« ダ・ヴィンチ6月号(小説版:東のエデン) | トップページ | 「フィッシュストーリー」みた。 »

2009/05/13

「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(7)

第7話「ドロイドの決闘」・・・【友をつなぎとめるのは、頭ではなく心だ】
R2ユニット同士の対決が見どころ!
さすがは我がらR2-D2shine やんちゃ坊主の本領発揮だねhappy02

現在MIAとなっているR2-D2。前回自力での脱出には失敗したものの、ただ捕まっているだけのR2-D2ではない。護送中にこっそり船内の壁に穴を開けて通信を試みるしっかり者だ。通信傍受基地探索のミッション中、奇妙な通信を傍受するトワイライト。受信したメッセージから「R2の声だ!」と直感したアナキンは、ミッションそっちのけで即座に通信の発信座標へ跳ぶことをレックスに命じる。
ところが結果オーライにも着いた座標の先に分離主義派の通信傍受基地を発見!基地の破壊とR2の救出を同時進行させる為に基地に潜入するアナキン部隊となる。オビ=ワンには基地の破壊が最優先と指示され、R2も救出ではなく破壊の命令が下されていたのだが、アナキンは単身R2の救出へ向かっていた。
その頃R2はバラバラにばらされて見るも無残な姿に…weep 共和国の機密情報が満載なメモリーの存在も発見されてしまい、メモリーがグリーヴァスの手に落ちるのも時間の問題という危機的状況に陥っていた。だが遂にアナキンはR2を発見し、無事救出にも成功する。
すっかり「ドジ」というあだ名が定着したR3-S6は、基地破壊の任務でアソーカに同行。だが、相も変わらず味方の足を引っ張る行為を繰り返すばかりだ。それもそのはずでR3-S6はグリーヴァズから差し向けられたエージェント・ユニットだった。グリーヴァスと対峙し、囮となってグリーヴァスを引き付けていたアソーカも、やっとR3-S6の正体を知ることになる。
アナキンが主戦線離脱していたこともあり、まるでスマート・・・とは言えない基地の破壊作戦だったが、何とかミッションはコンプリート。最後まで邪魔立てするR3-S6を追っ払い、トワイライトの脱出に一役買ったのはやはりR2-D2でお手柄お手柄♪ そのまま堕ちる基地に残されたR2だったが、ちゃんとアナキンのファイターがお迎えに。定位置にすっぽり収まるR2-D2だった。

アナキンと再会した時は半分位パーツ化していたR2だったが、アナキンがバトル・ドロイドと戦っている間に、自分自身で組み立てちゃうR2がスゴイのなんの。あのボディ内部にはいったいどれだけのヒミツ兵器か隠されているのやら。(7つ道具どころじゃないもんね)。R3-S6との一騎打ちもR2-D2の貫禄勝ち。賢さが勝っているのは当然としても、伊達に何度も修羅場を渡ってきたR2-D2じゃないってね。R3-S6の存在に拗ねて不平を言うところもやっぱりR2-D2でカワイイ。”彼は親友”と言い切るアナキンじゃないけれど、単なる”ドロイド”としてしか見ていないオビ=ワンが信じられないよね。

すっかり”R2祭り”な今回だけど、アソーカの活躍も見所のひとつ。グリーヴァスとのライトセイバー対決も頑張ってくれた。(もちろんグリーヴァス強しで、最後はかくれんぼになっちゃうけど)。R3-S6についてはアナキンにイヤミを言われるものの、「すっかり騙されたわ」と、しれっと言ってのける辺りも「さすがアソーカ」だった。

|

« ダ・ヴィンチ6月号(小説版:東のエデン) | トップページ | 「フィッシュストーリー」みた。 »

コメント

まさかゴールディが!
びっくりしましたね〜。

R2大活躍! 
バラバラにはハラハラしましたが,
ちゃんと元通りになってバトルまで!

短い時間で要素いっぱい,かなり見応えがあった〜
(^O^)

投稿: AKIRA | 2009/05/13 10:43

■AKIRAさん、こんにちはsun
R2好きには堪らない2本でした!
しかし、あの歪んだ顔にはマジで「えええ~coldsweats02」って焦っちゃいました。

ゴールディのドジっぷりは悲惨なものだったけれど、確信犯だったとはねぇ。それでも、同型のR2ユニットがバラバラに破壊されてしまう様は心が痛みました。プログラムを弄るとかで洗脳してあげたかったなぁ。

次回はジャージャーが主役とのこと。エピ1以来大した活躍がなかったし、ちょっと楽しみです(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/13 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/44991609

この記事へのトラックバック一覧です: 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(7):

» スターウォーズ / クローンウォーズ 第07話「ドロイドの決闘」の感想。 [いーじすの前途洋洋。]
スターウォーズ / クローンウォーズ 第07話 「ドロイドの決闘」 評価: ── 彼はただのドロイドじゃない 親友だ 脚本 ... [続きを読む]

受信: 2009/05/13 14:50

» スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ #7「ドロイドの決闘」 [孤狼Nachtwanderung]
#7「ドロイドの決闘/Duel of the Droids」 R2がぁーーーっ!!! R2がバラバラにーーーっ!!! とうとうR2がグリーヴァス将軍の手に渡ってしまいました!(ノ_・、) でも、R2もあの手この手を駆使して居場所をアナキンに教えることが出来て、アナキン... [続きを読む]

受信: 2009/05/13 19:49

» クローン・ウォーズ#07 ドロイドの決闘 [帰ってきた二次元に愛をこめて☆]
第7話「ドロイドの決闘」「親友」だそうですよ、R2(ノ∀`) 息子のルークはどちらかと言えば、3POとの方が仲が良かった印象がありますが。そんな風に思いながら軽く見るのが、良い作品でしょう。頭の良くない者同士の戦いが続きます。本当に頭悪過ぎるのですよね、...... [続きを読む]

受信: 2009/05/14 03:44

» スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ#7 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
前回の続きで、R2D2を救出するという物語だったが、今回の時間は23分に戻りました。ということは、前回の第6話は、アメリカの放送の時に、何かプレゼントか、または何かの宣伝があったために1分の短縮があったと言うことですかね? R2を捜し連れ戻そうとするアナキンと、悪..... [続きを読む]

受信: 2009/05/14 21:23

» 【アニメ】スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(第7話)「ドロイドの決闘」 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
{/hiyoko_cloud/} 今年から、こうやって国内外のアニメ観賞記録を付け始めた当ブログ{/ase/}ですが、ひとつ秀逸なアニメ作品を見逃している事に気が付きました{/ase/}{/ase/}…その作品は「東のエデン」。プロダクションI.G制作のアニメで、しかも神山健治監督作品。I.Gってだけじゃ「戦国某」{/face_ase1/}なんてアニメもあってイマイチ信用できないのですが{/ase/}、神山健治監督ってなるとミニパト以降、過去にハズレも少ない監督{/up/}… なんでノーマークだった... [続きを読む]

受信: 2009/06/09 21:26

» ◎スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ第7... [ぺろぺろキャンディー]
R2が盗まれ、グリーバスに売られそうになる。アナキンは役立たずのR3とR2を助けに行く。そして、R2が信号を送ってくる。そして、その座標へジャンプする。R2はグリーバスのところに連... [続きを読む]

受信: 2010/08/08 11:27

« ダ・ヴィンチ6月号(小説版:東のエデン) | トップページ | 「フィッシュストーリー」みた。 »