« これは、いくらなんでも酷いのでは? | トップページ | DVD『xxxHOLiC◆継』第一巻 »

2008/06/25

「奇跡のシンフォニー」みた。

August_rush 原題「AUGUST RUSH」って、実は「オリバー・ツイスト」って読む?(笑)
予告編以外の情報を仕入れていないので、邦題とはかけ離れた「8月の賑わい?」が何のことやらと思っていたら、人名だったとはね。それにしても、何故邦題を「AUGUST RUSH(オーガスト・ラッシュ)」にしなかったのだろう?「奇跡のシンフォニー」はストーリー的には間違いじゃないけど、「シンフォニー(交響曲)」じゃないし・・・。親子の「起承転結」って意味かしら?(笑)

邦題からのイメージとフレディ君主演から、もっともっと浮き沈みの激しい泣かせ要素タップリのボロ泣き映画かと想像していたが、思いの外軽くてちょいと肩透かし。子供主演の泣かせ作品は苦手分野だから結果オーライっぽいが、そう言うには少し物足りなかったかな。例えば、親子のすれ違いはハラハラドキドキが欠けていたし、ラストも”暗黙の了解”じゃ喜びきれないよね。折角だし、もっと盛り上がった親子の・・ねぇ(笑)
それにしても、主演はまったくの別人とはいえ、この作品はまるで音楽版『オリバー・ツイスト』だよね?最初に出会った引き取り手が”悪人タイプ”ってトコロなんかまさしく。時代背景であり、境遇もそれほど過酷に見えないから、全体的に明るくて、音楽に邁進していくエヴァンの演奏が楽しくて、聴き入ってしまうことになるけれど。
ゴスペルの女の子がパワフルだったなぁ。あの小さな身体のどこからあんな声が出てくるんだろう?その女の子から音符と楽譜を教えてもらい、エヴァンが一気に開花するところは嬉しくなってしまった。天才ってすごいね。(それにしても今年は”絶対音感”が流行りだな・・^^;)
そして、そうとは知らないルイスとエヴァンの親子セッションがとても良かった。息の合った演奏はやっぱり親子だなーってね。また、ライラとエヴァンが、共に誕生日からの日数を数えているところは出来すぎだけど、こちらも親子だなーって思うところでちょっぴりグッと来た。
クライマックスの「オーガストの狂詩曲」は独創的で幻想的だったけれど、いつ終わるのかも分らなくて、音楽としては陶酔出来ず。どちらかといえば親子の対面に気持ちが持っていかれてロクすっぽ聴いてなかったとも言え、どちらにしても勿体無い感じだったかな。
あっさりしていてアクが強くない分、感情の揺さぶれ方も小さく、楽に愉しめる作品だった。

総評:★★★☆☆++  好き度:★★★☆☆++  オススメ度:★★★☆☆++ 

ところで、親子はあの後どうなったのかなー。

|

« これは、いくらなんでも酷いのでは? | トップページ | DVD『xxxHOLiC◆継』第一巻 »

コメント

たいむさん こんにちは♪

あ~そっかぁ~F・ハイモアクンって「オリバー・ツイスト」の子だったんですねぇ。
意外と私、彼は初見でした!

私もあのゴスペルを歌ってた少女がすごいなって思いました。
天性に備わった声とリズム感ですよねぇ。

映画全体としては感動が薄かったです。
結構、泣いてたお客さんもいたみたいですが。

投稿: なぎさ | 2008/06/25 14:22

■なぎささん、こんにちはsun
>F・ハイモアクンって「オリバー・ツイスト」の子
イエイエ違います!!
勘違いしちゃうような書き方しててごめんなさい。
作品が「オリバー・ツイスト」だなって意味なんです。(ってことで、記事は捕捉しました)
雰囲気はちょっとありますけど、別人です!!

私も映画全体としては「邦題負け」かな?って思いました。あまり入り込めないと言うか、とにかく良くも悪くも上っ面な感じ。
悪くはなかったですけど。

女の子はコンサートにも抜擢♪
正にエンジェルでしたね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/06/25 16:39

「オリバー・ツイスト」って未見なんだけど、
お話似てるんですね。
他の方もそうおっしゃってました。
それにしてもエヴァンって絶対音感もそうだし、
すんげぇ作曲家の才能も演奏家としての才能もあるんだよね。
羨ましい。

投稿: miyu | 2008/06/25 17:01

ベタベタなので、最後にはどういう再会の仕方をするのか?という興味だけ。それでも満足できたのは、音楽がメインだったからかな~
セッションのシーンって、音楽映画にはかなり出てくるのですが、心に響くものが多いと思うんです。一番好きなセッションシーンは『ベニイ・グッドマン物語』だったりします。

投稿: kossy | 2008/06/25 18:49

こんばんは☆
先日は楽しかったです♪ありがとうございました。改めて今後ともよろしく♪・・・といった新鮮な気持ちでコメント。笑
あー、私、ちっともオリバー思い出さなかった;
でも言われて見れば確かにそっくりな映画ですねえ;
映画としてなら多分私はオリバーツイストが好きなのだと思うのですが、やはり音楽映画な本作の方がどうしても感動的でした;
たいむさん的にはラストシーンが頂点にくるような盛り上がる音楽と演出が欲しかったという感じ?ですかね。
邦題も「奇跡」とつくものに奇跡を感じない作品って結構あったりなんかして; 命名した方にその経緯をきいてみたいですが。。。
単純に親子だなーと思うところに私も心の琴線を刺激されてグッときましたです。

投稿: シャーロット | 2008/06/25 21:20

たいむさん、こんばんは。
やっぱり、『オリバー・ツイスト』がダブりましたね。
あの、歌の巧~い男の子についていく時点で、ひょっとして、と思ったら、やっぱり!
いろいろ言おうと思えば言えるんですけど、今回は筋書きがどうでもよくなって…
ひとえに、フレディくん(大好きなのですよ、あの可愛さ)がとっても楽しそうに演奏してたのと、
予想以上にジョナサンが素敵だったので、勢いでサントラ買ってしまいました(笑)

サントラの解説によると、
屋上で2人が出会った時の歌に入っていた口笛、ロビン・ウィリアムズ本人とい噂もあり、とか。
やっぱり、あれはウィザードだったのでは?

投稿: 悠雅 | 2008/06/25 22:25

■miyuさん、こんにちはsun
>オリバー・ツイスト
もっと時代が古くヨーロッパのお話なのでちょっと暗いけれど、いいお話です。
映画もとても良かったで、是非お試しください。(時々BSあたりで放送もされています)

天才の話となると、もう羨むしかありませんね。幸せはそれだけで測ることは出来ませんがw


■kossyさん、こんにちはsun
セッションシーンは、映画に限らずワクワクしますよね。何より、演奏者が心から楽しんでいるのが伝わってくるからでしょうか。
先ほどナビ番組を見ましたが、ココは本当に楽しかったと、2人とも(特にフレディ君)が言ってました。まるまる吹替えではなく、かなり頑張ったようですね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/06/25 22:29

■シャーロットさん、こんにちはsun
面白かった!などと口走ってしまう私でごめんなさい(爆)
私もとても愉快な数時間でした!

>あー、私、ちっともオリバー思い出さなかった;
えー、アレで思い出さなかったのですか???
ソレはともかく、音楽満載(45曲とか)の割には、強く耳に残る曲がなかったと言うか、(逆に多すぎ?)みんな短くってね。セッションが一番燃えました。
ラストの音楽はあれでも7分だったとか。なのにメロディーひとつ思い浮かばないのはなじぇ~?(笑)

「奇跡」は起きないから「奇跡」と頭に焼きついてますので、タイトルからしてありえないんです(笑)勉強不足の命名者には、お伺いを立てるどころか、即懺悔してほしいっす(爆)

そうそう、つい先日お話したばかりですが、ミチさんとの感想が被りまくっているこの記事です。どーぞ笑ってやってください(^^)

■悠雅さん、こんにちはsun
>ひょっとして、と思ったら、やっぱり!
ホントホント!その後分かれて、いい人とであって、でも連れ戻しに来るあたりもドンピシャ。両親のパラレル物語がなければ、まんまですよね。
音楽(主題歌)は大好評のようですね。何度も聴けば覚えてもっともっとグッと来る映画になるかもしれません。(私は知らない曲より知っている曲の方が盛り上がれるのでw)

>ロビン・ウィリアムズ本人
うほ~。もしかしたら・・はあるかもですね(^^)
最後もハーモニカを吹いていたし・・・同じ曲ってことはないですか?覚えてないのよね~~。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/06/25 22:43

たいむさん、またまたお邪魔します。

先ほどのコメント、わたし何を勘違いしたのか、「口笛」などと書いたのですけど、
あれ「ハーモニカ」の間違いでした。
で、お返事くださる前に訂正を、と思ったら、もうお返事もらってて・・・ごめんなさい。

ハーモニカ、同じメロディだったと思うのですけど。。。
うろ覚えです。。。

投稿: 悠雅 | 2008/06/25 23:02

こんばんは~♪
アハハ~、確かに被ってるかも~!
でも、まとめ方が全然違うから当人以外はわかんないと思いますよん(笑)

>子供主演の泣かせ作品は苦手分野
私もなのよ~!
特に子役に何の思い入れもないし、「奇跡」なんて胡散臭いタイトルが付いていたので、鑑賞すらやめようかと思っていたくらいです。
泣かせ作品じゃなくて本当に助かりました。
父子のセッションのところでジーンと来て、もう少しで涙がこぼれそうだったんだけど、ツーって引っ込んじゃった(汗)

投稿: ミチ | 2008/06/25 23:20

こんにちは。TB&コメントありがとうございました。

家族の絆を描いた作品としては良く出来ていたと思います。ただ、エヴァンの才能は少々度が過ぎていたような。あんなに極端じゃなく普通に才能ある少年という設定でも問題なかったように感じてしまいました。
でも街の雑音をオーケストラに変えてしまうシーンを描くには、神童という設定がやっぱり必要だな、なんて思ったりもしました。

投稿: えめきん | 2008/06/26 07:43

■悠雅さん、再びどうもですsun
>口笛
うん、あれ?って思いました、おそらくそうだろうと思っていました。
問題なしですよ。わざわざありがとうございます(^^)

■ミチさん、こんにちはsun
でしょう?(^^; でも、そうか、纏め方はちがいますもんね。大丈夫か。
先日そんな話をしたばかりだったんですよ、シャーロットさんに(^^;

お涙頂戴はイヤですよねー。だけど、自然なセッションは胸に響きますよね。とても良かったです。

>ツーって引っ込んじゃった(汗)
あははははは。さすがミチさん!(爆)
すぐ泣く私ですが、このクライマックスでは涙が出ませんでした。親子がバラバラに近づいて行く演出はとても良かったんだけどなw

あそこまでやるんなら、泣かせの王道でも良かった気がしました。尻すぼみしちゃったもの。

■えきめんさん、こんにちはsun
そうそう、両親も天才肌なのだろうけど、天才どころかエスパーでしたよね、エヴァンは。

音階を知らなかったら、自然の音はそのまま音なんですね。凡人には理解できない感覚ですよねー。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/06/26 17:41

こんばんは♪ TB、コメントありがとうございました☆

ちょっと出来過ぎの感はありましたが、やっぱりこういう作品って素直に感動しちゃいますよね。
たまにはこういうのも良いもんですわ(^^)

投稿: non | 2008/06/26 20:49

はじめまして。

同じようなところで似たような感想が書かれていたので、
「そうそう」とうなずきながら読ませていただきました。

自分も最後のラプソディよりも、
その前のセッションで十分に感動してしまったクチです。
ストーリーはもう予定調和なとんとん拍子でしたが、
音楽の魅力に溢れた作品だったので
劇場の良い音響で楽しめて良かったです。

投稿: ANDRE | 2008/06/27 00:42

こんばんは^^
確かに・・・ストーリー的にはシンフォニーでしたが
曲はラプソディでしたよね^^

私も予告編から大号泣映画、大感動編と思って
いたのですが、そう言う作品ではなかったですね(^^ゞ

ですが、いろいろなシーンで私、
ポロポロ泣いていました(笑)
母親が11年と・・・には私もグッときました(T.T)
ルイスとオーガストの公園でのセッションシーンも
好きです。

ありえないような、おとぎ話のようなお話でしたが
キャストが魅力的で、音楽が力強く、楽しめた
作品でした^^

投稿: ひろちゃん | 2008/06/27 01:03

■nonさん、こんにちはsun
あまりファンタジーとか思わずに見ていましたが、出来すぎは完璧ファンタジーでしたね。
それでも、音楽を扱った作品はなんでも素晴らしいから好きですw

■ANDREさん、はじめましてsun
お立ち寄りありがとうございます。

>その前のセッションで十分に感動してしまったクチです。
ラストはやや掴みどころのない作風だったこともあり、これ見よがしな盛り上げ音楽とは違って相乗効果効果も薄かったようにも思いました。
ベタなんだからベタベタにすればいいのに、って感想です(笑)

>劇場の良い音響で楽しめて良かったです。
そうですね。音楽の作品は、劇場が良いですね。
自宅に完全設備があるならともかくw


■ひろちゃん、こんにちはsun
大号泣覚悟で見ていた分、肩透かしでしたよー(笑)
涙もろいのに、ほとんど出なかった涙でしたw

>母親が11年と・・・
予告編では「死産って聞いていたのよ!」って大きく違っていたけれど、おかげで「11年・・」の効果が絶大でしたね。
インパクトのある答えなだけに、共通点からテレンス扮する福祉員さんは、もっと早く確信すると思ったのだけどな~~。気付くの遅すぎっ!(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/06/27 18:07

ルイスとエヴァン少年のギターを取り替えてのセッションは、良かったですね。
ルイス役のジャナサンの、優しい眼差しが素敵でした。

エスパー(笑)とファンタジーの話でしたね。
音楽が溢れていたので、私には楽しかったです♪

投稿: あん | 2008/06/27 21:12

こんばんは
TBさせていただきました。

ラストの狂詩曲ではルイスとライラの動向が気になって音楽を聴けていなかったかもね。

それにしても確かに何処で終わるんだ?って感じがしたけど、設定上、全てが音楽だから終わり方が明確じゃないのかも・・・なんてね。(^^ゞ
 

投稿: はっしぃ | 2008/06/28 01:11

■あんさん、こんにちはsun
そうそう、ギターを取り替えてってところもポイントですよね(^^)
何でか、ファンタジーって感覚を持たずに見ていたのですが、エスパーはしっかりファンタジー要素ですねw なら不問にしなくちゃなのかしら(笑)

最近、あんさんのTB:URLのコピーが上手くできないみたいです。なんでかな?

■はっしぃさん、こんにちはsun
ルイスとライラが別方向からステージを目指しているところがなかなか良かったので、早く気がついてーとか勝手に気が急いてしまい、音楽はどこえやら~でした(^^;)

>全てが音楽だから終わり方が明確じゃないのかも・・・
なるほど、その後の物語を書くつもりがないならば、フェイドアウトですOKなんですね(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/06/28 13:09

こんにちは!~コメント・TB有難うございました。
遅くなってしまってごめんなさい^^;
私は、音楽ものと子供たちが出てくる作品には、大甘で点数つけちゃいます(笑)
やっぱり一番よかったのは、ジョナサンとフレディ君とのギターを取り替えてのセッションのシーンかな!
ラストは、こうなることが分かってたので奇跡とかいうよりも、ファンタジーでしたね。

投稿: パピのママ | 2008/06/28 17:19

こんばんは~お久しぶりです。
今回は無事(笑)TBが入りました。

私も泣けませんでしたが、
純粋な気持ちや信じる気持ちが救いを呼ぶのかぁ…と感じました。
あと、色んなジャンルのセッションに何気ない映像が音を作る場面も癒されました♪
CGや派手な描写はないけど、まさにファンタジーでしたね。

投稿: オリーブリー | 2008/06/29 01:10

こんにちは!
ベタな感動話が大好きだし、予告を見てウルウルときていたので、さぞかし号泣するだろう・・・と思いましたが、そうでもなかったです~coldsweats01
物語が強引過ぎて、何だかエピソードの一つ一つに説得力がなかった気がします。

ラストももったいなかったですね~
アッサリ終った方がセンスがいい、と仰る方も多いですが、あそこまでベタで攻めたんだから、もっとガバーっと抱き合うくらいの勢いがあった方がスッキリしたかもです(笑)

投稿: 由香 | 2008/06/29 14:25

■パピのママさん、こんにちはsun
>奇跡とかいうよりも、ファンタジー
「奇跡」の冠は「客引き閉店」みたいなものでしたね(^^;

セッションがやぱり№1シーンですね。
父子と知っているだけに、余計に感情はいっちゃいますしねw

■オリーブリーさん、こんにちはsun
>純粋な気持ちや信じる気持ちが救いを呼ぶ
・・・と良いんですけどねぇ。。。
ライラが孤児院にいった時、いじめっ子たちの悔しそうな、羨ましそうな顔が見たかったです。(彼らにも希望を与えて欲しかった。)

音楽は何にでも融合しますよね。騒音さえも音の音楽の端くれ。エヴァンの感性はスゴイですよ。


■由香さん、こんにちはsun
>あそこまでベタで攻めたんだから、もっとガバーっと抱き合うくらいの勢いがあった方がスッキリ
そうそう!ベッタベタでも良かったですよね。
まぁ、ベタな邦題のイメージも強ためにそう思う部分はあるのかも、ですけどw
これ見よがしの大感動超大作が好きなわけでもないのだけど、これはそのタイプの作品ですよねw

投稿: たいむ(管理人) | 2008/06/29 15:39

たいむさん、こんにちは!

ラストは親子三人が視線を交じあわせて終わりで、あっさりはしてましたね。
でも切り時が難しいので、曲とともに終わるというのは潔かったかもしれません。
全体的に、途中経過などけっこう思い切って端折っているところもあり、そこがもの足りないか、テンポいいかという感じるところに差が出るでしょうね。

投稿: はらやん | 2008/06/29 17:18

■はらやんさん、こんにちはsun
途中経過のはしょりはダラダラしなくて良かったけれど、コレでもかって泣かせるラストでもわるくなかったかなーって少し思ったり。
なんであれ、音楽はいいですねー。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/06/30 18:56

こんばんは、ホーギーです。
「インディ4」と公開が同じ日だったことから、おの作品がちょっと後回しになり、出遅れ感がありますが、やっと観ることができました。
音楽をとおして、家族と奇跡的に再会していくこの映画に期待以上に感動しました。
それにしても、作品毎に成長著しいフレディ君は本当に素晴らしいですね。これだけ、観る者にいつも感動を与えるのですから。
これからも注目していきたいですね。音楽好きな私にとって、これからも、何度も観てみたいそんな作品です。
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。
それとTBもお願いします。

投稿: ホーギー | 2008/07/09 22:12

■ホーギーさん、こんにちはsun
映画は先を競って観るものでもないでしょうし、ちゃんとスクリーンで見られて良かったですねw
特に音楽モノは環境の良い劇場が一番ですし!

投稿: たいむ(管理人) | 2008/07/10 20:36

タイムさん!
コメントいただきましてありがとうございました☆
確かにぃ~!
ボクもなんでオーガスト・ラッシュにしなかったのだろうと思います!
泣ける映画って事で日本では”奇跡のシンフォニー”にしたのかもしれないですね!音楽という才能を信じて奇跡を起こすって事を伝えたかったのかもしれないですね!

投稿: あっしゅ | 2008/07/15 00:27

■あっしゅさん、こんにちはsun
日本人は「奇跡」って言葉に弱いですからね~(^^;
でもね、私は「奇跡は起こらないから奇跡だ」ってすり込まれちゃっているので、つい反発しちゃうんですよ。「運命」って言われているものはすべて後付けだし(^^;;;;;

投稿: たいむ(管理人) | 2008/07/15 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/41638411

この記事へのトラックバック一覧です: 「奇跡のシンフォニー」みた。:

» 『奇跡のシンフォニー』 [cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー]
6月公開作の中でなにげに一番期待をしていたフレディ・ハイモア主演の『奇跡のシンフォニー』を新宿で観てきましたー。 ニューヨークの養護施設で育った11歳の少年エヴァン。生まれつき類い希な音感を持つ彼は、音楽を通じていつか両親に出逢えると信じていた。だが、その実... [続きを読む]

受信: 2008/06/25 00:19

» 奇跡のシンフォニー [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『きっと会える。 この音の先に、愛が聞こえるから。』  コチラの「奇跡のシンフォニー」は、豪華キャストの共演で描かれる音楽を通じた”奇跡”の感動作で、6/21公開となったのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪内容はもちろん、この共演はちょっとツボかなぁ〜....... [続きを読む]

受信: 2008/06/25 06:31

» 奇跡のシンフォニー [UkiUkiれいんぼーデイ]
JUGEMテーマ:映画 2008年6月21日 公開 いやぁ〜もぉ、あの夜、一発でki・・・・すいません、Hな本と、下ネタはやめます。 これなぁ〜、ん〜、感動作なんでしょうねぇ〜。 この親子愛に涙するとこなんでしょうねぇ〜。 でもね、私は・・・私はですよ 正直ここに出てくる誰にも感情移入できませんでした。 確かに良い話なんですよね。 なんですけども、なんと言うのかキレイ過ぎるって言うんですかねぇ〜。 見事なほどキレイにまとまってまし... [続きを読む]

受信: 2008/06/25 14:18

» 奇跡のシンフォニー [ネタバレ映画館]
奇跡のオープンチューニング♪ [続きを読む]

受信: 2008/06/25 18:45

» 奇跡のシンフォニー [そーれりぽーと]
もはやファンタジー専門子役と言ってもいいフレディー・ハイモア主演の『奇跡のシンフォニー』を観てきました。 ★★★★★ ミュージシャン二人の運命の出会いに始まり、単身での出産、嬰児との死別、孤児としての生活…。 二人とその子供が幸せにならないよう、ありとあらゆる不幸が押し寄せてくる序盤は、目も当てられない展開。 そこから、フレディー・ハイモアの真骨頂。 現実が舞台だけれど、彼の存在がファンタジーなので“神童”っぷりの板についていること。 窮屈な孤児院から世知辛い現実の中に飛び出し、エヴァンの才能が... [続きを読む]

受信: 2008/06/25 20:46

» 奇跡のシンフォニー [eclipse的な独り言 ]
 東京から帰ってきて観てきました・・・それも2本。(←馬鹿)さてこの映画、非常に [続きを読む]

受信: 2008/06/25 21:03

» 奇跡のシンフォニー [シャーロットの涙]
August Rush・・・ [続きを読む]

受信: 2008/06/25 21:21

» 奇跡のシンフォニー [悠雅的生活]
ニューヨークに舞い降りたAngel of Music [続きを読む]

受信: 2008/06/25 22:17

» 映画 【奇跡のシンフォニー】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「奇跡のシンフォニー」 人気子役フレディ・ハイモア君の最新作。 おはなし:孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。彼はいつか両親が自分を迎えに来ると信じ、音楽を通して自分の存在を知らせようとする。 なんかね、『オリバー・ツイスト』を思い出してしまいました。 孤児院から抜け出し、浮浪児と知り合い、その浮浪児たちを束ねている親方の世話になる。その浮浪児たちはスリで稼ぐのではなく音楽で稼いでいたのですけどね。 主人公のエヴァンはまさに“神童”。日常... [続きを読む]

受信: 2008/06/25 23:13

» 奇跡のシンフォニー [小部屋日記]
August Rush(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:カーステン・シェリダン 出演:フレディ・ハイモア/ケリー・ラッセル/ジョナサン・リス=マイヤーズ/ロビン・ウィリアムズ/テレンス・ハワード/ウィリアム・サドラー きっと会える。 この音の先に、愛が聞こえるから。 「チャーリーとチョコレート工場」のフレディ・ハイモア主演。 アメリカでの評判を聞いていて、楽しみにしていた映画です。 story 孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。ある晩、エ... [続きを読む]

受信: 2008/06/25 23:24

» 「奇跡のシンフォニー」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「奇跡のシンフォニー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リス=マイヤーズ、テレンス・ハワード、ロビン・ウィリアムズ、ウィリアム・サドラー、レオン・トマス三世、ジャマイア・シモーヌ..... [続きを読む]

受信: 2008/06/26 05:23

» 奇跡のシンフォニー [5125年映画の旅]
ニューヨークの孤児院に暮らす少年エヴァンは、大好きな音楽の力で両親と再会出来ると信じて孤児院を飛び出す。そしてニューヨークで出会ったストリートミュージシャンウィザードから、オーガスト・ラッシュという新しい名前を貰う。その頃、彼の両親にも大きな転機が訪れ...... [続きを読む]

受信: 2008/06/26 07:21

» 奇跡のシンフォニー [アートの片隅で]
「奇跡のシンフォニー」の試写会に行って来ました。 会場のよみうりホールは、いつも通り長蛇の列で凄い人で溢れ返っていました。 ここは開場間際になると、1階から7階まで階段で昇る事になるので、ちょっと辛いです(▽この映画が観たくなった 参考になった つまらなかった どれかをクリックして下さい。 よろしくお願い致します。... [続きを読む]

受信: 2008/06/26 11:53

» 『奇跡のシンフォニー』 [Sweet*Days**]
監督:カーステン・シェリダン  CAST:フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リス=マイヤーズ 他 孤児院で育つ少年... [続きを読む]

受信: 2008/06/26 12:15

» 奇跡のシンフォニー [C'est Joli]
奇跡のシンフォニー’07:米 ◆原題:AUGUST RUSH◆監督: カーステン・シェリダン「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと」(共同脚本) ◆出演:フレディ・ハイモア、ジョナサン・リース=マイヤーズ、ケリー・ラッセル、テレンス・ハワード、ロビン・ウィリア...... [続きを読む]

受信: 2008/06/26 21:17

» 映画「奇跡のシンフォニー」 [Andre's Review]
August Rush 2007年 米 音楽をテーマにした映画はやっぱり劇場の良い音響で観たいものです。今年のアカデミー賞で主題歌賞ノミネート時のパフォーマンスを観て以来、ずっと気になってた作品です。 ある夜、パーティ会場で出会い、一晩をともにしたチェロ奏者のライラとバンドマンのルイス。2人は強く惹かれあったが、そのまま会うことはなく月日が流れた。 それから11年後、孤児院で育った少年エヴァンは、世界に満ち溢れているあらゆる音を音楽として捉えられる感性を持ち、存在さえ分からない両親と出会うことを... [続きを読む]

受信: 2008/06/27 00:37

» ★奇跡のシンフォニー(2007)★ [CinemaCollection]
AUGUSTRUSH<原題・8月の興奮(字幕では)>きっと会える。この音の先に、愛が聞こえるから。上映時間114分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2008/06/21ジャンルドラマ/音楽【解説】「チャーリーとチョコレート工場」のフレディ・ハイモア主演で贈る...... [続きを読む]

受信: 2008/06/27 00:45

» ありえね~~~~~けど好きっ!~「奇跡のシンフォニー」~ [ペパーミントの魔術師]
ギフト(才能)はバラバラになっていた家族を ひとつにしてくれた、チャンチャン♪ コラコラコラ・・・・。 シンフォニーじゃなくてラプソディだったんですけど?! あ、そこスルーしなダメですか。 とにかくねっ。 エヴァンの神童ぶりが半端ない。(笑) ンなアホな。 いや..... [続きを読む]

受信: 2008/06/27 10:58

» 2008-46『奇跡のシンフォニー』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-46『奇跡のシンフォニー』(更新:2008/06/27) 評価:★★★★☆ もう、大きくなったかと思ったらそうでもなかった。 フレディ・ハイモア君が主演の映画です。 ある事情から養護施設に入れられて1..... [続きを読む]

受信: 2008/06/27 15:43

» 奇跡のシンフォニー [まぁず、なにやってんだか]
昨日、有楽町朝日ホールの「奇跡のシンフォニー」の試写会に行ってきました。 11歳のエヴァン(フレディ・ハイモア)が一度も会ったことのない両親を探す・・・こんなに広い国で手がかりもなく探せるのかしら?と心配になりますが(ツッコミたいところ)、どんな展開になろうとも許せてしまうような音楽に、すっかり魅了されてしまいました。 エヴァンがはじめて街に出て、感じる音・・・これが騒音で、大音響で聴かされるので閉口してしまいましたが、それもちょっとの間だけです。エヴァンが触れる楽器は素晴らしい音楽を奏では... [続きを読む]

受信: 2008/06/27 17:35

» 奇跡のシンフォニー [Nobody knows]
奇跡のシンフォニーを観た。 施設で育つ少年エヴァン(フレディ・ハイモア)は、両親が自分のことをずっと待っていてくれていると信じている。 そして音楽がいつか自分と両親たちを引き合わせてくれると信じている。そこに微塵も疑いはない。 バンドミュージシャンの父ルイスと新進気鋭のチェリストである母ライラは、運命の糸によって導かれ、たった一夜で恋に落ちる。 しかし、二人はこれもまた運命故に引き裂かれ、二度と出会うことはない。 11歳になったエヴァンは、音楽の力を信じて、両親を捜すため施設を... [続きを読む]

受信: 2008/06/27 22:59

» 「奇跡のシンフォニー」 [クマの巣]
「奇跡のシンフォニー」観ました。 撮影も演出も悪くないし、主役の子役も含め役者も頑張ってます(主役は「チャーリーとチョコレート工... [続きを読む]

受信: 2008/06/28 16:00

» 奇跡のシンフォニー [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
ほら、聞こえる?_音楽だ。僕には聞こえるよ!風の中に、宙の中に、光の中に、音楽はそばにある。心を開けば聴こえてくる、心の耳をすませば・・・。 “きっと会える“と信じて両親を探す少年の一途な想いと、再会の奇跡を呼び起こす「音楽の魔法」に心揺さぶられる、感...... [続きを読む]

受信: 2008/06/28 17:32

» 奇跡のシンフォニー☆独り言 [黒猫のうたた寝]
『奇跡のシンフォニー』というタイトルだけじゃ食指動かなかったかもしれません。フレディ・ハイモア主演でも、なんとなく^^;どうしようかなそれが何かのTV番組の映画紹介で、ひっかかるものが(笑)それは、音楽・・・クライマックスは演奏会・・・あ、これってたぶん、... [続きを読む]

受信: 2008/06/28 23:28

» 奇跡のシンフォニー [心のままに映画の風景]
ニューヨークの孤児院で暮らす11歳のエヴァン(フレディ・ハイモア)は、 生まれつき類い希な音感を持ち豊かな音楽の才能が備わっていた。 ... [続きを読む]

受信: 2008/06/29 01:03

» 映画「奇跡のシンフォニー」 [FREE TIME]
映画「奇跡のシンフォニー」を鑑賞して来ました。 [続きを読む]

受信: 2008/06/29 01:32

» 「奇跡のシンフォニー」 世界は音楽で満ちている [はらやんの映画徒然草]
11年と16日の間、施設で暮らしている孤独な少年(フレディ・ハイモア)。 彼は世 [続きを読む]

受信: 2008/06/29 06:35

» 【映画】奇跡のシンフォニー [新!やさぐれ日記]
■動機 劇場配布広告にて見覚えのある少年に惹かれて ■感想 もうちょっと、なにか物足りない ■満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ■あらすじ 孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。ある晩、エヴァンは不思議な音を追い、施設からマンハッタンへと導かれる。さまざまな出会いにより、エヴァンの音楽の才能は開花。同じころ、離ればなれとなっていた両親も、それぞれの思いを胸にニューヨークへと赴いていた。 ■コメント 予告編や劇場配布広告等で事前に情報を仕... [続きを読む]

受信: 2008/06/29 11:26

» 奇跡のシンフォニー [★YUKAの気ままな有閑日記★]
予告を見ただけで涙・涙だったので、、、泣く気満々で鑑賞―【story】孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。ある晩、エヴァンは不思議な音を追い、施設からマンハッタンへと導かれる。さまざまな出会いにより、エヴァンの音楽の才能は開花。同じころ、離ればなれとなっていた両親も、それぞれの思いを胸にニューヨークへと赴いていた―     監督 : カーステン・シェリダン【comment】        うっそ〜〜〜泣かなかったっヤバイですよ、これは。年々涙腺が緩くなって... [続きを読む]

受信: 2008/06/29 13:49

» 奇跡のシンフォニー [利用価値のない日々の雑学]
なんで邦題はシンフォニーなのだろうか、演奏した曲はラプソディー(字幕では狂詩曲と出ていたが、これは原語のrhapsodyを直訳したからだと思う。全部が聴けなかったが、構成としては変奏曲ではないのかと思うが、いずれにしてもシンフォニーではない。)なのにと思っていたら、そうか、これは演奏された曲の事ではなく、この物語の構成自体がシンフォニーであることに気が付いた。シンフォニーという音楽形式は「ソナタ形式」の楽章をもった楽曲のうち、一番規模の大きなもののことを言い、そのソナタ形式とは二つ以上の対照... [続きを読む]

受信: 2008/07/05 16:02

» ★「奇跡のシンフォニー」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ」に行ったいつでの2本目。 1本目は「ミラクル7号」。 こちらは、天才子役フレディ・ハイモア君の感動作。 品がある顔なのに、何故か暗い役が多い気がするけど。... [続きを読む]

受信: 2008/07/06 03:30

» 奇跡のシンフォニー♪♪AUGUST RUSH [銅版画制作の日々]
 音楽♪の力が奇跡を呼び起こす 6月27日、MOVX京都にて鑑賞。人気子役?というより、人気俳優の一人という方がいいかも。ご存知 フレディ・ハイモア君が主演です。最近はさまざまな作品で大活躍のフレディ君。今年で16歳ということですから、高校生なんですよね。いつまでも幼く見えますが。将来はどんな感じの役者さんになるのでしょうか? ということで、彼が主演の「奇跡のシンフォニー」。鋭い音楽感性を持つエヴァン・テイラーという11歳の少年。彼は親の顔も知らず、男子養護施設で... [続きを読む]

受信: 2008/07/06 11:55

» 奇跡のシンフォニー [<映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅]
本作品のキーワード : 『musicがつないだ奇跡!』  【公   開】 2008年 【時   間】 114分 【製 作 国】 アメリカ ... [続きを読む]

受信: 2008/07/09 22:12

» 【2008-154】奇跡のシンフォニー [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? まだ見ぬ両親を捜して── 少年は、旅立つ。 音楽── それは3人を結ぶ唯一の絆 きっと会える。 この音の先に、愛が聞こえるから。 11年と16日・・・施設で育った孤独な少年。 でも彼は信じていた。この世界のどこかで...... [続きを読む]

受信: 2008/07/09 23:35

» 奇跡のシンフォニー [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
こんなに素敵な奇跡ならボクは信じる!信じる続けることがきっと奇跡を生むんだねぇ〜! 評価:★9点(満点10点) 2007年 114min 監督:カーステン・シェリダン 出....... [続きを読む]

受信: 2008/07/14 12:45

» [遅ればせながら、映画『奇跡のシンフォニー』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆昨夜、MOVIX昭島の公開最終日/最終回になだれ込んだ。 意外にも、客の入りが2割ほどもあったので驚いた。    ◇   ◇ 物語は、孤児院に育った、音楽的才能に溢れた少年が、その音楽の道を貫いていけば、自分を捨てた親に会えると確信し、ニューヨークに家出して物語が進む。 話は至ってテンポ良く、別の意味で言えば「ご都合主義」で展開される。 それは、一概に悪いとも言えず、でも、その主人公が音楽的な才能をあらわにするシーンともども美しさを感じるのだが、物足りなさも感じた。 私は、主人公が「絶... [続きを読む]

受信: 2008/07/19 18:48

» 『奇跡のシンフォニー』 @日比谷スカラ座 [映画な日々。読書な日々。]
両親が必ず迎えに来ると信じながら養護施設で暮らしていた、孤児のエヴァン。鋭い音感を持つ彼は、ある日、不思議な音に導かれるようにNYのマンハッタンへと向かう。そこで“ウィザード”と名乗る男にギターを習い、ストリートミュージシャンとして音楽の才能を開花させてい... [続きを読む]

受信: 2008/07/23 00:10

« これは、いくらなんでも酷いのでは? | トップページ | DVD『xxxHOLiC◆継』第一巻 »