« 『イノセント・ゲリラの祝祭』 (著)海堂 尊 | トップページ | 「GOEMON」(試写会)みた。 »

2009/04/21

「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(4)

第4話「撃破!マレボランス」・・・【自分の立てた計画は良く見える】
4話目にしてオビ=ワン&アナキンがコンビとなって登場!この師弟漫才は面白いから好き♪そして、3POとR2-D2のコンビもね(^^)

アナキンの作戦によってイオン砲を破壊されたグリーヴァス将軍はマレボランスを撤退させるも、執拗に追手をさし向け総攻撃を仕掛けるオビ=ワンだった。しかし、外交任務で近くに来ていたパドメと3POがマレボランスのトラクタービームに引き寄せられ人質となってしまう。だが大人しく人質になっているパドメではなく、また人質がパドメだと知ったアナキンは俄然奮闘!(「またはじまったな、好んで火の中に飛び込もうとする」byマスター・プロ)。巨艦マレボランスゆえに辛うじて総攻撃には耐えていたが、センサーやハイパードライブが使用不可など人質救出のチャンスは皆無ではない。アナキンの計画でオピ=ワン&アナキンでのパドメ(&3PO)救出作戦が開始されることになる。
パドメとの通信機能を回復させ、マレボランスの艦内で落ち合うことになるが、通信をグリーヴァスの傍受されたことから待ち伏せしたバトル・ドロイド達の攻撃に見舞われる2組。戦闘行為によって皆が一旦バラバラにはぐれてしまうも、アナキンとパドメが合流。オビ=ワンのドジから吹っ飛ばされた3POはR2-D2が探し出すことに。オビ=ワンは一人修復終了間際のハイパードライブを再度破壊しに向かうが、こちらもグリーヴァスの待ち伏せされしまう。(ここはオビ=ワンとグリーヴァスのライトセイバー対決が見どころ!EP3の前哨戦といった感じだ)。
その頃アナキンはパドメとともにマレボランスの操作系統に悪戯を♪互いの仕事を終え、無事に合流したオビ=ワン・アナキン&パドメ・3PO&R2-D2は、グリーヴァスらのファイターの追撃をかわしながら共和国軍のスターデストロイヤーへと帰還する。(「議員にして置くには勿体ない」とオビ=ワンに言わしめるパドメの活躍がなかなかのものだ)
逆に悪戯されたマレボランスは舵が取れなくなりまっすぐ月へ直進。宇宙の藻屑となった。

アニメとはいえ、アクション満載の回はワクワクしてしまう。
やられメカのバトルド・ロイド達は今回も無駄口ばかりでなごませてくれた(^^)
「わーお、やっぱり?ジェダイだ」「ああ、うっそっ」「めっちゃ強いっすね」
・・・それでいいのか?(^^;

|

« 『イノセント・ゲリラの祝祭』 (著)海堂 尊 | トップページ | 「GOEMON」(試写会)みた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/44745999

この記事へのトラックバック一覧です: 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」(4):

» スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ#4 [MEICHIKUえんため・ぶろぐ]
今回の物語は、前回の続きで共和国軍が更に追い打ちを掛けて攻めて、イオン砲を搭載した巨大戦艦マレボランスを完全に破壊する、という物語でした。しかも、突如、パドメとC3POが現れ、お馴染みのキャラクターの揃い踏みとなった物語でもありました。→「スター・ウォーズ」..... [続きを読む]

受信: 2009/04/22 11:57

» スターウォーズ / クローンウォーズ 第04話「撃破!マレボランス」の感想。 [いーじすの前途洋洋。]
スターウォーズ / クローンウォーズ 第04話 「撃破!マレボランス」 評価: ── メチャ強イッスネ ストーリー構成 ?... [続きを読む]

受信: 2009/04/22 16:23

» 【アニメ】スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(第4話)「撃破!マレボランス」 [ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画]
今日{/kaeru_fine/}は1個目の記事をアップした後、古本屋さん、デパート、書店等々…で自分&家のお買いものに出かけました。 3時頃帰宅して溜まったビデオを消化{/tv/} で、現在に至っております{/face_nika/}…そんなふうに、この好天気{/kaeru_fine/}を無駄使いしているピロEKです{/face_ase2/} で、本日2本目のこの記事もアニメ記事です。 「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」 第4話『撃破!マレボランス』原題サブタイトル:Destroy ... [続きを読む]

受信: 2009/04/29 16:58

« 『イノセント・ゲリラの祝祭』 (著)海堂 尊 | トップページ | 「GOEMON」(試写会)みた。 »