« 『鹿男あをによし』 万城目学(著) | トップページ | 機動戦士ガンダム00(#14) »

2008/01/12

「銀色のシーズン」みた。

Giniro_no_season 冒頭(→)、壮大で真っ白な雪山をてっぺんから思いのままに滑走する3人の”雪猿”たちのカッコイイこと!!風を切りながら一気に滑り降りるあの爽快感を思い出し、久しぶりにスキーがしたくなったが、少し前に一式を粗大ゴミに出しちゃったばかり、残念!(^^;
ヒロイン(田中麗奈)が3日後に結婚を控えた花嫁で、主役(瑛太)が引退した元モーグルスキー選手では、一体どう絡ませるんだ?と思っていたが、「なるほどね。」といった展開。ベタな展開でベタな結果だけど「ありえねぇ」でもない自然な流れはまぁまぁだったと思う。
(以下、若干ネタに触れています)

作品のテーマは「挑戦」らしい。
まったくその通りで、”スノーウエディング”のために町を訪れた”スキーの出来ない七海”は教会に造られたスロープを滑れるようスキーに挑戦する。銀と一緒に暮らす二人の友人、祐次は世界中の”手すり”をスキーで滑る夢を目指して日々精進(?)。次郎は川をスキーで渡り切る事に挑戦し続けている。10代でワールドカップを征し、10代で怪我が元で引退した銀は、中途半端を打破すべく自分の壁に挑む。細かいことを言えば、寂れた町のみんなも、町を変える為に”新企画”に挑戦したのだろうし、「挑戦」に溢れた作品であることは間違いない。
実際、スキーのシーンは「スゴイ!」のひと言。自然相手の山スキーは勿論だが、人工物を利用したアクロバティックな技の数々や緊迫した”賭けレース”は大いなる見どころ!(もちろん吹替えだが)それだけでも一見の価値アリ。
音楽は佐藤直紀氏で申し分なく、映像も見せ方は悪くないのだが、いかんせん物語では恋愛も、友情も、町の人達との関係も(地元なのに何故親兄弟が出てこない?という疑問も残る)、どれもワケアリは匂わせていながら、今一歩踏み込んで描かれていないため、薄っぺらくて心が揺さぶられない。どこかで「心の触れ合い」とか「強い絆」を印象づける強烈なエピを挿入して欲しかった。(ドラマとして個々にもスポットを当てられるTVシリーズ向きな作品かな。)

「下ばかりむいていてはダメだ。」
スキーの極意であり、人生の極意でもあった。スキーを教える銀の言葉は、やがて七海を体現させ、別の意味となって銀へと戻って来る。
この先の、場を盛り上げるためだけの超展開ではない、順当な結果は良かったと思う(先読みできたけど)。「挑戦」の先にかすかに見え始めた復活・成功の「予感」を思う、気持ちの良い作品。強烈な何かはないけれど今の時期にピッタリだね。
あの『私をスキーに連れてって』ほどの牽引力はなかろうが、少しでもスキー人気に繋がったらいいなーって思う。

総評:★★★☆☆+  好き度:★★★☆☆+  オススメ度:★★★☆☆++

スキーは、まず転び方から覚えよう!(あの転び方は危な過ぎ!)

|

« 『鹿男あをによし』 万城目学(著) | トップページ | 機動戦士ガンダム00(#14) »

コメント

こんにちは。

この映画、エンタメとして上手くまとまっていましたね。
こういうテレビ畑の人が監督する映画って
やはりバックボーンが違うのか、
うじうじしたところがない。

映画って、やはり出自が出ちゃうんだなと思いました。

投稿: えい | 2008/01/14 12:02

何時もお世話になっております。

え~と2008年シーズン早々波乱の幕開けというかいきなり開幕映画で今季ワースト1決定作品に出会ってしまいました。
「下ばかりむいていてはダメだ。」というなら明らかに陣内監督のスマイルの方が圧倒的にこの言葉が似合う作品ですね。
仕事柄こういう後始末の大変さを嫌というほどの毎日を送っているだけに断罪する内容となりました。
スノーウエディングは良い企画ですけれどね。あの雪の教会で挙式するカップルは一生の思い出になるでしょう。
ありえねぇ!展開では確かにありませんが許せるという内容じゃなかったですね。

投稿: PGM21 | 2008/01/14 15:46

■えいさん、こんにちは♪
壮大さは映画でしか出せないものだけど、TVドラマっぽいエンタメでしたね。

>映画って、やはり出自が出ちゃうんだなと思いました。
「踊る・・」の本広監督あたりは、上手く映画と融合させているように思いますが、やはりTVの手法が見え隠れしてますしねw

■PGM21さん、こんにちは♪
絶賛は出来ないけど、扱き下ろすほど酷くもないものと私は思いますが。(「スマイル」は見ていないのでわかりません。)
叩くのも結構ですが、ひとが不愉快にならない程度にお願いします。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/14 16:07

こんばんは。TB&コメントありがとうございました。

この映画、テーマが挑戦だったんですか。確かにそう捉えられる場面はいくつもありましたが、キャストの中で一番好きな玉山鉄二が挑戦する前から逃げ出してたのはちょっと寂しかったです。
それと七海が何をしたかったのか今一つ解からなかったのは残念でしたね。

投稿: えめきん | 2008/01/14 20:37

■えきめんさん、こんにちは♪
いつも映画を観終わってからしか読まないのですが、劇場チラシに「テーマは挑戦」と書かれてましたよ(笑)

>玉山鉄二が挑戦する前から逃げ出してた
そうそう。
銀の「勝ち負け・・・云々」のクダリも、単なる方便にも聞こえるので・・イマイチ釈然としないエピでしたね。

ドラマパートが今ひとつだったのが残念でした。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/14 23:07

たいむさん、こんばんは!

>ワケアリは匂わせていながら、今一歩踏み込んで描かれていないため、薄っぺらくて心が揺さぶられない
僕もそんな感じがしました。
ベタはベタで押し通したほうがいい感じがします。
スキーの映像は迫力あったので、惜しかったですねー。

>下ばかりむいていてはダメだ
スキー初心者のころよく言われました。
たしかに人生も同じです・・・。

投稿: はらやん | 2008/01/25 17:27

■はらやんさん、こんにちは♪
>ベタはベタで押し通したほうがいい感じがします。
ハリウッド系は、最近のところで言えば「ラブソングができるまで」なんかはベッタベタだけど、だからOK!といった作品でしたしね(俳優の格は考えないとしても)
友情か、恋愛が、どちらかに絞るべきでしたね。

人生、前向き過ぎててもコケますけどねw

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/25 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/17666387

この記事へのトラックバック一覧です: 「銀色のシーズン」みた。:

» 劇場鑑賞「銀色のシーズン」 [日々“是”精進!]
「銀色のシーズン」を鑑賞してきました2008年度初劇場鑑賞!!!「海猿/LIMITOFLOVE」の羽住英一郎監督初のオリジナル作品。天才モーグル選手が挫折から立ち直るまでを、切ない恋愛を絡めて明るいタッチで描く。主演の英太は、本作のためにモーグル特訓を積み、その腕...... [続きを読む]

受信: 2008/01/12 16:52

» 銀色のシーズン [C'est Joli]
銀色のシーズン’08;日本 ◆ 監督:羽住英一郎「逆境ナイン「LIMIT OFLOVE 海猿」◆出演:瑛太、田中麗奈、玉山鉄二、青木崇高、佐藤江梨子、田中要次、杉本哲太、國村隼 ◆STORY◆ モーグルの町、桃山町には、ゲレンデの厄介者と呼ばれる3人組がいた。リ...... [続きを読む]

受信: 2008/01/13 23:12

» 『銀色のシーズン』 [唐揚げ大好き!]
  『銀色のシーズン』   雪の上では史上最強!この冬は雪猿たちがアツくする!!   海猿の次は雪猿!!って云うからてっきり山岳救助隊の話かと思ったら全然違ってました。 寂れた町営スキー場でやりたい放題の3バカトリオの青春物語+花嫁なお... [続きを読む]

受信: 2008/01/14 07:44

» 『銀色のシーズン』 [ラムの大通り]
-----ゲレンデを舞台にした青春映画か…。 原田知世を思い出しちゃうニャあ。 「そりゃまた古い(笑)。 この映画の主人公はどちらかというと男、 人気の瑛太だね。他には玉山鉄二、そして青木崇高が 雪山のバカ3人組《雪猿》を演じる」 -----ぶっ(笑)。『海猿』じゃなくて『雪猿』。 「うん。監督も同じ羽住英一郎。 ということで映画は完全なエンタメに仕上がっている。 この瑛太が演じるのは、かつてモーグルの日本エースだった男・城山銀。 5年前に地元の大会で街の人々の期待に応えようと 難易度の高いジャンプ... [続きを読む]

受信: 2008/01/14 11:52

» 映画『銀色のシーズン』 [健康への長い道]
ナビオTOHO PLEX改めTOHOシネマズ梅田にて、『銀色のシーズン』。何でも毎月14日は東宝の日=10(トウ)4(フォー)の日ということで、入場料は1,000円でした。 初めは全く観る気のない映画だったんです、コレ。タイトルがなんか好きになれなくて(難癖#63897;)。 ..... [続きを読む]

受信: 2008/01/14 16:29

» 銀色のシーズン [5125年映画の旅]
スキー場でやりたい放題の「雪山の何でも屋」で生計を立てている銀・祐治・次郎の3人組。スキー場で結婚式を挙げるがスキーが出来ない花嫁・七海と出会った銀は、結婚式までの3日間、彼女にスキーを教えるという仕事を引き受ける。特訓の中、七海は銀がかつてプロのモー...... [続きを読む]

受信: 2008/01/14 20:32

» 銀色のシーズン [Akira's VOICE]
見事にスベりました! [続きを読む]

受信: 2008/01/15 16:33

» 映画「銀色のシーズン」を観ました!!(2008-01) [馬球1964]
映画「銀色のシーズン」を観ました!!2008年の第1作目です。 [続きを読む]

受信: 2008/01/16 06:08

» 銀色のシーズン [欧風]
土曜はわざわざ富山ブラックを食べるために、津軽ラーメン街道まで行ったんですが、なんかこのまままっすぐ帰るのももったいない。 じゃあ、金曜にやたら宣伝しまくって [続きを読む]

受信: 2008/01/16 06:24

» 銀色のシーズン / 映画 [あかねのたわごと☆本日記]
この季節にピッタリの映画『銀色のシーズン』を観てきましたSTORY:モーグルの町、桃山町には、ゲレンデの厄介者と呼ばれる3人組がいた。リーダー格の銀を中心に、ゲレンデの客を相手にぼったくり商売をしたり、当たり屋をしたりとやりたい放題。ある日、町の名物、雪の教会で挙式を挙げるため、一人の女性が訪れる。スキー好きの婚約者と違って雪を見るのも初めての彼女は、ゲレンデでも転んでばかり。雪山で一儲けを狙う銀は、彼女にスキーのコーチを買って出る。しかし、彼女には秘密があった。と、いうわけで観てきました映画『銀色... [続きを読む]

受信: 2008/01/16 09:20

» 『銀色のシーズン』鑑賞レビュー! [★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!]
『銀色のシーズン』鑑賞レビュー! この冬は<雪猿>たちがアツくする!! 雪猿》たちの季節がやってくる! 2007年/日本 公開日::::2008年1月12日(土) 上映時間::::108min(1時間48分) ビスタサイズ/ドルビーデジタル 配給::::東宝 ★review★ 下ばっかり 向いてちゃ・・・・ ダメだ・・・・( ̄▽ ̄;) 『LIMIT OF LOVE 海猿』のスタッフが 創り上げた新作!と言う以... [続きを読む]

受信: 2008/01/17 05:32

» 「銀色のシーズン」 [日々のつぶやき]
監督:羽住英一郎 出演:瑛太、玉山鉄二、田中麗奈、青木崇高、杉本哲太、田中要次、佐藤江梨子 「寂れた町営スキー場で、雪山のなんでも屋をする城山銀、小鳩祐治、神沼次郎の三人は他人に迷惑をかけやりたい放題のスキー馬鹿。そんなある日スキー初心者の花嫁綾瀬七... [続きを読む]

受信: 2008/01/17 09:46

» 銀色のシーズン [Extremelife]
広大な雪山を舞台に繰り広げられる青春ドラマ。自由奔放なスキー場の青年たちとスキーが出来ない花嫁を中心に、様々な人間模様や経験を通じて成長していく姿を描く。主演は瑛太と田中麗奈。監督は「海猿」シリーズの羽住英一郎。 寂れた町営スキー場で働く城山銀、小嶋...... [続きを読む]

受信: 2008/01/17 20:53

» 映画「銀色のシーズン」 [FREE TIME]
現在、公開中の映画「銀色のシーズン」を鑑賞しました。 [続きを読む]

受信: 2008/01/22 00:49

» 「銀色のシーズン」 不完全燃焼感が残る [はらやんの映画徒然草]
大学1年生のとき、「私をスキーに連れてって」が公開。 その頃の大学生のご多分にも [続きを読む]

受信: 2008/01/23 23:11

» 【2008-10】銀色のシーズン [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 雪山のバカ3人組≪雪猿≫ 結婚3日前の花嫁 出会いは── 3日限りのはずだった 「過去」を抱える者たち 偶然の出会いが運命を変えた この冬、≪雪猿≫たちがアツくする! ... [続きを読む]

受信: 2008/01/27 22:25

» 銀色のシーズン [夫婦でシネマ]
『海猿』の羽住英一郎監督による本格派スキー映画。今度は雪山の「山猿」たちの物語! [続きを読む]

受信: 2008/02/06 11:52

« 『鹿男あをによし』 万城目学(著) | トップページ | 機動戦士ガンダム00(#14) »