« 新生『ヤッターマン』が始まった! | トップページ | 「アース -earth-」みた。 »

2008/01/15

憶測かつ希望的観測ではあるけれど。

『劇場版SEED』についてのコメントをぬっぽげさんよりいただきました。ありがとうございます(^^)
しかし、それは直接映画に関することではなく、TVシリーズにおいて重要なスタッフであった平井久司さん・森田繁さんがゴンゾー制作の新しいアニメ作品(2008年秋スタート)に参加されるというお話で、SEEDからは手を引かれたのではないか?といったお話です。

コメント読んで、映画の制作発表以来情報らしい情報のない『劇場版SEED』であり、本当に制作中なのか?などど不安を感じていたこともあり、一瞬くらくらっときた私。けれど、逆を考えれば「必要な部分はほぼ終わった」、とは考えられないだろうか?と思い直す私にもなった。
本編が終了してから2年3ヶ月。映画化発表からは1年8ヶ月。スペエディでさえ終了してから1年以上が経過している現在。もし本当に映画が制作されているのならば、手付かずはまずありえないと思う。上へ行くほど人材不足といわれるアニメ業界なだけに、他の作品との掛け持ちは確かに厳しいでしょう。ならば、粗方SEEDに片が付いた事で別の作品に着手するスタッフが出始めた、と考えられなくもない。
設定は、真っ先に仕上がるものだろうし、キャラデザインもしかり。作画はもともとSEEDでは”総作画監督システム”を導入してないから(そうして欲しいところだったけど)劇場版クラスともなれば、作監クラスは4人くらいで手がけるのが一般的だと思う。厳密なアニメ制作の手順は分からないし、最後までリテイクがかかるものは作画なのかもしれないけれど、必ずしも平井さんである必要はないことになる。(未だに名前を見かけないのは誰だろう?w)
ガンダムとして「00」が放送開始されている現在でもあり、公開のタイミングはとても重要。春に一旦中断する「00」。中断されている半年の間で、再びSEEDを盛り上げるのは商業的にも有効な気がする。今年は劇場アニメの豊作年でもあり、さすがに夏の公開はないだろうが、冬だというのならば頃合かもしれない。
折りしも、「00」DVD1巻発売記念とはいえ「第2回Gフェス」が開催される。何かを発表する場としては打ってつけではなかろうか。もちろんこれまで完全なる沈黙だったこともあり期待はできないけれど、沈黙を守っていたからこそ爆弾発表は多いに沸き立つ。離れはじめたファンも出ている頃だし、これはカンフル剤になりまっせぇ~!
あー、なんかスゴク行きたい!Gフェス!当たらないかな~(そろそろ当選も通知が発送される頃だよね)

・・と、勝手に盛り上がっているけれど、これはあくまでも「絶望的」とは考えたくない私の気持ちが組上げた仮説、一種の拒絶反応の現れ。当然真偽のほどが定かでないどころか、ポジティブ思考(妄想)のみで構成された何ら根拠のない仮説で、タイトルどおり、単なる憶測であり希望的観測を語っただけのもの。(事実は頂いた情報、平井・森田の両氏の件のみである)

なんであれ、大々的に発表していながら自然消滅はありえないと信じている(信じたい)気持ちが書かせた戯言と思っていただければ何よりです。

|

« 新生『ヤッターマン』が始まった! | トップページ | 「アース -earth-」みた。 »

コメント

こんばんわ。
「劇場版SEED」、ほんとに制作着手されてるのだろうかと、疑いたくもなりますね。
今回の情報が良い面での情報だと信じて、今後の展開を見守るしかありませんね。
たいむさんの予想が当たるといいな。
Gフェスも当たるといいですね。(*^-^)ニコ

投稿: Brian | 2008/01/15 21:08

■Brianさん、こんにちは♪
ここまで沈黙されるとは夢にも思ってませんでしたよね。
「止めるなら止めるでもういいや!」と見放すのも時間の問題のような気もしてきているこの頃。
今のところ、予想が単なる妄想で終わって欲しくないのが本音ですが、見守ろうにも確信できなくなっては見守りようが無いってものです。何でもいいから確実な何かが欲しいですよね。

「00」中心のGフェスは、どうでも良いといえばどうでも良いのだけど、別の思惑も絡んでいるだけに当選したいっす。
応援ありがとう!(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/15 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/17704332

この記事へのトラックバック一覧です: 憶測かつ希望的観測ではあるけれど。:

« 新生『ヤッターマン』が始まった! | トップページ | 「アース -earth-」みた。 »