« 「幸せの1ページ」みた。 | トップページ | 「おくりびと」みた。 »

2008/09/12

アニメ 『西洋骨董洋菓子店~アンティ-ク~』 *レシピ9*ちょこっと感想

09 エイジ初のオリジナルケーキ”フィグ”は大好評!
エイジの素質をいち早く見抜き、高く評価する小野。橘はやや釈然としないながらも、小野の太鼓判に異論はなし。エイジのパティシエ修行をより本格化させるためにも、将来のフランス留学を視野に入れた語学教習を促すのだが・・・・

誰も彼もが何かを抱えているアンティークの男たち。エイジもまた心に暗い過去を引きずっていた。
○勉強嫌い!といいながらも、「先生が言うのなら・・」とシブシブながらフランス語学校に通い始めるエイジ
・・・これまでお菓子の専門用語はフィーリングで丸暗記していたエイジ。「そっちが意味わかんねぇ」という橘の方がもっともなご意見だ。フィーリングも大切だけど、意味を理解すると、全体を理解しやすくなるもの。本場の言語の習得は留学うんぬんを除いても重要かつ効果的!
○週3日の夜間学校とはいえ、エイジの抜けた穴は小さくない。てんてこ舞いの小野は、思いつきで”器用な橘”に助っ人を頼む。
・・・厨房で仕事する橘を見て、居場所を侵された不快感を顕わにするエイジ。しかし小野と橘はエイジの焦躁感を理解できない。
○苛立つエイジ。学校帰りに売られたケンカを買い、相手はボコボコ寸前。寸でのところを小野が静止。
・・・小野に苛立ちの理由である不安を全部ぶちまけるエイジ。エイジのトラウマは「捨てられること」。”独立”の言葉がエイジの中で独り歩きし、小野と橘に不必要として見捨てられたものと勘違いしていた。
言葉で示すか、行動で示すか。加減がとても難しいけれど、やっぱり最後は言葉にして言わなくちゃ、他人には分らないことの方が多いのが世の常。おかげで誤解は解け、自信も付けたエイジの成長は加速しそうだね。

世間では児童誘拐事件が頻発しており、ニュースを目にするたびに暗く視線を落とす橘だ。すっかり常連の元刑事さんも毎回のように登場し、過去との因果関係は生まれるのか否か・・・

|

« 「幸せの1ページ」みた。 | トップページ | 「おくりびと」みた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/42451775

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ 『西洋骨董洋菓子店~アンティ-ク~』 *レシピ9*ちょこっと感想 :

« 「幸せの1ページ」みた。 | トップページ | 「おくりびと」みた。 »