« 『図書館内乱』 有川 浩 〔著〕 | トップページ | 機動戦士ガンダム00(#23) »

2008/03/14

「のだめカンタービレ」20巻

Nodame20 「のだめカンタービレ」もいよいよ20巻!前半は、19巻の後半から始った、清良やターニャが出場している”カントナ国際コンクール”その後の経過~結果まで。清良の為に日本からは峰くんが(こっそり早めに)来仏中。のだめら日本組に感化されて、ターニャも本気モード全開!黒木君を見る目がすっかり変って、さてさてどうなることやら~といったところ。そして、コンクール本選(ピアノ部門)に刺激され、具体的な目標を持つのだめ。「自分もコンクールに!」と意気込み、千秋との二人三脚が始ったのだが・・・・という後半。
まったく、一難去ってまた一難な千秋&のだめカップル。言いたいことを言い合ってる割には、肝心の何かが抜けてるからすれ違っちゃうんだよね、コイツラは。(以下、ネタに触れています)

千秋との再会が、少し弱気になっていた清良に良い影響を及ぼしたようで、順調にコンクール予選を通過する清良。2次予選の結果発表時にこっそり見に来ていた峰を見つけて唖然とするが、逆に多いなるパワーを貰ったかのように本選でも好演奏。見事3位入賞を果たし、日本への凱旋帰国となる予定。「R☆Sオケ」の行き詰まりに落胆してた峰には、千秋がそれとなく手を回し、「お前次第だが」と前提の上で援護射撃。「R☆Sオケ」も再び面白いことに為りそうな予感♪(日本中間帰国編とかあったらいいなぁ)
対して、気合十分で2次予選臨んだターニャ。得意の感情表現は圧倒的でありながら、圧倒的過ぎという理由で2次落ちしてしまう。卒業を控えたターニャであり、なんの称号もないままでは国の援助打ち切りは免れない。「時間を無駄にした。」と今更後悔しても後の祭りだと一番痛感しているのはターニャ自身なのだが、つい外に向けて八つ当たり。矛先は黒木君にも向けられる。何やかやでターニャを意識し始めた黒木君。ターニャの今後が気になるようだ。音楽に関してはやはり「自分もコンクールに!」と気を引き締めなおすところだが、恋に関してはからっきし。ターニャの投げやりな言葉にツイ口から飛び出た言葉は、「生活なんて、僕んちですればいいだろう!」とはっ。付き合ってもいないのに一足飛びな発言に、当事者も含めて誰もがツッコミ。(ま、一番驚いたのは黒木君本人なんだろうけどw)こちらが固まるにはもう少し時間が掛かるかな?
さて、のだめ。本選で演奏された【ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調】にすっかり魅了され、千秋と演奏するのはこの曲だ!と舞い上がる。しかし、千秋がRuiとの共演で演奏するのがこの曲だと後に知ってトーンダウン。またしても2人の間に気まずい空気が流れる予感・・・だったが、少し大人になった?のだめなのか最悪の事態は回避。(とはいえ千秋が「言わなかった」ことを怒りつつも、「言えなかった」のだと理解しているかどうかは不明)
のだめが今一番傷ついているのは、マスター・ヨーダ=オクレールからのダメだし。コンクールの出場を認めてくれないこと。ベーベから昇格させてもらえないことへの不満。のだめ自身が何かを掴みかけていると自覚あるだけに、のだめも穏やかではいられない。
久しぶりに千秋も、のだめの為だけに一肌脱ぐ決意を固める。(Ruiとの共演での後ろめたさから、峰の提案を真に受けたからなのかは今のところ不明。)イタリア行きをキャンセルし、泊り込みのマンツーマンでのだめのレッスンに付き合う千秋だ。
千秋は、これまでののだめの課題曲からオクレール先生の意図を察したようだが、内心、千秋も同じように感じていたのかもしれない。音楽と同じで、言って聞かせてどうにかなる事ではなく、のだめが自分で自分に気がつかなくちゃならない事なのだろうね。それでも、のだめもだんだん核心に近づいてるように思えるが、もうひとつ越えなくちゃならない壁があるようだ。「満足」とは何か。千秋が懸念するところに答えはありそうだけど・・・・。
「音楽と真正面から向きあうこと」。なんの違和感もなく音楽に溶け込む千秋の姿は、のだめにしてみれば、近づいたと思ったのにやっぱり千秋は壁の向こう側にいることを改めて思い知らされたようだ。折角イイ雰囲気の2人だったのに、突然世話を妬かれる自分の苛立ちを千秋に向けるのだめ。のだめの負けず嫌いにも困ったものだ。なんとか今度もまるく収まってくれると良いのだが。
・・と、またしても険悪なところで終わってしまった20巻。早く次で安心させて欲しい。

|

« 『図書館内乱』 有川 浩 〔著〕 | トップページ | 機動戦士ガンダム00(#23) »

コメント

こんばんは♪今回も楽しかったですね♪
ほんとにのだめちゃんは、ちっとも千秋様の思いをわかってないようで(笑)せっかく甘い雰囲気だったのに・・。
まだ・・弾くか?もちろんデス!って・・。
千秋様不憫です(笑)
のだめにとってはまだまだ恋人ってよりも
ライバルなんでしょうね。
峰君出てくるとやっぱ楽しさ倍増ですね♪

投稿: くろねこ | 2008/03/17 22:30

■くろねこさん、こんにちはsun
イイ感じが長続きしないのがこのカップルですよね。相性は抜群に良いのに。
それにしても、のだめの真意はよくわかりませんね。ラブラブよりピアノってのも(^^;
千秋と違って、のだめのモノログって無いから想像するしかないのがツライところ。
面白さが衰えない漫画だけど、長く続きすぎるのもちょっとーと思うので、上手く収集つけて欲しいなーと思うこの頃だったりして。

終わらせたがっているのは、私?(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/03/18 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/40496718

この記事へのトラックバック一覧です: 「のだめカンタービレ」20巻:

» のだめカンタービレ 20巻 [shaberiba]
でました!!のだめカンタービレ20巻!! カントナ国際コンクール2次予選。 ターニャの健闘、清良の快進撃 2人は実力を発揮できるのか!!... [続きを読む]

受信: 2008/03/17 22:32

» のだめカンタービレ 20巻発売 [Happy☆Lucky]
のだめカンタービレ 20巻発売 ネタばれ感想につきご注意 のだめカンタービレ #20 (20) (講談社コミックスキス) 二ノ宮 知子 [続きを読む]

受信: 2008/03/18 17:41

» のだめカンタービレ 20巻 二ノ宮知子 [白ブタさん]
待ちに待った最新刊{%キラリwebry%} [続きを読む]

受信: 2008/03/20 04:52

» のだめカンタービレ 20巻 [落とし穴には気をつけろ!]
のだめカンタービレ #20 (20) (講談社コミックスキス)二ノ宮 知子講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、前半がカントナ国際コンクールの模様、後半はのだめと千秋のレッスンの話でした。 清良は好成績 戦い終わって、意地っ張りな清良が峰君に甘えてる姿はよいですねー 二人の出番はこれで暫くなしかな。千秋の助力もあって、R☆Sオケも復活しそうだし。峯君に元気がないのは淋しいからネ、よかったあ ターニャも頑張った黒木君とも何となく上手くいきそうじゃない?二人とも不器用だから、まだ... [続きを読む]

受信: 2008/03/20 23:23

» 【コミックス感想】 「のだめカンタービレ」20巻 二ノ宮知子 [読書とジャンプ]
自分の19巻の感想を読み直すまで、千秋パパの存在を記憶の中からきれいさっぱり欠片も残さず消去しまくってたかずはですm(__)m今頃コミックス感想?( ̄□ ̄;)!!と、自分で自分に気持ちよく突っ込むとして「のだカン」(そんな略称はねぇ)もいよいよ20巻。そう、...... [続きを読む]

受信: 2008/03/22 09:02

» のだめカンタービレ20 [読書と時折の旅 (風と雲の郷本館)]
 「のだめカンタービレ」(二ノ宮知子:講談社)の20巻が発売されていることを、たなぽん99さんなどのブログで知って、早速買ってきた。今月の13日に発売になっていたらしいが、その気で見ないとなかなか気がつかないものである。近所の書店では、この20巻のためだけにか...... [続きを読む]

受信: 2008/03/24 21:21

« 『図書館内乱』 有川 浩 〔著〕 | トップページ | 機動戦士ガンダム00(#23) »