« BSアニメ夜話(第10弾:三夜)『伝説巨神イデオン』 | トップページ | 機動戦士ガンダム00(#24) »

2008/03/21

ブーメラン・ブーメラン♪

現在ISS(国際宇宙ステーション)で活動中の土井さんが、非公式実験(つまりは遊び?)でブーメランを飛ばしたらちゃんと戻ってきたという記事を新聞で読んだ。ISS内部は空気と大気圧はあるが無重力状態。物理に疎い私だが、ブーメランが戻ってくる仕組みと「慣性の法則」くらいは知っている。
(話はぶっとぶが)PSPで「連ザ」を遊んでいて、常々”ビームブーメラン”という武器を疑問に思っていたのだが、科学的にもなんとかなるものなのか?ヘンなところに関連付けて嬉しくなる記事だった。(とはいえ、空気の流れから揚力が生まれるのならば、コロニー内部はともかく宇宙空間では如何なものかといった疑問は残るところだが)
・・・ということで(?)、久々のPSP「連ザ」話を(^^)

プレステ2は彼是2年近く接続されていない状態だが、PSPの「連ザ」は、時折ちょっとした時間潰しで遊んでいる。ミッションモードのワンプレイが30秒から3分程度といった手軽さが良い。なんであれ時折だからなかなか上達しないのだが、なんとかコンスタントに”S”クラスの成績は残せるようになった。
ミッションモードはチビチビとポイントを稼ぎ機体を乗り換えていくもの。前半では機体の性能に頼れないため、攻撃はもちろんだが防御が決め手になることが多い。回避や回避からの逆襲技を鍛えるしかないのだが、ミッションモードはろくな武器が無い雑魚MSでの出撃回数が多いため、自然に身についていったようだ。タイミングを計ったり、ゲージを見る余裕も出来てきた。また、的だけでなく全体の動きを目の端に捉えられるようになった視野の拡大は、もしかして速読訓練や脳トレの効果かもしれないと、(本命は長期作戦だか)妙な副産物を嬉しく思っている。
ミッションモードは、ザフトに限り”レベル6”までALL-SEEDでクリア。(7は確定しているが、レベルがいくつまであるのか不明。)乗換えMSの流れも大体分かったが、最終機体となるソードインパルスやカオスを使いこなせない私だから、結局最後にブリッツかガイヤ、バスターとなり、あとは(当然)ジャスティスとフリーダムの4機になってしまう(ジャスティスとセイバーは同じ系列だがら一方しか選べないのが辛い)。とはいえ、その4機ならどのミッションにどの機体が向いているかなどのコツが掴めたから充分だけど。
ところが連合verはというと、前半は執拗に追ってくるクルーゼ隊、、というか、ひたすらキラに付きまとうアスランをボコにしなければならないミッションばかりなのを嫌ってほとんど手を出していない(ザフトレッド強すぎだし、気持ちで最初から負けてるし)。でも、少しは腕も上ったし、逆視点のドラマも楽しまないと勿体無いし、と試してみようと思っているところ。(どうやら連合verでもフリーダムとジャスティスはゲットできるし、プロヴィデンスもあるらしい。最低”レベル3”までは行かないとだけど。)
どっちにしても、最終的には機体の性能に頼りっぱなしなのだけど、武器も操作も使いこなせれば”総合SEED”も夢じゃない。一度出さないと気が済まないというか、一度出せば満足して止められるし、唯一遊べるゲームとしても、今はバカの一つ覚えで腕を磨きたいと思っている。

裏技・・ではないけれど、時々とんでもないポイントを得ることがある。ボーナスポイントになるっぽい法則があるようだ。確実な何かを掴めると楽になるんだけどなぁ。

|

« BSアニメ夜話(第10弾:三夜)『伝説巨神イデオン』 | トップページ | 機動戦士ガンダム00(#24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/40586359

この記事へのトラックバック一覧です: ブーメラン・ブーメラン♪:

« BSアニメ夜話(第10弾:三夜)『伝説巨神イデオン』 | トップページ | 機動戦士ガンダム00(#24) »