« 機動戦士ガンダム00(#18) | トップページ | 第10弾は「まるマ」に「トップ」に「イデ」 »

2008/02/10

「チーム・バチスタの栄光」みた。

B_2 人を生かすも殺すも医者次第・・・とかなったら怖いなって思う。でも、よくよく考えなくても本当にやろうと思えば簡単に出来ちゃいそうだから尚恐ろしい。
原作は、映画を観てから読もうと待機させていた作品。正解か不正解かは読んでからの判断。けれど、私は映画は映画としてなかなか面白かったと思う。本で読んでもなかなかイメージできない手術の様子などはこれでバッチリ、ってくらい視覚に訴えてくれていたし。
(以下、若干ネタに触れていますが、核心には触れません 

原作が「このミス」大賞の大ベストセラー小説なだけあり、主線である”謎解き”も念入りに良く出来ていて、”ミステリー作品として”満足なものだった。トリックは、さすが現職医師が書いた小説であるから実に専門的でド素人が看破できるものじゃないけれど、「アレがなんだが怪しい」だから「あの人」といった”犯人あて”を”探偵の目線”で大いに楽しむことはできた。また、謎解きは横に置き”バチスタ手術”の様子は見ていてとても興味深かった。殺傷だの刃物だのは大苦手だけど、手術シーンは何故か直視できる私。心臓を切り取ると「”あけびの実”みたい。」なーんて思ったりして(笑)。とにかく映像がリアルそのもの。TV放送されたナビ番組では、俳優さんたち其々が役に合わせて”一芸”を必死に訓練されている姿をみた。その身につけられた技術の披露がとても見事だった。心臓の縫合シーンは吉川・佐野両氏の実演。吉川さんへのアドバイスでは「縫合は”ロック”のリズムではなく”バラード”で。」だったが、実に的確な比喩から、そのとおり緩急のある”バラード縫合”に拍手だね!
原作とは若干キャストがいじってあるこの映画。主人公の田口公子は原作では男。男女の差は見る側の感情移入の仕方に大きく影響するものと思うので、これはこれで(私は)成功ではないかと思う。しかしこの作品も予告編で見せ過ぎな気がする。折角の二段階のネタが早々にわかっちゃった私。となると”犯人”も必然的に絞られちゃうのよね。
音楽が佐藤直紀氏なだけあってコミカルはコミカルに、暗雲が立ち込めればそのように、実に良く盛り上げてくれた。やっはり佐藤氏の音楽は好きだなぁ、ドラマチックで(笑)

総評:★★★★☆  好き度:★★★☆☆++  オススメ度:★★★★☆

俳優さんの頑張りにちょっぴりオマケ(^^)

|

« 機動戦士ガンダム00(#18) | トップページ | 第10弾は「まるマ」に「トップ」に「イデ」 »

コメント

あけびの実ですか…(汗)。

さすがにそれは…。
ぼくはメスだのカミソリだのがダメで、
この手術シーンも、
まるで『サスペリア』を観ているみたいでした。

何度も出てくるので、
最後は慣れてきましたが…。

投稿: えい | 2008/02/10 21:27

■えいさん、こんにちはsun
>あけび
色は随分違いますが、ぱっくりしてるトコとかが・・(^^;
私もメスはすっごく恐いし、血も得意ではないのだけど、この場合は好奇心が勝ってしまうようです。

>最後は慣れてきましたが…。
それはありますね(^^)
私もメイキングで見てましたから。すんなり。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/02/10 22:37

たいむさん、こんにちは!

確かに手術のシーンは映画を観てからの方が小説は楽しめるかもしれないですねー。
それぞれの手術中の医師のポジションなどはやはり視覚の方がわかりやすかったです。
逆に前段の人物紹介は小説の方がスマート。
映画の方は動物に例えたりして、時間的な制約がある中の苦労が伺われました。
映像と文字、そういう点で比較してもおもしろいかもしれませんね。

投稿: はらやん | 2008/02/11 08:31

■はらやんさん、こんにちはsun
専門用語の多い分野は、設備や道具の名前はなかなか覚えられないけれど、映像だと一目瞭然。理解しやすくなりました。
小説でしか出来ないこと、映像でしか出来ないこと、なのでしょう、この作品は。

>映画の方は動物に例えたりして
やっぱり映画オリジナルですか?
イラストで表現するあたり、妙に女性的で映画仕様?って思っていました。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/02/11 10:36

 役者さんは、申し分ないだけにあれだけの人数をどー
ゆー風に活かすのかが作品の「肝」になると思う点が。
7人全員に「手術失敗」を起こすだけの理由・要因を用
意するのは難しいにしても、もう少し、主人公ふたりと
の駆け引きは欲しかったかな。

 駄作じゃないケド、物足りない。

投稿: たましょく | 2008/02/11 10:47

たいむさん、こんにちは!
なかなか楽しまれたようですね~
私はイマイチでした(汗)
原作の雰囲気と違い過ぎる、と思っちゃったんですぅ~
あまり原作と映画を比べても仕方ありませんが・・・やっぱり田口&白鳥の良さが何にも出ていなくてガックリでしたcrying
原作の方が人間模様を堪能出来ると思います。
是非読まれてみて下さいねnote

投稿: 由香 | 2008/02/11 11:54

■たましょくさん、こんにちはsun
役者さんは濃厚で満足でしたが、確かに使い切れていない感じはありますね。
>物足りない
うーん、駆け足ではありますね。
連続ドラマ向きなのかもしれませんね。


■由香さん、こんにちはsun
原作ファンはもとより、未読者での概ね評判があまりよくない感じですが、私は楽しみましたよ(^^)
でも、評価が高いのは「L」を先に見たからかもしれません(笑)
原作は、今読んでいる別の本が終わってから読みます。来週くらいには手がつけられるといいなって思ってます。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/02/11 17:03

こんばんわ。

≫縫合は”ロック”のリズムではなく”バラード”で。

ほほう。
私、この作品の中では一番吉川さんが素晴らしかったな
って思いました。バチスタチームの執刀医らしい存在感が
出てて素敵だったわ~。
ちゃんと役者として成功してるじゃないの!って感心
しちゃいました。

原作もなにも考えずに、映画としてみたときに・・・
私としてはやっぱり物足りなさやインパクトの薄さを
感じる作品ではありましたが・・・でもサスペンスの
醍醐味は味わわせてもらったので良かったかなって思います♪

投稿: 睦月 | 2008/02/11 20:08

「あけび」、確かに。(笑)
原作ファンには、微妙な映画でした。白鳥のイメージ、違い過ぎてがっかりです。阿部さん、脂ぎっててイヤだった。(爆) 竹内結子、監督が使いたかったのかな? 田口先生にしても、女性では出せない雰囲気、あるのになって思いました。あまり期待してなかったから、及第、としました。

投稿: あかん隊 | 2008/02/12 15:16

■睦月さん、こんにちはsun
吉川くんは昔の面影はどこへらや~とばかりに化けましたよね(笑)
ちゃんとゴットハンドっぽかったし、正義感に支配された傲慢さもかもし出していたしで、とても良かったですよね。
私は最初から原作には及ばぬものの、割り切り、受け入れることが出来たのでエンタメを楽しみました。
120分の枠では絶賛できる作品はめったにお目にかかれませんしね。確かに、ケチを付けたらキリがないのでしょうが。

■あかん隊さん、こんにちはsun
>「あけび」、確かに。(笑)
でしょ!(^^)
けど、今の人は”あけびの実”なんて知らないのかなーって思ったりも。

つくづく原作を後回しにして良かったと思ってます(笑)
原作の白鳥&田口がとんなタイプなのか今から楽しみです。
もともと別ものと思ってみていたので、私も及第+αですw

投稿: たいむ(管理人) | 2008/02/12 17:13

【映画情報サイト『シネトレ』公認!映画ブロガー募集のお知らせ】

こんばんは。
突然のTB、コメントをお許しください。
映画情報サイト『シネトレ』です。
http://www.cine-tre.com

映画情報+試写会プレゼント『シネトレ』では、
シネトレのスタッフよりも映画のことを熱く!語れる、
『シネトレ』公認映画ブロガーを募集しています。

貴殿のブログを拝見させていただき、是非エントリーをお願いしたく思い、ご連絡させていただきました。
詳細は、『シネトレ』をご覧ください。宜しくお願いいたします。

シネトレクロスメディアマーケティング
blog@cinevine.jp

投稿: シネトレ | 2008/02/12 18:51

■シネトレ様
当ブログへの訪問、及び評価をありがとうございます。
「是非エントリーを」とのことですが、誠に申し訳ないことに、当方はシネトレ様のことをまったく知りませんでした。ブログを拝見させていただきましたが、エントリーには個人情報が必要なことでもあり、暫く保留させていただきたく思います。
お急ぎの場合は、すみません。ご容赦ください。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/02/12 19:35

たいむさん、こんにちは☆
映画ならではの医療用語の説明のわかりやすさは助かりましたね。
医療ミステリーとしては、なかなか面白かったと思うんですけど、やはり主人公を女性にしたところに、キャラクターにちょっと無理があったのかなーと。
チームとのギャップを表現するために、しかも女性になったからあのぽよよんとしたムードになったんだと思うんですけど、あの抜けっぷりは医者としてはいくらなんでも・・・という感じでした。
でも吉川晃司がカッコよかったのでよしとしてます。(^^;;;;;

投稿: ルールー | 2008/02/15 18:08

■ルールーさん、こんにちはsun
>映画ならではの医療用語の説明のわかりやすさ
ですよね。タダでさえ名前がわからない器具を使う医療現場ですし助かりましたねw

一般ウケを狙って女性の投入をしたものと私は思いますが、やや狙いすぎではありましたね。
原作ファンには特にウケが悪いようですし、良し悪しですね。
一線を画すように別のタイトルにして「チーム・・」より、とかにしても良かった作品かもしれませんねw

吉川さんは良かったですね!!

投稿: たいむ(管理人) | 2008/02/15 20:31

原作を後にして、正解かも知れませんよ。
私はかなり原作が好きだったので『田口は男じゃなきゃイヤだー!』って今でも思っています。ははは、我ながらしつこい。

>あけびの実
私は白っぽい鶏肉だと思いました。
もちろん、その日は鶏料理は止めにしました...。

TBの送受信、直りました。またよろしく(^^)

投稿: あん | 2008/02/16 23:07

■あんさん、こんにちはsun
>『田口は男じゃなきゃイヤだー!』
外科は向かないと断言するヘタレ男とは「ブラック・ペアン・・」での印象から思っておりましたが・・・(^^)
私はイメージ的に田口さんこそ「田口」っぽく思っておりました。(あんさんは白鳥と書かれてましたねw)

>白っぽい鶏肉
そうそう、筋肉だからあーなんでしょうか?意外な色でした。
でもハリのあるぱっくり加減があけび(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/02/17 09:09

たいむさん、こんにちは。
手術のシーンはあまりグロくなくて、ちょっとホッとしましたheart02
佐野史郎が手術後に心臓がようやく動いた時に取り乱してましたけど、あれはなかなかいいシーンじゃありません?淡々と仕事を行っているように見えても、相当な重圧を受けているのだなあと分かる気がしました。

投稿: アビ | 2008/02/17 16:33

■アビさん、こんにちはsun
>佐野史郎
あの取り乱しっぷり見事でしたよね。どんだけのプレッシャーでどんだけの緊張だったのか、ずっと息を止めていたのかがビンビン感じられましたね。

手術は手術なんですね。ドバーッて出血しちゃうのは何らかのトラブルなんだって分った気がしました。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/02/17 18:15

こんばんは!

心臓手術中に起きる殺人という非常にシリアスかつ緊迫感のある設定、二転三転するストーリー、癖のあるキャラクター等、邦画サスペンス映画の傑作になりえる要素がたくさん詰まっていたにも関わらず、無駄なコメディ要素のせいで一気に質が落ちてしまいました。
コメディパートもつまらないとは言いませんが、今回は余計でしたね。

投稿: えめきん | 2008/02/19 22:12

■えめきんさん、こんにちはsun
監督の意向にもよるのでしょうが、完全にサスペンス調に仕上げていればカナリ秀作になりそうな原作のトリックでしたよね。
けれど、もしかしたら小説だからのトリックであり、映像にしちゃうとヒントが見えすぎちゃう作品のような気もしています。コメディは、あえて視点をそらし、ミスリードするものだったのでは?なんて思うこの頃です。好意的すぎかな?(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/02/20 17:20

こんにちはたいむさん
TBお邪魔しますね。
たいむさんは、この映画随分楽しまれたようで良かったですね。
決して駄作ではないと思いますが、僕はとても1800円出して観る映画とはいえませんでした。
こうしたテーマの映画はもう少しシリアスなほうが、僕は好きですね。院長は我感ぜずだし、阿部と竹内と井川の三人がコメディータッチを演ずるのも大いに疑問でした。

投稿: ケント | 2008/03/01 17:23

■ケントさん、こんにちはsun
最近は、1800円出しても・・と言う映画は少ないですね。

>こうしたテーマの映画はもう少しシリアスなほうが
確かにそうかもしれません。
原作は秀作とのことなので、別物として期待せずに観たため、楽しめたのかもしれません。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/03/01 19:40

たいむさん、こんばんは。
遅ればせながら観ました。『バンテージ・ポイント』と最後まで迷ったんですが、『バチスタ』が公開終了してしまいそうだったのでこちらを選定(された!私に決定権はナシ…涙)

作品自体は思ってよりコメディ色が強くて、個人的にはかなり楽しんで観れました。予告編もそれほど見ていなかったので二段オチもわかりませんでした。最初から「一番怪しいかなぁ」とは思ってましたけどね。あと個人的に苦笑したのは「レモンティ」の歌。ああいった細かいところで笑える作品でした。

投稿: GAKU | 2008/03/09 20:55

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: 株の価値 | 2012/05/25 20:43

■株の価値さん、こんにちはsun
はじめまして。
過分なお褒めのおことば、ありがとうございます。
いつでもお待ちしています。

投稿: たいむ(管理人) | 2012/05/26 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/40070254

この記事へのトラックバック一覧です: 「チーム・バチスタの栄光」みた。:

» チーム・バチスタの栄光 [eclipse的な独り言 ]
 この記事にトラックバックする映画ブロガーはこの記事にコメント入れること。(嘘) [続きを読む]

受信: 2008/02/10 21:00

» 「チーム・バチスタの栄光」人の心理を巧に突いた半径10cmの犯行現場 [オールマイティにコメンテート]
「チーム・バチスタの栄光」は2006年第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞の同名ベストセラーを映画化で心臓移植専門のバチスタチームが原因不明の3連続失敗で内部調査に乗り出し、そこに厚生省の役人も絡んで事件の真相を解明していくストーリーである。内容はバチス...... [続きを読む]

受信: 2008/02/10 23:05

» 「チーム・バチスタの栄光」 プロ意識と傲慢さ [はらやんの映画徒然草]
命を預かる仕事をしている方々が日々感じているプレッシャーというのはたいへんなもの [続きを読む]

受信: 2008/02/11 08:03

» 「チーム・バチスタの栄光」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「チーム・バチスタの栄光」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎、野際陽子、平泉成、國村隼、他 *監督:中村義洋 *原作:海堂尊 感想・評価・批評 等..... [続きを読む]

受信: 2008/02/11 08:32

» チーム・バチスタの栄光 [Akira's VOICE]
原作者と,メディア, マスコミの絶賛はおかしい! [続きを読む]

受信: 2008/02/11 11:09

» チーム・バチスタの栄光 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
くどくて申し訳ないが、海堂尊氏の『チーム・バチスタの栄光』が大好きだ。だから、その小説が映画になると聞いた時に、「ほぅー」と思った。で、キャストを聞いた時には思わず「ゲゲッ」となった。何故なら、本作の主役を務める田口公平の名前が田口公子になっており・・・女性が演じると分かったからだ。ショックで鑑賞をスルーするつもりだったが・・・ちょっと好奇心が出てきたりしてだから、原作のことは忘れよう。それはそれ、これはこれだ。    由香、無の境地で劇場へいざ出陣― パッカパッカ【story】高難度の心臓手術「バ... [続きを読む]

受信: 2008/02/11 11:51

» チーム・バチスタの栄光 [Good job M]
公開日 2008/2/9監督:中村義洋 「アヒルと鴨のコインロッカー」出演:阿部寛/竹内結子/吉川晃司/池内博之/玉山鉄二/井川遥/田口浩正/田中直樹/佐野史郎 他【あらすじ】東城大学付属病院では、高難度の心臓手術“バチスタ手術”の専門集団「チーム・バチスタ」を結成。...... [続きを読む]

受信: 2008/02/11 14:50

» 「チーム・バチスタの栄光」 [永遠の自分探し  って迷子やん!!]
公式HPはコチラ 以下、一応ネタバレ注意。 もちろん(笑)、原作未読。 キャッチコピーの「犯行現場は半径10?。この7人の中に、いる。」には その緊迫感に興奮させられ、 2月のどうしても観たい映画のひとつだったわけですが、 まーーーー、なんとも期待はずれ。 ミニシアター系だったら及第点でしたけど、 いやーーーー・・・。 白鳥(阿部寛)が出てくるまでの間に睡魔が。 白鳥が出てからはストーリーに、・・・というか挑戦的な役柄のせいでひきしまるものの、 ストーリー展開としてはあっさりしすぎていて物足... [続きを読む]

受信: 2008/02/11 18:36

» 『チーム・バチスタの栄光』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
1/23に行った1ヶ月ぶりの舞台挨拶。2008年1発目は、第四回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した現役医師・海堂尊原作『チーム・バチスタの栄光』登壇したのは、竹内結子、阿部寛、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、佐野史郎、中村義洋監督、原作者・海堂尊。....... [続きを読む]

受信: 2008/02/11 20:04

» チーム・バチスタの栄光 [Yuhiの読書日記+α]
2006年第4回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した海堂尊原作の同名ベストセラーを映画化したものだそうです。ミステリーものが大好きな私としては、この原作が以前から気になっていて、ずっと読みたいなと思っていたのですが、なかなか小説を読む機会がなく・・・。映画の方が先になってしまいました。 <あらすじ> 東城大学付属病院では、桐生助教授(吉川晃司)を中心に、難易度の高い「バチスタ手術」の専門集団「チーム・バチスタ」を作り、26例連続して成功を収めていた。ところが最近、3例続けて術中死が発生した... [続きを読む]

受信: 2008/02/11 20:51

» チーム・バチスタの栄光 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
観てきました~。 今日はチーム・バチスタとLのかけもちだったんで少々疲れました [続きを読む]

受信: 2008/02/12 07:44

» ≪チーム・バチスタの栄光≫(劇場@2008/02/10@090) [ミーガと映画と… -Have a good movie-]
公式HP    詳細@yahoo映画 昨日は突然思い立ってこの作品を劇場鑑賞して来た 予告を見て前々から面白そうだから観に行きたいなぁとは思っていたんだけど 翌日が休み&レイトショー&公開二日目って条件だからか8割くらい入ってて結構混んでた... [続きを読む]

受信: 2008/02/12 13:31

» 『チーム・バチスタの栄光』 [風模様Days]
最近医龍といい、この『チーム・バチスタの栄光』といい バチスタブーム?ですね各分野のスペシャリストが集結した「チーム・バチスタ」。失敗したとは思えない手術で次々と患者が亡くなっていく。犯人はチーム内にいる! なんだがまるでコナンのようですが、むしろ全体に流れる雰囲気は「TRICK」。阿部寛がいるから…というわけではないのでしょうが、彼のキャラクタを生かしたらそうなっちゃった、という感じでしょうか。 深刻になりそうな随所随所で笑いが散りばめられていて、まぁおもしろいと言えば失笑にもな... [続きを読む]

受信: 2008/02/12 14:02

» 2008-07『チーム・バチスタの栄光』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 2008-07『チーム・バチスタの栄光』(更新:2008/02/10) 評価:★★★★☆ 犯行現場は、半径10センチ…衆人環視の中、実行された究極の完全犯罪。 心臓外科手術って凄いよねって思って見入っちゃいました..... [続きを読む]

受信: 2008/02/12 18:03

» チーム・バチスタの栄光 [cococo]
こういう脚色を歓迎してよいものか、どうか。判断に悩む。まずは、そう退屈しなかった [続きを読む]

受信: 2008/02/12 22:57

» チーム・バチスタの栄光 [C'est Joli]
チーム・バチスタの栄光’08:日本 ◆監督:中村義洋「アヒルと鴨のコインロッカー」◆出演:阿部寛、竹内結子、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎 ◆STORY◆ 東城大学付属病院でのバチスタ手術が3例続けて失敗する。内部調査を...... [続きを読む]

受信: 2008/02/12 23:19

» チーム・バチスタの栄光 [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
2006年第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞の同名ベストセラーを映画化。出演は、外科は素人の心療内科医師・田口に、日本を代表する美しさが魅力の女優・竹内結子。 厚生労働省のキレモノ役人・白鳥に、常に独特の存在感で観客を魅了する俳優・阿部寛。また監督には...... [続きを読む]

受信: 2008/02/13 21:25

» チーム・バチスタの栄光 [映画感想つれづれ日記]
Amazon.co.jp ウィジェット   高技術が必要とされるバチスタ手術。 心臓の不十分な筋肉収縮部位に対して、心臓をいったん停止させ、切除・縫合をするというこの手術は成功率60%と低い数値があるように、かなり危険なもの。  しかし26回連続でこの手術を成功させたのが東城大学付属病院の桐生医師(吉川)率いる、チーム・バチスタ。 だが、ここ3回連続で手術ミスにより患者が死亡。 この謎の死亡を調べて欲しいと、院長からじきじきに田口医師(竹内)はたのまれ調査を開始。 調査結果を「特に問題は見... [続きを読む]

受信: 2008/02/13 22:55

» 【映画】チーム・バチスタの栄光 [新!やさぐれ日記]
■動機 原作を読んで映像化作品を観たくなったため ■感想 よしときゃよかった ■満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり ■あらすじ 高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3度続けて術中死が発生。内部調査を任された田口(竹内結子)が適当な報告で締めくくろうとした矢先、厚生労働省から派遣された切れ者役人の白鳥(阿部寛)が現れる。2人はコンビを組んで、“チーム・バチスタ”のメンバーを再調査することになる。 ■コメント もともと原作に興味のあった... [続きを読む]

受信: 2008/02/13 23:29

» 劇場鑑賞「チーム・バチスタの栄光」 [日々“是”精進!]
 「チーム・バチスタの栄光」を鑑賞してきました第4回「このミステリーがすごい」大賞を受賞した、現役医師・海堂尊の手によるベストセラー同名小説を映画化。新感覚医療ミステリー!ストーリーは・・・成功率60%といわれる心臓手術、バチスタ手術を26回連続成功さ...... [続きを読む]

受信: 2008/02/14 14:45

» メディカル”コメディ”サスペンス。~「チームバチスタの栄光」~ [ペパーミントの魔術師]
自分の担当ジャンルでただいま ものすごくスペースをもらって大々的に展開してるのが コレ。 チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)海堂 尊 宝島社 2007-11-10売り上げランキング : 3Amazonで詳しく見るby G-Tools で..... [続きを読む]

受信: 2008/02/14 15:40

» チームバチスタの栄光 [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  朝田龍太郎を呼べ!   [続きを読む]

受信: 2008/02/14 20:07

» 映画『チームバチスタの栄光』 [ルールーのお気に入り]
いや〜ここ数日バタバタしておりましたが、もろもろの合間にちろちろ映画も観ておりました。 とりあえず一番最近のからボチボチアップしていこうと思います。 まずは、「このミステリーがおもしろい」の第4回大賞作品である医療ミステリーの映画化、『チームバチスタの栄光』から。 ... [続きを読む]

受信: 2008/02/15 17:28

» チーム・バチスタの栄光 [★試写会中毒★]
満 足 度:★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:中村義洋 キャスト:竹内結子       阿部寛       吉川晃司       池内博之       玉山鉄二       井川遥       田口浩正       田中直樹       ... [続きを読む]

受信: 2008/02/16 14:31

» 【チーム・バチスタの栄光】 [日々のつぶやき]
監督:中村義洋 出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、玉山鉄ニ、井川遥、田中直樹、佐野史郎、田口浩正 「病院長に呼ばれた愚痴外来と言われる窓際医師の田口は、通常6割の成功と言われている難易度の高いバチスタ手術を100%成功させてきた桐生率いるチーム... [続きを読む]

受信: 2008/02/16 14:38

» やっぱり行き着く先は、ここ。『チーム・バチスタの栄光』 [水曜日のシネマ日記]
有能な心臓手術チームに起きた連続術中死をめぐり、謎を解き明かす医療ミステリー映画です。 [続きを読む]

受信: 2008/02/16 18:03

» 映画「チーム・バチスタの栄光」を観ました!!(2008-05) [馬球1964]
映画「チーム・バチスタの栄光」を観ました!!2008年の第5作目です [続きを読む]

受信: 2008/02/16 19:05

» 映画『チーム・バチスタの栄光』 [頑張る!独身女!!]
これでいんだよね。 [続きを読む]

受信: 2008/02/16 21:44

» チーム・バチスタの栄光 [描きたいアレコレ・やや甘口]
犯人はお前だ!ってゆうか...犯人役はこの人かぁ...。 うっ、そうだった!映画だと、血とドクドクしている心臓が映っているんだ...。 心臓手... [続きを読む]

受信: 2008/02/16 23:08

» チーム・バチスタの栄光 を観ました。 [My Favorite Things]
ここ数年、米国をはじめ日本も医療モノは、結構人気ですね…。 [続きを読む]

受信: 2008/02/17 00:39

» チーム・バチスタの栄光 [豪の気ままな日記]
評価☆☆☆ バチスタ手術というとビックコミックで連載されている医龍をまず思い出して、この作品も医龍のような純粋な医療ものの映画かと思っていたんだけど、実はバチスタという手術室の中で起きた密室殺人のトリックを暴いていく医療サスペンスもの。原作は現役の医者が..... [続きを読む]

受信: 2008/02/17 01:51

» [映画]チーム・バチスタの栄光 [落とし穴には気をつけろ!]
「バチスタ手術」って、この映画で初めて知りました。最近の医学って凄いんだなあ。 優秀なバチスタ手術チームが急に3例続けて失敗したことから、不定愁訴外来の田口医師(竹内結子)と厚生労働省の白鳥(阿部寛)が内部調査をする話です。なかなか面白かったですよ 竹内結子は、人がよくておっとりしてるけど意外と負けず嫌いな感じの不思議キャラがいい感じですね。阿部寛は、エリート意識むき出しの上もの凄い自信過剰で。でも有能だし、何故か憎めない。この人はこういう変人キャラが得意だよねえ田口医師の調査が、そのまま観客に... [続きを読む]

受信: 2008/02/17 12:16

» チーム・バチスタの栄光 [聖なるブログ 闘いうどんを啜れ]
まず家電販売店を節電させろ! [続きを読む]

受信: 2008/02/18 19:31

» チーム・バチスタの栄光 [5125年映画の旅]
成功率60%と言われるバチスタ手術をことごとく成功させてきたチーム・バチスタの7人。しかしある日を境に、チームは3度の手術を立て続けに失敗してしまう。不定愁訴外来、通称『愚痴外来』の田口公子は、チームリーダーの桐生から第3者の視点で事態を解明して欲しい....... [続きを読む]

受信: 2008/02/19 22:04

» 【2008-33】チーム・バチスタの栄光 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 心臓手術のエリート 「チーム・バチスタ」 3件連続 原因不明の手術失敗 容疑者は7人の天才 究極の完全犯罪 犯行現場は半径10センチ 犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。 ... [続きを読む]

受信: 2008/02/24 20:58

» チーム・バチスタの栄光 観てきました。 [よしなしごと]
 今回はチーム・バチスタの栄光を観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008/02/27 01:23

» チームバチスタの栄光 [Sweetパラダイス]
ネットカフェからの投稿ですチームバチスタの栄光見て来ました小説は未読です。東城大学付属病院では、難易度の高い心臓移植手術【バチスタ手術】の専門集団【チームバチスタ】を作り100%の確立で成功をおさめていた。ところが最近、三例続けて術中死が発生している。...... [続きを読む]

受信: 2008/02/29 23:24

» チームバチスタの栄光 [ケントのたそがれ劇場]
★★★  予告編をちらっと観たとき、この映画はマンガ『医龍』のパクリなのだろうか。そして主演の竹内結子はバチスタメンバーなのだろうと、勘違いしてしまった。 確かにバチスタチームを中心にしている点は『医龍』と同じだが、そもそも竹内結子はバチスタメンバーではな... [続きを読む]

受信: 2008/03/01 17:19

» チームバチスタの栄光 [ダイターンクラッシュ!!]
2月24日(日) 16:10~ 日劇2 料金:1300円(交通会館のプレイガイドで前売りを購入) パンフレット:後日購入予定 『チームバチスタの栄光』公式サイト 医療ミステリー。宝島社の「このミステリーがすごい」大賞を受賞した。原作は読んでいない。 吉川晃司が、有能な外科医というかなり説得力のなさそうな配役であるが、意外と違和感はなかった。 怪人佐野史郎は、家族が医師の一族だそうで、怪しいながらも似合っている配役だ。 日本映画界の重鎮阿部ちゃんは、厚生労働省の役人で登場。 彼がセリフを吐くた... [続きを読む]

受信: 2008/03/06 23:53

» チーム・バチスタの栄光 〜 コメディとシリアスのバランスが絶妙 〜 [Prototypeシネマレビュー]
〜 コメディとシリアスのバランスが絶妙 〜 現役医師である海藤尊が書き上げたミステリー小説を実写映画カしたこの作品『チーム・バチスタの栄光』(2008年/日本/ドラマ)。何でも「このミステリーがすごい大賞」というのにも選ばれたとか。 実際観てみると、ミステ....... [続きを読む]

受信: 2008/03/09 13:36

« 機動戦士ガンダム00(#18) | トップページ | 第10弾は「まるマ」に「トップ」に「イデ」 »