« とちぎへ行ってきました。 | トップページ | 劇場版「名探偵コナン・漆黒の追跡者(チェイサー)」みた。 »

2009/04/18

「ミルク」みた。

Milk ようやく地元でも「アカデミー賞」絡みの作品が公開され始めて嬉しい。(残念ながら大本命はもう少し先になりそうだけど)。
映画にあまり興味ない人ならば、「ミルク」が人名とはたぶん思わないんじゃないかな?格く言う私も”ハーヴィー・ミルク”という人物の事はまったく知らず。アカデミー賞でのショーン・ペンのスピーチからも、非常に興味を持っての鑑賞となった。

時は1970年代。世の中に差別・偏見は数あれど、その中でも”同性愛者”であることをカミングアウトし、その立場で政治や世の中を動かし、自分たちの権利と保護を獲得すべく、同じ想いをもつ仲間たちとともに尽力した人物が”ハーヴィー・ミルク”。冒頭は時代(現状)説明のための、警察に「同性愛者弾圧(取り締り)」のニュース風映像が映し出され、そして「市長とハーヴィー委員の射殺(暗殺)」というショッキングなリアル?映像で始まった。また、話はハーヴィー自身による「暗殺された時の為の”もしも”テープ」の収録に合わせながら当時へ戻って展開され、時折収録している現在のハーヴィーへ戻るという構成になっていた。

40歳の誕生日前日に出会った(ナンパ)した20歳年下のスコットとの出会いが切っ掛けとなり、居をNYからサンフランシスコに移し、後にハーヴィーの活動拠点であり原点となるカストロ地区で小さなカメラ店を開業する2人だ。同性愛者に対する世間は変わらず厳しいものの、自然にカメラ店は同志が集う場所となり、カストロ地区は名所になっていく。迫害を怖れどれだけ悩み同志を求めていた人間が多かったか、の証左なのだろう。
40にして立ったハーヴィー。孔子の教えからすれば”カミングアウト”するのが10年程遅いことになるが、「40にして惑わず」が同時であれば、まさしく、といったところか。揺るぎない心で現状打開を目指して”公職”に就く為の活動を始め、数年後見事に射止めるハーヴィーだったが、逆にそれが元でスコットとの仲がギクシャクし始めてしまうのは皮肉な話。スコットこそがハーヴィーに切っ掛けを齎しただけに、互いを想いながらも少しずつ離れ出す2人には切ないものを感じた。
それでも世の中から反ゲイ運動が消えることはない。事実上の同性愛者迫害政策(提案6号)という、可決されれば該当者が総じて職を失いかねない危機的問題が持ちあがり、ハーヴィー最強最大の敵との戦いがここに始まる。流石に70年代後半ともなると、(まだまだではあるが)様々な差別の撤廃が進み始めており、大なり小なり一般的にも理解者や協力者が得られる時期になっていたようでホッとするのだが、「そろそろ・・?」と冒頭が思い出されてハラハラしはじめる私だった。

「ミルク」は、”希望”を見出し掴み取るという部分ではサクセスストーリーだが「英雄伝」などではない。ゲイの権利獲得や保護は「世間的な環境作り」の一環として非常に重要かつ大切活動であるけれど、それによって偏見や差別がなくなるというものでもなく、当事者や関係者たちは、別次元にて根深くて命懸けな問題を抱えて闘っているのだという事実についてが同時に語られていた。だから、その為にはまず環境と存在意義という”希望”が必要なのだと。
現在、同性愛者に対する世間の目はそれなりに優しくなっていると思う。けれど彼ら自身が抱える切実な問題は、おそらく今現在でも解決されていないものと思われ、事は単純明快なモノなのに、世の中の不条理と人間の複雑さを思うところだった。
差別や偏見について改めて考えさせられる一作。俳優陣の名演技も含め、とても素晴らしかった。

総評:★★★★★   好き度:★★★★☆   オススメ度:★★★★★

|

« とちぎへ行ってきました。 | トップページ | 劇場版「名探偵コナン・漆黒の追跡者(チェイサー)」みた。 »

コメント

たいむさん★こんにちは


ショーンペンはオスカー受賞も納得だったけど
これ脚本賞もとってるんですよね、
そこもかなり納得でした〜

ショーンペンのお相手の
ジェームズ・フランコがまたハマってて新たな一面を観たという感じ。
オススメ出来る1本でしたね!

投稿: mig | 2009/04/19 11:14

本当だよね~。
問題は単純明快、だけど、とっても根の深いものなんだよね。
改めて感じさせられちゃいました。
差別や偏見について、じっくりと考えさせられるいい映画でしたよね~。

投稿: miyu | 2009/04/19 17:33

■migさん、こんにちはsun
>脚本賞
他の全部の作品を見ていないので比べようがありませんが、オスカーなだけある完成度でしたね。

>ジェームズ・フランコがまたハマってて新たな一面を観たという感じ。
イイ男でしたねー。褒め言葉なのか分りませんがw

お勧めな作品と私も思うのだけど、どこかで「男色が気持ち悪い」というコメントを見てがっくりしました。そりゃ美しくは見えないけど、そういう見方しかできない人って「オレンジ」思想にとらわれているってことを自ら暴露していると同じなんですよね。
アカデミー賞作品だから、ってミーハーな気分で見ているだけの人。スピーチなんかひとつも聞いていないんだろうなって思ったら悲しくなりました。


■miyuさん、こんにちはsun
当事者の気持ちを考えるだけなら、とても単純なことなのに、周囲も含めた感情の問題や社会的体裁などが絡むとどうしても複雑になってしまうのですよね。
人種差別などは「クラッシュ」で良く良く考えた覚えがありますが、この手の差別を扱った「ブロークバック・マウンテン」ともまた違う内容に色々考えてしまいますね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/19 18:23

こんばんは。
評価が同じ(5点満点??)で非常にうれしいです!
こちらが作品賞でもよかったのになあ・・・? と思うくらい。素敵な作品でした!

投稿: rose_chocolat | 2009/04/19 19:52

■rose_chocolatさん、こんにちはsun
まだ「スラムドック $ミリオネラ」を見られないので良く分りませんが、素晴らしい作品だと私も思いました。
重いテーマでありながら、重圧でつぶさせそうになる感覚はなく、すんなり受け取れる秀作でしたね。

投稿: たいむ | 2009/04/19 21:14

こんばんは♪ TB、コメントありがとうございました☆

仰るとおり、同性愛者の人達の問題は実に奥深く、
今でも尚、悩み苦しんでる人は多くいるでしょう。
心のことや、体のこと・・家族のこと・・・
それでも少しずつ、彼らはおかしく無いという
認識が世界中に広められている今日。
ここに至るまでに、ミルクのような命を懸けて一歩を
踏み出した人の勇気ある行動があったんですね。
映画としても素晴らしい作品でした。

投稿: non | 2009/04/19 21:17

■nonさん、こんにちはsun
>心のことや、体のこと・・家族のこと・・・
大多数の無関係な人は「ゲイ」って一言でひとくくりにしてしまうけれど、個人まで掘り下げると簡単な問題じゃないんですよね。
単にミルクの活動が描かれているだけではなく、根底にあるものをも感じさせてくれた作品は見事と思いました。
差別や偏見を扱った作品は本当に難しいですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/20 17:12

こんばんは~♪

ミルクが立ち上がった事によって確かに変わってきたんでしょうけど、まだまだ難しいでしょうね!?
現在はかなりの理解者が増えて来てると思いますが・・・
嫌悪感を感じる人もまだいると思うし。。。

難しいテーマの作品でしたが、流石納得の良い作品でしたね。

投稿: にくきゅ~う★ | 2009/04/22 01:34

たいむさん、こんにちは~

役者陣みなさん素晴らしい演技でしたね!
ショーン・ペンなんてゲイにしか見えなかったですもの、ちょっとしが仕草とかも研究したんでしょうね~

ラストもとっても綺麗で、感動的でした!

・・でも・・私あまり入り込めなくて~
ドキュメントっぽさが苦手だったのか、途中ちょっと睡魔に襲われてしまいました(汗)

投稿: hito | 2009/04/22 14:56

■にくきゅ~う★さん、こんにちはsun
オネェキャラがTVにガンガンでてますし、昔ほど迫害されることはなくなっているだろうけれど、一般的にはまだまだ敬遠するひとは少なくないと思われます。
それ以前に、本人が罪悪感を持っている場合もすくなくなさそうですし、難しい問題ですよね。

さすがに深く掘り下げられており、魂の叫びを聞くような、素晴らしい作品でしたね。


■hitoさん、こんにちはsun
>ショーン・ペンなんてゲイにしか見えなかった
ですねー。役者としてホンキの演技って感じでしたね。

ドキュメンタリー風は好き好きですしね。前半は失敗ばかりだし、淡々と見せられると眠気がくる感覚はわかりますよー

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/22 18:35

たいむさま
こんにちは!
コメント・TBありがとうございました。
この作品で、ハーヴィー・ミルクという人が
実在した方だと知りました。人権問題を取り組んで
これからだという時に、このようなかたちで
亡くなったとは驚きです。彼と一緒に歩んだ方たち
が今も彼の意思を継いで活動を続けていることに
エールを送りたいですね。

投稿: mezzotint | 2009/04/25 11:52

■mezzotintさん、こんにちはsun
これからだ、という時期ではあったけれど、後を継ぐ者がちゃんといるって素晴らしいな、って私も思うEDでした。

いまだ・・どころか、永遠に偏見が払しょくできない問題と思いますが、本当の問題は別にもあると知る、素晴らしい作品だったと思います。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/25 20:45

たいむさん、こばんは☆彡
たいむさん高評価なのでコメントつけにくいです(笑)
また睡魔?とたいむさんにあきれられそうです(T.T)

たった30年前のことなのにそんな差別があって
ミルクと言う人物が、マイノリティ、特にゲイの人たちに
どれほど希望を与えたのかと言うことを知ることが
できましたし、アカデミーの脚本賞をとったくらいですし
ショーンペンの演技は本物のゲイにしか見えなかった
ですし、他のキャストも素晴らしかったのですが、
なぜか、思ったより感動できなかった作品でした(^_^;)

とは言え、2度ほど泣いたんですけどね(苦笑)

投稿: ひろちゃん | 2009/04/27 01:28

■ひろちゃん、こんにちはsun
私もいっこうに進展しない前半には少しばかりダルさを感じましたが、ハーヴィーと仲間たちの変化や、闘っているものが一つではないことが伝えられたとき、目から鱗が剥がれおちた感じがしました。

こうした作品は、身近でないと思っているだけにとても難しいと思います。見て聞いて触れてみないことにはなかなか実感できないものですし、共感は尚更に難しいでしょう。
だけど、理解はしてあげたいって思うんですよねそういう意味での彼らのアプローチとして素晴らしい作品だなって思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/04/28 22:45

ミルクは死すとも希望は死せず。
そんな感じがした映画でしたよ。

信念が今もなお生き続けているとはまさにこういうことなんでしょうね。

投稿: にゃむばなな | 2009/05/03 13:34

■にゃむばななさん、こんにちはsun
差別や偏見の問題は太古からある話で、人間ってものがもっともよくわかるところですよね。
それでも、先人の努力が実っているかのような現代に少しだけほっとするところでしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/03 22:21

こんにちは~♪
GWも明日で終わっちゃいますねぇ~あと1週間くらい欲しいわんdelicious

前半はあまり魅せられることもなく観ていましたが、後半で怒涛の感動を味わいました。
これは好みかそうでないか、、、という問題ではなく、いい映画だったんだなぁ~と思います。
制作者側の愛や優しさが全編にあったんでしょうね~

投稿: 由香 | 2009/05/05 13:36

■由香さん、こんにちはsun
明日で終わっちゃいますねー。でも忙しくって映画一つみれられなかったですよー。

>これは好みかそうでないか、、、という問題ではなく
そうですそうです!そうなんですよー。私も感動じゃないんです。
こんなどんより重苦しいテーマを心底好きだって言う方が妙な感じに思いますし、要は自分がどうなのか、ってもう一度考えるきっかけとして良かったかどうかって気がしてます。
差別や偏見って社会全体の問題だけど、単位は個人と思いますし。

作り手の想いがビンビン伝わってくる作品でしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/05 19:52

こんばんは。
こちらではちょっと遅れての公開で、やっと観ることができました。

たいむさんが、わたしが感じたこと、言いたいことを全部綺麗に言葉にして下さった感じ。
わたしの感想は、映画の感想になってないなぁ、と思うのだけど、
どうしてもそんな風にしかならなかったので、そのままにしてしまいました。
映画を観た人が、大なり小なり、
自分の問題として考える機会になったらいいなと思います。

オスカーを受賞した時の、脚本家のスピーチと表情がずっと頭にちらついていました。
彼はどれほどの思いで、この脚本を書き、伝えたかったことが多かっただろう、と。

投稿: 悠雅 | 2009/05/19 19:37

■悠雅さん、こんにちはsun
>映画を観た人が、大なり小なり、自分の問題として考える機会
私もそのように思います。
映画であって映画でなし。好き嫌いとかでの評価もなし。私はこの作品を観てその様に感じました。
だから、私も感想というよりはまず事実(あらすじ)を伝え、書きながら考えたことが最後の数行になった気がします。

この作品、ほんと観ながらアカデミー賞授賞式での関連の場面を思い出しますよね。私はショーンのスピーチがずっと脳裏にあった気がします。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/05/19 22:42

最近はテレビでオネぇキャラも出てますが、まだ「見世物、笑い者」的な気がしちゃいますよね。またゲイ=オネェみたいな偏見もありますし。カミングアウトすると「女装しないの?、オネェ言葉使わないの?、おれを襲うなよ?」みたいな偏見はザラです。見た目も仕草も異性愛者と区別つかない人が大多数なんですけどね。この映画が考えるきっかけになってほしいのはホントにそう思います(^^) 会社や学校で隠さなくて済む社会になってほしい。

投稿: 聡 | 2012/06/16 16:08

■聡さん、こんにちはsun
同性愛に対して、世の中もだいぶ寛容になってきたように感じますが、まだまだなのでしょうね。
私自身、偏見はもっていないと思うのだけど、家族にカミングアウトされたら動揺すると思います。

ショーンの熱演も含めて、ずっと残って欲しい作品であり、いつか、そんな時代もあったんだねと、言われる映画になったら素晴らしいですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/06/16 17:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/44709739

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミルク」みた。:

» 「ミルク」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ミルク」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ショーン・ペン、ジェームズ・フランコ、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン、ディエゴ・ルナ、アリソン・ピル、ヴィクター・ガーバー、デニス・オヘア、ジョセフ・クロス、ルーカス・グ..... [続きを読む]

受信: 2009/04/19 03:23

» ミルク / MILK [我想一個人映画美的女人blog]
「私の名前はハーヴィー・ミルク。 皆さんを、民主主義を守る戦いに勧誘したい。」 今年のアカデミー賞で、作品/監督/主演男優/助演男優/脚本/編集/衣装デザイン/作曲と8部門でノミネート{/ee_3/} (うち、脚本と主演男優賞で受賞!) 1977年11月8日、カリフォルニア州サンフランシスコでハーヴィー・ミルク市政執行委員が誕生。 ゲイであることを公言して主要都市の公職についたアメリカ史上初の人物。 その彼が、1978年に凶弾に倒れる、、、、、。 これは、ミルクという一人の男の人生最後の8年... [続きを読む]

受信: 2009/04/19 11:11

» ミルク [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『1970年代のアメリカ。マイノリティのために戦った政治家 ハーヴィー・ミルク…人生最後の8年間 「ミルク」は、 希望のはじまりだった。』  コチラの「ミルク」は、アメリカ史上初のゲイと公表した公職者ハーヴィー・ミルクの48年間の生涯の最後の8年間をガス・ヴ....... [続きを読む]

受信: 2009/04/19 17:32

» 『ミルク』 [Sweet*Days**]
監督:ガス・ヴァン・サント CAST:ショーン・ペン、ジェームズ・フランコ 他 第81回アカデミー賞主演男優賞、脚本賞受賞 197... [続きを読む]

受信: 2009/04/19 18:47

» 『ミルク』 (2008)/アメリカ [NiceOne!!]
原題:MILK監督:ガス・ヴァン・サント出演:ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン、ジェームズ・フランコ、ディエゴ・ルナ試写会場 : 九段会館公式サイトはこちら。<Story>1972年のニューヨーク。金融や保険業界で働いていたミルク(ショ...... [続きを読む]

受信: 2009/04/19 19:51

» Milk / ミルク [Akasaka high&low ]
スピードを下げたオリバー・ストーン作品のような政治家のドキュメンタリーがSean Penn(ショーン・ペン)主演のMilk(ミルク)でした。オスカーを獲った彼の演技はさすがで、すべての筋肉を使って初めて選挙で選ばれたゲイの政治家を表現していた気がします。 しかしそれよりもGus Van Sant(ガス・ヴァンサント)監督はいつもの思い切った配役と落ち着いた映像でこちらを興奮させてくれます。 ミルク殺害犯となるもう一人の監督官をJosh Brolin(ジョシュ・ブローリン)が映画に溶け込む静かな存在感... [続きを読む]

受信: 2009/04/19 21:18

» 映画 【ミルク】★ショーン・ペン [猫とHidamariで]
『ミルク』は希望のはじまりだった。ミルク HP1970年代のアメリカ。マイノリティのために戦った政治家ハーヴィー・ミルク・・・人生最後の8年間ミルク シネマトゥディ写真は Yahoomovie より英題:MILK製作年:2008年製作国:アメリカ日本公開:2009年4月18...... [続きを読む]

受信: 2009/04/20 00:46

» ミルク [映画DVD・映画ブルーレイ「やわらか映画」]
ミルク (2008)今回の映画は、「ミルク」です。本作「ミルク」は、アメリカで初めて同性愛者であることを公表して公職に就いたハーヴェイ・ミルクの生涯を描いた人間ドラマです。監督は「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」「ラストデイズ」のガス・ヴァン・サント... [続きを読む]

受信: 2009/04/20 12:03

» ミルク [そーれりぽーと]
アメリカで、というか恐らく世界で始めて自分がゲイだと公表しながら選挙を戦い、公職に着く事に成功したハーヴィー・ミルクを、ショーン・ペンが演じてアカデミー賞に輝いた『ミルク』を観てきました。 ★★★★★ ハーヴェイ・ミルクっていう人自体を知らなくて、つい最近の話で現職の方なのかと思ってたら、1970年代の話でそれこそゲイ・リブの先頭に立って銃弾に倒れた人が居たという目からウロコなお話。 これまで人権運動と言えば身分差別やら人種差別、それこそウーマン・リブを描いた映画はいくつも有ったと思うのですが、... [続きを読む]

受信: 2009/04/21 00:14

» Milk (2008) [アヤは観た。]
監督:ガス・ヴァン・サント 出演:ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン、ジェームズ・フランコ、ディエゴ・ルナ、アリソン・ピル、ルーカス・グラビール、ヴィクター・ガーバー、デニス・オヘア、ジョセフ・クロス、ハワード・ローゼンマン、ブラン....... [続きを読む]

受信: 2009/04/21 13:13

» ミルク [象のロケット]
1972年、社交的なミルクがサンフランシスコのカストロ通りで開いたカメラ店は街の情報交換の場となり、様々な苦情が持ち込まれてくる。 やがてミルクはあらゆる弱者への差別改善のため立ち上がることを決意し、市制執行委員に立候補するが…。 同性愛者であることを公表し、アメリカで初の公職に就いたハーヴィー・ミルクの8年間の活動を描いた社会派ドラマ。... [続きを読む]

受信: 2009/04/21 16:15

» 【MILK ミルク】 [日々のつぶやき]
監督:ガス・ヴァン・サイト 出演:ショーン・ペン、エミール・ハーシュ、ジョシュ・ブローリン、ジェームズ・フランコ 「1972年NY、ミルクは20歳も年下の男性と恋に落ちた。 二人は新しい生活を始めるためサンフランシスコに移りカメラ屋を開いた。次第にそこは同... [続きを読む]

受信: 2009/04/22 14:53

» ミルク [ケントのたそがれ劇場]
★★★  ショーンペンが2009年アカデミー主演男優賞に輝いた作品、ということで映画館に足を運んだ。ゲイとして初めて政治家になったハーヴィー・ミルクの政治活動を描いた作品。ゲイに興味がないので、始めから期待感はなかったのだが、結局予感通り余り面白い作品では... [続きを読む]

受信: 2009/04/22 16:56

» ミルク/MILK [LOVE Cinemas 調布]
主演は昨年度アカデミー賞主演男優賞を本作で獲得したショーン・ペン。他にも脚本賞も受賞、他6部門にノミネートした作品。共演陣も豪華で『イントゥ・ザ・ワイルド』のエミール・ハーシュ、『ノーカントリー』のジョシュ・ブローリン、「スパイダーマン」シリーズのジェームズ・フランコらが出演しています。実在の人物ハーヴィー・ミルクを描いたというこの作品、ちょっと気になります。 ... [続きを読む]

受信: 2009/04/24 00:51

» キャンドルの葬列。~「MILK」~ [ペパーミントの魔術師]
スコットと出会ったときが誕生日で 「40にして何もしていない」と言ってたミルク。 これが最後の電話とリンクします。 僕はあなたを誇りに思うよって・・・。 不覚にもうるっときちゃいました・・・。 カストロ通りに店を構えた二人の家に いつの間にやらゲイたちのコ..... [続きを読む]

受信: 2009/04/24 01:39

» 『ミルク』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
先日、九段下の九段会館に『ミルク』の試写会に行ってきました。 仕事がちょっと押しちゃって、開映の5分前くらいについたら、3階席くらいしか空いてないってことで、かなり見下ろすような感じで映画を観ました。 ちょっと急な階段が怖かったw。 ********************... [続きを読む]

受信: 2009/04/24 01:56

» ミルク☆ショーン・ペン、アカデミー賞主演男優賞! [銅版画制作の日々]
 「ミルク」は、希望のはじまりだった。  ショーン・ペンアカデミー賞主演男優賞、おめでとう!  ダスティン・ランス・ブラックアカデミー賞脚本賞受賞おめでとう! 本年度アカデミー賞8部門にノミネートされたのですが、「スラムドッグ$ミリオネア」に持っていかれてしまいました。でも2つの賞を受賞した「ミルク」。ショーン・ペンの見事な演技は、いつもながら凄いよね。過去にもアカデミー賞を受賞している素晴らしい俳優さん。近年は監督業にも力を注いでいる。 京都シネマでは、受賞記念ということで、ショーン・ペン... [続きを読む]

受信: 2009/04/24 10:16

» ミルク [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:ガス・ヴァン・サント 出演:ショーン・ペン    エミール・ハーシュ    ジョシュ・ブローリン    ジェームズ・フランコ    ... [続きを読む]

受信: 2009/04/25 23:27

» ミルク [サムソン・マス=ラーオの失脚 −日曜日の映画たち−]
  = 『ミルク』  (2008) = 1972年、ニューヨーク。 保険業界などで働いていた同性愛者のハーヴィー・ミルク(ショーン・ペン)は、20歳年下のスコット(ジェームズ・フランコ)と出会い、恋に落ちる。 ふたりは新天地を求めて、サンフランシスコに移り住み、小さなカメラ店を開店。 店はたちまち同性愛者やヒッピーたちの拠り所となる。 ミルクは彼らを快く思わない保守派に対抗し、新しい商工会を結成することになる・・。 {{{: 製作国/アメリカ  MILK..... [続きを読む]

受信: 2009/04/26 09:54

» ★ミルク(2008)★ [CinemaCollection]
MILK「ミルク」は、希望のはじまりだった。1970年代のアメリカ。マイノリティのために戦った政治家ハーヴィー・ミルク…人生最後の8年間映時間128分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ピックス)初公開年月2009/04/18ジャンルドラマ/伝記映倫PG-12【解説】自らゲイであるこ...... [続きを読む]

受信: 2009/04/27 01:29

» 『ミルク』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『ミルク』を観ました1970年代のアメリカで、同性愛者であることを公表して公職に就いたアメリカ初の政治家ハーヴィー・ミルクの生き様を描く伝記ドラマです>>『ミルク』関連原題: MILKジャンル: ドラマ/伝記製作年・製作国: 2008年・アメリカ/ドイツ上映時間: ...... [続きを読む]

受信: 2009/05/02 23:46

» 『ミルク』 [めでぃあみっくす]
とても優しい映画。それが見終わった後の素直な感想でした。 ショーン・ペンが2度目のオスカーを受賞したことで注目されているこの映画ですが、個人的にはゲイでもあるガス・ヴァン・サント監督の、まるで本当に好きな人を優しく見守るかのような演出力に心底驚かされた作....... [続きを読む]

受信: 2009/05/03 14:00

» ミルク [メルブロ]
ミルク 255本目 2009-16 上映時間 2時間8分 監督 ガス・ヴァン・サント  出演 ショーン・ペン  エミール・ハーシュ  ジョシュ・ブローリン  ディエゴ・ルナ 会場 吉祥寺バウスシアター 評価 8点(10点満点)  今年度のアカデミー主演男優賞と脚....... [続きを読む]

受信: 2009/05/05 00:41

» ミルク [★YUKAの気ままな有閑日記★]
アカデミー賞主演男優賞、脚本賞受賞作品―【story】1972年、保険業界で働いていたハーヴェイ・ミルク(ショーン・ぺン)は、20才年下のスコット・スミス(ジェームズ・フランコ)と出会い、恋に落ちる。二人は新天地を求めてサンフランシスコに移り住み小さなカメラ店を開く。やがてミルクは、同性愛者、有色人種、シニア層など社会の弱者の“声”を伝えるべく政治の世界へといくが―     監督 : ガス・ヴァン・サント 『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』【comment】        流石ショーン・ペン ... [続きを読む]

受信: 2009/05/05 12:29

» 「ミルク」これもアメリカのひとつの歴史 [soramove]
「ミルク」★★★★ ショーン・ペン 出演 ガス・ヴァン・サント 監督、2008年、128分、アメリカ 「ゲイであることを公言して サンフランシスコの公職に就いた 実在の政治家の生涯を描き、 この映画でショーン・ペンは二度目の オスカーを獲得した」 監督はドキュメンタリータッチの映画で 実験的な取り組みをしてきたことを この映画で事実と演出の微妙な境目を 映画で表現したかったようだ。 その試みは成功している、 ただしショーン・ペンの演技は時に過剰で ... [続きを読む]

受信: 2009/05/07 08:00

» ミルク [Movies 1-800]
Milk (2008年) 監督:ガズ・ヴァン・サント 出演:ショーン・ペン、ジョッシュ・ブローリン、エミール・ハーシュ、ジェームズ・フランコ 1970年代にゲイの活動家として、カリフォルニア州の公職選挙に挑んだハーヴェイ・ミルクの戦いを描く伝記ドラマ。2008年度アカデミー賞において、主演男優賞と脚本賞を獲得。 公民権運動のキング牧師のような壮絶なドラマがあるのかと思っていたが、H・ミルク本人は意外に漂々としていて、活動家のイメージとはかけ離れた普通の人という印象だった。また、いわゆる憎悪犯罪の犠... [続きを読む]

受信: 2009/05/08 01:01

« とちぎへ行ってきました。 | トップページ | 劇場版「名探偵コナン・漆黒の追跡者(チェイサー)」みた。 »