« 『PLUTO -鉄腕アトム「地上最大のロボット」より 』 5巻 | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(12/5号・・100万$・ハロ・せつな) »

2007/12/04

「ベオウルフ-呪われた勇者-」みた。

Beowulf_2 3Dではなく、普通のフィルム上映を鑑賞。フィルムでも十分立体感に溢れているわけで、目の焦点をスクリーンの先に合わせて見ると、3D上映モドキが楽しめた(字幕が読めなくなるので直ぐにやめたけど)。3Dでは定番だから仕方が無いが、物がカメラ目掛けてボンボン飛んでくるのには「こりゃ、3Dで観ていたら身体が動きっぱなしだな~。(^^;)」と思う次第。フィルムで(私は)良かった。
(以下、若干ネタに触れてます)

勇者あり、怪物あり、ドラゴンあり、呪われた黄金のアイテムあり・・と、まさしくファンタジーの王道といった物語。そして「まったく、男って生き物は・・・やれやれ。┐(-"- )┌...」と、かの有名な「♪誘惑の甘い罠ー♪って歌を知らないのか?」と苦笑いしてしまう呆れた物語である(^^) とはいっても、子供が選ばれし英雄になり、勇者の剣で怪物をやっつける物語とは違った大人ちっくなファンタジーで、飽きることなく最後まで楽しめた。
しかし、怪物グレンデルとドラゴン(ゴールドマン)では、あまりにも違いすぎではないかしら?どうみたってグレンデルは出来損ないだよね(^^;)。母親が同じなのだから、フローズガール王とベオウルフでの、格の違い(血の濃さ?)が反映したってことなのかな? 

戦闘シーンなどは明らかにマンガチックでリアルもヘッタクレもないのだけど、そういうものだと見ていれば気にならない。残虐なシーンも含まれているから反って私には良かったかも。それでもやっぱりこの手のシーンは視線を外してしまう。それが怪物だったとしても同じこと。斬られ刺されて悲鳴を上げるとなるとやっぱり痛々しく思ってしまう。やっぱり苦手だな。

”魔性の女”の存在感は著しく。これじゃぁなぁ~というところ(^^;)。繰り返される歴史にクワバラクワバラといった余韻を漂わせたラスト、アンジーに拍手!

総評:★★★☆☆++  好き度:★★★☆☆+  オススメ度:★★★☆+

|

« 『PLUTO -鉄腕アトム「地上最大のロボット」より 』 5巻 | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(12/5号・・100万$・ハロ・せつな) »

コメント

こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。
物語は面白かったですね~
元々神話的なお話は大好きですし、これは「男ってねぇ~」っていう心の底から誰でも納得出来る(笑)アレンジがあって良かったです。
私も、アンソニーの子が怪物君で、ベオちゃんの子が金色君だったのは気になりました。
で・・・最後に竜の角を拾った方は・・・どうするんでしょうね。アンジーの微笑みに負けるか?!

投稿: 由香 | 2007/12/04 23:01

■由香さん、こんにちは♪
神話ぽくないアレンジが良かったですね。

やっぱり怪物君と金色君では差がありすぎですよね。けれど、お母様はデキの悪い子の方が可愛かったように見えましたけど。

>最後に竜の角を拾った方
棚ボタの王様ですね。あの目は既に虜のようながしましたが(^^;;;

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/04 23:11

あら~、たいむさんってば自家製3-Dで鑑賞ですか?(´▽`*)アハハ
でも、確かにちょっと目はしんどそうですよね。
実際、3-Dの上映も字幕がネックだったみたいですものね。
確かにグレンデルとドラゴンって随分違いますよね。
そっか、父親の違いなのかぁ~(´∀`*)ウフフ

投稿: miyu | 2007/12/04 23:43

アンジーのセクシーな魅力で誘惑されたら...『まったく、男って生き物は...』ですよね(笑)
ちなみに、もし3番目の棚ボタ王様がアンジーの虜になったら、いったいどんな子になるんでしょうね(笑)

いやいや〜、大人ちっくでした!

投稿: あん | 2007/12/04 23:47

焦点をスクリーンの向こうに?
するとAVP2のポスターと同じ効果なんでしょうか。
もしかすると、ずっと見ていると目が良くなるのかな~

投稿: kosy | 2007/12/05 00:28

たいむさん、こんばんは。

トラバが上手くいかず、ちょっと何度かご迷惑かけてるかもしれません(ゴメンなさい)

>そういうものだと見ていれば気にならない

同感です♪
ストーリーはともかく、
映像の質感の好みはあれど、迫力もあって面白かったです。
でも、せめて一人でも若くてイケメン君をお願いしたかったけど(笑)

投稿: オリーブリー | 2007/12/05 00:56

■miyuさん、こんばんは♪
>実際、3-Dの上映も字幕がネックだったみたいですものね。
あら、そうなんですか?(笑)
悩んだのですけど、やっぱり正解なのかな?

子供の差は釈然としませんよね。グレンデルをもう少しなんとかしてあげたかったです。
かわいそすぎ~


■あんさん、こんんばんは♪
怪物が美女に化けるってのは良くあることですけど、アンジーでは反則ですよね(笑)
誠実そうな最後の王様。呪いを断ち切って欲しいところですが。。。(^^)
子供は・・・どうかな?
やっぱり怪物君になるのかな?


■kossyさん、こんばんは♪
>AVP2のポスターと同じ効果なんでしょうか
完璧ではありませんが、奥行き感などはかなりイイ線いってましたよ(^^)
じつは、あのパネルからやってみようと思ったオバカさんですw

>ずっと見ていると目が良くなるのかな~
あはは。家にありますよ「どんどん目がよくなるマジカル・・」(爆)
良くなるかどうかは・・・私が未だにコンタクトってことで答えになるでしょうか?(^^)


■オリーブリーさん、こんばんは♪
3Dを意識した迫力だけど、よく出来てましたよね(^^)
ヘンだな?と思いつつも騙されていた私ですし(^^;

>せめて一人でも若くてイケメン君
あら、ゴールドマンがいたじゃない?(爆)
いえいえ、オヤジも良いけど、ほんと若者プリーズ!ですねw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/05 19:54

こんばんは^^
私も同じ母親なのに、かたや怪物(化け物)
かたやゴールドマン(美形)・・・なんで?って
思いました(笑)ベオウルフの遺伝子はそれほどすごいの
かしら?(笑)

ラストは、やはり歴史はくりかえされるのでしょうか(^^ゞ
たいむさんは、あのラスト、タナボタ王は、すでに虜と解釈されたんですね・・・確かにあのアンジーの微笑みと
あの王の目を考えると、そうなんでしょうね・・
こわい、こわい(笑)

投稿: ひろちゃん | 2007/12/06 02:28

これって、3Dだとすっごい疲れそうですが・・・。

予告のCGにやられて、観に行った人多いでしょうね。
もちろん、わたしもその一人(笑)。
全編あのクオリティになるのは、もう少し時間がかかるのでしょうか?ちょっと前までは、髪の毛がCGでではきないと言ってたのに、いまではここまで表現できるんですものね。

お話は、もうちょっと、深くてもよ買ったような気がします。アニメより単純だった。

投稿: mariyon | 2007/12/06 07:41

■ひろちゃんさん、こんにちは♪
グレンデルはこれでもかってくらいの醜さで、ゴールドマンはまばゆい肢体。あんまりですよねぇ。段々ちっちゃくなっちゃうし、グレンデルがとても不憫でした。

>こわい、こわい(笑)
ですねー(^^)
タナボタ王様のあの目は、もはや吸い込まれていたように見えませんでしたか?
けれどラッキー王。何度も厄災を逃れてますし、虜になったフリしてトドメを刺してくれたらいいなーとも思います。
そしたら王妃様と仲良しになるのかしら?
やっぱり男、ってお話でしょうか?(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/06 19:42

こんばんは♪
いいな~自前で3D鑑賞が出来て!
私は一時流行った3Dの絵本(?)すらまともに見えませんでした。(ひんがら目になりそうで怖い・・・)

グレンデルとドラゴンの差は父親の差なんでしょうね。
ベオウルフは比類なき英雄ってことで!
タナボタ王様の子供はどんなかなぁ~~~?(笑)
あれは絶対にアンジーの魔力にやられた目でしたよね。
なーんか笑っちゃいました。

投稿: ミチ | 2007/12/06 23:20

■ミチさん、こんばんは♪
>自前で3D鑑賞
以前に練習したので上手ですw
ひんがら目ってより目ってことかな?
3Dの絵って遠くに焦点を合わせるやり方と近くに合わせるやり方の2通りがあるんですよ。
見え方は凹凸が逆になるんですよ。
より目になるのは近くにあわせる方で、これは長時間は駄目です。
遠目にするのは、たそがれてる感じに見えるかも~~?(笑)

>あれは絶対にアンジーの魔力にやられた目でしたよね。
やっぱりそうですよね~(^^;
これまでのファーンタジーとは一味違って面白いお話でしたw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/07 18:19

たいむさん、こんばんは!

まさに正統派の英雄譚といった感じでしたね。
最近は子供やファミリーをターゲットとしたファンタジーが多かったので、新鮮だったかもしれません。
見終わってレビューを書いた後も。他の方に聞くまで、完全に実写だと思ってました。
いやはや技術の進歩とは凄まじいですね。

投稿: はらやん | 2007/12/09 00:17

たいむさん、おはようゴザイマス♪

私、ストーリー的にも画像的にもダメでした。
観てる最中ず~っと
「3Dだときっと面白いんだ。2Dで観てるからオモシロさが感じられないんだ。」
と必死で言い聞かせてました。

>戦闘シーンなどは明らかにマンガチックでリアルもヘッタクレもないのだけど
↑↑私、グレンデルに投げ飛ばされる人達を見ながら、昔NHK教育でやってた人形三国志の張飛思い出してました。
それか絶妙(?)に隠されるベオウルフの股間(笑)
原作は素手で戦っただけでマッパにはならないんですけどねぇ。

投稿: エミ | 2007/12/09 07:01

■はらやんさん、こんにちは♪
>完全に実写だと思ってました。
私もですよ~。動きはまったく違和感なかったですね。
顔は、ややあれ?て
なにせ直前に”インディアン”を見ていたので、アンソニーのシワがないっ!ってね(^^)


■エミさん、こんにちは♪
>昔NHK教育でやってた人形三国志の張飛思い出してました。
うはははは。私も見てましたっ!(^^)
さすがにこれは頂けませんよね。

なぜ全裸になる必要があったのか?
グレンデルのタマナシを強調したかったのかな?(爆)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/09 12:36

コメントどうもでした~♪
男ってどうしようもない生き物なんですよねぇ(^^ゞ
ボクは、浮気なんかしない!って自信あるタイプなんです
けど、アンジーに「私の中に子種を仕込んでくれたら、
黄金も名声も思いのままよぉ~♪」って誘われたら、断る
自信なくなってしまいました(^_^;)

男って・・・

投稿: はっち | 2007/12/09 15:30

■はっちさん、こんばんは♪
>ボクは、浮気なんかしない!
拍手!!

>自信なくなってしまいました(^_^;)
だめじゃん!!!

いえいえこんな美味しいお話、目が眩まない方がどうかしているんじゃないかしら?って思いますもの。王妃の立場なら許せないことでしょうが、第三者としては、しかたないよね~~って苦笑いするしかなさそうですwww
美味しいだけじゃなくって、ちゃんと呪われてますしね(笑)

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/09 18:47

僕は根性で3D版を観てきました。さすがに凄い迫力で感激しましたが、たいむさんの言う通り、この映画は3Dで観る事が前提という事を強く感じましたね。レンタルで3D版が出るんだったら是非観てほしいです。

でも、字幕が読みづらかったですね(苦笑)。大抵のシーンは問題ないんですが、槍なんかが突き出して字幕と被るシーンは字幕部分だけめり込んでるみたいで焦点をあわせるのに苦労しました。

投稿: えめきん | 2007/12/12 07:01

■えきめんさん、こんにちは♪
やっぱり大スクリーンでの3Dはド迫力でしょうね(^^)
自宅じゃムリだし、無理してでも3Dにしたほうがよかったかな?なんて、いろいろなレヴューみ見ながら思っていたところですw

字幕はやはり見づらいのですね(^^;
字幕はどうしても平面になるから仕方がないんですね。とはいえ、字幕のことまでは繊細に計算はされていないってことですね(^^;

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/12 18:54

どうもこんばんは、
映画はファンタジーの王道的ですが、実は原作はファンタジーの元ネタだったんですよね、8世紀頃の叙事詩でした、確か。指輪物語のトールキン教授にインスピレーションを与えてくれたお話です。結構単純で順番に怪物と戦っていくんですけど、この映画では大胆に脚色されて原題向けになってました。

それはそれとして、男とは哀しい生き物なんですよ、アンジーの誘惑には勝てないでしょう、多分。

投稿: くまんちゅう | 2007/12/13 22:55

たいむさま
コメント&TBありがとうございました!
ものすんごく遅くなってしまって申し訳ございません~
しばらく実家に帰っておりました・・

>どうみたってグレンデルは出来損ないだよね

たしかに~!!
ドラゴンはキンピカで。かっこよかったですもんね~
父親の格も分かるなんて。ぷぷぷ
アンジー、はまり役でしたネ!
やっぱり魔性の女が似合う^^

投稿: かいこ | 2007/12/14 19:41

■くまんちゅうさん、こんばんは♪
>アンジーの誘惑には勝てないでしょう、多分。
まぁ、仕方が無いですか?(^^;;;
神話がモチーフのようなお話は好きなので、この手の作品はどんどん作ってほしいと思いますw。

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/14 20:46

■かいこさん、こんばんは♪
父親の格とはいえ、ちょっとひどいですよね(^^;
もし、最後の王様はの子供がもし出来たとしたら・・・どうかな?ってツイツイ思っちゃいませんか?

アンジーは強い(コワイ?)女が似合いますよねw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/14 20:49

遅まきながら、観てきました!(^^;)
いや~、予想に反して良かったデス。わくわくしました。
「300」は、観てなくて良かったのかも。(笑)
その代わり「シュレック」を彷彿としたところがあって、ちょっと残念でしたけど、俳優さんたちまでCGに見えちゃって困りました。(実際、CGになってたところもあったと思うのですが…) 時間があれば、3Dで観てきます。(爆)

投稿: あかん隊 | 2007/12/24 01:43

■あかん隊さん、こんいちは♪
「300」より良かったですか?
私は、どちらかといえば闘う男系100%の「300」の方が好みですか、こちらの大人ちっくなトコロはとても気に入っています。

3Dはちょっと苦手なので今回はパス。また感想を聞かせてくださいw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/24 15:05

早めにトラバいただいてたのにお返事が遅くなってすみませーんでした。
ひらりん的には・・・
ベオウルフが強すぎて、しかも裸族で・・・
楽しい映画でしたっ。

投稿: ひらりん | 2007/12/27 23:58

■ひらりんさん、こんにちは♪
>ベオウルフが強すぎて、しかも裸族で
それにつきますか、やっぱり(^^)
大人が楽しめるファンタジーって良いですよねw

投稿: たいむ(管理人) | 2007/12/28 21:03

たいむさんTBお邪魔します
レイ・ウィンストンの実物写真を見ましたが、小太りおじさんという感じで、全然別人28号でしたね。
それにしても最新CGの威力は凄いですね。今ひとつ未完成という感もしないではありませんが、将来は美男美女の俳優は不要になるかもしれませんね。
アンジェリーナ・ジョリーはもともとアニメ顔だからピッタリでしたが、やはり表情が硬かったですね。

投稿: ケント | 2008/01/06 20:46

■ケントさん、こんにちは♪
別人28号ですかー(^^)
私、何故か外人さんって覚えられないんですよ。名前と顔がナカナカ一致しなくって・・・
作品も行きつ戻りつしていると、みんな年齢不詳になってしまって・・(^^;

CGという技術は認めますが、ソレが全てに取って代わるようになるのだけは避けたいことですねー。(2Dアニメもしかり)
それぞれの良さを上手く融合させていく方向で模索してくれると嬉しいのですが・・・

CGでの表情や質感は最大のハードルかもしれませんね。

投稿: たいむ(管理人) | 2008/01/06 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106009/17272375

この記事へのトラックバック一覧です: 「ベオウルフ-呪われた勇者-」みた。:

» ベオウルフー呪われし勇者ー [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
世界を巻き込む“呪いの連鎖”は、一人の女の誘惑から始る。「私があの女を殺しましょう」 呪われた王国へ、男は海の向こうからやって来た。どんな戦士も敵わなかった怪物グレンデルを倒し、名を馳せるために。鎧も武器も要らない。相手が素手なら、こちらも生身で戦うま...... [続きを読む]

受信: 2007/12/04 22:43

» ベオウルフ 呪われし勇者 [☆彡映画鑑賞日記☆彡]
 『この誘惑が、世界をもてあそぶ。』  コチラの「ベオウルフ 呪われし勇者」は、英国文学最古の英雄叙事詩「ベオウルフ」をロバート・ゼメキス監督が、パフォーマンス・キャプチャーによって映画化した12/1公開のアドベンチャー・ファンタジーなのですが、早速観て来ち...... [続きを読む]

受信: 2007/12/04 22:49

» ベオウルフ/呪われし勇者 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
全編CG映像かぁ〜『ポーラ・エクスプレス』っぽいのかなぁ〜と、思いながら鑑賞へ―【story】507年、デンマーク。最高の戦士ベオウルフ(レイ・ウィンストン)は、フローズガール国王(アンソニー・ホプキンス)の国を襲う忌まわしき怪物グレンデル(クリスピン・グローバー)を撃退。そのため、冷酷で魅惑的なグレンデルの母親(アンジェリーナ・ジョリー)の怒りを買い、壮絶な戦いを繰り広げることになる―英雄ベオウルフの冒険を語る歴史上最古の叙事詩を、ロバート・ゼメキス監督がパフォーマンス・キャプチャー技術で映画化―... [続きを読む]

受信: 2007/12/04 22:56

» ワタナベ式記憶術のやり方 [記憶術のやり方,「ベオウルフ-呪われた勇者-」]
ワタナベ式記憶術 ワタナベ式(渡辺式)記憶術を実際に使った体験者としての 意見を書きたいと思いんす。 ワタナベ(渡辺)式記憶術とは、右翼脳の能力を最大限に利用した 記憶術のことでげす。 記憶術のやり方を無料で完全公開します。必見です 記憶術のや...... [続きを読む]

受信: 2007/12/04 23:45

» ベオウルフ/呪われし勇者(BEOWULF) [描きたいアレコレ・やや甘口]
ははは、母は強し...ってことで(笑) 英国文学最古の英雄叙事詩を基に作られたそうです。そ、そんな格調高いモノだとは知らなんだ?! 映像は『シュレック3』を下品にエロティックにした感じです(笑) 主役のベオウ... [続きを読む]

受信: 2007/12/04 23:49

» 「ベオウルフ/呪われし勇者」★★★★☆ [JoJo気分で映画三昧!+α]
'07年製作 監督:ロバート・ゼメキス  主演レイ・ウィンストン 共演アンソニー・ホプキンス、ジョン・マルコビッチ、ロビン・ライト・ベン、アンジェリーナ・ジョリー他。12月1日より公開中! 6世紀、フローズガール王が統治するデンマークは、怪物グレン...... [続きを読む]

受信: 2007/12/04 23:59

» 映画「ベオウルフ/呪われし勇者」 [映画専用トラックバックセンター]
映画「ベオウルフ/呪われし勇者」に関するトラックバックを募集しています。 [続きを読む]

受信: 2007/12/05 00:21

» ベオウルフ 呪われし勇者 [ネタバレ映画館]
ベオウルフの股間を見事に隠すカメラワーク! [続きを読む]

受信: 2007/12/05 00:26

» ベオウルフ/呪われし勇者 [心のままに映画の風景]
古代デンマーク。 戦士ベオウルフ(レイ・ウィンストン)は、時の王フロースガール(アンソニー・ホプキンス)の命によって、人々を襲い続ける呪われしグレンデル(クリスピン・グローバー)を撃退。 そのため、冷酷で魅惑... [続きを読む]

受信: 2007/12/05 00:45

» ★べオウルフ・呪われし勇者★ [CinemaCollection]
BEOWULF世界を巻き込む‘呪い’の連鎖はひとりの女の誘惑から始まる。映時間114分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2007/12/01ジャンルアクション/アドベンチャー/ファンタジー【解説】最強の勇士が凶悪な怪物たちと壮絶な闘いを繰り広げるアクション...... [続きを読む]

受信: 2007/12/06 02:17

» CG映画って「べオウルフ 呪われし勇者」 [茅kaya日記]
JUGEMテーマ:映画 それにしても、このCGはすごい! 最近、たて続けにアンジー映画観てます。 ただ、この映画での出番はほんのちょっとですが、 あの存在感で、片時もアンジーのことを忘れませんでした(笑)。 まあ、ぜ〜〜んぶCGが売りの映画なので、 アンジーの出演も可能だったのでしょう。 ... [続きを読む]

受信: 2007/12/06 07:41

» ベオウルフ 呪われし勇者 [アートの片隅で]
「ベオウルフ 呪われし勇者」の試写会に行って来ました。 なんと試写会は、この日だけだったようです。 全編CGとの事、、、、ホントCGってなんでも出来ちゃうのねw( ̄▽ ̄;)w [続きを読む]

受信: 2007/12/06 14:29

» ベオウルフ [Akira's VOICE]
安っぽいドラマに不満を覚えるも, ドラゴンとのバトルは一見の価値有り。 [続きを読む]

受信: 2007/12/06 17:23

» 『ベオウルフ/呪われし勇者』 [Sweet*Days**]
監督:ロバート・ゼメキス CAST:レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、アンジェリーナ・ジョリー 他 6世紀のデンマーク。フローズガール王(アンソニー・ホプキ... [続きを読む]

受信: 2007/12/06 20:03

» 映画 【ベオウルフ 呪われし勇者】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ベオウルフ 呪われし勇者」 歴史上最古の英雄叙事詩をロバート・ゼメキス監督が映画化。 おはなし:伝説的な英雄の時代、気高き戦士ベオウルフ(レイ・ウィンストン)は町を襲う怪物グレンデルを撃退する。さらにグレンデルの母親(アンジェリーナ・ジョリー)を退治しに行ったベオウルフは彼女と契約を交わすことになる。 映画が始まった途端にチラッと後悔が頭をよぎりました。パフォーマンス・キャプチャーの映像の質感が自分の好みに合わないかもしれないと思ったからです。ところが、デンマーク王役のアンソニー... [続きを読む]

受信: 2007/12/06 23:12

» 「ベオウルフ 呪われし勇者」民族史を知っていると楽しめるかも [はらやんの映画徒然草]
最近乱作乱造気味のファンタジー映画。 「パンズ・ラビリンス」などの傑作も生まれて [続きを読む]

受信: 2007/12/08 18:57

» ベオウルフ 2007-64 [観たよ〜ん〜]
「ベオウフル」を観てきました〜♪ 呪われた王国を救うため、勇者ベオウルフ(レイ・ウィンストン)は荒海を乗り越えやってきた。王国の戦士がかなわなかった、グレンデルを撃退するが、その母親(アンジェリーナ・ジョリー)の怒りをかう・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、凄いCGの映像が楽しめるかも!? Blog人気ランキングに参加してます。 ご訪問の際は、是非ポチっとワンクリックお願いします〜♪ ... [続きを読む]

受信: 2007/12/09 08:27

» 『ベオウルフ/呪われし勇者』2007・12・2に観ました [映画と秋葉原と日記]
『ベオウルフ/呪われし勇者』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 古代デンマーク。時の王フロースガールは、人々を襲い続ける呪われし巨人グレンデルに悩まされていた。その討伐に戦士ベオウルフは立ち上がる・・・・・・・・・・・・。 ●コラム (^_^;)... [続きを読む]

受信: 2007/12/09 11:11

» ベオウルフ 呪われし勇者 [Lovely Cinema]
JUGEMテーマ:映画 2007年/アメリカ 監督:ロバート・ゼメキス 出演:レイ・ウィンストン(ベオウルフ)    アンソニー・ホプキンス(フロースガール)    ジョン・マルコビッチ(アンファース)    ロビン・ライト・ベン(ウィールソー)    クリスビン・グローバー(グレンデル)    アンジェリーナ・ジョリー(グレンデルの母) 見えそうで見えないもどかしさといったら・・・[:たらーっ:] ... [続きを読む]

受信: 2007/12/10 22:03

» 「べオウルフ -呪われし勇者-(BEOWULF)」映画感想 [Wilderlandwandar]
公開初日、映画の日、千円で見てきました。勝手にベオウルフ祭り第3弾はゼメキス監督 [続きを読む]

受信: 2007/12/10 22:36

» 「ベオウルフ/呪われし勇者」 [かいコ。の気ままに生活]
試写会で 観てきました。「ベオウルフ/呪われし勇者」公式サイト何も知らず ふつーに実写の映画だと思ってたら・・全部CGだとは!王様のアンソニー・ホプキンスも マルコビッチも。本人に見えるのに なんだか違和感・・でもそれが かえって肉体美とファンタジー色...... [続きを読む]

受信: 2007/12/14 19:33

» ベオウルフ [cococo]
(c)2007 Warner Bros.Ent.All Rights Reser [続きを読む]

受信: 2007/12/24 23:38

» ★「ベオウルフ/呪われし勇者」 [ひらりん的映画ブログ]
今週の週末レイトショウは・・・ 久しぶりの映画の日・ファーストデーが土曜日に巡ってきたので・・・ 1000円の日はポイント加算のない「チネチッタ」はやめて・・・ 「TOHOシネマズ川崎」で観てきました。 ... [続きを読む]

受信: 2007/12/27 23:54

» べオウルフ 呪われし勇者 [ケントのたそがれ劇場]
★★★☆  べオウルフは8世紀から9世紀にわたり、デンマークを舞台にして活躍した英雄の叙事詩であるという。 この映画でも、ヘラクレスのような超人パワーを持つ勇者べオウルフと、森の洞窟に潜む魔物との戦いを描いている。僕はまさにゲームの世界観を描いたような、こ... [続きを読む]

受信: 2008/01/06 20:45

» 85『ベオウルフ/呪われし勇者』を鑑賞しました。 [はっしぃの映画三昧!]
#63704;映画を鑑賞しました。#63893; 85『ベオウルフ/呪われし勇者』 評価:★★☆☆☆ 原題は「BEOWULF」です。 フルCGのアニメ映画ですね。 目に魂が感じられない。 役者を模写してのアニメ映画はいかがなものかと思った。 ... [続きを読む]

受信: 2008/01/11 17:13

« 『PLUTO -鉄腕アトム「地上最大のロボット」より 』 5巻 | トップページ | じゃすと・IN・たいむ(12/5号・・100万$・ハロ・せつな) »