« 『ブラック・ペアン 1988』 (著)海堂尊 | トップページ | DVD『モノノ怪-鵺(ぬえ)』 »

2008/01/24

「ウォーター・ホース(試写会)」みた。

Water 特に期待はしていなかったけれど、それでも「感動秘話」なんて触込みだったし、泣けるんだろうなぁとか思っていたけど・・・なんだこりゃ?
一昨年、『小さき勇者たち~ガメラ~』の時にも酷評している私だけど、これには思わず”ガメラ”に軍配を挙げたいと思った。
(以下、若干ネタに触れています)

少年が、奇妙なモノを拾って持ち帰り、拾い物は卵で、いつのまにか孵化して得体の知れない生物の赤ちゃんがお腹をすかせてギュアギュアし始める。途方にくれながらも無邪気な赤ちゃんに愛情が湧いて一生懸命世話し、親には内緒で飼い始めるが、尋常ならざる急成長に対応し切れず泣く泣く手放し、成長した生物と感動の再会!・・・というところまでは、『小さき勇者たち~ガメラ~』とほぼ同じ(時代背景や設定は随分違うけど)。その先は、地球や少年を救いに自ら舞い戻り、敵と戦い、再び去ってゆくガメラとは違い、この「ウォーター・ホース」(つまりネッシー)は、少年が人間からの捕獲や、勘違いによる攻撃から守り逃がそうとする(ありきたりな)物語。
まずは、ひと言。「守りたい?逃がしたい??君が背に乗ってるからそんなスピードでしか泳げないんじゃないの??」
・・・ということで、残念ながら、アンガス少年にも、ウォーター・ホース=クルーソーにも感情移入出来ない(するだけの絆を感じるエピソードがない)為、”軍の茶番劇”と”海への逃走劇”には冷めた視線での鑑賞となってしまった。
とにかく、アンガス少年が賢くないのがマズイ。飼えない理由をきちんと諭す大人が居ないのもイケナイ。理解しないまま物理的に飼えないとわかって手放すだけで、その辺りがとにかくナァナァ。「責任をもって生物の世話をする事」の意味をまるで学習していないから可愛がるだけ。湖でのキケンな目に合って凶暴化したクルーソーを見れば、「放すのが一番だっていったのに!」と逆切れ、、、はぁぅ。
「もっと躾を!」・・・同感だ(笑)

表情豊かなクルーソーくん(仮)。湖をアンガスと泳ぎまくるシーンは迫力あったし、子供にウケそうなオチャラケ加減だったけれど、全体的にはノレない「感動秘話」だった。

総評:★★★☆☆   好き度:★★☆☆☆++  オススメ度:★★★☆☆

それにしても、あの巨体にしては卵が、小さすぎない??

|

« 『ブラック・ペアン 1988』 (著)海堂尊 | トップページ | DVD『モノノ怪-鵺(ぬえ)』 »

コメント

こんにちはー。
最初の印象は実写版「のび太の恐竜」かと思ってましたが、そうか、ガメラですか。なるほどなー。
まぁどちらにせよ見ませんケド(苦笑)

面白くなさそうなわりに宣伝は結構あちこちでやってるので気になっていたのでした。

投稿: 姫鷲 | 2008/01/24 22:49

■姫鷲さん、こんにちは♪
>「のび太の恐竜」
申し訳ないけど、そっちがわからないっす(^^;
私は一番初めに「ガメラ」を彷彿したのだけど、雰囲気的には「E.T.」が一番近いかもしれません。

>面白くなさそうなわりに宣伝は結構あちこちでやってる
ウハ!きついですね~。けど、宣伝文句を真に受けるとガッカリするかもしれない・・とは思います。(私が夢のない大人なのかもしれないけれど)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/24 23:04

こんにちわ。

私思うに、最近のファンタジーって大人が見ても移入できる
ものってのがすごく多いような気がするんです。
そんな中、この作品って目線や対象年齢が完全にお子様
ターゲットなんですよね。だから、大人の受け手もそういう
大きな心で観ないとダメなのかなあって思いました。

だって、アンガスって私が大嫌いなガキの典型
なんですもの(苦笑)。発言は支離滅裂だし、すぐ人のせい
にするし、自己責任能力低いし。
でも、自分が子供の頃もあんな感じだったかもなあ・・・と
そんなことを思ったりもして。

でも私、今は一応大人。
この作品に移入できる部分を見つけるのは困難でしたわ(笑)

投稿: 睦月 | 2008/01/25 16:24

■睦月さん、こんにちは♪
>この作品って目線や対象年齢が完全にお子様
ターゲット
なるほど。けれど試写会は字幕でしたし、いずれにしても中途半端な気がしますね。
私は、大人は大人、子供は子供の感覚や視点で見て、それでもどちらも満足できる二重構造を持った作品がホンモノだと思ってますので、大人が寛大な気持ちで見たとしても評価は普通以下になっちゃいますね。(童心に還るって楽しめるなら良いのですが)

>アンガスって私が大嫌いなガキの典型
ですよね、ですよね!!!私も嫌い。
けど、一番ダメなのは大人がきちんと教えないところ。
子供だから支離滅裂でも、自己中心的でも仕方ないとは思うんです。けど、過ちに気付かないまま・・というのはダメですよ、やっぱり。
成長が感じられる場面はご馳走ですからしっかり見せて欲しいかったです。

>入できる部分を見つけるのは困難
困難どころか、見つけらませんでした(><)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/25 21:10

 こんにちは。突然のコメント恐れ入ります。
 私は、「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師と申します。2005年8月以来、映画ガメラに関する情報収集Blogを更新しており、こちらの記事にはガメラの検索から参りました。
 拙Blogでは従来より、小さき勇者たち~ガメラ~に付いてのBlog記事をまとめておりまして、この度1月28日付けの更新
http://blog.goo.ne.jp/gameraishi/e/4f597d6e0d809229b25261eeb941b6eb
中にて、こちらの記事と、映画公開時の鑑賞記録の計二編を、引用・ご紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上しました。差し支えなければ拙Blogもご笑覧頂ければ幸いです。
 長文ご無礼致しました。それではこれにて失礼します。

投稿: ガメラ医師 | 2008/01/28 18:53

■ガメラ医師さん、こんにちは♪
ご連絡感謝です。
早速拝見させていただきましたが、とても魂がこもってますね(^^)

こちらのあまり良いとはいえない過去記事で申し訳なく思いつつ、今はなんどでも「ガメラの勝ち!」といわせていただきます(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/28 19:42

こんにちは。

平成版「ガメラ」に似ていると、某雑誌にも書かれていました。
「ドラえもん のび太の恐竜」にも似ているし・・・。

とりあえず、映像はなかなか良かったとは思います♪

投稿: BROOK | 2008/02/01 16:58

イラッとくる子供でしたね・・・。
息が続く水中のシーンを観て,幽霊ものにしたらいいのに
なんて思ってしまいました。。汗

投稿: AKIRA | 2008/02/01 17:53

■BROOKさん、こんにちは♪
>平成版「ガメラ」
前半はかなり似ていると思いましたが、後半は大違い。
恐竜の映像は良かったけれど、ちょっとムリがありすぎでした。


■AKIRAさん、こんにちは♪
子供とはイラっとさせるものなのでしょうが、大人にはもっとイラっとしました。特に母親。

>息が続く水中のシーン
息もそうですが、捕まるところのない身体にどう吸い付いていたのか。振り落とされないのが謎(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2008/02/01 21:19

あの場面で、
「溺れ死ぬーーーー」と思ってしまうひらりんは、
ちょっと童心を忘れかけてるのかなっ・・・と、反省してまーーすっ。

投稿: ひらりん | 2008/02/05 01:25

■ひらりんさん、こんにちは♪
ファンタジーとはいえ、なんの説明もないままでの嘘はイカンと思います。やっぱアレは溺れる~って誰もが思ったのでは?(笑)
すくなくとも私も、童心は失われているみたいですw

投稿: たいむ(管理人) | 2008/02/05 17:30

こんばんは^^
わ~!たいむさん、結構辛口ですねえ(笑)
私はがメラは知っていますが、『小さき勇者たち~ガメラ~』は観ていません(^^ゞその時も酷評だったんですね。

泣き虫の私がホロリときたくらいでしたので、感動には
至らなかったですし、内容もちょっと中途半端かなあとは
思いますが、そこそこは楽しめました^^

水中シーンは突っ込みどころは多々あれど、
爽快感がありました。

酷評していても、総評で★3つ、つけるたいむさんに
やさしさを感じました(笑)

L~ご覧になったんですね・・・いいなあ・・
私も鑑賞予定ですので、鑑賞したらL~の記事に
お邪魔しますね(^_-)-☆

投稿: ひろちゃん | 2008/02/09 20:53

■ひろちゃん、こんにちはsun
>『小さき勇者たち~ガメラ~』
少年が海でガメラの卵を拾って、自宅に持ち帰り、生まれたと思ったら、次の日には飛んで、さらに翌日には車サイズ・・なんて感じでした(^^)
怪獣映画で荒唐無稽。ベタベタな物語にツッコミまくりでしたが、子供たちの”命のリレー”なんかだったり、父親との強い絆だったり、見所はたくさんあったんですよ(今思うとw)。
もしかしたら、ドラえもんと良い勝負かもしれません(笑)

私もよく泣くけど感動屋ではないので、、一度首をかしげちゃうと二度と入り込めなくなってしまうんですよね。今回は、アンガス少年に「けっ」って(爆)

>酷評していても、総評で★3つ
最近の私の最低は多分★3つです(爆)
どんな作品にも何かひとつくらいは良いところがありますし。私には決して出来ない、”映画制作”自体には敬意を払いたいですしね。(好まない作品は最初から観ませんしw)
ただし、あまりにもいい加減な作りには憤慨しますので、過去に何度か★2つがあったかも(笑)

今回はやはり湖の映像は迫力がありましたね。溺れちゃう~とか、なぜ投げ飛ばされないのか答えがほしいところでしたが(^^;

>「L」
感想、お待ちしてます(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/02/09 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/17822403

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウォーター・ホース(試写会)」みた。:

» ウォーター・ホース(試写会) [カリスマ映画論]
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  2つの孤独が生んだ、永遠なる自由と絆   [続きを読む]

受信: 2008/01/27 00:22

» ウォーター・ホース [アートの片隅で]
「ウォーター・ホース」の試写会に行って来ました。 スコットランドのネス湖に棲むネッシーのお話です。 子供の頃、ネッシーは本当にいるのかどうか、真剣に議論されていました。 石原都知事なんて、ネッシー調査隊を作ってネス湖に行ってましたからねぇ、、、(当時は衆議院議員だったのに、アホかいなw( ̄▽ ̄;)w) 数年前に、あの有名な写真は偽物だったと証言されて、がっかりしたものです(▽「河童のクゥと夏休み」と同じパターンなのですが、クルーソーの巨大さは、他にはない迫力がありました。 ...... [続きを読む]

受信: 2008/01/27 22:13

» 劇場鑑賞「ウォーター・ホース」 [日々“是”精進!]
「ウォーター・ホース」を鑑賞してきました英国ネス湖の巨大生物ネッシー伝説をヒントに得たファンタジー。「ベイブ」のD・K・スミスの原作を、「ナルニア国物語」のウォルデン・メディアと、「ロード・オブ・ザ・リング」のWETAスタジオが映画化。「有名なネッシー...... [続きを読む]

受信: 2008/02/01 13:36

» ウォーター・ホース [Akira's VOICE]
映像が良かった! それだけ。 [続きを読む]

受信: 2008/02/01 16:18

» 映画「ウォーター・ホース」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Water Horse 「ミリオンズ」はちょっと現実には有り得ないような設定ながら、夢と人の優しさ暖かさに溢れた作品だった・・そしてこの映画、美しく孤独な魂の出会いと別れ・・ 大胆にも、これは真実の物語であると初めに断ってから始まる・・第二次世界大戦下のスコ... [続きを読む]

受信: 2008/02/02 19:19

» ウォーター・ホース [そーれりぽーと]
のび太の恐竜、じゃなくて『ウォーター・ホース』を観てきました。 ★★★ のび太の恐竜でした。 ネタバレ 未知のものに対する恐怖、狩りを楽しむ者、売名に必死な者、嫉妬に燃える者。 いやーな存在を全部登場させて、最後にスッキリさせる、“泣かせる”映画なところが鼻に付くけど、まんまと泣かせられましたのは俺ですw 映画ドラえもん のび太の恐竜ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る映画ドラえもん のび太の恐竜 2006ポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る... [続きを読む]

受信: 2008/02/03 11:17

» 「ウォーター・ホース」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
映画「ウォーター・ホース」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:アレックス・エテル、エミリー・ワトソン、ベン・チャップリン、デヴィッド・モリッシー、他 *監督:ジェイ・ラッセル 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラ..... [続きを読む]

受信: 2008/02/03 14:01

» ウォーター・ホース [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
僕は、たった一人の親友を守れるだろうか__。世界で最も有名な“一枚の写真”に隠された、哀しくも壮大な感動秘話! 遥か昔から、数々の伝説が息づく森と湖の国、スコットランド。第二次世界大戦のまっただ中、戦地に赴いたまま音信不通の父を待ちわびる孤独な少年アン...... [続きを読む]

受信: 2008/02/03 23:55

» ★「ウォーター・ホース」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウ鑑賞は・・・ 「アメリカン・ギャングスター」も、「ラスト・コーション」もみたかったけど・・・ 2作とも長編で、深夜見るのはきついので、ファンタジー系の本作をっ。... [続きを読む]

受信: 2008/02/04 02:18

» ウォーター・ホース(字幕) The Water Horse [いい加減社長の日記]
ここんところ観たい映画が目白押しなので、昨日の夜のレイトショーで「ウォーター・ホース 」を。 「UCとしまえん 」に着いたのは、9時40分ごろ。 人がいない^^; 「ウォーター・ホース 」は小さめのスクリーンだったけど、、、4人。 寒い平日のレイトショーとはい... [続きを読む]

受信: 2008/02/05 08:36

» 『ウォーター・ホース』 [唐揚げ大好き!]
『ウォーター・ホース』   僕は、たった一人の親友を守れるだろうか――。   ■遥か昔から、数々の伝説が息づく森と湖の国、スコットランド。第二次世界大戦のまっただ中、戦地に赴いたまま音信不通の父を待ちわびる孤独な少年アンガスは、ネス湖で青く光る不思議... [続きを読む]

受信: 2008/02/06 05:04

» ウォーター・ホース [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:ジェイ・ラッセル 出演:エミリー・ワトソン(アン・マクマロウ)    アレックス・エテル(アンガス)    ベン・チャップリン(ルイス・モーブリー)    デヴィッド・モリッシー(ハミルトン大尉) ネッシーもUFOも存在してほしい!と願っています。。。 ... [続きを読む]

受信: 2008/02/06 20:15

» ★ウォーター・ホース(2007)★ [CinemaCollection]
THEWATERHORSE:LEGENDOFTHEDEEPネス湖に眠った、ひとりぼっちの二人の想い“一枚の写真”に隠された、壮大な感動秘話上映時間112分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2008/02/01ジャンルファンタジー/アドベンチャー/フ...... [続きを読む]

受信: 2008/02/09 20:24

» ウォーター・ホース [Diarydiary! ]
《ウォーター・ホース》 2007年 アメリカ映画 - 原題 - THE WAT [続きを読む]

受信: 2008/02/10 21:18

» ウォーター・ホース [Good job M]
公開日 2008/2/1監督:ジェイ・ラッセル出演:アレックス・エテル/エミリー・ワトソン/ベン・チャプリン/ブライアン・コックス 他【あらすじ】遥か昔から、数々の伝説が息づく森と湖の国、スコットランド。第二次世界大戦で出征したまま音信不通の父を待ちわびる孤独な...... [続きを読む]

受信: 2008/02/11 14:48

» ウォーター・ホース [空想俳人日記]
嘘八百 残りの二百 湖底の真実  かつてネス湖には恐竜が住んでいました。私は、そんな話を空想ではなく、本当かもしれない、そう思っていた一人でありました。だから、たとえ、このお話が、ああ、ドラえもんの「のび太の恐竜」とか、スピルバーグの「E.T.」と被っても... [続きを読む]

受信: 2008/02/15 22:04

» 【2008-30】ウォーター・ホース(THE WATER HORSE LEGEND OF THE DEEP) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? ネス湖に眠った、ひとりぼっちの二人の想い “一枚の写真”に隠された、壮大な感動秘話 [続きを読む]

受信: 2008/02/17 15:21

» ウォーター・ホース 観てきました。 [よしなしごと]
 今回はウォーター・ホースを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2008/02/21 03:19

« 『ブラック・ペアン 1988』 (著)海堂尊 | トップページ | DVD『モノノ怪-鵺(ぬえ)』 »