« 実写版 『名探偵コナン 第2弾~工藤新一の復活』 | トップページ | 「茶々-天涯の貴妃 (試写会)」みた »

2007/12/18

「魍魎の匣 (試写会) 」みた。

Mouryonohako 以前(半年以上は前だと思う)、原作者の京極さんが「映画『魍魎の匣』がズゴイことになっている。」と”週刊大極宮”の中で書かれていた。一口に”スゴイ”といっても、どうスゴイのかについての言明が無かったため想像するしかなかったけれど(『魍魎の匣』は設備だけでもスゴイものだし)、実際に完成版を観てその意味がやっと解かった。コレは本当にスゴイ!!(爆) でも、どうスゴイのかは「観て確かめてください。」としかえいないし、私も、京極さん同様、観ない人には秘密にしたい感じ。(それは『シネコン・ウォーカー12月号』の京極インタに書かれていた話。)・・なので、ネタバレしません(笑)

実相寺昭雄監督の前作『姑獲鳥の夏』とはガラッっと趣が変った原田眞人監督の『魍魎の匣』。主要キャストは、関口巽役が永瀬正敏から椎名桔平に変った以外ほぼ同じ。
冒頭こそ「うへぇ~(ホラーじゃん!)」と引きそうなスタートだったけれど、ほぼソコだけであり、怖いのが苦手な人でも安心して良い、とは言っておきたい。(京極作品を怖いモノと思っている人が少なくないようなので)。
原作に近い”永瀬:関口”から、あか抜けた”椎名:関口”に脱皮(変更)したことで作品全体が軽量化。また、どのキャラも少しずつ原作より”お茶目度”がプラスされ、とにかく明るい。何といっても堤:京極堂がイキイキしている。ただし、榎木津だけは逆に控えめにした感じで、かなりマトモに見える(^^;) 小難しいことをバッサリ省いた軽さと明るさがテンポを作り出し、特に前半は榎木津探偵の出番が多いことから(阿部ちゃんなだけに)どこか『TRICK』を彷彿するのは・・・好みによっての賛否になるか?(ゆるギャクこそないけれど)
構成は、原作の「章」によってガラッと登場人物と場面が切り替わる手法を上%E

|

« 実写版 『名探偵コナン 第2弾~工藤新一の復活』 | トップページ | 「茶々-天涯の貴妃 (試写会)」みた »

コメント

 原作の超大ファンとして、映像化はやめてくれ!と
願い続けたのですが、やはりなってしまいましたねw
今週末に京極フレンドと観賞してきます。

 たいむさんのお墨付きなら、安堵して観られそうで
す。

 >『姑獲鳥・・』
 目眩坂は、あんな坂じゃない!ま、故人にあーだー
こーだ言うつもりもありませんが。(偉大な監督さん
だし)

投稿: たましょく | 2007/12/18 23:57

ほう、面白かったですか。
と、「魍魎」らしく参上。姫鷲です。
別物だろうとは思ってましたが、やはりそうなんですね。先入観をできるだけ排除して楽しむことにします。

>もともとは閉塞的で鬱屈するような原作
読み終わるとまた読みたくなるものの、読んでるうちは、しんしんと圧し掛かってくるプレッシャーに潰されそうになってしまう「魍魎」。原作どおりに作ったら鑑賞は物凄く疲れることでしょうねェ。

とりあえず年内に観に行こうとは思ってますが・・・予定は未定。

投稿: 姫鷲 | 2007/12/19 00:07

■たましょくさん、こんばんは♪
たましょくさん、超のつくファンですか!
>たいむさんのお墨付きなら、安堵して観られそうです。
ううっ、プレッシャーだなぁ。
少なくとも私は「別物」として受け入れられた、と言っておきます。たぶんそういう作品だと思うので。

>目眩坂は、あんな坂じゃない!
京極ワールドの実写化の難しさをヒシヒシ感じたところですよねw
偉大な実相寺監督をもってしても・・・なのだから(^^;


■姫鷲さん、こんばんは♪
ほう、と納得できるものかどうかは個人差があるでしょうが、私は予想外に楽しめましたw
ヘタに踏襲するよりは・・が功を奏していたように思います。

>読み終わるとまた読みたくなるものの、読んでるうちは、しんしんと
そうなんですよね。京極作品はどれもそんな感じですけど。
しかし、これは読み直していかないほうが良いと思います。忘れているくらいが丁度いいです、たぶん。
私は、これから読み直そうかと思ってますけど(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/19 00:41

こんばんは^^
もうご覧になったんですね。羨ましいです。
『姑獲鳥・・』は観ようかなあと思いながら、邦画よりも
洋画優先なのと評判があまり良くなかったので、
観ませんでした(^^ゞ
この作品は予告編を観ていて面白そうと思って
いたのですが、京極作品を多く読まれているたいむさんの
評価もいいようですので、公開したら観賞したいと
思います(^^)
(こちらのお願いでリンクさせていただいたのに
私のブログもリンクして下さいまして、ありがとうござい
ました!)

投稿: ひろちゃん | 2007/12/19 00:51

原作は知らないけどキャスト買いw。試写会の模様がTVでも流れましたが、43歳トリオが面白そうです。『姑獲鳥…』はイマイチだったけど^^;、今回はたいむさんのお墨付きのようなので期待したいです。初日に観る予定。

投稿: ayuto | 2007/12/19 12:45

■ひろちゃんさん、こんにちは♪
姑獲鳥は・・・ハッキリ言ってイマイチです(^^;
それに魍魎は姑獲鳥とも別物ですし、復習もいらないと思います。

>この作品は予告編
実は、予告編は一度も観ていないんです。行き着けの劇場では公開されないので・・・(TT)
でも、その分まっさらで挑めて反ってよかったかもしれません。とても楽しめました♪

>たいむさんの評価もいいようですので
うはは、やばいな~(^^;
キャストにご贔屓さんが多いので、それだけでご祝儀評価がプラスα、期待のしすぎは禁物ですw

>リンク
いえいえ、どういたしましてw


■ayutoさん、こんにちは♪
>キャスト買いw。
そこは太鼓判を押させていただきます!

>43歳トリオが面白そう
そうなんですよ~(^^)
原作ではちょっとありえない感じで。。。おっと、これ以上は止めときます。(原作ファンが読むかも知れないのでw)

>たいむさんのお墨付き
★4つは甘すぎたかなー(^^;
でもそのくらいのテンションで帰途に着いたのは間違いなしでしたw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/19 17:29

確かにビックリな切り口でしたよねぇ~。
まぁ別物として観ればいいんでしょうが、
この原作のシリーズを読む時って
じっくりじっくり読まないと理解出来ないんですね。
で、そんな風に頑張って読んでるだけに、
どうしてもイメージが抜けないのかもしれません(;・∀・)

投稿: miyu | 2007/12/19 21:58

■miyuさん、こんばんは♪
原作は濃いですからねぇ。おっしゃる意味はよくわかります。
私も、あの分厚い本を読み進んでいくことで、どんどんページが減ってしまうことが残念でならないくらいの中毒患者ですから(笑)
京極作品はやや鬱々とはしているけれど、決して江戸川乱歩作品のようにオドロオドロしたものではないので、この映画は「百器徒然袋」シリーズの愉快路線だと思えば、別物といえども遠からじといった風に思えました。

思い入れの深さではなく、捉え方の個人差が評価(感想)の分かれ目になるのではないかと思ってます。
公開後の様々な方の反応に興味津々といったところです。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/19 22:33

たいむさん、こんばんは♪
試写会づいておられますね~。
羨ましいっ☆
私なんて試写会申し込むのも面倒になっちゃって。

原作の特別なファンということもないのですが、発売されるとすぐ購入して読んでおりました。
原作をほどよく忘れていたので意外と楽しめました。
キャラもみんな明るくなってましたね~。
榎木津なんてもっと変人でもよいのに、かなりフツーの人になってました(笑)
堤さん、阿部ちゃん、椎名さんは楽しんで演じていたように見えました~。

投稿: ミチ | 2007/12/22 23:33

■ミチさん、こんばんは♪
いつもはこんなに立て続けに当たることないんですけどねぇ。(人気がなかったのかしら?・・^^;)

原作を忘れているくらいがちょうど良い感じでしたよねー。まったく知らないとちょっときつそうではありますが。
榎さん、まともでしたねー。精々キバキバキバキバ・・・・ガチャンくらい?
超能力探偵みたいにビシバシ当てていて、あの性格を知らない人には、ソコだけはヘンでも普通に有能な探偵に見えちゃいますよね(笑)

とにかくトリオが良かった。別の理由で合格点です(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/22 23:51

こんにちは♪

原作を読んでからだいぶ時が経っちゃってるんで
関口の心情が躁だったか鬱だったかが恥ずかしな
がらはっきりと覚えてないんですが、本作での饒
舌な関口のキャラにはちと違和感を覚えました。
中国の風景だけがやたらと頭に焼き付いてしまい
それ以外はあまり印象に残らずで、本作は残念な
がら「…。」と言う結果となってしまいました。
r(^^;)

投稿: 風情♪ | 2007/12/23 00:08

■風情♪さん、こんにちは♪
関口君は、欝な癖して京極堂など良く知った者とかには雄弁に語る内弁慶という壊れたキャラ。
彼の一面ということでは、椎名:関口、悪くなかったと思います。でも、ちょっとカッコよいですよねw
人好き好きだし、持っているイメージも違いますから、感想はそれぞれですよね。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/23 09:21

たいむさん、こんにちは。

いつも映画レビューでTBを試みているのですが
毎回毎回うまくいきません。
ココログ同士なのになんで~~(涙)

いつも映画感想の記事、読ませていただいてます。
今回の魍魎の匣については、たいむさんとほぼ同じ感想です。
ただ原作を直前に読み終えて映画館に跳んで行ったので、
この映画のみ観た場合の純粋な感想とか、わかりづらい部分が
まったくわかりませんでした^^;

2時間強飽きることなく、観る事ができたのですが
もともと複雑なこのお話を初めて知った方はどう観たのでしょうか。。。
しかしこの理屈屋京極堂・鬱病関口君・薔薇十字探偵榎木津トリオは
まだまだ映画として制作されそうな予感・・・。
これ以上の映像化にはあまり賛成じゃないのですが
原作を意識せずに観れば十分魅力的な映画ですよね。

投稿: せるふぉん | 2007/12/23 13:00

■せるふぉんさん、こんにちは♪
いつも・・?とは!お恥ずかしい限りですが、どうもありがとうございます。
ココログ同志は良くわかんないですよね。でも、懲りずにチャレンジして頂けると嬉しいです。(モチヴェーションがあがりますw)

直前まで原作の世界に浸っていたのなら、わかりづらいところなんて、もはや判らなくなりますよね(脳内補完されますし)。
あの早口と急ぎ足には、初めての人には厳しそうだけど、コミカル?なトリオ目当てで劇場に足を運んだのなら、それはそれで意味不明でも楽しめるのではないかと思います。
一部のコアなファンの為につくるのが映画ではないですし、私はこれでよかったと思っていますが・・・賛否が大きく分かれそう。
確かにこれ以上は。。と思っている原作ファンである自分もいるわけで・・・あのトリオは惜しい気がしますが、私も打ち止め希望ですw。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/23 15:00

コメトラどうもでした。

原作好きにはいい所悪い所色々気が回っちゃって素直に見られませんでした。
確かに比較することは映画を楽しむ点で言えばマイナスですけど、比較しないで見ることは無理でした。
一番気になっていた加奈子失踪事件と「ほう」のみっしり映像が期待ハズレだったのが残念です、それが上手けりゃ他は気にならなかったのに、と思います。

投稿: くまんちゅう | 2007/12/23 15:13

■くまんちゅうさん、こんにちは♪
比較しないで見るっていうのは、確かに難しいですよね。
私も「姑獲鳥」ではとにかく痛い目にあったので、今回はできるだけそうならないように封印するように努力しました。
2時間ではとにかく無理って思い、あれもこれもと詰め込んで説明不足になるよりはマシだったと私は思いましたが、まぁ、それぞれに押さえて欲しい部分だったり、思い入れがありますしね。
とはいえ「ほう」も、小説で想像した人の数だけイメージがあると思うので、そこも含めて、別物を楽しみました。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/23 15:52

こんばんわー
スミマセン、TBだけになってたみたいで失礼致しました(T_T)

>椎名:関口”に脱皮(変更)したことで作品全体が軽量化

ほんとそうですネ~
体格よすぎって思ったけど 汗っかきには見えるかも?ぷぷ
3人のかけあいが思いのほかおもしろかったです^^
私も原作読み直したりしてなかったで 忘れがちがよかったのかもしれません。
原作と切り離してみられるかどうかで評価分かれそうですよネ。
で、私もこれから原作読み直してみマース^^

投稿: かいこ | 2007/12/23 23:05

■かいこさん、こんにちは♪
椎名:関口。個人的には好きなのですけど、原作とはややかけ離れてしまってますよね。
この作品、良し悪しではなく、好みでしか評価できないと思ってます。

原作、読み直しますか?(^^)
ま、次が出るまでに時間はたっぷりありますしね。この際全部・・もあり?(うへぇ)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/24 14:52

こんにちは。

このシリーズは2冊しか読んだことないのですが、
あの独特の間、文字で想像させる世界を映像に置き換えるのは至難の技だと思いました。

実相寺監督、原田監督、それぞれ自分のアプローチで臨んだということでしょうね。

投稿: えい | 2007/12/24 15:15

■えいさん、こんにちは♪
やはりアレだけの描写を駆使した本ですから、読んだ人の数だけイメージがあるのは必死。
だから実相寺監督にはあのような世界に見えたのだろうし、原田監督はああしたかったのだと、私は自分のイメージをとりあえず脇に置くことにしました。
その上で今回はとても楽しめる作品だったと思っています。お正月だし良いのじゃないかとw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/24 15:42

たいむさん、こんばんは!

原作にある鬱々した感じはなく、軽めの出来上がりでしたね。
「見えないもの」を描く小説なので、「目に見える」映画ではなかなか表現が難しいのかなと思いました。
「姑獲鳥の夏」の実相寺監督はその視覚化に挑んでいたように思えますが、原田監督はそのあたりはあえて避けたのでしょうか。
もともと作風が幻想的である実相寺監督と、リアリティ感あるタッチの原田監督は表現が好対照な気がしました。
先日「百器徒然袋」を読んだばかりなので、榎木津探偵がやけにおとなしく見えました(笑)。

投稿: はらやん | 2007/12/24 19:26

■はらやんさん、こんばんは♪
見えないというか、それぞれに違うものを同じものとして描かなければならないことの限界といった感じでしょうか。
ちょうど「HV特集」での実相寺監督一周忌(京極さん出演)を観たばかりで、視覚であったり、”不完全変体”であったり、いろいろ考えてしまっています。
それでも、これはこれでいいんじゃない?と言うのが感想です。

>「百器徒然袋」を読んだばかり
ドハデにやってくれますからねぇ(^^;
やっぱりエノさんは壊れキャラがしっくりきますよね。
コチラのシリーズなら映像化もいけそうな気がしますが(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/24 20:51

たいむさん、はじめまして。
「スワロが映画を見た」のスワローテイルと申します。

原作既読組みが少々厳しい評価をしている中、
たいむさんは楽しめたようですね。

>初めての人には意味不明に思える部分が多多あるかも・・・
ええ。
スワロはまったくの初心者でしたが、話の進み方が早いし、
魍魎ってよくわからないし、
登場人物は絡みがなかった割に意外と仲がいいし・・・
で「??」という部分がかなりありましたよ(苦笑)
それでも、全くついていけないということはなく、
初心者のスワロでも十分に楽しめるないようでした。

最後に、TB失礼します。

投稿: swallow tail | 2007/12/26 07:50

■swallow tailさん、こんばんは♪
はじめましてw
最近は、映画もTVドラマも、何かしら原作があるものがほとんどで、けれど原作ファンを納得させる作品はいくつもありません。
それにどんなに上手く作っても、100%原作ファンを満足させる作品なんてありませんから。他人はどうあれ、自分が楽しめれば言うことはありません。私は楽しめたと胸を張っていいますよ(^^)

話の進み方が早さは私も感じました。これは確かに初心者にはきついですね。
魍魎は。。。本当に解かっている人がどれだけいるか・・・というもので、私も説明できないようなもやもやしたアヤカシです。そういうものと思っていただければと思います。
>登場人物は絡みがなかった割に意外と仲がいいし・・・
こればっかりは、相関図で確認していただくしかなさそうです。
同級生(京極堂:関口)、先輩後輩(榎木津:京極堂&関口)、軍での上官と部下(関口:木場)、幼なじみ(榎木津:木場)ということ絡み合ったつながりです♪

???でも楽しめたとのこと、良かったですね。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/26 20:01

こんばんは!
体調が良くなったので観てきましたー♪
で・・・う~~~ん微妙です(笑)
どうしても自分の中で原作のキャラが出来ているので、イマイチ不自然さ(京極堂が明るいとか)が拭えないし、原作未読の方には分かり難いんじゃーないかなぁ~と思っちゃいました。
やっぱり京極堂シリーズの映像化は難しいですね。
以前wowowが『巷説シリーズ』をドラマ化していましたが・・・その方が原作の雰囲気が出ていた気がします。・・・そうでもないか(汗)

投稿: 由香 | 2007/12/27 19:06

■由香さん、こんばんは♪
アハ(^^)だめですかー。
まぁ、どのキャラもかけ離れているといえばかけ離れていますしね。
このシリーズの映像化に満足を求めるのはまず不可能。割り切っていかに切り離して楽しむか、ではないかと思います(^^)

>『巷説シリーズ』をドラマ化
なかなかよく出来てますよね。
巷説は時代劇だから映像化に向くんですよ、たぶん。
真田広之さん主演の『嗤う伊右衛門』も良かったですしね。このときの又市は香川照之さん。コチラもバッチリでしたね。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/27 20:05

たいむさん、こんばんわ~
私も京極大ファンですが、十分楽しめた作品でした。
でも内容もしっかり把握していたにもかかわらず、やっぱりついていくのに精一杯だったから、知らない人は理解できたかなぁ?と思いましたよ。
木場修の扱いは、ちょっと…でしたね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2007/12/30 00:26

■ノルウェーまだ~むさん、こんにちは♪
原作ファンでも楽しめたって意見がとてもうれしいですね~。
そう、早口で急ぎ足でしたよね(^^;
知っているから・・と言うのは少なからずありそう。(フライングで笑っていた私だったし)

>木場修の扱い
ファンクラブを作りそうな勢いにやや唖然(^^)
宮迫:木場としてはGOODでしたがw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/30 10:48

こんにちは。朗読DVDつきというのはこの小説全部朗読してくれるのでしょうか?それなら読むのを省けるから買いたいなあ。(金ないですが)

昔横溝ファンだったのですが、「獄門島」で犯人が変わっていたのにはびっくりしました。

京極さんの原作を読んでいる方にはこの映画、別物と割り切って見ている方が多いですよね。

投稿: ぷくちゃん | 2008/01/05 18:02

■ぷくちゃんさん、こんばんは♪
こちらにもどーもです。

>小説全部朗読してくれるのでしょうか?
詳しい説明がないので、朗読が「魍魎」なのか、「娘」のほうなかわからないのですけど、DVDというなら、「魍魎」かな?って思い、誰かのレポを待ってから・・なんて思ってます(^^)

>獄門島
映画やドラマだとたまーにありますよね、犯人の変更は。
私も金田一シリーズは大好きで、有名どころは今でも愛蔵しています(^^)

この映画は、別物としてみるのが一番だと思ってます。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/05 20:08

たいむさん、こんにちは!
やっとこさ感想UPしました〜

むかーし読んだきりの原作の内容はずいぶん忘れてしまっていたので
映画観る前に読み返してみようかな・・・とうっすら思ったものの
結局読み返すことはないまま(笑)の鑑賞でしたが、
かるーいノリの「原田版魍魎の匣」、かなり楽しめましたです。

お茶目度がアップした登場人物たちの一方通行なおしゃべり、
もっと観ていたかったな♪

投稿: kenko | 2008/01/11 11:18

■kenkoさん、こんにちは♪
おそらく、今回は忘れているくらいでちょうど良かったように思います(^^)
評価が割れている中、原作読者が「楽しめた」という感想を見ると嬉しくなる私。
トリオは本当に楽しかったですよね。
別の作品でもこの3人が絡んだドラマとか観てみたい気がしてます!

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/11 18:07

たいむさん、はじめまして。
「魍魎の匣」観て他の人の感想を覗いたら辛口が多くてびっくりしたのですが、こちらの感想が一番ピッタリ来たのでお邪魔してしまいました。いろんな意味で「すごいことになってる」映画でしたね!
>ハッキリ言えば、これは完全に別物。素材とパーツと枠とハコと、原作のウマミを抽出して創り上げた完全なる『原田版:魍魎の匣』。私は原作のファンだけど、原作をすっかり忘れて映画を楽しむことが出来た
全く同感でした。私もこのシリーズ全読破のファンですが、あの京極作品にこれほど大胆なアプローチをするとはすごい!京極さんも愉快がってるみたいですね。
映画「姑獲鳥の夏」も実は好きなんですが(あの堤京極堂がピタリだったし)、「匣」のよくできたテーマパークのような、とことん愉しませてやるみたいな作りに脱帽です。
「ほう」はやはり違う気がするんですけどね。

投稿: きのこ | 2008/01/12 01:50

■きのこさん、はじめまして♪
賛否両論というか、好みでしょうか。
同じ原作ファンとしては、作品への思い入れによる辛口評は理解できまから。

それでも、私もそれはそれとして(映像化は不可と諦めもあり)、この大胆な原田「匣」にスゴイ!って思いました(^^)
何より、小説でしか出来ないこと、映画でしか出来ないこと、それぞれに楽しまなくちゃ損と言うもの。

>京極さんも愉快がってるみたいですね。
そうそう、そうソレなんです。作品と同時に、”京極夏彦”が好きな私なので、このポイントは高いかもしれません(笑)

>「ほう」はやはり違う気がするんですけどね。
誰もがイメージを膨らませているところですからねえ。これも原田「匣」ってことで(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/12 13:59

たいむさん、こんばんは。
私は京極作品の原作を読んでいないのですが、私も『姑獲鳥の夏』は正直イマイチだったので、それと比べるとキャラクターも活き活きしていて良かったと思います。

ただ、この作品が一般的に受け入れられるかどうかは正直微妙です。森博嗣や京極夏彦って、作品的にも好き好きがあるように思うのですが、それを莫大な制作費をかけて作るのは現実問題かなりの賭けだったのではないでしょうか。

個人的には嫌いではないので続編なども期待したいのですが、大掛かりなセットよりも俳優達の掛け合いがもっと見たい、そんな気がする作品でした。

投稿: GAKU | 2008/01/14 20:33

■GAKUさん、こんにちは♪
あ、やっぱり原作は読んでいないですよね(^^)
GAKUさんにならば、是非に!とオススメしたいところですが、何せあの厚さですしね(文庫でも値段が高いし)。
けど、森作品とはちょっと共通する匂いが無きにしも非ず、かもしれません。とりあえず映画でイマイチだった『姑獲鳥の夏』を試されるのもよいかと思います。普通の文庫2冊分くらいで一番薄いですから(笑)・・というか、順番が大事なんで『姑獲鳥』からじゃないとススメられません。

おっしゃるとおり、一般ウケは微妙でしょうね。それ以前にあの世界観を映像化すること自体が不可能に近く、結局のところどちらも成功していないと思います。
ただ、『魍魎』はエンタメとして楽しく魅せる手法を取り入れたことで、新たなる魅力を引き出したように思われました。
トリオの関係は、本当は原作とはかけ離れていますが、楽しくって好きです。このトリオならば、まだまだ見たいと私も思います(^^)

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/14 22:53

レンタルしたDVDを観たけど・・・・
榎木津さんの能力って、原作にもあるの?
サイコメトラーEIJIじゃあるまいし・・
完全に観たわけじゃないですけどね(苦笑)。
なかなか見る暇なくて。早送りとかして、観てたもので

投稿: カモミール | 2009/01/07 16:11

■カモミールさん、こんにちはsun
榎木津さんの能力は、原作にもありますよ。胡散臭いとは思うけれど、イイんです。あの京極堂の講釈では納得するしかなくなるのが活字のマジックです(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2009/01/07 19:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実写版 『名探偵コナン 第2弾~工藤新一の復活』 | トップページ | 「茶々-天涯の貴妃 (試写会)」みた »