« 機動戦士ガンダム00(#23) | トップページ | 『図書館危機』 有川 浩 〔著〕 »

2008/03/16

「魔法にかけられて(字幕)」みた。

Magic 字幕にこだわっての鑑賞で正解!吹替えだとこっっ恥ずかしくって見ていられなかったかもー。
おとぎの国から現代のニューヨークへ!予告編を見た時から、「ヤバイ、(好きじゃないけど)面白そう!」と思っていたが、予想どおりに、(好きじゃないけど)とても面白く、何度吹き出したことか。
勿論ラストは”They all lived happily ever after.”だしね(^^)

おどきの国(アニメーション)とニューヨーク(実写)の融合がお見事。アニメでのキャラクターと俳優さん達もソックリで、とにかく”合せ技に一本!!
テーマは、「真実の愛」か?おとぎの名作集のようなお子様向け内容ではありつつも、大人?な要素もちょっぴり盛り込まれている。
右も左もわからない世界で、たまたま通りかかった弁護士のロバート父娘に拾われるジゼル。おとぎ話の世界からマンマ飛び出したようなジゼルのハチャメチャぶりに戸惑いつつも、ジゼルに魅せられていく父娘となる。ジゼルもプリンス・エドワードの迎えを信じながら、ロバートに惹かれはじめる。しかし、ロバートはナンシーに結婚(再婚)を申し込んだばかり。おとぎの国のプリンセスが略奪愛など許されるはずがない(笑)
「夢のお告げどおりに現れた白馬の王子様と、瞬間恋に落ち、結ばれる運命。」に何一つ疑問を持っていなかったジゼルだ。キュンと痛む胸に、初めて”本当の恋”とはどんなものかを知るわけで、「運命の人」であるエドワードが迎えに現れても、心が満たされないジゼル。グズグズと理由をつけて帰りたがらないのは道理だね。
おとぎ話のプリンセスは大抵が愚かな娘。魔女の陰謀とはいえ、結局は己の欲望に負けて地雷を踏むのだ。白馬の王子様も、毎度清廉潔白とハンサムしかとりえがないボンボン皇太子(勇気と行動力はあるかw)。実にお似合いのカップルである(激辛)。それでも「真実の愛」が2人を目覚めさせ、”永遠に続く幸せ”を実現させるものと無理やり解釈するところ。(なんてリアルなw) だから私はこの物語が”おとぎ話の延長”である以上、プリンセスはプリンスと結ばれなければ納得がいかない。一体どんな落としどころが用意されるているのかやや不安になるところだったが、ちゃんとおとぎ話を破綻させることない結末がむかえられていたので一応満足。カナリ都合良く丸めた感はあるが、betterな選択だろうと評価したい。
さすがディズニー作品、何気にワールドワイドな要素を散りばめてサービス満点の仕様。良作だと思う。

総評:★★★★☆   好き度:★★★☆☆++  オススメ度:★★★★☆+

一番気がかりなのはナンシー。それでいいのか?と疑問に思うところ。けどーあの頼りない王子様だもんね、主導権を握っていい国にしてくれそう・・かも(笑)
さすがなのは良妻賢母型おとぎの国のプリンセス。全てが手作りなだけに、あの職人技は現代にも通じるねw

|

« 機動戦士ガンダム00(#23) | トップページ | 『図書館危機』 有川 浩 〔著〕 »

コメント

こんにちは^^
たいむさん、こういう作品好きじゃあないんですか?
>予想どおりに、(好きじゃないけど)
ってとっても意外でした(^^ゞ

たいむさんのやさしい雰囲気にあってるのに・・・
ディズニーがだめなのではないですよね?でも、好きじゃあないけど面白かったとのことで、良作とのことで安心しました(笑)

私もおとぎの国とニューヨークの融合には1本です。
違和感がなくそれゆえ映像に浸れました^^
ラストは上手くまとめてさすがディズニーと思いましたが
私もナンシーそれでいいのか?と思いました(笑)
私も字幕で観ましたが、台詞が恥ずかしい?(笑)
吹き替えでも観たいかなと思っています(^_-)-☆

投稿: ひろちゃん | 2008/03/16 12:49

たいむさん、こんにちは!

僕もあまりディズニーに思い入れないのですが、十分楽しめました。
お気に入りはリスのジェスチャー。
王子のカンの悪さが笑えました。
あれじゃリスも報われない・・・。
ラストはうまくまとめましたよね。
結局、ジゼルは王子様とお城で幸せに暮らしましたとさ、で終わるかと思いきや、ああくるとは。
思えば、マンハッタンのビル群もお城の塔に見えなくはないかも。

投稿: はらやん | 2008/03/16 14:58

こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
お好きかどうかは別にして、たいむさんも結構楽しまれたようですね~
私は最初っから最後までノリノリで笑いながら鑑賞しました♪
ジゼルの見つけた本当の愛には納得でしたが、私もナンシーはそれでいいのかしら?って思いました。
現実的なキャリアウーマンに見えたので、途中でおとぎの国に飽きないといいけど(汗)

投稿: 由香 | 2008/03/16 15:42

■ひろちゃん、こんにちはsun
2度も好きじゃないと書かれると、嫌いかと思っちゃいますよね(^^;
苦手とか、思い入れがない、が近いと思います。

この作品は素直に面白かったですし、実際良く出来ていると思ってますよ(^^)
ディズニーは昔好きだったから絵本も読んだし、英語教材も持っていたりします(笑)
でも、いつ頃からかディズニーの”夢”ばかりの”綺麗ごと”が苦手になりました。つまりは”ディズニーらしさ”ですね。
勿論、否定ではありませんが、やはり表裏一体が必要だと思うんです、子供にも。
日本のアニメに毒されているので(笑)、素直にああ良かった、というわけには行かないんです、きっと。
とはいえ、最近のディズニーはちょっと変ってきているように思いますし、偏見は返上といったところです。

いろんな融合が楽しい作品でしたね
やっぱり、職業婦人(なんて表現だ)のナンシーはおとぎの国のまったりは似合いませんよね~。でも、ハトとハートの花輪にスッゴク喜んでいたし、以外と「夢見る乙女」なのかもしれません(爆)

うわっ!吹替え見ますか~。
セリフと言うより、歌がはずかしくないですか?!

投稿: たいむ(管理人) | 2008/03/16 17:08

■はらやんさん、こんにちはsun
>お気に入りはリスのジェスチャー。
私もこれが一番のお気に入りです!
演技派でしたよね~。なのに通じない(><)

流れから、ジゼルの王子様はもうロバートしかいないとは思っていたけれど、上手いおとし方でした。

>思えば、マンハッタンのビル群もお城の塔に見えなくはないかも。
かも(^^)

■由香さん、こんにちはsun
やっぱりナンシーは意外でしたよねw
けれど、洋裁の仕事とかジゼルと共通点もありそうで、上手く立ち回りそうな気もしてますw

素直に好きだーとはいえませんが、楽しかったし面白かったです。


投稿: たいむ(管理人) | 2008/03/16 17:14

確かに夢ばっかり見て、歌って踊ってる王子の横で
しっかりとナンシーが国の舵取りをしてくれそうですよね。
とっても楽しい映画でしたぁ~♪

投稿: miyu | 2008/03/17 20:02

■miyuさん、こんにちはsun
ディズニーらしい、ディズニーならではの作品でしたね。
交代の落としどころは良かったけれど、ならばもう少しナンシーの設定に+αが欲しかったかなーと思いますがw

投稿: たいむ(管理人) | 2008/03/17 21:32

こんばんは♪
王子が歌いだそうとすると邪魔が入る―みたいな一番面白いところを予告で見せちゃうなんてぇ。
もっとも、それを見せてくれたからこの映画に期待が高まったのですけどね。
リスのジェスチャーとプリンスのボケっぷりが一番楽しかったです。
プリンスがブーツを脱いで裸足になってたところもツボでした。
裸足でブーツを履くと蒸れ易いし、匂いが・・・・(汗)

投稿: ミチ | 2008/03/17 21:48

のだめの「こんばんは!」ってヤツは私です。
ほんとにそそっかしくてすみません・(涙)

たいむさん、どうにか?楽しめたみたいでよかったです♪
何でもHAPPY ENDなところは私もディズニーの
「人魚姫」を見た時怒りを感じたことがあります(笑)
でも許せちゃう何かがあるんですね。
公園が違和感なくディズニーランドみたいに
なってく様子とか、私はもう心が躍っちゃいました♪
愉快なキャラたち。アニメとのそっくりぶりも
 ホントに「技あり」でしたね(笑)

投稿: くろねこ | 2008/03/17 23:29

絶対字幕~~
なんといってもジュリー・アンドリュースの声が聞けますもん♪
で、カーテンでドレスを作っちゃうのが「サウンド・オブ・ミュージック」のパロディだと考えれば楽しさ倍増です。
どこかに出てなかったのかなぁ・・・

投稿: kossy | 2008/03/18 00:46

■ミチさん、こんにちはsun
>王子が歌いだそうとすると邪魔が入る―
自転車の人が災難でしたけど、いい演出ですよねー。

それにしても王子様の扱いが不憫で不憫で(^^;お嫁さんを連れ帰ることができてよかったです。

>ブーツ
現実の国で水虫にかかっていないといいけどねー(笑)


■くろねこさん、こちらにもありがとうsun
ご申告感謝!アドレスは入っていたので、調べようとおもってましたw
折角なので、お名前はこちらで入れされていただきますね。

>公園が違和感なくディズニーランドみたい
思いましたねー。テクノロジーに頼らない歌だけのパレートでも素敵ですよね。・・て画面が切り替わる映画だからかw

>でも許せちゃう何かがあるんですね。
うふふ。ディズニーだから、ってひと言かしら?(爆)
映画は楽しかったですよー!


■kossyさん、こんにちはsun
>カーテン
そっか、既知感はあったのだけど、「サウンド・・・」かぁ。ありがとうございます!
型紙くっきりのインパクトが強すぎて関連付けできませんでした(^^;

>ジュリー
メリー・ポピンズネタでもあれば・・・ですが、これも記憶になし。
いて欲しいところですがw

投稿: たいむ(管理人) | 2008/03/18 17:44

>好きじゃないんけど
上に書かれた方がいるように、アニメもマンガも好きな優しそうなたいむさんに合ってますが...。でも、楽しまれたんですね^^

リスのジェスチャー、良かったですよー。このバカ王子って思いました(笑)

ナンシーは一日どころか10分くらいで、結婚を決めたんじゃないでしょうか!
う〜む、御伽の国のヒラリー女史みたいになりそうですね。

投稿: あん | 2008/03/19 14:08

■あんさん、こんにちはsun
優しそうにみえます???
アニメも漫画も好きで、優しい作品が大好きだけど、本人がそうとは限らない(笑)
ふふふ、騙されちゃダメですよ~(爆)

>このバカ王子っ
勘の悪さは国宝級でしたね。あんなに名演技なのに気がつけよ!ってねw

ナンシーの即決は驚き!バカだけど、優しい王子様だし、尻にひいて結構たのしくやるかもしれませんねw

投稿: たいむ(管理人) | 2008/03/19 17:00

>おとぎの国のプリンセスが略奪愛・・・
とどのつまりは、こうなんですよね。。。

天然姫と脳天気王子のニューヨーク珍道中かと思いきや、
おとなも楽しめる内容で予想以上に面白かったです。
結末も・・・無理やり感はあるものの、
「めでたしめでたし」ってことでOKでしょうか。

投稿: 未来 | 2008/03/20 01:10

■未来さん、こんにちはsun
>とどのつまりは、こうなんですよね。。。
ぶっちゃけそうでしょう?(笑)
ナンシーと王子が上手い具合に引っ付いてくれたから事なきを得たけれど、現実では修羅場です(爆)

>天然姫と脳天気王子のニューヨーク珍道中
こちらでも十分楽しめそうでしたけどね。器用さを感じる作品でした。

無理やり感は、OKどころかめでたしめでたして良かったです。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/03/20 14:55

ディズニーアニメを劇場で観る事って
あんまりないんですが、一応すべて字幕。
吹き替えはまず見ない。。。はずだったのに、
今回、どうしても時間が合わなくて吹き替え。
子供もつれていないのに。。。
でも、これが、どうして、大丈夫でした。

一番よかったのは、やっぱ王子様。
もう、おかしくて、最高!!
予告で見ていたのに、笑ってしまう、自転車のシーン。(自嘲)

ただ、ジゼルの片付けた食器で食事はかんべんです(笑)

投稿: mariyon | 2008/03/21 22:42

こんにちは☆
私も「ダメかも~」なんて思いながらすっごく楽しんじゃいました!
現実の王子がなんだかくどい~><顔がいやだ~><
って思ったんだけどそれまたディズニーアニメっぽくて(!?)良かったです☆
ラストもめでたしめでたしでとても良かった☆

投稿: きらら | 2008/03/22 08:09

■mariyonさん、こんにちはsun
吹替えでも大丈夫でしたかー。
私はTVでの予告編で鳥肌でしたけどw

おバカ王子が何気に人気ですね。
自転車のネタバレが勿体無かったですが、ジャスチャーとブーツにとネタが付きませんでしたねwww

>食器
確かに(^^:


■きららさん、こんにちはsun
王子の顔は私もイマイチ。きっと鼻が(笑)
いかにもディズニーですが、さすがはディズニーでしたねw
めでたしめでたしです良かったです!

投稿: たいむ(管理人) | 2008/03/22 17:26

こんにちは。

実写とアニメーション、現実とおとぎの世界との融合は面白い試みで楽しかったです。ただストーリーは、そういった楽しさよりも既存のディズニーを皮肉る『シュレック』的なものがメインを占めていたのが残念でしたね。

投稿: えめきん | 2008/03/26 11:33

■えきめんさん、こんにちはsun
予告編からこの辺りは期待していましたが、面白い融合でしたよね。

残念ながら未だに『シュレック』はマトモに見ていないんので良くわかりませんが、この作品では、皮肉というよりは、古典を上手くパロっているなーと私は思いましたがw

投稿: たいむ(管理人) | 2008/03/26 20:51

たいむさん、こんばんは。

もうこの映画はディズニーランドそのものって感じでしたよね。公園で歌って踊るシーンはパレード見てるようでした。
どのシーンをとっても大好きです。

投稿: Hitomi | 2008/04/04 22:25

■Hitomiさん、こんにちはsun
>公園で歌って踊るシーン
見どころでしたね~~。
ディズニーランドでも、最近は乗り物より、パレードとかショーとかが好きなお年頃になってしまいましたので、うってつけでした(^^)

私もここが一番好きです!

投稿: たいむ(管理人) | 2008/04/05 18:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/40505988

この記事へのトラックバック一覧です: 「魔法にかけられて(字幕)」みた。:

» [映画『魔法にかけられて』を観た] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆・・・いやはや、いい作品でした^^ 半年ほど前に、この『魔法にかけられて』の予告編を見て、「こりゃ、かなり面白い作品になるぞ」と期待したものだが、何度も何度も予告編を見せられると、この物語が、<アニメ童話の世界の主人公が、現代のNYに来てしまう。そのギャップを楽しむ>と言う1アイディアに頼り切りのようにも思え、ちょっと期待が冷めつつも、「観に行きたい^^」と連れが言うので、「行きつけの映画館w」であるMOVIX昭島に向かった。      #     #     #     # 初っ端は、非常... [続きを読む]

受信: 2008/03/16 01:04

» 劇場鑑賞「魔法にかけられて」 [日々“是”精進!]
本日はメンズデーだったので「魔法にかけられて」を鑑賞してきましたディズニー・アニメと実写を融合させたラブ・ファンタジー!おとぎの世界から現実世界へと迷い込んだプリンセスが、子持ち弁護士と恋に落ちる。現代ニューヨークの街で浮きまくる主人公の暴走ぶりを、お...... [続きを読む]

受信: 2008/03/16 08:29

» ★魔法にかけられて(2007)★ [CinemaCollection]
ENCHANTED映時間108分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2008/03/14ジャンルコメディ/ファンタジー【解説】ディズニーが伝統のアニメと実写を融合させ、さらにセルフ・パロディやミュージカルなど様々な要素も随所にちりばめて描いたファンタジック・...... [続きを読む]

受信: 2008/03/16 12:39

» 「 魔法にかけられて / Enchanted (2008) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【魔法にかけられて】2008年3月14日(土)公開 監督 : ケヴィン・リマ ... [続きを読む]

受信: 2008/03/16 12:51

» 魔法にかけられて [そーれりぽーと]
Viva!ディズニーセルアニメ! 復活アラン・メンケン! 超えられるのか?『シュレック』、いやジェフリー・カッツェンバーグの功績を。 ディズニーが自らの遺産を惜しげもなく自虐ネタにつぎ込んだコメディー映画『魔法にかけられて』を観てきました。 ★★★★ この自虐映画をお祭りとして捕らえられるか、「やっちゃった…」と悲しむのか。 俺は大いに楽しみました。 これはゲラゲラ笑いながら観た者勝ち! ディズニー・セルアニメ映画のパロディーの連続。 『ヘラクレス』の後から聞けなくなっていたアラン・メンケン節の... [続きを読む]

受信: 2008/03/16 14:07

» 魔法にかけられて 原題 [うるう年 2月 4年 29日 1日 2月29日 一度 誕生日]
「魔法にかけられて(字幕)」みた。字幕にこだわっての鑑賞で正解!吹替えだとこっっ恥ずかしくって見ていられなかったかもー。おとぎの国から現代のニューヨークへ!予告編を見た時から、「ヤバイ、(好きじゃないけど)面白そう!」と思っていたが、...http://time-de-ti...... [続きを読む]

受信: 2008/03/16 14:28

» 「魔法にかけられて」 パロディでなくオマージュ [はらやんの映画徒然草]
「サンタを何歳まで信じていた?」なんて話が時々出たりしますが、僕はずいぶん小さな [続きを読む]

受信: 2008/03/16 14:39

» 魔法にかけられて [★YUKAの気ままな有閑日記★]
予告を観ただけで大笑い スッゴク楽しみにしていた映画を字幕版で鑑賞―【story】おとぎの国≪アンダレーシア≫で暮らす心優しいジゼル(エイミー・アダムス)は、夢にまで見た王子様との結婚式の当日に、意地悪な魔女に騙されて魔法をかけられてしまい、世にも恐ろしい世界へ追放されてしまう。そこは“おとぎの国”とは正反対の刺激的な“現代のニューヨーク”で、ジゼルはパニックに陥ってしまう―      監督 : ケヴィン・リマ【comment】楽しくって可愛くって可笑しくって・・・とっても面白かったですこれはきっと... [続きを読む]

受信: 2008/03/16 15:33

» 魔法にかけられて [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『それは、ディズニー史上最も”アリエナイ”魔法。』  コチラの「魔法にかけられて」は、ディスニー映画のお約束をセルフ・パロディしちゃった3/14公開のファンタジー・コメディーなのですが、早速観てきちゃいましたぁ〜♪  とは言っても、「ライラの冒険 黄金の羅...... [続きを読む]

受信: 2008/03/16 17:53

» 魔法にかけられて [eclipse的な独り言 ]
 これも先行上映です。近頃、先行上映の映画が多いのですが、何かいいことがあるので [続きを読む]

受信: 2008/03/16 20:22

» 魔法にかけられて(先行上映) [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
“おとぎの世界”が現実になればいいのに__子供の頃、誰もがそんな願いを胸に抱いたことがあるはず。でも、もうちょっと想像力を働かしてみよう。いつでもどこでも歌ってしまうピュアなプリンセス、白い歯とタイツがチャーミングな王子様、毒リンゴを手にプリンセスを狙...... [続きを読む]

受信: 2008/03/16 22:55

» 魔法にかけられて [とんとん亭]
「魔法にかけられて」 2008年 米 ★★★★ この映画、とってもチャーミングーです^^ アニメ大嫌いの私には冒頭のアニメ・シーンは正直苦痛でしかありませんでした^^ ファンタジー映画として観るのではなく、アニメーションと現実世界との融合を楽...... [続きを読む]

受信: 2008/03/16 23:01

» 「魔法にかけられて」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
「魔法にかけられて」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、ジェームズ・マースデン、スーザン・サランドン、他 *監督:ケヴィン・リマ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラッ..... [続きを読む]

受信: 2008/03/17 07:50

» 映画『魔法にかけられて』 [オタマ・レベルアップ]
映画『魔法にかけられて』を見てきたよぉ~ メディア 映画 上映時間 108分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2008/03/14 ジャンル コメディ/ファンタジー 解説・・・ ディズニーが伝統のアニメと実写を...... [続きを読む]

受信: 2008/03/17 12:36

» 魔法にかけられて [Akira's VOICE]
会話と食事で,愛を育んで歌お〜う♪ [続きを読む]

受信: 2008/03/17 17:55

» 映画 【魔法にかけられて】 [ミチの雑記帳]
先行上映にて「魔法にかけられて」(字幕版) ケヴィン・リマ監督によるディズニー・ファンタジー。 おはなし:“アニメーションの世界”に暮らす心優しいジゼル(エイミー・アダムス)は、夢にまで見た王子様との結婚式の当日、意地悪な魔女に騙されて魔法をかけられてしまい、“現代のニューヨーク”へ追放されてしまった・・・。 期待は裏切られませんでした! POP UP絵本のオープニングに始まり、最後もPOP UP絵本で終わるという、本当に“魔法にかけられ”たような楽しい時間でした。 おとぎの国パートのアニメ... [続きを読む]

受信: 2008/03/17 21:44

» ☆ 魔法にかけられて ☆ [★Shaberiba ★]
「永遠の幸せなど無い所へいけ!」魔女の力でおとぎの国から追放されちゃったジゼル。 彼女がついた場所はなんと現代のニューヨークなのでした!! 本当にここには「永遠の幸せ」はないのでしょうか??... [続きを読む]

受信: 2008/03/17 22:34

» 魔法にかけられて [ネタバレ映画館]
これだけパロディを盛り込むんだから、そりゃ著作権にうるさいディズニーにしか作れない。 [続きを読む]

受信: 2008/03/18 00:43

» 「魔法にかけられて」  ENCHANTED [俺の明日はどっちだ]
いやはや「シンデレラ姫、ニューヨークに行く!」とでも言えばよいか、とにかく今までの “ happily ever after ” を身上としたディズニー映画のセルフパロディぶりが上手く機能して大いに楽しめる娯楽作。 アニメと実写との融合というのはこれまでも幾多行われていたけれど、おとぎの国と現実の世界(しかもニューヨーク)での落差というか、違いをCGを取り入れつつ見せられ楽しいったらありゃしない。 おとぎの森でお姫様を囲むのは可愛い動物たちが定番だけど、NYでは鳩はともかく、どぶねずみ、ハエ、そ... [続きを読む]

受信: 2008/03/19 17:53

» 「魔法にかけられて」 [大吉。]
<水曜日>    (吹き替え版) 「魔法の王国"アンダレーシア"に暮らす心優しいジゼル。夢にまで見たエドワード王子との結婚式の日、彼女は魔女にダマされ、世にも恐ろしい世界"現代のニューヨーク"に追放される。ジゼルの優雅でマイペースな"お姫様キャラ"は、大都会では浮きまくり。ミュージカル風に歌い出せば突っ込みが入り、ヒラヒラのドレスもコスプレ扱い、頼りになる動物たちも都会のネズミや鳩ばかり・・・。 途方にくれる彼女が出会ったのは、バツイチで子持ちの離婚弁護士ロバート。超現実的な彼は小さな娘に対し... [続きを読む]

受信: 2008/03/19 22:34

» 魔法にかけられて [future world]
アニメーションのおとぎの世界から実写の現世に迷い込んだお姫様、 そして彼女を助けにやってくる王子様が〜 安直なストーリーのようでコレが結構面白いんです。 子供の頃、夢見たり想像したアニメのようなおとぎの国・・・ クルクルロングヘアーのお姫様がいて、綺....... [続きを読む]

受信: 2008/03/20 01:11

» 映画 『魔法にかけられて』 [きららのきらきら生活]
  ☆公式サイト☆アニメーションの世界に暮らすプリンセスが、魔法で現代のニューヨークに追放されてしまうディズニー・ファンタジー。“アニメーションの世界”に暮らす心優しいプリンセスのジゼル(エイミー・アダムス)は、夢にまで見た王子様との結婚式の当日、意地悪な魔女に騙されて魔法をかけられてしまい、世にも恐ろしい世界へ追放されてしまう。そこは“おとぎの国”とは正反対の刺激的な“現代のニューヨーク”で、ジゼルはパニックに陥ってしまう。「おもしろいかな〜?」→「くだらなそう、、、」→「でもやっぱりおもしろそう... [続きを読む]

受信: 2008/03/20 12:03

» 予告どおりに「魔法にかけられて」 [茅kaya日記]
JUGEMテーマ:映画 実は、時間の関係で、子連れでもないのに 吹き替えを余儀なくされてしまいました。 ディズニー特有の歌いっぱいのラブロマンスなんで、 大丈夫かと思ったんですが声優さんがとっても上手くて、 充分OKでした。\(^o^)/ そう、、予告で見たとおりの、面白さ。 これって、すごいですよね。 予告であれだけ見せていいのって心配してましたから(笑) ... [続きを読む]

受信: 2008/03/21 22:38

» 映画「魔法にかけられて」 [映画専用トラックバックセンター]
映画「魔法にかけられて」に関するトラックバックを募集しています。 [続きを読む]

受信: 2008/03/22 01:40

» 【2008-64】魔法にかけられて(Enchanted) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? それは、ディズニー史上最も“アリエナイ”魔法! [続きを読む]

受信: 2008/03/22 18:57

» 『魔法にかけられて』 [cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー]
アニメと実写の融合、ディズニー自身のセルフパロディもかわいらしくて面白いファンタジックなコメディ、『魔法にかけられて』。やっと観ました~。 魔法の王国アンダレーシアで暮らすジゼルは、王子エドワードと運命的に出会い結婚をすることに。この結婚によって、王位を揺る... [続きを読む]

受信: 2008/03/23 02:21

» 映画「魔法にかけられて」 [しょうちゃんの映画ブログ]
■邦題:魔法にかけられて ■原題:ENCHANTED ■上映時間:108分 ■製作国:アメリカ ■ジャンル:コメディ、ファンタジー ■配給:ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン ■提供:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ ■公開:2008/03/14 ■劇場:高槻ロコ9シネマ(シネマ8/J-14) ■パンフレット:600円 ■オフィシャルサイト:http://www.disney.co.jp/movies/mahokake/ それは、デ... [続きを読む]

受信: 2008/03/23 21:52

» 魔法にかけられて (2007・アメリカ) [白ブタさん]
これもまた期待どおりの、かわいくて楽しい作品でした{%リボンwebry%} [続きを読む]

受信: 2008/03/24 09:18

» 『魔法にかけられて』2008・3・23に観ました [映画と秋葉原と日記]
『魔法にかけられて』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ “アニメーションの世界”で、森の楽しい仲間達と暮らす心優しいプリンセスのジゼル(エイミー・アダムス)は、夢にまで見た王子様と出会い。結婚式の当日、意地悪な魔女に騙されて魔法をかけられ... [続きを読む]

受信: 2008/03/25 14:13

» 魔法にかけられて [5125年映画の旅]
魔法の国に暮らす少女ジゼルは、エドワード王子と運命の出会いを果たしその日に結婚を約束する。しかし国を支配する女王は、エドワードが結婚する事で自分に代わって国を治める事を恐れジゼルを別の世界に追放してしまう。ジゼルが辿り着いたのは、魔法の国とはかけ離れた....... [続きを読む]

受信: 2008/03/26 11:29

» 「魔法にかけられて」自虐ネタ満載で大人でも大丈夫 [soramove]
「魔法にかけられて」★★★☆ ディズニー映画、レイチェル・カヴィ、スーザン・サランドン主演 ケヴィン・リマ監督、アメリカ、2007年、108分 アニメの御伽の国から追放されたプリンセスは 下水管から現代のニューヨークに。 スカートの裾が大きすぎて 下...... [続きを読む]

受信: 2008/03/30 10:34

» 『魔法にかけられて』 (2007) / アメリカ [NiceOne!!]
原題:ENCHANTED監督:ケヴィン・リマ脚本:ビル・ケリー音楽:アラン・メンケン出演:エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、ジェームズ・マースデン、スーザン・サランドン、レイチェル・コヴィー鑑賞劇場 : 109シネマズMM横浜公式サイトはこちら。<STOR...... [続きを読む]

受信: 2008/03/30 21:15

» 魔法にかけられて [C'est Joli]
魔法にかけられて’07:米 ◆原題:ENCHANTED◆監督:ケヴィン・リマ「102」「ターザン」◆出演:エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、ジェームズ・マースデン、スーザン・サランドン、レイチェル・コヴィー ◆STORY◆アンダレーシアで動物たちと暮らす美しい....... [続きを読む]

受信: 2008/03/30 22:10

» 魔法にかけられて [にき☆ろぐ]
おとぎの国に住んでいたプリンセスが魔法により現代のニューヨークに追放されてしまったということでアニメーションと実写が混じったファンタジー映画ですね評判がとても良かったので見てきました最初はアニメーションなのですがひっさしぶりにCGでないディズニーアニメ...... [続きを読む]

受信: 2008/03/31 05:01

» 『魔法にかけられて』 (2007) / アメリカ [NiceOne!!]
原題:ENCHANTED監督:ケヴィン・リマ脚本:ビル・ケリー音楽:アラン・メンケン出演:エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、ジェームズ・マースデン、スーザン・サランドン、レイチェル・コヴィー鑑賞劇場 : 109シネマズMM横浜公式サイトはこちら。<STOR...... [続きを読む]

受信: 2008/04/02 20:28

» 魔法にかけられて [Diarydiary! ]
《魔法にかけられて》 2007年 アメリカ映画 - 原題 - ENCHANTED [続きを読む]

受信: 2008/04/03 20:40

» 魔法にかけられて☆愛は魔法の国を越えて現代へ・・・・。 [銅版画制作の日々]
 真実の愛のキスは、誰とのキス? 4月1日、ファーストディにMOVX京都にて鑑賞。前日は「マイ・ブルーベリー・ナイツ」を観たので、連続シアター通いとなってしまった。「ウォーター・ホース」を書くつもりでしたが・・・・。この作品のツボにはまってしまい、記憶が鮮明なうちに、書かなければと思いました。 鑑賞前は、何となく幼稚なイメージがあったりして。観ようかどうか?迷っていましたが、1000円で観れるということもあったので、早速シアターに足を運びました。 さすがディズニーやってくれます... [続きを読む]

受信: 2008/04/09 12:55

» 魔法にかけられた [おねぇ~ちゃんズHi!]
魔法にかけられて/Enchanted(HMV) Amazon.co.jp Tow [続きを読む]

受信: 2008/04/09 20:24

» 魔法にかけられて [ケントのたそがれ劇場]
★★★★  オープニングは『白雪姫』もどきのアニメでスタート。主人公のジゼルは、夢の中で出逢った王子様と結婚することを願う。そしてその夢が叶って、いよいよ王子との結婚式の朝を迎えるのだった。 魔法にかけられて 2-Disc・スペシャル・エディション [DV... [続きを読む]

受信: 2009/06/22 14:59

« 機動戦士ガンダム00(#23) | トップページ | 『図書館危機』 有川 浩 〔著〕 »