« じゃすと・in・たいむ(1/4号・・仕事初め・もやしの菌) | トップページ | 機動戦士ガンダム00(#13) »

2008/01/05

『のだめカンタービレ in ヨーロッパ(第一夜)』感想☆

ブラボ~!!『のだめカンタービレ』は健在だね(^^)
ほぼ原作どおりの進行。TVシリーズと変らずアレンジも見事な脚本。心配していたウエンツとベッキーは予想外に大健闘(どっから見てもウエンツとベッキーだけど)。片平役のアリキリ石井はバッチリ。日本パートもジャマにならない程度の同窓会で良かった。

第一夜は【(ほとんど)千秋編】。さすがにヨーロッパの格式高い指揮者コンクールともなれば、順風満帆とはいかない千秋だ。ライバルも登場する。
原作から経過も結果も知っているのに、実際の 演奏とともに千秋の一挙手一投足、感情のフレを見せ付けられちゃうとなんだかドキドキしてしまう。やっぱり音楽は偉大だ。
のだめに欠かせないコメ ディパートのキレも良く、CGの使い方がとても効果的だった。
何でアレやっぱり千秋だ!千秋の成長、心の変化が手に取るようにわかる第一夜。原作の千秋のイメージより、若干感動屋で表情に出やすい玉木君のような気はするけど、ドラマではドラマの千秋としてOKな部分だね。とにかく、やっと千秋が自分の中の確固たる存在として”のだめ”を認め、千秋とのだめの真のカップル誕生がとても嬉しい。(”変態の森”がしっかりEDに組み込まれていたことには感激!)

ラストには黒木君をチラと見せ、千秋危うし!なところで<続く>にしてしまうところも抜け目ない。そんな第二夜【(ほとんど)のだめ編】は波乱の連続になるけれど、千秋とのだめ、個々に成長しながら2人で絆を深めていくことだし、原作でも大好きなエピの”のだめリサイタル”がある。なんといっても「チュートロ」(監督命名)シーンが楽しみだ!(コスプレもねw)

|

« じゃすと・in・たいむ(1/4号・・仕事初め・もやしの菌) | トップページ | 機動戦士ガンダム00(#13) »

コメント

何時もお世話になっております。

初のだめでしたが、これでわかったのはたいむさまがこれにハマる理由が良く解りましたという事ですね。
このドラマ当時は2人に出演映画ばかり観ていたのでドラマまで手が回りませんでした。
のだめの変わり者ぶりは本当にこのドラマ最大の魅力ですね。千秋とのバランスもまああれはあれで実は絶妙というものですし、合わないようでハーモニーは絶妙と、絶妙なバランスですね。
こういう変わり者は個人的にも好きなので、今夜も楽しみにして観ようと思います。

投稿: PGM21 | 2008/01/05 00:25

■PGM21さん、こんばんは♪
のだめの最大の魅力は音楽ですよ。
それに変わり者だから・・というのもちょっと違うかな。
なんであれ、楽しまれたようでよかったです。今晩も楽しんでください。期待は裏切られませんから。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/05 00:38

こんばんは。

のだめの記事でまたお会いできて嬉しいです♪
期待を裏切らない面白さ・・・いや、おかしさ(笑)
ものすごい規模でのスペシャル番組に大満足です。
明日で終わりだと思うと・・・寂しいですが
原作はまだまだ続いているので、またこの先も制作してくれると嬉しいかな・・・なんて気の早い事を考えてマス。

投稿: せるふぉん | 2008/01/05 03:16

こんちは。
アイアムレジェンドでTBさせて頂いてありがとうございます。

のだめカンタービレはとても面白いですね。

原作は読んでませんが、ドラマと深夜放送されたアニメ両方見てました。
今晩の放送も楽しみです。

音楽に限らず、論理的に努力する知性派と感性だけで生きていて集中力で努力する天才肌・・・。
どちらも、本当は努力の人なのに、水と油になって相殺し合うこともあります。
だけど、上手く噛み合った時は本当に奇跡ですね。

たいむさんの記事を読んで、今夜の放送が待ちきれなくなりました。

投稿: ファブヨン | 2008/01/05 14:20

■せるふぉんさん、こんにちは♪
こちらこそ、またのだめ話が出来て嬉しいです(^^)
ほんと期待を裏切らない制作陣に感謝です。
リアル感もバッチリですし、長期ロケが功をそうしてますよね。
原作はまだ続いているけれど、今回で結構イイトコまでいっしゃうんですよねー(><)
また来年、でも1夜でも良いからSPやってほしいですね。(映画でもよいけどw)

第2夜の後でまたお会いしましょう!!

■ファブヨンさん、こんにちは♪
のだめ記事にコメントありがとうございます(^^)
アニメはご覧になっていたのですねー。
ならば、日本編での原作は読んだも同じですね。
では欧州編は原作でいかがですか?(^^)

のだめの面白さは、アンティークな欧州調の家具(箪笥とか)の引き出しを開けたら、色んなものが飛び出してきちゃったぞーって感じです。
計算し尽くされたところと、天然だけど自然で必然なところが大好きです。

あと数時間が待ち遠しいですねー。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/05 17:37

こんにちは♪
私はたいむさんほど用意周到ではないのですが、それなりに楽しみにしていました(笑)
この番組を見るとクラシック好きの部分が刺激されて、クラシックばっかり聞いてしまうのようになります。
のだめの持っていたト音記号のバッグ、ちょっと欲しくなりました(笑)
今夜はモーツアルトコスプレが見られそうで楽しみ~~!

投稿: ミチ | 2008/01/05 17:40

■ミチさん、こんにちは♪
ドラマを見ていなかった相棒を巻き込んで、2日で11話みましたよ。きっと相棒も録画していることです(笑)

>クラシック好きの部分が刺激されて
そうなんですよねー。
今回は完全に予習できていて全部フルで知っている曲なので尚更です。
今回の演奏者には思い入れがない分、指揮者と音楽により集中していたかもしれません。

>ト音記号のバッグ
カワイイバックですよね。(鍵盤のはCDの特典でもってるんだけどw)

>モーツアルトコスプレ
うんうん(^^)
途中からカツラがなくなっているのはちょっと残念だけど(笑)
うーん楽しみ!

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/05 17:50

こっちにコメントしちゃおう
千秋編良かったです、指揮者のコンクールがこんな流れだったってのも興味深かったです、音の違いとか判らなかったです、難しすぎ。
アパルトメントの門がロードオブザリングってのがツボでした。言われて見れば似てるし。
原作通り?ドラマオリジナル?

投稿: くまんちゅう | 2008/01/06 18:16

■くまんちゅうさん、こんばんは♪
こっちにもコメントありがとうございます。
指揮者コンクールの流れは「へぇー」でしたよね。
のだめは知らない世界を見せてくれるのでとても興味深いですよね。みんなにウケル理由のひとつらしいですけどw

>ロードオブザリング
原作どおりですよ(^^)
この漫画はそこかしこにこの手の呟きがあって楽しいです。「ジークジオン」もそうだし、知るヒトぞ知るでもあるのですけど。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/06 22:14

ブラボー!!

あ、たいむさんに先に言われちゃったよ(笑)。


というわけで、たいむさん、こんにちは。予告通りおじゃまし
ます。しかし、連ドラ、アニメ、新春スペシャルと、のだめで
はずいぶんたいむさんのブログにおじゃましているんだなぁ
(遠い目)。コミックはちと記事が頓挫してますが、読んでは
いるんですよ。(^^ゞ

さて、まぁ相変わらずよくできている作品、ですよね。連ドラ
で何回も書いた記憶がありますが、コメディとシリアスのバラ
ンスが絶妙で、展開の起伏もうまいです。千秋先輩が1位にな
るんだろうなぁ、と分かっていても、コンクールのエピソード
には引き込まれてしまいました。

ジャンがレストランで見せる、「天才は天才を知る」のエピや、
ジャン妻とのだめの張り合い、「あぁ、あのときと同じだなぁ」
の、千秋先輩の暴走と、本戦での謝罪など、ひとつひとつの描
写がきっちりしていて、それが全体で見事なハーモニーを奏で
ておりました。って、審査評価みたいですが(笑)。


今回はとにかくお金がかかっていて、演奏シーンはそれはもう、
すごい迫力でした。千秋先輩の指揮も、感動的でしたね。千秋
先輩をトップバッターにして、あとの二人の本戦を省略しちゃ
う(見るまでもないほど素晴らしかったということにして)の
も、抜け目ないです。

プリごろ太の現地版や、列車から大挙して降りてくるコスプレ
イヤー達(綾波目立ちすぎ!)など、遊び心も変わりなく、1
年ぶりとは思えないほど、どっぷりはまってしまいました。


自分の記事を読み返すのがめんどい(笑)ので、またかよ、か
もしれませんが、玉木氏のナレーションが心地よい。アニメ版
もこの部分はうまかったですが、過去の映像に被さる、千秋先
輩のナレーションは、特に秀逸。「懐かしさと切なさ」が、一
気にやってきてしまいます。

おっと、まだ半分なのに、長く書きすぎました。続きは後編に
て。えーと、お約束なので、一応書いておきます。映画化希望!
もちろん、監督は、あの人!(>_<)

投稿: ラフマニノフ | 2008/01/08 14:04

■ラフさん、いらっしゃい♪
すげー。そのままブログ記事になりますよ・・て思ったら、ソレはそれであるし(^^)
見直してないですけど、皆勤賞は継続中ってことですよね?これは何かご褒美を用意しないとかしらん(^^)

コンクールは見応えありましたねー。ジャンはもう少し自信家で雄弁な印象だったこともあり、日本語のできる外国人役者と吹替えの限界を感じましたが、千秋の暴走や落ち込み具合などは原作以上にリアルに感じられました。
間違い探しが聴いていてもサッパリポンだったので、すごさが良く分らなかったけれど、イチイチの演出が見事でしたね。

>今回はとにかくお金がかかっていて、
ナビ番組はご覧になりましたか?
ロケも本格的でモノホンばかり。楽団こそ良くわかりませんが、モーツァルトの館にはかなり金をかけたって言ってましたね。
玉木君も、すべてにおいて「映画並みのこだわりよう」とか言ってましたし、このSPのDVDは特典付の初回版が欲しいかも、って思ってます。(勝手に特典DVDが付いて3枚組と決め付けてますけどw)

尺の使い方も、割り方も上手かったですよね。駆け足風なんだけど、入れるべきところはキチッと入ってるし抜群でした。

>(綾波目立ちすぎ!)
それはね、ラフさんが見たからですw
私は連邦制服のアムロとセイラ、ジオン制服のシャアが目立って見えました(笑)。とはいえ、綾波はじめ、キャラ丸分りの私って・・私って・・うはは。

>玉木氏のナレーションが心地よい
セリフだとやや重いというか、滑舌良くは聞こえないのだけど、語りはウットリですよね。
(アニメの関智さんも語りには定評ありますね♪)
語りにあわせた回想の挿入も絶妙。

私もラフさんも、やや贔屓目大による甘めの評価が入ってるかもしれませんけど、一般論でも高い評価には間違いないわけで・・・、ってことで、続く第2夜も褒めまくりますか?(爆)

ラフさんにあわせて大目にレスしてみましたwww

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/08 19:36

ぎゃっぽー!今自分の書いたコメントを読み返したら、ただの
自分の感想になってる!おまえ、人のブログで自分の感想書く
んじゃねぇ!(横っ飛び)

大変失礼しました。たいむさん、再びおじゃまします。今度こ
そまともに、コメント。m(__)m あ、返信無用です。


たいむさんが放送前に心配されていた、ウエンツとベッキーも、
及第点でしたね。アリキリ石井は、最初「違和感あるなぁ」と
思ったのですが、指揮のシーンを見て納得(笑)。

そうそう、玉木氏の千秋先輩って、コミックに比べるとかなり
ソフトというか、優しい印象ですよね。でもそれが、実写版で
は非常にフィットしています。もう、玉木氏以外に千秋先輩は
考えられませんから。(^.^)


クロキンのチラ見せもうまいですよねぇ。千秋先輩の拉致も、
怪しさたっぷりで、さすがでした。


> 千秋の暴走や落ち込み具合などは原作以上にリアルに感じられま
> した。

やっぱり玉木氏はさすがですよねぇ。表情がうまいっす。


> ナビ番組はご覧になりましたか?

あー、見なかったんです。やっぱり見たほうがよかったかしら
ん?迷ったんですけど、最近見る時間がとれなくて…。


> 玉木君も、すべてにおいて「映画並みのこだわりよう」とか言っ
> てましたし、このSPのDVDは特典付の初回版が欲しいかも、
> って思ってます。

うちの奥さん、何度も「お金かけてるなぁ」って言ってました
(笑)。ほんと、映画にしちゃってもよかったんじゃないかと
思っちゃいます。最近、スペシャルのような映画が多いですか
ら(特にフジテレビ制作は)、余計にそう感じたのかもしれま
せん。


> 尺の使い方も、割り方も上手かったですよね。

まさにおっしゃるとおりです。これ以上長いとだれちゃうし、
短いとテンポが崩れちゃう。うまい時間設定だったなぁと。


> 私は連邦制服のアムロとセイラ、ジオン制服のシャアが目立って
> 見えました(笑)。

あのシーンは、「たいむさんならきっと分かるんだろうな」な
んて思っちゃいましたよ(笑)。オダジョーの結婚ニュースで、
真っ先にミチさんを思い浮かべたのと一緒かな。(^.^)


> ってことで、続く第2夜も褒めまくりますか?(爆)

次は、ちゃんとコメントにします。ぎゃっぽー!

投稿: ラフマニノフ | 2008/01/09 09:22

■ラフさん、再びさんくす♪
>おまえ、人のブログで自分の感想書くんじゃねぇ!(横っ飛び)

イヤイヤ楽しかったですよ。
ラフさんの興奮冷めやらぬ気持ちがよく出てますしw
返信無用??何そんなつまらないことを。変身はしませんけど返信はしますよー。

のだめのキャスティングは、これ以上ないってくらい誰もがはまり役ですよね。
あの二人も予想以上にいい味出してましたし。
のだめはもちろんだけど、千秋は玉木くん以外考えられません。
ふと見せる、物凄く優しい目でのだめを見ている時の表情が素敵すぎ!!
ちょっと泣き虫だけど、ドラマの千秋はそのくらいでちょうど良いかもしれません。生身ですからw

ナビ番組は、ほとんどメイキングで、あとは玉木君と樹里ちゃんのインタ。よかったですよ。
あのいつも投げられている”のだめ人形”には大爆笑。持ち運びはバラバラに解体されて箱詰め。ホラーです(笑)

あとは、繰り返しなので割愛!

>あのシーンは、「たいむさんならきっと分かるんだろうな」
思い出していただけて光栄です(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/09 17:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/17580372

この記事へのトラックバック一覧です: 『のだめカンタービレ in ヨーロッパ(第一夜)』感想☆:

» 「のだめカンタービレinヨーロッパ一夜」落ち込んだ千秋にのだめが教えてくれた本来の協奏曲のハーモニー [オールマイティにコメンテート]
「のだめカンタービレinヨーロッパ一夜」は2006年10月期に放送されたドラマ「のだめカンタービレ」のスペシャルである。今回のスペシャルではのだめと千秋がフランスへ留学する事になったその先で起こす奇跡の協奏曲の前編だった。... [続きを読む]

受信: 2008/01/05 00:17

» のだめカンタービレinヨーロッパ☆第一夜 [せるふぉん☆こだわりの日記 ]
とうとう待ちに待った「のだめカンタービレinヨーロッパ」☆ ではでは、第一夜目 [続きを読む]

受信: 2008/01/05 03:13

» ドラマ「のだめカンタービレ」inヨーロッパ第1話 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
ドラマ「のだめカンタービレ」再び!!もうのっけからこのテンション待ってました〜〜!!って感じです♪おかえり!!のだめ、千秋さま♪でも玉木くん、なんかめちゃ痩せてませんか??次のドラマで忙しいのかしら?頬がえらくシャープになっちゃって(><)今回は...... [続きを読む]

受信: 2008/01/05 09:48

» 「のだめカンタービレSpecialLesson」第一夜 [日々“是”精進!]
のだめカンタービレDVD-BOX2006年秋に、フジテレビの連続ドラマとして放送され、クラシック音楽界を巻き込んでの一大ブームを巻き起こした「のだめカンタービレ」が、二夜連続ドラマスペシャルとして帰ってきた!活躍の場を日本からヨーロッパに移したのだめと千秋の...... [続きを読む]

受信: 2008/01/05 12:22

» のだめカンタービレSP前編 [別館ヒガシ日記]
のだめカンタービレSP前編は舞台をフランスに移して街並み綺麗だったし 千秋が指揮者コンクールに出て千秋の弟弟子であるジャン見て失敗するも 決勝で失敗した曲と大好きな曲を楽しんで指揮し優勝し前編は終わったが 前半のオタク部分が長過ぎるけどオーケストラの演奏は聴い... [続きを読む]

受信: 2008/01/05 14:25

» 「のだめカンタービレ 新春スペシャル IN ヨーロッパ」第一夜 [ミチの雑記帳]
ドラマ「のだめカンタービレ」が終わってからちょうど一年。 待ちに待ったフランス篇第一夜でした。 連ドラが盛り上がると「続編希望〜!」の声が上がることは多いですが、「続編決定!」となるとワクワク感が高まると共に少々の不安があったのは否めません。 あの面白さと感動は再び味わえるのか、キャラクターが微妙に変わっていないか、などなど。しかも今回は「フランス篇」です。“外国人”問題をどーするのか! そんなこと心配する必要なんて無かった! だいたい、竹中直人に付け鼻つけて強制的に外人に見せていたドラマですか... [続きを読む]

受信: 2008/01/05 17:34

» のだめカンタービレvol.39 新春SP in ヨーロッパ・第一夜 [美味−BIMI−]
この”のだめカンタービレ”の記事も、もうvol.39!! 待ちに待った新春スペシャルは“ヨーロッパ編”です。。 このドラマは外国の友人達にも大人気でよく話に出てきます^^ (アニメの反応はイマイチだったけど@@;) このSPもかなり良かったから、メール来るかな??? さて今回は、慣れ親しんだ桃ヶ丘音楽大学、そして仲間たちと離れ、 活躍の場をヨーロッパに移したのだめ(上野樹里)と 千秋(玉木宏)のその後の成長が描かれていました。 第一夜で... [続きを読む]

受信: 2008/01/06 17:42

» 『のだめカンタービレ Special Lesson 1』を観た [TV視聴室]
さて、連ドラ→アニメ→連ドラ分の原作コミック→お正月の連ドラ再放送チラ見、ときて、この作品ですが、やはり「うまい」の一言。 [続きを読む]

受信: 2008/01/08 13:35

» のだめカンタービレ in ヨーロッパ 新春ドラマスペシャル [mama]
2008年:フジテレビ 原作:二ノ宮知子 出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、遠藤雄弥、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、石井正則、福士誠治、吉瀬美智子、伊武雅刀、竹中直人 ニ夜連続ドラマスペシャル。 第一夜。のだめと千秋は桃ヶ....... [続きを読む]

受信: 2008/01/12 16:07

« じゃすと・in・たいむ(1/4号・・仕事初め・もやしの菌) | トップページ | 機動戦士ガンダム00(#13) »