« 雑感:コードギアスR2 (TURN20) | トップページ | 「コードギアス 反逆のルルーシュR2 O.S.T.」 »

2008/08/25

『ハリーポッターと死の秘宝』読了。

Harrpotter7 日本語訳の発売から1ヶ月。読み終えるまでにかなり時間が掛ってしまったが、漸く”ハリーポッター”シリーズの完結を迎える事が出来た。7巻も(私には)長かった~~。
最初の頃はワクワクサクサク読める作品だったが、ハリーが成長し、思春期に入った辺りからやけに感情の起伏が激しいハリーになってしまい、腹を立てている描写がやたらと増えはじめ、少々うんざり。6巻ではカナリの成長も見られ落ち着いたかと思いきや、7巻も上巻は元の黙阿弥となっていた。(以下、スバリなネタバレはなし)

ハリーらはダンブルドアに遺言により、しなければならないことはハッキリと分っているのに、何をどうしていいのか分からず、八方ふさがりに鬱憤がたまりっぱなし。ひとり、ふたりと仲間が減りはじめジリジリと追い詰められていく不死鳥の騎士団。足踏み状態が続き焦躁感が募らせるハリーらのピリピリした気持は理解できるが、ハッキリ言って読んでいて楽しくはない(時間がかかった理由はそこ)。しかし、これまでの経緯から上巻が面白くないのは毎度のことで、とにかく下巻にたどり着きさえすれば、苦労は報われると信じて、投げ出したりはしないし、投げだしてはいけないと思うところ。”ハリーポッター”シリーズは、張り巡らされた伏線と伏線の回収が良くできた作品。そこを読み飛ばしてしまったら、ラストの面白さは半減してしまう作品だからね。(実際は、右往左往に堂々巡りが下巻の半分まで続くので、なかなか報われないのだが)。
下巻も半ばを過ぎ、いよいよ佳境に入り始めれば後はノンストップだ。世界で7巻が発売される以前に、原作者の口から「ハリー・ロン・ハーマイオニー、3人の内の誰かが死ぬ。」と公表されていた。最初から「いつ?誰が?どんな形で?」と思いながら読んでいたわけで、下巻半ばまでは3人とも無事と思えば、さらにページを重ねつつ、事が起こる都度ドキドキすることになる。(ちなみに私は目星をつけていた。結局アタリでありハズレでもあったけど)。
最終決戦はお見事。最後の最後まで伏線は生きていた。悲しい事も沢山あったけれど、このような結末が読めたことを本当に嬉しく思う。そして、ずっと気になっていたのがダンブルドアとスネイプの事。ダンブルドアの復活を信じ、スネイプには2重スパイの希望を捨てていなかった私だ。(守護霊にニヤリ)。最終的に2人の真実はこの物語の肝であり、これらがしっかり描かれていた事が何より良かった。
エピローグでは、もっと大勢の登場人物のその後を描いて欲しかったが、このようなエンディングに言うことはなし。それでも”ハッピーエンド”とだけ言っておこうかな?happy01

ハリーの活躍にはもちろんだけど、最大の功労者の栄誉を、私はドビーにあげたいと思う。そしてルーナがとても大事なところでハリーの支えになっていたね。ネビルの成長も目覚ましく、まごうこと無きグリフィンドール生だった。あっぱれ!

|

« 雑感:コードギアスR2 (TURN20) | トップページ | 「コードギアス 反逆のルルーシュR2 O.S.T.」 »

コメント

こんにちは♪
やーっと読み終えました。
今回は特にページをめくる手が遅くて・・・・(汗)
下巻に入ったら一気に読めたんですけどね。

今回印象に残ったのはもちろんスネイプが一番なんですけど、ルーナやドビーやネビルでした。
ドビーのシーンなんてかなりグッときました。
このシリーズに関しては映画と原作が絶妙の(微妙な?)タイミングでリンクするので、登場人物はその俳優さんたちを思い浮かべてしまいますよね?
最終話のスネイプ=アラン・リックマンが見たくてたまらないです~。

投稿: ミチ | 2008/09/02 19:46

■ミチさん、こんにちはsun
>今回は特にページをめくる手が遅くて・・・・(汗)
私もいつも遅いけれど、今回は次々に逝っちゃいますもんね。気がめいります。

ドビーがなかなか登場しなかったのでどうしたかと思ったら、なんと!思わず泣いちゃいました。

>登場人物はその俳優さんたちを思い浮かべてしまいますよね?
もちろんです(^^)彼ら以外目に浮かびません。特に今回は金髪のドラコ君(役の子)がなんだか不憫で、不憫で。。

>最終話のスネイプ=アラン・リックマン
見ものですねー。でも適役です!!

投稿: たいむ(管理人) | 2008/09/03 18:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/42270237

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハリーポッターと死の秘宝』読了。:

» ハリー・ポッターと死の秘宝 [Akira's VOICE]
J・K・ローリング 著  松岡佑子 訳  [続きを読む]

受信: 2008/08/26 15:06

» J・K・ローリング著「ハリー・ポッターと死の秘宝」感想 [Wilderlandwandar]
「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)やっと読み終わりました、いや長かった [続きを読む]

受信: 2008/08/26 21:58

» 「ハリー・ポッターと死の秘宝」(上・下) J.K.ローリング [ミチの雑記帳]
{/book/}「ハリー・ポッターと死の秘宝」(上・下) J.K.ローリング 発売日当日に手に入れたにも関わらず、読了までにこんなに時間がかかってしまいました。 夏休みとかお盆が間に挟まったということもありますが、これがハリーの最後のお話と思うと読み終わるのが勿体無い気もしたし、上巻の冒頭にヘドウィグ(ハリーのフクロウ)が呆気なく死んでしまったことで最終巻で命を落とす人物がいかに多いかを想像してしまったからということもあります。そして、最終決戦を控えているせいか、全体的にピリピリした空気が漂ってい... [続きを読む]

受信: 2008/09/02 19:43

« 雑感:コードギアスR2 (TURN20) | トップページ | 「コードギアス 反逆のルルーシュR2 O.S.T.」 »