« 『バーン・アフター・リーディング』宣伝部長任命?! | トップページ | 「トワイライト〜初恋〜」みた。 »

2009/04/04

「ザ・バンク 堕ちた巨像」みた。

The_international 原題は「THE INTERNATIONAL」。そのまま中学生の日本語英語に訳すと「ザ・国際」なんのこっちゃだ。それが何故「ザ・銀行」になるのか疑問に思うところだが、主人公のサリンジャーはインターポールの所属で、捜査の為にドイツ・フランス・ルクセンブルグ・イタリア・アメリカ・トルコへと飛びまくっている。
世界中の闇に関与し多大な影響力を持つ巨大銀行と、”正義”と仲間のために心血を注ぐ男の戦い。スッキリするようなしないような部分はあるが、なかなか面白かった。

武器商人が戦争する両国に武器を売って莫大な利益をあげる・・・というものに、更に輪を掛けた取引で、国そのもの、世界中を裏で牛耳ろうとしているのが世界第5位のメガバンク”IBBC”。どんな国や組織でも必ず持ち合わせている”闇”の部分を一手に引受け、また資金援助等や売買斡旋をも行い、その見返りに司法からの保護(不可侵域の獲得)や優越した権限を要求。やがては立場を完全に逆転させて、組織自体を支配しようと企んでいる。国や組織としても”IBBC”のような銀行は切ることが出来ない存在で、どんどんと”IBBC”の思惑に絡め取られていく現状といったようだ。
クライヴ演じるサリンジャーは、ロンドン市警にいたころから”IBBC”の違法性追っていたが、悉く操作を頓挫させられ辞職。その後インターポールへと鞍替えし、さらに広い視野から”IBBC”を切り崩そうと、各国の担当官の得ながら捜査を続けていた。
それにしても、インターポールの仕事は情報提供や支援だけであって、逮捕する権限がないとは知らなかった。(銭形のとっつぁんは「ルパ~ン」と逮捕する為に走り回っていると思うのだけど)。
とにかく上からの圧力が厳しくて進展しない捜査で、なかなか尻尾を掴ませない”IBBC”の狡猾さは憎々しい。大抵の作品の場合、一匹狼になりがちなサリンジャーの役どころだが、この映画ではニューヨーク検事局の女性:エラが相棒となり、時折鋭い閃きを見せてサリンジャーの行動を後押ししているところがなかなか良い。それぞれの国での協力者も正義感が強く誠実な警察官ばかりだ。

世界中の全てが裏と表の顔を持ち、表面では諸悪の撲滅を訴えながら、水面下では黙認しているといった構図。裏のモノは決して表舞台に登場することなく、途中で握りつぶされるか全てが闇に葬られているらしい。現実でも「もしかして?」と思うと薄ら寒く感じるが、表面化しないのだから「知る由はなし」なのだろうね。
繰り返される挫折の中でそれらとサリンジャーがどう戦うのかが見どころであり、美術館での銃撃戦は大いに見応えのあるシーンとして印象に残った。
ラストはあっけなさも感じるが、生身の人間では所詮そんなもので、第3者の登場も、結局決断に至らなかったサリンジャーの「人間らしさ」を表現する上ではそんなものだろうと思い、その後の補足からも納得した私だった。

総評;★★★★☆   好き度:★★★★☆   オススメ度:★★★★☆

美術館が2回登場するこの作品。激しい銃撃戦の場が美術館となったが、すべての展示物が復元可能なものばかりになっていてホッとした。最初の、名のある絵が展示してあるような美術館での銃撃戦は、文化的価値の損失の観点からも、目が当てられないものね。

|

« 『バーン・アフター・リーディング』宣伝部長任命?! | トップページ | 「トワイライト〜初恋〜」みた。 »

コメント

こんにちは、たいむさん♪
ともやもインターポールに関する知識って、銭形のとっちゃんを通じたものしか知らなかったですわん(笑)。
どんな国も警察にも介入できる組織だと思ってた。
だから最初にドイツ警察から『もう捜査はするな、出てけ!』って言われて、サリンジャーがしょぼぼ〜んとしている様にショック(笑)。

映画っていろいろな勉強になりますね♪

投稿: ともや | 2009/04/04 15:45

インターポールは逮捕する権限がないなんて、
銭型のおっちゃんのいままでの苦労は~(苦笑)
案外インターポールって権限がなかったんですね。

投稿: えふ | 2009/04/04 17:12

■ともやさん、こんにちはsun
>インターポールに関する知識
私も全然知りませんでしたよ。勉強になりましたね(^^)

>サリンジャーがしょぼぼ〜ん
スナイパーが死んじゃって、ぷっつり糸が途切れて消沈していたところにエラが資料を持ってきて、一気に復活したサリンジャーも良かったです(^^)

■えふさん、こんにちはsun
>銭型のおっちゃん
みなさん、突っ込みどころはソコですか!(笑)
インターポールは世界を股に掛けて犯罪者を追跡できる人って思っちゃいますよね、「ルパン3世」を見ていると(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/04 18:59

こんにちは。

この映画、途中の美術館で
アクションとしての見せ場もきっちり入れてある。
こうい、見せることを念頭に置いた映画は
大歓迎。
この監督、アクションやサスペンスでも
ハリウッドで活躍できることを
証明したという気がします。
『パフューム』よりは
こっちの路線でいってほしいな。

投稿: えい | 2009/04/04 19:24

こんばんは^^
ストーリー自体は思ったよりシンプルで解りやすかった
です。麻薬とかテロとかではなくて、ベースが銀行って
いうのも時代を反映してるのかなと思いました。
インターポールの建物ってあれ実物なんですかね?
だとしたら結構豪華で大きいんですねぇ。happy02

投稿: KLY | 2009/04/05 05:17

■えいさん、こんにちはsun
>見せることを念頭に置いた映画
ああ、そうですね、そういう映画でしたね。
ヘンにしつこくなく、観やすくて分り易いのも好印象でした。

>『パフューム』よりはこっちの路線で
私は「パヒューム」の見せ方も嫌いじゃないですけど(あれの異様な雰囲気は原作のせい?)、サバサバと清潔な雰囲気のアクション映画路線がとても良かったです(^^)


■KLYさん、こんにちはsun
>ストーリー自体は思ったよりシンプル
そうそう、尺があれば「24」のようなドロドロにも出来そうな内容ですが、すっぱりと省いて観やすく分かりやすかったですねw

>インターポールの建物
どうなのでしょうね?それ以前に「本部ってパリなんだー」思った私は勉強不足すぎ?(^^;;;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/05 07:52

たいむさんこんにちわー
やっぱりインタポールっていったら浮かぶのは銭型さんですよネ~^^
邦題がびみょうで全く期待してなかったんですが
なかなか面白かったです~
色恋とかもなく、悪徳銀行一本にしぼってて分かりやすかったし
美術館シーンは見ごたえありました!
あちこちクスっとするシーンもあったし^^

投稿: かいこ | 2009/04/05 14:09

インターポールに逮捕権がないのには驚きました。
ほんと、だったら銭形のとっつあ~んはどうなんだ?って思いましたもん。

でもよく考えたらとっつあんはいつも埼玉県警のパトカーでルパンを追いかけてますよね。いざとなったら埼玉県警の名の下でルパンを逮捕ということなのかな?

投稿: にゃむばなな | 2009/04/05 14:18

■かいこさん、こんにちはsun
皆さん「銭形警部」を思い浮かべてますけど、これって日本人だけなんでしょうね(笑)

>色恋とかもなく、悪徳銀行一本にしぼってて分かりやすかった
うんうん♪どんだけドロドロかと思いきや、案外ストレート勝負で、色恋がないところが私も気に入ってます(^^)


■にゃむばななさん、こんにちはsun
>インターポールに逮捕権
ですよねー。そういえばインターポールを舞台にした映画って無かったかも?と思い、それもそのハズ逮捕権がないのではお話にならないからかーと思うところですw

>埼玉県警のパトカー
そうそう、それも思いました!
・・って本当に誰もが銭形警部を思い浮かべていることに笑っちゃいますね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/05 15:35

たいむさん、こんばんは!

美術館での銃撃戦は見応えありましたよね。
建物の構造を上手く使ったアクションシーンになっていました。
このあたりは非常に上手だと思いました。
サリンジャー以外の登場人物の描き方がややもの足りないところがありました。
もう少し深堀りできそうな感じはしたんですけれどね。

投稿: はらやん | 2009/04/05 15:51

■はらやんさん、こんにちはsun
>サリンジャー以外の登場人物の描き方
秘密警察の爺さんや、取締役がなぜそんなことになったのか気になりますね。
あったらもう少し深みが出たかもしれませんね、見せ方は上手かったと思いますけど。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/05 19:52

こんばんは♪
ゆかりんからyukarinへ表記を変えました~。今後ともよろしくお願いします。

インターポールって逮捕する権限がないとは知りませんでした。インターポールといえば銭形のとっつぁんですよねぇ。あれって^^;
美術館での銃撃戦は凄かったですね。展示物がやられちゃっていくのは悲しい気もしましたが、映画だし~と盛りあがって観てましたよ。

投稿: yukarin | 2009/04/05 20:36

■yukarinさん、こんにちはsun
今度はアルファベット表記ですね(^^)

>インターポールといえば銭形のとっつぁん
そうそう、日本人がまず思い浮かべるのはきっとこの人ですよねw

>映画だし~と盛りあがって観てましたよ。
私もです!良く出来たセットなので、あの蜂の巣には多少心が痛みましたけど。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/05 22:24

こんにちは♪
面白かった~!
舞台を各国に移動するし、ボーンシリーズの地味目な感じ?(笑)
車が入ったっきり出てこないトンネルを引いて写すとか、いろいろ好きな場面がありました。
グッゲンハイム美術館は行ったことがあるだけに、あそこが銃撃戦の舞台になってビックリ!
白い壁にダダダダダーっと銃痕がつくのはいろんな意味で心臓に悪かった~。

投稿: ミチ | 2009/04/06 09:18

■ミチさん、こんにちはsun
やっぱりミチさん、好きです!(なにを告ってるんだか!)
私も、トンネルに入ったまま出てこない車を引きで見せるあのシーンにはため息だったんですよ~~~
白い壁は水玉模様になるのは「うわ~~(><)」でしたね。

ボーンをもう少し軽くした感じで、007ほど色っぽくない、そんな感じでしたね。面白かったです!!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/06 20:58

たいむさん、こんにちは~

ただの善対悪という図式じゃなくて、色々な組織が絡んでいたのが面白かったですね。
すんなり進まず内部での妨害などでしばしばイラっとさせられる場面もあったりしましたが・・

美術館での銃撃戦はすごい迫力でドキドキ~楽しめました♪
ラストがもっと爽快だったら良かったな~って思っちゃいました。

投稿: hito | 2009/04/07 16:20

■hitoさん、こんにちはsun
割り切れない善悪、正義の定義、結構奥深いテーマが盛り込まれていましたよね。
真実を知ることの恐ろしさもちょっと感じたりして、なかなか面白かったです。

妨害で遅遅として進まない操作には、「24」とかのTVドラマを思い出しました。さらなる対決とかで続編があってもいいかもって思ったのは私だけかな?

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/07 20:08

こんにちは。TB&コメントありがとうございました。

これが事実であるかもしれないというのは確かに怖いものがありました。でも、個人的にはそれを上手く表現しきれていないなぁ、なんて感じてしまいました。
アクションシーンは格好良かったものの、それを期待して観に行くには数が少なすぎるし。
結局、サスペンス要素とアクション要素、どちらも中途半端に感じてしまいましたね。

投稿: えめきん | 2009/04/09 07:44

■えきめんさん、こんにちはsun
そうですねー。見る人によってリアルに感じるか、表現不足で明後日の話に見えるか、というところでしょうか。
ま、他人のが何を楽しみに見に行くのかは私にはどうでも良いことなので、とりあえず私は楽しめてよかったなーと思ってます(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/09 18:25

たいむさん、こんばんは♪
私も面白かったのですが、期待しすぎたせいもあって
評価少し下げちゃいましたが、楽しめた作品でした♪

>スッキリするようなしないような部分があるが
確かにそうですねσ(^◇^;)でも、そこが意外といいのかも?しれません^^
グッゲンハイム美術館の銃撃戦は圧巻でした!
インターポールは逮捕できないって知りました。

銭形のとっつあんは、言ってるだけなのかな?(笑)
ラストはホッとしたような、でも・・とちょっと複雑
でしたσ(^◇^;)

レッドクリフ2楽しめましたか?
感想書いたら、お邪魔させて頂き
ますね(^_-)-☆

投稿: ひろちゃん | 2009/04/10 20:43

■ひろちゃん、こんにちはsun
いろいろお世話になりました(^^)

期待し過ぎでしたか?
私は期待しなすぎだったからかな?(笑)
微妙な〆方が物足りなさにもつながっているようですが、私はおおむね満足のゆくものでした。

>銭形のとっつあんは、言ってるだけなのかな?(笑)
かもしれませんねぇ。ひょっとしたら制作陣の不勉強かも(^^;

レッドクリフは堪能しました!
興奮冷めやらぬなか、一気にアップしましたw

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/11 00:15

あたしもインターポールが逮捕はしないって知りませんでした。
考えてみればそうゆうもんなのかもなぁ~とは思いましたが、
おっしゃるように銭形のとっつぁんはルパンを実際に
何度か逮捕もしてますよね~(´▽`*)アハハ

投稿: miyu | 2009/04/12 16:14

■miyuさん、こんにちはsun
今までインターポールの職員が活躍するアクション映画がなかったのも納得しちゃいますよね。

インターポールとくれば銭形のとっつぁん、皆さんが分ってくれて嬉しいです(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/13 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/44561546

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・バンク 堕ちた巨像」みた。:

» ザ・バンク 堕ちた巨像 [ともやの映画大好きっ!]
(原題:THE INTERNATIONAL) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) 巨大な権力と化した巨大銀行の犯罪を暴くため、果敢に挑んでいくインターポール捜査官の奮闘を描いた国際犯罪サスペンス・アクション。 国際メガバンクIBBC違法行為を捜査するために、インターポール捜査官のルイ・サリンジャー(クライヴ・オーウェン)はドイツ・ベルリンを訪れていた。2年前からこの事件を追っていたサリンジャーは、内部告発の情報提供者アンドレ・クレマンと接触するが、接触を試しみた相棒が目の前で謎の死... [続きを読む]

受信: 2009/04/04 15:41

» 『ザ・バンク 堕ちた巨像』(@「シネマのすき間」) [ラムの大通り]
-----この頃、ニュースは 100年に一度の不況と、暗い話ばかり。 だからこんな映画も生まれるのかニャ。 フォーンが今日、 カタログハウス「シネマのすき間」で聞いたお話は、 主演こそクライヴ・オーウェンにナオミ・ワッツとメジャー級だけど、 観ていて身震いがするほど怖くなる 現実にチョー即したサスペンス。 あっ、これはフォーンが聞いた話。 まだ観たわけじゃニャいよ。 タイトルは『ザ・バンク 堕ちた巨像』。 画像もいっぱいあるから、 読んでみてね。           (byフォーン) 「ほんとに... [続きを読む]

受信: 2009/04/04 15:50

» ザ・バンク 堕ちた巨像 [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2009年/アメリカ、イギリス、ドイツ 監督:トム・ティクヴァ 出演:クライヴ・オーウェン    ナオミ・ワッツ    アーミン・ミューラー=スタール    ブライアン・F・オバーン ... [続きを読む]

受信: 2009/04/04 17:12

» ザ・バンク−堕ちた巨像− [勝手に映画評]
2008年9月のリーマンショック以降、世界経済は低迷しているところですが、世界的な銀行の裏の姿を描いたフィクション。荒唐無稽な感じもしますし、巨大金融機関の破綻が、これだけ世界中に重大な影響を与えている事もあり、「実は裏では・・・」と勘繰りたくなる感じもします。 クライヴ・オーウェンが、ややアウトロー的雰囲気もあるインターポール捜査官を見事に演じています。で、そのインターポール捜査官と協力してIBBCの裏の顔を暴こうとしているニューヨーク検事局の捜査官(本当は検事だと思うんだけど・・・)をナオミ・... [続きを読む]

受信: 2009/04/04 17:31

» ザ・バンク 堕ちた巨像 [だらだら無気力ブログ]
インターポール捜査官が執拗な妨害工作と圧力に遭いながらも違法行為に 手を染める巨大国際銀行を追い詰め、事件の真相究明に奔走する様を描いた サスペンス。インターポール捜査官のサリンジャーはニューヨーク検事局のエラらと共に 国際銀行IBBCの不審な取引情報を追..... [続きを読む]

受信: 2009/04/04 21:47

» ザ・バンク 堕ちた巨像 [LOVE Cinemas 調布]
主演のクライヴ・オーエンは『エリザベス:ゴールデン・エイジ 』などで観ていたものの、際立った俳優と言うイメージはありませんでした。一方共演のナオミ・ワッツは個人的に大好きな作品『イースタン・プロミス』のヒロインの印象が強いです。そして監督は『パフューム ある人殺しの物語』が鮮烈なイメージだったトム・ディクヴァです。予告編の印象ではちょっと難しそうなイメージでしたがどうなんでしょうか。... [続きを読む]

受信: 2009/04/05 04:52

» 【100.5Kg】 「ザ・バンク -堕ちた巨像-」を観にいきました♪ [街のクマさん 炎のダイエット日記]
おはようさん♪ {%笑いwebry%} 昨日は、またまた映画を観にいってしまいました。でも、われながら、よく映画を観るもんですねぇ。今月は19日の日曜日にも、またまた例の映画の会の招集令状が送られてきてしまい、映画を観にいく事が決定しておりますし、それ以外にも、あと2~3作は観にいきそうです。半年待てば、DVDでリーズナブルに鑑賞できるって、頭では理解しているんですが、やっぱり劇場で周囲の人の反応がわかる状態で観るのが、ワクワク感が得られて楽しいのかも♪です、。... [続きを読む]

受信: 2009/04/05 07:04

» 「ザ・バンク -堕ちた巨像-」 もう一ひねりほしい [はらやんの映画徒然草]
原題は「The International」、こちらの方が内容にふさわしい感じが [続きを読む]

受信: 2009/04/05 10:44

» 「ザ・バンク堕ちた巨像」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ザ・バンク 堕ちた巨像」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:クライヴ・オーウェン、ナオミ・ワッツ、アーミン・ミューラー=スタール、ブライアン・F・オバーン、他 *監督:トム・ティクヴァ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブ..... [続きを読む]

受信: 2009/04/05 10:57

» 「ザ・バンク堕ちた巨像」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「ザ・バンク堕ちた巨像」公式サイト巨大銀行の陰謀を暴き、国際情勢の闇を描くサスペンス。犯罪スキャンダルで破綻した実在の銀行BCCIをモデルにしてるそうで。びみょーな邦題だし今時悪徳銀行にもそんな驚かないしー で全く期待せず観にいき...... [続きを読む]

受信: 2009/04/05 14:10

» ザ・バンク 堕ちた巨像 [めでぃあみっくす]
巨大銀行が犯罪組織になったら、もはや法律では何も対処できない。そんな恐ろしさを見せつつ、正統派の社会派サスペンスとして十分に楽しめた作品でした。ちょっと情報量の多い映画ではありますが、それでもさすがはトム・ティクバ監督。この監督の作品ならどんな内容でも安....... [続きを読む]

受信: 2009/04/05 14:34

» ザ・バンク −堕ちた巨像− [そーれりぽーと]
今週末は観たい映画がなーんもないなぁと思いながら、goo映画でこの映画をクリックしてみたら予告編で面白そうと思っていたクライヴ・オーウェンとナオミ・ワッツのアレだったのね。 つーことで『ザ・バンク −堕ちた巨像−』を観てきました。 ★★★★ なんてセンスの無い邦題。 “ザ・バンク”だけでも微妙なのに“堕ちた巨像”なんて酷いサブタイトル、なんで原題のままじゃ駄目だったのか。 原題は原題でやっつけ仕事っぽいけど…。 中身はインターポールによるスケールのデカイ捜査を描いたサスペンスものです。 捜査の対... [続きを読む]

受信: 2009/04/05 15:57

» [ザ・バンク 堕ちた巨像] 映画 [映画鑑賞★日記・・・]
原題:THE INTERNATIONAL公開:2009/04/04製作国:アメリカPG-12上映時間:117分鑑賞日:2009/04/05監督:トム・ティクヴァ出演:クライヴ・オーウェン、ナオミ・ワッツ、アーミン・ミューラー=スタール、ブライアン・F・オバーン真実さえ、取引されるのか。+あらすじ+ルク...... [続きを読む]

受信: 2009/04/05 18:27

» ザ・バンク 堕ちた巨像 [心のままに映画の風景]
インターポール捜査官ルイ・サリンジャー(クライヴ・オーウェン)は、かねてより不審な資金の流れの極秘情報を得ていたルクセンブルクに拠... [続きを読む]

受信: 2009/04/06 02:55

» 映画 【ザ・バンク −堕ちた巨像−】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ザ・バンク −堕ちた巨像−」 『パフューム ある人殺しの物語』のトム・ティクヴァ監督による、国際情勢の裏に潜む闇を描くクライム・サスペンス。 おはなし:ルクセンブルクに拠点を置く国際銀行、IBBC。この銀行の不審な取引情報をつかんだインターポール捜査官のサリンジャー(クライヴ・オーウェン)とニューヨーク検事局のエラ(ナオミ・ワッツ)は本格的な捜査に乗り出すが・・・。 IBBCのあるルクセンブルクという国は、神奈川県ほどの広さの国土に46万人の人口。世界でもトップレベルの豊かな国だそ... [続きを読む]

受信: 2009/04/06 09:15

» 「ザ・バンク 堕ちた巨像」 THE INTERNATIONAL [俺の明日はどっちだ]
ニコール・キッドマンの「ザ・インタープリター」や ジョージ・クルーニーの「フィクサー」と通底する意識性に マット・デイモンの「ジェイソン・ボーンシリーズ」のテイストを加えたクライヴ・オーウェン、ナオミ・ワッツ主演のサスペンスアクション作。 もともとは実際にモデルがあったという金融機関の業務を超えグローバル支配を目指した会社ぐるみの犯罪を糾弾するという、撮り様によってはとても地味になる素材。 それをインターポールの捜査官とニューヨーク検察局の局員のコンビが孤軍奮闘しながら真相に迫る姿をメリハリあるア... [続きを読む]

受信: 2009/04/07 11:04

» 【ザ・バンク -墜ちた巨像-】 [日々のつぶやき]
監督:トム・ティクヴァ 出演:クライヴ・オーエン、ナオミ・ワッツ、アーミン・ミューラー=スタール     真実さえ、取引されるのか。 「インターポール捜査官のサリンジャーはニューヨーク検事局のエレノアと組み、国際メガバンクIBBC銀行の調査に当っ... [続きを読む]

受信: 2009/04/07 16:17

» *ザ・バンク 堕ちた巨像* [Cartouche]
{{{   ***STORY***           2008年  アメリカ インターポール捜査官のサリンジャーは、ニューヨーク検事局のエレノアと共に、国際メガバンクのIBBC銀行の捜査を続けていた。内部告発をしようとした銀行幹部との接触のためにベルリンを訪れたサリンジャーだが、検事局員を目の前で殺され、また告発者も事故死に見せかけて殺されてしまう。証言を得るためミラノを訪れたサリンジャーとエレノアは、軍事メーカーの社長から銀行が武器取引に関与していることを聞きだすが…。          ..... [続きを読む]

受信: 2009/04/08 11:30

» ザ・バンク 堕ちた巨像 [5125年映画の旅]
インターポール捜査官のサリンジャーは、国際的な大銀行IBBCの不正を内部告発するという証人と接触するが、そこで相棒が謎の死を遂げ、告発者も殺されてしまう。銀行側による暗殺と考えたサリンジャーは、検事局のエレノアと共に捜査を続け、IBBCが武器メーカーと....... [続きを読む]

受信: 2009/04/09 07:39

» ★ザ・バンク 堕ちた巨像(2009)★ [CinemaCollection]
THEINTERNATIONAL真実さえ、取引されるのか。映時間117分製作国アメリカ/ドイツ/イギリス公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズ)初公開年月2009/04/04ジャンルサスペンス/アクション映倫PG-12【解説】ワールドワイドな展開で難攻不落の巨悪に迫るポリティカル・サスペ...... [続きを読む]

受信: 2009/04/10 20:30

» ザ・バンク 堕ちた巨像 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『真実さえ、 取引されるのか。』  コチラの「ザ・バンク 堕ちた巨像」は、世界中の巨富が流れ込む、巨大銀行<メガバンク>の莫大な資金の行方を追うインターポール捜査官ルイ・サリンジャー(クライヴ・オーウェン)を描いた4/4公開のPG-12指定のスパイラル・サスペ...... [続きを読む]

受信: 2009/04/12 16:14

» ザ・バンク−堕ちた巨像− [C'est joli〜ここちいい毎日を〜]
ザ・バンク−堕ちた巨像− 08:米・ドイツ・イギリス◆原題:THE INTERNATIONAL ◆監督:トム・ティクヴァ「パフューム ある人殺しの物語」... [続きを読む]

受信: 2009/04/12 22:59

» 映画: The International ザ・バンク 久々に見応えあるアクション映画。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
正式タイトルは、The International ザ・バンク -堕ちた巨像-。 先日アップ(2009-03-27 映画:間もなく公開 The International ザ・バンク 期待のアクション・シーンとは)のようにかなり期待していた。 公開直前の金曜夕刊、この映画の広告のコピーが「現在の金融危機を予見した、衝撃のリアリティ」(笑) さて実際観てどうだったか。 <しかも闘う相手が悪を働く銀行というストーリー。 <最近アメリカ国民怒りのAIUの例のボーナスの1件とか、CITI BANKのこと... [続きを読む]

受信: 2009/04/15 04:30

» ザ・バンク-堕ちた巨像- [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[映画レビュー] ブログ村キーワード 評価:7.0/10点満点 2009年34本目(32作品)です。 インターポール(国際刑事警察機構)捜査官のルイ・サリンジャー(クライヴ・オーウェン)は、世界第5位の巨大銀行のIBBCの不正行為を暴くために、ニューヨーク検事局のエレノア・..... [続きを読む]

受信: 2009/04/15 15:34

» ザ・バンク 堕ちた巨像 [Movies 1-800]
The International (2009年) 監督:トム・ティクバ 出演:クライブ・オーウェン、ナオミ・ワッツ、アーミン・ミュラー・スタール 国際銀行の悪事を暴こうとするインターポール捜査官の活躍を描くサスペンス・アクション ドイツ、フランス、アメリカ、イタリア、トルコと世界各地を舞台に、度重なる妨害にも負けず、巨大な敵に挑む頑なな意志を持った主人公の姿をハードボイルドタッチで描いており、昔の映画を観ているような懐かしい楽しさがある。 「パフューム」で原作の不可解さをストレートに表現したT・... [続きを読む]

受信: 2009/04/20 00:28

» 「ザ・バンク 堕ちた巨像」の感想です。 [MOVIE レビュー]
「ザ・バンク 」を観ました。この映画の全米興行成績は初登場7位で、次週は10位、そのまた次週は圏外へ!ってことで、アメリカではコケタみたいですけど、私は中々面白かったです。 アメリカって、こう言うヨーロッパやアフリカを舞台にした硬派の社会悪をテーマにした映画は 受けないのかな!?ディカプリの「ブラッド・ダイヤモンド」の時も、全米興行成績は初登場5位で浮上しないで沈みました。反政府組織の資金源となっている密輸ダイヤに絡む社会悪を白日の下に晒す内容で、 サスペンスとアクションと社会派ドラマがミックスさ... [続きを読む]

受信: 2009/04/20 02:39

« 『バーン・アフター・リーディング』宣伝部長任命?! | トップページ | 「トワイライト〜初恋〜」みた。 »