« ブロードバンド・デヴュー。 | トップページ | 言ってるそばから 『マクロス・フロンティア』 »

2008/03/27

「Sweet Rain 死神の精度」みた。

Rain 伊坂幸太郎作品は、「アヒルと鴨のコインロッカー」しか読んでいないのだけど、おそらくこの映画の原作も”騙し”とか”つながり”があるのだろなと、原作はあえて読まずに鑑賞。それは多分正解なのだと思うけれど、そんな目で観ていたら色々と途中で分っちゃって、3件目の初めには全部分っちゃった・・・(^^;
でも、しっとりとしながらも清清しいラストが良かったと思う。

土砂降りな雨のシーンばかりで、主人公は死神。連れている相棒は真っ黒な犬と、暗い印象しか持っていなかったが、意外にもコミカルというか、明るいというか、楽しい作品だった。劇場用のチラシにも目を通さないといったネタバレ厳禁体勢で臨んだため、実際のところ「死神のルール」は良くわかっていない(デスノじゃないって・・^^;)。「実行」や「見送り」までの日数とか方法とか、色々ありそうだと思ったけれど、「白い手袋をはめているのが死神なんだろうな」とその程度の認識だけでも、それなりに楽しめたと思う。ま、「思い入れ」がないからだろうが、観終わってからのチラシ補完でも問題ない気がしている。

冒頭の女の子からしてそうだが、「死」がテーマなのに、こんなにほのぼのしていていいのか?ってくらいの明るさに面食らった。”Music”にルンルンニコニコノリノリで、シリアスな場面なのに「♪きよしこの夜」に浮かれる死神って・・・(^^; 金城武にはまるで思い入れがないが、あんなイイオトコが死神なのも反則だよなーって・・・(^^;; 
相棒の”黒い犬”が吹替えで喋らないのが特に良かったと思う。喋ると「某ケータイの”おとうさん”」のようになりかねないしから。コミカルな中にも、厳粛な空気感は壊さないっていうのかな?(といいつつ、「あみだくじ」には吹いてしまったが。) 黒い犬と会話しながら、”千葉”ひとりが納得しているところもなんだか良かった。

「死とは」というより、「個々の生(=人生)とは」についての答えがあるような無いような・・・な感じ。「死」とは「ただ死」であると死神が仮定するのならば、この雰囲気は当然だと思うが、青空をみた”千葉”はこの先どう認識を改めるのかがちょっと気になるところかな。
「アヒル・・」の時とは違ってヤラレタ感はなかったのがちょっと残念。終始淡々としていたけれど、面白かった。

総評:★★★☆☆++  好き度:★★★☆☆++  オススメ度:★★★☆☆++

|

« ブロードバンド・デヴュー。 | トップページ | 言ってるそばから 『マクロス・フロンティア』 »

コメント

お邪魔します♪
TB&コメントありがとうございました。
ちょっと淡々としていましたが、なかなか雰囲気が良くって面白かったですよね。
死神の金城さんの飄々とした天然ぶりも可愛かったですheart04
映画は原作のバラバラなお話6話から3話を持ってきて、ちょっと無理矢理関連つけて繋げていましたが・・・不自然さはあまりなく上手かったな・・・と思いました。
ちなみに原作には犬やロボット、冒頭の女の子は出てこないんですよhappy01

投稿: 由香 | 2008/03/27 00:30

■由香さん、こんにちはsun
雰囲気はよかったですよね。
でも、それ以上でもそれ以下でもないというか・・(^^;

>死神の金城さんの飄々とした天然ぶり
妙に似合ってましたね(^^)
オダジョー君でもいいかなーって見ていましたがw
いずれにしても、見た目も中身もイイオトコじゃないとかな?(爆)

>ちょっと無理矢理関連つけて
なるほど。彼女が同一人物だと思っても、物腰や口調が別人だよなーって思ったのはその辺りからかな?

>ちなみに原作には犬やロボット、冒頭の女の子は出てこないんですよ
あら~そうでしたか!ワンコは雰囲気があったので、原作にも登場するものと思っていました。
女の子は説明用だろうと思っていましたが、ロボットは最後まで意味不明でした(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2008/03/27 17:57

こんばんは
ブラピといい,金城さんといい,イケメンが死神なら
死ぬのもオツなものですねheart04(←懲りないイケメン好き)
原作にないあの犬を登場させたのは
「千葉」のイメージをいい意味で変えていたかな?
犬や人間とのトボケたやりとりが,最高によかった。
お手伝いロボットや,「空が晴れた意味がわからん・・」とか,つっこみどころはありますが
とてもキュートな作品でしたconfident

投稿: なな | 2008/03/28 00:01

■ななさん、こんにちはsun
イケメンはそれだけで絵になるからトクですよね(^^)

犬が原作に無いとは思っていませんでしたが、ほんとトボケたやり取りで名コンビに見えました。

なかなか楽しい作品でしたねw

投稿: たいむ(管理人) | 2008/03/28 23:57

たいむさん、こんにちは~
「アヒ鴨~」が良かっただけに、ちょっと肩透かしをくらった感もなきにしもあらずでしたが、金城武のほのぼの感がとてもよかったですよね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2008/03/30 23:37

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちはsun
「アヒ鴨」のようなものを期待するとちょっと違いますが、本質的には伊坂作品っぽかったですね。

金城好演!おとぼけぶりが可愛かったです(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/03/31 16:31

金城クンの死神ならお逢いしてみたい・・・
でもまだ死にたくないし。。。
中途半端なギャグに苦笑いですが、
この‘まったりテンポ’が嫌いではありません。
黒ワンコが字幕で良かった・・・
あの‘お父さん’みたいでは、もう笑えませんもの。。。

投稿: 未来 | 2008/03/31 23:50

■未来さん、こんにちはsun
>金城クンの死神ならお逢いしてみたい・・
でも、きっと「実行」されちゃいますよ(爆)

>この‘まったりテンポ’が嫌いではありません。
そうそう、まったり~が気持ちを軽くしてくれましたしね。もっとシリアスなものと思っていただけに、肩透かしでしたが結果オーライでした♪

投稿: たいむ(管理人) | 2008/04/01 18:26

こんばんは^^
邦画はあまり観ないのですが、時間合わせ?都合?で
(笑)この映画を観てきました^^
たいむさんと同じで、原作も読まず臨みました。

私も暗い感じかなあと思っていたのですが、死を
扱っている割には、コミカルで、明るくて、
楽しめました。

>青空をみた”千葉”はこの先どう認識を改めるのか
がちょっと気になるところかな。
確かに、そうですね。そこは私も知りたいところです。
そう言えば、ヤラレた感があると言う、たいむさんの
昨年のベスト1のアヒル~まだ観てません(T^T)

投稿: ひろちゃん | 2008/04/04 22:39

■ひろちゃん、こんにちはsun
雨ばかりの色使いだから、なんか暗いイメージありましたよね?
だから、私も思った以上に楽しかったです。
千葉のその後は原作を読めばわかるのかなーとか思っているけれど、読む気なし(笑)

>DVD
気がむいた時にどうぞ(^^)
ご近所ならお貸しするのですけどw

投稿: たいむ(管理人) | 2008/04/05 18:38

たいむさん、こんにちは☆

ほんとうはもうちょっとすタイリッシュな映画を期待していたのですが、コメディ色が強かったです。でも、あ~いう金城さんも好きなので、何でもOKという感じです(笑)
ほとんど無感情でいつも土砂降りの死神千葉が藤木カズエと出会って、唯一「実行」しなかった結末には、期待したラヴストーリーは生まれなかったけど、見事に晴れ渡り、死神千葉の中でもなにかが変わった・・・というラストは、すがすがしかったですね。

投稿: rikocchin | 2008/04/08 15:16

■rikocchinさん、こんにちはsun
金城さん、おちゃめでよかったですよね(^^)
私も、もしやラブストーリー?なんてちょっと期待しちゃったのだけど、違いました(^^;
けれど、そこが逆に良かったような。
空の青さが清清しさを強調してましたねw

投稿: たいむ(管理人) | 2008/04/08 19:26

たいむさん、こんばんは!

>「アヒル・・」の時とは違ってヤラレタ感はなかったのがちょっと残念
そうですねー、同感でした。
「アヒル」は不親切でもなく、親切にヒントを出してはいましが、その加減が絶妙で最後にヤラレタ感がありました。
本作は丁寧にヒントは出してはいたのですが、あまりにあからさますぎるで、最後の盛り上がりに欠けたのが残念なところでした。

投稿: はらやん | 2008/04/23 22:04

■はらやんさん、こんにちはsun
アヒルは、映像の見せ方が秀逸だったからでしょうね。小説の行ったりきたりを上手く編集してありましたし。

この映画の原作は読んでいないので分りませんが、全体的に映像向きではない伊坂作品。
生かしきれなかったのではないかと思っています。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/04/24 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/40642924

この記事へのトラックバック一覧です: 「Sweet Rain 死神の精度」みた。:

» Sweet Rain 死神の精度 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
原作の伊坂幸太郎の小説『死神の精度』はまずまず面白かった。映画はどうかなぁ〜   コチラが本の感想です【story】死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに現れ、その人を7日間観察し、その生死を判断することだ。雨男の彼は、7日後に死を迎えるはずの27歳の会社員一恵(小西真奈美)が現れるのを待っていた。やがてメーカーの苦情係として働き、疲れ果てて仕事を終えた彼女が姿を見せ―     監督 : 筧昌也【comment】今年に入って邦画の劇場鑑賞は3本目で〜す♪私... [続きを読む]

受信: 2008/03/27 00:23

» 「Sweet Rain 死神の精度」不幸に次ぐ不幸の人生も愛する人を想う気持ちが綴られた雨いつか晴れ [オールマイティにコメンテート]
「Sweet Rain 死神の精度」は死神がターゲットにする相手を1週間観察し、その生死を1週間で判定するストーリーである。死神は登場するものの、怖い死神ではなくごく普通の人間として表れ、人生の生き方について観て行く事でその心境が少しずつ変わっていく。... [続きを読む]

受信: 2008/03/27 02:15

» 劇場鑑賞「SweetRain死神の精度」 [日々“是”精進!]
「SweetRain死神の精度」を鑑賞してきました売れっ子人気作家、伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を映画化した、死神を主人公にしたファンタジーであり、基本的には死神目線の人生スケッチ連作ドラマ。7日後に不慮の死を迎える予定の者を観察し生死を決める死神の目を通...... [続きを読む]

受信: 2008/03/27 06:10

» 2008-20『Sweet Rain 死神の精度』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-20『Sweet Rain 死神の精度』(更新:2008/03/26) 生き方はお任せします。最期はお任せ下さい。 評価:★★★☆☆(★★★★☆に近い) 原作は伊坂幸太郎の「死神の精度」です。 原作を読んでな..... [続きを読む]

受信: 2008/03/27 10:40

» 映画:Sweet Rain 死神の精度 試写会 [駒吉の日記]
Sweet Rain 死神の精度 試写会(よみうりホール) 「死ぬことについて、どう思う」 クールな、というよりオトボケな死神。ファンタジックな映像表現で小説 ではわからなかった千葉のコスプレも楽しい♪ブラックスーツが一番決まってるけど(あ、車のCMと同じかんじだ)、... [続きを読む]

受信: 2008/03/27 11:27

» Sweet Rain 死神の精度 [監督:筧昌也] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
デモ版? [続きを読む]

受信: 2008/03/27 18:55

» Sweet Rain 死神の精度 [虎猫の気まぐれシネマ日記]
人気作家・伊坂幸太郎の同名小説 [E:book] の映画化作品。原作もとても面白く,よくできた連作短編集で6話からなるが,映画ではその中の「死神の精度」・「死神と藤田」・「死神対老女」の3話が描かれていた。 原作でも,映画でも,何より魅力的だったのは,設定された「死神」たちのキャラクターだ。彼らの仕... [続きを読む]

受信: 2008/03/27 23:54

» Sweet Rain 死神の精度 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
金城武主演、「Sweet Rain 死神の精度」を観てきました。 初日で2回目の [続きを読む]

受信: 2008/03/28 00:12

» 「Sweet Rain 死神の精度」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「Sweet Rain 死神の精度」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満、他 *監督:筧昌也 *原作:伊坂幸太郎『死神の精度』 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・..... [続きを読む]

受信: 2008/03/28 11:30

» 3/28 「Sweet Rain 死神の精度」 [やっかいな日に限って空は激しく晴れている。]
●本日、新宿にて鑑賞。一応オムニバスの体をなしている作品。二つめのストーリーでオチは分かっちゃうけどね。 変に奇をてらわず、近頃のテレビドラマと違ってキャストも若い人に媚びておらず・・・ものすごい大ヒットとはいかないだろうけど、名作と呼ぶにふさわしい作品だ。 ●古典落語しかり西洋の伝承しかり・・・・近頃じゃ「デス・ノート」なんてのもあったか。 ことほどさように死神というのは手垢のついたキャラなわけで、それをCGとか派手な衣装とかにたよらず演じるというのは難しいことだと思う。 ... [続きを読む]

受信: 2008/03/28 17:04

» 「Sweet Rain 死神の精度」「泪壺」映画館レビュー 広がるか世界 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
「泪壺」(瀬々敬久監督)・・・円谷プロダクション企画、万歳(笑) 映画の楽しみ方を知っている人たちが撮った、正真正銘の純愛映画である。 [続きを読む]

受信: 2008/03/28 18:58

» Sweet Rain 死神の精度 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
幾千万の命のそばに7日間だけ寄り添う気まぐれなその死神は、あなたの最後の日にもきっと、この世で一番優しい雨を降らせてくれる。 死神=千葉が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。7日間の観察期間の後、「実行」=「死」か「見送り」=「生かす」かを判断するの...... [続きを読む]

受信: 2008/03/28 22:13

» 『Sweet Rain 死神の精度』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「Sweet Rain 死神の精度」□監督 筧 昌也□脚本 小林弘利 □原作 伊坂幸太郎(「死神の精度」文藝春秋社刊)□キャスト 金城 武、小西真奈美、富司純子、光石 研、石田卓也、村上 淳、奥田恵梨華、吹越 満 ■鑑賞日 3月23日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 人が不慮の死を迎える7日前。 千葉(金城 武)と名乗る死神は、観察期間の後、その対象者を「実行」するか、「見送り」にするかを判断するのが仕事だ... [続きを読む]

受信: 2008/03/29 00:06

» Sweet Rain 死神の精度 [花ごよみ]
伊坂幸太郎の連作短編集の映画化。 主役の死神は金城武 。 小西真奈美 、富司純子 、 光石研 、石田卓也等が出演。 本は読んでいます。 でも、読んでからかなり経っているので おおまかな内容しか憶えていません。 映画を見て徐々に 記憶が甦ってきました。 死神が、自分の担当する 人間を観察して死の判定する。 死神の名は千葉。 ミュージックが大好き。 本人は真面目に仕事をしていても 他の人から見るとちょっぴり不思議男。 原作を実写化、そして主人公が金城武。 そのことを知った時は... [続きを読む]

受信: 2008/03/29 14:39

» 【映画】Sweet Rain 死神の精度 [新!やさぐれ日記]
■動機 石田卓也の様子見に・・・ ■感想 なにやらうまーくまとめ過ぎてちょっと変? ■満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ■あらすじ 死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに7日前に現れ、その人を1週間観察し、その生死を判断すること。雨男の彼はその日も雨の中、7日後に死を迎えるはずの27歳の会社員一恵(小西真奈美)が現れるのを待っていた。やがてメーカーの苦情係として働き、疲れ果てて仕事を終えた彼女が姿を見せる。 ■コメント この映画の存在を知ったとき... [続きを読む]

受信: 2008/03/30 15:03

» 「Sweet Rain 死神の精度」金城 武はすごい~ [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
なんて書いたらいいのか迷ってしまう・・・・ 金城 武だから、すごい期待しちゃったし。 期待しすぎたからいけないのか、ツメの甘いところがいけないのか・・・・ でも、期待通り金城 武はすごかった。 彼の見せる全く違う様々な人物像に、もうメロメロになってしまうのだ。... [続きを読む]

受信: 2008/03/30 23:37

» Sweet Rain 死神の精度 [future world]
金城武が死神の役・・・なので観に行きました。 これ、観るまではてっきり‘完全恋愛もの’だと思ってたけど、そうではないのね。。。 〜不慮の死が近づいた人間の前に現われて7日間で判定を下す・・実行か見送りか。。 その人間が人生を全うできたかどうかが基準で、...... [続きを読む]

受信: 2008/03/31 23:55

» 【2008-75】Sweet Rain 死神の精度 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 生き方はお任せします。 最期はお任せください。 [続きを読む]

受信: 2008/04/01 00:28

» Sweet Rain死神の精度 [Sweetパラダイス]
行く末が死神には見えてたかのような不思議な縁思い残すことはない状態まで彼女を生きさせる選択をした死神。彼女の幸せと彼女の望み。最後に希望を叶えたとき本当の青い空を死神も見ることができた。こんなかっこいい死神なら会ってみたいかも黒い犬が死神の上司だったと...... [続きを読む]

受信: 2008/04/01 10:56

» 「 Sweet Rain  死神の精度 (2008) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【Sweet Rain 死神の精度】2008年3月22日(土)公開 監督 : 筧昌... [続きを読む]

受信: 2008/04/04 15:47

» ★SweetRain 死神の精度★ [CinemaCollection]
生き方はお任せします。最期はお任せください。映時間113分製作国日本公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/03/22ジャンルファンタジー/ドラマ【解説】人気ミステリー作家・伊坂幸太郎のベストセラーを金城武主演で映画化したハートフル・ファンタジー。人間の感情...... [続きを読む]

受信: 2008/04/04 22:30

» 「Sweet Rain 死神の精度」 演出の意図が見えすぎてもの足りない [はらやんの映画徒然草]
僕は雨男です。 仕事柄、年に何度か広告や商品の撮影があったりするのですが、必ずと [続きを読む]

受信: 2008/04/20 21:08

» Sweet Rain 死神の精度 [単館系]
人間の最期をプロデュースする、それが、死神の仕事です。 この男は、ミュージック大好き、な死神 そして雨男。 物語は大きく3つに分かれ... [続きを読む]

受信: 2010/02/02 00:22

« ブロードバンド・デヴュー。 | トップページ | 言ってるそばから 『マクロス・フロンティア』 »