって一番印象に残ったのは間違いなく「この人にしか出せない雰囲気....... [続きを読む]

受信: 2009/05/28 14:50

» 【重力ピエロ】 [日々のつぶやき]
監督:森淳一 出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、渡部篤郎、鈴木京香、岡田義徳      家族の愛は、重力を超える。 「遺伝子を勉強する大学院生の兄泉水と絵の才能を持つ弟春は母親を亡くし父親と三人の家族。 家族の住む仙台市内で連続放火... [続きを読む]

受信: 2009/05/28 18:08

» [映画『重力ピエロ』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆深く重いが、いい作品だった。  私は、ミステリには非常に詳しかったのだが、原作の伊坂幸太郎がデビューした頃から、なかなか読書の時間が取れなくなり、伊坂作品には詳しくない。  でも、先日観た伊坂原作の『フィッシュストーリー』には非常に感心した口だ。  今回の作品の舞台は仙台市内で、確か、『フィッシュ…』も仙台が舞台となっていたような気がする。  作者は仙台出身者なのかな?  私は、昨年、仙台に行ったので、今回の主人公の兄弟が放火犯を追い、仙台市内を巡るのだが、通ったような気がする場所も出て... [続きを読む]

受信: 2009/05/28 18:36

» 重力ピエロ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』は、私が最初に読んだ伊坂作品です。大好きなお話なので映画化を楽しみにしていました〜【story】遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では謎の連続放火事件が発生していた。泉水と春は事件に深く踏み込み、家族を巻き込みながら次第に家族の過去にも近づいていくのだが―     監督 : 森 淳一【comment】      じぃぃぃ〜〜〜んボーボーいや〜〜〜良かったじんじんきましたよ〜個人的に... [続きを読む]

受信: 2009/05/28 18:58

» 試写会「重力ピエロ」 [日々“是”精進!]
「重力ピエロ」の試写会に行ってきました切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッシュな文体で軽やかに綴った人気作家・伊坂幸太郎の同名ミステリーを実写映画化。仙台を舞台に、連続放火事件とその現場で見つかるグラフィティアートの謎を追う兄弟が、やがて家族...... [続きを読む]

受信: 2009/05/28 19:43

» 重力ピエロ [そーれりぽーと]
「春が二階から落ちてきた」 以前から意味深な予告編が気になっていた『重力ピエロ』を観てきました。 ★★★★ 賢い兄貴と、クールで正義感の強い弟、そして妻に先立たれた父の家族ドラマかと思って観ていたら、とんでもなく重い運命の鎖に縛られた家族が、鎖を断ち切ろうと懸命に笑って生きる姿を描いていた。 予告編も意味深ではあったけど内容については触れていなかったし、この家族の秘密が何なのか、問題の存在すら無いように途中までずっとぼかして描かれていたので、序盤の何気ない伏線の数々が後半になって悲しい秘密にひっ... [続きを読む]

受信: 2009/05/28 20:11

» 兄と弟の均衡「重力ピエロ」 [茅kaya日記]
JUGEMテーマ:映画nbsp;綺麗な男の子頭のいい兄逝ってしまった美しい母親まじめな父ストーカーの女の子 そして、レイプ犯・・・。 原作が有名なのでここからちょっとだけネタばれ。 [続きを読む]

受信: 2009/05/29 00:08

» レビュー:重力ピエロ [シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記]
[人間ドラマ][ミステリー][遺伝子][連続放火事件][実写][邦画][ビスタ] 話の重さ:★★★☆☆ 家族の絆:★★★☆☆ 出演: 加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香 兄と弟と父の3人暮らしの家族にはつらい過去があった。 ...... [続きを読む]

受信: 2009/05/29 14:38

» 【重力ピエロ】★加瀬亮★岡田将生 [猫とHidamariで]
春が、二階から落ちて来た。重力ピエロ HP重力ピエロ シネマトゥデイスタッフ監督:森淳一原作:伊坂幸太郎企画・脚本:相沢友子キャスト加瀬亮  : 奥野泉水(兄)岡田将生 : 奥野春(弟)鈴木京香 : 奥野梨江子(母)小日向文世 : 奥野正志(父)吉高...... [続きを読む]

受信: 2009/05/29 16:46

» 重力ピエロ [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
次々と映画化されてゆく、人気作家・伊坂幸太郎の傑作小説群。特定のジャンルを飛び超え、いろんな要素をクロスオーバーさせつつ、不思議な浮遊感が漂う独自の世界へと読む者・観る者を誘ってくれる。 物語:遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年下....... [続きを読む]

受信: 2009/05/29 21:13

» 映画 【重力ピエロ】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「重力ピエロ」 伊坂幸太郎の同名小説の映画化。 おはなし:遺伝子研究をしている大学院生の奥野泉水(加瀬亮)は、弟の春(岡田将生)から奇妙な話を聞く。春は街の落書き消しを仕事にしていたが、その現場と最近続いている連続放火事件のそれが、すべて共通しているというのだ・・・。 伊坂作品が続々映画化さていますね〜。この原作は5年前に読んでます。 『アヒルと鴨のコインロッカー』や『フィッシュ・ストーリー』のようなトリックのあるタイプの作品は中村義洋監督によって上手く映画化されていたのも記憶に新... [続きを読む]

受信: 2009/05/30 14:51

» 重力ピエロ [サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村]
     = 『重力ピエロ』  (2009) = 食あたりだと思い病院へ行った父(小日向文世)から、ガンを宣告された泉水(加瀬亮)と春(岡田将生)。 一方その頃、仙台市内では連続放火事件が発生。 落書き消しの仕事をする春は、自分が落書きを消した場所の近くで放火が起こっていると気付く・・。 {{{: 製作国/日本  (119分) 監督: 森淳一 プロデューサー: 荒木美也子/守屋圭一郎 原作: 伊坂幸太郎 『重力ピエロ』 新潮社刊 企画・脚本: 相沢..... [続きを読む]

受信: 2009/05/31 15:36

» 重力ピエロ・リベンジ。 [ペパーミントの魔術師]
SometimesS.R.S 山口卓也 いしわたり淳治 トイズファクトリー 2009-05-20売り上げランキング : 585おすすめ平均 無題新鮮なノスタルジーAmazonで詳しく見る by G-Tools 映画の宣伝と別に CDの宣伝も流れるようになりました。PV見たんですが 岡田将生くんが映画に出てるとき..... [続きを読む]

受信: 2009/05/31 17:02

» 重力ピエロ (加瀬亮さん&岡田将生さん) [yanajunのイラスト・まんが道]
◆加瀬亮さん(のつもり)◆岡田将生さん(のつもり)映画『重力ピエロ』に加瀬亮さんは奥野泉水 役で、岡田将生さんは奥野春 役で出演しています。昨日よりついに全国公開されました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2009/05/31 23:14

» 重力ピエロ [★ Shaberiba ★]
連続放火事件&落書きに隠された真実とは? [続きを読む]

受信: 2009/06/01 21:02

» 【映画】重力ピエロ [新!やさぐれ日記]
▼動機 駄作だと思ってた小説の映画化 ▼感想 そういうことだったのかっ! ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では、謎の連続放火事件が発生していた。泉水と春は事件に深く踏み込み、家族を巻き込みながら次第に家族の過去にも近づいていく。 ▼コメント 原作読んだ時には全く気がつかなかったが、 「最強の家族」という言葉で巧妙にオブラートに包んだ、 ... [続きを読む]

受信: 2009/06/02 20:42

» ★重力ピエロ★ [CinemaCollection]
家族の愛は、重力を超える。連続放火事件に隠された家族の真実──溢れくる感動のミステリー上映時間119分製作国日本公開情報劇場公開(アスミック・エース)初公開年月2009/05/23ジャンルミステリー/青春/ドラマ【解説】切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッ...... [続きを読む]

受信: 2009/06/04 00:26

» 『重力ピエロ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「重力ピエロ」□監督 森淳一 □脚本 相沢友子 □原作 伊坂幸太郎 (「重力ピエロ」新潮社刊)□キャスト 加瀬 亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香■鑑賞日 5月30日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 原作は100万部を超えたヒットとなっている伊坂作品。 しかしながら未読。彼の作品を何作か読んだが、共通して底辺にある混沌とした、現代社会からやや逸脱した物語は僕としては... [続きを読む]

受信: 2009/06/04 12:58

» 重力ピエロ [我想一個人映画美的女人blog]
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 原作も読んでなければ、加瀬亮主演の兄弟もの。ということしか知らず観て来た〜 邦画を観ると必ず驚かれるわたしですが、これでも年に5、6本は観てます☆ 少なっ。 何人かの映画ブロガーさんたちにもオススメされ、兄弟や家族がテーマの話が好きなので観たくなったの。 [このミステリーがすごい!2009年版] 第1位受賞作家、伊... [続きを読む]

受信: 2009/06/12 00:08

» 「重力ピエロ」 自分で考えろ [はらやんの映画徒然草]
遺伝か、環境か? 劇中でも語られていたように、ある人の人間性を形成するのは、遺伝 [続きを読む]

受信: 2009/06/13 06:48

» 重力ピエロ / 73点 / 良い映画やけど非常に文章的なんよなー・・・ [FUNNY GAMES?]
原作がエエからエエ映画になってるっつー感じで、映画単体としては・・・ 『 重力ピエロ / 73点 』 2009年 日本 119分 監督 : 森淳一 脚本 : 相沢友子 出演 : 加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香 【... [続きを読む]

受信: 2009/06/21 22:37

» 「重力ピエロ」ドロドロなのに透明感 [ノルウェー暮らし・イン・London]
久しぶりに邦画を見た。 さすがの伊坂幸太郎原作もの。 深刻な内容なのに、どこか透明感のあるピュアな雰囲気。 すべてのキャストが、最高にマッチして、無駄な人物はひとりもいない。 人目をはばからず、声を上げて泣きながら見ている私がいた。... [続きを読む]

受信: 2010/02/14 22:58

« 買ってしまった「YOKO KANNO SEATBELTS 来地球記念コレクションアルバム スペース バイオチャージ」(長っ!) | トップページ | 「スター・トレック」みた。 »