« DVD「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」みた。 | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(6/11号・・図書館戦争) »

2008/06/10

BS2『カウボーイビバップ』終了。

毎週2本立てで全26話が3ヶ月余での終了。それはそれでおいしかったが、もっとじっくり味わいたかったような感じもある(良い作品なだけに)。でも最終回「ザ・リアル・フォーク・ブルース」の前後編を一気に観られたのは良かった。12・13話で分断された「ジュピター・ジャズ(前後編)」はとても待ち遠しかったから。それに13話のラストには、どっぷりと余韻に浸りたい気分になるのに、即14話がはじまって、なんだが台無しになっちゃったのは勿体無かったしね。(26話での「♪BLUE」の余韻は申し分なし)
コメディからシリアスまで。ビジネスにファミリーにラブ、ギャンブルにアクションに癒しまで、たったの26話にあらゆるジャンルが凝縮。まるでおもちゃ箱のような作品で、大いに堪能!大満足♪

Cb8 ・・とはいえ、ラスト3話の余韻は引きずるね。24話で、エドが「bay-bay」しちゃったのが特に寂しい。
最初はむさい男2人だけのビバップ号。まずアインを拾い、次いてフェイが我がもの顔で居候。遂にはエドまで押しかけて、いつも腹ぺこビバップ号。いつしかビバップ号は行き場のない彼らのマイホーム。着かず離れずでバラバラなのに、妙にチームワークの良い彼らが大好きだ。
・・でも、楽しいだけの日々は続かない。必ず別れの時はやってくる。ずっと同じではいられない、ってわかっているから誰も引き止めないし、探さない。エドの旅立ちは、父親との再会が引き金になったが、それも単なる切っ掛けでしかなく、エドが自分で気が付いて決めた事。エドの可能性を良く知る彼らは見送るしかないよね。それでも、いざその時が訪れると喪失感でいたたまれなくなるもの。
勝手気ままなフェイを黙認していたのも同じ事。ただしエドとは違ってフェイは暗黙の了解の範疇。もともとふらっと迷い込んできた猫のようなフェイ。出て行ったところで「腹が減ればそのうち帰って来るさ。」と席だけそのまま空けて置く。だってホームだもん。それもこれも、全てはジェットの懐の大きさによるもの。みんな凄く感謝しているよね、本当は。
エドが姿を消しても、いつもどおりに準備される4人分の食卓。寂しいだなんて死んでも口にしないスパイクとジェットだけど、不貞腐れた食べっぷりからヒシヒシと気持ちが伝わってくる。エドからスパイクに手渡された”風車”はそのままエドであり、スパイクであり、フェイなのだと思った。決して悲しい別れじゃないのに涙涙の24話だったweep

Cb9そして最終話。ジュリアが生きている以上は必ず現れると思いつつも、最後まで登場しなくても良いのでは?とも思っていた。結論としては、姿を見せたジュリアで良かったと思う。夢の終わり。あえてジュリアをフェイに絡ませて登場させるところが憎い演出だが。
フェイがスパイクに惹かれているのは間違いないが、スパイクは薄々気が付きながらもワザとかわしている風に思っていた。実際スパイクの過去はそれだけ重いモノだったし、過去を清算できずにいたスパイクは、自ら未来をも閉ざしていたしわけだし。・・でも、スパイクがジュリアを愛し続けていたかというと、ちょっとわからない。3年は決して短くはない ブランクであり、時は戻らないから。ただ、全てに納得の行く終わりをずっと欲していたんだよね?って思いたい。だから、例えばフェイが素直に「行かないでっ!」と口走り、懇願したところでスパイクを止めることは絶対に出来ないってだろうなってね。みんな辛いけどそれならばスパイクを尊重するしかないから。
それでも、止めずにいられなかったフェイに泣けた。自分をさらけ出しプライドまでもなげうった最後の抵抗がめちゃめちゃ痛々しかった。フェイを制さないジェットにも同じく。スパイクの良き理解者の道を選んだジェットでさえ、内心は穏やかなはずがなく、送り出すばかりのジェットこそが一番辛いよね、って思うもの。
Cb26_2・・・にしても、カッコ良すぎだよ、スパイク!
「醒めない夢をみているつもりだったんだ。」
・・・たぶんそれが本音で望み。でも夢は醒めて悪夢だけ残ってしまった。エドの旅立ちと風車にはそういう意味もあったんだね。
「死にに行くわけじゃない。俺が本当に生きているかどうか、確かめに行くんだ。」
・・・その結果が、何?自分だけ満足しきったその顔は!ちゃんと生きていたんだなって?・・・ズルいよ。認めたくない。私はそんな結末許さないぞっ!
とはいえ、憤ったところで仕方が無し。終わるならそれしかない気がするし。。。けれど個人的には、もっと曖昧な終わり方にして欲しかったとも思う。ジュリアの言葉も想像に任せにするとか(どちらが親切かでは賛否になるけど)。やっぱり希望の残るラストが好きだから、夢から醒めて決着をつけたけれど、もっと現実と未来を生きて欲しかったなって思うんだよね。

ざーっとひととおり観た感想ではこの位が限界。もう何度か観ると、また違った何かが見えてくるかも知れないので、繰り返し観ようと思っている。とりあえずはまだ劇場版が残っているし、また別の彼らが観られると思うととても嬉しい限り。コチラは早々に取り掛かろーっとw

|

« DVD「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」みた。 | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(6/11号・・図書館戦争) »

コメント

お疲れさまでした。
こういう良質な脚本、卓抜した作画を観てしまうと、もうちょっとやそっとの作品ではなかなか満足いかなくなってしまうのが困ったところ。
たとえそれが大資本を投じた世界的な映画だとしても。

でもこの作品に出逢えたことは幸福以外の何ものでもありませんね。

投稿: よろ川長TOM | 2008/06/11 09:26

■よろ川長TOMさん、こんにちはsun
>もうちょっとやそっとの作品ではなかなか満足いかなくなってしまう
ありますねー。やっつけ仕事のような作品には嫌悪感すら・・・(笑)
でも、この作品がサンライズでバンダイビジュアルって意外ですよね(^^;

私も出会えて幸せです。今後は布教活動かなー(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/06/11 21:49

続けて失礼します
わたし思ったのはスパイクって死にたくても死ねない特異体質なんじゃないかなーって
だって普通に考えたらあの男五回くらいは死んでますよね(笑)
ただ最終回で『百万回生きた猫』の話が出てきたことを考えると、あそこでやっとスパイクは死ねたのかな・・・と
いや、そうであって欲しくはないんですがcoldsweats01

マイベストエピソードは『堕天使たちのバラッド』とマッシュルームでラリりまくってた話です

投稿: SGA屋伍一 | 2008/06/19 22:37

■SGA屋伍一さん、こんにちはsun
こちらにもありがとうございます!

そうですねー死んでますね~。スパイクはジャックバウアー並みに不死身ですねw(^^;
『百万回生きた猫』と星の話で、「ああ・・」って確かに思いましたね。
スパイク自身も「オス猫」には自分を重ねていたようだし。だけど「俺はコノ話が嫌いでね。」には私は希望を持ったんですよ。スパイクは「自分は違うんだ」って証明したかったように思いました。思いたかったかな? (結局は「猫が嫌い」で誤魔化されちゃったけど)
でなきゃ、ずっと夢の中で女と死場を求めていたみたいで、そんなの悲しいですよね。

>いや、そうであって欲しくはないんですが
やはり、ソレが本音ですよねー(^^)

>マイベストエピソード
>『堕天使たちのバラッド』
私もコレが№1です!実は。
なんといってもこの話を最初に見て、ビバップにオチましたから(^^)
あとは、『ヘヴィ・メタル・クィーン』やビバップ号の悪夢(謎の宇宙生物w)も好きです!
作品はどれも良くって甲乙つけがたいのが本当ですが。ピンポイントを言い出すとキリがありません。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/06/20 01:44

はじめまして♪♪カクテルはXYZ申します。
いきなりですみませんw

カウボーイビバップ!!!
私も大好きなアニメです☆

『堕天使たちのバラッド』は私も
大好きな話です。
スパイクかっこよすぎる!!
あと、最後にジュリアとフェイを重ねている
演出が良かったです。
でも「音痴‥」って(笑)。


最終話はすごくショックでした‥。
やはりスパイクは死んでしまったのですよね。


このアニメはほんとにクオリティが
高くて素晴らしいと思います。

子供よりも大人が見て楽しめる作品ですよね。


劇場版も内容が濃くて作画や音楽、声優さんも
素晴らしくて、とても良かったです!

投稿: カクテルはXYZ | 2008/08/04 13:05

■カクテルはXYZさん、こんにちはsun
何年たとうが名作は名作ですよね。
アメリカでは日本の比ではないくらいに未だに人気のとのこと。ハリウッドでの実写化構想もあるとのことですよ(それは微妙だけど)

>やはりスパイクは死んでしまったのですよね。
気持ちとしては認めたくないのですが、最高の幕切れだったと思います。

作画も、内容も、音楽も大人好みでしょう。特に管野さんの音楽は格別です。
劇場版も見ましたが、最終回を裏付ける内容だったように思います。もう一度見たらレヴューをと思っていますが、なかなか時間が・・・。
全巻DVDを仕入れてしまったのでいつでも見放題なのですけどねー(^^;

私も遅ればせながらですが、良い作品に出合えてよかったと思っています。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/04 20:07

お返事ありがとうございます!

ハリウッドでの実写化は微妙です‥
アニメの出来が良すぎるので。

DVD全巻買ったんですか!すごいですね♪
うらやましいですw

映画のレヴューもぜひ書いてくださいね☆

あと、こちらのブログを自分のブログのリンク
に登録してもいいでしょうか?

投稿: カクテルはXYZ | 2008/08/04 22:43

■カクテルはXYZさん、再びありがとうsun
なんでも実写化すればいいってものではないですよね。でも、まだ企画段階とのことで、実現するかはわからないそうです(^^)

映画のレヴューは、半分は書きあがっているのでそのうちにアップします。今月中には上げたいのだけどな~。

リンクは一応フリーにしています。こんなブログでよろしかったらどーぞどーぞ。カクテルはXYZさんのところには後ほどお邪魔させていただきますね。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/05 21:15

ありがとうございます♪
このブログはいろんなレヴューが
丁寧に書かれていて、面白いです♪
リンクに貼らせていただきますね!
私のブログは変ですが‥
ぜひ来てくださいね☆

投稿: カクテルはXYZ | 2008/08/05 21:42

■カクテルはXYZさん、こんにちはsun
面白いと言って戴けてありがとうございます。
これまでにも覗いてくださっていたのかな?
これからも時々見てやってくださいな。
いろいろな意味で「別人?」って思えるようなギャップを感じるかもしれませんが(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2008/08/06 22:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/41492381

この記事へのトラックバック一覧です: BS2『カウボーイビバップ』終了。:

« DVD「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」みた。 | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(6/11号・・図書館戦争) »