« 「Gフェス2009」と「00 2nd.シーズン」DVD1巻 | トップページ | BSアニメ夜話で『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』 »

2009/02/25

「オーストラリア」みた。

Australia コピーどおりの壮大でワイルドなスペクタクル作品。
燃え上がるロマンスに友情や家族愛、先住民(アボリジニ)によるスピリチュアルな雰囲気までをも漂わせた、何から何までがギュギュギューっと詰め込まれたドラマチィックな物語。
なんだかお腹がいっぱいだ!

長丁場なシリアス作品を思い描いていた為に気合を入れて臨んだのだが、冒頭でのコメディちっくな演出が見事に肩の力を抜いてくれた。あのシチュエーションには、場違いなサラ(ニコール)がヒステリー全開で喚き散らすかと思ったが、声も出ない程ににショックを受けて口をパクパクカクカクしているだけなのがとても愉快♪特に”カンガルー”での落差が最高だ!
ワイルドなドローヴァー(ヒュー)は無条件にカッコイイ。「正装」も悪くないけど、やっぱり”脱いだら凄いんです!”ってあの肉体に惚れ惚れしてしまう。またサラとドローヴァーの『風と共に去りぬ』を彷彿(意識的?)するようなキスシーンをはじめ、2人のラブシーンの美しいこと!(・・・と思ったのだけど、何やらベットシーンはご本人ではないかも、とのことでショック!)大自然の美しさに負けない存在感を見せ付けた御二方だったと思う。

人種や身分、立場とそれぞれの役割(立ち位置)がハッキリしていて分りやすく、またここぞという時、来て欲しい所では必ず来てくれる演出が私には心地良かった。サスペンスならば「想定外」」を期待するところだが、この手の定番作品ならば、ジリジリと焦らした後のパァーッと期待どおりでハッピーな展開が一番燃(萌)えるというもの。前半のヤマ場である「牛の大移動」での一連のエピは(CGだって思っても)爽快感に満たされたし、最後まで伏線になっていた♪虹の彼方に♪も(バレバレだけど)好きだった。(オズだし)

全体としては、まるで”絵”に描いたよう、という感じ。長くて途中ダレるし、詰め込み過ぎだし、大味な感は否めないけれど、要所での見所は満載と思う(褒めてるのか?)。 良くも悪くも期待が裏切られる事のない、安心・安全に観ていられる作品。ハラハラはないがドキドキは(たぶん)ある。私はそれなりに満足。

総評:★★★★☆   好き度:★★★★☆  オススメ度:★★★★☆

”零戦”の登場には”日本人”として複雑な気分に。すっかり感情移入しているし「なんてことを!」とか思うのだけど、なんか居心地が悪いんだよね(^^;

|

« 「Gフェス2009」と「00 2nd.シーズン」DVD1巻 | トップページ | BSアニメ夜話で『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』 »

コメント

こんにちわ!
私ももっと冒険(辛いの)山ほど&ヒューが嫌な奴、とおもっていたので、思わず楽しかったです。

>口をパクパクカクカクしているだけなのがとても愉快♪

*^^*
可愛かったですよね~、結果あのカンガルーさんを食べちゃったんでしょうけど(苦笑)

今日、朝CXの「めざまし」TVにヒューが出ていて、思わず会社に遅刻しそうになりました。
アカデミー賞のパフォーマンスも素敵だったとか(観てないんですー泣)、ますますファンになりそうです。
ウルバリンのスピンオフ作品も楽しみですね!


投稿: 紫(むらさき) | 2009/02/25 20:45

こんばんは~♪

この作品を見て、ヒューのステキさを再確認しました。
今日のめざましTVも録画しました。^^

カンガルーはサラと一緒でビックリ!!
1500頭の牛追いは迫力ありましたよね。
ハラハラしながら観ました。

私は十分楽しみました。


投稿: にくきゅ~う★ | 2009/02/25 23:52

こんばんわ、たいむさん♪
ちょっと長いのが難ですけど、過度な期待はせずに観たんで、そこそこ楽しめるいいアドベンチャー映画でした♪

カンガルーのお肉は食べたこと無いけど、クセがなくて美味しいっていいますからね♪
ちょっとオーストラリアに行きたくなる映画でしたわん♪

投稿: ともや | 2009/02/26 00:01

■紫さん、こんにちはsun
山アリ谷アリだけど、凍りついたり沸騰したりというには少しかけている無難な感じでしたね。でもその分楽に楽しめました。

>カンガルーさんを食べちゃったんでしょうけど(苦笑)
ですよねぇ。貴重なタンパク源(笑)

私も「めざまし」見てました♪でも同じく授賞式は見てなくって残念。以前はあまり好きでもなかったのだけど、ヒュー株上昇中です!!


■にくきゅ~う★さん、こんにちはsun
ヒューって本当にこの手の役が似合うし、カッコイイなぁーって思いますよね。
録画はしませんでしたが、私も「めざまし」は朝の忙しい中にも関わらず、噛り付いて見てましたw

>カンガルーはサラと一緒でビックリ!!
私もですよ!何が起こったのか一瞬わかりませんしたし。サラの固まりようには笑っちゃいました。

長いところ以外は、誰でも楽しめるスケール(だけ)はでっかい作品でしたね。


■ともやさん、こんにちはsun
私はシリアスモノって勘違いしていたので、最初こそズッコケましたが、結果オーライ。あれがトコトンシリアスで、みんな死んじゃうようなお話だったらその日一日沈んでいたかもしれません。

>カンガルーのお肉
私も、目の前で撃ったカンガルー出なければ、きっと美味しく頂くと思います♪
ワニ・クマ・ウマ・シカ・イノシシ・・・と、結構いろんなお肉を食べてますし(^^)
オーストラリアの大自然、一度堪能してみたいですねー。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/02/26 18:46

たいむさんこんにちわ!

恋愛モノがあんまりだからなのか、どうーにも長く感じてしまいました~^^;
個人的には「牛の大移動」での一連のエピがもっともっと見たかったデスー!
でも二人ともステキですネ。ヒュージャックマンはセクスィーの塊^^
てかラブシーン、ご本人じゃないんですか?!
びっくりです!!

投稿: かいこ | 2009/02/28 14:26

ヒゲを蓄えても剃っても格好いいってどういうことよ?って思うほど、ヒュー・ジャックマンの魅力が出ていた映画でしたね~。

ニコール・キッドマンも最近こんな役がちょっと多い気がします。
そろそろ方向転換すべきなのかも知れませんね。
『ライラの冒険』さえ続編企画が進行すれば問題ないはずなんですけど・・・。

投稿: にゃむばなな | 2009/02/28 15:50

こんにちは。

2時間45分にいろいろなものを詰め込んだ感じでしたね。

それでも、ロマンス部分は非常に良かったです。
さすがバズ・ラーマン!

オーストラリアの魅力を紹介している作品だと思いました。

投稿: BROOK | 2009/02/28 15:55

■かいこさん、こんにちはsun
シリアスなばかりのラブストーリーだったら飽きちゃっただろうけど、若干ラブコメちっくな作りだったので楽しかったです。

牛のシーンは、燃えますよね。(燃えてたしw)
大丈夫と思っても力が入りました(^^)

>本人
かもしれないってだけのお話を、私が早とちりです。事実関係は不明ですので、お気をつけて~~~

投稿: たいむ(管理人) | 2009/02/28 16:51

■にゃむばななさん、こんにちはsun
>ヒュー・ジャックマンの魅力が出ていた映画でしたね~。
二コールも良いけど、やっぱりヒューが際立った映画ですよね(^^)

「ライラ」はやっぱり続かないのでしょうか?本を読みたくないので、ぜひやって欲しいのですけどねー。

■BROOKさん、こんにちはsun
どうだ、オーストラリアだぞ!って感じでしたね(^^)
映画に込められたメッセージというよりは、監督の意気込みを強く感じる作品。
ロマンスにアドベンチャー、満腹です(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/02/28 16:56

こんにちは~♪
たいむさん、もう見てたのね~!

この手の大掛かりなロマンス物はちょっと古臭い気もするけど、それでも楽しかったです。
バズ・ラーマンはアニメのような画を所々入れてくるのが面白いですよね。
俯瞰も多いし。
地図の上を飛行機がビューンとか、意外と好きなんです。

ヒュー・ジャックマンの水浴びのシーンの決めポーズに笑いました♪

投稿: ミチ | 2009/02/28 17:21

■ミチさん、こんにちはsun
そうなんです、先々週結構早めに試写会だったんですよー。
監督の渾身の魂が込められているのが感じられますし、私も、古臭くとも王道って嫌いじゃないですし、長めながらも最後まで楽しく見られました(^^)
広大な風景は俯瞰で見せるのが一番ですよね。牛の大群、迫力でしたね(^^)

>地図の上を飛行機がビューン
こ、これは、「インディ」からでは???(笑)

>ヒュー・ジャックマンの水浴びのシーンの決めポーズ
うふ。私はうひょ~って目が釘付けでした♪

投稿: たいむ(管理人) | 2009/02/28 18:35

わたしもカンガルーのシーンが最高でした♪
でもその後・・・
日本軍が攻めてきたのはショックでした・・・
歴史の授業では習わなかったよなぁ。。。

投稿: えふ | 2009/02/28 22:22

ひらりん的には、ニコール・喜怒(キッド)哀楽を上手く引き出してるバズ・ラーマン監督に拍手です。

投稿: ひらりん | 2009/03/01 01:22

■えふさん、こんにちはsun
カンガルーで掴みはOK!でしたよね(^^)

私も不勉強でオーストラリア侵攻は頭の隅にもなかったので、「えー?どこよ、えー、やっぱ日本?」ってなんだかソワソワしちゃいました。

■ひらりんさん、こんにちはsun
>バズ・ラーマン監督
この映画は監督の魂が入ってたなーと思いました。予告編でもすっごく楽しそうでしたしね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/03/01 09:49

こんにちは^^

2人のキスシーンて本人じゃないんですか?私もスクリーンにアップになったあのキスシーンをみて、なんて素敵なんだろうと感動していた一人なので、本当なら残念です><

投稿: KLY | 2009/03/01 17:11

■KLYさん、こんにちはsun
ラブシーンについては、私も聞いた話で未確認情報です。違っていたらごめんなさいね。
でも、少なくともキスシーンは本物では?(^^)
ほんと絵になって美しかったですね!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/03/01 19:03

こんばんは。
オーストラリアを語ろうとするとき、必要な要素が、
これ1本にしっかり盛り込まれている感じでした。
確かに、「こうあってほしい」と願う場面は、ちゃんとその願いを聞いて(?)くれるし、
ワイルドもスマートも平気です、と言わんばかりのヒュー・ジャックマンが
何してても、ホントにかっこよくて、
何だか、細かいところはもういいや、とか思っちゃいます。

なのに、あの牛さんたち、苦労して辿り着いたら、
お船に乗せられて、あとはどんな運命よ、と思うと、
気の毒になってしまったりしている、変なワタシ。

投稿: 悠雅 | 2009/03/01 21:44

たいむさん、こんばんは!

映画のいろんなエッセンスがたくさん詰め込まれていた作品でしたよね。
まさにお腹いっぱいな感じでした。
ヒュー・ジャックマンもニコール・キッドマンもまさに映画俳優・女優という華がある感じでよかったです。
最近はこういう堂々と王道をやる作品少ないので、楽しんじゃいました。

投稿: はらやん | 2009/03/01 22:18

ベッドシーンはご本人ではないのですか?
ってイキナリそこかいっ!(笑)
ニコールの妊娠がわかったからでしょうか???

私もシリアスかと思ったら、意外とコミカルな始まりで
あれっ?と言う感じでした(^^ゞ
ニコール面白かったですけど(笑)
本当におなかいっぱいですよね。
でも、それなりに楽しめました♪
ヒュー様ステキでしたね^^たいむさんは、
ワイルドなほうがお好きなんですね^^
私は・・・う~~ん、どちらも好き!(笑)

時間は、やはり長すぎですよねえ(ーー;)

投稿: ひろちゃん | 2009/03/02 01:04

■悠雅さん、こんにちはsun
「これぞ、オーストラリア」って作品でしたよね(^^)
ここまで劇的に見せてくれる、その意気込みに対して敢闘賞です!(笑)細かいところを突っ込むのはやめましょうって思っちゃいますね。

>なのに、あの牛さんたち
ハっ。そういえば。お肉なんですよね~~彼らは。いえいえ、ありがたく頂かれた事と信じることが供養?(爆)

■ はらやんさん、こんにちはsun
大自然といい、華盛りの俳優陣といい、どーだ、といわんばかりの大作は、まずソコを楽しまなくちゃ損ですよね。
シリアス一辺倒じゃない明るさがとてもよかったし、満腹です♪

投稿: たいむ(管理人) | 2009/03/02 20:40

■ひろちゃん、こんにちはsun
>ベッドシーンはご本人ではないのですか?
私も他所様のところでビックリしちゃったので、書き加えたのだけど、(2人がキレイって書いちゃったから)、あくまでも「かもしれない」とのこと。事実関係は不明なのでここだけの話にしてくださいませ。

ニコール、面白かったですよね。あの背筋ぴーん、脚コツコツ、おしりプリプリなレディ・歩きが特にお気にです♪
そしてヒュー。やっぱ、男はワイルドです!!マッチョ系好きなんですよ。ぎゅーって包み込まれるように抱きしめられたい!!ひょいと軽々持ち上げて欲しい!!って願望が。。。でもスタローンとかシュワちゃんはNGなんですけど(笑)

ちょっと長かったけど楽しかったです(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/03/02 21:20

たいむさん、トラコメありがとう♪
私も全く同じ意見でした!
途中で退屈したのに、充分見ごたえありで、誉めているんだかなんだか…というかんじです。
何しろヒュー様の脱いだら凄いんですが、良かった♪
牛追いも迫力満点でしたね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2009/03/02 23:20

こんにちは~

本当、安心・安全に見ていられるストーリーでしたよね!
恋愛ストーリーでのこれでもかというようなすれ違いや悪役の妨害などはイライラしちゃって苦手です。
後半「え・・もしかして・・」と思って怯えていたら全然大丈夫でとっても満足です。

前半の牛追いのドキドキハラハラするところや広大な景色、ニコールの美しさと最初のちょっと笑えるシーンが好きでした~

あのベッドシーンはご本人ではなかったのですか??ビックリ!あ・・妊婦さんだったからでしょうか~?

投稿: hito | 2009/03/03 14:58

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
褒めてんです(笑)
ツッコミながらも優しいコメントは、アイによるものですよね♪
アイに溢れた作品には、アイで応えたいなーって思いますよん。
ヒューには、ツメ男でまた脱いでもらいましょう!楽しみですね!!


■hitoさん、こんにちはsun
>これでもかというようなすれ違いや悪役の妨害などはイライラしちゃって苦手です。
わぁ~い、一緒です!!
状況証拠とか、思いこみによる、信じる信じないが絡んだ感情のすれ違いで起る、予定調和のようなものはますますイライラしますよね。

私も勢いある前半にお気に入りが多いです。
ダーっと野生馬の大群とヒューが現れたあのシーンも大好きです!

>ベッドシーン
あくまでも、「かも」という未確定情報ですので、ここだけの話にしてくださいませ(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/03/03 19:52

こんばんはmoon3
エイベックスで映画の宣伝をやっているモノdogです。
ブログを拝見させて頂き、映画に興味がある方だと思い、書込みpencilさせてもらいました。

今、映画「カフーを待ちわびて」の宣伝dashをやっています!
とても評価が高い作品ですhappy02

Yahoo!映画のレビューでも高得点goodgoodとなっている
オススメの映画です。http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id330922/

「ぴあ」誌出口調査 2月28日公開作品中満足度1位upup
http://www.pia.co.jp/cinema/ranking.html

もし興味がありましたら、鑑賞してみて下さいshineshine
映画のホームページです。⇒http://kafu-movie.jp/index.html
よろしくお願いします。

投稿: カフー | 2009/03/04 01:55

■「カフー」のエイベックス宣伝スタッフ様、こんにちはsun
お仕事ご苦労様です。
ほんわかした雰囲気で、評判が良さそうですね。
興味はありますが、残念ながら地元では上映劇場が1館しかなく、時間の調整がつけば…という感じです。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/03/04 23:25

こんばんは。
オーストラリアのスケールの大きさを堪能出来ただけでも、お腹いっぱいになる作品でした。
オーストラリア版「風と共に去りぬ」ってイメージかな。

空襲のシーンは、日本人として複雑な気持ちでしたね。
史実なので文句は言えませんが(汗)

投稿: FREE TIME | 2009/03/04 23:55

■FREE TIMEさん、こんにちはsun
>オーストラリア版「風と共に去りぬ」
ですねー。当然のように意識して作ってるって思いましたけど。

>史実なので文句は言えませんが(汗)
ソコですよね。「リメンバーパールハーバー」ですしねぇ(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2009/03/05 21:11

たいむさん、こんばんは!ミスターシネマです。
トラックバックありがとうございました!

僕は、165分という上映時間が長く感じないくらい見入ってしまいました。
オーストラリアの壮大な自然のスケールの大きさは圧巻でしたね。

特に、火事に驚いて何頭もの牛が逃げるシーンが一番好きですね。
何頭かの牛は崖から転落していましたが、あれはCGなんでしょうか…。

この映画の主役は、白人とアボリジニの混血児の役を演じたナラだと思います。今後に期待ですね。

何気に一番気になったのはアボリジニのまじない師のキング・ジョージですね。
ナラのおじいちゃんにあたるわけですが、一番目立ってた気がします(笑)

終盤に日本軍兵士がアボリジニを銃殺するシーンがあることから、批判的なコメントが多く見られますが、僕としてはいい作品でしたし、また見たいと思える作品でしたね(^0^)/

僕も映画のブログを作っています。
時間の空いているときなどに遊びに来てください♪

投稿: ミスターシネマ | 2009/03/07 21:57

■ミスターシネマさん、こんにちはsun
牛の暴走はド迫力でしたが、崖から転落は明らかにCG。本当だったら困りますけど(^^;

>キング・ジョージ
付かず離れず、さりげなく行動を共にしていて、あの独特の雰囲気は不気味でもあり、安心でもありました。

とにかく「オーストラリア」がギュッと詰まった大作でしたね。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/03/08 10:22

こんにちは~♪
ヒューと二コールが美しいので(笑)、私もそれなりに満足出来ました。
でも、ちょっと物語にイマイチ盛り上がりがなかったかなぁ~
というか、、、纏まりがなかったのかな?(汗)

ところで、ジェネラル~観たんですね~
私も近日中に観たいと思っています♪速水先生がどう描かれるのか楽しみー♪

投稿: 由香 | 2009/03/08 16:25

■由香さん、こんにちはsun
大味なんだけど、美しいおふたりを見るだけでも損はなし!って思いましたし、思っていた以上に楽しめた映画でした。
うん、こういう定番作品は、楽しんだモノ勝ちってね(^^)

ジェネラル見ました~~。
別モノ大前提ですけど、予想外に面白く、原作どおりに感動ポイントが抑えてあって、なかなか良かったですよ。
由香さんの感想を楽しみにしてます!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/03/08 16:49

たいむさん、こんばんは

いきなりのカンガルー射殺にはびびりましたけど、コアラがたべられなかっただけ、よしといたします

やっぱりこのタイトルがすごいですよね。『オーストラリア』! 三時間でオーストラリアの全てを見せてやる! そんな気迫が感じられます。コアラ出てこなかったけど
『日本』というタイトルで映画作るのは、ちょっとむずかしそう・・・・ 『大日本人』というのならあったけど

個人的にはせっかく立ち直った太っちょのおじさんが、あっけなく・・・・となってしまったのに涙しましたが、彼の遺したハーモニカがナラに受け継がれ、その命を救う・・・という流れにまた涙しましたcrying

投稿: SGA屋伍一 | 2009/03/25 21:41

■SGA屋伍一さん、こんにちはsun
確かに(^^;コアラだったら厳しいかも。
オーストラリアでのカンガルーは、日本でいえば北海道のエゾジカって感じ見たいですね。意外にたんぱくでおいしいお肉って聞いてますが・・・(^^;

>「日本」
3時間たっぷりと日本って、いったいどんな映画になるでしょうねぇ。つまらなさそ~~
でも、「プロジェクトX」にような内容での、日本人らしい職人堅気と人情モノならばカッコイイかもしれません。

呑んだくれオジサンは、ハーモニカをプレゼントした時点で見事に死亡フラグがたってましたから、あっけなさは予定調和に感じました。といっても、痛そうで苦しそうでツライシーンでしたね。
とてもわかりやすく出来ていたので、あとは見ていて楽でしたけど。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/03/25 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/44123391

この記事へのトラックバック一覧です: 「オーストラリア」みた。:

» 『オーストラリア』 [ラムの大通り]
(原題:Australia) ----これ観るの、いつもに比べてちょっと遅いよ。 もう公開まで2週間しかないじゃニャい。 「いやあ、3時間近い映画は どうしても腰が引けてしまうんだよね」 ----でも監督がバズ・ラーマンだし、 その凝った映像を観ているだけで楽しんじゃニャいの。 「うん。でも彼の作風がこの叙事詩に果たしてあうのか、 そこが恐れていたところでもあったんだけどね」 ----観てみてどうだったの? 「前半は、 たとえばシルエットの主人公たちを まばたく星空の大地に立たせた姿を大ロングで... [続きを読む]

受信: 2009/02/25 17:43

» 「オーストラリア」を観る [紫@試写会マニア]
2月の興業作品は、ハリウッド・スターの興行収益や人気番付のランキング上位ばかりが出てくる作品が目白押し!(こっちは財布が寒くなる訳だ) ウィル、アンジーときて、今度の試写はキッドマン&ジャックマンのラブ・ロマンス「オーストラリア」。オーストラリア国家が国をあげて肩入れしている(のか?)し、主演の二人が本物のオージーということで早い段階から話題の作品です。 スケールが大きい豪華で贅沢な演出、でも大自然もふんだんにちょっと古風な‘THE映画’的作品でした。バズ・ラーマン監督の個性的でオリエンタルな演... [続きを読む]

受信: 2009/02/25 20:27

» オーストラリア [ともやの映画大好きっ!]
(原題:AUSTRALIA) 【2008年・オーストラリア】試写で鑑賞(★★★☆☆) 「ロミオ&ジュリエット」「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督が、故郷であるオーストラリアの歴史を壮大なスケールで映画化。 ひとりの英国貴族の女性がさまざまな人々と出会いながら、人生を大きく変えていくアドベンチャー作品。 1939年、第二次世界大戦を目前に控えたヨーロッパ。ロンドンで暮らす貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、1年間オーストラリアに行ったまま戻って来ない夫に会うため、オース... [続きを読む]

受信: 2009/02/25 23:42

» オーストラリア /AUSTRALIA [我想一個人映画美的女人blog]
『ムーランルージュ』から8年、オーストラリア出身のバズ・ラーマン監督が オーストラリア人俳優、ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンで、オーストラリアを舞台に創り上げた、 オーストラリアずくしの本作{/ee_3/} でもこれ、アメリカ映画。 ちなみに、オーストラリアの映画はこちら{/hand_iine/}オーストラリア映画 主演のニコールも、ヒュー様も相変わらずステキ{/m_0150/} ふたりはまるで、わたしの永遠にNo1殿堂入り映画『風と共に去りぬ』の スカーレットとレッドバトラー... [続きを読む]

受信: 2009/02/26 00:07

» 【オーストラリア】★ニコール・キッドマン★ヒュー・ジャックマン [猫とHidamariで]
本当の自分に出会える場所。  それはここではない、     遠いどこかかもしれない・・・前に進むための涙もある。オーストラリアHPオーストラリア シネマトゥデイ英題:AUSTRALIA製作年:2008年製作国:アメリカ/オーストラリア日本公開:2009年2月28日上映時間...... [続きを読む]

受信: 2009/02/26 00:34

» 映画「オーストラリア」 [Andre's Review]
Australia アメリカ オーストラリア 2008 2009年2月公開 試写会鑑賞 先日、試写会に当選して観てきました。実はバズ・ラーマンは結構ファンです。 時は第2次大戦前夜。イギリス貴族夫人のサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は1年間帰ってきていない夫を訪ねて1人、夫の働くオーストラリアへと赴く。彼女はちょっと変わったカウボーイのドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)に連れられ、夫の領地であるファラウェイ・ダウンズにたどり着くが、彼女はそこで、何者かに殺されたという夫の亡骸と面会する... [続きを読む]

受信: 2009/02/27 00:02

» 『オーストラリア』 [・*・ etoile ・*・]
'09.02.08 『オーストラリア』(試写会)@東京厚生年金会館 yaplogで当選。母親が見たいと言うので応募。なのに本人行けないと… 試写状届いたのが木曜日。試写会は日曜日ってことで、これは一人鑑賞かなぁと思いながら友達に連絡。次々断られて5人目でやっと見つかった。子供がいなくて映画が好きな友達が年々減っている(涙) というわけで久々Bちゃんと鑑賞。しかし日曜日の夜、厚生年金会館、しかも強風で酷寒とあって空いてる。最初から3F席にしたけどガラガラ。1Fも前の方はかなり空いてた。意外に人気... [続きを読む]

受信: 2009/02/28 02:31

» ☆「オーストラリア」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは今年初の試写会に行ってまいりました。 最近とんと試写会に当たってなかったので、 いろんなところに送りまくったら、二枚も当たっちゃって、姉貴夫婦に一枚進呈。 やっぱり、ニコール・キッドマン主演作は気合が入るのね、ひらりんは。... [続きを読む]

受信: 2009/02/28 02:52

» 「オーストラリア」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「オーストラリア」公式サイトポスターでラブラブの二人を見つつ「だ、大丈夫かなあ私・・」とそもそも不安たっぷり・・ ラブストーリーあんまり得意じゃなくてや、やっぱりこの二人の恋愛には全然興味持てませんでしたすみませんだけど前半、ア...... [続きを読む]

受信: 2009/02/28 14:26

» オーストラリア [Akira's VOICE]
依り所が弱くて,心に響かない・・・。   [続きを読む]

受信: 2009/02/28 15:34

» 劇場鑑賞「オーストラリア」 [日々“是”精進!]
「オーストラリア」を劇場鑑賞してきました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマン。はるばる異国の地に降り立った英国貴婦人が...... [続きを読む]

受信: 2009/02/28 15:44

» オーストラリア [そーれりぽーと]
もう映画は撮らないと言ってたはずのバズ・ラーマンが、『ムーラン・ルージュ』以来久々にメガホンを取った『オーストラリア』を観てきました。 ★★ 大好きなんですよ、赤いカーテン三部作は。 でもこれは…。 『アレキサンダー』がポシャッた代わりに、オーストラリア人としてのアイデンティティーを世界に主張する超豪華映画が撮れた自己満だけは伝わってきた。 アボリジニーに対する政府の謝罪を口実に、撮れなくて沸々としていた豪華で派手でワイルドでセクシーな映画を撮ったんでしょうか。 バズ・ラーマン映画がオキャマ趣... [続きを読む]

受信: 2009/02/28 16:34

» 映画 【オーストラリア】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「オーストラリア」 『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン監督が、再び二コール・キッドマンと組んだ壮大な物語。 おはなし:第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリア。英国貴族サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は、死んだ夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続。土地を守るために、粗暴な現地のカウボーイ(ヒュー・ジャックマン)と共にダーウィンの港まで牛を運ぶことになるが・・・。 今年はオーストラリアにとって何か記念になる年でしたっけ?と思わず調べてみたくなりますよね。ここまで... [続きを読む]

受信: 2009/02/28 17:12

» オーストラリア [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/オーストラリア 監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン    ヒュー・ジャックマン    デヴィッド・ウェンハム    ブライアン・ブラウン    ジャック・トンプソン ヒュー・ジャックマンにヒューヒュー[:ラブ:] ... [続きを読む]

受信: 2009/02/28 22:22

» 「オーストラリア」 物語る本能 [はらやんの映画徒然草]
「物語は人と人を繋ぐもの」 作品中でアボリジニの少年ナニが独白で語る言葉です。 [続きを読む]

受信: 2009/02/28 22:42

» オーストラリア [LOVE Cinemas 調布]
2月のトリを飾るのは『オーストラリア』。主演は昨年『ライラの冒険/黄金の羅針盤』がヒットしたニコール・キッドマン。共演は先日のアカデミー賞で司会を務めたヒュー・ジャックマンです。更に監督は『ムーラン・ルージュ』のバズ・ラーマン。実は3人ともオーストラリア人(ニコールはアメリカとの二重国籍)なので、故郷を描いた作品ということになります。... [続きを読む]

受信: 2009/03/01 01:45

» オーストラリア [Peaceナ、ワタシ!]
- 本当の自分に出会える場所-。 ニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンの話題作『オーストラリア』の試写会へ行ってきました。監督は『ロミオ+ジュリエット』『ムーランルージュ』のバズ・ラーマン! 上映時間が2時間45分という長丁場だったんですが、内容が2部構成だったせいか途中で中だるみすることもなく、飽きずに観ることができました。テレビCMからは、オーストラリアを舞台にした壮大なラブストーリー、という印象が強かったんですけれど…なかなかどーして! オーストラリアの原住民・アボリジニや戦争の... [続きを読む]

受信: 2009/03/01 02:47

» [映画『オーストラリア』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆3時間近い上映時間なので、もし内容が文芸大作っぽかったら、かったるいなあなどと思っていたのだが、ライトでご都合主義的な、粗も多いが、とても楽しめる娯楽大作なのでホッと安心した。  だからと言って、『紀元前一万年』ほどの凄まじい逸脱はないよ^^;  オーストラリアに牧場の経営に渡ったまま帰国しない夫を訪ねて、ちょいと過酷な成り行きでオーストラリアの大牧場を管理することになった英国貴婦人の冒険と恋愛と家族の物語だ。  主人公のサラを、ニコール・キッドマンが「ツンツン」と気位高く演じている。  ... [続きを読む]

受信: 2009/03/01 16:22

» オーストラリア [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『前に進むための涙もある』  コチラの「オーストラリア」は、あたしの大好きな「ムーラン・ルージュ」のバズ・ラーマン監督と二コール・キッドマンが再びコンビを組み、2人の祖国である「オーストラリア」を舞台に繰り広げられる2/28公開のエピック・アドベンチャー・...... [続きを読む]

受信: 2009/03/01 16:55

» オーストラリア [悠雅的生活]
虹の彼方に・・・ [続きを読む]

受信: 2009/03/01 21:35

» オーストラリア [☆C'est joli〜ここちいい毎日を〜☆]
オーストラリア’08:オーストラリア ◆原題:AUSTRALIA◆監督・製作・脚本: バズ・ラーマン「ムーラン・ルージュ」「ロミオジュリエット」◆出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブライアン・ブラウン、ジャック・トン....... [続きを読む]

受信: 2009/03/01 21:55

» 『オーストラリア』を観たぞ〜! [おきらく楽天 映画生活]
『オーストラリア』を観ました「ムーラン・ルージュ」のオーストラリア人監督バズ・ラーマンが、同郷のニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンを主演に迎え、戦時下の当地を舞台に綴るアドベンチャー・ロマンです>>『オーストラリア』関連原題: AUSTRALIAジャンル...... [続きを読む]

受信: 2009/03/01 23:25

» ★オーストラリア(2008)★ [CinemaCollection]
AUSTRALIA前に進むための涙もある。目を覆うほどに壮大で、空想をかきたてる叙事詩のようなオーストラリアの大自然が1人のイギリス人女性の人生を一変させる・・・。上映時間165分製作国オーストラリア公開情報劇場公開(FOX)初公開年月2009/02/28ジャンルドラマ/ロマ...... [続きを読む]

受信: 2009/03/01 23:30

» 「オーストラリア」試写会 大自然の迫力! [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
試写会絶ちが無事解禁になって、第一弾は、ヒュージャックマンとニコールキッドマン 美しすぎる美男美女カップルの恋愛映画 「オーストラリア」 西部劇的恋愛もの?と、実はさほど興味を示さずに行ったのだけど・・・・・ なんの、なんの、雄大すぎるほどの大自然の迫力もさることながら、西部劇風の懐かしさ、恋愛映画のロマンチック、人種差別、戦争映画の大迫力・・・・と盛りだくさんで~... [続きを読む]

受信: 2009/03/02 00:42

» 「オーストラリア(AUSTRALIA)」映画感想 [Wilderlandwandar]
オーストラリア人(監督)のオーストラリア人(キャスト)による、オーストラリアを舞台にした、オーストラリアという名前の映画 [続きを読む]

受信: 2009/03/02 01:29

» 【オーストラリア】 [日々のつぶやき]
監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン 「第二次世界大戦直前のオーストラリアに、イギリスから貴族のサラ・アシュレイがやってきた。夫を探しにはるばる来たが、夫が信頼しているという案内人の現地のドローヴァーの無骨さに驚く... [続きを読む]

受信: 2009/03/03 14:52

» 映画「オーストラリア」 [FREE TIME]
3月1日のファーストデーに映画「オーストラリア」を鑑賞。 [続きを読む]

受信: 2009/03/04 00:09

» オーストラリア [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
評価:8.0/10点満点 2009年21本目(19作品)です。 この作品は165分という長編を長く感じさせないくらいの出来になっています。 ほぼ同じ上映時間だった「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」と違い、「えっ?」と思わず口に出してしまうくらいのハラハラドキドキのシーン..... [続きを読む]

受信: 2009/03/07 00:01

» オーストラリア [★YUKAの気ままな有閑日記★]
アカデミー賞で司会をしたヒューを見て密かに萌えた私としては、何が何でも鑑賞しなければならないではないか―【story】第二次世界大戦を目前に控えたオーストラリアを訪れた英国貴族レディ・サラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)。サラは殺された夫が残した広大な土地と1,500頭の牛を相続し、土地を守るために粗暴な現地のドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)と手を組み、遠く離れたダーウィンまで牛を引き連れて行かなければならなかった。反目しあう二人だったが、長旅やアボリジニの孤児の少年ナラ(ブランドン・ウォル... [続きを読む]

受信: 2009/03/08 16:07

» オーストラリア [Movies 1-800]
Australia (2008年) 監督:バズ・ラーマン 出演:ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デヴィッド・ウェンハム、ブランドン・ウォルターズ 第二次世界大戦前、オーストラリアにやって来たイギリス人女性が現地のカウボーイや先住民の少年らとの交流を通して、人生を変える物語。 前半は亡き夫の意志を継ぎ、1,500頭の牛を引き連れて大陸を移動する模様を西部劇調で、後半は戦火の迫るダーウィンで離れ離れになっていた3人が再会するまでを戦争映画風に描く。 良く言えば、サービス精神旺盛で飽きること... [続きを読む]

受信: 2009/03/10 22:51

» 『オーストラリア』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン主演のドラマ『オーストラリア』を観ましたー。 バズ・ラーマン監督作品ってことで期待は大きかったんですけど、スケールの大きさは感じつつもどうも自分には合わない作品かなーという気もしてみたり。。。 ********************... [続きを読む]

受信: 2009/03/12 00:56

» オーストラリア [青いblog]
あらすじ。 第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女 [続きを読む]

受信: 2009/03/14 21:50

» 映画「オーストラリア」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Australia WBCは残念ながら1次ラウンド敗退も、サッカーでは最終予選A組の首位を堅持、映画でいえば「マッドマックス」も「クロコダイル・ダンディー」も良かった・・・ イギリス貴族ながら財政的窮地に陥ったアシュレイ家、危機打開のために夫はオーストラリア... [続きを読む]

受信: 2009/03/15 19:02

» オーストラリア◇AUSTRALIA [銅版画制作の日々]
オーストラリア♪ついに観た!  ニコール・キッドマンの美しさとヒュー・ジャックマンの野生的な男の魅力がなんともいえませんね。そしてローケションも素晴らしいです!豊かで広大な自然のオーストラリアを舞台に、繰り広げられる二人のラブロマンス。何でもオーストラリア版「ロミオとジュリエット」だとか・・・・・。 気位の高さそうな、サラ・アシュレイ夫人がニコール・キッドマンには似合っています。まるで人形のような顔立ちで、しかも隙のない雰囲気が漂っているところが、なんともいえません。それに対して牛追いの男で... [続きを読む]

受信: 2009/03/20 12:16

» オーストラリア [ケントのたそがれ劇場]
★★★  オーストラリアの監督の、オーストラリア出身のハリウッドスターによる、オーストラリアのための歴史スペクタル風ラブロマンス映画とでも言っておこうか。主演はニコール・キッドマンとヒュー・ジャックマンである。 1940年代を背景として、美形の男女二人が織... [続きを読む]

受信: 2009/03/21 19:56

» 南の虹のドロシー バズ・ラーマン 『オーストラリア』 [SGA屋物語紹介所]
これはまだ、『X-MEN』が結成されるはるか以前の物語である・・・・ ヒロインは [続きを読む]

受信: 2009/03/25 21:43

« 「Gフェス2009」と「00 2nd.シーズン」DVD1巻 | トップページ | BSアニメ夜話で『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』 »