« じゃすと・IN・たいむ(3/10号・・エデン・のだめ22・エウレカUMDほか) | トップページ | 「DRAGON BALL EVOLUTION」みた。 »

2009/03/11

「エレジー」みた。

1007313 イザベル・コイシュ監督の作風として、今回も”いわく付き”な大人のロマンスだろうと思っていたが、これまでになく「男性視点」の色が濃く、なんだか男の悲哀が強く感じられる作品だと思った。だからジンワリ来るモノが「共感」とは少し違い、表現するのがなんだか難しい。なんとかコンスエラ(女性)側からの視点ならば・・・なのだが、コンスエラとも余りにかけ離れた我が身であり、「分らないではない。」といった曖昧な表現しかできそうにない感じ。

テレビやラジオにもレギュラー出演している、世間的にも知名度の高い大学教授のディビット。成人した息子が1人居るが、結婚は一生の不覚(失敗)としてとっとと妻子を捨て、現在は「性快楽主義」を謳歌している。コンスエラはディビットの大学の生徒だった。芸術的なまでに美しいコンスエラに心奪われたディビットは、ジリジリと2人の距離をつめて行き、遂に肉体関係を持つことに成功する。しかし、すっかりコンスエラの魅力の虜になったディビットは、己の「老い」を痛感させられることに。客観的にも自覚的にも「老い」を意識し、「いずれ彼女は自分の離れていく」と分析しながら、心は少年のように嫉妬と猜疑心で荒れ狂う。その心は、これまでのディビットにはありえないような言動をさせてしまうほどに、熱く深いものだった。自分とコンスエラの関係を、一般論のように分析して親友のジョージに語るディビット。一般論として、どうするべきかを忠告するジョージ。
結局、社会的地位や自身のプライドを捨て去るには、年を取りすぎていた彼らということなのだろう。それでも関係を切ることができない、ズルイ男の葛藤。自虐的でもあり、「まったく男って生き物は~」とため息をつきたくなるところだ。(でもジョージとの友情には泣かされたなぁ)
一方、コンスエラはディビットの葛藤をあまり理解していないというか、そもそもディビットが思っているほどには深刻に考えていない。コンスエラはコンスエラでちゃんと”今のディビット”を見て、愛していたワケであり、専門家としての勝手な自己判断だけを信じ、誠実にコンスエラに応えようとしないことに腹を立ていただけ。これはなんだか分る気がする。

何の障害もなかったはずなのに、馬鹿馬鹿しいすれ違い。でも、この2人のような関係だとしたら「世の中、そんなもんだろうなぁ」と思うところ。2年後に再会した時、彼女は乳がんを患い、全摘出しなければならない状態だった。彼女の顔と身体を愛したディビットだったが、それだけではなかったと失って気が付くといったディビットの変化。”芸術品”としてだけ求めてられいたと思わざる得ず、満たされない心の渇きに苦しんでいたコンスエラ。カタチが壊れて初めて真の愛情で結びつく彼らの姿を、私は美しいと思った。

今回も淡々と見つめるだけの映画だったが、観終わっての余韻はずっしりと重い。そんな映画だった。

総評:★★★★☆   好き度:★★★★☆   オススメ度:★★★★☆

|

« じゃすと・IN・たいむ(3/10号・・エデン・のだめ22・エウレカUMDほか) | トップページ | 「DRAGON BALL EVOLUTION」みた。 »

コメント

こんにちは。

>カタチが壊れて初めて真の愛情で結びつく

いやあ、うまい表現ですね。
このくだりを読んで
クローネンバーグ監督の傑作
『ザ・フライ』のラストを思い出しました。

投稿: えい | 2009/03/13 15:00

■えいさん、こんにちはsun
うはは。えいさんにお褒めの言葉を頂けるとは光栄です。
『ザ・フライ』のラストシーンがぱっとイメージできないのが悔しいのですが(^^;

ありそうであまりないこのジャンルでの大人な映画、次回作も楽しみです。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/03/13 20:20

こんにちは、たいむさん♪
最初は年の差カップルのロマンス映画だと思っていたら、なかなかどうして!
見終わった後に『いい映画観たな〜』って思える良作でした♪
ラストシーンは、なかなかステキでしたわん。

>「まったく男って生き物は~」
根本的にダメな生き物なんですよ、男って(自虐? 笑)。

投稿: ともや | 2009/03/14 12:12

■ともやさん、こんにちはsun
私もこんなにスリルある?ものだとは思ってなかったので、みいっちゃってました。
コピーでは「ラストをどう思う?」みたいな感じでしたけど、素敵に思っちゃいますよね?

>根本的にダメな生き物
イヤ~、そんなことは思いませんが、イイ女とは、それほどまでに男の本能をかきたてるものかと思い、年齢に関わらず、本能のままに生きようとする男の我儘がスゴイなーって思うところです。
魔性の女だったようですね、コンスエラは(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/03/14 19:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/44272571

この記事へのトラックバック一覧です: 「エレジー」みた。:

» エレジー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『からだから、こころから、あなたを消せない。 もう一度、愛したい。』  コチラの「エレジー」は、ピューリッツァー賞作家のフィリップ・ロスの短編小説「ダイング・アニマル」を「あなたになら言える秘密のこと」のイザベル・コイシェ監督が映画化した1/24公開のラ....... [続きを読む]

受信: 2009/03/11 19:21

» 2009-20『エレジー』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2009-20『エレジー』(更新:2009/01/25) * 評価:★★☆☆☆ 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の26本目。 年老いた男と病気にかかってしまった女の恋愛物語。 ペネロペ・クルスの形のよい乳房には惹か..... [続きを読む]

受信: 2009/03/12 11:28

» 『エレジー』 [ラムの大通り]
(原題:Elegy) ※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 -----おっ、やっと賞がらみの映画のお話だね。 これ、主演のペネロペ・クルスが話題になっているんでしょ。 「そう。彼女はすでに ロサンゼルス映画批評家協会賞助演女優賞を受賞。 この賞は、ぼくのイメージでは他のアメリカの映画賞よりも 少し格が上って感じ。 アカデミックというか、アート性が強いというか…」 ----監督はだれだっけ? 「『あなたになら言える秘密のこと』や ... [続きを読む]

受信: 2009/03/13 09:54

» エレジー [ともやの映画大好きっ!]
(原題:ELEGY) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) フィリップ・ロス原作の小説「ダイング・アニマル」を映像化。 若い頃から自由で気ままな恋愛を信条としてきた初老の大学教授が、30歳も年下の教え子に溺れて葛藤する様を描いた大人の恋愛映画。 デヴィッド・ケペシュ(ベン・キングズレー)はテレビのトークショウにも出演する有名大学教授であるが、老境を迎えつつある身でありながら現在も刹那的な快楽を謳歌している。過去に一度結婚したものの、数年で縛られた結婚生活に耐えられなくなり離婚。かつて... [続きを読む]

受信: 2009/03/14 12:05

» エレジー [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[ペネロペ・クルス] ブログ村キーワード 評価:6.5/10点満点 2009年8本目(7作品)です。 今年の目標は70本ですが、2009年が始まって1ヶ月足らずでここまで見るとは思いませんでした。100本ペースで見ているので、自分自身でもビックリです(笑) さて、本題に参ります..... [続きを読む]

受信: 2009/03/15 22:42

» 『エレジー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「エレジー」□監督 イサベル・コイシェ □原作 フィリップ・ロス(「ダイング・アニマル」) □脚本 ニコラス・メイヤー □キャスト ペネロペ・クルス、ベン・キングズレー、デニス・ホッパー、パトリシア・クラークソン、ピーター・サースガード、デボラ・ハリー■鑑賞日 1月25日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 男と女のと30歳の年の差を超えた愛を描く本作。 大学教授のデヴィッドを演じるベン・キン... [続きを読む]

受信: 2009/03/24 08:14

» エレジー を観ました。 [My Favorite Things]
なんとも切ない作品でした…。 [続きを読む]

受信: 2009/03/28 09:09

« じゃすと・IN・たいむ(3/10号・・エデン・のだめ22・エウレカUMDほか) | トップページ | 「DRAGON BALL EVOLUTION」みた。 »