« Ver.3はクリアヴァージョン♪ | トップページ | ピクスタあすらん、上陸。 »

2008/06/27

アニメ「図書館戦争」*第10話

状況一〇「里帰リ、勃発」
Library10 いよいよ最終章に突入!やはり原作3冊分を1クールで、というのは無謀に近く、随分とスキップスキップしてしまったが、一連の流れとしての抜粋部は的確で、余計な枝葉や不足分は、矛盾のないようにオリジナルを交えて上手く作ってあったと思う。
アニメ『図書館戦争』は、図書を巡るエンドレスな抗争と郁の家庭問題、堂上とのラブとで大きくは3本立て。・・ということからも、本来原作で郁と堂上とのラブが着地するのは『図書館革命』なのだけど、アニメでは一足先にオリジナルな着地をしそうな予感が漂う、最終章序盤戦だったね。

・・といっても、コインランドリーの一件であり、寮での悶着はアニメオリジナルではなく、どんどん接近する2人に「きゃ~heart01」ってニヤニヤ読んでいたところ。「焚書の濡れ衣」で自身の寮でも辛い体験した郁であり、柴崎の有り難さが際立った部分でもあった。
それにしても、今回はうるっとするところあり、ほろっとするところあり、大笑いするところあり、面白かったなー。これ見よがしなイジワル女子隊員の描き方の上手いこと!奮起して彼女らの溜飲を下げる郁もカッコ良かった!体格はもとより、経験を積み、昇進して貫禄も付き始めた郁で、だんだん様になってきたよね。また、両親の登場の時にも書いたが、原作よりもカナリ明るく軽めに描かれていた母親との確執。和解も「ハゲっ!ハゲっ!」を連発する母親で、コミカルに仕上げてあるのが愉しかった。
でも、なんといってもコインランドリー!だよなーhappy02
「お前はストーカーかっ!」ってくらいに毎度毎度タイミング良く出くわす堂上。(イエイエ原作では、「・・何かあったら携帯な。」のとおり、ちゃんとケータイでヘルプ要請するんです。描写はないけど堂上も頼られて嬉しいって、そんな雰囲気ありありで、既にベタ甘路線まっしぐらなんだけどw)
背の高い女の子って、”頭をポン”なんてまずないことで、すっごく嬉しいのが私にはよく分かる。(郁がねだりたくなるのもわかるなぁ)。彼氏でもないのにそのまま抱き寄せてくれるなんてドッキドキだけど、好意を持っている人ならばめっちゃくちゃ嬉しい慰め方。ただでさえ堂上はストレートで「俺はお前を見てきた。俺には分かる!」だなんて言ってくれちゃうし、もはやこの2人が恋人同士でなくてなんなの?って雰囲気だよね。・・でもね、少し補足すると、実はあの体勢ってむっちゃ無理な姿勢だからかなり筋肉に負担がかかるんだよねー。特に大柄の女の子って、一般的な女の子とは違って相手に全体重を預ける事を躊躇っちゃうところがあるからさ、相手に負担が掛からないようについ踏ん張ってしまって余計にキツイ。でも、行為は嬉しいし、止めたくないから頑張っちゃうんだ。それもこれもみーんな女心のなせる業ってねconfident  相手が堂上クラスならば、ぜーんぶ預けちゃっても平気なんだろうケドさぁ~。(おっと脱線)
それにしても堂上の、女心を心得た言動の一つ一つは百発百中で、天然なのか、実はめちゃくちゃ高い経験値なのかってトコだよね(その後を伺うと、どうも両方っぽいけど)。ネンネちゃんの郁には、少し年の離れたデキル男はベストパートナー(しかも似たもの同志)。この先堂上は、部下としても女としても郁を育ててどんどん可愛く、開花させていくし、ほんと理想のカップルだよね。
出番が極小になってしまったが、ちょっとニブイ手塚と素直じゃない柴崎もイイ感じ。相手が一枚も二枚も上手で、屈折した関係だから一筋縄ではいかないのが手塚のツライところ。コッチはちょっと前途多難だね。

大嵐の前の小さな低気圧な、今回。もしや玄田の代わりに堂上が?なんてコワイ想像をしつつも、それなら『革命』のラスト風に仕上がるのかな?と、あと2回のラストバトルと大団円を心待ちにしている。(そういえば、首都圏は最終回だったんだよねー)

|

« Ver.3はクリアヴァージョン♪ | トップページ | ピクスタあすらん、上陸。 »

コメント

いや~手塚と柴崎にもフラグが!と思いきや、あれだけで終わっちゃうのはちょっと残念でしたね。続きは残り2回でのお楽しみ♪ってやつですかね?

それにしても郁がどんどん恋する乙女になっていくのが本当に面白いです。堂上に頭なでなでをリクエストしたり、堂上からのお墨付きをもらって両親と再び向き合ったり、堂上に勇気付けられて女の世界の嫌なイジメを根絶やしにしたり。
これがラブパワー?ってなくらいになっちゃってますよね。

それにしても郁のオヤジさんがあんなにも丸くなってしまうとは驚きでした。できれば丸くなったオヤジさんと小牧のやり取りもちょっと見てみたかったかも?ですよ。

投稿: にゃむばなな | 2008/06/27 21:28

■にゃむばななさん、こんにちはsun
にゃむばななさんは、手塚&柴崎がお好みのようですねw
原作ではうやむやな2人ですが、アニメオリジナル的に盛り上がってくれると、私もちょっと嬉しいかもですw

>それにしても郁がどんどん恋する乙女になっていくのが本当に面白いです
そうなんですよ~
私、本当は最初郁が苦手でね。あまりに熱血バカだから。でも、どんどん変っていって今は郁が可愛くって可愛くって(^^)
それもコレも堂上のおかげ。ほんとどっちにとってもラブパワーですよ!

>丸くなったオヤジさんと小牧のやり取り
う~ん、想像できませんねー。
小牧ってこういうことには当たらず触らずなトコがあるからなぁ(^^;

あと2回!ラストスパートですね!!
最後までお付き合い頂けると嬉しいです!!

投稿: たいむ(管理人) | 2008/06/28 13:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/41664387

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「図書館戦争」*第10話:

« Ver.3はクリアヴァージョン♪ | トップページ | ピクスタあすらん、上陸。 »