« アニメギガ(21)~声優:小林ゆう | トップページ | 文庫版『海の底』(有川浩:著) »

2009/04/28

「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(5)

第5話「ルーキーたち」・・・【経験こそが最良の自信を生む】
ジェダイ・ナイト不在の星でのクローン・トルーパーたちだけの活躍。
戦争が激化すればするほどクローン兵の損失も多くなる。クローンと言えども新米は新米。そんな”ピカピカ”君たちが難局を乗り切って成長する物語だった。

グリーヴァスはクローン兵の補充を断つことを思いつき、カミーノ襲撃を目論む。そこで目を付けたのが近隣の共和国の基地。流星を装ってドロイドコマンドーを送り込み、基地の制圧を仕掛ける。ジェダイ不在の基地はあっけなく陥落。ほぼ全滅で、かろうじて隙をついて難を逃れたクローン兵はピカピカ君が3名のみと絶望的な状況だったが、グリーヴァスの痕跡を追っていたキャプテン・レックスとコマンダー・コーディといった経験豊かなクローン兵が基地の異変を察知して上陸。なんとかピカピカ兵達との合流を果たし、犠牲を払いながらも無事に基地を奪還する。

チラチラとオビ=ワンやアナキンが登場するが、今回は活躍の場はまったくなし。無事に帰還したクローン兵たちを労うだけの役回りなのだが、そこが共和国軍の良いところ。仲間意識から生まれる自己犠牲の心こそが非常に大切なもので、使い捨てでしかない分離派のドロイド軍と一線を画すところなんだよね。頭脳派クローン兵と「らじゃーらじゃー」を繰り返すマヌケなドロイドコマンドーの対比が面白かった。
実戦こそが最大成長を促すというお話で、それは万事に言えること、だね。(^^)

|

« アニメギガ(21)~声優:小林ゆう | トップページ | 文庫版『海の底』(有川浩:著) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/44827350

この記事へのトラックバック一覧です: 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(5):

» スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ#5 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
今回の物語は、クローン兵士の活躍を描いた物語ということで、前回まで3回続いた巨大戦艦マレボランスの物語とは別のエピソードとなりました。が、こういう物語があるから、物語に厚みが出ることになるので、良いことですね。(クローン兵は単なる兵士として大量に登場するが..... [続きを読む]

受信: 2009/04/29 09:24

» スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ #5「ルーキーたち/Rookies」 [孤狼Nachtwanderung]
#5「ルーキーたち/Rookies」  カミーノが危ないよ! 何をやっても上手くいかないヘタレなグリーヴァス将軍、今度はカミーノ星を破壊しようとしています。 カミーノ星を破壊しちゃえば共和国はクローン兵を作れなくなるからね♪ しかし、いつもながらに優秀... [続きを読む]

受信: 2009/04/29 12:11

» スターウォーズ / クローンウォーズ 第05話「ルーキーたち」の感想。 [いーじすの前途洋洋。]
スターウォーズ / クローンウォーズ 第05話 「ルーキーたち」 評価: ── 共和国だけじゃなく 故郷の兄弟達のために戦おう ... [続きを読む]

受信: 2009/04/30 10:25

» 【アニメ】スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(第5話)「ルーキーたち」 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
ゴールデン・ウィーク後半の長期連休も3日目。残念ながら雨{/kaeru_rain/}です。ゴールデン・ウィーク折り返しちゃいましたねぇ{/face_acha/} 本日はイオン八幡東ショッピングセンターまで娘と買い物に行ってきました…何も買わなかったけどね{/face_ase2/} ただ、届いたETCカードと装置を試してみたくなって都市高速に乗ってみるというバカ行為の為に目的地をムリヤリ設定した訳です{/face_ase1/} 私自身は社用車の運転でETC未経験では無かったのですが、娘がね…{/fa... [続きを読む]

受信: 2009/05/04 16:36

» ◎スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ第5... [ぺろぺろキャンディー]
クローン軍団がジェダイの指揮下になって戦う。クローンの人らみんな同じ顔だった。アナキンは、ケノービと話す。そして、前線基地がドロイドに襲われる。数が多すぎるため退却する... [続きを読む]

受信: 2010/08/05 22:13

« アニメギガ(21)~声優:小林ゆう | トップページ | 文庫版『海の底』(有川浩:著) »