« アニメ 『西洋骨董洋菓子店~アンティ-ク~』 *レシピ4*ちょこっと感想 | トップページ | 『別冊 図書館戦争Ⅱ』 有川 浩 〔著〕 »

2008/08/09

金曜プレステージ「バットマンビギンズ」

Batman_begins 先行で観た『ダークナイト』がとても良かっただけに、オリンピックそっちのけで『バットマンビギンズ』を視聴。まさしく”ビギンズ”。『ダークナイト』が(全シリーズでも)”初バットマン”の私だったが、”続編”という感覚がほとんどないまま楽しめた映画だった。遡って見ることにはなったが、アナキン・スカイウォーカーでも、ハンニバル・レクターでも、映画として後から”誕生秘話”が制作された作品が多々あったことからも、全くそれに近いイメージで楽しむことができた「ビギンズ」だったと思う。

ひとつだけ、『ダークナイト』で一番迷ったのがレイチェルがバットマンの正体を知っているか否か。もちろん途中で「レイチェルは知っている」という決め手がある為、それ以降は確定情報として鑑賞できたのだが、その場面までのレイチェルのバットマンに対する言動の解釈は、決め手に欠けていた時と今とでは、若干違ってくるのではないかと思う次第。
ブルースの過去と幼少時のトラウマ。どこか荒んだ(しかも傲慢な)青年に成長し、”正義”を名乗る「影の軍団」(渡辺謙ではなく千葉真一なら爆笑したところだが)に基礎を鍛えられたブルースだったというのが驚き。だからこそ真逆な”不殺のバットマン”が誕生したのだろうか。・・とはいえ「殺さないが、救わない。」がいいねー。なんだかスッとした。(ああ、やっぱり私の心には闇がっ!)。
ブルースは高潔ではあるけれど清廉潔白とも違うようだ。まずアルフレッドが嘆いていたが、レイチェルを理由に無謀と破壊の限りを尽くしている。そして緊急を有するとはいえモノレールでも破壊は繰り返されている。内情を知らされない市民から「バットマンは過剰な自警行為で自己満足。」と嫌われてしまうのも道理かもしれない。最初、嫌われる理由が分からなかった『ダークナイト』だったが確かに納得できる。また、その為にレイチェルが容易に近づかないのも頷けるところとなった。
バットスーツやバットモービル他小道具の数々の原型が最初からあったモノというのが驚き。お蔵入りした高級商品という設定が面白い。完全武装で守られた能力者ではない、鍛えてはいるけれど中身はただの人間。やはりこれが「バットマン」の肝かな。

サーチライトの意味もわかったし、最後に登場した”ジョーカー”のカードには、「なるほど」とニヤリ。それほど重厚さはないけれど、ポイントの詰まった濃ゆーい作品。改めて順番はあまり問題がないとは思ったが、両方観たほうがより楽しめるといった感じだね。
折角だし、となんだかもう一度『ダークナイト』と観たくなっちゃったな~。

|

« アニメ 『西洋骨董洋菓子店~アンティ-ク~』 *レシピ4*ちょこっと感想 | トップページ | 『別冊 図書館戦争Ⅱ』 有川 浩 〔著〕 »

コメント

お言葉に甘えてこれからもお邪魔します。(T▽T)

『ダークナイト』まだなんですよ〜。でもビギンズ、お気に召したようで嬉しいです。公開当時も意見が別れる傾向にあったんですよ…それだけティムバートン“バットマン”のファンも根強くて。
もちろんティム版のアクの強さも大好きなんですが、私みたいに理屈好きにとっては、せめてちゃんと道を曲がれる万能カーであってほしかったもので、唯一とも言えるその不満点がこの作品で全面解決したのが嬉しくて。

だってバットマン、ハイテクメカあっての超“凡人”ですもんね。
まあ、渡辺謙ファンの私としては、「モーガンじいちゃん、めっちゃ美味しい役柄やなー。謙さんにもちょっと分けたってーなー」がありましたが。

てなわけで、三年前の記事ですがトラバさせていただきました。

投稿: よろ川長TOM | 2008/08/09 14:32

こちらにも~~♪
おお!良かったあ\(^O^)/
たいむさんが気に入って下さって^^
実は私は、その年公開された作品のNO.1に
していた作品だったので、たいむさんの感想
気になってしまって(^^ゞひやひやもんでした(笑)

重厚さはダークナイトには及びませんが
この作品もよくできていますよね^^
ラストのジョーカーは、本当にニヤリと
してしまうんです(^^♪

千葉真一=影の軍団、受けましたあ(笑)

投稿: ひろちゃん | 2008/08/09 18:36

■よろ川長TOMさん、こんにちはsun
リメイク作品の位置づけなのかな?
「ダークナイト」を含めて、私は非常に秀作と思ったので、あえて旧作を見たいとは思いませんが、先行作品に思い入れがあるのは一般的なことだし、意見が分かれるのもわかる気がしますね。

>「理屈好き」
それは私にも言えることなので、それでかーと今思いました(^^)時系列はともかく、きっちり筋道だてて構成されている作品は気持ちが良いですよね。
超“凡人”があくまでも超“凡人”ってところも気に入りました(^^)

モーガンは美味しい役でしたね。実は窓際だったと知って今回ちょっと嬉しかったりしましたがw

「ダークナイト」は深いです。ぜひお早めに!(早い遅いは無関係だけどw)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/10 01:06

■ひろちゃん、こんにちはsun
感想を書くかな?書かないかな?とか言っておきながら、しっかり書きました。
先入観念は多少ありましたが良かったです。食わず嫌いも考えものですねー(^^;

それにしてもその年のナンバーワンでしたか。その年、他に何があった浮かびませんが、私も観ていたらきっと上位に入った気がします。
でも、たとえ私が何と言おうと、ひろちゃんが自信を持って№1にしたのならばそれで良いのじゃないですか?それに「ダークナイト」に及ばないのではなくて、それだけ「ダークナイト」が進化した形で発表されたと考えるほうが自然な気もしますよ。「ビギンズ」は始まり。序章ですものね(^^)

>千葉真一=影の軍団、受けましたあ(笑)
なんだか忍者風の格好も似てましたよね?オマージュかと思ったもの(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/10 01:13

こちらにもお邪魔します♪
ちょっと古い記事なのでTBするのが恥ずかしいのですが、、、勇気を持って参上しました(笑)

私は昔のバットマンはイマイチだったのですが、ベールのバットマンは面白かった!と思いました。
何たって翳がある役が似合うのよ~ベールはheart02
それに豪華キャストも良かったし、世界観もなかなかでしたよね~
コチラはダークナイトに比べるとお話はアメコミですが(汗)、ちゃ~んとバットマンの誕生秘話の辻褄が合っていて面白いと思います。
ラストのジョーカーのカードが繋がっていて、、、これを観るともう一度ダークナイト観たくなりますね!

投稿: 由香 | 2008/08/11 22:48

■由香さん、こんにちはsun
絶賛記事拝見しました!
当時一緒に盛り上がれなかったのが残念な気がします(笑)

確かにアメコミなのですが、バットマンである限り、これがなければ始まりませんしね。けれど、ここがしっかり作られているので、ほとんど説明らしい説明がなくても「ダークナイト」は違和感なく観ることができたのだと納得できました。

ますます観たくなってますが、お盆なんです。「SW」もあるんです。厳しいです(><)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/12 17:41

たいむさん、こんにちは。

もう3年前、なんですねぇ。先日、ある事情(ってバレバレか)
があってDVDで再鑑賞しましたが、やっぱりよくできていた作
品でした。でも、トムさんの奥さん(当時は婚約者だったのよ
ねぇ…)は、やっぱり検事には見えなかった(笑)。

そういえばたいむさんは、「レイチェルがバットマンの正体を
知っているか?」で迷ったそうですが、わたし、あまりに情報
をシャットアウトしすぎて、『ダークナイト』におけるマギー
・ギレンホールの役が、「レイチェル」だっていうのを、レス
トランのシーンまで気がつきませんでした。(>_<) ほんとに
降ろされちゃったんだな、トムさんの奥さんは。(^^ゞ

当時は「アメコミにリアリティは必要ない」派と、「いや、こ
の作品はリアリティを追求したから成功した」派で、割れたよ
うな記憶が。懐かしいなぁ。


しかし、「続編はなくてもいいかなぁ」と思ったんですけどね、
当時は。まさかあんな(以下、近日公開)。

投稿: ラフマニノフ | 2008/08/15 16:43

■ラフさん、こんにちはsun
ほんとに、これから出かけるんだってのにぃ~~

レストランまで気がつかないというのもスゴイですね。何もしらない私でさえ、弁護士の彼女はブルースと曰くつきに思っていたし、名前も何度も出ていたのですけどねぇ(^^;
選手交代はうっかり錯覚させるかもしれませんが。

>当時は「アメコミにリアリティは必要ない」派と、「いや、この作品はリアリティを追求したから成功した」派
なるほど!
私はきっと後者で賞讃かな?ますますリアリティに溢れた「ダークナイト」が最高って思いますもん。

>(以下、近日公開)。
久々の蘊蓄楽しみにしてますよ!


投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/15 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/42108778

この記事へのトラックバック一覧です: 金曜プレステージ「バットマンビギンズ」:

» 『バットマン・ビギンズ』シリーズ中、最高に面白いバットマン! [よろ川長TOMのオススメ座CINEMA]
最も面白い脚本、最も細部までリアリティにこだわったバットマンの、まさに最高傑作です。隅々まで納得のゆく設定、今までのシリーズのイメージを見事に打破した全く新しいオトナな作品に仕上がりました。さあ、ネタバレなしでお話しましょうね。... [続きを読む]

受信: 2008/08/09 14:24

» バットマン・ビギンズ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
『バットマン』シリーズはイマイチ好きじゃない。でも、クリスチャン・ベールはカッコイイから観ようかなぁ〜とも思っていた。念願叶い、WOWOWで鑑賞―【story】大富豪ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は、幼い頃に目の前で両親を殺された。彼は、自分の恐怖心が両親の死に繋がったのだと思い悩み、悪を憎むようにもなっていく。やがて成長したブルースは、恐怖心を克服し、悪を倒すための修業にでる。そこで出会ったラーズ・アル・グール(リーアム・ニーソン)率いる『影の軍団』の下で修業し、心身共に鍛え上げていく... [続きを読む]

受信: 2008/08/11 22:43

» 『バットマン・ビギンズ』を観た [TV視聴室]
ネタバレありませんが、情報シャットアウトの方は読まない方がよいです。 [続きを読む]

受信: 2008/08/15 16:31

» バットマン・ビギンズ [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 実を言うと「バットマン」シリーズは大好きなんです。特にティム・バートン監督の「バットマン」と「バットマン・リターンズ」が好きなんですが、この「バットマン・ビギンズ」でバットマンを務めるクリスチャン・ベイルが会見で「これまでのバットマンは観てません」と....... [続きを読む]

受信: 2008/08/19 17:23

« アニメ 『西洋骨董洋菓子店~アンティ-ク~』 *レシピ4*ちょこっと感想 | トップページ | 『別冊 図書館戦争Ⅱ』 有川 浩 〔著〕 »