« 「カンフーパンダ(字幕版)」みた。 | トップページ | アニメ 『西洋骨董洋菓子店~アンティ-ク~』 *レシピ3*ちょこっと感想 »

2008/08/01

「インクレディブル・ハルク」みた。

The_incredible_hulk 思い切り続編を作る気マンマンって終わり方で、今回は序章に過ぎない感じだね。
今のところ“ハルク“は単なる怪物で、怪力と強固な肉体以外にどうという能力は持っていないようだが、もしかするとこの先どんどん進化していく”ドラゴンボール状態“になるのだろうか?ブルース自身は、「はやく人間になりたい。」では無くて、「はやく元の、普通の人間に戻りたい。」って思っているんだ・・・よね??

研究実験中の事故により、科学者であるブルース・バナー自身が特異体質化して“ハルク”になったことから全てが始まった。“ハルク化”すると、人としての自我が保てずまるで赤子のような防衛本能によって凶暴化する。よってハルクとしてもブルースとしても、逃亡するのは当然のこと。“ハルク化”は心拍数が上ると(つまりは興奮すると)起こることから、肉体及び精神鍛錬に励み、自己抑制を試みようとしているブルースだ。呼吸法は心拍数を下げるのに効果的で、会得すれば「見境無しに変身」は抑えられそうだね。(キレたベティに指南しようとするところは笑えたがw)
今回は、そもそも何の為に危険な研究と実験を行っていたか(真の目的)までは明らかになった。そして軍の失態(実験の失敗で誕生した”グリーンモンスター:ハルク”の存在が白日のもとに曝されること)が発覚すること恐れた関係者が、逃亡した“ハルク“を秘密裏に補縛(あるいは抹殺)作戦を繰り広げるというもの。”ハルク“に対抗する為に更なる”ハルク“を作り出してしまうだなんて馬鹿げているけれど、それがハルクの成長?の切っ掛けになりそうで(実際、自己制御不能だったハルクが“中和”によって他者(ベティ)を認識し始めたこともあるし)、いかにも次回を乞うご期待!のように思われた。

ハルクの動きはなんだかキングコングみたいだったよーな。2頭?で戦う姿は圧巻だったけれど、最後の決着がちょっと???。あれほど圧倒的だった”ボルンスキー・ハルク”なのに、最後はあっけなかった気が・・・。でも、衝撃波で爆発を食い止めるところはすごかった。

美女と野獣、父娘の確執、マッドサイエンス(サイエンティスト)等々有り勝ちな設定とはいえ、まったく物語を知らなかったので最初から最後まで真剣に見ることになった。だた、お世話になった工場へ逃げ込んでしまい、あの有様ではあまりに恩知らずじゃない?って思っちゃたけれど(^^;

総評:★★★☆☆++  好き度:★★★☆☆++  オススメ度:★★★☆☆++

すっかりあて馬のようになっちゃったけど、精神科医のベティの彼氏がいい人で泣けた!

|

« 「カンフーパンダ(字幕版)」みた。 | トップページ | アニメ 『西洋骨董洋菓子店~アンティ-ク~』 *レシピ3*ちょこっと感想 »

コメント

こんばんは^^
や~っとたいむさんにコメントできるぅ\(~o~)/
最近は観る映画が中々同じにならず
寄らせて頂いてもコメントできなかった私です(T^T)

で、肝心の映画ですが(笑)

物語に奥行きのようなものは感じられませんでしたが(^_^;)
テンポがあって楽しめた作品でした!
私もラスト、あんなに強かったボルンスキー・ハルク?は
あっけなかったような気がしました(^_^;)

タクシーのシーンは笑えましたよね^^
そうそう、精神科医の彼はいい人でしたね。
本当にベティを愛しているんんだとも
思いました^^

投稿: ひろちゃん | 2008/08/01 22:17

■ひろちゃん、こんにちはsun
ほんと、久しぶりになっちゃいましたね(^^)

普通なのだけど、目が離せなかったという感じですね。アクションも見ごたえあったし、悲哀を感じるブルースがよかったです。

タクシーのところでの、リヴ(ベティ)はやりすぎって思ったけれど、時々笑わしてくれるところが和みました(^^)
ベティは男を見る目がありますよ!

投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/02 06:36

こんにちは。

ヒーロー映画大好きなので楽しく観られましたが、「市民に愛されてこそアメリカのヒーロー」という考え方があるので、ハルクのキャラクターには少し抵抗がありましたね。それでも作家性を出し過ぎた前作よりは楽しめました。

>衝撃波で爆発を食い止める
あそこはビックリしましたね。爆発をも吹き飛ばす衝撃波を食らったら、ヘリの中の二人もタダでは済まないと思いますけど(笑)。

投稿: えめきん | 2008/08/02 08:34

こんにちは~♪
最近重い映画を見ていないわ~~(笑)
夏ですもの、脳みそも溶けかけているし、エンタメ色の強い映画が合っているのかもしれませんね。

初ハルクでしたが、エドワードのおかげで予想以上に楽しめました。
変身後のお姿があまりにエドワードとかけ離れていたのがツボでした。
ま、変身後に草刈正雄だったら大変ですけどね(爆)
いちいちお洋服が破れてしまって、気がついた時には全裸で恥ずかしい~~って感じが面白かったです。

さてさて、本日は「スカイクロラ」初日ですよね。
たいむさんはもう映画館に向かわれるころかな?

投稿: ミチ | 2008/08/02 08:43

■えきめんさん、こんにちはsun
>作家性を出し過ぎた前作よ
へぇーそうなのですかー。今回のは今風でなかなかイイ感じでしたね。

>ヘリの中の二人もタダでは済まないと思いますけど(笑)。
ですよねぇ(笑)
そういうところが簡単にスルーできるヒーローものは便利です!

■ミチさん、こんにちはsun
そうそう、夏ですからよいんじゃないですか?(笑)

>全裸で恥ずかしい~
日本の変身アニメでも良くあるハチキレだけど、スルーしないで笑いを取っているところがお茶目でしたねw

実は昨日~今朝まで徹夜で作業を・・・
スカイ・クロラは午後一です!(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/02 17:05

あはは、確かにお世話になって
正社員にしてくれるとまで言ってくれた
工場めちゃめちゃにしちゃいましたものね~(;・∀・)
ロス将軍にしたらダメ彼でも、
おっしゃる通りベティの選ぶ男性は男っぷりがいいですよね~。

投稿: miyu | 2008/08/02 19:02

こんばんは、たいむさん
いつもありがとう〜。

ノートンがハルクというのがかなり意外だったけど
なかなか良かったですよね、
これまだ続くのかなぁ?^^

投稿: mig | 2008/08/02 19:43

たいむさん、こんばんは!

次回作への意気込みも感じましたが、「アイアンマン」へのつなぐことへの意気込みもありありでしたね。
お話は想像の範囲内の展開でしたので驚くことはなかったですが、思いのほかエドワード・ノートンは良かったです。
変身後との落差があって、その苦悩が伝わってきました。

コメントの名前の件、ごめんなさい。
自動入力で自分のブログのものと同じになっちゃっていました。
以後、気をつけます。

投稿: はらやん | 2008/08/02 21:08

>2頭?で戦う姿は圧巻

ほんと怪獣映画(しかも重量級)になっていましたよね。
途中まではオモシロかっただけに、
個人的には残念な流れでした。

投稿: えい | 2008/08/02 21:22

こんにちは♪

ラストのバトルにいまいち興奮出来ずにいたんで
ボ~っと観ていたら、気付いた時にはハルクが勝
利の雄叫びを上げていました…。
正直なところ取り立ててオモシロいとは思えませ
んでしたが、豪華なキャスティングとラストのサ
プライズが観れただけでも、劇場に足を運んだ甲
斐があったと言ったところです♪ (゚▽゚)v

投稿: 風情♪ | 2008/08/03 01:18

 はじめまして。うちの方のブログにコメントありがとうございます。
>精神科医のベティの彼氏がいい人で泣けた!
 でも、パンフによると、彼とMr.ブルーは原作では悪役らしいですよ。次回作に登場するかも。

投稿: 小覇王 | 2008/08/03 02:53

■miyuさん、こんにちは。
恩を仇で返すようなシチュエーションは好みません(笑)
なんであえて工場?って思ったけれど、構造も付属物もうってつけでしたね(^^;

>ベティの選ぶ男
ですねー
・・・と思ったら、そうでもないらしい???(^^;


■migさん、こんにちsun
これ、続かないとうそでしょ~~(笑)
もう少しカッコ良くなって再登場してほしいです!


■はらやんさん、こんにちはsun
>変身後との落差
今回はまだ赤ちゃんみたいなハルクでしたしね。次が楽しみです。
「アイアンマン」も期待してます!今年はヒローモノが満載ですねw

名前の件はありがとうございます。
私がはらやんさんのところへ行ってもそうなるので、たぶん相性。他にも2.3ブログで同じ現象にあったことがあるのではらやんさんも要注意ですよ。ココログの不具合なのかな?


投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/03 09:15

■えいさん、こんにちはsun
私は全編なんとなく引き込まれていました。
ケダモノ対ケツのアクションは、スマートさを書きますが、重量級のプロレスみたいでありかな?
プロレスは見ないけど(笑)

■風情♪さん、こんにちはsun
ぶっちゃけ、取り立てて・・ではあるのですよね(^^;)でも、なんか見入ってました。
アメコミヒーローは多かれ少なかれ、みんなこんな感じかな?
今年は白黒ヒーローものが多いですねw


■小覇王さん、こんにちは[E:sun]
>でも、パンフによると、彼とMr.ブルーは原作では悪役らしいですよ。
えーそうなのですかー!!!
いや、良く考えると、この手の作品での良い人は必ず2面性がある・・・・(><)
そこがなくって嬉しかったのに、すっかり騙されちゃいました~~~
逆に制作側はニヤリですね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/03 09:23

お邪魔します♪
私もハルクを見てキングコングを思い出しました(笑)
動きもそうだし、ベティと洞窟にいるシーンなんかキングコングそのものに思えちゃった♪
ノートンが好きだし、まずまず面白かったけど、やっぱり怪物VS怪物にはのれなかったなぁ~あまりにもCGなんだもの(汗)

投稿: 由香 | 2008/08/03 19:03

■由香さん、こんにちはsun
由香さんもキングコングに見えましたか?(^^)
あの体格でCGだと、そう見えちゃいますよね。

でも面白かったし、分かりやすいところがすんなり楽しめました。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/04 17:48

こんにちは~

傑作!というものではなかったですが、面白かったです!
キングコングもなるほど~ですね。私はシュレックに見えて仕方なかったです~

投稿: hito | 2008/08/05 11:57

■hitoさん、こんにちはsun
>シュレック
なるほどねー(笑)
緑のモンスターという最高の共通点がありますね!

軽ーいノリが楽しい作品でしたね!

投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/05 21:17

こんばんは^^

身元を隠すのに南米に逃げ込むっていうのがすごくリアルな感じがしました。もっとも目立つと思うからわかるのも時間の問題だったんじゃないかなとは思いましたが^^;

これはちゃんと観てたんですが、最後の対決がどっちがどうなったのかイマイチ分からなかったような(笑)そうこうしているうちにロバートに気を取られちゃって(笑
「アイアンマン」も絶対に観ます!

投稿: rose_chocolat | 2008/08/07 21:59

劇場で「アイアンマン」の予告編を何回も見てないと、最後の場面は???になっちゃいますね。
アーーー気づいて良かった。
それにしても、何本も同じヒーローで作品を作っていくと、だんだん「ヒーロー受難映画」になってっちゃいますね。
アイアンマンは大丈夫そうだけどーーー。

投稿: ひらりん | 2008/08/08 02:13

■rose_chocolatさん、こんにちはsun
ブラジルはってところがなんだか新鮮でしたね。

>最後の対決がどっちがどうなった
え?決着付いたの?って感じでしたね。
最後の最後のどんでん返し?まで楽しませてもらえました!
「アイアンマン」も楽しみですね!


■ひらりんさん、こんにちはsun
>最後の場面は???
予告編は直前まで見ていたのに、私は出演すら気が付いていない迂闊な奴です。苦手なのですよ、外人さんの顔を覚えるのが(^^;

>アイアンマンは大丈夫そうだけどーーー。
自ら・・ですもんね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/08 17:57

こんばんは☆ TB、コメントありがとうございました。

確かに敵の終わり方はあっけなかったですよね。
あんなに強かったのに・・・
でも、続編が出来たらやっぱり見に行っちゃいそうです。

投稿: non | 2008/08/10 22:57

■nonさん、こんにちはsun
>あんなに強かったのに・・・
やはり、邪な思いと、愛する人を守る想いの差はパワーに現れるものかもしれませんね(笑)
私も観ます!>続編。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/11 19:17

「いまどき珍しく『尽くす』タイプの慎ましいヒロインだな~」と思っていたら、タクシーのドアをガスッと(笑)
将来尻に敷かれるブルース(ハルク?)の姿が目に浮かぶようでした。冷静になりたい時は横隔膜を下げればよかったんでしたっけ? 勉強になりました

ライバルは確かにあっけなかったですね。最後に絶対もう一度起き上がって、背後から襲い掛かるものだとばかり・・・・

>親子愛

将軍はいけすかない男でしたが、ハルクに「お嬢さんをください!」と言われたら、大抵の親は首を振るでしょうね

投稿: SGA屋伍一 | 2008/08/16 08:17

■SGA屋伍一さん、こんにちはsun
>将来尻に敷かれるブルース
バレバレな展開だったけれど、ところどころにクスリとするような緩急をつけたところがなんとなく好きでした。

>ハルクに「お嬢さんをください!」
あははは。でも化け物呼ばわりしていたしねぇ。それでも今は認めているのかな?命の恩人だもんね。・・と思いたい!

投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/17 18:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/42031570

この記事へのトラックバック一覧です: 「インクレディブル・ハルク」みた。:

» ★インクレディブル・ハルク<ジャパンプレミア>★ [CinemaCollection]
THEINCREDIBLEHULKその「力」、ためらうな。製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2008/08/01ジャンルアクション/SF/アドベンチャー【解説】2003年にアン・リー監督、エリック・バナ主演で実写映画化されたマーベル・コ...... [続きを読む]

受信: 2008/08/01 22:09

» アメコミ映画夏の陣 その一 「インクレディブル・ハルク」 [小覇王の徒然なるままにぶれぶれ!]
 部屋を軽く掃除してバルサンを準備、セットして映画を観にいった。観る映画はブルー [続きを読む]

受信: 2008/08/01 22:22

» 「インクレディブル・ハルク」 哀しみを背負うヒーロー [はらやんの映画徒然草]
マーベル・コミックスの中でも特に有名なキャラクター、ハルク。 アン・リー監督で一 [続きを読む]

受信: 2008/08/02 06:22

» インクレディブル・ハルク [5125年映画の旅]
天才科学者ブルース・バナーは、大量の放射能を浴びる実験によって、怒りに反応して変身する巨人ハルクへと変貌してしまう。危険な力を恐れたブルースは、恋人を残し南米に逃亡する。一方米軍は、彼の力を利用しようと南米に部隊を派遣する。追っ手から逃れたブルースは、元....... [続きを読む]

受信: 2008/08/02 08:22

» 映画 【インクレディブル・ハルク】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「インクレディブル・ハルク」 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 おはなし: 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、実験中に大量のガンマ線を浴びて体質が変化。心拍数が200を超えると、緑の巨人ハルクに変身してしまう。彼を利用しようとたくらむ軍から逃げながら、必死に特異体質の治療法を探っていた。 2003年版は未見です。 導入部分の5分間の断片的な見せ方に始まって、前半30分間はとてもテンポ良く話が進みあっという間に物語に引き込まれてしま... [続きを読む]

受信: 2008/08/02 08:39

» 『インクレディブル・ハルク』 [ラムの大通り]
(原題:IThe Incredible Hulk) ※映画の見どころに触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって、何年か前にも映画になったよね。 確か、あのときはエリック・バナが主演で 監督が、あのアン・リー。 「うん。その昔は テレビシリーズ『超人ハルク』としても人気を博した。 怒りの感情と共に、 緑色をした巨大なモンスター、ハルクに変身する科学者の苦悩の物語。 今回は、そのハルクに 個性派エドワード・ノートンが扮したことで話... [続きを読む]

受信: 2008/08/02 09:58

» エドワード・ノートン版☆『インクレディブル・ハルク / THE INCREDIBLE HULK』☆ [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
前作の『ハルク』は緑の着ぐるみ状態で、それはそれはヒドイものだった。 でも本作のハルクはエドワード・ノートンだったから、これなら大丈夫!と鑑賞(^^) とはいえ、“演技派俳優”エドワード・ノートン、アメコミ・ヒーロー役なんてどうなの?って不安は多少あったけど...... [続きを読む]

受信: 2008/08/02 10:11

» インクレディブル・ハルク [Akira's VOICE]
怒らせたらエライ事になります。   [続きを読む]

受信: 2008/08/02 10:45

» インクレディブル・ハルク/The Incredible Hulk [我想一個人映画美的女人blog]
「バットマン(ダークナイト)」に「アイアンマン」「ハンコック」にこの「ハルク」と、 夏から秋にかけてヒーローもの続々登場{/ee_3/} 全部揃えて戦わせたらどれがいちばん強いのかなー?なんて考えちゃった。 あ、「カンフー・パンダ」も一応ヒーローもの?(笑) 誰もが認める演技派、エドワード・ノートンが、 CGで演技力をあまり問われないような「ハルク」に出演するってちょっと意外{/atten/} 主演のエドワード・ノートン&リヴ・タイラーが来日して行われた試写会に、 お友達のきらりん{/hi... [続きを読む]

受信: 2008/08/02 11:33

» [映画『インクレディブル・ハルク』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆最近、公開日が金曜の作品がちょくちょくありますね。 てな訳で、『インクレディブル・ハルク』を観に行った。 なかなか面白かったのだが、「これは!^^;」と言うパンチに欠ける作品だった。    ◇   ◇ いや、ハルク自体は、力任せの、「殴る」と言うよりも「無制限ブン回し」の姿が非常に良かった^^ 私は、前作の『ハルク』は未見なので、ハルクの「肉弾強力(ごうりき)」の様はとても新鮮だった。 クライマックスに現われるハルクの敵役なんて、ドシドシとパワーを漲らせて走るのはハルクと同じなんだけど... [続きを読む]

受信: 2008/08/02 16:51

» 「インクレディブル・ハルク /THE INCREDIBLE HULK (2008) 」 ジャパンプレミア [MoonDreamWorks★Fc2]
【インクレディブル・ハルク】2008年7月26日(土)公開 監督 : ルイ・レテリエ ... [続きを読む]

受信: 2008/08/02 18:16

» インクレディブル・ハルク [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!もちろん...... [続きを読む]

受信: 2008/08/02 19:00

» インクレディブル ハルク [象のロケット]
実験中に大量の放射能を浴び、驚異体質となった科学者ブルース・バナーは、感情が高ぶり心拍数が200を超えると、巨大な緑色のモンスター=【ハルク】に変身してしまう。 彼を軍事実験に利用しようとするロス将軍の追跡から逃れ、潜伏先で感情を制御する方法や、治療薬の開発に取り組むブルース。 協力的な科学者も見つかったが…。 超人ヒーロー・アクション。... [続きを読む]

受信: 2008/08/02 22:04

» インクレディブル・ハルク [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008/アメリカ 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン(ブルース・バナ−)    リヴ・タイラー(ベティ・ロス)    ティム・ロス(エミル・ブロンスキー)    ウィリアム・ハート(ロス将軍) なんでズボンが破けないのか?わかったわっ!!     ... [続きを読む]

受信: 2008/08/02 23:55

» インクレディブル・ハルク [江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽]
 アメリカ  アクション/SF/アドベンチャー  監督:ルイ・レテリエ  出演:エドワード・ノートン      リヴ・タイラー      ティム・ロス      ティム・ブレイク・ネルソン 【物語】  科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命....... [続きを読む]

受信: 2008/08/03 01:10

» 「インクレディブル・ハルク」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「インクレディブル・ハルク」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート、他 *監督:ルイ・レテリエ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバッ..... [続きを読む]

受信: 2008/08/03 06:05

» インクレディブル・ハルク [★YUKAの気ままな有閑日記★]
エリック・バナ主演の『ハルク』を面白いとは思えなかったし、ハルクのお話にあまり魅力を感じないので、別にリニューアル版を観る必要も無かったんだけど、エドワード・ノートンの隠れファンなので観に行ってしまいました〜【story】ブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は、緑色の巨人ハルクに変身する能力を隠して日々を送っていたが、ハルクの変身の秘密を知った軍人ボルンスキー(ティム・ロス)が怪人アボミネーションと化し、ニューヨークの街を襲う。恋人ベティ(リヴ・タイラー)と街を守るため、ブルースはハルクに変... [続きを読む]

受信: 2008/08/03 18:46

» 【インクレディブル・ハルク】 [日々のつぶやき]
監督:ルイ・リテリエ 出演:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 「科学者のブルース・バナーはある実験中に放射能を浴びたことが原因で、感情的になり心拍数が上がるとパワーアップして緑の巨... [続きを読む]

受信: 2008/08/05 11:56

» インクレディブル ハルク☆★ [銅版画制作の日々]
 エドワード・ノートンがアメコミヒーローに・・・・・。 8月4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。夏休みに入ったので、いつものような静かなシアターではありません。人・人・人!人だらけ・・・・・・。賑わっています。 マーベルコミックの人気ヒーロー「インクレディブル・ハルク」の映画化、そのハルクを演技派であるエドワード・ノートンが挑んだ。えぇ〜〜驚きですよね。ノートンのイメージから信じられないけど・・・・・。最初は少し抵抗もあったらしいです。でも違うことをやってみたいという... [続きを読む]

受信: 2008/08/05 17:24

» 映画「インクレディブル・ハルク」(2008年、米) [富久亭日乗]
    ★★☆☆☆  アメリカン・コミックの映画化。 原題は「The Incredible Hulk」。  科学者Bruce Banner (Edward Norton)は、 「人体強化プロジェクト」実験の最中、誤ってガンマ線を浴び、 心拍数が上昇すると緑色の巨大なモンスター「ハルク」に 変身してしまう体質になってしまった。 恋人のBetty Ross (Liv Tyler),を傷つけてしまったBannerは ブラジルへ身を隠すが、 Bettyの父親でもあるアメリカ陸軍の Ross (William... [続きを読む]

受信: 2008/08/06 08:04

» 「インクレディブル・ハルク」緑のモンスターの俊敏な動きは圧巻 [soramove]
「インクレディブル・ハルク」★★★ エドワード・ノートン、リヴ・タイラー 主演 ルイ・レテリエ 監督、2008年、アメリカ、112分 人体への放射能抵抗を研究中に実験事故に遭い、 大量のガンマ線を浴びてしまった主人公は、 感情が高まり心拍数が200を越える...... [続きを読む]

受信: 2008/08/06 08:07

» 『インクレディブル・ハルク』 (2008) / アメリカ <ジャパン... [NiceOne!!]
原題:THEINCREDIBLEHULK監督:ルイ・リテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート、ロバート・ダウニーJr.試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Story>ブルース・バナー博士(エドワード・ノート...... [続きを読む]

受信: 2008/08/07 01:03

» ★「インクレディブル・ハルク」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。 ... [続きを読む]

受信: 2008/08/07 04:25

» インクレディブル・ハルク(映画館) [ひるめし。]
その「力」、ためらうな。 [続きを読む]

受信: 2008/08/07 13:21

» 『インクレディブル ハルク』 [唐揚げ大好き!]
  その「力」、ためらうな。   ■科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた。ところがその研究実験中に事故が発生、多量のガンマ線を浴びたブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると約2.7メートル... [続きを読む]

受信: 2008/08/08 05:15

» 『インクレディブル・ハルク』 [Sweet*Days**]
監督:ルイ・レテリエ  CAST:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ウィリアム・ハート 他 研究実験の事故で心拍数が上がると緑... [続きを読む]

受信: 2008/08/08 17:52

» インクレディブル・ハルク The Incredible Hulk [いい加減社長の日記]
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/7953638976c0dabe030ff4a2a6ff8a83 の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。 他のブロ... [続きを読む]

受信: 2008/08/09 22:45

» 「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア [アートの片隅で]
「インクレディブル・ハルク」のジャパンプレミアで東京国際フォーラムに行って来ました。 当初はキャストの登場を予定していたのだが、来日が1週間遅れてしまった為、吹き替えを担当した水嶋ヒロのみの登場となりました。 知人から彼が登場するという話を聞いていたので驚きませんでしたが、知らなかった人も多かったのか会場の女性客は大喜びといった感じで黄色い歓声が、更に数人の方がステージに向かって走っていったのには驚きました。 どうやらそちらにも座席を確保していた人達だったみたいですねw( ̄▽ ̄;)w...... [続きを読む]

受信: 2008/08/10 18:03

» インクレディブル・ハルク [to Heart]
その「力」、ためらうな。 原題 THE INCREDIBLE HULK 製作年度 2008年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 112分 原作 ジャック・カービー/スタン・リー 脚本 ザック・ペン 監督 ルイ・レテリエ 出演 エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ティム・ブレイク・ネルソン/ウィリアム・ハート 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 {/book_mov/}科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の命令を受けて人体へ... [続きを読む]

受信: 2008/08/11 21:15

» インクレディブル・ハルク [miko's blog]
<あらすじ> 研究実験の事故で心拍数が上がると緑色のモンスター“ハルク”に変身してしまう、科学者のブルース。彼はその体質の軍事利... [続きを読む]

受信: 2008/08/15 13:16

» インクレディブル・ハルク [お萌えば遠くに来たもんだ!]
終りそうなのであわてて観てきました。 <有楽町スバル座> 監督:ルイ・レテリエ 原作:ジャック・カービー スタン・リー 脚本:ザック・ペン 科学者ブルース・バナーは、自分の体で行なった放射線抵抗の研究実験が失敗し、多量のガンマ線を浴びてしまった。その途端、ブルースの体は緑色のモンスターに変身、研究施設を破壊してしまう・・・。 いやー正に「ハルク」。 制御不能な力を手に入れてしまった所為で、追われる身となる主人公。 03年の作品は観ていないのですが、昔のビル・ビクスビーのテレビ版は観て... [続きを読む]

受信: 2008/08/16 01:27

» ハルクは激怒した ルイ・レテリエ 『インクレディブル・ハルク』 [SGA屋物語紹介所]
それは、いつ生まれたのか誰も知らない・・・ 暗い、音の無い世界で、一つの細胞が分 [続きを読む]

受信: 2008/08/16 08:18

» インクレディブル・ハルク [Movies 1-800]
The Incredible Hulk (2008年) 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート 怒りなどで心拍数が上がると緑色の巨人に変身してしまう男の活躍を描いたアメコミ・ムービー マーベル社はアン・リー監督の「ハルク」(2003年製作)がお気に召さなかったらしく、2度目の映画化となる本作を続編ともリメイクとも位置づけていない。両作を比べると、変身を苦にする男VS.それを利用したい軍という設定は同じで、終盤でのもう一体の巨人との戦いがあ... [続きを読む]

受信: 2008/08/16 17:07

» インクレディブル・ハルク [ダイターンクラッシュ!!]
8月15日(金) 21:15~ チネ10 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『インクレディブル・ハルク』公式サイト アン・リーの超駄作「ハルク」が公開されてそんなに経っていないのに、早くも作り直し。(当初は、続編としての企画だったようだが、明らかに無かったことにされている。) アン・リー版「ハルク」のゴム人形のような重量感の無い、なんかブヨブヨしたCGは、少しばかり重さが感じられるように進化した。まあ、CGバリバリのアクション映画というわけだ。かなり派手。 CGなん... [続きを読む]

受信: 2008/08/19 23:48

» 【2008-186】インクレディブル・ハルク [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。 [続きを読む]

受信: 2008/08/30 02:14

» インクレディブル・ハルク [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  2003年に上映された前作『ハルク』は、人間ドラマに焦点をあて過ぎ、ヒーローものとしてはかなり評価が低かった。それで今回は、続編ではなくストーリー・キャスト・スタッフを一新して製作されたようである。従ってハルク誕生シーンは、観客たちの周知である... [続きを読む]

受信: 2010/05/26 16:33

» インクレディブル・ハルク [こみち]
JUGEMテーマ:洋画nbsp; nbsp; nbsp; ◆超人ハルク nbsp;  アベンジャーズに登場したハルクを見て見たくて nbsp;  正月に「インクレディブル・ハルク」を見ました。 nbsp;  圧倒的に強いハルクに立ち向かうアメリカ陸軍。 nbsp;  ブルースは、ハルクに変身しても nbsp;  ロス博士を守ることは、覚... [続きを読む]

受信: 2013/01/03 08:15

« 「カンフーパンダ(字幕版)」みた。 | トップページ | アニメ 『西洋骨董洋菓子店~アンティ-ク~』 *レシピ3*ちょこっと感想 »