« 『花咲ける青少年』 樹なつみ(作) | トップページ | ずどんとストライク!『夏目友人帳』 »

2009/01/04

NHK大河ドラマ「天地人」スタート!

本日、2009年のNHK大河ドラマがスタート!最も早い放送の【BS-hi】で視聴した。
原作は、地元地方新聞で連載されていた火坂雅志(著)の『天地人』。2009年の大河に決定したと知ったのはいつのことだっけなぁ~。読んでいなかっただけに、思わず「うう、しまったっ!」と思った私だった。(で、そのまま読まずに現在に至っているが・・^^;)
昨年の『篤姫』は、久し振りに最初から最後まで一度も欠かすことなく見た大河ドラマだった。果たして2年連続コンプリートになるかは、青年期に入った今後の展開(&妻夫木君)次第と思うが、第一回「5歳の家臣」での掴みはOKといった感じhappy01 

利発で勝気でもまだまだ幼い与六。和尚さまに一喝され、恐くて悔しくて半泣きで逃げ出したにも関わらず、転んだ弟に「あにじゃぁ~」と呼ばれれば、見捨てることなく手をさし伸べるような心優しき、既に立派な男っぷり。些かやんちゃで恐いもの知らずではあるけれど、樋口家での厳しくも愛に満ちた幼年期の教えの賜物か、挨拶などは武人の風格。この先、成長と共に知勇を身につけ、主にも民にも「仁・義・愛」の精神を決して忘れぬ名将になるというのだから、直江兼続とはなんと魅力溢れる武将なのだろうと思う。

「地元」と言いつつ、広く長い新潟県。残念ながら、教科書でもさらっと流される程度でしかない「上杉家」の歴史は良く知らない私だ。それでも、登場する地名や名所ほか位置関係等も含めてすんなり頭に入る分、親しみは『篤姫』の時以上に思えてくるから面白い。若手俳優が多く起用されたキャストでやや不安は残るものの、しばらくはこのまま見続けようと思った。
・・しかし、(笹野:秀吉はともかくとしても)吉川:信長と笹野:サルはちと苦しかったかcoldsweats01  逆にイチオシは上杉輝虎の阿倍ちゃん。とてもカッコ良かった!同じく大河「風林火山」で上杉謙信公役を演じたGacktとは大幅に違うけれど、ソレはソレ、コレはコレで質が違う格好良さだね。世代交代であっという間に消えていくのが残念。でも本当に中々の存在感だったと思った。
大島ミチル氏の音楽も、豪快かつ軽妙で清々しくGOOD♪

200913 ←は昨日、新潟市の「ふるさと村」~新潟市観光情報館(時の旅人館)にて撮影した”直江兼続の鎧兜レプリカ”。実際は上・中越地方が「天地人」の本場なのだけど、新潟市もあやかったイベントといったところ。現在は外壁に大きな垂れ幕が設置され、数枚のパネルが展示されている。オリジナルグッズが当たるかもしれないクイズラリーもあるので、近くにお出かけの際には立ち寄ってみるのも一興かと(^^)

|

« 『花咲ける青少年』 樹なつみ(作) | トップページ | ずどんとストライク!『夏目友人帳』 »

コメント

何時もお世話になっております。

例年大河ドラマをレビューしない私ですが、今年の抱負で地元新潟を愛しという事で今年1年レビューしていきます。
確かに歴史の教科書でもそれほど大きく触れていない人物ですが、上杉景勝は後の豊臣政権で5大老として序列できたのも兼続の力が大きかったようですね。
戦国時代の歴史が最も私の中で好きなのでしらないところは所々振り返りながら楽しんでいきたいと思います。

阿部寛の謙信は本当に迫力ありますね。
神秘的だったガクトの謙信も悪くないけれど、こちらの謙信の方がより現実味があって良かったですね。
ここ2年連続時代劇の映画2本に出演した効果が現れた感じです。

投稿: PGM21 | 2009/01/04 21:53

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!
ありがたいことに長いお付き合いとなってきましたが、毎度コメントするたびに「ご無沙汰してます」と言っていてすみません(苦笑)
こんな私ですが、本年もどうぞよろしくお願い致します。

私も見ました~天地人!そうか、新潟なんですよね。
私が欠かすことなく見た大河は「利家とまつ」が最後ですね~。なんだかんだで、新撰組!も1、2回は見逃してますし、篤姫にいたっては3回くらいしか…
戦国時代が好きなのと、休みが土日になったので、今回は最後まで見られるかな、と思っています。
なんてたって妻夫木くんですしね。
阿部寛はさすがでしたが、それよりも私は子役の子がなんとも可愛くって仕方なかったです(笑)
それにしてもサルはしんどいというか年齢的にどうなんでしょうね。これは。

>大島ミチル氏
私も気になっていました。ドラマやアニメではとても良い演出になっていて大島さんの音楽は大好きなんですが、大河ではどうなんだろうと思っていたんです。
でもとても良かったですね~。これから、戦のシーンとか出てくると、もっと迫力のある音楽が聴けるような気がして、楽しみです。
私としては、OPの文字を尊敬する武田双雲さんが書いてたのも印象的でした。やっぱりお上手。

追伸:とっても今更なのですが、ブログ、移転いたしました。お手数ですがアドレスの変更お願い致します。
[URL]http://rainbow-3.jugem.jp/

投稿: きりん | 2009/01/05 00:42

あけましておめでとうございます!

さっそくですが、与六ちゃん、上手かったな〜〜。親子の別離は昔の『母をたずねて〜』以来ピンポイントの涙腺秘孔なんですよね〜。泣いた泣いた。
ブッキーは好きなんですが、彼の優しすぎる外見から最初マユツバでした。でも予告編を観ていると「お。こ、これは!?」と思えてきて、配役がなかなか面白いのにもけっこー期待が膨らんでます。

阿部ちゃんも好きな俳優なんですよねー。柿崎が角田氏ってのもツボだわ。
そらそーと、最近は無理矢理若い頃からフケまでやるけど、どーなんでしょうねえ。若い俳優がフケるのはともかく、逆は痛いわ。

てなわけでことしもよろしくです。m(_"_)m

投稿: よろづ屋TOM | 2009/01/05 00:51

■PGM21さん、こんにちはsun
PGM21さんは「愛」を謳って今年一年頑張るのですね。健闘をお祈りします。
私はコレっきりです(笑)そもそも日曜日は00で手一杯ですし、続ける自信がまったく無いので。

阿倍ちゃんが近年どんな時代劇に出演されているのか、実は全然知らないのだけど、とにかく今回の阿部ちゃんの豪傑っぷりは見事でした。
若手主体(特に女優陣)に不安なのですけど、若々しい大河を成功させて欲しいですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/01/05 17:46

■きりんさん、
明けましておめでとうございます!
そういえばご無沙汰ですね(^^)でも、きりんさんは昨年社会人1年生になったばかりで、忙しくで当たり前。こうして忘れずにきてくれるだけでとっても嬉しいですよ。
土日がお休みとなれば、大河も見やすくなりますね。戦国時代ものはちょっと燃えますよね(笑)
今回は若い人を狙った配役ですし、脚本も垢抜けた感じになるのではないかと期待してます。
音楽の大島さん。躍動感溢れるテーマ曲がよいですよね。戦のシーンのBGMが楽しみですねw
そういえば、春からの「ハガレン」もやっぱり大島さん?

それからっと、そうそうブログを引っ越されたのでしたね。新アドレスはブックマークしてましたが、リンクの貼り替えを忘れてました。直しておきますね(^^)

今年も宜しくデス!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/01/05 17:46

■よろず屋TOMさん、こんにちはsun
ややぽっちゃりムチムチな与六くん、可愛かったですね(^^)
ひたすら「あにじゃぁ~」と後を追う、与七くんも何気に気に入ってます♪後に小泉幸太郎君というから何だか納得だし(笑)
それにしても見事な泣きっぷりでしたね。幼少期の子役はこれまでの大河でも良く登場したけれど、ここまで泣きまくったのは「かぁちゃん!」のおしい以来?(笑)「ははうえぇ~。てぃてぃうえぇ~」が耳に残りましたが、5歳ですもんねぇ。

妻夫木君は嫌いじゃないけど、一途な熱血をやらせるとちょっと鬱陶しくなるので、メリハリがある中にも、父親譲りを感じさせる常にニコニコ陽気なキャラだったらいいなって思ってます。(冒頭はそんな感じでしたしね)
やっぱり老け→若作りには限界がありますねぇ。無理に笹野さんを使わなくても・・って思いました。

投稿: たいむ(管理人) | 2009/01/05 17:49

たいむさん、こんにちは~♪
(こちらの記事はTBできないのね?)

“鏡餅は紅白”の県のミチでございます。
新潟県って広いな~って、大河に出てくる地図を見て改めて思いました。
県人だからといって上杉家に超詳しいってわけではないのね~。
私も加賀百万石・前田家のことあまりしらないもん(汗)

子役がせっかく頑張ってるんだから、大人に引き継いでも頑張って欲しいな~と思うのです。
でもねぇ、兼続が【義に篤い】のはいいんだけど、【泣き虫】設定が気になって仕方ない(爆)
あんまりポロポロ泣く男は好きじゃないんだな~。

取りあえずまた一年始まりましたので、頑張りまーす。

投稿: ミチ | 2009/01/05 21:03

■ミチさん、こんにちはsun
おめでたそうな”紅白餅”にええっ?となった、たいむですw
感想は今回限りなので、覚えられないようにTBの設定は外しちゃいました。すみません(^^)

そうそう、県人だからって郷土の名士を知っているとは限らないですよねぇ。それでも地名がわかるのは県人ってね。そこだけはちょっぴり有利って感じですねw

>大人に引き継いでも頑張って欲しいな~
ですね~。妻夫木君もそうだけど、長澤まさみが苦手なので、どこかでリタイヤの可能性は無きにしも非ず。

>あんまりポロポロ泣く男は好きじゃないんだな~。
同意!私が韓国ドラマが苦手な理由は、男がわんわんと泣くからでもあるんですよねぇ(^^;

私はレヴューから撤退ですが、ミチさんの完走を応援しています!!

投稿: たいむ(管理人) | 2009/01/05 21:43

「殿のおそばを離れるわけには参りません!」

・・・・これはF女子大喜びだと思いました・・・(特に『炎の蜃気楼』世代)


直江兼続は「花の慶次」のマブダチだった、ということと家康に堂々とケンカを売った、ということくらいしか知らないので、続きが楽しみです

投稿: SGA屋伍一 | 2009/01/06 08:11

■SGA屋伍一さん、こんにちはsun
>「花の慶次」のマブダチだった、ということと家康に堂々とケンカを売った
私はそれすら・・・うはは(^^;
ゲームとかで登場すると聞いてますが、ゲームしないからなぁ。

家康の天敵と言えば、真田雪村しか覚えがなかったりします。知らない方が楽しめる??と自己弁護(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/01/06 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『花咲ける青少年』 樹なつみ(作) | トップページ | ずどんとストライク!『夏目友人帳』 »