« はっぴーふらいと~の帰還。 | トップページ | アニメ「のだめカンタービレ 巴里編」(第6話) »

2008/11/27

山口-広島の旅**【飛行機編】

年内に使わなければならない結構な金額分の旅行券消化の為に急遽計画した今回の旅。海外に行けばあっという間に使い切れそうなものだが、パスポートの期限切れと諸事情により国内豪遊に変更。”旅行券”である限り、消化には飛行機での移動がてっとり早そうだと悩んだ末に”本州の果て”というのは中途半端で微妙だが、結果から言えば山口県も広島県も見どころ満載の素敵なところで大正解だった。
大まかな行程は以下のとおりで、airplane羽田⇒山口(宇部)airplanecar萩→秋吉台&秋房洞→宮島(ship厳島)→呉→広島市街carairplane広島⇒羽田airplane・・・bullettrain自宅。
まず今回は、【飛行機編】:往復の飛行機内でのお話を。

往復ともANAを利用。共にB767機で2-300人クラスの機体でいずれもほぼ満席だった。現在B767機の奇数便では、11/15に公開された映画『ハッピーフライト』のサイドストーリー5篇の内の2篇が上映されている(といっても11月のプログラムなのでもうすぐ終了となるが)。普段は飛行機とは無縁な生活の為、この上映は知らなかったのだが、シートに備え付けの雑誌から情報を仕入れた時には思わずガッツポーツだった。
上映は、シートベルトサインが消え、ドリンクサービスの後ほどなく開始された。まずは田辺誠一さん出演の「アイハブ・ユーハブ」。『ハッピーフライト』直前のある日なのだが、なんとあの”60億人の奇跡”なカップルがここに登場!鈴木がうっかり落としたのパスポートの上に、運悪く駐車したのがあの妻の車だったという設定。屋外で大事なパスポートを落とすあたりがお調子者の鈴木なのだが、本編でも披露していた”名(?)機内アナウンス”の伏線ともいえる”練習”がここでも披露されていた。あのおバカにも近い陶酔っぷりは常日頃からだということらしいcoldsweats01  そして今回も新婚さんは喧嘩しており、車を動かしてもらうどころではない状況。木に登って降りてこない妻の気を引くために夫が一計を案じて鈴木に協力を求めるのだが、突拍子もない頼みに「アイハブ・ユーハブ」が微妙絡むという、「何やってんだよオレ。」といったダジャレ的なコメディだった。爆笑には至らないけどププって感じかな?
次に綾瀬はるかさん出演の「What's your name?」。新人CAとして広報活動にも引っ張りだこ?な悦子。ひと仕事を終えて空港内を移動中、外国人の対応に困っている警備員に遭遇。「英語できますよね?」と手助けを求められたは良いものの、満足な受け答えができない悦子だ(本当にCAか?というくらいに)。しばらくやりとりした後、外国人はそそくさと立ち去ろうとするのだが、言葉が良く分かっていない悦子は強引に引き留めようと鞄をひっぱり中身をぶちまけてしまう。中から飛び出したのはハーブのようなモノが詰められた多数の小袋。慌てた外国人は自分はシェフでこれは”幻のハーブ”だと主張。「なるほど、初めての見る(香り)」と鼻が利く悦子で一応”食いしん坊の悦子”の伏線が発揮されてはいるが、視聴者にはここで粗方ネタが割れると思う(最近旬な話だし)。最終的にはしかるべき人たちの登場で一見落着して結果オーライとなるのだが、まったく気がつかない悦子はしつこく「分けてくれ」とアブナイ申し出で食い下がるワケで、実はウザいところも伏線なのかもしれない、と思えるお話だった。
残り3篇の、飛行機での上映予定はなさそうなので、DVDに収録されるものと予想。田畑さんや岸部さんの登場なるか?!見たいな~。・・ということで、往路は約1時間半程度のフライトの内、知っている物語のサイドストーリー(しかも初見)であっという間に1/3程度の時間が消化され、ダブルで幸運だった。

復路は広島から羽田まで。頭上の格納スペースにカバンを収納したが、荷物が増えたこともあり収納扉の”ロック”が上手くいかないと、CAさんに手荷物を移動されてしまうようなプチトラブルが発生(大したことではないが)。ビデオプログラムは偶数便の為ありきたりな”旅モノ”で見るともなしに見る程度の、やや退屈な復路となった。でも、着陸態勢に入ってからというもの、夜間飛行から眼下に広がる夜景がなんとも素晴らしかった。雲ひとつない晴天。白・橙・赤・青とまさに宝石をを散りばめたかのように煌めく景色は見事で、光に縁どられてくっきりと浮かび上がった地形は、まるで地上絵のようにとても美しい光景だった。宇宙船から”東京”が探せるのが納得できるくらい明るさには、「綺麗shine」と喜んで良いものかという気もするが、天候や席にも左右されるだろうし、これだけの光景を目にするチャンスはそうそうないと、良機に恵まれた事を素直に喜んだ次第。

往復共に10-20分程度遅れて到着。その程度ならば苛立たないのが飛行機だ。(これが新幹線ならプンプンなんだけどね) 安全第一、今回の旅での飛行機行程は満足だった。

・・・山口-広島の旅**【山口編】へとつづく。

|

« はっぴーふらいと~の帰還。 | トップページ | アニメ「のだめカンタービレ 巴里編」(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/43247095

この記事へのトラックバック一覧です: 山口-広島の旅**【飛行機編】:

« はっぴーふらいと~の帰還。 | トップページ | アニメ「のだめカンタービレ 巴里編」(第6話) »